気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

究極の質問に挑戦しました

合同会社(LLC)夢をカナエルで発行しているメルマガ

『夢をカナエル』ビジネスに役立つ52の法則

を普段購読していますが、その中で無料レポート集の紹介をしていて「究極の質問」というのをダウンロードして挑戦してみました。
※ダウンロードには名前とメルアドが必要です

内容は「5つの質問」とその回答欄があるだけのシンプルさですが、自分の中の価値観や、本当に自分のやりたい事を見つける手がかりになるかもしれません。質問の内容も何というか「深い」のですよ・・・

簡単に答えられそうで、軽々しく答えられなかったりする、なんともじれったくなる質問ですが、自分の心の中で欲していることを顕在化させてくれる、良いツールとなりそうな感じです。

私は普段、心理学を応用したコーチング、NLP、イメージングetc色々な書物やDVDなどを見て知識を増やしているのですが、自分の心と向き合い、己が何者なのか、自分は何をしたいのか?というような事を考える日が多くなっています。

自分の事を一番分かってやれるのは、自分しかいませんから、その自分自身の心の中を掘り下げて、意識・無意識を顕在化させて、己の進むべき道を切り拓いていきたいと、そう願っています。

『夢をカナエル』では他にも大量の無料レポートがありますので、興味のある方は覗いてみるのもいいかもしれませんね。

もちろんメルアド登録=メルマガが定期的に届くという事になりますので、それは困るという方にはお奨めいたしません。

私は全部で30本くらいダウンロードしましたが(苦笑
Twitterでつぶやく
スポンサーサイト

| コラム・サイト紹介 | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無料の被リンクチェックツールhanasakigani.jp

hanasakigani.jp
by Devo

SEO対策で被リンクと言えばもっとも重要な要素を占めている事をご存知の方も多いと思いますが、被リンク=バックリンクとは、他のウェブページからどれだけリンクがされているか、参照されているかということを表していて、被リンク数が多ければ多いほど、そのWebサイト(ページ)はインターネット上で重要であると、検索エンジン(GoogleやYahoo!など)から見なされている事になります。

ちなみに、SEO対策=検索エンジン上位表示対策とでも言いますか。

そんな被リンクを他のWebサイトからどれだけ受けているか、簡単に確認できるチェックツールが、hanasakigani.jpです。私の中では有名どころかなと思っていたのですが、意外と知られていない?という事で紹介いたします。

このhanasakigani.jpを運営しているDevo社の本社は札幌にあるので、同じ北海道に住むものとして、陰ながら応援したいという意図もありますけど、こういう手軽なツールを無料で提供してくれているところが素晴らしいと思いますね~。

使い方は簡単で、自分のWebサイトやブログページのURLを入力してcheckボタンを押すだけ。少々時間がかかりますが、表示結果をCSVファイルに落とすこともできます。

自分の管理するサイトがどれだけ被リンクを受けているかが分かったところで何かあるかと言われれば答えに窮するところですが(笑)検索エンジンで上位に表示させたい時などはとても重要視されるポイントでもあります。

ちなみに私のこの拙ブログ「気になるけど」というキーワードをGoogleで検索すると、上から二番目に表示されます。Yahoo!だと3番目くらいでしょうか。
※順位に変動あり

そもそも「気になるけど」なんて言葉を検索エンジンで調べようなんて奇特な人はそんなにいないと思うので、私にとってさほど意味は無いのですがね。

でもWebサイトやブログを運営するものとして、こういう被リンクのチェックツールなどは知っていて損はないのです。

仕事でも活かされたりしますしね。

あまり興味の無い方も、一度ご自分のサイトやブログがどれだけの被リンクを受けているか、知っておくのもいいかなと思います。

私は気にならないような素振りをしていますけど、実は結構気にしてたりします・・・。
Twitterでつぶやく

| ソフト・アプリケーション・ツール | 18:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CDからUSBメモリーへの移行が加速しそうです

ソースネクストが「Uメモ」戦略、USBメモリーでソフトを販売
by ITpro

一昔前までは、PCのデータのバックアップはCD-Rでとか、CDレンタルみたいな言葉からもわかるように、音楽を聞きたければCDを手に入れる必要があったり、ソフトウェアのインストールはCDからが主流だったりしましたよね。

しかし、CD-ROM以上の容量のUSBメモリーが1000円~2000円程度で購入できてしまう時代であり、ついにソースネクストが同社ソフトをUSBメモリーに同梱して「Uメモシリーズ」として2008年9月5日から発売するようです。

このUメモはソフトウェアがある領域以外は自由にストレージ領域として使用することが出来るようで、一石二鳥となっています。

「今後はほぼすべてがUSBメモリーでの提供になる予定」
ソースネクスト取締役 小嶋氏談

もうこういう時代なんですね~

ダウンロード販売のみという戦略もあったと思うのですが、やはり家電量販店で現物が目の前にあるという事が購買につながる面が大きいのでしょうか?

あとは話題性とかも関係しそうです。

「ソースネクストはUメモを主力商品にします」と宣言してしまえば同業他社との差別化になりますし、先行利益の恩恵に預かれそうな、そんな予想が立てられます。

これで益々CDの需要が減り、いずれはカセットテープ並みの扱いに変わっていくのでしょうか?今のうちに大量に買い込んでおこうかな?

音楽の世界はiPodを中心にMP3プレーヤーが主流になっているので、CDでの楽曲提供はどんどん減少している形ですが、自宅には大抵CDプレーヤーがありますし、既存のCDも大量に保有している人もまだ多いと思います。
すぐには取って代わる事は無いと考えていますし、CDの需要がまったく無くなるとは思えないので、しばらくは色々な形態での商品販売が続きそうですね。

いずれにせよ、今後はダウンロード販売が本命だとは思いますけど、CD、DVD、USBメモリーと、媒体を使用した商品の方がまだ需要が高いようですし、我々消費者は選択肢が増えて選びやすいです。

それにしてもこのUメモ、よいソフトがあればCDパッケージよりもこちらを選んでしまいそうな自分がいます。USBディスクとしても使えるのですからお得ですしね!
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

見てみたかった「グッドデザインエキスポ2008」

フォトレポート:「グッドデザインエキスポ2008」で見つけた気になるモノ
by CNET

グッドデザインエキスポ2008公式サイト

CNETのフォトレポートを見て「グッドデザインエキスポ2008」があった事を知りましたが、とても見てみたかったです!!

なんと言っても「デザイン」がキーワードなので、あらゆるデザインが2,000点以上も展示されるという、アジア最大規模のデザインイベントになるのも頷けます。

私はIT関連の仕事に従事しているので、特にPCなどのデザイン物には心魅かれるのですが、他にも家電製品やあらゆる物が大量に展示されている様はきっと圧巻なのでしょう!PC関連ものだけでなく、色々な展示物を見て触れてみて、自分の中のデザイン力の引出しにしまっておきたいですね~。

ブログ上でもグッドデザインエキスポ2008のレポートをしている方がたくさんいらっしゃいますが、じかに見れた方々が本当に羨ましい限りです。

私のように北海道で暮らすものにとって、東京でのイベントに行くとなると飛行機代などがかさむので、なかなかそのためだけに時間とお金をかけられないのですが、やはり直接目にするのと写真だけでは印象がずいぶん違うと思います。

どっちにしろ、もうすでに終わってしまったイベントなのでWeb上でのイメージでしか楽しむ事は出来ないのですが、とにかく商品点数が多すぎて、領域や分類をある程度絞った形でしかサムネイル表示がされませんが、ちょっとずつ時間がある時に楽しみたいと思います。

デザイン力の向上は私にとっての永遠のテーマとなりそうなので、なるべく多く「グッドデザイン」を目にしてデザインの引き出しを増やしていきたいと考えています。

高デザインは全ての人を揺さぶる力を持っていますから、いつか私もそんな心を震わせる「デザイン」を世に問うてみたいものです。
どんな形であれ。
Twitterでつぶやく

| デザイン | 19:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相手の理解度に合わせて説明を変える

[コミュニケーション編]聞き手責任で話をしてはいけない
by ITpro

プロジェクト・マネージャの「やってはいけない」 シリーズの中で、聞き手責任で話をしてはいけないという記事が面白かったのでここでちょっとばかり紹介してみます。

PM(プロジェクトマネージャ)たるもの、相手に合わせて話す言葉を変えつつ、理解してもらえる説明を行うべし!という内容なのですが、私もお客様とお話する時に、相手の理解度がどの程度なのかを事前に念頭におきつつ話すようにはしています。

しかし、初対面の方や付き合いの浅い方との説明の際に、相手がIT関連に詳しいと思い、簡易で説明を済ませたら「もっと説明を詳しくしろ」と注意されたり、この方はITの事をよく知らないはずと聞いていたため、初心者に対する言葉で話そうとしたら、「そんなの知っているわい!」と自尊心を傷つけてしまったり、色々失敗を繰り返してきました。

さらに私自身の語彙が足りなく、上手に例える事が出来ないで、よくわからない説明になる事もちょくちょくあります。

また、記事中にもありましたが、曖昧な仕様で発注してしまい、自分では当然だろうと思っている事が相手には当然でなかったり、そんな経験は一度や二度ではありません。

そのため記事中の話が他人事と思えず共感しつつ読みましたが、曖昧で通じる方と通じない方がいるというのは往々として存在するのですよね。

一部門での担当者レベルならば、PMや営業さんとのキャッチボールで済みますが、立場がPM的なものになると、本当に色々な職種の方々とやり取りせねばならず、説明することに苦慮する場面が多々あります。

かくゆう私も、PMではないのですが、周りが人任せ環境な傾向があるプロジェクトの場合は、率先して調整役に回る事が多いです。

別にキャスティングボートを握りたいからとか、そんな野心は無いのですが、話が進まなくてここはこうすればいいのでは?と提案していくうちに自然とまとめ役になっている事が多かったりします。

まー、スーパーPMと呼ばれるような素晴らしい仕切りを見せてくださるようなPMさんであれば、私なんか出る幕ではないので、その作業指示にただ従う事になるのですがね・・・。

・・・話がそれましたが、曖昧な仕様で話してしまう聞き手責任の話し方は、混乱の元になるから相手に合わせて説明方法を変えなさいという事ですが、それと対極に位置するのが「話し手責任型」です。

話し手責任な方は、会話の内容が実に細かく、そこまで説明する事はないのではないか?と思ってしまうくらい詳細な説明に終始する場合で、聞いている側からすれば疲れてしまうケースが多いです。

これも結局は相手の理解度に合わせて柔軟に説明を変えていくというのが正解なのですが、記事中では「コンテキストの違い」という素敵な言葉で上手に説明されています。

グダグダ述べましたが、結局は

「いかに伝えるか?」ではなく「どう伝わるか?」

これを意識して説明できるかどうかなのでしょうね。

私は自分が説明下手なところがあると認識しているので、余計に相手に対してどういうニュアンスで伝わっているのか?という事は本当に意識して話すように心がけています。

しかし意識していても上手に説明できているかは分かりませんが・・・。

色々と経験してみて経験値を増やしてレベルアップしていければいいのですがね。

もっと努力いたします
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

即戦力の磨き方

久々の本の紹介です!!

私が尊敬している「大前研一」さんの「即戦力の磨き方」です。



この本、実は1年以上前にさらっと読んでいたまま放置していたのですが、改めて読んでみると、とにかく今のままではいけない!という気持ちにさせてくれる、私にはちょっとしたバイブル的な内容になっていて、もっと以前にちゃんと読めばよかったと後悔しました。

プロフェッショナル人材としての3種の神器は

1、語学力
2、財務力
3、問題解決力

それとITを駆使できること


プロフェッショナルな人材になるには、上記3つの力が必要と説いていますが、まさしくその通りだと私も考えます。

私はもともとITが得意分野なのですが、実は今年の年頭に計画した月間行動指針では秋以降に問題解決技法と財務力強化という事をうたっており、まさにタイムリーな話題だったのでとても共感を受けました。

自分で年頭に作成した行動指針は、少しずつ見直しており、今年中は3番目の問題解決能力を磨いていく事を決めていて、今まさにそういった関連の本を読んで実践している段階にあります。

来年は「語学力向上」と「財務力向上」が2大テーマになりそうで、少しずつ関連本を仕入れたり、情報を集め始めています。

私みたいなダラけがちな人間に、ムチを打ってくれる大前さんの提言にはいつも感心しており、その見識の深さには感服していますが、この「即戦力の磨き方」には「ディスカッション力」の大切さや人生設計に際しての、大前流の行動の仕方が示されており、実に興味深い内容になっています。

あと後述もしますが、下文の一節は、まだ私に当てはまってはいないのですけど、なんとなく心に響くものがあって、自分の目指す事が失敗しても、まだまだ違う形でやり直せるのだと、そう思わせてくれる名文ではないかと感じています。

いくら会社のために身を粉にして働いていても、40歳を過ぎてまだ頭角を表さないなら、その人が今後今の会社で突然ブレイクする可能性はほとんどない。そういう人は「会社人間としての自分は失敗だった」といい加減認めて、定年後の第二の人生にかけたほうがいい。


こういう指摘ってなかなか誰もしてくれないですからね~
私も肝に銘じて今後の行動につなげていきたいです。

PHPビジネス新書でたかだか194ページしかないのに、書いてある事は骨太で、全てのビジネスマンが必読の内容なのは確かです。

当然評価は★★★★★です!


~心に残った一文~
※そのまま引用してます

今後全てのビジネスパーソンは今の会社や国がどうなろうと、自分はどこだって生きていける生き方をしていかなければならない。


21世紀はパーソン・スペシフィック(人材次第)の時代なのである。徒党なんて組んでいる場合ではない。ひよったら負けるのだ。


国が何もしてくれないのだから、自分でトレーニングするしかない。


サラリーマンといえど、これからは実力に見合うだけの収入しか手に入らない。


どうやって使える英語を習得すればいいのだろうか?
ポイントは耳だ、「英語耳」を徹底的に鍛えるのである。


初心者が株と付き合うにあたってはどんなところに気をつければよいだろうか?
3原則を守ることだ。
1、株の性格と常識を勉強する
2、身近に株を一緒に勉強する仲間を作る
3、世界を観る


21世紀の戦略は、いかにして前世紀までの常識や既成概念を叩き潰すかというところから始めなければならない。


まず40歳を過ぎたら、次の人生で何をやるかを決める。


ディスカッションするというのは、相手を打ち負かせるものではなく、あくまで組織の直面している問題の解決策を見つけるのが目的なのである。


いくら会社のために身を粉にして働いていても、40歳を過ぎてまだ頭角を表さないなら、その人が今後今の会社で突然ブレイクする可能性はほとんどない。そういう人は「会社人間としての自分は失敗だった」といい加減認めて、定年後の第二の人生にかけたほうがいい。


先が見えないからこそ、長期的な目標を持って、自分の人生を設計すること。とくに35歳を過ぎたらいつまでに自分はこれをやるという具体的な目標を掲げ今よりさらに高い次元に向かって努力することを、意識的にかつ強制的にやらなければならない。


人生にはフレキシビリティが必要だ。5年後、10年後の社会を正しく言い当てられる人はいない。唯一予想できるのは無条件の昇進・昇給時代の終わりと、アメリカ型社会の到来である。


他にもたくさんの金言が詰まっていますが、未読の方は一読をお奨めいたします。

私はもう線を引きまくりでした^^;)
Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 00:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

mixiのデータをバックアップ!!

特段たいした日記も書いていないんですが、mixiのデータを手軽にバックアップできたらいいな~と思って調べたらあっさり見つかりました!

++Milk Cake++
by ヒナサツキさんのサイト

Backup_mixiという「mixi」の日記及び、メッセージのバックアップツールを配布してらっしゃいます。

実際にツールをダウンロードして使ってみたのですが、単純にexeファイルをダブルクリックして、コマンドプロンプト画面にmixiのID(メルアド)とパスワードを入力すれば、全ての日記とメッセージや画像が簡単にPC内にバックアップできました!!

素晴らしいですね~
本当にありがとうございます!!

mixiはメッセージ保存期間が60日間なので、バックアップしていないと自動的に60日以前のものは削除されてしまいますから、データを残しておきたいという場合などにも有効かと思いますね。

機能制限一覧:
mixi動画容量 200MB
フォトアルバム容量 100MB
マイミクシィ数 1000人
日記容量 100MB
日記コメント数 200個
トピック書き込み数 1000個
参加できるコミュニティ数 1000個
管理人または副管理人に就任できるコミュニティの合計数 100個
メッセージ保存期間 60日間
お気に入りユーザー登録数 1000人
お気に入りコミュニティ登録数 1000個
※2008年08月24日、mixiのヘルプから抜粋


こういう人様の役に立つツールを私も配布したいものです。

そんな技術無いのですがね・・・

せめて人様の役に立ちそうな情報を配信できればいいなと思っています。

がんばります
Twitterでつぶやく

| ソフト・アプリケーション・ツール | 03:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さびついた知識を掘り起こす

昨年(2007年)の秋頃は、テクニカルエンジニアネットワーク試験の学習をしていて、結局「もう止~めた」と途中で投げ出したのが下記URLのエントリー…

自問自答の日々から脱却する

数年間ネットワークの学習ばかりしてきて、おかげ様で知識はついたのですが、それを実践する場がなかなか無くて、それなら違う事に時間を投資した方が良いと判断したうえでの「苦渋の選択」だった?のですが、今頃になってネットワーク構築作業が舞い降りてきて四苦八苦状態です…

しばらくネットワークという言葉自体を意識的に遮断するようにして過ごしてきたので、覚えていたはずの言葉とか概念が頭に浮かばずなんだかな~って感覚です。

人間の記憶なんてたかだか知れたものだという事がよくわかるのですが、主記憶に残るくらいのネットワークの学習したつもりでいたのに、いざ本番になるとたいした覚えていないというか忘れている事がらが多くて嫌になってしまいます。

しかし!やらねばならない作業なので気合入れて臨みますよ!!

それにしても全て英語のマシンに1000ページにも及ぶマニュアルと対峙していると、私の頭がパンク寸前状態です。

英語が出来ればここまで悩まなくていいのですが…

少しずつ前に前に進んでまいりたいと思います。

忙しく苦しい日々が続きそうです…
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひょっとしてiPod買い時なんでしょうか?

アップル、9月に新しいiPodを発表か?--小売店の在庫状況から推測
by CNETjapan

噂の域を出ないのですが、Appleが2008年9月にもiPodの新モデルを発売するのでは?なんて記事がCNETにありました。

Appleからの正式発表ではないので、なんとも言えないのですが…
注目は記事中のこの部分↓

小売店は新製品が発売される前に在庫をさばこうとするため、今後数週間ほどはiPodが激安価格で販売されることが予想される


iPodが激安??

機器捨てならぬ言葉だと思いませんかね?

既存のiPodでまったく問題ない私はすぐに価格リサーチに取り掛かりそうです!!

iPod nanoが¥15,000を切ればすぐにでも手が出そうなんですが、激安がどこまで進むのか?しばし見守りたいと思います。

もう1GBのWalkman(SONY)では厳しいですから。

間違ってiPod nanoが¥10,000とかで売られないかな~
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分の中でPDCAサイクルを回そう

PDCAサイクルとは、

計画(Plan)

実行(Do)

評価(Check)

改善(Act)

改善した後また計画(Plan)

続く

こんな感じで「事」にあたる時に、計画をして実行し、その評価を行い改善していくというサイクルを回してより良くしていこうという手法で、ご存じの方も多いですし、このblogでも何度か書いています。

私は仕事上でもこのPDCAサイクルを意識していますが、プライベートの部分でもこの考え方で、己の行動規範を定めるようにしています。

「あ~今はここの計画中だった」とか

「今は行動あるのみ!」とか

「ちゃんと出来ているか?確認だ」とか

「う~んうまくいかなかったから改善点を探そう」

なんて事を頭の片隅において行動しているつもりです。

そんな自分の中のPDCAサイクルですが、これが一つでなくて複数存在しており、例えば一年間で見たPDCAサイクル、一月で見たPDCAサイクル、一週間で見たPDCAサイクルのように、大きな枠があり、その中に中くらいの枠があり、さらにその中に小さい枠があるという感覚でして…

図示すると↓こんな感じでしょうか



全てすっぽりと当てはまるものでもないですが、自分が今どの辺の立ち位置にいて、何をすべき時かという事を見失わないようにしてます。

具体的に言うと、一年間の目標や行動などを練り(Plan)、それを一月でのPlanに落とし込み、さらに一週間単位でのPlanとしてまとめあげていきます。

そして練った計画を、Do(行動)していきます。これは逆に一週間単位からの行動からスタートしていく形態になり、そして一月単位、一年単位と行動を続けていきます。

その行動中(Doing)に随時1週間ごとにCheckを行い、必要ならば一週間ごとにAct(改善)を施していく形になります。

問題なければ一月単位でのCheckに進み、問題があればAct(改善)を行い、そこで問題なければ二ヶ月単位でのCheck&Actとなり、いずれ1年単位でのCheck&Actとなります。

このCheck(評価)とAct(改善)はなるべく時間差が無いような形で行う方がよくて、何故かと言うと、評価をずっとしていても改善までもっていかなければ、それはただの「計測」とか「調査」に過ぎず、よりよいものにしていくには「改善」という行動が必要になるからです。

私はよくCheck(評価)を行うのですが、またすぐに元のDo(行動)に戻る事が多くて、これじゃいけないな~と自問自答を繰り返してしまいます…

今月は私のPlanの中で、読書をするとか、Blogのカスタマイズとか、そういう細かい計画があって実行中なのですが、月ごとのCheck(評価)で考えると、あまり実行にうつせていないため、問題点を洗い出し、Act(改善)するべき段階に来ていると思っています。

よりよい方向に進めるための改善なので、今までダラダラと行ってきていた個人blogの閉鎖とか、読書スピードのUPとか、そういったちょっと「痛み」を伴う改善を行っていこうかなと計画中です。改善していかないと前に進みませんから。

改善してみて、前の方が良かったと思えるならばまた元に戻せばいいのですし、やってみてから結論を出しても遅くないですしね。

何か抽象的な表現が多くて読みにくかったと思いますが、心の中でPDCAサイクルの図が出てくるくらい意識して取り組むと、きっとより良い成果が出てくるはずです。

私もサイクルをぶんぶん廻しますよ~!!
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本におけるIPTVの模範になって欲しい

“見逃し視聴”が大ヒット,テレビの見方が変わる実感
by ITpro

英国の公共放送局BBCが2007年12月に開始した「iPlayer」というサービスをご存じでしょうか?

過去1週間に放映したテレビ番組をパソコン上で視聴できる,いわゆる“見逃し視聴”サービスだ


上記記事中に説明されていますが、テレビ番組をIP経由=ネット経由で放送するという、日本で言えばNHKあたりが自分のテレビコンテンツをインタネット経由で放送する感覚でしょうか。

現在テレビ放送は、録画したり再放送しない限り見る事はできませんが、(youtubeなどでも一部見れますかね)それをオンデマンド放送(ユーザの要求があった時にサービスを提供)でインターネット上で提供しよういうサービスでして、イギリスではすでに4200万の視聴者がいて、ネットワークのトラフィック問題が起きているようです。

さながら日本の有線放送GYAOが無料動画を提供した時の様相ですかね。

そもそも21世紀のテレビ視聴は、こういうオンデマンド方式が主流になるべきであって、放送局のスケジュールのみで番組が提供されて再配信されないというのは、実にもったいない事と捉えてます。

時間を気にせず、録画する事もなく、好きな時に見たい番組を見るという放送サービスは、視聴者にしてみればとてもありがたいものであり、ぜひともそうあって欲しいのです。

仕事や予定があって見たい番組があるから録画しておいたけども、結局見る事もないなんて事はよくあって、いつでも見れるという安心感があれば、録画一辺倒だったテレビ環境から脱却することができそう。

普段忙しくしている人が、一日時間が空いた際に過去に見逃していた番組を、一括でチェックできるなんて事がネット上でできたら素敵だと思うのですがね~。

Amazonのロングテール戦略じゃないですけど、NHKで言えば朝の連続ドラマとか、日曜夜の大河ドラマなどを、過去の分も含めてオンデマンド方式でインターネット経由で視聴可能とかにすれば、この手の番組が大好きな方から好評を得るのではないでしょうか?

○○ドラマ全シリーズ視聴500円とかペイパービューにしても、そこそこいけると思うのですけどね~。

うろ覚えなので恐縮ですが、確かNHKは小学校などの教育機関には、NHKアーカイブとして過去の番組の視聴を認めていたと思うのですが、これを一般視聴者に有料でもいいから開放すれば、結構な需要があると予想しています。

英国BBCに倣って、NHKから先鞭を切れば民間放送局もなだれのように参入してくるかと…こないかな?

インターネット上でそういう放送がいつでも見れる環境になり、さらに番組内容をタグ付けして検索できるようにすれば、調べ物とかで動画が選択肢に入ってきますよね。

私も悩んでいる「メタボ」というキーワードでNHKの放送コンテンツが番組検索できるとすれば、必ず見ると思います。

だって必要にかられていますから(笑)

本で情報を仕入れるより、動画で目と耳から的確にメタボについて学ぶ事ができれば理解しやすいですし。

ぜひとも早く日本版IPTVのサービス開始を願います!

私はちゃんと銀行引き落としでお金払ってるのですから、NHKさん

頼みますよ!!

脱メタボ
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Appleの時代なんでしょうかね

アップルの時価総額、グーグルを超える
by CNETjapan

Apple株の時価総額がGoogleを上回ったという記事を見つけ、「え~~~すごい!」と驚いてしまった私・・・。

GoogleはAppleよりも株価自体は断然高いのですが、そもそも時価総額とは株価に発行済株式数をかけたものであり、株式時価総額ともよばれて、発効済みの株を全て買い占めるために必要な金額ということだそうです。私も今詳しく知りました(笑

時価総額
by マネー辞典m-Words

つまりは、Appleを買収しようと考えた場合、あのGoogleをも上回る資金を準備しなければならないということです(よね?)

それだけ「市場」から評価されているAppleは、今後も益々影響力を高めそうですね。

iPhoneの世界戦略を見てもわかる通り、マーケティング上手なAppleが今後のスタンダードになっていくのでしょうか?

すでにアメリカ国内ではAppleがPCシェアをどんどん伸ばしていますし、Microsoftは戦々恐々としているのではないですかね?UbuntuとかデスクトップLinuxもシェアを拡大してるので、会社ではWindows、自宅ではMacという家庭が今後もっと増えるのかもしれないですし。

大型家電販売店とかに行っても、Macのブースはやはり人気がありますもんね~。私なんか入り浸ってしまいますし(笑

しかし、未だにMac製品を持たない私は別にアンチではないのですが、財布が緩まないというだけなのです。

iPhoneとかマジで欲しいですし、MP3Walkmanに飽きたのでiPodも手に入れたいし、MacBookAirなんてお金があればすぐ買いたいですし、ま、結局はお金に余裕があれば買いたいレベルなんですが。

日本ではまだまだしばらくWindows神話が崩れるような事はないでしょうが、諸外国ではすでにWindows離れが加速しているような、そんな印象を受けていますけども、真贋のほどは定かではありません。

私もせめて、iPodくらいは手に入れようと、そう心に誓うのでした。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 14:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブログチャート始めました

ブログチャート
by アジャイルメディア・ネットワーク株式会社
by 株式会社マイネットジャパン

以前よりちょっと気になっていたブログチャートのblogパーツを貼付けてみました。

このブログチャートの評価の元は6つの要素があるようです。

 Access(アクセス:ブログのアクセス数)
 Buzz (話題度:ブログやサイトからの被リンク数)
 Clip (クリップ数:ソーシャルブックマークサービスからの被クリップ数)
 Discussion (議論発生度:ソーシャルニュースサイトなどでの注目数、議論数)
 Evaluate (評価:読者からの評価レベル)
 Feed (購読数:RSSフィードの購読数)


ちなみにこの「気になるけど」blogは「LV12」という評価で、まあこんなものでしょうね~。
被リンクとかまったく対策をしてないですし(笑

TOPを走るのは超有名アルファブロガーの小飼弾氏のブログ404 Blog Not FoundでLV77という恐ろしい数字です。

とてもじゃないですが、ドラクエでもLV77なんてしたことない私ですから、こんな高いレベルの感覚がわかりません…

身の丈に合ったblog運営をしていこうと改めて思いました!

でもこれってレベルがどんどん下がる事もあるのでしょうかね?

下がったら下がったで別に気にしない・・・いやしそうだ(苦笑
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Movable type4.2が正式に出荷されてます

Movable Type 4.2 出荷開始
by sixapart-blog

すでに2008年5月末にMT4.2のベータ版が発表されていますが、ようやく製品版として出荷したようですね。

何度かこのblogでもMovable typeについては触れていますが、いつも「そのうちインストールしてみます」とか「しばらく様子見です」と、逃げの一手に終始していたわけですが(笑)このバージョン4.2については仕事関連でも使用する可能性が出てきたので、触らざるを得ない状況になりそうです。

最近MTはCMS(Content Management System)の方に舵が向いているので、企業向けCMSツールとして検討している、もしくは既に導入しているところも多いのではないでしょうか?

私はMT3.35から時間が止まっているのですけど、MT4シリーズは重たいという評判を聞いて評価する事すら、おざなりにしていました。

しかしこのMT4.2は、再構築時間の大幅な短縮を実現しているようですし、CMSツールとして導入してもいいのではないか?と考えており、そろそろ本格的に評価しようかなと思ってます。

しばらくMT自体のカスタマイズをしていないので、また一からのスタートになりそうですが、小粋空間の荒木さんの本でも買おうかなとたくらんでいます。



さて、問題はLAMPサーバをどうするかだな~
昔構築したLAMPサーバ・・・今はもう無いんですよね(-_-;)

やっぱり安いホスティングサーバを利用するしかないかな?
Twitterでつぶやく

| MovableType・WordPress | 19:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏休み中に子供と学ぶセキュリティ(大人も)

子供と見るセキュリティお勉強サイト10
by ITpro

お盆真っ最中の方も多いと思われますが、この時期子供と接する機会が増えるお父さんお母さんも多いでしょうし、孫に会えると楽しみにしているおじいちゃんおばあちゃんもいるでしょう。

3世代で交流する事も多いこの時期こそ、実はパソコンのセキュリティを学ぶのに絶好の時と思っていて、お父さんお母さんや、おじいちゃんおばあちゃんも、子供と一緒にパソコンのセキュリティについてもっと詳しくなるチャンスであり、大人も子供も一緒にセキュリティについて学ぶ事が出来るのではないかな~と考えています。

と言いますのも、我が家でも小学生前の息子とお婆ちゃんと私の3人で、上記のセキュリティサイトからページを眺めて、セキュリティについて学びました。子供よりもむしろお婆ちゃんの方がタメになったらしく、こういう交流とかいいかも、なんて思った次第です。

Webページから遊び感覚でネット上のルールとかマナー、犯罪対策や語句解説まで実に幅広く解説しているサイトもあって、大人も楽しめる内容のところが多いです。

何を今更・・・という方も多いでしょうが、IT業界の中にもセキュリティ感覚が足りないという人もいますし、今一度確認の意味で覗いてみるのもいいのではないでしょうか?

言葉で教えるのは難しい事柄が多いので、やはり視覚的に訴えかけるWebページの方が、体系的に学ぶことが出来ますし。

私も子供と婆ちゃんに得意気に話しつつ、再度セキュリティについて確認できる良い機会になったと思っています。

パソコンは3世代をつなぐ一つのツールでもあるという事ですね~。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NASAの壁紙が最近のお気に入りです

以前GIGAZINEの記事で・・・

NASAが毎日美麗な画像を提供する「IMAGA OF THE DAY」
by GIGAZINE

というNASAが提供する日替わりのPC壁紙画像サイトを紹介していたのですが、先日この記事にブックマークしていたのを忘れていて、すぐアクセスしました!!

Image of the Day Gallery
by NASA

こんな綺麗な壁紙を毎日提供しているなんて、NASAって素敵です!

過去のイメージを見まくって、綺麗な画像をGETしまくりました。

PCの壁紙を美麗なものにしておく事に、たいした意味は無いのかもしれないですけども、少しでも目にとまるような美しいものを日々見ることが出来る=美的感覚の向上になると思い込んでいますので、私の自宅用そして職場用のPCは日替わりでさまざまな美しい風景や画像を表示させて目に焼き付けるようにしています。

美的感覚が足りない私のような人間は、少しでも美しいものを見続けることによって、美の引き出しが増えると考えています。

今のところこの行為が役に立った事は無いのですが、良いものをはっきりと良い!と言える目利きくらいにはなれたでしょうかね?

日々使って目にするパソコンには、殺風景な画面やどうでもいい壁紙なんて必要ないと思ってますので、これからも美麗な壁紙を探し続けていきます。

もうこれ趣味みたいなものですね(笑
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Adobe Reader8を探して三千里

先日暑い中、お客様よりPDFファイルが読めなくなったとの申告があり客先対応となったのですが、確認してみるとAdobeReader9がインストールされており、バージョンが新し過ぎてなのかわかりませんが、既存のPDFファイルすべて開かなくなっており、それじゃあという事でアンインストールして再インストールしてみることに。

AdobeのサイトからAdobeReader9をダウンロードし、インストールしてみますが、やはり既存のPDFファイルがまったく開く事ができない状態…

じゃあ、AdobeReader8を入れましょうという事にして、ダウンロード先を探すのですが、はて、どこにあるのか皆目見当がつかず…

Googleからキーワードを変えつつ検索しまくりますが、なかなか古いバージョンインストールの画面にたどり着きません!

こうなればと、Adobeのサイトから検索やリンクをたどって調べますが、英語のサイトに飛ばされたり、にっちもさっちもいきませんでした。

その日は本当に暑い日だったので、頭からダラダラ汗が流れている中、客先のパソコンでAdobeReader8をあせりながら必死に探す私の姿に、お客様も鬼気迫る思いで見ていたのか、「いつでもいいですよ」などと優しい言葉をかけてくれたのですが、この程度の事でこんなにハマると思ってもみなかったため、意地でなんとか見つけました(笑)

Adobe Readerの最新バージョンおよび旧バージョンのダウンロード
2009年8月20日現在上記からダウンロード可能

もう、笑うしかないですよ…
AdobeReader8にたどり着くのに1時間かかりました!

きっと私の探し方が悪いのだろうな~という風に考えるようにしてますけども、AdobeのTop画面からサポートの方に進み、そこからリンクをいくつも辿ってようやく見つけたAdobeReader8!!

君に会いたかったよ~

Adobeはなにが何でも新しいバージョンのAdobeReader9を、ユーザにインストールさせたいのでしょうね~。

新しいものをインストールさせるのはいいのですが、せめて互換性だけはきちんと保ってほしいと切に願います。

AdobeReaderはデファクトスタンダードなんですから
Twitterでつぶやく

| コラム・サイト紹介 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

子供の名付けで困ったら・・・

私事で恐縮ですが、先日二人目の子供が産まれまして、楽しくも忙しい日々を送っているのですが、子供の名前を付けるのにとても苦労しましたので、似たような境遇の方がいるのかな?と思い、私が実際に名付けで参考にしたサイトをここに記しておきます。

画数と良運 赤ちゃんの命名・名付

姓名判断プログラム

法務省戸籍統一文字情報検索

上2つのサイトはGoogleでも上位に来るような有名どころだと思いますが、一つのところだけでなく複数の姓名判断を組み合わせてどのくらい内容が変わるのか?というのを確認しながら調べあげましたが、本当にお世話になりました!
この場を借りてお礼申し上げますm(__)m

特に姓名判断プログラムを提供していただいている、

赤ちゃん・子供のための名付け&姓名判断 殿

の旧漢字と新漢字の使い分けはとても重宝致しました!本当に助かりました~!

また、法務省の漢字画数検索も秀逸でして、子供の名前付けで使える漢字のところにチェックを付けて、その画数の漢字を調べるという部分で非常に役立ちました!!

漢字の画数って辞書が無ければなかなか調べられないんですよね・・・

なんでもインターネットを利用すればいいってものではないですが、実際私みたいに、ネット上の情報だけで子供の名付けを済ませてしまった奴もいます・・・

特に姓名判断は本とか読んでも画数だの何だのかんだのって、本当によくわからないのですよね~。

そういう時こそ、自由に検索できてしかも無料(ネット回線代程度)なのだから、使わないのは逆にもったいないと考えます。

候補を絞って、最終的に易者さんにみてもらうっていうのもアリかなと思いますし、参考にはなりますよね。

恐らく名付けはこれで最後になるとは思いますが、参考までにどうぞ。
Twitterでつぶやく

| コラム・サイト紹介 | 16:56 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

北京オリンピック開会式の映像美

2008年8月8日8時に北京オリンピックの開会式が始まりましたけども、なんだか長くて日本選手入場くらいで見るのを止めました。

しかし、START直後からの幻想的なセレモニーの数々に、正直言って圧倒されまして、テレビの映像に食い入るように魅せられました・・・。

巻物に見立てた映像がすごい美しくて、見ながらあれをどうやって映像投影しているのか、気になりながらのTV観戦でした。

人海戦術と光を駆使した一大歴史絵巻の数々に、今こんなことやれるのは中国くらいなんだろうな~なんて印象を受けつつも、圧倒されたのは確かです。

大好きなサラ・ブライトマンが出たのも好印象だったのですが、あの映像美がとても心に残ったのは確かです。

中国という国自体の事をどうこう言うつもりもありませんけども、良いものは良いという事ですかね。

できればオリンピック終了後に開会式のDVDとかもう一度ゆっくり確認しながら見たいです。
あとメイキングシーンとかもあれば、どういう仕組みであの「舞台」を実現したのか、とても知りたいですね。

私の仲間内では、ナショナリズム的な感じが前面に出てて嫌だったとか、そういう否定的な意見もありましたが、花火も含めて映像的な美しさだけは否定できないでしょう。

先入観無しで期待もせず見たので、なおさらびっくりしたっていうのはありそうですが、いい物見させてもらいました。

できれば地デジの高画質大画面で見たかったというところが残念なところでして、そうです我が家は未だにブラウン管・・・

そろそろ大画面テレビに切り替えたいのですが、なかなか先立つものが無くて・・・と言いますか金が無いっていうのが正直なところです。

感動させてくれるものに対しては、きちんとお金を払いたい!!とそういう思いがあるので、SHARPの亀山モデルあたりを狙いつつ、大画面テレビ購入に向けて、貯金でもしようかな?

北京オリンピックの開会式セレモニーを見た後、そんな思いが増してしまったのでした。
Twitterでつぶやく

| デザイン | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お盆休み前は色々とアップデートをしましょう

長期休み前恒例の通達ですね。

プラグインの脆弱性対策も忘れずに--IPAが月例レポート
by CNETjapan

年末やGW、お盆のような長期休み前には恒例のアップデートしましょう系の記事が目立ちますが、皆さんの会社や自宅のPC内のOSや各アプリのアップーデートはもうお済みでしょうか?

Windows系のアップデート、FlashPlayerのアップデート、JAVAのアップデートなど個々のPCに存在するさまざまなソフトウェアが対象となっていますけど、そんなのやる必要あるの?という方は私の周りにはだいぶ少なくなりました。

私が管理・管轄する企業や団体のお客様は、普段から事あるごとに口酸っぱく「アップデートの必要性」を訴え続けてきたので、お客様のやらなければならないという理解度もずいぶん向上したと思って
おり、言い続ける事の大切さとかが改めて身に染みます。

しかし、中には「何でこんなものが必要なんだ!時間の無駄だ!」とお怒りになる方もいらっしゃいまして、そういう方には私が出向き、実際にこういう風にやってるんですよ~と作業を見せてあげて、その作業中にセキュリティの大事さみたいなものを話しつつ洗脳するという心理的アプローチで攻めております(笑

私はお盆前に夏休みを取得したので、他の人達が休みの間は出勤となりますが、お客様自体が休みなのでさほど忙しくないだろうと予想していて、ゆっくり考える仕事とかを中心にしようと思っていますが、涼しいと言われるここ北海道でも30度くらいの気温が続くとダレてきますし、集中力も欠如しがち・・・。

そんな暑い時は空調の効いた涼しいマシン室とかでログ取りとか、そういう地味な仕事がBESTなんで、今のうちに日程を入れようかな~

何はともあれ、長期の夏休みの方はエンジョイしてください!

そして私を含めた仕事の方は、涼を取りつつがんばりましょう!!

何事もなければいいです、本当
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カスタマイズって大変だと思いました

早くも夏休みを終えた私ですが、この休み中は集中して、とあるWebサイトのカスタマイズを行っていました。

おかげさまでなんとかリニューアルとまではいかないまでも、コンテンツの増加という大目的は果たすことができたのでひと安心・・・。

本当は、もっと大掛かりな変更を施そうとCSSと睨めっこしたり、Photoshopと格闘したりしたのですが、全然時間が足りず断念。もっと知識と技術があればなと改めて思わされました・・・

新規でWebサイトを作成するのは本当に大変ですけど、リニューアルはそうでもないと甘く考えていたのが落とし穴でしたね。

CSSってこんなに悩ましいものでしたでしょうか?
Photoshopってあんなに言うこと聞かないソフトだったでしょうか?

いえいえ、己の知識と技術の無さを他のせいにしているだけです。

頭の中ではイメージできているので、それを紙とかに落とし込む事まではできるのに、それを実現する知識と技術が不足しているこの現状を理解はしていますが、また基礎的な事から始めるのが嫌なん
ですよね~私。

そういえば、このblog(気になるけど)も、Drk7jp殿のAmazonSearchがWeb表示の重くなる原因になっていたので消去したりと、細かい
カスタマイズを施していたのですが、またCSSのマジックにハマってしまい、時間だけが過ぎて結局何も出来ず終い・・・

自分でテンプレートを作ろうなんて事を考えてたわけなんですが、普段テンプレートをなんてまったくいじらない私が、10時間程度の時間で作れるわけがないんですがね・・・。

やらないでクヨクヨしているよりは、やって無理でした~と思う方がよっぽど精神衛生上よろしいので、満足はしていますが、今の私の拙い知識と技術では相当な時間が必要となりそうです。

FC2のいいテンプレートでも探そうかな~、でもここで妥協してはいけないかなと・・・

とりあえず私の中で今月の最優先事項は「読書」に定めているため、他の事はプライオリティを下げているからWebのお勉強を集中してやらなそうですし、う~ん・・・

カスタマイズってこんなに大変でしたっけね?
その内容にもよりますが、この一筋縄ではいかない状況を打破するのはどうすればよいか?
もうちょっと自分の中で掘り下げて考えてみたいと思います。

それにしてもあっという間の夏休みでした。。。

もっと休みがたくさんあればいいのに・・・
Twitterでつぶやく

| その他 | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

mixiがTwitterみたいなサービスを検討

mixi、Twitterライクな新サービス「エコー」を公開
by CNETjapan

エコーは試験的サービス「インディーズ機能」の1つとして公開された。8月4日15時から9月1日11時までの期間限定で提供される。今後はユーザーの要望などを見て、正式サービス化を検討していくという。


私はTwitterをまったく利用していないのですが、mixiには友人知人が多く登録されているので、この「エコー」機能をONにして使ってみました。

確かにリアルに近いレスポンスで書き込みがあると、「あ~つながっているんだな」と感慨深いものがありますが、オレもあんたもヒマだなとついつい毒を吐いてしまったりして。

そもそもTwitterを使わなかった理由は、友人知人がほとんどTwitter上にいないという、なんとも悲しい話しのためだったのですが、常にネットワーク上にいなければ落ち着かない人になってしまいそうで
自制したっていう理由もあります(取って付けたような感じですが)

mixi疲れで退会していった方の話しとか記事で読んでいると、その気持ちがなんとなくわかるのですが、幸いにも私はまだ疲れていないので続いてます。
ですが、エコーを果てしなく利用していると、いつか疲れてしまいそうな、そんな気がしているのですが、ただの戯言って事で。

9月1日までしか使えないらしいので、幸いにもヒマな8月、ちょくちょく書き込んでみようかと思ってます。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日々「まったり」し始めています

7月末にLPIC-Level1-101を取得してから、しばらく資格勉強の手を緩めたのですが、なんだか公私ともにやる事たくさんあってですね、忙しい毎日となっております。

たまっている本を消化しようととりあえず2冊だけは読みましたが、とてもじゃないですけど書評とかまとめる時間がありません・・・。

あと50冊くらい未読の本があるので、これを消化できる日が来るのでしょうか??

それでなくともちょっとずつ増えていく本達・・・ま~私が買うからなんですがね!
最近Bookoffで本を仕入れるという、財布に優しい行動を取っているせいもあるのですが・・・。

とりあえず、8月中は何も考えず、ただ読書中心の日々にしたいのですが、私が別に管理するWebサイトのコンテンツ増加とか、プライベートblogの見直し作業&デザイン変更や、このblog「気になるけど」のデザイン変更も考えており、よし!やってやるぞ~と気持ちだけ先行しているのですが実は何も手付かずみたいな、そんなまったり感満載の日々になりそうでちょっと怖い。
でも資格勉強しているよりはよっぽど楽しそうですね。

他にも見たいDVDとか、やってみたい事たくさんあり、さらには北京オリンピックもあるから、読書以外の時間も増えそうな予感です。

あとは・・・ドラクエですかね。
DSのドラクエが欲しくて、相当我慢していますけど、そのうち購入してしまいそうな自分が怖い・・・。

KORGのDS-10もありますしね~たまにはDSにハマってみるのもいいかななんて考える私は、やっぱり「まったり」していますね(苦笑

夏ですし、今月いっぱいは「まったり」過ごして厳しい秋と冬へ向けての充電期間にできたらいいですね。

そうだ、9月以降の行動計画を再度練り直すところもしっかりとやっておかなければ、後でまたズルズル先延ばしになりますし。

でも暑いからダラダラしていたいし・・・と頭の中では忙しい日々を連想しているにも関わらず、体がついていかない的な、夏特有の現象にさい悩まされているfuminchuなのでした。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 00:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Windows7を待つかVISTAに流れるかそれともXP・・・

「Windows 7」は順調に開発中--MS開発トップが明らかに
by CNETjapan

Microsoftは、公式にはWindows 7が2010年1月までに出荷されると述べてきたが、トップエグゼクティブの中には、2009年内にもリリースが予定されていると、折に触れてほのめかす人もいた。


次期WindowsOSであるWindows7の開発が順調で、早ければ来年(2009)中にもリリースされる可能性が出てきたようです。

今まさにPC更新を検討している企業・団体は、現状WindowsVISTAを選択するか、WindowsXPへのダウングレードでXPを選択するか二者択一の選択を迫られている状況だと思いますが、Windows7が出るまであと2年くらい我慢できるかどうか?という選択もあります。

基幹業務系のアプリがVISTAで動作しないというのはちょくちょく聞く話しでして、そういうところは問答無用でXPを選択する傾向が高いのですが、とりあえずVISTA版のPCですが、ダウングレード権付きのものを選択しておけば、もし導入して問題発生の場合も対処可能(XPをインストールし直し)となるようですが、全てのベンダーで確認しているわけではないので、何とも言えません・・・。

とりあえずはWindowsXPのダウングレード権が2009年1月にも提供終了となりそうな感じなので、導入検討している企業・団体は残り5ヶ月で結論を出さなければならないので、現にそういうところに関わっている私もちょっぴり焦っています。

過渡期によくある話なのですが、VISTAが昔のMeみたいにすぐ消えて無くなるOSになるのでは、という不安感が常につきまとっているのが、導入に踏み切れない理由の一つでして、待てるのであればWindows7が出るまで待つのが正解ですが、待てないところは悠長な事を言ってられませんから・・・。

私としてはVISTAのPCで導入しつつ、XPへのダウングレード権で担保を取っておいて、導入後、VISTA絡みの問題が発生したPCはXPへ戻すという対応が一番いいと思います。

ただ、PC数百台~数万台の更新が必要な大きなところでは、OSが統一されていないことでの弊害などが発生する事も予想されるので、一概にこうだと言い切れないところがもどかしいのです。

その環境だと「これ」ができるけど、この環境だと「これ」ができない

よくある話しなのですが、どこかで割り切りや妥協が必要になったり、線引きが必要になることってありますよね。

決めてしまえばあとはやるだけなんですけど、なかなかそうは上手く事が進みませんから・・・。

う~ん悩ましい
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 12:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近い将来のLTEでどう変わるのか

LTE=Long Term Evolution

ようするにSuper3Gと呼ばれる次世代通信規格のことでなんですが、無線のFTTHと言われるように、携帯電話で光並みの高速通信が可能となる、早ければ2010年にもサービス開始予定の次の本命規格です。

と言いますのも、アメリカもイギリスも日本もこの「LTE」の規格を採用予定であり、世界中で同じ通信規格を採用するという流れであり、今盛んに実証実験を繰り返している最中です。

そんな新しい規格を採用したらまた設備投資が必要なんじゃ・・・と思った私ですが、なんと現在のW-CDMAの周波数帯をそのまま利用できるため、今の設備に対してさほど変更が必要ないようなんです!

ということは、設備面での投資がそれほど必要ないので、変更を加えるのにそんなに時間はかからないし、その後携帯端末だけこのLTE規格に対応すれば、すぐ高速通信が可能となりそうな情勢です。

だからと言って、携帯電話の通信が早くなったからって、別にたいした違いはないんじゃないの?と思う方もいるでしょうが、これはインターネット通信業界に新たな波が訪れる事になる起爆剤になるかもしれません!!

というのも現在のNTTdocomo、AU、Softbankの3キャリアが携帯NWだけでなく、家庭内のADSLや有線などのネットワークに取って代わる可能性を秘めています。
※キャリア内部でのユーザーの奪い合いもありえますけど・・・

ただ、未だADSLやINSなどの回線を利用してネット接続をしている所が、携帯電話経由でのインターネット常時接続に置き換われることができるということは、携帯の電波が届くところであれば、家でも
外出先でも同じ感覚で高速インターネット接続が可能になるということでして、携帯電話+家庭内LANという一括の契約が光並みの高速通信で可能だということです!

すでにイーモバイルなどは、既存の通信環境で、携帯NWと家庭内LANを合わせたセット物を提供していたりしますが、それとは回線スピードが何十倍も違いますのでほとんどWebの表示ストレスが感じられないでしょうね。

ただ電波が途切れることは予想されますし、持ち歩くのであればセキュリティの問題なども顕在化してきそうですし、問題はまだまだありそうです。

ありそうですが、FTTH以外の高速通信に選択肢が一つ増えるインパクトは相当大きいと考えていて、気付けばLTE接続だらけって世の中になっているかもしれませんよ。

将来LTEだらけになった未来を予測して、今からビジネスモデルを練っておくと、2010年以降、大成功するかもしれませんので、色々企画を練ってみようかな~?

私の考えすぎなのかもしれませんが、どこでも誰でも気軽に高速通信ネットワークに接続可能な世界が、この先いったいどんな新しいムーブメントを興すのか、とても興味がありますし、料金さえ安ければ
携帯も自宅もLTE接続に切り替えたいと本気で思っています。

新しい世界がまた幕を開けるのかもしれないと考えるとワクワクしてきますが、また色々と勉強しなきゃならない事が増えるのかと思うとブルブル震えてきそうです(笑)

いずれにせよLTEからは目が離せません!
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。