気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

2007年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

短縮URLについて

急増中、Webページ「短縮アドレス」の便利とワナ
by 日経トレンディネット

昨日に続いて、Webリダイレクトではないんだけども、短縮URLについて書きたいと思います。

短縮URLで一番利用されていると思われるのが、tinyurl.comで、記事中でもtinyurl.comの内容が大半を占めていますが、とにかく手軽にURLを短縮させる事が可能です。

メルマガとかを読んでいる人ならよく見かけると思いますが、

気になるけど↓TOPに飛びます
http://tinyurl.com/2e94qz


このような形でリンクが貼ってあり、クリックすると該当するサイトへ飛びます。

そもそもなんでこんな短縮URLがあるかというと、日経の記事でもありましたが、Amazonサイトで本の紹介のリンクを貼ろうとした時、URLが横にダラーッと長くなり、メールとかだと体裁が整えにくく、見た目によろしくないので、短縮させてリンクを貼る場合や、一目でアフィリエイトサイトへの誘導だとバレないように、短縮URLでクリック先を隠したりする際に使われる事が多いです。

私は、mixyで日記を書くときに、紹介したいサイトのURLを貼る時に短くて済むという事で利用したりしています。

非常に便利なサービスなのですが、昨日も書いた通り、便利なものは悪用されやすいので、フィッシングサイトへの誘導などにも利用される事があります。

以前どこかのblogでURLが全て短縮化されていて、クリックしたら全てblogランキングへ飛ばされるという、悪どい事をしている者がいたのですが、そんな裏技的なこともできてしまいます。

最近はそうでもないかもしれませんが、tinyurl.comは相当使われていると思われ、表示が重い場合があります。

人気サイトの宿命というか、辛い所ですね。

ドメインなどもそうですが、短い方が覚えやすいですし、世の中短縮の流れはまだまだ続きそうです。

とても便利ですし、気軽に使用することができますので、お勧めいたします。



※2009年7月15日、Web精米のサービスが落ちているため、リンクと関係する記述を削除しました
Twitterでつぶやく
スポンサーサイト

| PCネタ・IT系ニュース | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Webのリダイレクト

Webサイトのリダイレクトを分析する
by ITpro

とITproで、Webのリダイレクトの記事が掲載されていたので、こりゃ私も乗らないと(笑)ということでネタにさせていただきます。

そもそもWebのリダイレクトとは、あるAというサイトを見ようとしてるのに、別のBというサイトへ飛ばされたりと、アダルト系やアンダーグラウンド系のサイトでは多用されている技術なんですが、HTMLファイルのMETAタグに記載したり、JavaScriptで飛ばしたりというのがよくある手法です。

今回ITproの記事で問題にしていたのは、フィッシングサイトへの移動にリダイレクトが大活躍しているので注意せよ、という事ですが本来、Webのリダイレクトと言えば、「httpリダイレクト」の事を意味すると思います。

例えばあるサイトが引っ越しをして移動した場合に、UNIX系のサーバだと、.htaccessにRedirect permanentを記載してあげると、以後引っ越し先にリクエストがされるようにUserAgentへ通達してくれます。
※詳細な説明はSEO-Equationを運営している上田さんのページでどうぞ

元々便利な機能を悪意のある方達が利用しただけなのですが、自分が意図していないサイトへ突然飛ばされたら、何が起きたのか理解できる人はそれほどいないでしょう。

私は、自分が管理するサイトでWebリダイレクトをたまに利用しているのですが、Webページ内にある外部リンクを、どのくらいの割合でクリックされたかなど、アクセスログに残すため、リダイレクトのページとかを用意してそのページをカウントしたりしてます。

例えば、このblog上からヤフーに飛ばすのに、単純にヤフーへのリンクを貼るのではなく、http://blog-imgs-14.fc2.com/k/i/n/kininarukedo/1.htmのような形にして飛ばせば、1.htmというファイルを踏み台にしてヤフーへ飛ぶ形になるので、この1.htmのアクセス履歴を調べれば、どのIP・ホストの人がクリックしたかがわかります。

実に単純な仕組みであり、1.htmの中身は数行の記述だけです。


meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS"
meta http-equiv="Refresh" content="0;url=http://www.yahoo.co.jp"


上記記載内容については、ITproの記事に載っているので割愛しますが、他にも様々な思惑でこういったWebリダイレクトを活用する事が出来ます。

このサイトは移動しました。10秒後に新しいサイトに移動します

みたいな場合にも、リダイレクト用のhtmlファイルを用意しておけば、URLが変わった事を知らないユーザの方を誘導してあげる事も可能ですね。

しかし、悪意のある人が、ウイルスに感染させる事等を目的として、こういったリダイレクトを使用すれば、ブラウザのリンク先として目で判断するのは無理です。

フィッシング対策ソフトなどを利用していれば、事前にWebページ内のリンク先を先読みして白黒判定つけてくれたりしますが。

便利な技術は悪用されやすい

仕方のないことかもしれませんが、こういう技術的な事を知っていれば、少なくともパニクる事はないのでは?とも思います。

が、私自身も昔エッチなページからリダイレクトかけられブラクラされたり、変なもの仕込まれたりと、あまり自慢できない事を経験してきているので、大きなことは言えません・・・

まーそのおかげで、今があるわけですが…。


閑話休題・・・


今回のITproの記事では、リダイレクトを2回かける手法などが紹介されていますし、内容もとてもわかりやすく、非常に有用な記事だと思います。

実は、日経トレンディネットにも短縮URLについての記事が掲載されていて、今回のネタとリンクさせて流用しようかと思いましたが、どうせならば明日の記事のネタにしようという事にしちゃいました。

なので次回は「短縮URL」についてダラダラ書きます。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プリウスが消える事に思う

先日、日立が家庭用パソコンから撤退をしたとのニュースを見て、「ついにこの時が来たか」と考え込んでしまいました。


日立と言えば、TV「世界ふしぎ発見」のスポンサーとか、「この木なんの木?」などのCMでもおなじみの、日本有数の技術を誇るグループ企業体であるが、そんな大企業がパソコン事業から撤退をするという決断を下した事に、IT業界で働く身としては、残念と言わざるを得ません。

私自身は、日立と直接お仕事をした事はないですし、自宅で使用している家電も日立の物は何も無く、周りでも日立製品を持っている人もおらず、関わりの薄い企業なんですが(笑)、叔父が日立のグループ企業で働いていたこともあり、昔就職活動していた時に、試験や面接受けた事を思い出しました。
あっさりと落ちましたがね…

元々日立のPCシリーズ「プリウス」は売れているとは思えなかったので、やむを得ないとは感じますが、経営リソースの集中とか、赤字事業の見直しとかいった類のものなのでしょう。

今まで販売したPCについては、サポートするらしいですが、いやはやなんとも物悲しい感があります。

きっとウマみが少なかったんでしょうね。

電機業界がどんどん経営見直しを迫られている中、売れそうな分野や将来性がある分野への資源投資が加速していますが、これも時代の流れ、日本だけでなく世界の勢力図が変わり始めている事の影響と思われます。

世界を相手に商売を考えなければならない時代がやってきた証拠でもありますが、そんな時代だからこそ、生産を止める前にもっともっとアイデアが出せなかったのか?もっと違う方針は取れなかったのか?別な付加価値をつけて販売する事だってできたはずだ、と生意気な事を抜かしてますが、本当にそう思います。

パナソニックのL'etsNoteや、EPSONのアフターサービスなど、国内のメーカーでも特色を出して頑張っている所もあります。

NECや富士通、東芝やSONYなど、上位に位置するメーカーだって、それほど儲かっているとは思えないのですが、各自独自の方針でシェアのアップに勤しんでいるはずです。

何故、私がこんな事をグダグダ言っているかというと、大手のPC生産販売の老舗である日立が姿を消すと、そのうちSONYなども撤退を決断しそうな予感がしていて(前例となる)、業界再編が加速するかもしれないので、この業界の安定を祈る身として、ひとごとではないのです。

もちろん、ビジネスをする者として、儲けが得られない事業には手を引いて然るべきとも思いますが、切り口を変えればまだまだ停滞期と言える市場規模ではないと、私の頭の中ではそう考えています。

これからは知的に価値を創造できるものが生き残る時代と言われていますが、もっと色んなことできたんじゃないのかな~と、もったいないという思いが溢れます。

ならばお前がなんとかしろよと言われそうですが、そんな能力も持ち合わせていないので無理でしょう…。

不採算事業を笑って立て直す事が出来る

そんな「男」を目指したいものです(笑
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DVD VIDEOをコピー

先日、仕事でお客様より、会社のプロモーション映像を収めたDVDを簡単にコピーする方法が無いか尋ねられ、「あー、やっておきますよ」と安請け合いをしてしまい、思いっきりハマりました(~_~;)

手持ちのDVDライティングソフトで単純にコピーしようとしたところ、そのプロモDVDにはコピーガードがかかっていたようで、エラーとなるではないですか…。

その瞬間、簡単に請け負ってしまった事を後悔したのですが、とにかくやらねばならない!と言う事でネットから調査を開始したところ、いいソフト発見しました。

というか、その筋ではとても有名なフリーソフトなんですが、

DVD Shrink

DVD Decrypter

の2つです。

これはまさに最強のコンボですね。

DVD Shrinkはファイルをエンコードしつつ、ISOイメージファイルに変換しDVDの容量にきちんと収めてくれる機能を持ち、DVD Decrypterで焼いてくれます。

一度設定すれば、DVDの入れ替えとクリック数回だけで行なえます。

Writting速度も自動で調節してくれますし、どちらも日本語対応なので、さほど困ることもありませんでした。

ただこのソフトは、ほとんどのDVDを簡単にコピーできてしまうので、著作権的には裏ツールという扱いになるのでしょうかね?

あくまでも自己責任で、個人利用のみに止めるべき事を記しておきます。
Twitterでつぶやく

| ソフト・アプリケーション・ツール | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最もよく利用するSNSサービスは「mixi」

最もよく利用するSNSサービスは「mixi」が約85%
by CNET

CNETでSNSの利用実態調査結果が掲載されていましたが、mixyの独り勝ちというか、独占禁止法に違反してしまいそうなくらい圧倒的で、この数字を見たら、他のSNSがいかに少数派かという事がわかります。

ちょっと興味深かったのが、PC利用or携帯利用の割合です。

mixyは10代~20代の方々の利用者数が多いはずなのに、思ったよりPCでの閲覧数が多かったことです。

携帯でmixyチェックする人がもっと多いのかな?と思いこんでいたので意外でした。

「主にPCを利用する」「携帯電話からも利用するがPCからの利用の方が多い」という人を合わせると80%以上の人がPCをメインに利用してmixyにアクセスしているのですね。

まだまだパソコンも捨てたもんじゃないということでしょうか。

インターネットへアクセスするのに、主に携帯からつなげる人は多いと思うのですが、意外とmixyにはパソコンでゆっくりと、という人の方が多いことを示しているのでしょうかね?

私は携帯やDSなどのゲーム機の小さい画面を見ていると、目が痛くなってくるので、余計にPCでしかネットにアクセスしません。

慢性的な眼疲労で労災申請でもしてみようかな?
Twitterでつぶやく

| SNS他 | 19:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダウンロード書籍どうでしょう

まぐまぐプレミアムのダウンロード書籍の販売サイト

XMDF形式とKeyringPDF形式で選べるのですが、XMDF形式だとブンコビューア(無料)をインストールして、WindowsPC(VISTA以外)で読むことができ、KeyringPDF形式だと、AcrobatReaderと認証ソフトKeyring PDFクライアント(無料)があればPCで、PDF形式で閲覧可能となります。

無料サンプルが読める書籍もあるので、選ぶ時に参考になるかもしれませんね。

私は、ドットコム Master ★★★ 2006の過去問題を購入した事しかないのですが、実際に出題された問題だったので、過去問題集として利用するのにはいいかもですね。

他にも懐かしいマンガがあったり、見たことないような書籍を見つけたりと、選ぶ楽しさがあります。

今後、ダウンロード書籍がどんどん伸びてくると思っているのですが、巷ではまだまだ紙媒体が優勢な状況ですね。

携帯電話で読める機種があるので、待ち時間や空き時間などに携帯で本を読むというのもオツだなと思うのですが…。

ちょっと文字が小さくて見にくいかもしれないですがね。

興味ある方はダウンロード書籍、利用してみてはどうでしょう?

意外と掘り出し物があるというのが印象なんですがね。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 21:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちゃんと読めました。よかった

難読サービスを読んでみる
by IT media

IT mediaで楽しい記事が掲載されていたので、ちょっとネタにしてしまったのですが、IT業界以外の人達には難解な横文字が並ぶ用語、みなさん読めますでしょうかね?

ちなみに私は全てコンプリートです!!

毎日IT系のニュースを見続けているから(仕事中もですが…)こういったIT用語はいつの間にか身についてしまうものなのですね。

記事中で難しそうだと思ったのが、

del.icio.us でりしゃす
Senduit せんど・ゆー・いっと
Scribd 恐らく「すくりぶど」もしくは「すくらいぶど」
Alexa あれくさ
Plaxo ぷらくそ
Xeon じーおん
XOOPS ずーぷす
SCSI すかじー
IEEE あいとりぷるいー
Wnn うんぬ
Entourage あんとらーじゅ
IMAP あいまっぷ
SMTP えすえむてぃーぴー
.org どっと・おるぐ
SaaS さーす

この辺りでしょうかね?

いまだになんでそう読むかわからないのが、頭に「X」がつく単語。

「Xeon」なんて「エクシオン」とか読む人の方が多そうです。

同様に「XOOPS」なんてどうやって発音するの?と思いますよね。

私も威張って言ってますが、「XOOPS」なんて初めて見た時読めませんでしたね(笑

最近読み方知らなくて恥かいたのが、「Xen(ゼン)」ですかね。

「X」がつくと本当に難しいというか悩むのですよね…

仮想化技術のソフトウェアの事で、元々ギリシア語から派生した言葉らしいですね。

私は読めなくて「ジン?」とか「エクセン?」とか思ってました…

おもいっきり間違って読んでたのを、苦笑いされて指摘されたら恥ずかしく思いますよね。

そういう時は悔しいから、指摘した人に、間違った読み方を何度も連呼してやります。

間違った言葉を連呼して、記憶に植え付けてやりましょう。呪いみたいなものです(笑

これからもこういう言葉がたくさん出現するんだろうな~。

日々勉強が大事ということで
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 17:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日経ネットマーケティング10月25日に創刊

今週木曜日(10/25)に、日経BP社から日経ネットマーケティングが創刊されます。

今年の夏前くらいから、いろんなメルマガサイトで告知などがあり、年間購読をしよう、しようと、思いつつも一度に31,500円は出せず悔しい思いをしてました。

手持ちのお金があれば速攻で年間購読を決め込んでたのに…
我がふところのお寒い加減には困ったものです…

あきらめて毎月1冊づつ、おこづかいから支出するとします。

ちょっとづつ使わないと。

ネガティブな思考はおいといて、この新しく創刊される雑誌には結構期待しております。

最近私の脳みその中で一番強く求めている知識というのが、

ネットマーケティング及びマーケティング

であるので、学びの欲求に応えてくれる優良な雑誌であればいいなと、読む前から過度な期待をしています。

最近資格試験勉強を止めたおかげで、ビジネス書、経済書など、そういう学びの時間が増えたことも関係ありますが、仕事でもプライベートでも、ネット上でのマーケティングスキルは今後必須であるというのは間違いありません。

今現在でもそこそこの知識はあるつもりなんですが、地理的にも金銭的にも、最新のマーケティング知識を得るのが難しいので、こういう月刊誌などはありがたいですね。

本当は高名な方のセミナーなどにも行きたいのですがね。

ま、仕方ないので自分でできる限りの事はしようと考えています。

欲しいものいっぱいあるのに、無いのは金ばかり。

今を憂いても仕方ないですね。

※そういえばプロフィールの画像を何気に変えました
Twitterでつぶやく

| その他 | 19:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テクネ受験の皆様がんばってください

本日(10/21)は情報処理試験の受験日ですね。

この日に向かって猛勉強してきた人、そうでない人も含めて、長丁場になると思いますが、がんばってください!!

特に、テクニカルエンジニアネットワークを受験の皆様、合格する事をお祈りしております。
解きやすい問題出ればいいですね~。

さてさて、私は既にこのblogでもお知らせしましたが、テクネの試験を勉強する事も、受験することも止めました。

受かる確率が低い勉強を、全てを犠牲にし、やりたい事我慢してまでする必要が無いと悟ったからなのですが、自分で納得しているので、悔いはありません。

その分すごい勢いで今までやろうとしていて出来なかった事を片付けている状況です。

楽しい事を自分のペースで行なう

今そんな幸せな時間を過ごしていると思います。

さて、今後の資格試験受験予定ですが、12月頭にドットコムマスター★★★を受験する予定でした。

予定だったのですが、この試験の受験料が2万以上!!というのを忘れていたので、金銭的にピンチな私は受験を諦める方向に進んでいます。

10月いっぱい考えて決めようかなと思いますが、今更NWの勉強したくないので、多分受験しません。

年頭に立てた誓いで、最低3つのIT系資格を取得するという目標は、見事に3分の1しか達成できなかった事になりますが、自分の心が求めないのだから、仕方ないかと自分に言い聞かせています。

ちょっとここらで再度12月末までのスケジュールを調整して、ToDoリストの見直しと再スケジューリングをしたいと思います。

来年受験する資格も再検討していきたいですしね。

とにかく、来年は自分の心が求める資格、そして将来的に必ず役立つ資格の取得に向けて調整したいと考えています。

こういうのは楽しい作業なので、何時間でもやってしまうのが玉にキズなんですよね~…。
Twitterでつぶやく

| IT資格・他資格 | 03:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

電力線通信(PLC)の検討

一戸建て住宅、及びマンションなどで、家庭内LANを設置する場合に、各部屋にLANポートを備えている家庭はそれほど多くないはずです。

これまではLANケーブルを部屋の中に配線したり、無線LAN機器を使い、電波で飛ばすのが一般的でしたが、家庭内の電気のコンセントを利用して通信してしまおうというPLC(電力線通信)が注目を集めています。
参考記事はこちら

恐らく今まで見た中で一番実用的・かつ詳細にPLC機器について評価している記事と思われます。

私も以前からPLCに関して注目していましたが、実際のところ使い物になるのかどうか?詳細を知りたかったのですが、今回日経パソコンの記事を読んで、場所によっては使えるという事が理解できました。

記事中にも書いてあるように、他の電化製品との干渉やノイズによる影響、配電盤で異相での接続などがPLCの弱点であり、コンセントをたこ足にしているところにも通信速度の低下などが見受けられるそうなので、設置する場所が限られてくるようです。

ちなみに我が家ではリビングに無線BBルータを設置し、2台のPCで無線接続をしています。

一軒家でしかも平屋なので無線LAN接続でまったく問題ないのですが、我が家のようなパターンだとPLCを接続するメリットは感じられなく、むしろ都会のマンションやアパートでの導入が有効そうです。

無線LANは便利なのですが、無線の電波は隣の家まで届いてしまうことも多く、セキュリティ設定を自分で行なわないと勝手に自宅LANに接続されたり、AESなどの暗号化を施さない限り、通信内容を傍受される恐れもあります。

恐らく無線LANの仕組みを理解して接続している人は全体の2割にも満たないはずなので、首都圏などでは簡単に他人の無線LANに接続できてしまったりする場合が多いと聞きます。

現に私もアパートに住んでいるとき、自宅以外のアクセスポイントが5つも見つかり、あわててステルス化させてセキュリティ設定を上げた記憶があります。

こういう場合に、PLCが有効であると想像されますね。

マンションやアパートなどでも電力線だけで考えると共用であり、危険ではないか?と考える方もいると思いますが、電力線を利用してAES他の暗号化通信が標準となっているし、親機と子機の間しか接続を認めず、無線接続でセキュリティ設定を施さずに使用している家庭よりは、はるかに安全であると言えます。

PLCの利点は仕組み自体が単純であり、コンセント越しに親機と子機を接続すればその間は無条件で暗号化されるので、初心者でも簡単であるという事があげられると思います。

無線LANでも、バッファローのように「AOSS」を利用した接続などで、簡易化しているメーカーもありますが、一般的に難しい印象があります。

SSIDを調べて云々、WEPじゃ危険だからAESでどうたらこうたらと、まあ一筋縄ではいかない場面に数々遭遇してきているので、単純で安全であるという仕組みは魅力的なのですよね。

私の場合は、お客様宅のLANについてアドバイスする事が多く、PLCを検討していた矢先でしたので、まさに日経パソコンの記事はタイムリーでしたね。

う~ん一度自分で評価してみたいですね、PLC!
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

80ポートは塞げない

インターネットを見るときに、httpプロトコルが何番のポートを使用しているかなんて、IT系技術者でないと思いつかないのですが、実際80ポートで通信しているのが大半と思われます。

あとはプロキシサーバ経由の8080ポートとか、SSLを利用した443ポートとかがWebアクセス時のおもなポート番号でしょう。

通用しなくなった「80番ポートの安全神話」
by ITpro

このコラムを読んでて、80番ポートの意義が薄れているなと感じて、こうしてblogのネタとして利用させてもらっていますが、じゃあ80番ポート以外でWebにアクセスすればいいじゃないかと、そう考えるのですけども、そもそもIEとかFireFoxなどのブラウザーは、80番ポートを利用してインターネット上のサーバにアクセスする仕様になっているので80番以外を使用してhttp接続するのは難しいでしょう。

というか、0~1023番のウェルノウンポート番号は、標準で定められているのですから、その仕様から外れることはありえないですね。

なにか特別な理由があって、1024番以降のエフェメラルポートで接続する事も中にはあるのでしょうが、あまり話は聞かないです。

インターネットを閲覧する人なら誰でも使用する大事な80番ポートは、つまり誰もが利用するポートなので、ファイヤウォールなどで遮断する事ができないのを意味してます。

その80番ポートを利用して、ボットやPCウィルス自体がアップデートをするというのですから、困ったもんです。

最近のウィルスやスパイウェアなどは、自分の存在を隠したり、ウィルス対策ソフトを停止させたりと、どんどん高機能になってきているのですが、裏でお金が絡んでいるから今後も無くなる事はないでしょう。

一番安全なのは、ネットにつなげないことなのですが、インターネット無しでは仕事ができない我々のような職種の人間は、そんな事言ってられませんし、注意して運用していかねばならないのです。

一昔前なら、ファイヤウォールでポートを閉じておけば大丈夫みたいな、そんな雰囲気がありましたが、もうそんな事間違っても口で出来ないです。

社内のネットワーク構成も再度見直しが必要なのかもしれないです。

「セキュリティ」は後ろ向きな対応が多いので、どうも苦手で…
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:58 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

Google Analyticsの新機能

Google Analyticsはgoogleアカウントを取得すれば無償で使える、Webサイトのアクセスを解析してくれるサービスです。

私は仕事で使用していますが、無償でこれだけの機能を使えるのが信じられず、ありがたく使用させてもらってます。

Webサイトのアクセスログから分かることは実に多岐に渡り、今までアクセス解析業者に頼むか、自分で工夫してやるかしか手段がなかったので、実に画期的というかWeb2.0的というか、ユーザにはありがたいサービスです。

その仕組みは、Webページ内に、JAVAスクリプトを使用したトラッキングコードを埋め込むことにより、そのWebページが表示されたものをgoogle側に知らせてデータ蓄積するというものですが、他にも忍者ツールや、アクセスアナライザなどが有名ですね。
※どちらも使用させてもらってますm(__)m

今回Google Analyticsに含まれる新機能で、イベントトラッキング機能という、AjaxやJavaScript,Flashムービー,各種ガジェット,データ・ダウンロード,マルチメディア機能など,Webサイト内で実行された
インタラクティブな操作を解析できるものが追加されるのですが、Flash使いまくりのサイトなどでは重宝するのではないでしょうかね?

私の管理するサイトでも、JavaScript,Flashムービーなどを多用している部分があり、ここのログ取得のためにリダイレクト用のWebページを仕込んだり、色々工夫してきましたが、この機能があればログの集計も楽になりそうです。

詳細記事はこちら

まだクローズドベータ段階なので、実装されるのは時間がかかりそうですが、期待しております。

ユーザーはどこから来て、 サイトで何をしているのか。



これを分析するのとしないのでは、いずれ天と地の差が表れると思います。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブログファン-blogの総合情報サイト

ブログファン

私がこのblog(FC2)を立ち上げる時、無料BLOGの比較として利用したのが、このブログファンです。

ブログサービス比較のところで情報が詳細に掲載されており、自分の求めていたものを全てクリアしたFC2を選択したのですが、このサイトを見ていなければ、きっと他のブログサービスを利用したでしょう。

それと、著名人blogへのリンク集なども充実しており、こんな人がblog書いているんだと、新たな発見をしたこともしばしば。

著名人・有名人のblogを見ていたら、時間なんてあっという間に過ぎていくので、最近はなるべく見ないようにしてはいますが、たまに見るとハマってしまうんですよね。

そういった「blog」に関する情報を掲載しているブログファンですが、私が一番チェックしているのが、ニュースのところ。

ブログに絞ったニュースをピックアップしているので、本来埋もれてしまいそうなニュースとかもここで見れたりします。

ブログに興味の無い方も、ある方もどうぞ
Twitterでつぶやく

| SNS他 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WinVISTAを使うこと、他のOSを選択すること

最近仕事関係で、WindowsVISTAに触れる機会が増えているのですが、改めて、その操作に戸惑うことが多く、Win2000やWinXPに慣れきった頭と体をシフトさせるのは並大抵のことではないですね…。

そもそもVistaを動かすのに、そこそこのスペックを持ったPCが必須という時点で、自宅に新しいPCを買う余裕なんてない我が家では、数年の間は必要のないOSとは思っていますが、仕事上無視できない存在になってきているので、早いところツボを押さえる必要性が出てきました。

そうやって色々使い倒しているのですが、何度使ってもその良さが伝わってこないのです。

そこそこのスペックを持ったハードを使用しているので、動作は快適だし、グラフィックは美麗だし、ガジェットはユニークだし、「自分もVISTAが欲しい!!」と思ってもいいようなものなのですが、個人で所有しようという欲望が全然湧いてこないのですよね…。

WinXPが出た頃のように、これにシフトしていかなければならない、というような使命感みたいなものが感じられないし、XP以上の完成度があるかと言えばそうでもないし、VISTAで無ければならないというアプリケーションも存在しないし、どれもこれも宙ぶらりんな感が強いのですが、お店屋さんで売っているPCはほとんどVISTAだという事を考えると、このOSに価値観を見出すとか、そういう事ではなくて、これに慣れるしかないんだろうと、そんな気持ちでいます。

次に買う自宅パソコンは、強制的にWinVISTAしか無い状況ですが、今のままならば、別にWindowsにこだわる気が起きず、MacでありLinux系(Fedoraとか)なども選択肢に入るのかな?と考えている面
もあり、改めて自分がパソコンに求めるものを考えさせられています。

自分がやりたい事を吟味して、OSを選ぶ時代が来たとは思いませんけども、VISTAを使ってて面白みが感じられないのは確かなので、それならガレージバンドとかが楽しそうなMacOSに乗り換えるのも悪くないかなと。

自分のやりたい事がスムーズに実行され、さらに違和感が無く、楽しく操作できるOSは何か?

今のところそれがWinVISTAでないことだけは確かです。

きっと慣れれば、「VISTA以外考えられないだろ」とか思うんでしょうがね…
Twitterでつぶやく

| VISTA・Windows7 | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「.asia」ドメイン取得しようかな?

アジア太平洋地域向けに新しく割り当てられた、スポンサー付トップレベルドメイン(sTLD)である「.asia」の申込が、「お名前.com」で開始されたようです
by CNET

私は個人的にドメインを取得しているのですが、もうこれは趣味みたいなものでして、子供の名前のドメインを取得して悦に浸っているのです

ハハハ…

もちろん新しいドメインが発表されたら、その都度狙っています…。

なんというか、記念品みたいな感覚ですかね?

ちゃんとDNS登録していて、息子サイトも立ち上げておりますので、お蔵入りにはしていません。

さてさて、「.asia」ドメイン!!

問題は、取得コストが高いという事ですね。

登録申請料金は、申請が9800円、再申請が1万9800円。登録料金は、2年が8800円、3年1万2800円、5年2万400円、10年3万7600円となっている。


5年で2万4百円…

高い買い物になりそうな予感です。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

alphaEDIT-WYSIWYG対応htmlエディタ

Kraftworks」さんが提供する、WYSIWYG機能対応のhtmlエディタです。

00-1.jpg


「alphaEDIT+(プラス)」だとシェアウェアなのですが、「alphaEDIT」だとフリーウェアとして提供してくれております。

WISIWYGとは

私のお客様で、ホームページを作成してメンテナンスを社員にさせたいが、編集ソフトに金はかけられないという方がいらして、フリーソフトで素人さんでも編集しやすく、WYSIWYG対応の高機能なエディタを探していたところ、このalphaEDITに出会いました。

wordのように直感的な操作が可能で、非常に使いやすいです。

私がお客様の部下の方達にHP編集講座を開催した時にも、このalphaEDITが大活躍でした。

使用した方の反応も、「わかりやすい」と概ね評判で、大変感謝しております。
※それならシェアウェアを買えって話は無しで…

私は仕事上htmlエディタを3種類(HPビルダー、フロントページ、ドリームウェーバー)使いわけておりますが、これらのソフトは1万円以上のものが多く、お客様に提案しても「高い」とか言われてしまう事があるのですが、そういう時にこのalphaEDITだと、シェアウェアでも2000円なので、XHTML+CSS使いまくりみたいなサイトでなければ、まったく問題無いと思います。

ただ、フリーのalphaEDITをWindowsVISTAで動作させようとすると、「dhtmled.ocxが必要です」とエラーメッセージが出ます。
01.jpg


でもVISTAの「問題のレポートと解決策」機能が働いて、Web上のdhtmled.ocxを探してくれますので、ウイザード通りにすればインストールして、alphaEDITを動作する事が可能となります。
03.jpg


というか、シェアウェアを買えって感じですね・・・

失礼しました
Twitterでつぶやく

| ソフト・アプリケーション・ツール | 15:45 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MT4i/MovableType用携帯電話向け変換プログラム

現在私が管理しているMovableTypeのサイトは私的なサイトなので、MT4が登場しても、特段更新するわけでもなく、その動向を見守ってきましたが、先日知り合いの方から、「携帯電話で見れないんだ」と言われ、そういえばモバイル対応にはしてなかったっけ…と思い、ちょっと調べたところ見つけたのが、太鉄さん作成の「MT4i」です。

サンプル画面を見ましたが、シンプルで良くできていると感じました。

2007年10月11日現在、Ver3.0が最新のようなので、インストール方法などを確認しましたが、なんとかイケそうな雰囲気です。

見えればOKなため、テンプレートのカスタマイズはする気ないので、インストールすればそれでOKっぽいですね。

ちょいと気になるのが、「ページのテキストキャッシュ機能使用」のところで、cronいじるとあるんですが、私の借りてる鯖ではcronを操作できないはずなのですよね…。

まあ、ページキャッシュ機能使うほど、MTサイトの処理が重くないし、現在動的な更新しているわけでもないし、そもそもPHPとかよくわからないし(悲)

そのうちやってみようという結論に達しましたが、そのうちが来ると良いのですがね(^_^;)
Twitterでつぶやく

| MovableType・WordPress | 01:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こころ豊かで安全な経営とは何か―by小山昇

日経BPネットで好評連載中の有名人、小山昇の「こころ豊かで安全な経営とは何か」です。
※SAFETY JAPANバックナンバー

ワンダーランド「株式会社 武蔵野」を率いる小山社長のありがたい言葉が満載のコラムですが、実に示唆に富み、仕事のあり方や人との関わり方、処世術など、サラリーマンの手本とも言うべき内容満載ですので、このコラムを見たことがない人は読むべきです。

著書も12冊程(未確認)上梓されており、私も何冊か持っていますが、実に楽しく読まさせていただいております。
※小山さんの著書は全て揃える予定!

私は特段、経営者になるつもりは無いのですが、経営に参画する事はあるかもしれないので、小山さんのありがたい話を読ませていただきつつ、人生の勉強をさせていただいております。

コラムや書籍から得られる、「小山メソッド」を堪能しつつ、その哲学に浸っております。

ただ、もし小山さんが自分のボスだとしたら…

きっとついていけないと思います(笑)

でも、コラムや書籍は文句なしにお奨めです。

小山昇HP



※2009年7月15日、リンク先変更を行ないました
Twitterでつぶやく

| コラム・サイト紹介 | 20:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ちょっと自慢できるこんな裏技 Google~~」なるほどです

ちょっと自慢できるこんな裏技 Googleを「仕事」で使い倒せ!
by DIGITAL ARENA(日経)

2006年1月から不定期で更新されているgoogle裏技術特集です。

検索の裏技とかはだいぶ知っているつもりなのですが、googleツールバーなどでの裏技は初めて見るものが多く、役に立ちそうな感じです。

この特集全てを熟読して実践すれば、google検索スキルは大幅に向上するでしょう。

情報の海で溺れかけている私などは、いかに素早く必要な情報を引き出すかを重要視しており、検索エンジンやRSSでの最短・最適化を目標としています。

そのためには、検索エンジンの仕組みややり方などに熟知していなければならず、仕事柄問合せを受ける事もしばしばなので、学習が必要になってきます。

この特集記事は私の検索スキルを上げるのに大いに役立ちました。

知っているのと知らないのでは大きな差が出来る

そんな気がしています。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

管理サイトのリニューアル検討

私が公私で管理しているWebサイトがいくつかあるのですが、そろそろリニューアルやカスタマイズを順次行っていこうかと考えています。

このblogのテンプレートとかも検討材料なんですが、自分で作成したテンプレートなども面白いかもしれませんね。

と言いつつ、テンプレなんて作れませんです、ハイ…

後は、ブログパーツの充実とか、SEO対策とか、検討材料が多々存在しており、わけがわからなくなり始めています。

今回リニューアルやカスタマイズをする気にさせたのも、テクネ試験の断念で時間が空いたからなのですが、他にも色々公私ともども予定が入っている中、どこまでできる事やら?

時間的な事もそうなのですが、私の技術的な問題もあるので一筋縄ではいかないのは理解しています。

何事もチャレンジしてからでも判断するのは遅くないと考えていますので、CMS導入なども視野に入れて、考えていきたいです。

すでに「やりたい事リスト」や「TODOリスト」は作成してあるので、あとはそれらを細かくスケジューリングして、自分に対しての期限を設けて行っていく手筈です。

でもこのスケジューリングが一番やっかいで、スケジュール通りうまくいった事はあまり無いのですよね。

テクネ試験の時も、細かくスケジューリングして、この通りやれば完璧だと、作った時は思いましたが(笑)、自分のモチベーションの事まではスケジュールできませんからね…反省

行動してて楽しいと思える事を優先していると、本当にやらねばならない事柄が見えなくなるし、本当にやらねばならない事を優先していると、モチベーションが下がってきたりします。

私は、この辺の心のコントロールがまだまだ未熟なのでしょうね。

まだまだ修行が足りないという事です。

何はともあれスケジューリングをします!
Twitterでつぶやく

| その他 | 13:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

心理コラムのxSUNx-とても深いです

週に一度くらいのペースでチェックしているサイトが

xSUNx

このサイトは「研究員と称する手巻き寿司の好きないい男さん」が運営していて、この方のコラムを見ていると深い洞察と観察眼が伺いしれ、人物や事象についてさらりと書かれている割に、読後に改めて考えさせられる事が多く、「深いな~」といつも思いしらされます。

私もこういうスタンスでコラムっぽく書けたらいいのに、と憧れに似たものを感じますが、残念ながら深い洞察に欠ける自分には無理そうです。

コラム・インデックス」でジャンルわけされているので、過去のを含め興味あるところから読み進めていくのがよろしいかと。

読めば読むほどハマっていく

xSUNx お奨めです。
Twitterでつぶやく

| コラム・サイト紹介 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日経デザインWebサイトの活用

日経BP社から発刊されている月刊誌「日経デザイン

この雑誌はその筋の方々にはあまりにも有名ですが、雑誌のWebサイトをチェックしている人はそんなにいないのではないか?と勝手に解釈して、このblogで紹介しようと思い立ちました。
※ネタ不足という話もありますが・・・

私はたまに日経デザインを買う程度のユーザなので、おこがましい感じがするのですが、この雑誌のWebサイトはちょくちょくチェックしています。

トップページの「注目デザイン情報」はデザインに着目した新製品を紹介してくれるので、目の保養というか、目の肥やしという感じで私の頭の中の「デザインデータベース」の蓄積に一役買ってくれて
いるのです。

気に入ったデザインの商品があれば、画像をダウンロードして保存しておきます。

自分の中でインスパイアされそうな写真などを集めておけば、雑誌のように場所を取る事もないし、サムネイル表示で一覧で確認できるので、なにかデザインでヒントが得たい時にはPC内の画像データ
ベースを見て構図が浮かんでくるのを待ちます。

それは私なりの、アイデア創出法の一つでもあるのですが、少しでも己のセンスの無さを改善させたいという思いから、こういうサイトのチェックをしているという面が大きいですね。

いいデザインの物を見続けることが大事

と、私はそう考えております。

そしていつか自分でデザインしたものを世に生み出したい、そんな夢を持っております。
Twitterでつぶやく

| デザイン | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MicrosoftのIE7の誤配信

マイクロソフトは4日(米国時間)、Windows XP SP2用のInternet Explorer 7(IE7)日本語版を誤って自動更新で配布してしまったことを明らかにした。
by impress


それに対してマイクロソフトは自HPでお詫びを掲載しています。

いや~やられましたね!
今日は15時くらいまでこれに時間を費やされました…

元々日本や韓国などといった国で、アップデート経由での配布は2008年以降というスケジュールだったのを確認済みだったので、朝一で「自動更新」が立ち上がって「IE7」の文字が見えた時に「MSにやられた…」とつぶやいてしまいました。

以前、2007年秋頃にアップデート配布するという話があったので、そのスケジュール通りにダマテンで公開したのか?とか色々予測を立てていましたが、午前中いっぱいはずっと情報検索ばかりで疲労。

「きっとMS側のミスで夕方くらいにはIE7を引っ込めるんじゃないか?」とか話していたのですが、まさにビンゴでした(笑

私がシステム管理をしている所では、仮にIE7を適用する人が続出しても簡単にプログラムを抜ける事を知っていたので、一切通知も出さず、ひたすら待機状態。

こういう時にWindows Server Update Services(WSUS)のサーバでも立てておけば良かったな~と後悔先に立たずですが、何にしても、まだIE7を適用する事はできない状態なので、10日のMS月例アップデートをどうしようか、そればかり悩んでいました。。。

MSがIE7配布を取り下げてくれたので、普段通りの月例パッチの適用が可能となって胸を撫で下ろしましたが、今回は先送りにしていたIE7やVISTA対応の事を深く考えさせてくれる、よい機会になったと思います。

いつまでもIE6とWinXPにしがみついているわけにもいかないので、更新計画を本格化しようという機運が高まったような感じです。

災いをもって福となす

まさにそんな出来事でした。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LinuxでHDの容量不足になったら

Linuxなどのサーバを長期に渡って管理していると、起こりうるのがディスク容量が一杯になって障害となる事ではないでしょうかね?

最近のPCやサーバのハードディスクは大容量が当たり前なので、こんな事起こらないのかもしれませんが、5年以上運用しているLinuxサーバ等では、たまに発生する事象ではないかと思い、ここに記しておこうと思います。

私はLinuxなどUNIX系のOSについては、正直言って素人に毛が生えた程度の知識しかありませんが、自分が今までに障害などでハマった事に関してはある程度説明できるかと思います。

と言う事で、使用中のLinuxサーバ[hogehoge]君がディスク容量でアラームを出したので、内容を確認せよ、という指令の元見ていきたいと思います。
※今回はRedHat6~RedHat9くらいの製品を想定しています

まず[hogehoge]サーバのコンソール及びtelnetやsshからrootでログインをします。
※ログインについての詳細は省略

コンソールからGUIで操作できる場合は、デスクトップ上で右クリックして「新規端末」からGNOME端末を起動。

今[hogehoge]サーバのハードディスク容量を調べたいので、その際に使用するコマンドは「df」コマンドです。

[root@hogehoge /]# df -ah
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/rd/c0d0p6 11G 3.5G 6.8G 34% /
none 0 0 0 - /proc
/dev/rd/c0d0p2 68M 11M 53M 18% /boot
/dev/rd/c0d0p5 2.9G 2.6G 113M 96% /var




こんな感じで表示してくれます。
※あくまで例ですので…

dfコマンドで「-a」を使用すると「all」の意味、つまり全て表示です。

また、「h」もつけるとMBやGB表示でわかりやすく表示してくれます。

このdfコマンドで、「/var」のパーティションがディスク容量の危機を迎えているのがわかります。

ここで「/var」以下のファイル毎の使用ディスク量の一覧を表示させるのには「du」コマンドを使用します。

[root@hogehoge /]# du /var -ah > var.txt



duコマンドは、ファイル毎のディスク使用量を集計する。
ディレクトリは再帰的に処理する。

「-a」は「all」の事、つまり全て表示する
「-h」は「human-readable」つまり人にわかりやすい形式で表示する
(例: 1K 234M 2G)

「 > var.txt」 これはコマンド結果をvar.txtというファイルに出力するという意味ですね。
この場合、var.txtというファイルが「/」直下に作成されます。
※「>とか>>はリダイレクトです」
リダイレクトとは?

じゃあ「ls」コマンドを叩いて作成したファイルの確認をすると…

[root@hogehoge /]# ls
bin boot dev etc home initrd lib lost+found misc
mnt opt proc root sbin tmp usr var var.txt windows



「var.txt」があるので、この中身を見てみましょう。

「less」コマンドを使って「var.txt」を開きます。
※「|more(パイプmore)」をつけると1画面づつ表示してくれます。

[root@hogehoge /]# less var.txt|more

---長いので省略してます---
708M /var/bkfile/hoge01
679M /var/bkfile/hoge02
675M /var/bkfile/hoge03
716M /var/bkfile/hoge04
2.7G /var/bkfile
4.0k /var/ucd-snmp/snmpd.conf
8.0k /var/ucd-snmp
2.9G /var



こんな感じでダラーっと表示されるのですが、これを見ると「/var/bkfile」以下のディレクトリの容量が膨らんでおり、その下のディレクトリのファイル群を削除すれば容量を確保できる形になります。

[root@hogehoge /]# rm /var/bkfile/hoge01
rm: 'hoge01' を削除しますか(yes/no)?


yesの「y」を入力してEnterで削除されます。

すると、2.2G /var

のようにディスク容量に空きが出来ます。

まあ、これはあくまでも例なので、実際はもっと調査が必要となる場合が多いですが…。

自分自身の備忘録も兼ねて参考まで

説明が未熟でわかりにくいかもしれませんが、誰かの役に立てればと言う事で。
Twitterでつぶやく

| Linux・Fedora・Ubuntu | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

mixi重たい

※2007年10月3日時点でのお話です。

登録会員数1千万人を突破した巨大SNSサイトのmixiは、10月からデザインを変更して、透明感を感じさせる優しい色合いと、情報表示の増加がなされました。

そして思ったのが、

「mixi重たい・・・」

画面遷移だけに留まらず、日記の投稿やコミュニティの表示なども「あ~処理が重たいのかな?」と感じさせてしまうくらい遅いです。

1000万人を超える人々が登録しているのだから、そのトラフィックは相当なものと思われますが、9月末まではほとんどストレスを感じさせず、負荷分散やトラフィック管理がしっかりしているもんだと感心していましたが、デザイン変更とともに、一度に表示させる情報が増えたためかわかりませんが、動作というか挙動が重たいです。

PHPの問題なのでしょうか?

よくわかりませんが、タダで使っているのにあんまりグダグダ言うのもどうかと思いますので、この辺で止めておきます。

実に楽しく利用させてもらっているので、以前のように軽快な動作だとありがたいのですがね。
Twitterでつぶやく

| SNS他 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自問自答の日々から脱却する

今かなり悩んでいる事があるのですよね。

10月21日(日)に行われる情報処理試験テクニカルエンジニアネットワークの勉強をしているのだけども、ちっとも頭に入っていかなく、このまま勉強する意義があるのか無いのか…わかりかねています。

そもそも、私はネットワークが専門ではなく、仕事上そういう知識が必要となることが多いので、「テクネ」の資格でも取得すれば対外的に証明になるかな?と思って昨年から受験しているわけなのですが、じゃあ実際に「広域EthernetでVLAN組んでetc」なんて事をしているか?と問われると、この先そんな仕事をするとも思えず、正直自分のキャリアパスを描きにくい状況にあり、そんな中ネットワーク試験の勉強に仕事以外の時間を全てあてる事に疑問を感じてしまったのです。

根本的な所で悩んでいるので、実際に過去問題とか解いていてもイマイチ頭に入っていかず、無理やり自分の潜在意識に「テクネの勉強、テクネの勉強!」と語りかけても、そもそもこの資格挑戦意義
を見失っているため、どんどんドツボにハマっていき、勉強がおざなりになってしまう日々が続いています…。

一度決めた事なので、受験しようとは思っていますが、こんなモチベーションで合格するわけもなく、気持ちが切れた状態でノレない勉強をする事が苦痛で仕方ないです。

そもそもの目的が「テクネ資格取得」なので、受験しなければ合格はありえないので、じゃあ金も払ったし受験しろよって自分でも思うのですが、心が動かないものは何やっても上手くいかないのはわかっており、「どうする?どうする?」と一人で悩んでいます。

残り20日を切った段階で、こんな事でグダグダ考えるのもバカバカしい事なので、やるかやらないかをまず決めようと思っています。



・・・・・・・・・・・



↑この空白の間約1時間、考えて考えて出した結論が、

「テクネの受験・勉強を止める!」

です(笑

このblogを見た人は、「お前アホか?」って思うかもしれませんが、本人は至ってマジです。

真剣に考えました。

モチベーションの低下を上昇させるのは相当難しそうで、一度決めた事を投げ出す事に罪悪感すら感じますが、自分の心の声に従おうと考え、受験すらすることを止めます。今のままなら受験するだけ無駄。

年の初めに自分自身に誓いを立てた言葉があって、「IT系の資格試験3つ受験して最低2つは取得する事」この誓いを守る事は難しくなりましたが、もう決めたので諦めます。

ですが、12月頭のドットコムマスター★★★は受験します。

現状を考え、計画を見直して、BESTな判断をしたと自分で納得しています。と言いつつ後ろ髪引かれますけども(^_^;)

これで10月中の時間を他のリソースに分配することができるので、今までやろうとしていて、おざなりになっていた事を整理しつつ順次やっていこうと思います。

まずは、テクネの過去問題集を捨てる所から始めます(笑

参考書は役にたつので捨てませんが。

よし!他の事をやる気が湧いてきた!!
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。