気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

WindowsXPは6月30日に販売終了するの忘れてました

Windows XPのサポートはあと6年
by ITmedia

そうです、WinXPは6月30日で販売終了なんですよね!
すっかり忘れていました・・・

WindowsXPのPCメーカーおよび小売業者向けの販売が6月30日で終了すると、これ以降WinXPのOSを手に入れるのがどんどん難しくなるでしょうね。

かつてWin95、98、NT4.0、Me、2000と、OSが店頭から消えていったわけですが、しばらくの間は在庫もあるでしょうし、オークションなどでも未開封のXPとかも出まわるでしょうから、まったく手に入らないなんて事にはならないと考えています。

しかし、問題となるのはPCのリプレースを考えている企業や公共団体で、1台や2台のPCを入れ替えるのではなく数百台~数千台規模のPCの入替を検討している団体は、有無を言わさずVISTAの購入を検討せざるを得ません。

VISTAが販売されてしばらく経ちますので、その間に検討しない方が悪いという論調もありそうですが、VISTAはそもそも文字コードが違うので、根本的に既存の基幹システムで文字化けする可能性があり、実際にVISTA端末を導入して動かなかったという事例を目の当たりにしているので、ちょっとした混乱が起きるかもしれませんね・・・。

導入する側からすれば、「VISTA対応に直してよ」と言われるでしょうが、果たして本当にそのシステムに対応する変更が可能なのかどうか、SIerやベンダー各社の対応が可能なのかどうか、なんとも言えないところではないかな?と私は危惧しています。

特に中小企業や地方の官公庁などでそういう問題が発生する要因が多く潜んでいると予想しています。

WindowsVISTAの普及率が、法人では20%程度しかないなどの報道を目にすると、ユーザ(利用者側)の混乱はこれからなのかもしれないですね・・・。

私のお客様の所ではVISTAの検証をしている事もあり、使えないシステムと使えるシステムを事前に知っているため、VISTA導入に関して後で慌てるという事はないと信じています。

信じていますが、実際にVISTAで長期間本運用させるなどのテストをしてはいないので、果たしてどんな事態になるかは正直わかりません。

ただ、動作検証結果だけを見ていれば、Win2000やWinXPで動作していたアプリがVISTAで動かないという例はそんなに無いと感じていて、どちらかと言うと、IE7での問題の方が多いような、そんな感覚でおります。
まーこれは私個人の主観なので断言はできませんが・・・。

WinXPの販売に関しては、ひょっとしたらまだ延びる可能性もあり、なんとも言えないところですが、今後はWindows7が出るまでの間、VISTAが市場を占拠する形になりそうですね。

Windows離れが徐々に進んでいる世の中ですが、シェアはWindowsが圧倒的なのは間違いないですし、私の周りでも、今年の秋~来年にかけては本格的にVISTAと仲良くする必要性が生じるかもしれないです。

前から分かっていた事なんでそんなに焦りはないですけど、混乱はあるんだろうな~。
Twitterでつぶやく
スポンサーサイト

| PCネタ・IT系ニュース | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。