気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

怒りの感情をコントロールできたらいいですね

先日、プライベートでもの凄く腹立たしい出来事があり、ここ数日その怒りの感情のために精神的にとても疲れています・・・
もう~ノルアドレナリンが出まくっていて自分でも困っています。その原因についてここでは触れませんが、自分でも驚くくらい怒りの感情が薄まりません…。

この文章を冷静に書いているように感じるかもしれませんが、心の中ではもう怒りの感情がふつふつと湧き出てきています。

こんな事では仕事に差し支えると自分では思っていますが、世間体を気にしているのか、逆にニコニコしながらテキパキと仕事をこなし、いつもよりも生産性が向上しているので、不思議なものです。

心の中では信じられないくらい怒りの感情で満たされているのに、それを打ち消そうとするかのように、仕事に邁進しているからなのかなと考えていますが、こんなの1週間も続けていたら私自身が壊れてしまいそうなので、「怒り」を解消するイメージトレーニングを密かに続けていますが、なかなか効果が表れにくいです・・・

人間は「喜怒哀楽」という感情があるように、「怒り」という感情は誰にでもあるものですが、ちょっとイラっとしたくらいの気持ちならすぐ解消されますけど、本当に心の底からグツグツと煮えたぎる怒りは解消するのがなかなか難しいです。

感情を制御する脳内物質として代表的なものを挙げると、

怒り→ノルアドレナリン
恐怖→アドレナリン
快楽→ドーパミン


と言われていますが、じゃあノルアドレナリンの生成を抑えて、ドーパミンを出しまくればいいんじゃない?と単細胞な私などは考えてしまいますけども、事はそう簡単なものではないらしいです。

私は専門家ではなく所詮書物等で仕入れた知識でしかしゃべれませんけど、怒りという感情は人が抱く感情で最も良くないと考えていて、できればこの「怒り感情」を永遠に感じたくないとも思います。

怒りによって、今まで育んできた大切な方との人間関係などにも悪影響を及ぼしかねないですし、その衝動によって自暴自棄になり、とんでもない事をしでかしかねません…。

若いころは部屋の壁を蹴ったりして穴を開けた事もありましたね・・・

また、本気で怒ると言いようもない疲れが後から襲ってきて、エネルギーの無駄使いになっている感じがします。

じゃあ怒りの感情はコントロールする事ができないのでしょうか?

全てをコントロールする事は難しいですが、イメージの世界で感情を和らげることくらいなら出来そうですね。

怒りがコントロールできない
by 幸せのホームページ((本多時生さんのHP)

「私の仕事は自由業である」と言ってはばからない本多さんは、私にとって憧れの生き方を実践している人です!

そんな本多さんが提唱する、怒りをコントロールする手法として

1.「怒りをコントロールしよう」と決意する
2.自分の怒りに気づく
3.怒りの感情を鎮める努力をする
4.怒りをもち続けない
5.おすすめの怒りをコントロールする方法
6.人は人、自分は自分


などを上記URLで述べています。

私はその中の、おすすめの怒りをコントロールする方法「ハオハオ」と、怒りをもち続けないの項の「紙に書いて考える」という事を実践するようにしています。

詳しくは怒りがコントロールできないからご確認ください。

本多さんの著書お奨めです!


他にも、

「過去に固執しないで未来に目を向ける癖をつける」

とか、

「主体的に生きる事で、物事の責任はすべて自分にあると考える」

とか

「全てを許すこと」

などというのが怒りをコントロールする、もしくは怒りを鎮めるのに役立ちそうな考え方だそうです。
※どこかのメルマガで上記を見たのですがテキストで保存したままどこの出典なのか失念してしまいました

今の私には到底「許す」事はできそうもないですが、少しでも怒りを和らげるように努力したいと思います。

でもこうしてblogにダラダラ書く事によって、だいぶ怒りが和らいできているのが実感できますので、書くという事もまんざらでもないとそう感じました。

怒りが収まらない方はそんなにいないと思いますが、参考まで。
Twitterでつぶやく
スポンサーサイト

| 自己啓発 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グリーンデックスは53点でした・・・

グリーンデックス採点
by ナショナルジオグラフィック

ナショナルジオグラフィックのサイト内にて、グリーンデックスの採点コーナーがあったので採点してみたところ・・・53点でした・・・

我が家は借家ですし、省エネの家電製品もわずか、車は普通のガソリン車なので地球環境には優しくない仕様なんでしょうね。

グリーンデックスとは?

私が年間購読している数少ない雑誌のナショナルジオグラフィックは写真で今の地球の現状を教えてくれる唯一無二の情報源ですが、この雑誌を読み続けていると、不思議と地球環境に優しい事をしなきゃって気分になるんですよね。

私はグリーンIT推奨者であり、自分の所属するIT業界から環境保全に役立つものを産み出したり、作ったりすることができるという事を誇りにしていますし、自分も関わっていきたいと強く願っています。

個人レベルで「エコ」したって意味が無いという意見もたまに聞きますけども、大切なのはその思想であり、意識することだと考えます。

地球から二酸化炭素を本当に減らしたいならば、アメリカ、中国、インドでの排出量を抑えるのが一番の近道ですが、洞爺湖サミットでも結局目標を規定しただけで終了でしたし、国家間レベルで一筋縄ではいかないのが現実ですから、せめて民間レベルでエコ思想をどんどん広げていくのが大事かと思ってます。

でも最近思ったのが、自分ではエコしてるぜ~ふふん♪って思っていた事が実は逆に全然エコロジーではなかったり、ちゃんとリサイクルされていると思っていた物が実はただのゴミになっていたりと、正しいエコサイクルとは何なのか?っていうのがイマイチ見えにくくなってきてると感じていて、個人での情報を見分ける目みたいなものが大切になってきてると実感しています。

環境はビジネスになりにくいと言われますが、きっとそういうお金に代わる仕組みづくりが整備されていないのと同時に、わからないままエコエコ言って勘違いしてしまう私のような者がいるからなのかな?とか思ってみたりして。

まずは炭素系の排出量をとにかく抑えるという一つの目標に向かっているという事を国家レベルで意識しながら、じゃあ個人で何をすれば排出削減になるのか?というところから再度プランを練り直さなければならないのではないかな?と生意気にも言ってみたりします。

でもそれって究極に言い切ってしまえば、「燃やす」ことがいけないのであるから、車は電気自動車、暖房はコージェネと太陽光にしてしまえば、実際に「燃やす」事を減らせますが、その電気を生み出す
のにも「燃える」事が絡んでくるので、う~んって感じはあります。

自戒の念をこめて言いますが、私もバカの一つ覚えみたいにエコエコ言っているだけではなく、本当に役立つエコの情報を調べてアウトプットするという事ができればいいですね。

頭の中で描いていることを人に伝えてこそ、初めてそれが現実に向かって進みだすと考えていますから、私も情報収集とその内容の見極めをしっかりとしていきたいです。

難しいですが、一歩ずつ着実に前に進みたいですね
Twitterでつぶやく

| グリーンIT・エコ | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「信用・信頼」という名の積み立てをしたいです

私は、お客様に近いところでIT系の仕事をしているためか、色んなタイプの方と触れ合う事が多いです。

人は千差万別・十人十色

とても親切な方、いつも怒っているように見える方、常に冗談ばかりおっしゃる方などなど、実に色んな性格の方々がいらっしゃいます。

そんなお客様達の中で、この人を怒らせるととんでもない目に遭う!という方が数名おりまして、その中でも図抜けて危険な方(仮にA氏としておきます)のお話をちょっと書きたいと思います。

そのA氏ですが、私の同僚などはもう~怖くて近寄りたくないと、戦々恐々としている有り様でして、確かに以前ちょっとした仕事上のトラブルの際には、席の前で立たされて3時間くらい怒声と罵声を浴びせられたあげく、関係者全員土下座&金品要求というちょっとカタギとは思えないような感じの対応を要求されたことがあり、もうなだめるのに一苦労した事がありました。

私は不思議とこのお客様A氏には初対面の時にガツンと怒られただけで、その後はそんなにひどい目に遭った事がなく、いつの間にか専任というか担当にされてしまったのですが(笑)先日そのA氏に電話で呼び出され、いますぐ来てくれとの事だったので、すぐに伺うことになりました。

そしてA氏のところに伺ったところ、いきなり言われた一言が、「お前らIT系の人間は本当にどうしようもない!訳わからん事ばかり言いやがって!」だったので何がなんだかわからなかったのですが、どうやら、どこかの大手のITベンダーに営業をかけられたらしく、その内容が横文字ばかりで何言ってるかわからないので、質問したら鼻で笑われたからヤキ入れてやったとの事でした(苦笑

「それは災難でしたね~」なんて言いながらなだめていたのですが、そういうグチやら何やらをしばらく聞きながら、肝心の用事というのがExcelの使い方に関する事で、説明をしていたらまたA氏に怒られる羽目になりました・・・

なんで怒ってるのかな?と思ったら、私が口にした

デフォルト

という言葉についてで、この言葉がIT業界のスラングだっていう事は認識してたにも関わらず、ついついいつも使っているから口にしてしまったところ、先ほどの件があってプチンと切れてしまったようでした…。

「なんだ、お前もか!」という口調で頭ごなしに言われたため、あせった私の口から出た言葉が、

「じゃあ今日のExcel講習は英語禁止でやりますか?」

であり(笑)また怒られるかな?と思ったらなんだかノリ気だったのでちょっと間抜けなExcel講習会が始まりました。

「じゃ~その…ねずみ(マウス)の右側を2回指で叩いてください」とか、「このセル…じゃなかった8行目のここんところで関数を…」とか、「表示からウィンドウじゃなくて…窓の枠の固定で…」など聞いてたら間抜けな会話なんですが、10分間で多く英語を言った方がジュースをおごる事にしていて楽敗したのはもちろん私。。。

約束通り缶コーヒーを1本おごりましたが、A氏曰くとても楽しかったようで、あーこういうノリのいい一面があるんだなと、気づかされまして、また何かあったらよろしく~と軽い感じで見送りされて対応完了となりました。

軽く汗ばみましたが、事なきを得てよかったと同時に、誠実な対応プラス笑いの大事さみたいなものを感じて、コミュニケーションって難しいけど面白いな~と思わさせられました。

そのA氏ですが、ことIT系の機器やシステム導入に関してすごい権限を持っているので、きっと他のベンダーさんも無下にできないはずで、対応に苦慮しているのが伺えますが、以前私をご指名で物を納入した事もあり、私的には非常に感謝しております。

ま、私は営業兼務とはいえ本職ではないのでインセンティブとか何も無いのですけど、ご指名される事に悪い気はしませんし、信用されているからこそ声を掛けられていると考えているので、ありがたい事だと思ってます。

信用されないよりされた方がいいに決まってますので、私の担当するお客様とは末永く付き合っていきたいですけど、私も人間ですし、今後何かミスることとか、失言とかきっとあるはずです。


そういう時にお客様にどう言われるか?


冷たい口調で突き放されるのか?


笑顔で許してもらえるのか?


できる事なら、お客様に笑顔で許してもらいたいですよね。

それは日々のお客様との接し方・楽しい会話などの積み重ねに関係するのではないかと私は思っていて、信用や信頼の貯蓄をお客様の心の中で積み立てているのだと想像しています。

積み立てするのにとても時間がかかり、一度のミスで全てを失う事にも成りかねない恐ろしいものではありますが、逆にどんどん積み立てていけば、いつかハイリターンとなって返ってくる、そんな感じで
イメージしています。

なんでこんな事書いたかと言うと、最近人とのコミュニケーションの重要さに気づかされる事が多く、自らへの戒めとともに、こんなアホな対応でもうまくいく事がありますよという事例として残しておこうと思ったからなんですが、星の数ほどあるブログの1記事ですが、何かの参考になればいいかなと。

今後も人とのコミュニケーション術は学び続けていかねばならないと強く意識してますので、既存のお客様、これからお客様になられる方、未熟ものですがよろしくお願いいたします!
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっとこさLPIC-Level1-101に合格です

苦節6ヶ月、やっとこLPIC-Level1-101に合格しました(^o^)丿
LPIC系の受験は初めてだったので、どんな問題なんだろうかと戦々恐々しつつ、柄にも無く緊張しながらの受験でしたが(笑)800満点中600点と、必修合格点が500点だった事を考えると、まーまーかなと。

正直言ってあれだけ勉強したのに、何問間違えたんだよ!って自分を責めましたが、まずは合格の美酒に酔いたいですってまだ酒飲んでいませんけど(笑

本当に、本当に長かったなぁ~~~~っていうのが率直な感想でして、年頭にLPIC取得の決意表明をしてから、2月~4月まで仕事やら何やらで忙しく時間が取れない中、参考書と問題集だけ揃え、5月の中ごろからやっと本格的に勉強に取り掛かり今日に至るのですが・・・ずいぶん時間を費やしましたし、他の事を犠牲にしてきました・・・

自分の能力不足と脳みそ不足が原因ですけど、次の102試験はもう少し勉強方法を見直して効率的に進めれればいいかなと考えてます。

ま~そこそこ頑張った甲斐があったわけなんですが、これもひとえに家族の協力があったからと、まず最初に嫁さんと息子に頭を下げて、感謝の意を表明しました。

それとなく気を使ってくれていた嫁さん、散々邪魔をしつつも頑張ってねと背中を後押ししてくれた息子、本当に君たちは最高です!そのうち感謝の気持ちをきちんと物に代えてお渡ししますので。

まずは少しの間休息して、待望の読書タ~イムに進んでいきたいと思いますっ!!

他にもたくさんやる事溜まっているので、もうどれから手をつければいいのやら・・・嬉しい悩みが待っています。
Twitterでつぶやく

| IT資格・他資格 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コミュニケーション・スキル講座はタメになります

コミュニケーション・スキル講座:聴く力と話す力を磨く!目次
by ITpro

グローバルナレッジネットワーク 人材教育コンサルタント高橋俊樹さんのコラムです。

最近人と人のコミュニケーションが上手に出来ないという人が増加しているなんてニュースを見た事がありますが、高橋さんのコラムでは、人と人の聴くこと話すことを中心に基本的なコミュニケーションスキルを高めてくれるテクニックなどを書いておられて、人見知りな私にはタメになる言葉の数々です。

この辺りのスキルはコーチングなどと被る事もありそうで、実際にありがちなシチュエーションが多く書かれており、コミュニケーションでお互いにより良い関係を築く事が大事だと改めて気付かされます。

相手の気持ちをおもんばかって、「聴く」という姿勢を見せることの大切さをこの連載で教えられた気がしています。

相手に対して悪い印象を与えるよりも、より良い印象を与える方がいいに決まっていますし、ビジネス上必要なスキルですよね。

私は比較的相手の話しを「聴く」ことは出来ていると自己採点していますが、相手に私の「想い」を伝えることがなかなか上手にできないと、軽い悩みとなっており、そういう書籍や高橋さんのようなコラムをよく読んでいるのですが・・・まだまだです。

人と人とのコミュニケーション無しでは生きていく事が難しいですから、こういう基本的なスキルはもっともっと高めていきたいですね。

まだ見たことのない方は一読をお奨めします。
Twitterでつぶやく

| コラム・サイト紹介 | 00:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

VMware ESXiが無償化へ!

ヴイエムウェア、サーバー仮想化ソフト「VMware ESXi」を無償化へ
by ITpro

あまり報道で大きく取り上げられていません?が、仮想化分野の雄、VMwareのサーバ用仮想化ソフトESXiが無償提供される見込みです!

仮想化に関わらない方にとっては何の事やらだと思いますが、このESXiはサーバ仮想化の最廉価版なのに、軽く6万円を超える高価なソフトウェアであって、評価しようにも気軽にお求めいただくわかにはいきませんでした…

しかし、Microsoftが2008serverでHyper-VというVMwareと遜色なさそうな仮想化ソフトをバンドルしてきた事による対抗措置で無償化に踏み切るようでして、ESXiをいじりたくてウズウズしていた私は拍手喝采です!

もう~気軽にダウンロードしてMYサーバに入れてガリガリ使い倒してやろうと、ニンマリしております。

来週にも発表とか言っているので、とても楽しみにしています。

今後サーバの仮想化は私の大きなテーマになりそうなため、古いサーバ群の仮想化イメージを作りまくり、なんでもかんでも気軽に仮想化しちゃいそうで、そんな自分がちょっと怖いです(苦笑

あ~早くダウンロードできないかな~?

待ち遠しいです!!
Twitterでつぶやく

| 仮想化・クラウド・分散処理 | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

blogの通信簿を授かりました

ブログ記事から年齢や性別が分かる!? gooが「ブログ通信簿」公開
by 日経PCオンライン

ブログ通信簿サービス
by goo

NTTレゾナント(goo)がブログ記事を分析し通信簿を出してくれる、そんなサービスを始めたようなので、ミーハーな私は早速やってみたところ…



こんな感じになりました。
このblogは「一般生徒」だそうです(笑
イラストレータを目指しましょう!って、インストラクターの間違い?
私は絵を描けないんですが(^^;)

イラストレータって何か違う意味があるのか?
ググってみたけど不明です…。

あと、気になるところは…

影響度:1

ここでしょうかね、やっぱり!

直近10件の記事を参考にするみたいな事を書いていたので、まー大した記事を書いてない自覚があるから納得はしてますが、お前はぜんぜん目立ってないぞと言われてるようなものなので、ちょっと
ばかり考えてしまいました・・・

…気になったので調べてみたら、ちゃんと書いてました。

あなたのブログがどの程度引用されたかを統計処理して算出されます。


あ~引用されるような内容書いてないですわ。。。

それと、ブログ年齢が40歳って…
まだその年齢に到達してないんですがね…
でもそんなに遠くもないので、まあ当たっているのかな?

またしばらく経った後にやってみたらどんな通信簿が出るか?

ちょいと楽しみです。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 18:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

楽しみを先送りする辛さ

ただ今LPIC-Level1-101試験受験に向けて最後の追い込み学習に入っていますが、この試験に合格すれば、とりあえず勉強は一休みして、4月~7月の間までの間我慢し続けた「自分のやりたい事」を思いっきりやってやろうと考えていて、早くもそちらの方の楽しみが頭の中で先行してしまい、最後の追い込み学習が空ろになっており、このままではいかんと、身を引き締めております!

ここで言う「自分のやりたい事」とは、ここで書ける事、書けない事、色々あるのですが、その中で一番渇望している「やりたい事」は


読 書


なんですよね~

ここ数年間は月に最低5冊の本を読むという事を習慣化していたせいもあり、4か月も本を読む事を止めて勉強時間確保に努めてきたので、もう読書欲望の限界に到達しつつあります。

「この勉強が終わったら読むぞ~!!」

などと思いながら本の購入はずっと続けていて、すでに50冊以上が未読の状態で本棚の中でたたずんでいます…。

本当に読みたくてたまらない本ばかりなので、読み出したら最後までノンストップになりそうという事で、学習時間の妨げになると判断して今に至るのですが、その自分への戒めから解放されるのもあと数日となり、101試験取得後の生活がパラダイスに思えます(笑

楽しみを先送りするという行為は好きじゃないのですが、LPICの資格取得とLinux知識向上を最優先させた結果であり、一つの事に注力して集中的に時間を投下するという「成功法則」みたいなものに則って行動していましたが、幸い学習時間の増加にはつながりました。

にもこちらのエントリーで書いたように、家族を巻き込んだ仕組み作りが成功したというのもあって、学習時間確保できたのは大きかったですね~ってまだ受験も合格もしてないんですけど…

とりあえず、残り数日間後ろ髪をひかれる思いで気持ちを新たに学習にとりかかりたいと存じます。

あっ!

101試験取得したら家族にも褒美を与える約束を今思い出しました。

このまま嫁さんも息子も忘れててくれないかな~

…よし、最後の追い込みだ!
Twitterでつぶやく

| IT資格・他資格 | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セブンイレブンがVISTAを5000台導入するのですね

セブン-イレブン・ジャパン,Windows VistaとOffice 2007を5000台導入
by ITpro

企業への導入が遅々として進まないWindowsVISTAですが、セブンイレブン・ジャパンが社内システムでVISTAを選択したようです。

セブンイレブン報道資料(PDF)
by セブンイレブン・ジャパン

VISTAだけでなくOffice2007も同時に導入してるのですが、決め手になったのがVISTAのセキュリティ機能であるBitLockerのようで、改めてセキュリティ面を重視したOSであるVISTAの潜在的な能力の一端が垣間見えたような、そんな印象を受けました。

セキュリティ重視なのに、未だにセキュリティパッチは出まくりだし、不具合も色々報告されていますし、家庭用のOSとしてはVISTAは気難しいという印象が拭えませんが、企業としてはセキュリティ面の
重視は課題となっているので、少しでもセキュアなOSを使いたいというニーズはありそうですよね。

セブンイレブン・ジャパンが導入したことで、他の企業もVISTA導入の英断をするかもしれませんし。

う~ん、店頭でXPの購入がしずらくなったので、今後こういうVISTA導入の報道が増えそうですが、この流れは加速するかもしれないです。

私もお客様にVISTAの提案する事になるのかな~・・・
「セブンイレブンも導入しましたしっ!」とか言いながら(笑
Twitterでつぶやく

| VISTA・Windows7 | 15:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

加圧式ボールペン購入しました

先日こちらのエントリーで国際文具展「ISOT2008」についてこのblogで紹介しましたが、その中で加圧ボールペンなるものにとても興味を惹かれて、ついつい衝動買いしてしまいました。

加圧式油性ボールペンAirPress
by トンボ鉛筆

ISOTで紹介されていたものとは違いますが、実際に試し書きをしてみて、その滑らかさがよくわかり、且つ携帯するのに適したサイズと、クリップが強力という点を評価して購入いたしました。

ボールペン1本に¥630払う事に少々ためらいましたけども(貧乏症)、今後末永く使うものですし、あくまでも自分への投資と考え、さらに今まで出先でペンのインクが出なくてイラっとする事が多かったので、精神衛生上にもよろしいかと思い購入しましたが、いや~こりゃ重宝しますね。

シャープペンのようにカチャカチャやれば圧縮空気がボールペンの芯の中に送り込まれ、どんな体制で書こうともインクがカスれません。

ペンの真ん中くらいに「圧力チャージ」なる加圧されているのが見える小窓があるのですが、常に圧力満タンチャージにしてしまうくらいカチャカチャやっているので、圧縮し過ぎて芯がダメになりそうです(子供みたいですね・・・)

クリップも強力そうですし、ストラップをつける部分もあるので、仕事用の手帳にはさんだり、紛失防止でストラップをつけるのもまた一興ですかね。

書きたい時にインクが出ないペンとか、クリップがすぐ折れるペンなど、今までそんな安物のペンばかり使っていた事もあり、今後はそういうストレスは感じなさそうです。

今まで三菱鉛筆のSIGNOとかを使うことが多かったのですが、キャップが無くなったり、クリップが折れて無くしたり、何本紛失したことでしょうかね~?

このAirPressはいい値段することもあり、紛失しないように気をつけつつ、使い倒したいと思います。

これは現場で威力を発揮するペンなので、家庭向けではないですが、お仕事関係でお奨めいたします。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 10:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国際文具・紙製品展「ISOT2008」で紹介している物が素敵すぎて

アジア最大の文具展「ISOT2008」レポート ~最新トレンド編~
【第2弾レポート】筆記具、スケッチパッド、ホッチキス...ISOT(国際文具・紙製品展)の注目商品
by 日経トレンディネット

2008年7月9日~11日、東京ビッグサイトで開催された「ISOT2008」、我が家が北海道でなければ行きたかったな~と思わせるような、素敵な文具やら紙製品が展示されていたようです。

記事中で紹介しているMETAPHYSの消しゴム「viss(ヴィス)」とかもう~欲しくて欲しくて!

文房具や紙のマニアではないのですが、なんだかこういう身近な文具とかすごい大好きで、なかなか自分で買わないのですけど、見て触って使って良ければ欲しいと常々思っています。

それに、石を主原料にした紙「ViaStone」なんて製造工程で水を使わないし、燃やしても石灰にしかならないので再利用可能!!

あと象の糞から作る紙なんてのもとてもユニークですし、原材料で環境破壊なんてことは無さそうです。

材料と製造工程を見直して、環境に優しいものを作る

こういう開発ならばどんどんやってほしいと思いますし、こういう分野にもっと資金を投入するべきと考えます。

あと、前々から気になっていた「加圧ボールペン」これ欲しいんです!
だって常に加圧されているから仰向けになって書いても普通に書けるし、常に一定の書き心地が続くので、寝転がって本とかに線を引く癖がある私には憧れのボールペンです(鉛筆使えよってのは無しで…)

最近本当にデザインに優れた文房具とか多いので、見て楽しく、持ってなお楽しいと感じます。

こういう文具展とか北海道でやらないですかね~?

ついつい地域格差を感じてしまうのでした・・・
Twitterでつぶやく

| デザイン | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ついにLPICの申込をしました

今月末にLPI Level1 Exam 101の試験を受験することになりまして、今日からさらに勉強の度合いを増していきたいと考えております!

いや~ここまで来るのに長かったなぁ~~~~~~~…というのが正直な気持ちです。

本当は2月に学習、3月受験という想定でいたのが、2~3月に仕事が忙しくなり、先延ばししつつ実際に本格的な学習を始めたのが5月というだらけっぷり…。

しかも101試験の内容が自分にとってなじみの薄い分野だったこともあって、本当に覚えるのに四苦八苦でした(今でも苦しんでますが)

今回LPICのテキストはLinux 教科書 LPICレベル1 第3版を使用し、



問題集はクラムメディア問題集を使用しました。

このクラムメディア問題集は101試験だけで540問もあるので、通して一気に回答するのはなかなか厳しかったです。

しかし、なんとか8割近い正答数を叩きだせるようになったため、今回の受験となったわけです。

なんだかもう合格するだろうみたいな風に書いていますけど、決してそんな事はなく、残りの十数日をフル活用して正答数100%を目指し学習に勤しみたいと考えており、気を引き締めつつ試験に臨めれば、自ずと結果はついてくると、そう思っています。

ひょっとしたらこのblogの更新も少し滞ったり、記事自体が短くなるかもしれませんが、そのくらい真剣に試験に臨んでいるということでご了承いただければと思います。

あと数十日本当にがんばります!!

見事合格したら…

待望・熱望の読書タイムが待っております!

なんせ読んでいない本が棚の中にすでに50冊は超えていますので、早いところ全て読破したくてたまらないのでした。

がんばれオレ!
Twitterでつぶやく

| IT資格・他資格 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネットワーク構成図って本当にセンスが必要です

ネットワーク構成図がないと“なぜ”困るのか?
by TECHWORLD

何気なくこの↑記事を見ていてふと昔の思い出が甦ったので、今回はネットワーク構成図について書こうかなと思います。

ネットワーク構成図を作成した事がある人って、世の中どれくらい存在するのでしょう?

簡単な図や複雑過ぎて何が書いてかるかわからない、そんな構成図が世の中たくさんあるのでしょうが、IT業界にいても、まったく無縁な人も多いでしょうし、事実私も6~7年前までは無縁な側の方にいました。

当時ネットワークとは関係のない仕事に携わっていたのですが、異動になり、訪れた現場で「NE(ネットワークエンジニア)」として働かざるを得ない状況になった事があります。

L3スイッチが数十台、L2スイッチ(ただのHUB含む)は50台以上、PCに至っては数百台という構成で、今現在LANケーブルの配線とか含めどこからどうなっていて、どんな構成になっているか、誰もわからないという状況から全ての構成図を作成するという作業をしていたのですが、なにせ当時は何もノウハウが無く、ネットワークノートパッドとかVISIOなどのNW作図ソフトを手渡され、「後はよろしく」的な言葉に途方に暮れたのを思い出します。

センタースイッチから木の枝のように伸びるLANケーブルを、一本一本確認しながら手書きでスケッチブックに書き込んで、L3、L2スイッチの全体図をおこしてから、各セグメントごとのPCや配線を書き込んでいくという、今やれと言われてもためらってしまうような作業が毎日続き、夕方から朝方にかけて机の下やフリアクの下のLANケーブルをたぐりまくっていました。

まあしかしその苦労の甲斐があり、全てのNW構成を把握して他の人に知らしめる事ができたのと、いつの間にかネットワークの知識やらアプリケーション操作のスキルが向上したり、ループになっていた
ものを見つけ障害を復旧させたりと、あの時間は本当に自分にとって成長する事が出来た貴重な時間だったと思います。

そんな仕事をしていた時に、上述しましたネットワークノートパッドとかVISIOなどの、構成図を作るときによく使われるツールを使いまくって云々・・・なんて事を書ければいいのですが、実際のところは、そういうツールは私の感性に合わず投げ出してしまい、Excelで気合を入れて作りました!!

ネットワークのプロなどから見れば、幼稚な図だったのかもしれないですが、一般の社員さんなどからの評価は上々で、障害時に必要な情報させ網羅されていればいいと割り切っていたこともあり、当時は自分ながらよく出来たと、自画自賛して天狗になっていたのを思い出します…

が、そんな天狗の鼻をあっさりと折ってくれるような、私にはネットワーク構成図作成のメンター(師匠)のような方の構成図を見た時、己のあまりにも拙いExcelの図に愕然とし、嫉妬すら覚えてしまうくらい見事な構成図(しかもExcelで!!)に思わず見とれてしまった事があります。

なんて言えばいいんですかね・・・やっぱりセンスでしょうかね?

描かれている内容は、私の作成した構成図と変わらないのに、何故あんなに見事に枠に収まっていて、それでいてしかも見やすい、見る人が見れば芸術作品のよう(リトグラフみたいな感じ)に思える、そんなスキルを持つその人は、未だに私の中ではメンターなのですが、どうして一枚の紙にあそこまで見事に描けるのか・・・いまだ不思議でなりません。

そんな見事な構成図をなんとか自分のものにしようと、その方の作成したものと同じ物を作ろうとしたり、実際に作成している所を見学させてもらったりして、スキル泥棒になろうとしましたが、他の仕事が忙しくなり、結局断念してしまったのが悔やまれます。

そもそもネットワーク構成図って、CADなどとも通じるものがあると感じますけども、キャンパスに絵を描く能力や全体図などの構図を頭の中に描ける人でないと作れないんですよね。

現状の構成が把握しやすくなっているとか、障害発生時に使えるのか、メンテナンスはしやすいのかなど、良い構成図の条件ってありますけど、見た目が良くてかつ視認性が高く、さらにメンテも簡単であれば言うことないんです。

私は実際に自分の目でそういう構成図を見ているので、営業さんが作るパワポなどのプレゼン資料とか見てると、目が肥えているせいもあって「あ、ここはこういう風にすれば分かりやすいのに・・・」など、
ついつい採点してしまいがちです…

6~7年前の自分に比べれば今の方が遥かにわかりやすい構成図とか作ることが出来ると思っていますが、いまだ師匠の足元にも及ばないので、もし今後そういう機会があれば、あの構成図を上回る、見事なものを作ることに挑戦してみたいですね。

全体の概念図ですが、その図だけで充分トラブルシュート可能な情報が詰まっていたりすると、障害時や構成見直しなどの際に威力を発揮します。A4用紙数枚で判断つけば、A2とか、どでかい作成図をいちいち広げて細部まで確認する必要もないですしね。

あ~そんなスキルが自分にあれば・・・と無いものねだりですが、近々構成図を作る作業があるかもしれないので、昔自分が作った構成図や師匠が作った構成図を見直して準備しておこうかと考えています。

どうせならダントツのものを作りたいですしね!!

絵でも習おうかな?マジで


※2009年8月18日現在、TECHWORLDのサービスが終了していたのでリンクを削除しました
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オンキヨーの新サービス「Mufi(ミューフィー)」

日経エンタテインメント!Next Hitを探せ!という記事にて、ONKYOの音楽サービスMufiなるものを見つけました。

新感覚の音楽サービスが登場!未発売の新曲が無料で聴ける!
オンキヨーが新感覚の音楽サービスを開始!PCでエアチェックした音楽を検索して聴ける
by 日経トレンディ

好きなときにラジオ番組が聴けるというもので、ラジオをパソコンに接続し、HDに録音された放送内容を、後でゆっくり聴くという仕組みらしいのですが、秀逸なのがMufiのガジェットで、番組名や曲名など
アルバムジャケットなんかも目で見ることが可能となっており、新曲のチェックに良さげです。

用意するものは、Windows Vistaのパソコン(XPには7月初旬に対応予定)とラジオ、そしてインターネットへの接続環境だけ(常時接続を推奨)。ラジオはUSBタイプのほか、ポータブルタイプやコンポのチューナーでも大丈夫。


昔、FMラジオを聞きながらパソコンでFM局サイトへアクセスし、かかっていた曲名などをチェックしていましたが、このMufiならば後で曲も曲名も同時に確認できる優れもの。

FMのヘビーローテの曲とかだと何度も聞くし、すぐ曲名なども判明するのですが、なんとなく耳にした「あの曲」が何なのか、気になる事が以前から多かった私には合うサービスかもです。

でもこれって、パソコンでやるより、ONKYO専用のHDDオーディオとかで録りためて、まとめてチェックできた方が便利なような気がしてます。
24時間パソコンの電源入れっぱなしにしない我が家では、専用機の方が合いそうかな~。
でもそうなると、その専用機への投資が必要になるわけで…。

さらに、録りためた番組や曲の塊を、何時聞いてチェックするか?という根本的な問題もあり、よく考えれば投資するだけ無駄になりそうな気がしてきました。

それならばネットラジオをTwitterとかで連携させ、後検索できるようにしつつ、ラジオ局のDBなどにアクセスして楽曲を簡易で聞けたりすればさらにいいかなと思います。

実はもう既にそういうサービスがあるのかもしれませんけど、リアルタイムで確認でき、さらに後で時間の無い時でも簡易にチェック可能な仕組みであれば、私は利用したいですね。

ラジオで流れた曲を横断的に早送りで確認できるインターフェースがあればなお可。

なんとなく耳に残る楽曲があれば止めてじっくり聞くとか、そういう感じのサービスがあればいいのに。
でも著作権の問題とか関係しそうなので、音質を落とし、曲の3分の1くらいを流すような感じでもある程度は曲調とか把握できそうかと。

誰かそういう仕組み作ってくれないでしょうかね?
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

blogで正しい日本語を使っていますか

日本語文章校正ツール

どこのblogで紹介されていたか失念してしまったのですが、Web上で日本語文章の校正をしてくれるサイトを紹介されていたので、私も早速拙い文章を校正してもらおうと、過去にこのblogで書いた文章を入力してみましたが、いろいろとチェックされてしまいました・・・。

気になったのが、「色々」とか「他に」とか「沢山」などの語彙が難読という扱いで校正されていて、「いろいろ」「ほかに」「たくさん」などのように平易な表記が望ましいとなっていた点。

今までこういった「色々」などという漢字表記に関して、平易な表現ではないという意識がまったくなかったので、ちょっとした「気付き」でしたね~。

なにせblogの問題点は、自分の文章を添削してくれる人が誰もいないという点だと私は考えているので、機械的にでも構わないので、私の文筆力の問題点を指摘してくれる事はありがたいのです!

自分の文書力が拙いという事はそれこそ10代のころからわかっていましたが、仕事上での文章のやり取りや、このblogでの情報発信などを続けていると、いかに私の文筆が幼稚なものであるかということに気付かされており、それに抗うかのように文章術を向上させてくれるようなノウハウ本を読んだり、村上龍さんのようなお手本となるような方の文章をマネしようとしたりと、悲しい努力を続けてはいますけど、さっぱり上達していきません。

それでいて、いつか自分の本を出版したいとか淡い夢を抱いているのですからまだまだ修行が足りないというところですね。

とにかく書いて書いて書き続ける事

書物を読み続けて語彙を仕入れ続ける事

この2つが大事だというのはなんとなく分かっていますけど、欲を言えば「校正」とか「添削」をしてもらえばもっと文章の上達が早まると思っています。

ですから余計にこういう校正ツールのありがたみが分かっているつもりです。

誰にでも理解できる平易な文章がきちんと書けて、かつ尖った表現でインパクトを与えられる、そんな文章が書ける男に、なりたいです。

きっと一生懸けてもそんなレベルに達することは無いとは思いますが、普段の努力だけは続けていこうと思います。

向上心だけはありますので。
Twitterでつぶやく

| コラム・サイト紹介 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iPhoneが発売されました

ついにiPhoneが発売されましたね~。
手に入れたかたはラッキーだった様子ですけども、早くもレビューを
あげている人とかもいて、見てて面白いです。

私の周りでは誰一人としてiPhoneを取得した人はいないのですが、
実際の契約時にまつわる注意事項の記事が掲載されていたので、リンク
貼っておきます。

契約してわかった、iPhoneのさまざまな注意事項
by CNETjapan

この記事で注意すべきところは何点かあるのですが、

iPhoneのすべての機能を利用するためには、iTunes 7.7以降がインストールされているWindows PCもしくはMacintoshが必要


↑iTuneで何するのかな?と思って記事を読んでいたら…

Windows PCの場合、iTunes 7.7をインストールした上で、iPhoneに同梱されているケーブルを使ってiPhoneとPCを接続すると、iTunesが起動して電話機能のロックが解除される仕組み


↑こういう事だったのですね。
端末のアクティベーションを自分でもできるのですね~。
そもそもこんなの自分でやる必要あるの?とも思いますけども。

その他にもiPhoneへの機種変更の注意点やら、送信側がホワイトプラン、
ゴールドプランに加入していても、iPhoneにメールを送信する際には
有料になるとか、細かく載っていますので、興味ある方はチェックして
みてはどうでしょうか?

ITproの記事でも発売時の混乱レポートとかもありましたし、しばらく
この狂想曲は続きそうですが、私的にはユーザさんの詳細なレビュー
を見ていずれ購入するかしないか決めようかなと、考えております。

私のお小遣いも有限ですしね~。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 00:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

使えるフリーソフトたくさんあります

お役立ちフリーソフト一覧
by ITpro

最近ITproのリンクを貼ることが多い気がしていますが、気にしないで進めていきます(笑)

使えるフリーソフトを1日1本ペースで紹介しているのですが、テーマごとに「使える」ソフトばかり書かれており、記事中からリンクを辿りダウンロードも可能となっています。

私はプログラミングとか開発系とは疎遠な仕事なので、そういったフリーソフトはよくわかりませんので評価のしようがないですが、「思考支援」の箇所で知らないフリーソフトがいくつかあり、何個かすでに使い始めています!

特にNanaTreeは秀逸ですね~

Story Editorより機能豊富ですし、紙copi Liteほどではないにしてもよくできたソフトウェアだと思いました。

画像が貼れるのがいいです!
あとインストールが不要なところが最高です。
レジストリを汚すこともないですから、会社のPCにもそっと置いておけますしね(爆

ユニークだなと感じたのが、VerticalEditorでしょうか。何と言っても原稿用紙縦書きを実現してますから。ワープロを思い出してしまいました。

論文とか書く前の下書きとかにいいかもですね。
プロジェクトマネージャー試験などの論文対策にいいかもです。字数がわかりやすいですし。

ちょっと学習時に使ってみようかな?と思わせてくれたのがクリックde暗記カードなんですが、こういうのって学習データを作るのに時間がかかったりして、本末転倒になりがち(経験あり)なんですが、手軽にできそうなのでLPIC問題でも作ろうかな?

他にも色々な知らないフリーソフトが沢山あって、色々試してみたいですね。

記事中には2008/08/15までは紹介するソフトのリストが見えますから、最近朝にここをチェックするのが楽しみになっています。

XAMPPもそのうちまた使おうかな~なんて気になっていますし。

う~ん目移りする
Twitterでつぶやく

| ソフト・アプリケーション・ツール | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三つ折りの絹織ノート型パソコンの模型に見とれました

せっかく洞爺湖サミットが行われているのだからグリーンITの話題に触れないわけにいくまいと、ネタ不足の言い訳をしつつ書きます。

【洞爺湖サミット】使えば使うほど味が出る、富士通が木材や布でできたパソコン
by ITpro

世間は洞爺湖サミットで盛り上がっている?ようですが、ITproでもタイトル名に【洞爺湖サミット】を冠した記事がいくつか目立ち、そういった記事を眺めていたところ、私の目が一点に凝縮される、そんな魅力溢れるデザインのパソコンを見つけました。

【写真2】絹織物を使った、三つ折りノート型パソコンのモックアップ
by ITpro
※モックアップ=外見を実物そっくりに似せた模型

上記URLから写真を確認していただきたいのですが、私は記事をよく読まず、「すげぇ~こんなパソコンがあるんだ!」と一人で驚嘆していたのですが、よくできた模型だったんですね…

しかし、そのデザインたるや秀逸でして、三つ折ノートPCという、今まで想像だにしなかった筐体で、天板に絹織物を使用し「和」を強く感じさせ、さらにキーボードの色づかいもエンジ調の個性豊かな配色に仕上げており、欧米人が見たらコロッとやられてしまいそうなそんな素敵なモックアップなんです。

模型だけに、キーボードの文字部分は刺繍がほどこされているようですけど、逆にそこが面白いなと感じました!

また、ディスプレイも有機ELとかにすれば曲線も描けるし、筐体デザインと一体化したそんなディスプレイ構造とかもありかなと。

なんと言っても天然素材でエコとくれば、少々値がはっても欲しいと思う私のような人間がたくさんいるはずです。

そもそもパソコンや携帯電話などは、大量のプラスチックやら、レアメタルやらを使用していて、本来環境に優しくない製品であるのですが、そういったものを代替製品で補おうという研究は以前から行われており、記事中にもあるように、筐体などの部分を植物プラスチックなどへ移行するとかは今後増えるでしょう。

実際に富士通は間伐材を使ったノート型パソコンを作っていますし、「エコ」な材料で作られたパソコンは増える傾向にあるでしょう。

そうそうNECなどはそういったパソコンを作っているようですしね。

【洞爺湖サミット】NECが「ECOボタン」付きのバイオプラスチック製パソコン
by ITpro

「ECOボタン」などというボタンを配し、電力管理ソフトを搭載しているようですが、ECOボタンなんてついつい押したくなりますね。必要以上に押してECOしてるという自分に酔いそうです・・・

さらには低電圧のAtomプロセッサーを使うとか、電力削減のアプローチもどんどん増えていますし、そこに上記のような絹織物を使用した三つ折ノートPCなどのような、高デザインのものが発売されて需要が喚起されれば、ビジネスとして回り始めるのではないかなと考えてます。

そういえば一昔前に、auの携帯で市松模様デザインのものとかあったと思ったのですが、あの時も「これかっこいいな~」と思ったので、私は和風デザインのものに弱いのかもしれないですね~。ま、いいデザインのものに洋風も和風も無いんですが…。

ECOで高デザインで低価格なパソコンとかどんどん出てくれば、私も自宅のPCを入れ替えたいですね。
Twitterでつぶやく

| グリーンIT・エコ | 00:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ますます混乱ウイルスソフト選定…

先々週くらいに、下記URLのエントリーにて、ウイルス対策ソフトは何がおすすめ?って聞かれた時の回答を書きました。

ウイルス対策ソフトは何がいい?と聞かれたら…
by 気になるけど

Avast 無償版フリー(メルアド入力必須)、効果あり
AVG 無償版フリー(メルアド入力必須)、効果あり
カスペルスキー 有償版(少々高価)効果絶大


フリーバージョンがあるAvastとAVG、有償のカスペルスキーなんかいいんじゃないでしょうか?なんて事を得意気に書きましたけども、訂正した方がいいかもしれません…

一太郎ファイルにおける誤検知について
by JUSTSYSTEM

カスペルスキー7.0を使用しているお客様で、一太郎ファイル群が沢山ウイルスに感染していると表示されるのだが…というお客様からの連絡を受けたのが7月の頭、しかしそれは実は誤検知だった事が判明し、バックアップフォルダから復元させて事なきを得たのですが…いやはや、カスペルスキーも万能ではないという事がよくわかりましたが、総合点としてはやはり今のところBESTかな~とも思っています。

さらに、AvastのFree版ですけども、先日VISTAのSP1端末にインストールしたところ、インターネットにまったくつながらなくなるという障害を発生させてしまい、四苦八苦しましたけど、どうやらWindowsDefenderと機能が競合してしまい、どちらかの機能を止めないとネット接続が不能となる、結構致命的なエラーも経験し、こりゃVISTAのPCにはAvastは入れられないなと感じました。

そしてもう一つ、AVG8.0Free版ですが、目玉機能のリンクスキャナがGoogleで検索すると異常終了してしまうという事象が頻発し、その機能を停止して使っています。ただこれはIE6.0での障害かもしれず、他のブラウザで検証していないので何とも言えないです。
Googleの検索が使えないと、調べものに困るのでまあ、余計な機能と言わざるを得ません。

もう本当に何のウイルス対策ソフトを使えばいいのか・・・
今良くてもバージョンが変わったりOSが変わったりすれば途端に障害となってしまうこととか多くて、その都度無料お試し版とかをインストールして検証してからでないと確実なことは言えなそうな雰囲気です。

先日も私が親しくしているお客様から、ノートンからウイルスバスタ2008に変えたらパソコンが安定したとか連絡をもらい、その人その人の環境でいい物悪い物って分かれるんだな~と思いを新たにしました。

という事で結論は、

予算と効果で見極めつつ、自分の環境に合ったものを使う

これしかないでしょう(笑
回答になっていないですがorz

どうしてもソフトを選定してくれと言われれば、やはりカスペルスキーを勧めざるを得ないでしょうかね~。

あと、すごい大事なのが、

・新たなウイルスソフトをインストールする前に、古いウイルスソフトを必ずアンインストールしてから試す

これを怠った故に新たな障害になるという事がとても多いのですよね。

家庭にもBBルータと総合セキュリティ対策が合体したような、ゲートウェイ設置型のセキュリティ対策製品が必要なのかもしれないのですかね~。

パソコン1台1台に対応してたらキリがないような、そんな気が最近しています。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 05:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビル・ゲイツ後の世界は・・・

さらばビル・ゲイツ 目次
第1回:「ゲイツ後」の世界
by ITpro

今後のIT業界だけではなく、ITが世の中を変えていく様を、歴史を振り返りながら語っているなかなか面白い連載記事です。

2008年7月7日時点ではまだ第1回しか記事が掲載されていませんが、GoogleとAmazonという今や押しも押されぬ巨頭となった二つの企業に焦点を当てて「クラウドの時代」を述べていて、まあ語りつくされた事も含まれますが、大方記事どおりに情勢は推移するでしょう。

私も未来予測本とか好きなので、こういう次の時代のお話とかはまったく知らないわけではありません。

ですからこの記事中に書かれた事はだいたいどこかの本や雑誌で読んだことがあるのですけど、ビル・ゲイツというWindowsを世界中に広めまくった巨人の引退後という、IT業界に関わる者なら気になってしまうタイトルをつけられると、ついついネタとして使わざるを得ません。

冗談はさておき、今までWindowsのOSとビジネス必携ツールのOfficeシリーズというソフトウエアで巨万の富を築いてきたMicrosoftは、ビル・ゲイツの引退を契機に、そのビジネスモデルの変革を訴求し始めています。
と言いますか、今まで散々他の企業を買収してきた事からもわかる通り、WindowsとOfficeだけでは今後食えなくなるという事をMSもとっくに理解しているのだと思います。
※他には経営多角化の模索なども買収の理由の一つでしょうか

今はまだまだWindowsのOSとOfficeシリーズを使う人が多いため、そう簡単に落ちぶれる事は想像しにくいのですが、Ubuntuなどの新しいOSや、OpenOfficeなどのOfficeソフトもどんどん流通してきているので、別にWindowsとOfficeが無ければ何も出来ないというわけでも無いですし、Googleのようにgoogleドキュメントなどを無償で提供するところもあるように、どんどんその地位が
危うくなってきています。

さらに記事中にもありますように、もうパソコンとインストールされたソフトが無くても、ネットワーク上に整備されたインフラを利用してまかなえてしまうという時代がすでに訪れています。

あちこちでデータセンターの建築ラッシュが起きているように、IT関連企業も時代の先を見据えて、ストレージの塊のような巨大センターを持って企業内にあるサーバ類などの資産をセンターへ移管し、その使用料で儲けるというビジネスモデルに移行していくのは間違いなくて、今まさに私もそういう仕事に取りかかろうとしています。

シンクライアント端末に仮想化

デスクにはディスプレイとキーボードとマウスだけがあり、インターネットVPNや広域Ethernetなどを利用した高速専用ネットワーク越しに、VMwareサーバなどで仮想化された自分のディスク領域が存在して、あたかも目の前で操作しているかのように動くOSを使って仕事をこなす、そんな事がもう実際に起きていますからね。

携帯電話にしろ、どんどんWeb化が進んできていることからもわかる通り、インターフェースはPCだろうが携帯だろうが、ネットワークにアクセスして行う事にそんなに違いが無くなってきていますし、コンテンツはあちら側の世界に全てあり、そこへアクセスする手段さえあれば良いという世の中へどんどんシフトしてきています。

これ以上書くと止まらなくなりそうなので自制しますが、今まさに新しい時代の真っ只中にいるという認識を一人一人が持つことが大事であり、場合によっては、その人が持つ技術や知識がまったく通じず、さらにその価値観すら変わってしまう世の中が来るかもしれないという事を覚悟しなければいけないのです。

私はその新しいうねりにコバンザメのように、なんとかへばりついて振り切られないように日々情報収集を怠らず、前を向いて進んでいるつもりです。

そしてIT技術者・システム管理者として、今後必要となる知識の向上に努め、その新しい世界を創る一端を担えれば素敵だと考えています。

そんな私の当面の目標は、超短期的にはLPICの取得であり、中期的にはVMwareなどの仮想化システム構築・運用のスキルを考えており、必要ならばさらに他の知識の向上に努めるつもりです。

また、仕事以外の新たな自分の価値創造という事にも同時に挑戦していくつもりなので、もう~忙しいったらありゃしないですよね(笑

時間は有限なので、立ち止まってるいる時間なんて本当は無いのですが、あせらず、確実に、歳は増えるけど知識もより増えるという事を念頭に置いてがんばっていきたいと思います。

明日もがんばります!
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花粉症を理由にしたグチなんですが・・・

ここのところ例年通りの花粉症により、目が相当なダメージをくらっており、今こうしてパソコンのディスプレイを見ながらカチャカチャしていても、長い時間画面を見つめていられない状態です・・・。

仕事も同様にディスプレイを凝視するのが大変で、飲み薬と目薬・アイボンを併用してなんとか暮らしているという状況なもんで、blogを書くのも一苦労。。。

さらにLPICの勉強も目を使うため集中して続けることが出来ず、ちょっと小休止な感じです(これは言い訳ですが・・・)

毎年、花粉アレルギーにはひどい目に遭っておりますけど、今年は特に目のダメージが大きく、その分鼻水とかは薬で抑えられているので水分不足になっていないのが救いでしょうか。

生活にも支障をきたしてしまう、花粉アレルギーには苦しめられておりますけども、なんとしても今月中(7月)にはLPIC-Level1-101の取得を目指していますので、目の調子を整えたいです・・・。

かなりいい線までいっているので、なんとか一度での合格を目指しがんばってまいりたいと思います。

さて、問題は101試験を合格した後なんですけど、102試験にすぐ走るか、少し休んでかれこれ4ヶ月くらいやりたい事を制限してきたので、そっちにパワーを振り向けようかな?とも思ってます。

とにもかくにも101試験です!!

きっとUNIXとかバリバリこなす人から見れば、「こいつ何こんなにLevel1試験程度でキバってんのよ?」とか思うのでしょうが、なにせ今まであまり関わり合うことがなかった分野なもんでしてね・・・。

IT技術者を名乗ってみても、知らない分野は素人同然ですから。

日々の努力

これに勝るものはないと信じ、そして自分を信じてがんばっていきたいと思います。

と、自分にハッパをかけてみるのでした・・・
Twitterでつぶやく

| その他 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Macが欲しいと言われたら・・・

本日とある家電量販店街に家族で出かけ、嫁さんが近くのコンタクトレンズ屋に行っている間、時間があったので息子と一緒にMacのコーナーで時間を潰していました。

何度かMacProやらMacBookのAirとかイジッていますけども、時間にして2時間ほど息子と楽しくMacをカチャカチャ操作したり、店員さんの説明を聞いたり、Windowsとのデュアルブートのデモを見たり、ガレージバンドの曲作りにハマったりと、非常に楽しい時間を過ごし、4歳の息子と「Mac欲しいな~」と話しておりました。

いや~何なんでしょうかね?
使っていて飽きないというか、Windowsのようにせせこましくないと言うか、1台くらい家に欲しいなと、またMac願望がムクムク膨らんできました・・・。

以前下記エントリーでも述べていますが、昔のMacの修理で嫌な目に遭ったため、意図的にMacを避けていましたけども・・・

Appleの製品サポートサイクルは早い
by 気になるけど

あの機能美はズルいですよね。
細かいパーツ一つ一つにデザイン力を感じるというか、「美」とか「快」という感情が湧き起こります。

さらにMacBook Airのあの薄さは反則でしょうに・・・
それでいてしっかりMacしているのだから、別にCD/DVDドライブが無くたってどうでもいいって気になりますよ。

私の息子も、父親が「Macいい!Macいい!」なんて言うものだからすっかりMacファンになってしまったようで、クリスマスにはこのパソコンが欲しいとかのたまう始末(苦笑

むしろ私の方が欲しいのですがっ・・・

あ~Mac miniでいいから欲しいです!!

この調子で息子に「Mac買って!」とか言われ続ければ、ついつい財布のヒモが緩んでしまいそうで怖いです。

iPhoneといい、Macといい、Apple恐るべしですね。
スティーブ・ジョブズの本でも読もうかな?
Twitterでつぶやく

| その他 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DSのコンテンツ事業「DSvision.jp」のラインナップにがっかり

昨年2007年11月29日に当blogで下記のエントリーを書きました。

やっぱり来ました、DSのコンテンツ事業
by 気になるけど

実は任天堂DSでのコンテンツ事業というものが次世代の本命と勝手に思い込んでいたこともあって、内心ものすごい期待をしておりました。

だって、世界中で任天堂DSが何台売れたと思います?それだけのプラットフォームが個人に行き渡っているのだから、DSでコンテンツ事業を始めれば、それだけ需要も生まれると、私はそういう「熱い思い」で考えていました(苦笑

そしてしばらくDSvision.jpに音沙汰がないな~なんて思っていたら…

ニンテンドーDS向けのコンテンツダウンロードサービス始まる
by ITpro

なんて記事を見つけてしまったものだから、もう~勇んでDSvision.jpのサイトにアクセスし、どれどれ~と期待に胸膨らませてリンクをクリック。

そして、そのコンテンツ内容を見て愕然!!

DSで読める文庫本は「新潮文庫」の過去の名作オンリー
漫画は「少年チャンピオン」の漫画オンリー
ムービーはヤッターマンなどの「タツノコプロダクション」オンリー





このラインナップで商売を始めたようです…

もちろん今後も「これが全てのカテゴリー」で終わるとは思ってませんし、どんどんコンテンツが増えてくるとは思います。

思いますけども、何ですかね?この薄っぺらさ感は?

少年チャンピオンとか新潮文庫、タツノコプロのファンならば涙を流して喜ぶのかもしれませんが、私にはまったくもって必要のないコンテンツの数々に唖然というかポカーンって感じでした。

スポンサーが大日本印刷なので、それ系のしがらみとかあるんだろうと深読みしてますが、秋田書店・新潮社・竜の子プロダクション以外の企業はまったく参加するつもりはないのですかね?

それともグループ・同列系の企業だけで固めて展開していくつもりなのでしょうか?

秋田書店がいるから集英社は手を出さないとか、そんな論理がまかり通っているのでしょうかね??

いやいや、ひょっとしたらam3のプロデューサーとかは様々な企業に参画してもらうべく汗をかいていたのに、「大人の事情」で全てつぶされてしまったのでは?なんて事を勝手に考えたりして(笑

もうなんて言うか…溜息しか出ません

私はblog上で批判めいたことをなるべく書かないように心がけているつもりですので、これ以上この話題には触れないようにします。

もうこれ系のニュースを追うのを止めます。

自分の中で、こういった話しはなかったことにします(笑

DSのコンテンツ事業、その行く先はまだまだ遠そうです。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我流を捨て、ブラインドタッチの練習開始(笑

私は、IT系のSEという肩書きもあり、お客様からしてみれば、

ITのプロ」とか「ITのスペシャリスト

という感じで見られることが多々ありまして、スーパーハカー的な扱いに疑問を感じることがよくあります。

謙遜しているつもりもなく、プログラミングはおろか、データベースさえまともにいじれない私はとてもじゃないですが、自分がITのプロであるなんておこがましくて言えません。

しかし、お客様の前に立った時にはある程度自信があって対応しているという姿勢を見せないと、不安をあおる事にもなりかねないので、笑顔で「大丈夫だと思いますよ~」なんて軽口をたたく事もあり、
そういう態度から「スペシャリスト」扱いされているという面は否めませんが…

なんでこんな事を書いているかというと、先日お客様のPCで作業している時に、「あれ?fuminchuさんキーボードの指使い変ですね?」と指摘されまして、「えぇ~手が大きいので昔から我流の使い方です」と答えましたところ、「あ~やっぱりプロの方は特別な使い方なんですね~」と感心されていて、その誤解を解くのに四苦八苦(笑

そのお客様は実に綺麗なキーボード捌きでして、キーボードをまったく見る事もなく、すごいスピードでカチャカチャ入力しているのを知っていたので、もう恐縮しきりでした・・・

私はと言うと、もう訳がわからない我流のキー入力ですし、キーをちらちら見ながらでないと入力できない、そんなレベルでして、きちんとブラインドタッチをマスターされていて、かつ正確にキーを入力する方々を見かけると「ほ~」と見とれてしまいます。

もちろん、そんなキー入力方式に至ったのは事情がありまして、上述したとおり「手がでかく、指が太い」ためノートPCなどの間隔が狭いキーボードだと、一度に2つキーを押してしまう事が多々あるのです。

そのため、FとJに人差し指を置いて、決められた指で決められたキーを押すという行為が実に難しく感じるのですね。すごい窮屈な感覚と言いますか。

ま、言いわけにすぎないのですが…

そんなこんなで、以前から自分のキー入力のスピードアップを画策していた事もあり、これを機会に正しい指のポジションに矯正して、ブラインドタッチを自分のものにしようと思い立ち、ここ数日間悪戦苦闘最中であります。

今まさにこの文章入力も、ぎこちない感じで正規の指使いでの入力を続けていますが、もう自分の指じゃないみたいで、実に違和感があり、もどかしい感覚でちょっとストレス気味です(苦笑

いまいちわからないのがシフトキーとかコントロールキーを多用する私にとって、どの指で押せばいいのか?と迷うキーが何個かあり、ネットで調べたりしていますが、なんだかマチマチな感じです。

そういうのはみなさん我流なんですかね??
なんだかよくわかりませんが、ホームポジションは決して崩さないようにがんばっていけば、ゾンビ打ちとかクリアできるようになるのでしょうかね~?目的はキー入力の確実性と速度アップなんで。

勝間和代さんなどは著書で、親指シフト入力を勧めていましたが、どうも自分には合いそうも無いですし、正規なキー入力すらまともにこなせない私ですから、まずは基本からやり直すのが一番と考えていますけど、正規のキー入力をある程度慣れてきたら、違う方式の入力方法とかも試してみようかな?

とりあえずは、ストレス溜まりぎみなキー入力ですが、しばらくの間続けてみて、体で(指で)覚えさせることに注力してみます!

さてどうなるやら…
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

VISTAのSP1適用後にacpi.sysが壊れて起動せず

WindowsVISTAのSP1正式版が出てしばらく経ちますが、ついに私のところにもSP1適用後PCが起動しないという障害が舞い込みました。

そもそも私のお客様で、VISTAを使用しているところは限られているので、「台数もさほど多くないし、大丈夫だろう」なんてタカを括っていたのがよくありませんでしたね…。

「VISTAが起動しなくなりました…」

そんな第一報を受けてから、電話にてヒアリングをしたところ…

SP1の適用をした後にacpi.sysが見つからないかまたは壊れている云々という表示になると聞いた瞬間、すぐ頭に浮かんだのは、VISTAのインストール用単体DVD-ROMを所持していないという事であり、それが無いと修復できないという事を知っていたため、お客様にはとりあえず1週間ほどパソコンを預かる約束をしました。

そこからVISTAの媒体探しに東奔西走して、ようやく持っている人を見つけだし、借りてきて修復をして無事復旧。

その後、SP1を適用しないというのもどうかと思い、ウィルスソフトの起動を止めてスタンドアロン版のSP1を適用したところ問題なく適用できました。

恐らくインストールされていたウイルスセキュリティゼロとの相性問題が原因とは思いますが、サービスパックを適用する時は、ちゃんとデータのバックアップをし、常駐プログラムを停止して、できれば
スタンドアロン版のものを適用するのが王道というのが改めて証明された形になりました。

お客様には無事復旧した事を告げ、喜んでいただけましたが、今回この障害で感じたのが、私の周りにWindowsVISTAのインストール用DVD-ROMを持っている人がほとんど皆無であり、それだけVISTAのOSを買う人が少ないのだという証でしょう。

あくまでも私の周りだけの話しかもしれませんが…。

しかしOEM版のPCだと、今回のような修復が必要な障害の際に、VISTAのインストール用DVD-ROMがないと手も足も出せませんから、「準備」という面ではいい教訓になりました。

何事も事前の準備が必要なんですよね!

備えあれば憂いなしです。

憂いていたのに、備えをしていなかったですから、私は。

…それにしてもサービスパックを適用してPCが起動しなくなるのはそもそもどうなんだろう?と思います。昔からそんな感じなんで、目くじら立てて怒るつもりもないですが、これじゃサービスパックのプログラム自体がウイルスみたいなものと言われても反論できませんよね~。

安易な更新・適用を避けて、しっかり準備を整えてから作業をする、これが鉄則であり、最大の防御といったところでしょうか…。

う~ん…
Twitterでつぶやく

| VISTA・Windows7 | 20:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。