気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ついに100記事到達です

楽しみながらIT系の情報発信を目指していければいいと思い立ち、再スタートさせたこのblogもやっと100記事に到達しました。

桁が10から100にあがるというのはなかなか気持ちいいものです。

もちろん次は1000記事を目指しますが、それははるか地平の彼方。

世の中「OUTPUT」が大事というけれど、日々行う事の難しさを痛感してます。

そもそもOUTPUTすることが少ないという側面にも気づいていましたが(笑)。

改めて前に書いた内容を見てみると、IT系のニュースに突っ込み入れてごまかしたり、思い出したように昔の話を書いてみたりと、取り留めのない事をダラダラ書いていますね~。

普段私は仕事で問題があると、インターネットからの情報で解決する事が多いのですが、それというのも先人の方々がネット上で記載していてくれるからこそ、解決できているのです。

なので、今まで受けた恩を返すというと大袈裟ですが、そのくらいの気持ちで、少しでも役に立つ情報を提供できれば嬉しいことこの上ないのです。

私の拙い情報で誰かが問題を解決できるならば、それは私にとって喜び以外の何物でもなく、今まで与えられてばかりだった=INPUTばかりだった自分から脱却し、与えていく=OUTPUTしていく自分へ
転換をはかるのが理想かなと考えています。

少ないながらもこのblogを見てくれている方々に、感謝の念を表し、今後もできる限り情報更新を心がけてまいります。
Twitterでつぶやく
スポンサーサイト

| その他 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TIME HACKS



最近話題の「小山 龍介」氏のTIME HACKSシリーズです。

最近、資格取得勉強に集中するため、読書を止めているのですが、このblogを始めた際の目的の一つであるビジネス書の紹介を、ここしばらくしていないという事に気づき、ストックしてあるテキスト(書評みたいなもの)からのネタです。

この本を読み終わり、正直言って他の啓発本と被る内容が多かったのですが、「ニュートン時間とベルクソン時間の違い」とか、「ファンダメンタル投資」と「テクニカル投資」の話しや、「ハーマンモデル
という思考のクセを判定する方法」などは読んでいて興味深かったです。

本当にさらっと読めるので、時間管理で悩んでいる人にはお奨めします。

私は、タイムマジメントが下手なので、こういう時間管理術の本を見ると、手当たりしだい読んでしまうのですが、この本は読みやすく、売れている理由がわかる気がします。

ただ、パソコンなどを利用した時間管理術については、私的にはすでに実行済みなのであまり参考になりませんでした…。


この本を読んで、劇的に時間管理の改善はされないと思うので 評価は星3つ★★★☆☆とします。


~心に残った一文~
※引用してます

剣豪の宮本武蔵はこの集中力について「見(けん)の目、観(かん)の目」という表現をしている。
「見の目」とは、ある1点に集中する視線のこと。
「観の目」とは、全体をまんべんなく把握する広い視界のこと。
宮本武蔵は、「観の目」をすすめている。


アイデアを生み出す時間なんて、あらかじめスケジュールできないのだ。そういう時は、あきらめて休んだ方が良い。そして休んでいる時にパッと閃く。


人生計画に年度の概念を取り入れる~~季節感と連動できる。

春は新しいルーチンワークを取り入れる
夏は短期集中する
秋は収穫の季節、成果を楽しむ
冬は振り返る

Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

airpen(エアーペン)欲しい!!

「ぺんてる」でairpenの最新版が11月発売されるそうです。
記事ネタはこちら
airpenのサイトはこちら

専用ペンで書いた文字や図などの情報を、超音波と赤外線を利用して認識・デジタル化し、「メモリユニット」とよばれる保存機に無線で転送・保存する仕組み。専用紙は必要なく、色がついていたり文字が書いてあったりする紙でも使える。色は、黒だけでなく別売りの赤と青のリフィルをセットできる専用ペンを使えば3色で表現できる。
 メモリユニットには、フラッシュメモリを採用。PCに接続しなくてもデータを保存でき、乾電池で動作するので外出先など電源が取れない場所でも利用できる。フラッシュメモリは、取り外してPCに接続すればPCにデータを保存できる。
by CNET


専用のデジタルペンで書いた文字や図形がそのままデジタルデータとして残り、PCに転送してテキストデータとして残す事もできる、とても欲しいと思わせる商品ですね~。

ワコムとかペンで情報を入力するのは昔からありますが、システム手帳のような感覚のデジタル手帳という商品は、PDAなどと被る部分があり、直感的に文字で書けるタイプのものは初めて知りました。

直接ペンで書くという行為自体をデジタル化しているので、携帯やPDAといったモバイル端末に入力する手間を考えると、手帳に書く感覚にはるかに近いですね。

「直感的なデジタルツール」

私は何か考えが浮かんでも、携帯などのメモ入力に手間どって忘れてしまう事が多いため、手書き感覚+デジタル化されるという、一石二鳥のこの「airpen」は非常に魅力的なツールに感じます。

書いたものそのままデジタル化してくれると、あとで整理するとき非常に楽になるので、手軽にデジタル化してくれるツールを探し続けているのですが、これは購入検討と致します。

ちょっと残念なのが値段が2万5千円程度と、手に届きそうで簡単に届かない値段なところでしょうか(笑

貧乏サラリーマンには高値の花なのでした…
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パソコンの便利技-周辺機器編

パソコンパッチなる修正用のキットを紹介しています。
ネタ元はこちら

これマジですごくないですか?
革靴の修復をパソコンを利用して修復するなんて普通思わないですし。

透明のシールに印刷して修正箇所に貼りつけたり、他にも子供の写真を印刷して手帳に張り付けたりとか、この発想自体が面白いと感じましたし、1000円程度なら買おうかな?という気にもなりましたね。

「DIYを自分のPCを使って行う」

こういう発想を自分もできるようになりたいですね。

常に斜めから見る癖をつけたり、鳥の目・虫の目のように視点を
変えて考える事が大事なのでしょう。

来年にかけてそういう訓練を本格的にしていきたいですが、まずは10月21日のテクネ試験に向けてがんばります!

「パソコンパッチ」(建築の友)
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

mixiのデザインリニューアル

ミクシィが10月からSNSサイト「mixi」のデザインリニューアルをするようですね。
記事ネタはこちら

変更後の画像が掲載されていましたが、やはり縦長デザインになりそう。

視覚的情報量を増やすと縦長になるのは仕方ない事ですが、今のままでもいいと思うのは私だけでしょうかね?

普段mixiを仲間との雑談で利用させてもらっていて、特段不自由無いのですが、日記とかでWYGSYGっぽい事できればいいのにと思うくらいですかね?まあ、無料なんでその辺はどうでもいいんですけども。

今後mixiはどういう方向性で運営していくのか、そちらの方が気になる所ではありますが、ライトユーザーである私は今のままで充分です。

ところでmixiのロゴの部「βversion」という文字はいつ外れるのでしょうかね?それが一番気になるところかもしれません。
Twitterでつぶやく

| SNS他 | 20:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブクログ WEB本棚サービス

ヴァーチャル本棚としてかなり有名ですね。

ブクログはこちら

数年前から存在は知っていて、かなり長い事忘れていたのですが、ブクログに登録して自分の持っている本のリストを作り始めました。

自宅には、マンガや雑誌、ビジネス書が所狭しと並んでいるので、一度リスト化しようと思っていたので丁度よかったです。

このサービスはアマゾンのアソシエイトとも紐付けできるので、アフィリエイトとしてのツールとしても利用できるのですが、これでこづかい稼ぎをするつもりは毛頭ありません。

では、なぜこのサービスを利用したかと言うと、友人や知人と本の貸し借りする際に、「オレの本棚はコレだから選んでくれ」と、言いたいがために利用しました(笑

最近mixiや他SNSを利用して昔の仲間と話す事が増え、互いの家に足が向くことも増えたので、せっかくなので互いの本棚にある本を公開して借りたい本を選ぼうという事になりました。

まあ、おもにマンガが主体なんですけどね(笑

こういうのってとてもいいです。


Webを利用してリアルにつながりあえる


いい世の中になったもんです。
Twitterでつぶやく

| ソフト・アプリケーション・ツール | 15:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3連休をどう使うか

9月22日~24日は3連休で、外出する方も多いと思いますが、我が家も御多分に漏れず、泊りがけの旅行に出かけます。

本音を言えば、テクニカルエンジニアネットワーク試験勉強に充てたいのですが、家族サービスという大義名分には勝てません。

ですが、旅行中でも勉強ができるよう、参考書などは持っていきます。

旅行時くらいのんびりしろって感じですが、なにせ試験日まで時間が足りないので、最近かなり焦り気味です。

あせっている割には、参考書読みながら眠りこけていたりという日が続いていますが、危機感を感じなければ体が行動しないという、なんとも情けない状況なので、継続して頭の中に知識として記憶が
定着するよう、繰り返し覚えなければなりません。

試験日まであと30日と差し迫っているので、ギアをTOPに入れて常に試験を意識して行動するように、自分の潜在意識にも語りかけている段階です。

10月にも連休がありますが、この連休はALLで試験勉強確定です。

予定は何も入れません。

その分、今週の旅行は試験を意識しつつ楽しみたいと思います。
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グミ指で指紋認証システム突破!すごすぎ

Security&Trustウォッチ(48)セキュリティ自由研究:
この夏、グミ指を作ってみないか

by @IT

セキュリティコンサルタントの上野宣さんの記事で、グミで作った指で指紋認証システムを突破しようという、すごい企画です。

私的にとても興味深く拝見させていただきました。

夏休みの自由研究みたいなコンセプトで企画したのだと思われますが、こういうの大好きです!!

OHPフィルムを使用したり、プリント基板工作キットとか、自分もこういうの思いついて、東急ハンズあたりに必要な物とか買出しに行きたいですね(笑

自分も何か作ってみたくなります。

大きな本屋とかで物色していると、工作キットとか本と一緒に販売していて、ちょっと作ってみようかな?という気分にさせられますが、今度買ってみようかな?

グミ指作りは厳しそうですが、二足歩行ロボとか、作るの楽しそうなので、いつか買います!
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 18:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「産業突然死」の時代の人生論 by大前 研一氏

日経BPネットで好評連載中の大前 研一氏のコラム大前研一の「産業突然死」時代の人生論です。
※SAFETY JAPANでのバックナンバー

日本一有名な"経営コンサルタント"と言えば、大前研一氏と答えてしまう私は、彼の大ファンでもあります。

と言いつつ、大前さんの著書を読むようになったのはほんの数年前からであって、にわかファンは否めないのですが、彼の著書・コラムを読めばわかるのですが、世の中の流れ「本流」がよく理解する事ができます。

日本の活動だけに限らず、世界中で活躍する超有名人でもあり、その知識はとてつもなく深く、日本を代表する経済人でもあります。

その中でもこの連載は、毎週示唆に富むものばかりであり、いつも「なるほど~」と膝を叩きながら熟読しております。

タダでこれだけのコラムが読める所も、インターネットの優れているところであると思います。

拙い知識しか持ちえない私に、良質な知識のシャワーを浴びせてくれるので、昔よりは世の中の流れが見えるようになったと感謝しております。

これからは、「知識社会」と言われるように、良質な知識を持つものが支配していく世の中になると言われています。

少しでも時代についていけるよう、今の日本、今の世界で何が起きていて、どういう方向に向かっていくのか、これらのコラムを通じて学んでいきたいと思っております。

読んだ事ない方は、ぜひとも毎週読破することを勧めます。


※2009年7月15日、大前研一の「産業突然死」時代の人生論のリンク先変更、記事修正を行ないました
Twitterでつぶやく

| コラム・サイト紹介 | 21:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Fumy RSS & Atom Makerイケてます

blogやSNSを利用する人が増えましたが、自分で普通のHPを開設している人も多数存在します。

昔からHPを開設していて、更新した情報をすぐ他の人に知らせたい、などという要望を仕事で受けて、それならRSSが便利という事で、他のRSSフィード作成ソフト(フリー)を紹介しましたが、更新処理が「面倒くさい」と言われ、その際探し当てたのが、Nishishiさん作の

Fumy RSS & Atom Maker

私も仕事上・プライベート上でお世話になっています。

通常、RSSフィードやAtomフィード(XMLにて記述)といったファイルの生成は、blogなどでは自動で生成してくれるし、サービス提供者側で指定されたものを利用する形になりますが、htmlでHPを開設している個人や企業では、このRSSやAtomフィードを自分で作らなければなりませんでした。

このFumy RSS & Atom Makerは、RSSフィードやAtomフィードを自動生成してくれるソフトで、しかもFTP機能がついているので、サーバに直接UPする事が可能です。

ただRSS用のXMLファイルを作成してくれるソフトならば他にもたくさんあるのですが、このソフトの良いところは、FTP機能のみならず、自動PING機能やら、クリックするだけでマクロ的な自動処理が可能という点でしょう。

ただし、RSSって??とか、XMLって??という方には、なんの事やら
という感じだと思いますので、そういう意味では中級者以上のソフト
と言えるでしょう。

最初は設定など面倒に感じるかもしれんませんが、一度設定してしまえば、極端ですがソフトを起動させるだけであれこれと実行してくれたりするので、RSS更新の手間が大幅に省けます。

この「価値」がわかる人にはわかる、玄人好みの優良ソフトです。
Twitterでつぶやく

| ソフト・アプリケーション・ツール | 19:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロボットのクレーンゲーム、ロボキャッチャー

千葉市の幕張メッセで開催されていたアミューズメントマシンショーの記事を眺めていたところ、ロボットを操作して景品を掴むという、ロボキャッチャーを見つけ、UFOキャッチャー得意な私は「これやりたい!!」と思ってしまいました。

操作性は特殊っぽいですけど、慣れるまで難易度は高そうです。

実際に見ていないのでなんとも言えないのですが、景品を落とす穴にロボットが落ちてしまわないのでしょうか?

肝心のロボットが景品で出てきたら本末転倒でしょう(笑

ま、そういう部分は何らかの対策がなされているのでしょうが。

そもそもこの二足歩行ロボットを操作して景品を取るという発想自体がユニークなので、UFOキャッチャー系だけに限らず、二足歩行ロボットを使ったサッカーバトルとか、50m走なんてどうでしょうかね?
色々発想が広がると思うのですが。

これから益々ロボットが社会の一部として認知されていくでしょうから、こういう応用がききそうです。

それにしてもこの「ロボキャッチャー」、製品化されませんかね?
やってみたいです。


※2009年7月15日、幕張メッセの記事リンクが切れていたので、リンク削除しました
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テクネの勉強これでいいのか?

ちょっと勉強の仕方で悩んでます…

テクニカルエンジニアネットワークの勉強自体はしているのですが、自信を持ってここは大丈夫という分野が私には無いような気がして、どこを絞って覚えようか、今頃悩んでいる時点で、合格は遠い気がしております・・・

最初の関門「午前試験」対策は過去問をメインに学習しているので、それ以上の対策時間をかけられない状態です。

午後1、午後2対策は技術書を見ながら、覚えていない所を抜き出していったら、気づけばほとんど覚えていないという事が判明して、今こうして焦っているという顛末です。

ここ5年間の試験の傾向と分析をやり直して、搬出分野を集中的に暗記していくというやり方にシフトしていこうかと検討中。

今までのやり方は、技術書が100あったとして、一度読んで10覚え、二度読んで20覚え・・・みたいなやり方をしていて、続ければ確実とは思いますが、記憶が薄れていくという事も加味すると、期限のせまった試験対策としては適当ではないかなと。

VoIP(SIP)
IPsec
VPN
広域Ethernet
無線LAN
DNS
メール関連
ルーティング

他にも色々あるけども、よく出る分野の学習を先に完璧にしておくのが先決のようだと、今更ながら思いついたのでした。

あと、ふと思ったのですが、昨今のyoutubeやらニコニコ動画のように映像関連が世間を賑わせていたので、そういう分野からの問題とか出たりしないですかね?

また、地震が相次ぐ日本列島なので、定番の災害対策問題とかも出てきそうな予感がしてます。

去年は「SAN」構築の問題でテンパった記憶があるので、これまでに出題されていないような問題とか気にかける必要があるのでしょうが、そこにかけている時間が足りないんですよね。

いつも思うのですが、もっと前から継続的に勉強してろよって感じです。

さっ、今日もがんばりますか!
Twitterでつぶやく

| IT資格・他資格 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SONYのRollyの正体に…

以前、SONYが新しいスタイルの音楽プレーヤーを発売すると宣伝しており、このblogでも何だろう?って事で書きましたが、何てことはない、AIBO的なコンセプトで作られたロボ音楽プレーヤーのようです。

Rolly Official Site
Sony Style

AIBOもそうだったのですが、欲しい人はとにかく欲しいのだと思います。

人間的解釈をしてくれる製品に癒しを感じる方は購入するのでしょう。

しかし、税込39,800円という値段を提示された時点で、私が買う事は考えられません。

それなら最新のiPod買った方が間違いないので。

コンパクトなサイズで高音質を実現したとか、曲と同期を取って動くとか、それはただのホビー(おもちゃ)の延長にしか見えないです。

あくまでも私の見解ですが、今欲しいもの100個挙げろと言われても、このRollyはその100の中に入りません。

情報を小出しにするマーケティング手法が上手だなと思い、気になっていましたが、これなら値段が5000円でも買わない。

それならSONYのMP3プレーヤー買った方がマシです。

高音質を求むとしても、このRollyは選択外。

果たしてこれは売れるのでしょうか?

マーケティングは優秀そうなのですが、購買層に働きかける決定打が無いように見えるのですが…。

10代、20代の人にはどういう風に見えるのでしょうかね?

また、私と同年代・上の世代の人にはどう捉えられるのでしょう?

戦略的かつ試験的に発表した製品で、フィードバックによって大幅改良を前提にした商品というものにも見えないので、なんとか売れればいいな~とは思ってますが。

SONYミュージック所属のタレントに配って、宣伝してもらえばファンの子達は買いそうですね。

最近、SONYはプレステ3とかでもつまずいているので、なんとか世界のSONYの威厳を取り戻してほしいと願っているのですが…。

この商品が大ヒットしたら、私の目利きもたいした事ないという証明になりますが、さてさてどうなるのでしょう?

いずれにしても宣伝(マーケティング)によりけりかと思いますが…
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 18:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Webテンプレート集-OSWD

2080個ものWebサイト用テンプレートを閲覧&ダウンロードできるというすごいサイト「OSWD

しかもすべてフリーデザインです!

全て英語ですが、サムネイルがついているので直感的にサイトデザインがわかりやすいです。

私も実際にここのテンプレートを使い、Webサイト構築をした事があります。

デザインをそのまま使用するのであれば、テンプレートが楽ですよね。

ただ、CSSの定義とかも含め全て英語なため、htmlのタグよりもCSSに詳しくないとカスタマイズ時に苦労するかもです。

それでも1から作成する事を考えたら、楽だと思うのですが。

見るだけでも楽しくなってくるサイトなので、お奨めです。
Twitterでつぶやく

| デザイン | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ソニー製品のルートキット問題に思う

ソニー製のUSBメモリー付属ソフトに「ルートキット」まがいの技術が搭載されていたようですね。
元記事はこちら

※すでにソニー側で対応を発表してます
ルートキットとは

ソニーは「ルートキット」に関しては前科がありますので、これで二度目ですが、世界のソニーと言われる大企業がこういうツールを採用するのはいかがなものかと思わざるをえません。

この問題の付属ソフトの元々の技術は、台湾のファインアート・テクノロジが開発したプログラムとデバイス・ドライバを使用しているようですが、メーカー側としてセキュリティ上隠した方が良いだろうと、プラスの思考でソニーが採用したと、似たような業界で働く身としては、そう信じたいのですが、2度目という事もあり、イメージ的・風評的にソニーというブランドの印象は下がる一方で、ソニーの社内で何らかの対策を講じないと、また同じ事を繰り返してしまうような気がしてなりません。

最近のウィルスやマルウェアは、どんどんルートキットの技術を応用した、隠蔽系の方向にシフトしているので、気付かないうちに感染しているというPCが相当数に上っていることを考えると、こういうルートキットの技術がどんどん身近になっていて、知らないうちに情報が外部に流出していた、なんて事がもうすでに起きているやもしれないという恐怖感があります。

一昔前までは、ウィルスの作者は自分の技術の誇示とか、愉快犯的な思想で作られていたケースが多かったと記憶していますが、最近はウィルスやマルウェア自体のソースが「マネー」に変わってしまう為、作者も増えるし、それを求める業者も実際に「マネー」にする事が出来る、つまり需要と供給のバランスが取れてしまっているのでしょうから、取り締まらない限り、今後も減ることは無いはずです。

私みたいな技術の無い人間がこういう脅威に対抗するには、そもそもネットにつなげるのを止めればいいのですが、このネット時代にそれはありえない事なので、対価を払ってセキュリティベンダーの製品を購入するしか手立てがないのです。

が、悪意のあるウィルス作者の方がセキュリティベンダーより技術的に上まわってしまうと、いくら対策を講じても無意味になってしまいます。

今後、インドや中国や東欧といったITを推進している国や地域で、誰も追随できないような技術を持った技術者達が現われる事が予想されると、何かの本で読んだのですが、そういった人達が悪意のある団体や組織に狙われてしまうと、インターネット社会自体が脅かされる、なんて事になってしまうかもしれないですね。

話がだいぶそれましたが、ソニーに限らず、他のメーカー・ベンダーも、セキュリティ関連のインシデントには充分に気を付ける必要があるし、一歩間違えばそれ自体が命取りになるかもしれない世の中になってきているので、真摯に取り組んで欲しいです。

私もですけど
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 01:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

情報処理技術者試験 新試験制度の手引き

先日このblogでストラテジスト試験導入の記事を書いた後に、知人からの連絡で、大幅な試験内容の統廃合がある事を知りました。

新試験は、レベル1がエントリ試験(ITパスポート試験)、レベル2が基本情報技術者試験(FE)、レベル3が応用技術者試験(AI)になる。レベル4の高度試験はITストラテジスト試験(現行のベンダー向けのシステムアナリスト試験とユーザ向けの上級システムアドミニストレータ試験を統合、略称ST)、システムアーキテクト試験(SA)、プロジェクトマネージャ試験(PM)、ネットワークプロフェッショナル試験(NP)、データベースプロフェッショナル試験(DP)、組み込みプロフェッショナル試験(EP)、情報セキュリティプロフェッショナル試験(現行の情報セキュリティと情報セキュリティアドミニストレータ試験を統合、SP)、ITサービスマネージャ試験(SM)、システム監査プロフェッショナル試験(AP)の9試験。
 新試験の実施時期は、「エントリ試験」を08年度秋期、その他は09年度春期からを予定している。
by CNET


あれあれって感じの内容ですが、一番ショックだったのが、初級シスアドが無くなってしまう事です。

以前、この試験をナメていて、2度も落ちた因縁の資格だったのですが、あの苦労はなんだったのか…

名前の残らないIT資格ってなんだかな~って気がしますが、それが時代の流れなんでしょうね。

また、今後CBT(PCでの試験)での受験も予定されているようで、IPAも色々な手を駆使して人集めに奔走している感があります。

テクニカルエンジニアネットワーク試験も、ネットワークプロフェッショナル試験という名称に変更され、実務経験を見られるとかなんとか…。

これで本当に受験者数が増えるとは思えないですけども、国が認める資格は一般的なIT技術の証明になりうるので、一つでも多く取得したいとは思います。

生涯勉強が必要という事で。
Twitterでつぶやく

| IT資格・他資格 | 17:43 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

教えて!IPO:あなたの会社も必ず株式公開できる

教えて!IPO:あなたの会社も必ず株式公開できる
by PC View

PC Viewで連載中の人気コラムです。

とらさん、せんせい、タコ社長、さくらなど、登場人物が面白おかしく繰りなす、株式会社論と言っても差支えないとても読ませてくれる連載です。

2005年夏から連載が始まり、今だに著者が誰なのかよくわからないのですが、当初IPOに絞った内容だったと記憶しているのですが、どんどん会社とは?経営とは?的な経営コンサルっぽい内容も含んで、非常に楽しく読ませてもらっています。

IPO、株式会社、経営などに興味のない方でも、楽しく仕組みが学習できる極めて優良なコラムと思います。

こういう話は大抵お堅い内容に終始して、読み終わっても頭に入らないことが往々にしてあるのですが、このコラムは、ちょっとくだけた会話の中に挿入された監査の事とか、とても記憶に残りやすく、それだけ自分の知識として他人にOUTPUTする事ができるようになりました。

ぜひとも書籍化を!と期待しているのですが、NTTpcはそういう事に興味無いのでしょうかね?


2009年7月15日、PCView閉鎖に伴い、リンクを削除しました。
Twitterでつぶやく

| コラム・サイト紹介 | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とても眠い日々が続きます

最近秋の色が濃くなってきたからなのかわかりませんが、非常に毎日が眠たいのですzzz

今月頭にほぼ徹夜という日があったのですが、その日を境に疲労が抜けない感じで、寝ても寝ても寝足りないです。

おかげで勉強も頓挫するし、休みの日は昼寝で日中が潰れるし…

仕事中も眠気に襲われる事が多く、無呼吸症候群でも発症したか?と考えてしまうくらい眠い状態が続きますし。

完全に体内時計が狂ってしまったようですので、なんとか正常時に戻さなければ!と考えるものの、さてどうすればいいか?

「眠気にまかせて、とにかく寝る」
「逆療法で、もう一度徹夜してみる」
「スポーツで体を疲れさせて様子を見る」

どれもダメそうです…zzz
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

食欲の秋、勉学の秋

北海道は9月になるとめっきり秋色になるのですが、この季節は食欲がわく季節でもあります。

「食欲の秋」

とはよく言ったもので、不思議と食事が進むのです。

そしてまた腹回りが肥えていくのですが…

食欲の秋と同時に、密かに進行させている「勉学の秋」

もちろん秋の大目標「テクニカルエンジニアネットワーク」試験のための勉強の事なのですが、勉強すればするほど、自分の実力の無さを痛感させてくれる難解な問題が多いです。

解答例を見れば、「あっそうか!」と思うので、それほど歯が立たないレベルではないのですが、過去の論述問題は悩む事が多いです。

今行っているのは午前問題の総復習ざっと500問と、分野ごとの技術書の読破・暗記、ドットコムマスター★★★用のテキストを利用した学習と、そんな感じなのですが、とにかく細かいところまで覚える必要があるので大変です。

とてもじゃないですが、残りの日にちで全てを網羅して暗記するのは厳しいと言わざるを得ないですので、大きな分野に絞っての学習という形に落ち着きそうです。

去年は午前は通っただけに、午前を後回しにしようとも思いましたが、ここを甘く見ると痛い目に遭うので、繰り返しの学習が大切ですね。

それと同時にネットワークの分野を絞った詳細学習・暗記をするので時間がいくらあっても足りません。

毎年思うことですが、もっと早くからやっておけばよかったなと…。

後悔しても仕方ないので、あとはやるだけです。

去年までと違うのは、学習法を変えていることなので、それに沿って頭の中にネットワーク知識をインストールしていこうと思います。

がんばれオレ!
Twitterでつぶやく

| IT資格・他資格 | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ストラテジスト試験導入ですか

CIO向け国家試験「ストラテジスト試験」が2008年秋にも

情報処理推進機構(IPA)が実施する国家試験である「情報処理技術者試験」で、2008年秋をメドに「ストラテジスト試験」が新たに導入される。
by ITpro


来年(2008年)の秋をめどに、ストラテジスト試験が導入されるんですね。

たまたま情報処理試験についてググッていたら見つけました。

現行の情報処理技術者試験には「システムアナリスト試験」があるが、ストラテジスト試験は、「これの対象範囲をさらに広げるイメージになる」(永見係長)という。詳しい出題範囲は今後詰めるが、「データベース」「セキュリティー」などの技術的な知識から、「プロジェクトマネジメント」「調達マネジメント」といったプロジェクト運営に必要な知識、「組織論」「企業会計」「知的財産権」「サプライチェーン・マネジメント」などの経営知識までを幅広くカバーする予定である。
by ITpro


う~ん、システムアナリストは難関ですからね~。

私も年齢的に、マネジメント方面にどんどん傾いていかないとならない、そんな強迫観念にも似た思いに捕われるのですが、来年の情報処理試験はこういった上流工程というか、ITとビジネスを結びつけた、ある意味コンサル系の試験を受験していかねばならないかな?と思ってます。

まあ、とにもかくにも、まずはテクネの勉強なんですがね(^_^;)

11月のITコーディネータ試験受けようかな・・・

なんて気分になっています。
Twitterでつぶやく

| IT資格・他資格 | 18:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Web上で文書、音楽、動画、画像データの変換

Zamzerのサイトでは、Web上で文書や音楽、動画、画像などのデータをあらゆる形式に変換してくれ、Step1~4までの簡単操作で、お手軽です。

Step1でPC内の変換が必要なファイルを選択(100MBまで)
Step2でファイル変換する形式を選択
Step3で自分のメールアドレスを入力。フリーメールでも可能。
Step4でコンバートボタンを押して完成。

後はStep3で入力したメールボックスに、ダンロード用のURLが書かれているので、そちらにアクセスして、PC上にダウンロード。

こちらでも書かれているが、変換前のデータをWeb上にアップすることや、メールアドレスを通知するのが「リスク」と捉える方は、このサービスはお奨めできません。

PC上にファイル変換するためのソフトをいくつも入れるのが嫌な人、そもそもインストールがポリシーで許されていない方などは、このサービスの恩恵に与りそうですが…どうでしょう?

日本でもこういうサービス始めればいいのにと思うのですが。
Twitterでつぶやく

| ソフト・アプリケーション・ツール | 16:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

社内SNSをどう使うか

NECでは社内SNSをどのように使っているのか?
by @IT

上記の記事を読んでいて改めて考えさせられた事は、SNSを使った事が無い人へどう訴求していくか、また、社内SNSをどうすれば受け入れていただくか、という事です。

この記事では、IT系の企業であるNECが例になっているので、NECではSNSくらい常識だろう?と思うのですが、こういった業界以外の企業に、社内SNSを取り入れたとして、はたしてどれほど受け入れられるか、また、どのようにして受け入れてもらうか、ここが非常に悩ましいところだと考えます。

というのも、今している仕事でもSNS導入をお客さん側で検討しているため、こういった事例を集めているのですが、なかなかどうして、SNSってまだそれほど世間に浸透しているとは思えないのです。

お客さんの中でも、mixiって言葉は知ってたり、使った事ある人達はいるのですが、それをどう仕事上でのツールとして使ってもらうか、また、どうやって盛り上げていくか、その運用が問題なんですよね。

SNSの構築自体はさほど難しくないのですが、結局使われない事には無駄な投資になってしまうので、この「どうやって使わせるか」という運用フェーズの検討は非常に大事と考えます。

また、既存のグループウェアや会計システム、人事システムなど、個別で抱える企業は多いと思うのですが、そういったアプリと連携ができるかという問題もありますしね…。

悩ましい限りです…

そしてまた、SNSの事例情報を集める日々なのでした。
Twitterでつぶやく

| SNS他 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

START テクネ

10月21日(日)に受験する予定の、

テクニカルエンジニアネットワーク試験

の試験勉強を昨日から本格的に始めました。

今後しばらくはこの試験勉強を優先するので、blogの更新が滞るかもしれないのですが、むしろ学習した事をこの場で掲載していけないかと模索しています。

今回の試験勉強では、何種類かの勉強法を取り入れるつもりなので、その成果も試されるという事で、ワクワクしながら勉強を始めています。

まだホンの序の口段階ですが、「本当の知識」へ変えていけるように学習を進めていきたいと存じます。

まずは決意表明から(笑
Twitterでつぶやく

| IT資格・他資格 | 19:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MovableTypeの記事をmixi日記にコピー

Open MagicVox.netさんのMTプラグインで、mixiの日記を簡単にコピーするものがあります。

今blog3つとmixiで日記を書いていますが、blogとmixiの内容で同じパターンもありかな?と思うところがあり、このプラグインを検討中です。

というのも、最近mixiとblogで書いている内容が被ってきており、それなら同時に同じもの掲載してもいいんじゃないか?と考えたからなのですが、まあ、それだけボキャブラが無いという証明でもあり、手抜きだと言われても否定できないのですが、見ているユーザの層も違うので、私的には有りかな?と。

楽な方に流れるのは避けようと自分には語りかけているのですが、二度手間になるようならば、効率的に作業できる方が良いと考えます。

MT4へのVerUpもあるので、さてどうしたもんかという感じです。

とりあえずはチェックしておきます。
Twitterでつぶやく

| MovableType・WordPress | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カラーバス効果を利用?できる?

カラーバス効果って聞いた事ありますでしょうか?



私が今年読んだ本の中でNo1の面白さだった「考具」の中で、カラーバス効果についてこう定義しておられます。

方法は簡単。朝、家を出る前に「今日のラッキーカラー」を決めます。何色でも構いません。例えば今日は赤だと決めます。そしていつものように会社まで出勤してください。すると「今日は赤い車が多いなあ」・・・何だかよくわからないけど妙に赤いクルマが目につくんです。~これがカラーバス効果。


そう、今日一日何かの色を探すと決めて過ごしていると、今まで気づかなかった所にその色を発見できるようになります(断言)

今回この効果に目をつけて、試験勉強にも応用しようかな?と考えています。

今年は秋の情報処理試験でテクニカルエンジニアネットワークを受験するので、色ではなくて、「ネットワーク技術」に関する言葉を毎朝出勤する前にイメージして行きます。

「WAN」「IP-VPN」「広域Ethernet」「インターネットVPN」など、こういう言葉を見つけるように決めて、その日一日過ごします。

もちろんこういう言葉が日常にあふれているわけではないので、仕事中にGoogleで検索して調べるとか、本屋に寄って関連する書籍を探すというような形になるでしょうか?

もちろん帰宅後もその言葉に関係する試験問題を解くとかしていけば、その言葉に関連する知識の向上につながるかもしれないです。

去年は漠然とただ過去問を解いていただけなので、問題傾向に慣れただけだったという事を踏まえて、工夫して知識を増加させようという試みです。

早速一日中「無線LAN」という言葉に注目して、色々調べていましたがう~んどうでしょうかね??

確かに知識は向上しましたが、慣れていないせいかやり方に無駄が多い気がしました。

車で走行中も、携帯電話のアンテナらしき鉄塔などが目に入ったり、一応成果はありそうですが、そこから得られる知識は?と聞かれると何も無いんですよね。

結局、ネットで調べる、本で調べるといった事中心にしないと新たな知識は身につかないんですよね~。

ちょっと微妙ですが、やらないよりはマシかなと。

という事で、明日は「IPルーティング」に着目しようと思います(笑

こんなんでは合格しないだろうな~。
Twitterでつぶやく

| IT資格・他資格 | 22:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。