気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

物の価値は需要が決めるを痛感

 先日、ちょっとした不手際というか、アホな計算ミスにより、自分の月のお小遣いがゼロになってしまい、無様に一人慌てふためいた私。とにかく当座に1000円しか無いという、不惑にしてこのザマかよと、本当に情けない気持ちになるのと同時に、これでは昼飯も食えん!ということで一念発起。手持ちの本やらDVDやらPCやらを、ブックオフ様に持ってまいりましたところ、需要と供給が価格を決めるということが腑に落ちましたので、ブログネタと致しました。よろしければお付き合いください。

 どこでどうやったら、こんな計算になるのかと、自分を訝しく思うくらい、ずさんな「お小遣い会計」を露呈した私ですが、そんな財政危機を救ったホワイトナイトは天下のブックオフ様でした。

 実は昨年、マンガやらCDやらを軒並み断捨離してしまったため、手持ちで売却益をだせそうな品物が見当たらず、本気であちこちの棚を開け閉めし、絞り出すように探り当てたのが、もう読まない書籍18冊、以前購入したDVD6本、DSのゲームソフト2本、もう使わないネットブックHP mini1000というラインナップ。

 正直言って、全部で5千円にでもなれば万歳だなと、少しでもマイナスのお小遣いを補填できればと、祈るような面持ちだった私。だいたい、ブックオフの下取りは、通常ならば定価の10分の1以下というのが私の中にあり、あまり期待していなかったのは確かです。しかし、私にとっては「不用品」でも、世の中に放流すれば「必要品」となることだってあるはずです!そんな淡くて甘すぎる期待に、鼻の穴を膨らませながら車を現地に走らせました。

 DVDやゲームソフトなどは、箱や中の添付品など、綺麗な状態で保存していたため、余計なマイナスポイントは排除。ネットブックに至っては、OSを再セットアップし、MicrosoftUpdateで最新のパッチ状態にするという大サービスまで施したので、手を合わせるかのように、下取りカウンターに赴き、自分の順番が呼ばれるのを今か今かと、じっと待ちました。

 で、結果を申し上げると・・・、全部で1万円を超えましたw

 思ってもみない高評価に戸惑った私ですけど、ネットブック5千円(まさに10分の1理論そのまんまw)、その他で5千円ちょっとという結果です。

そうなると気になるのが、その他の5千円の明細です。もらった明細書を見ると…

文庫・新書・雑誌18冊=750円
DVD(映画・音楽)6本=3,070円
ゲームソフト2本=1410円


 つまり、DVDが多くを占めるという形だったのですが、驚いたのがDVDの価格差です!3,070円のうち、2本が2,400円というこれまた大半を占めたのが、ワンピースの「ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険」、「ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』という二本の映画でした。その他のDVDは、映画マトリックスの3部作と、歌姫サラ・ブライトマンの「シンフォニー ライヴ・イン・ウィーン」という音楽ものです。

 もうね、えっ?と思いました。私の中では、サラ・ブライトマンのウィーンライブが一番高値がつくと思っていました・・・。2009年に購入して、まだ新しかったからです。他の映画5本は、もう10年ほど前の作品であり、そんなに人気があるとは思えなかったからです。ぶっちゃけ全部で500円くらいだろうと考えていました・・・。

 確かに漫画「ワンピース」は私も大好きですし、日本の漫画シーンの先頭をひた走る怪物コンテンツだというのも理解しています。ですが、10年ほど前の映画作品で、定価が4,500円のものが、下取りで1,400円になるとか、正直ワンピースの人気の高さに驚きました!

 人気だけだったら、マトリックスの3部作も、当時は尋常じゃないくらいあったと思いますけど、3作合わせて170円ですからね(笑)特典映像つきなので、メイキングシーンとか、すごく面白かったのですけど、3作合わせてワンピースのDVD映画1本の10分の1という価格に笑ってしまいました。

 同じ映画なはずですけど、マトリックスのDVDにはほとんど市場価値が無いという、ブックオフ様の評価というか、リサーチ結果というか、需要が無いということなのでしょう。

まあ私としては、財政危機の回避に繋がったので、感謝してはおりますが、何となく腑に落ちない感はあります。それだけ日本はアニメ大国なのかと、改めて思いました。そこでちょっと気になったので、各映画の興行収入を調べてみました。

映画「マトリックス」 →380億円(日本だけだと50億円)
映画「マトリックス リローデッド」 →608億円(日本だけだと110億円)
映画「マトリックス レボリューションズ」 →350億円(日本だけだと67億円)
計1338億円(日本だけだと227億円)
※1ドル82円で計算

シリーズ映画興行収入/マ行
by Forest-Cat

映画「ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」→12億円
映画「ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険」→20億円
計32億円
by wikipediaにて調査

 単純に興行総収入だけで計上すると、約41倍もの差でマトリックスシリーズの方が上回っています。マトリックスの日本のみの興行収入と照らし合わせても、7倍程度の差がついています。

 ところがDVD化された作品の中古市場では、ワンピースのDVDの方が明らかにお宝と呼んで差し支えないのではないでしょうか。もちろん、時代背景や多くの人の目に触れ過ぎたという面も否めないので、一概に同じ土俵で論ずるのもどうかと思います。

 買う人がいなければただの在庫でしかないのですから、仕入れる側に立ってみれば、入荷してそれ相応の値段付けでも売れるような、売却益があるものを多く仕入れるのが、商売をするうえで理想でしょうから、より人気のあるもの(消費者の要望が多いもの)を高く買い取って、適切な値段で売るという、需要と供給の法則みたいなものを感じずにはいられませんでした。

 たかが数十円~数千円の価格帯でのお話しなので、なんともレベルの低い話しをしていますけど、売れるものは売れる、売れないものは売れない、自分が思っている市場価格なんてちっともあてにならないのだ、ということが腑に落ちてしまった次第です。

 これはもう、高価な美術品などと一緒で、ワンピースのDVDをお金のある時に仕入れておき、イザという時に売れば、多少なりともまとまった現金に出来るかもしれないななどと、くだらない考えが頭をよぎりましたが、そんな余剰金が貧乏サラリーマンの私にあるはずもなく、あえなく断念しました(笑)

 最近「せどり」という、ブックオフなどで中古本を安く買って、Amazonのマーケットプレイスなどで高く売るという、そんなビジネス手法を見かけましたが、それもこれも、需要があるところで高く売るという、ある種、商売の基本みたいなものなのでしょうね。

 物の価格が幾らで、ここではこの値段だけど、あそこではこの値段、そんな市場を見据えたビジネス感覚がなければ、物を売るなんて商売は勤まらないのかもしれませんね。いやはや、やはり私なんぞは、商売には向いてないのでしょう・・・。

 昔、レモネードを作って売って利益を得るという、経済学の基本についてやさしく教えてくれる本を読んだのをふと思い出してしまいました。

◎新装版 レモンをお金にかえる法


 何となく今後は、マネタイズという、いかにお金を生み出すか?という知識や知恵が、よりいっそう世の中にもてはやされるような時代が来る、そんな気がしている私なのでした・・・。こういうの得意じゃないんですよね~。
Twitterでつぶやく
スポンサーサイト

| 財務・会計・投資・金融・経済 | 15:16 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

利益(給料)が残らない原因に気付きました

私ごとで恐縮な話しなのですが、昨年暮れ~先月にかけて浪費がかさみ、今月のふところ具合はそれはもう悲惨なものになっていますorz

我が家は夫婦共働き=2馬力世帯なため、もしどちらかに何かがあっても、もう片方の収入で生計を立てるという事が可能なのですが、今現在嫁さんが産休で休んでいるので、実質上1馬力=私の収入のみでして、贅沢はできないという状況です…

そもそも収入がそんなに多くないという現実もあるのですが(汗)、それを言い訳にしたくないので、結構マメに家計簿のようなものをつけていまして、それを見返してみると出てくるのは反省の弁ばかり。

去年の12月くらいからいやに消費欲が旺盛でして、ついつい本を大量に購入したり、HP Mini 1000などを購入してみたりと、

「これは自分への投資だ!」

なんて事をつぶやきながら財布のヒモを緩めていた結果、今頃になり嗚咽をあげ苦しんでおります・・・

もともと私も嫁さんもそんなに浪費家ではないはずですけど、ここ数年消費行為を極力我慢してきたので、それがはじけたかのように、イケイケになってしまった面はあります。

そこで冷静になって会計本とか読み、自分なりに分析してみました。

よく会計などで出てくる「式」に

利益=売上高-変動費-固定費


という計算式がありますが、これを家計におきかえて考えてみました。

ちなみに変動費と固定費の定義は下記リンクからご確認ください。

固定費とは
変動費とは
by ハピラボ - 幸せ人生研究所

私のようなサラリーマンにとっての利益とは、月々の給料から費用や、経費を差し引いて残ったものの事を言います。

月々の給料の額以上に消費してしまった場合には赤字となり、その分は借金という事になりますけど、まだそこまでには至っておりません。

じゃあ利益をゼロ円より多くする場合はというと、給料から差し引く費用、つまり「変動費」と「固定費」を減らすしかありません。

サラリーマンな私の収入が、起業家のようにある日を境に何倍にもなるなんてことはまずありえませんので、一定の収入しかない中で、出て行くものを抑えるのが、利益を出す近道といえますよね。

我が家の中で「変動費」といえば食費とか医療費など、生活の中で必要な消費財という認識でいまして、この中には遊興費など遊びの代金も含まれます。

対して「固定費」とは、月々の家賃とか子供の保育園代、生保代や学資保険、電気代や水道代や灯油代(価格は多少変動)などなど、一定の額で発生する経費という認識です。

企業会計の場などで「固定費を減らす事に主眼を置け」なんて事を耳にしたりしますが、月々や毎年などの単位でかかる固定費を減らすことができれば、利益は生まれますので、なるべく固定費を削減するという事を意識しながら、家計のやりくりを私も嫁さんもしてきているつもりです。

ただ子供が二人いますので、どうしても学資保険とか生保などの、保障に関するものには手をかけにくく、後は家賃の安いところに住むとか、電気代や水道代の節約などでやり繰りするしか方法がなかったりします・・・

なので、固定費に関してはある程度のレベルまで抑えられているという認識でいます。
問題は変動費なんですよね。。。

近年では食材料の値上げや石油価格の高騰など、生活に密着する用品が軒並み値上がりしたりして、食費や燃料代がかさむようになったというのは現実としてあります。

それに年末や年始、3月・4月の異動シーズンに飲み会が重なり、出費が増加したというのもありました。

しかしですね、そんな変動費の中で一番浪費していると思われるのが、私の自己投資代と後先を考えていない買い物代です(汗

買い物代とは、嫁さんにかわり、私が買い物とかすると必要以上な物を"高く"買ってしまう事を言っており、男の買い物は良くないという事を如実に見せ付けられる格好となっています・・・。普段から市場のリサーチは大切だとしみじみ思いましたorz

さてさて問題の自己投資代ですが、以前は私のこづかいの範囲で使用していましたけど、1馬力になり、こづかいはほぼゼロという事になったにも関わらず、本代やDVD代、資格試験に関わる教材代などなど、毎年増えていく傾向にあり、ここが一番圧迫している要因であります。

まだギャンブルとか飲み代で消えているわけではないですし、いずれ自分の血肉になるかもしれないものだと思っているので、自分の中では「必要なもの」と捉えていましたが、冷静に分析すると、生活を圧迫する主因になっており、複雑な気持ちです・・・。

そのため今月からしばらくの間、Amazonアタックを控えるのと(笑)手持ちの在庫で学習を進めるという事に専念しようと思います。

夏くらいまでは自分への投資を極力抑え、今あるものを最大限に活用していきたいですね。

ここ数ヶ月貯蓄もままならない状況なので、大人しく慎ましく、財布のヒモをキュッと締めて生活していくようにします。

なんだか書いていて情けなくなってきましたが、これもまた私が招いた結果でもあるので、反省しつつ自制したいと思います。
Twitterでつぶやく

| 財務・会計・投資・金融・経済 | 22:52 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

今年こそ増したい会計知識

お茶でも飲みながら会計入門 インデックス
by 自分戦略@IT研究所

自分で言うのも何ですが、私は相当お金に関して疎いほうです。疎いというか、経済学部出身なのにお金の事を知らなさ過ぎでして、かねてから会計の知識をもっとつけなければいけないという、強迫観念に捕らわれてきました・・・

これまで会計の入門本など読みあさってきましたが、いまいちピンとこないというか、元々の知識がゼロに近いので腹にストンと落ちない事が多く、さおだけ屋シリーズとかを読んで少しわかったつもりになっているのが関の山・・・。

これは私だけなのかもしれませんが、ほぼゼロに近い知識しか持ち合わせていない事柄を学習した時、「初めての○○」とか「犬でもわかる○○」などの触れ込みの本や雑誌を読んでも、どうもしっくり
こないのですよね。

きっと根っこの部分がわからないので、わからないのがわからない的な事に陥っているのが原因と思っています。

そういう時は、あきらめて考えないようにするか、初心者用の本や雑誌を10冊くらい買い込んで集中して多読して理解するかのどちらかを選択する事が多い私ですが、この会計に関してはどっちつかずの
なんとなく気になるからこの本でも読んでみようかな~という感覚でした。

前フリが長かったですが、そんな時に見つけた上記の

お茶でも飲みながら会計入門

シリーズは丁度いいくらいの読み応えで、なかなか分かりやすいと思います。
特に第3回 黒字倒産が起きるわけとその対策はその最たるもので、黒字倒産の仕組みを理解することができました。

今後もこの吉田さんのお茶でも飲みながらシリーズはチェックしていこうと思います。

何か一つストンと腑に落ちると、堰を切ったようにダダダっと今まで理解できなかった事が理解できるようになる事があるので、この週末は会計の本でも読もうかと計画中です。
Twitterでつぶやく

| 財務・会計・投資・金融・経済 | 20:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

食べていける子というか食べていける親になりたい

第48回「食べていける子」に育てる父親の言葉
by 日経BP

ファイナンシャルプランナー 當舎 緑(とうしゃみどり)さんの書いたコラムですけど、このコラム中に貼ってあるリンク先が面白そうで取り上げてしまいました。

以下そのリンクを抜粋させていただきます。

家庭における金融・金銭教育 : 知るぽると

キッザニア

東証 学生・教員の方へ

親子で学ぶ 金融教育 職業教育サイト キッズ・マネー・ステーション

金融知力普及協会

子供と一緒にお金などについて学ぶ事ができるサイト集と捉えて差し支えないかと思いますが、私自身がお金がなんたるものかを理解していなくて、そんな親が子供にお金の教育なんてできっこないのは当たり前。

ですから少しずつでもお金の勉強をして、それを子供に伝えてあげたいとそういう意識でおります。
出来れば子供と一緒にお金について学べたらなとも思います。

こういう教育は学校では絶対に教えてくれず、子供は親に教わるか、そういう教育を施してくれるところに行くしかありません。

私も親からお金の教育なんてされた事無いので、まず私が覚えないといけませんね。

ユダヤの方々などは、子供の頃から金融教育が行き届いているなんて記述を何かの本で読みましたが、私も子供にお金の教育をする事ができればな~とそう思っています。

そういう意味ではこの「暮らしに潜むリスク」のコラム群は必読に値しますでしょうか。

暮らしに潜むリスクバックナンバー

少しずつでもいいので、財務・会計・金融などというお金に関する勉強も今後増やしていきたい…いや増やさなければならない時代になってきているのですよね。

肝心のマネーが無いのですけども…
Twitterでつぶやく

| 財務・会計・投資・金融・経済 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

燃料電池関連に投資したいです

初めに言っておきますが、私は投資を行えるだけの資金も無いですし、知識もありません。

タイトルで「投資したい」と言ったのは希望というか夢というか、もし自分に投資できるだけのお金があれば、迷わずこの燃料電池を開発している企業に投資したい、という事です!

この燃料電池(水素)のクリーンさは究極でして、燃やしても水しか吐き出さないという、次世代エネルギーの核になるべきものだと考えています。

この開発がどんどん進めば、もう石油に頼る必要はありませんので、自動車だけでなく、家庭や企業の冷暖房、原子力に変わる発電など、最高にクリーンなエネルギーとして普及して欲しいです。

それはまだまだ先の話だとは思いますけど、現在の石油高騰でこういった石油の次のエネルギーに注目が集まっているのは、とてもいい事だと私は思います(ガソリン高いですが…)。

なんでこんな事唐突に言い出したかと言うと、

燃料電池車の生産開始 ホンダ、日米3年間で200台販売
by CNETjapan

盛り上がる電気自動車,燃料電池車は必要か?
by 日経エレクトロニクス

こういう記事を読んだからという、とても単純な思考の持ち主である私。

無尽蔵に存在する水素をエネルギーに変える事が、ひいては地球を救う事になるかもしれないですし、エネルギー問題の切り札になり得ます。

それはつまり、環境問題の改善にも結びついてくるので、もっと世界の注目を浴びるべきだと声を大にして言いたいですね。

太陽電池と合わせて燃料電池が、今後の未来を担う事になるのは間違いなさそうですが、太陽電池の制作にはシリコンを大量に使用するという問題点があったり、燃料電池は触媒として使用する白金が必要だったり、コストや耐久性が問題だったりと、一筋縄ではいかない面があることはわかっていますので、だからこそ燃料電池企業などに投資したいと思うのですよね(金ありませんが…)。

研究・開発には莫大な費用と時間がかかるのは承知のうえで、お金があればこの分野に賭けてみたいです。

燃料電池については…

東京ガス:なるほど!燃料電池
by 東京ガス

この↑サイトが私のような初心者にはわかりやすかったです。
Twitterでつぶやく

| 財務・会計・投資・金融・経済 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドラゴン&イスラムマネーの脅威

ドラゴン&イスラムマネーが日本企業を飲み込む日
by @IT MONOist

中国(ドラゴン)やイスラムの国々は、国自体でファンドを作って、世界中のあらゆる企業などに投資をしているのですが、そろそろ日本の企業もターゲット化されてきているようです。

投資関連や国際情勢などに詳しい人達ならすでにご承知の人も多いと思いますが、どんどんグローバル化される世界に対し、日本はというと、また鎖国でもするのではないか?と思わせるくらい、保守的で内向的な対応に終始しているので、来年あたりから真の外資による脅威が表面化し始めるかもしれないですね。

特に脅威なのが、ドラゴンマネーを国で動かす中国と、オイルバブルで儲けた中東の産油国。

これらの国々は贅沢な資金で多国籍企業の株を買い占めたり、企業買収を繰り返しているので、日本の有名企業がある日を境に、社長も役員も外国人になってしまう、何てことが起きてもおかしくない状況です。

もうすでに始まっているのかもしれないですが、私のような大手企業の下請けのまた下請けのポジションにいる人間には現実味は無いのが正直なところですが、その余波はモロに受ける可能性があります。

半導体とかエレクトロニクス分野では日本はトップの技術力があるので、IT関連を含めて電機メーカーは戦々恐々ですね。

これからはますますグローバル視点と複数のスキルと語学力を兼ね備えた人間でないと、どんどん下へ下へと追いやられていく時代なのかもしれないですね~

私自身、IT系の技術はもちろん、マネジメントや金融関連の知識を少しでも得ようと、現在もがいている状況ですが、これの他に語学力もとなると、時間がいくらあっても足りない感じです。

事前にしっかり準備できたものが勝利する

当たり前の事ですが、これは必然の理なんでしょうね。

私も「勝利」はしないまでも、せめて「引き分け」くらいには持っていけるようにするためにも、日々の学習が大切だなと改めて感じました。

今後10年~20年間は何が起こってもおかしくない、混迷の時代になるかもしれないですから、しっかりと準備だけは怠らないようにしたいですね。

せめて気持ちだけは明るい未来を想定していたいです(^_^;)
Twitterでつぶやく

| 財務・会計・投資・金融・経済 | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まず自分の収支から整理してみる

最近、私の頭の中で日増しに存在感を増してきたテーマが「会計」や「投資」「金融」などです。

会計に関しては、何冊か本を読んでいて大まかな事は掴めたかな、というレベルですが、投資や金融などは、まったくの無知であり、何をどうすればいいのか、わからないところがわからない状態なのです…。

会計はお金の流れを読むことができる学問なので、我が家の収支を見直し、削るべくところは削り、貯めるべきものは貯め、使うところは使うという、無駄の少ない家庭内運用をまずは目指したいです。

それから企業会計の分野にも知識を広げればいいなと考えています。

投資はそもそも自由に使えるお金が無ければ手を出せないので、いつかいつかと言い続けて早数年、もういいかげん本気で取り組まなければいけないテーマですので、まずは基本から学ぼうと考えています。

小額でもできるFXなどが第一候補ですが、他にも様々なものがあると思われるので、基本を押さえてから、後は行動あるのみですね。

ま~、お金が無ければ無理なんですがね…。

金融は「資金余剰者から資金不足者へ資金を融通すること」とWikipediaにも書いてあるとおり、金の無い人が金のある人から利息込みで借りる事と思いますが、銀行からの借金や、株式購入など今後必須の知識となるので、自分に関連する項目から学んでいければと考えます。

そういえば私は大学で経済学部出身であり、こういう分野は勉強したはずなのですが、そんな知識は微塵も残っていないため、一からやり直しですね。

昔やっておけば良かったという言葉は、なるべく使わないように気をつけてますので言いたくないですが…やっておけばよかったな本当。

一生つきまとうテーマになりそうなので、自分の資産管理・運用くらいできるレベルには持っていきたいですね。

これらは来年の主要テーマになりそうです。

とりあえずは、自分の年間の収入と支出を細かく割り出し、費用を減らす事と、自分への投資額をもう少し増やせないか検討するところから始めてみたいと思います。
Twitterでつぶやく

| 財務・会計・投資・金融・経済 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Gartnerがこんな予測をしていた

2004年11月30日にマイコミジャーナルに掲載されていた記事です。

Dell、HP、IBM、富士通、Fujitsu Siemens、東芝、NEC、Apple Computer、Lenovo Group、Gateway、PCの出荷台数で世界トップ10のメーカーのうち、3社が2007年までに市場から撤退する--こんなレポートを米民間調査会社のGartnerが報告している。
by マイコミジャーナル


Gartner社が、今から約3年前に出した予測レポートは、今のところ外れようとしている状況だ。

こういう市場予測系のニュースは、いつの日かみんな忘れ去っているのが大部分であるけども、こういうのを検証するサイトorBLOGがあれば、面白いかもしれないですね。

私はそういうのやる気無いのですが・・・

この記事は、リアルタイムで見ていたので、私も良く覚えています。

別に予測が外れたからって、何てことはないのですけども、株とかやっている方々は、こういうニュースを見ると、「今のうちに売り!」とかそういう判断材料になってしまうのではないでしょうかね?

3年先を見越して対処したとして、予測が外れたら何にもならないですよね。

なんでこんな事をダラダラ述べているかと言うと、来年から私も金融方面に足を向けてみようかな?と漠然と考えているからなのです。

もっと財務感覚を身につけないと、10年後には何も残らない…そんな時代が来るかもしれないですし。

貯金ゼロの私では荷が重いのですが、もうちょっと「お金」とか「資産」とか、「会計」とか「財務」とか、知っておいた方が良だろうと思っています。

今年の秋~年末にかけては、資格試験勉強+読書がメインの活動と決めているので、年明けから活動を始めるべく、少しずつ意識してそういった情報を眺めるように気をつけています。

もしFXとか株をやるとして、判断材料になるのは「情報」ですよね。
ところがその情報自体がガセだった場合、痛い目に合うのは必然でしょう。

つまり、ある情報を自分の中に落とし込んで、鵜呑みにしないよう、フィルターをかけつつ、自分で判断をくださなければいけません。

誰かがこう言っていたとか、あの人が何を買ったからとか、そういう他人まかせの判断は、なるべく慎むよう自分に言い聞かせなければなりませんね。

優良な情報を得るセンスと判断力を磨かなければ。

その前に資金集めなんですけどね…

それが一番の難問かもしれません(笑
Twitterでつぶやく

| 財務・会計・投資・金融・経済 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。