気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

facebookってどう?と聞かれると困ります

GW前に登録したfacebook、たまにログインして検証していたのですが、未だにどういう感じで使えばよいのか…よく分かりません(苦笑)

感覚的には、前回このブログで書いた記事、

Facebookを使ってみました・・・が・・・
by 気になるけど

から何ら変わらない印象です…。

上記記事中の終わりに「もう少し情報を探ってみようと思います」と書いた手前上、一応調査しているにも関わらず、まったく進展が無いということが全てを物語っているのですが…。

とりあえず、キーワード「facebook 使い方」にてGoogle検索してみると、約 1,150,000 件ヒットするので、きっと私と似たようなことを考えている方々が多いのでしょうね。

その中で「ブログが作りたい!+FC2ブログの作り方+」のKumaCrowさんがTwitterでつぶやいていた「経済学101」さんの記事はとても参考になりました!

Facebookの使い方
by 経済学101

こちらの記事でPoke(ポーク)という機能が何なのか初めて知りましたし…。

ただ、他のサイト様のfacebookの使い方を見ていても、なんと言うか使ってみたい!と思える動機が感じられないのですよね。

確かに一生懸命フレンドを増やそうとしているわけでもなく、やたら写真をアップするわけでもないので、その面白さを理解していないだけかもしれませんが、リアルの知り合いでfacebookを使用している人がいない寂しい男なので(笑)とりあえずは登録だけしておく、という形に落ちついています。。。

私が思うにfacebookの一番の利点は、アプリケーションを自分の好みで追加可能という点ではないかな?と考えてまして、2週間ほどfacebook内のアプリケーションを探してみましたが、どれもこれも英語のアプリでして、前回同様探す気力が失われます。

facebook-apli.png

Webで連携して良さそうと感じたのは「FriendFeed」くらいですかね?

facebookのアプリケーションも散々Googleで検索し、利用している方々の評価をチェックしてみましたが、使っている方の絶対数が少ないためか、よさげなアプリケーションを見つけることは叶いませんでした。

普段iPhoneのアプリに接しており、アプリケーションの威力を肌身で感じていますが、facebookは日本ではまだまだこれからのSNSというのが改めて理解できました。

海外の友人とかが多ければ、きっと有用なSNSとして機能するのでしょうが、残念ながらそんな環境にない私には、今のところは不必要となります。。。

今後日本でfacebookが盛り上がってくれば、また違った展開が期待されると思いますので、それまではそーっとしておくことにします。

とりあえずは、自分の中でfacebookにケリがついたので、ヨシとします!

Twitterでつぶやく
スポンサーサイト

| SNS他 | 19:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Facebookを使ってみました・・・が・・・



これまでなんとなく遠慮していたFacebookですが、先ほど実験的に登録をいたしました。というのも、お客様より「Facebookってどんな感じなんですかね?」と軽く尋ねられたからでして、IT業界で働いていてFacebookも使ったことないというのもどうかと思ったから、というのが理由です…。

ブログやSNSやtwitterなどなど、何でもかんでも手を出していたら、ツールに振り回され、時間だけがただ過ぎ去るため、Facebookを本格的に使う気は今のところありません。

実際登録してみて感じたことは、個人情報の入力箇所が多いような気がして、ちょっと馴染みにくいです。携帯電話番号を入力してテキスト送信とかもやってみましたが、モバイルで使わせようという意図が強すぎるのでしょうかね…。

よく分からないでFacebookを利用している人は、名前・居住場所・メールアドレス・電話番号・卒業学校・会社などがダダ漏れになっているケースが見受けられますが、そもそもFacebookの文化は、実名登録で逃げも隠れもいたしません!なはずなので、そこに軽く違和感を感じる私のような者には、そもそも合わないのかもしれませんね…。

私が卒業した高校の卒業生を検索してみましたが、マイナーな学校なためなのか、ただユーザー数が少ないからなのか、まったくHITすることがありませんでした…。

また、アプリケーションやゲームなども覗いてみましたが、やっぱりアメリカ仕様という印象が拭えませんし、写真や動画の管理をするならEvernoteの方が使い勝手が良さそうだし、正直どうやって使い道を見い出すか、首を捻らざるを得ません。

別に批判しているわけではなく、どうやって自分に良い使い方を見つけるか、前向きに考えたうえで戸惑っている、というのが正直なところ。

私が登録する前に抱いていた使用イメージは、Facebook内のさまざまなアプリで、自分のアカウントの使い勝手を上げていく、という感じのを想像していましたが、どれもこれも英語ばかりでして、そっと画面を閉じてしまいました(笑)

いやいや、世界で一番使われているSNSなんだから、きっと何かすごい利点があるんだろう!と、色々情報をネットから検索してみましたが、未だ自分に合った使い方をしているケースが見つかりません。

代わりに見つけたのが、tokuriki.comで有名な徳力さんの下記記事

日本でFacebookがブレイクするために必須と思われる5つのポイント
by tokuriki.com

でして、この5つのポイントに激しく同意してしまいました!

携帯電話の対応という点では、私はiPhoneなので問題は無さそうですけど、他のキャリアだとどんな感じなのでしょうかね??docomoやauでFacebookというイメージがまったくわいてこないです・・・。

ビジネスユーザーに特化という点では、mixi、モバゲーの牙城を崩すのは相当厳しいと私も思っているので、ビジネスSNSという戦略か・・・。

英語に関しては前述したとおり、私のような英語が苦手なユーザーは、使う気が起きなくなる要因となるでしょう・・・。

そして、本国での成功体験を一旦忘れるという点では、Facebookは日本に歩み寄らないのでは?と予想しています。別にアジアの島国で使われなくとも、すでに本国アメリカでは不動の地位を築いているのですから、わざわざ日本用に調整してくると思えません。日本法人の方々がよっぽど力が強ければ別ですけども。

う~ん、考えれば考えるほど、日本にいる限りはmixiで充分だなと思えてしまいます。Facebookじゃなきゃ使えない!という機能こそアプリだと考えていますが、その肝心のアプリが英語だらけですし・・・。

twitterくらいの手軽さと盛り上がりがあるならばまだしも、ユーザ数も微増という状況に、登録しても使い方に悩んでいる時点で、自分の中ではOUTですね。

ということで、登録したはいいけど良い使い方が浮かばず、しばらく放置しそうです(苦笑)

とりあえずは、もう少し情報を探ってみようと思います。
Twitterでつぶやく

| SNS他 | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2010年もSNSの年になりそうですね

ソーシャルメディアの2010年
by ITpro

いまやSNS無しでは語れないIT業界でありますけれど、来年(2010年)もSNS旋風は収まるところを知らないようです。

私はSNSをmixiしか使っておりませんが、今年の秋口にハマったのがmixiアプリでして、サンシャイン牧場とか狂ったようにやっていました・・・。別に何てことないアプリなのですが、マイミクさんの牧場に赴いて世話をする、というところが楽しく、ずいぶん楽しみましたね。

しかし、私は熱中しやすい性質なものですから、だんだんとmixiアプリをやる時間が日増しに増えていき、隙間時間以外まで侵食するようになってきたため、「これじゃいかん!」と、ある時を境にすっぱり止めてしまいました。

もともとそんなにゲーム好きというわけでもないため、今更特別な思いはありませんが、仮想的にマイミクさん達とアプリでつながりあえる、という設計部分は秀逸だなと、今でも感じています。

今後はさまざまなSNSで、外部のデベロッパーにアプリ開発をしてもらい、その価値を高めつつ、SNS自体はプラットフォームの一部として機能するような動きに変わっていきそうな気がしています。

今はゲームが中心ですが、iPhoneのように優秀なアプリを多数抱えるデバイスもある事ですから、アプリ自体を有償化して、SNS内にインストールしていき、個人個人の多様な形態に対処しつつ、さらに囲い込み化を図っていく、という流れに変わっていくのでは?と睨んでおります。

そして、mixiアプリのオープン化で成功してしまったmixiを横目に、モバゲータウンのDeNAなども次々にオープン化するようなので、今後SNS間でのアプリ競争は激化していきそうですね。

さらに、上記記事中でとても気になった記述が、

2010年1月には、世界最大級の約3億5000万人が利用するSNS「Facebook」が日本に本格参入する。

という部分でして、Facebookってまだ日本に参入してなかったの?という感覚がありました。

Facebookの日本語版サイトである、下記リンク先を見ると、

Facebookへようこそ
by Facebook

今でも普通にアカウントも取れるし、使用するには問題ないと思うのですが、企業として日本上陸を果たすのか、それとも日本だけの特別な何かを始めるのか、ちょいと気になっています。

私的に、Facebookは実名登録を是としており、個人情報をさらしがちだと思っているため、今のところ利用する気はありませんが、興味があるのは確かです。

さまざまなSNSを利用していると、結局アクセスする手間とそれに費やす時間が無駄と感じるようになったので、今ではmixiオンリーにしている私ですが、Facebookで使えるアプリはなかなか良く出来ているという噂を聞いているので、そのうち検証しようかなと考えています。

それにしても、これだけSNSが乱立してくると、いったいどれを使えばいいのかわからない、という声も聞こえてきますが、結局のところは、より自分の友人が多いSNSを使用するのが一番ではないかと、そう思います。

SNS自体、リアルとバーチャルの繋がりあいが売りなわけですし、その中でのコミュニティにこそ価値があるのですからね!

iPhoneでアプリの力をまざまざと見せつけられた私なので、食わず嫌いばかりするのではなく、多少つまみ食いしながら、SNSの利用をしていきたいです。
Twitterでつぶやく

| SNS他 | 19:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1DAY1SHOT-写真投稿型コミュニティサービス

ブログやmixiは面倒だと思う人に「1DAY1SHOT」
by Tech insight

1DAY1SHOT

ブログやmixiの日記など、どうにもこうにも日本語を入力するのが面倒と思っている方は、世の中多いのではないでしょうか?

そんな筆不精、キーボード不精の方々には、写真投稿型コミュニティサービスの1DAY1SHOTが合うかもしれません。

1DAY1SHOTは、写真がコミュニケーションの中心に位置するので、タイトル以外は余計な文章を入力することもなく、さらに投稿した写真のアルバムまで作れるので、写真好きな方にもお薦めできそうです。

実際に投稿された方々のサムネイルを見ていると、何でこんな写真が??というものがあったり、見ていて楽しいです。仲間内で面白い写真を投稿しあっても楽しそうですし、離れて暮らす家族や親類と、写真コミュニケーションを取り合っても良さそうですね。

携帯で写真を撮り、メールに添付して送付するだけなので、手軽といえば手軽です。きっとハマる人も今後増えるのではないでしょうか?

ただ私は、携帯で子供の写真くらいしか撮影しないですし、普段街中を闊歩しているわけでもないですし、車通勤ですし、携帯で写真を撮るタイミングに欠けがちです。さらに何か気になる物を撮影するという「癖」が付いていないので、逆に1DAY1SHOTは続かないと考えています・・・。

自分が続きそうもないものを紹介するのもどうかと思いますが、PCや携帯で文章を入力するのがストレスだという方が、世の中多いのではと考えており、そういう方向けのよいツールになれば嬉しい限りです。

私の周りでも、ブログやSNSは誰も見てくれないし、書くの面倒だし、文章入力するのが手間だという方がおりまして、実際にやってみたけど、やっぱり続かないと話していたのが印象的でした・・・。

でもそれでいて、なにかSNS的なものはやりたいという、そんなニュアンスだったので、今度この1DAY1SHOTを紹介してみようと考えています。

本人が楽しいと思えるものでないと続かないのでしょうから、無理に奨めることはしませんが、情報提供くらいはしてもいいですよね?(苦笑)

それにしても世の中、色々なコミュニティサイトが増えてきていますが、個人が自由にSNSを立ち上げれるという世の中なので、その人その人が興味のある分野のSNSサイトを探してみるというのも楽しそうですね。mixiなどでも、参加するコミュニティに参加したり、眺めたりするのが醍醐味だったりしますし、多様なコミュニティの形があるので逆に迷うかもしれません・・・。

そんな私は、どちらかというと「コミュニティ不精」なので、来年はもう少し色々なところに顔を出して、発言していこうかなとも思っています。コメントしたいブログとか結構ありますのでね~・・・。

しかし、実際にあらゆるコミュニティに参加して、ネット上ではしごしていると、時間がいくらあっても足りないというのも事実です。コメント返しだけで1時間とか経過してしまうと、ちょっと違うなとも思います・・・。

そういったこともあり、Twitterなどは意図的にやらないようにしていますが、IT業界にいてTwitter未経験というのも、なんだかなとも思いますので、Twitter以外も含め、来年の活動について色々計画を練っております。

来年は「コミュニケーション」というキーワードが、私のテーマの一つになりそうな、そんな感じです。
Twitterでつぶやく

| SNS他 | 15:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マイミクさんにmixi年賀状を出せるようです!

マイミクに郵送できる「mixi年賀状」--ミクシィが日本郵便と連携
by CNETjapan

記事を見た瞬間、これは素晴らしいアイデアだと思いました!

リアルで知り合いのマイミクさんならばお互いの住所くらいは知っていると思いますけど、ネット上で知り合ったマイミクさんならば住所は知らないのが普通ですよね。

そんな中マイミクさんから突然年賀状とか届いたらびっくり楽しいと思うのですがどうでしょう?

mixi年賀状1通の値段は…

通常価格は1通98円


との事なので、このくらいならば全然いけます。

まだ詳細が分からないのですが、ぜひとも利用してみたいサービスだなと思いました。

リアルとネットの上手な融合

mixi年賀状はいいところに目をつけましたね~。

これにプラスでお歳暮とかも贈れると楽しいかもしれませんね。

ネット上でとても仲良しな方が出来たけど、リアルでオフるのは遠すぎるなんて事があるはずなので、そういう時感謝の印としてちょっとした贈り物なんか渡せたらいいと思うのですが。

マイミクさん同士の間であらゆるHUBの役割をmixiが担ってくれたら、また違う利用の仕方とかできそうな気がしています。

可能性が広がりますね~
Twitterでつぶやく

| SNS他 | 19:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

mixiが一般ユーザでもメッセージを無期限保存です!

ミクシィ、SNS「mixi」のメッセージ機能を改善--全ユーザーのメッセージを無期限で保存
by CNETjapan

今まで有料プレミアム会員しかメッセージの無期限保存をしていなかったmixiですが、一般ユーザでも11月1日から無期限保存となるようですね。これでバックアップとか必要なくなります。

まあバックアップするようなデータでもないのですが、私的な事とかあるので一応バックアップを取っていたりしました・・・。

でも一般ユーザの私にはありがたい処遇ですけど、プレミアム会員の人達との差別化とか、どうするのでしょうかね?そもそも有料で利用する気がさらさら無いので、プレミアム会員の特権とかよく分かっていませんが(汗

他にもマイミクさんへのメッセージ送信手順の簡略化が図られるなど、使い勝手は少しずつ良くなっていってますが、一人のユーザーとして要望を一つ挙げるとすると、カレンダー機能をGoogleカレンダーと連携もしくはそれ相応の機能に変更して欲しいです。

mixiのカレンダーはマイミクさんの誕生日とかが表示されたり、コミュニティ関連のイベントなど、見る分にはいいのですけども、自分の予定を登録する気にはならないのですよね~。
過去の登録した内容の検索とか出来ないですし、月ごとの表示しか出来ませんし、スケジュールの共有とかももちろんできません。

mixiとGoogleのカレンダー機能が合体するととても使いやすいと思っているのは私だけではないと思うのですが?

実際に出来るか?というと不可能ではないはずですが、互いのDBの連携とかセキュリティ面の問題、プログラム上での制約とか色々問題がありそうですね・・・

最近は色々なものが連携して使えて便利になっていますから、こういうのも面白いと、何の責任も無い身勝手な私は思うわけなのです。

言うだけはタダですから
Twitterでつぶやく

| SNS他 | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Googleマップからmixi日記へ地図のタグ埋め込みが簡単に

Google マップをmixi日記へ。地図の埋め込みがより簡単になりました!
by Google日本blog

私的なmixi日記とかを書いていると、旅行の話とか、美味しい店の情報などを記載するなんてことがありますが、いちいちGoogleマップからタグをコピーしてきて云々なんて事は面倒くさいのでしませんでしたが、事前にmixiにログインしておき、Googleマップの「このページへのリンク」のmixiアイコンをクリックすると、日記にタグが自動で貼り付けられ、便利だな~と思いました。

実は昨日家族で温泉に1泊してきて、mixi上でその事を書いていたので、早速Googleマップで場所を貼り付けてしまいました!

これは便利ですよ。

ストリートビューが公開されいる場所であればそこの景色ごと日記内に埋め込むことも可能なので、臨場感が増します。

mixiもどんどん使い勝手が良くなっていきますが、これからも便利な機能の追加、よろしくお願いいたします!
Twitterでつぶやく

| SNS他 | 15:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

mixiに待望の機能「日記公開範囲設定」が追加!!

mixi日記、記事ごとの公開範囲設定が全ユーザー利用可能に
by CNET japan

mixiでプレミアムユーザーのみ利用可能だった「日記公開範囲設定」がついに一般ユーザでも使用可能となりました。

これ本当に待望の機能であり、過去にもこのblogで書いた事があったので、「ついに」と言うより「やっと」という思いが強いです・・・。

マイミクをグループで分けておいて、日記を公開するときに、公開する範囲を決めれるという単純な機能なのですが、マイミクさん達は常に同じグループ(かかわり)にあるわけではない人が多いと思うので
そこに公開範囲を設けることにより、そのグループ内だけでの話しなどが可能となります。

この機能を使うためには事前にマイミクのグループわけをしっかりやっておかなければならないので、何百人もマイミクがいる人とかは大変かもしれないですが、私みたいにリアルの知り合いしかマイミク
がいなければ比較的簡単にグループを創設可能です。

使い方は簡単で、「マイミクシィ一覧」にアクセスして、グループの追加と編集から名称をつけてグループを作成し、作成したグループの「メンバーを追加する」からそのグループに分けたいマイミクさんの追加ボタンを押すだけ。

そして日記を公開する際に「日記公開範囲」のプルダウンメニューから「一部の友人まで公開」以下にある作成したグループを選択して日記をアップすればOK。

ちなみに一度公開した日記も、編集から再度日記公開範囲を設定してあげなおすという事も可能です。

あ、あとマイミク一人につき、5グループまで所属可能なようです。

詳細はこちら(mixiアカウントが無ければリンク先は見れません)

早速この日記公開範囲を利用して、5月GWの仲間内の集合場所とかプライベートな日記をあげたいと思います。

でもこの機能を冷静に考えた時に、マイミクさんってよく会う人と会わない人とか、交流がある人、さほどない人という具合に、自分の友人のネットワーク相関図みたいに分かれてしまいますよね…

ま、それはそれでいいんですけども。
Twitterでつぶやく

| SNS他 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

mixiが中国に進出する!

mixiが中国進出、ミクシィ上海設立へ
by CNET JAPAN

日本のSNS独り勝ち状態のmixiは中国進出をするようです。

中国のSNSはどうなっているのかまったくわかりませんが、そもそもgoogleもYahooもよせつけない国なので、うまくいくのかどうか?

資本金は270万ドル(約3億円)らしいので、mixi的には様子見なのかな?それとも今後本格的に出資して展開していくつもりなのか?

もし私がmixiの人間ならば、中国ではなくヨーロッパとアメリカから進出していきますけどね~。

マイスペースとか強そうですけど、元々そういう土壌があるところなので、意外と受け入れられると思っています。

いずれにしてもその国のマーケティングに通じている人でないと難しいのは明らかなので、mixiにはがんばって欲しいですね。

日本初の世界的SNSが誕生する事は、私のようなIT業界にいる人間には嬉しいニュースですから。

あと、むちゃして経営が傾くような事だけはしないでほしいです。

mixi無くなると、かなり落ち込みますので。
Twitterでつぶやく

| SNS他 | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「うたスキ」カラオケSNSは上手な手法です

カラオケSNSサービス「うたスキ」

カラオケの大手JOY SOUND(株式会社エクシング)が運営するSNSサービス「うたスキ」が登録会員数100万人を超えたらしいです。

カラオケSNS「うたスキ」、1年2カ月で会員数100万人突破
by CNETjapan

何がいいって、SNSなのでカラオケ友達が作れて、全国の会員と店舗でカラオケバトルが出来たり、お気に入りの曲を200曲登録しておいて携帯などから確認できたり、SNS上から歌いたい曲をリクエストできたり、SNSとリアルのカラオケ店を結びつけた、上手な手法だと感心しちゃいました。

10~20代の方の利用が多いようですが、カラオケによく行く世代と考えれば当たり前ですかね。

それにしても、ネット上でのSNSとリアルの店の融合ってレバレッジがきいていると思います。

どんどんネットとリアルが結びつく世界

ますますインターネットの果たす役割は大きくなるのでしょうね…。

ネット系の仕事もしている身として、もっと世の中に喜ばれるようなビジネスとかアイデアを出していければなと、そんな淡い夢を抱いていますが、まだまだ精進が足りないので日々努力です。
Twitterでつぶやく

| SNS他 | 01:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。