気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっとこLPIC-level1を取得しました

10月頭から本格的に学習を始めたLPIC-level1-102試験ですけどもこの週末に受験して合格いたしました。

点数は101の時と同様に600点・・・全問正解する気構えで望んだのにも関わらず、前回とさほど進歩が感じられませんね・・・

合格点は500点なので余裕はあったのですが、正解率を見ると、kernelとPrintingの部分が50%(半分)しか正解していなかったのが響いたようで、もうちょっときちんと覚えねばなりませんね・・・。

これでとりあえず今年の目標の一つである資格取得は達成したわけですけども、これにぬか喜びすることなく、今後も精進していこうと考えております!

次に狙っている資格は以前このブログでも書きましたが、

メンタルヘルス・マネジメント検定試験を検討
by 気になるけど

メンタルヘルス・マネジメント検定試験を考えています。

まあこれは年明けから学習を開始するつもりですが、まだ年末までの予定や行動計画を明確にしていないので、今日の夜にでものんびり考えてみます。。。

それ以外にもLPIC-level2の受験なども視野に入れつつ、また違った資格にもチャレンジしようかな?と意欲だけは人一倍あります。

12月中はクリスマスから年末へと師走の忙しさでバタバタする事を想定済みなので、はっきり予定を入れているわけではないのですが、たまっている本を1冊でも多く読破出来ればいいかなと。

それとLPIC受験後立ち寄った本屋でみつけた本で



VMware徹底入門というのを購入したので、実践しながら読んでいきたいとそう思います。

今はとにかくゆっくり体を休め、喉から手が出るくらい欲しているUMPCの購入について考えていきたいですね~

UMPCのエントリーはまた次回にでも書くとします。

さ~て寝るかな(笑
Twitterでつぶやく
スポンサーサイト

| IT資格・他資格 | 17:21 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

mixiが色々と動きだしましたね

mixi、招待制から登録制に参加制限を緩和へ
ミクシィ、18歳未満の利用を可能に「家族でmixi」も実現へ
ミクシィ、OpenSocial準拠の「mixi Platform」を来春開放、外部企業によるサービス開発を可能に
by ITpro

mixi関連のニュースが相次いだ28日でしたが、なんと言っても招待制から登録制への移行のニュースでしょうか。

今までmixi利用者からの招待が必須であったmixiは、昔のGmailやGREEなどと同じように、登録制に移行していく方針のようです。

その辺の詳しい話しなどは笠原社長のインタビューでどうぞ↓

ミクシィ笠原社長に聞く、mixiが登録制に移行したワケ
by CNETjapan

そもそもmixiの収益源って、広告スポンサー料金と有料の会員から取る料金とが主なものだと思いますが、有料のユーザを増やせばその分フトコロに入る額も増えるし、登録会員の増加は広告主へのアピールにも繋がります。

さらにはうるさい株主への「がんばってまっせ~」というポーズにもなるのでしょうか・・・

すでに一千万人を超える登録ユーザがいるmixiですが、今後ここから大幅にユーザ数が増える事はあるのか?なんとも言えないところです。

登録性にすると確かに今までmixiと疎遠だった方達の需要を喚起するので、ユーザ数は増えるとは思います。ですが、mixiが無くても別に困らない人って相当多いのでは?と私は考えています。

これは年代別で意見が分かれるところだと思うのですが、私のような30歳半ばを過ぎたおっちゃん世代だと、リアルの友人とネット上でつながりあえる事は少ない印象があります。

と言うのも実際の友人に声をかけても「いや~興味無いし」などという回答が圧倒的で、普段からネットに抵抗感がない者や、新しいものが好きな者くらいしか、mixiに登録していません。

SNSに価値を見出している人は潜在的に多いと考えていますが、そもそもインターネットにさほど興味を持たない同世代の人って案外多いのではないでしょうかね?
私の皮膚感覚でしゃべっているので何とも言えないところですが…

そういう想いから、mixiがユーザ数の増加を目論んでいるならば、狭い日本を脱出し、隣国中国やロシア、インドあたりの人口が多い国に投資して切磋琢磨していくのが正しい道なのではないかな?と考えますが、すでに中国に進出しているmixiがどこまで本気で他国で展開する気があるのか?この辺がニュースなどでは伺い知ることのできない部分かなと感じてます。

私的には今まで通りの使い方が出来れば特段文句を言う気もないですし、出来るならばmixiに興味を示さない友人達が改心してくれるのを願うのですが、押しつけても使わないのが人情なので、その辺は仕方ないかなという感じです。

私はプライベートから仕事まで、パソコンとネットが無ければ生活が成り立たないくらいの気持ちでいますので(笑)この世界に友人達が集まってくれるととても楽しいのにと、そういう想いでおります。

なんだか寂しがり屋さんみたいな言葉ですが、年賀状だけのやり取りに終始するよりもよっぽど健全なコミュニティだと思うのですが。

来年はもう少しマイミクさん増加に力を入れようかな?
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 20:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今週末LPIC-level1試験を受験します!

10月中旬くらいからコツコツ勉強してきたLPIC-level1-102試験ですが今週末に受験してきます!!

102試験は出題範囲の中でネットワークを含んでいるため、ノータイムで解答できる問題などもあり余裕かましてましたが、クラムメディア問題集を最初に解いた時は4割程度の正解率で正直あせりました(苦笑

そこで「ヤバイ!」と感じられたのが良かったみたいで、何度も問題集と参考書で繰り返し学習しているうちに、気付けば正解率が8割を超えたのでなんとかいけるだろうと判断いたしました。

もちろん狙うは全問正解ですので、試験直前まで気を緩めず、体調を整えながら最高の状態で望みたいですね。

とりあえずは101試験を経験している分、気持ち的には余裕があるので、あと数日がんばって最後の追い込み体制に入りたいと思います。

まあ落ちたらまた年内に再び受験するだけなので、がんばります。

思えば今年はLinuxに振り回された年だったな~という感じでして、おかげ様で昨年の自分と比べ、Linuxの基本知識がレベルアップしたのが分かります。

これまでは体系立ててUNIXやLinuxを学んだことが無い私ですが、基本から学ぶことができたLPIC-level1試験には大変感謝しており、来年はlevel2を受験しようかな?という気持ちになっています。

人間いくつになっても成長出来るのだな~と感慨深いですが、これで満足せず粛々と学習を継続していければいいなと考えています。

LPIC-level1を取得した後は一気に年末モードに突入するため、のんびりする時間はあまり無さそうですが、UMPCの購入を含め楽しいイベント満載なので、このまま笑顔で年末・新年を迎えることが出来ればありがたいですね。

恐ろしいのが例年年末は仕事が忙しくなる事でして、それが無ければもうちょっとゆっくりと年の瀬の時間を有効に使えるのですが・・・今年はどうでしょうかね??

何にせよもうすぐ12月なので、来年の行動計画とかも練らねばならないし、気持ち的にはとても忙しい感覚です。

さ~て最後の追い込みの学習でもしようかなと。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無料ファイル共有Drop.ioを試してみようかなと

無料ファイル共有の「Drop.io」,よりいっそう手軽に
by ITpro

アメリカの100MB無料ファイル共有サイトdrop.ioなる新興企業のニュースを、ITproで見たのですが、2007年からサービス提供していたのですね~

登録作業が全くいらないファイル共有サイト「drop.io」
by Gigazine

100MBまでのファイル容量をアップ出来て、パスワード管理や、掲載有効期限設定機能まであるようなので、メールでは送れない容量のデータを配布する手段として新たに検討しようかなと思いました。

と言いますのも、普段仕事で宅ファイル便とかデータ便などの無料ファイル転送サービスなどをちょくちょく利用するのですが、昼間日中帯ではアクセス集中が激しくて、まともにサイト表示すらしない事が多く、別なサービスを探していました。

無料だけに文句も言えず、だからと言って自前でFTPサーバこしらえてダウンロードしてくださいというのも面倒なんで・・・
セキュリティ上の問題とかありますしね。

機密文書や重要文書はこういったサービスには向きませんが、ちょっとした大きな画像データとか、動画などといったファイルを気軽にネット上で安全にファイル共有出来て、かつ無料とくれば触手が伸びそうな私です。

企業などは、これ系のサービスはちょっと二の足を踏みそうですけども、個人だと仲間内で気軽に大容量のデータを共有出来て利用が増えそうです。

mixiとかと連携すると面白い事が出来そうと思ったのですがね…

いずれにせよ使ってみて判断しようかなと思います。

まずは行動から
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 20:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HP Mini 1000が12月上旬発売!まいったどうしよう?

つややかで格好いい――ビビアン・タムデザイン
日本HPが5万円ノート「HP Mini 1000」を12月上旬発売!

by日経TRENDYnet

HP Mini 1000(2008年12月上旬発売)
by hp

私は今、本気で、真剣に、狂おしいくらい悩んでいます!

この年末に購入することを決めているUMPC、昨日まではアスースのEee PC S101を買う気満々で、すでに7万円の現金確保に乗り出し、後は買うのみという状態まで来たところで上記のニュース!!

しかも11月22日にEee PC S101が本命みたいな記事書いたばっかりなのに(情けない・・・)

アスースEee PC S101がド本命です!
by 気になるけど

元々HP Mini 1000が私の購買意欲をかきたてたモデルだったのですが、日本でいつ発売になるか未定だったため、もう待ちきれなくてですね、Eee PC S101で心は固まっていました。

なのに、なのに、HP Mini 1000のデザイン、光沢液晶、LEDの美麗さ、54,600円という価格でATOM搭載・1GBメモリに、なんと8GBの専用USBディスクまで付属というのだから、Eee PC S101がかすんで見えます。

しかしHP Mini 1000にも弱点があり、バッテリー駆動時間が3.5時間、筐体の厚みが25.9mm、外部ディスプレイポート無し、USB2.0ポートが2基しかないという点。

特に厳しいのがバッテリー駆動時間で、Eee PC S101だと6時間という測定結果になってますし(実際は3~4時間程度か)、この差は大きい。USBポートも3基搭載で、筐体の厚みも最薄部18mm。それとプレゼンとかする人は外部ディスプレイ接続端子(アナログRGB)が無いという点は大きなマイナスになりそう。

でもでも、HP Mini 1000は価格と8GBの専用USBメモリ付属なのでここは相当アドバンテージが大きいのですよ。

それと液晶の光沢が好みなのでやはりHP Mini 1000の方が訴求効果は大きいかな~

もういっその事2台買ってしまえ!!っていうくらいの勢いですが(笑

も~う本気で悩んでいます。
お金だけで考えれば、Eee PC S101に7万払う気満々だったのが、それより安い54,600円で同等のモデルを買えるのであればやはり・・・。

それにPCメーカーとしてアスースよりもHPが好きっていうのもありまして、まあ単純にイメージの世界なんですが。

でもバッテリー駆動時間が・・・とエンドレスに悩みが尽きません。

いや~本当にどうしよう??

今このブログを書いてて思ったのですが、

70,000-54,600=15,400円の差額でiPod nano 8GBをGETする事が可能なんですよね~。

こりゃやっぱりHP Mini 1000ですかね!!

でも外部ディスプレイが・・・・・・・・・・・・

あ~もうダメだ・・・

12月のHP Mini 1000発売まで待とう。

そうしよう。

落ち着けオレ
Twitterでつぶやく

| UMPC・ネットブック・CULVノート | 23:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デジタルペンのMVPenを試してみたい

9800円のデジタルペンに脱帽!
文字認識率は想像以上で実用性十分!!

by 日経TRENDYnet-戸田覚の1万円研究所

日経TRENDYnetに連載中「戸田覚の1万円研究所」でおなじみの、ビジネス書作家戸田覚さんのコラムで、デジタルペンを絶賛されていたので、密かにデジタルペンが気になっている私が取り上げないわけにはいきませんね!

以前にもこのブログではエアーペンについて書いた事ありますけど

airpen(エアーペン)欲しい!!
by 気になるけど

ペンで書いた内容をデジタルでテキスト化してくれるという機能は仕事でも役に立つし、自宅で書いているこのブログや、その他の活動の時短につながる可能性を秘めています。

もっとも使えそうなのが仕事上の会議時などでしょうか?

最近では議事録システムなど、音声をそのままテキストに変換してくれるものも出回っていますけども、とにかく料金がバカ高いので現実的では無く、せめて手書きのメモなどをデジタルペンなどのデバイスで書きながら読み取り、データをデジタルでテキスト化する事が出来れば、多少の修正時間を加味しても相当な時短に繋がると考えます。

これは立派なタイムマネジメントツールとして成り立つと考えていますが、もちろん自宅でのちょっとしたメモでも役立ちそうです。

私は普段の仕事などで紙に書いてまとめてからデジタルにおこして企画書なり提案書なり手順書など、まとめていくことが多いのですが紙を見ながら入力する手間が省けると、かなり効率的になると予想してますので、このMVPenは私の購入リストに入りました!

値段も9800円と手が出ない額ではないので、仕事と自宅で併用してみたいです。

あと、この戸田さんの記事中に書いてありますけども、OCRソフトの「MyScript Notes Lite」の識字率が高いという部分も着目していて、複合機などと連携して使えれば紙媒体のデジタル化にも寄与できるかなと感じてます。

我が家の複合機に付属していたOCRソフトの識字率の悪さと遅さは醜悪過ぎなので、その辺りも9800円で改善できれば最高だなと。

詳しい情報は正規MVpenサイトからどうぞ

MVpen
by MVpenTechnologies

Macでも使えるみたいですし、戸田さんの記事で紹介していた製品以外にも、PC接続でしか利用の出来ないMVpen-PCなどあるようですから、こちらも検討してみたいですね。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 12:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アスースEee PC S101がド本命です!

スリムボディーと高速SSDが魅力! アスース「Eee PC S101」はネットブック決定版か?
by 日経TRENDYnet

本日2008年11月22日はUMPCであるアスースEee PC S101の発売日です。

これまでにもこのブログでは、如何に私がUMPCのネットブックPCを欲しいのか力説してきました。

何を買おうか選んでいる時が一番幸せかも
モバイルノートへかける想い
by 気になるけど

本当に毎日毎日飽きずに、色々なメーカーのネットブック達を吟味し続けてきたのですが、もうEee PC S101でほぼ決定です!

決め手は、薄さ・デザイン・SSD16GB搭載というところですかね。

私的にはHDを160GB搭載と値段の安さという点で、Eee PC 1000H-Xと天秤にかけていましたが、SSDの頑丈さをyoutubeで見てからというもの、すっかりSSDの魅力にとりつかれてしまいました・・・。

だからと言って乱暴に扱うつもりなんて毛頭ないのですが、散々HD障害の対応とか仕事で経験してきているので、壊れにくいSSDが人一倍魅力的に感じてます。

という事でほぼ購入確定なんですけども、問題はいつ買うか?

今年はリーマンブラザーズが破綻してから金融危機で世界的に景気の悪化が見られますが、日本にもその余波は確実に来るので、冬のボーナスが本当に出るのかどうか??そこを確認してからでないと怖くて手が出せません。。。

そこまで石橋を叩いて渡る事も無い金額なのかもしれませんが、貧乏サラリーマンは辛いのですよ・・・

遅くても年末までには購入して楽しい新年の幕開けとしたいです。

いや~こんなにパソコンが欲しくなったのって、大学生の時以来かも?

おかげで毎日、愛しのUMPCに恋焦がれる楽しい時を過ごさせてもらっています(バカですね~)
Twitterでつぶやく

| UMPC・ネットブック・CULVノート | 17:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仮想化の知識向上に努めます

本当は今年の重要テーマであった「仮想化技術」についての知識向上ですが、色々ありまして来年のメインテーマになりそうです。

特にVMwareに関しては本腰を入れて学んでいかねばなりません。

XenやHyper-Vなどに関しても同様に情報を仕入れたいところですが、まずは大御所のVMwareから掘り下げて学んでいきたいです。

もう仮想化技術なくしてはサーバ等の資源更新は語れないですし、もうまった無しの状況だという事をもっと認識せねばいけないのですけど、生来の先送り癖が抜けきらない私なので・・・ダメですね

本当はVMwareの講習会にでも行きたいところですが、ここ北海道ではそのような高等なセミナーなど見つけられないため、自己学習でどうにかしていかないとならなそうです。

仮想化の書籍や雑誌は何冊か手持ちがあり、これを使い実際にいじりながら検証していきたいです。

その他にもヴイエムウェア株式会社が@ITで連載している

VMware Infrastructure 3徹底入門(バックナンバー)
by @IT

などが非常にわかりやすいと感じたので、時間を見つけて熟読したいと思います。

VMwareのPlayerしか使ったことの無い私ですから、無料のESXiなどで知識向上に努めていきたいですね。

ESXi自体はすでにダウンロードして自宅や職場で後はインストールするだけの状態であり、準備万端ではあるのですけど、あとは私のやる気次第です。

来年は仮想化の年になるのは分かっているので、今すぐやれ!!って自分の心の中では叫んでいるのですが、他の事に心を奪われている私は、まだ本気のスイッチが押ささっていないのでしょう。

と、このブログで書きつつ、自分の関心を仮想化に振り向かせようとする私なのでした。

やる事、やりたい事、たくさんあり過ぎて困ってしまいますね・・・
Twitterでつぶやく

| 仮想化・クラウド・分散処理 | 19:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コクヨデザインアワード2008はグランプリ無しですか

コクヨデザインアワード2008受賞作品決定。新たなヒット文具の可能性をレポート
by 日経トレンディネット

2002年から毎年行われている「コクヨデザインアワード」昨年もこの記事を見たのですが、ここのブログでネタとするのは初めてでしょうか。

コクヨデザインアワード2008
by kokuyo

毎年何らかの課題が与えられて、その内容に沿った審査となるようですが、2次選考を通過した後は「模型」などの提出があるので、なかなか関係者以外には狭き門となっています。

というのも、今年4月くらいにこのコクヨデザインアワードの募集を見かけて、面白そうな文具のアイデアを思いついたので応募しようとしかけたのですが、当時LPIC取得でチンチン状態だったため断念。

さらに以前の受賞作品などを見るとどれもこれも高品質なものばかりだったので、これはお門違いだなと感じたというのも理由でしょうか。

プレゼンテーションシートを利用した説明とかなら何とかなりそうですけども、模型作ってとかになると厳しいです…。

そんな私の説明はいいとして、今回のコクヨデザインアワードはグランプリ受賞者が無しとなっていて、優秀賞が4点、審査特別賞が5点という内容であり、受賞作品の全てが高デザイン・高アイデアとなっており、中でも「ガームテープ」と「削りん坊」が印象に残りましたね。

まあ、写真でしか見ていないので、質感とかわかりませんが・・・

これまでの受賞作品の中には、実際に商品化されたものも数点あり、その辺がデザインワーカーの心をくすぐるという面もあるのではないですかね?

自分で考えて企画化し、しかもコクヨのような大手のコンペで認められて、商品化までされたら言う事無しって感じますがね。

そこに至るまでが狭き門のようですが、来年辺り私もチャレンジしてみようかな~?
やってみない事には何も始まりませんからね。

今少しずつ来年の行動計画を練り始めているのですが、来年はもう少しデザインに傾倒した計画にしようと考えています。

本当は今年をコンペ元年にと、年頭には考えていたのにやる事多すぎで先送りばかり!

もっと現実的な計画にしていきたいです。

一歩一歩着実に!
Twitterでつぶやく

| デザイン | 18:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブックマークの管理法に悩みます

世間の皆さんはブックマークとかどういう風に使い、管理してるのでしょうかね?

私は昔っからIEを使っていた事もあり、癖で面白そうなサイトを見つけるとすぐ右クリックで、Webのショートカットをデスクトップ上に保存してしまいます。

一時期、気になったWebサイトや記事などを、はてなブックマークなどのソーシャルブックマーク上に登録していたのですが、ブクマ用登録ボタンが無いと登録が面倒くさかったり、情報量が増えると扱いにくく感じてしまったので、今ではUSBディスクにWebショートカットとして保存するという、レトロな手法に戻ってしまいました・・・

はてブなどのソーシャルブックマークサービスは、他人とブックマークを共有出来るのが最大の利点だと思いますし、色々参考になるユーザーさんとかもいたのですが、なんとなく利用回数が減っていき今に至るという感じですかね…。

私にとって他人のブクマはさほど気になる点では無いようで、後でblogのネタ用等で登録しておいた情報を振り返りたいっていうのが一番の目的であったりするものですから、別にローカルでもいいかな
と割り切っています。

でも他人と共有しない「オンラインブックマーク」として使いやすいものがあればまた利用しようかな?っとは考えており、何か使いやすいサイトが無いかとヒマを見つけては探しております。

別に「はてな」でもいいのですけどね…

今は試験的にGoogleブックマークを試しており、Googleツールバーからの連携で比較的楽に登録&タグ付け出来るので、しばらく使いこなしてみようという気持ちになっています。

ただ登録情報のエクスポートがhtmlファイルだけというのが…う~ん

シンプルなところがGoogleのいいところでもあり、悪いところでもありますが、自分にとってよりよい管理方法を見つけていこうと、今後も他のブクマサイトなども含めて、色々試してみたいと思います。

結局はローカルで管理するのが一番性に合ってそうですけども。。。
Twitterでつぶやく

| その他 | 20:25 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

Wireless Powerにちょっと驚きです

【IDF 2008】「2050年に機械が人間に追いつく『特異点』が来る」
by 日経PConline

先日Wireless関連について調べものをしている時に偶然見つけたWireless Powerの記事に釘付けになりました。

今年の8月に行われたIDF2008(Intel Developer Forum)の中でこの「無線電源」とでも訳すのでしょうか?電源コードを使わない電気供給技術のデモに見とれてしまい、遠くない将来の実用化に期待してしまいます。

Wireless Power


WiPower Wireless Power


このWireless Powerは、電磁波を使わず共鳴現象を用いたため、人体に悪影響を及ぼしにくいというのがなんとも体に優しい技術と思いましたが、本当に影響無いんでしょうかね?

この分野はまったくの素人の私が言うのもアレなんですが、電気を外部に放出して電球をつけたり出来るのだから、人間の体も近づけると相当量の電気を浴びるような気がしてます。

人間にも微弱電流が流れていますし、静電気をくらいやすいドロドロ血液の私はちょっと受け付けないかも(笑

便利になるのはいいですけど、目に見えないエネルギーの放出って考えたら怖いような気がします。

未知なるものを恐れているだけかもしれませんが、もうちょっとこの技術概要が知りたいところですね。

でも無線LANとかも電波を飛ばしているのだから、そう考えれば別にたいしたことないのかも?

ド素人が一生懸命考えても、事前の知識がほとんど無いのですから推定する事しか出来ませんが、今度何かの機会に調べてみようかと思います。

そもそも携帯電話が何故つながるのか?って事すらまともに説明できない私なので、まずはその辺から攻略していきたいですね。

体系的に学ぶ携帯電話のしくみ 第2版


たまには技術も深堀りしなければ…一応技術者なんで
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LifeHack-日々の生活・仕事の効率化と仕組化

LifeHack
by ITmedia

Hackという言葉を聞けばすぐ浮かぶのが小山龍介さんのHACKSシリーズなのですが



小山さんの本はiPhone HACKS! 以外は全て読破しており、その中のいくつかの方法は普段の行動指針に取り入れている私。

読めば一つくらいは「ほほぅ~」とタメになる便利技が掲載されているはずですよ。
このブログでも以前1冊だけ紹介しています!

TIME HACKS
by 気になるけど

小山さんの本の話しは置いといて、ITmediaのLifeHackシリーズに話しを戻しますけども、仕事と生活に関する知っていれば便利というツールや方法論を目的別に一覧できる、なかなか使い勝手のよい記事集となっており、私も時間があるとき眺めるようにしています。

取るに足らない内容だったり、既に知り尽くしている情報だったりと、玉石混交の情報群ですが、過去にビジネス書などで学んだ内容を思い出したり、目から鱗が落ちるような情報があったりと、楽しませてくれますので、皆さんも自分の気になる「HACK」があればチェックしてみてください。

私は今でこそ語られる事が多くなった方法で携帯電話を利用した情報整理術とか、このサイトから情報を仕入れ、出先などで思いついたアイデアとか携帯電話から自分の携帯メールに送信するという
技を見て、実践するようにしていました。

↓そのソース元記事です(もう2年前なんですね・・・

思いついたアイデアを逃さないための携帯電話メモ術
by ITmedia

今では携帯メールではなく、自分のGメールアカウント宛にメールする事が多くなりましたが、これって知らなければ一生気付かない手法であると思いますし、これが出来るからすぐに忘れてもいいという
気持ち的に楽になれるのがいいです。

他にもたくさん参考になる記事が多くて、ここで得た情報をさらに深堀りして参考文献を調べている時に、ある名著に出会ったりして、すごく感謝している面もあるので、ちょっと贔屓目に見がちかもしれませんけど、一読の価値はあると思います。

全体的に仕事術が多いですけども、普段の生活の中で取り入れて続ければ、生涯に渡り役に立つような考え方とかもありますし、ちょっとした脳内革命が起きるかもしれませんよ~。

私の脳内はまだまだ革命前夜というか、革命5年前くらいの立ち位置におりますので、修行が足りないのを痛感しております。

もっと色々がんばらねば
Twitterでつぶやく

| コラム・サイト紹介 | 17:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SSDを搭載したUMPCが欲しい!

最近しつこいくらい「ネットブック欲しい」系の内容が多いこのブログですが今日もまたその壮大な物欲を掻き立てる記事を読んでしまい、ネタにせざるを得ませんでした!

「SSDを3階から落とす実験」動画:起動は大丈夫?
by 日経PConline

日常的にRSSなどからネットブック達の情報に目を光らせている私ですが、今欲しいものNo1がASUS Eee PC S101であり、このモデルはSSD16GB搭載なので、SSDって早くて丈夫というけれど本当?みたいな部分があり、上記URL記事中のyoutubeの動画を見てまさに衝撃を受けました!

3階建ての建物の屋上からSSDを投げつけて、地面に落ちたのを拾い、SSD用ノートPCに接続して正常起動を確認という、無茶な外人さんの行いですが、こんなのHDDだったらあり得ないでしょう。

そしてSSDとHDDの起動速度の違いみたいな比較映像が↓これ

SSD vs 7200rpm HD


ハードディスクのヘッダがシークしてカリカリやる時間ってこんなに遅いんだと、比較するとよーくわかりますね!!

別にPCの起動時間に命を懸けているわけでもないのですが、早く起動するに越したことはありませんよね。

しかもちょっとばかし乱暴な扱いをしてもディスクにダメージを負いずらいのであれば、少々高くても欲しいと思わざるをえません。

もうこりゃ~ASUS Eee PC S101購入に決定かな?

と言いつつ、もう少し年末商戦を傍観してしまう私なのでした。

考えれば考えるほど欲しいUMPC!!

Eee PC S101の発売日に買ってしまいそうな勢いが怖い・・・
Twitterでつぶやく

| UMPC・ネットブック・CULVノート | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウイルス検索もクラウド上ですか

トレンドマイクロ、ウイルス対策の「クラウド型」新技術を発表
by 日経PConline

ニュースリリース - 2008/11/12
by TrendMicro

トレンドマイクロはパターンファイルデータ量の肥大化と、クライアントPC動作遅延に対する回答はクラウドであると考えているようですね。

日に日に増え続けるウイルスの亜種などを見れば、その情報をパソコン内部に全て置くというのは非現実的ですしいつか破綻するでしょう。

やはり時代はクラウドですか!!

なんでもかんでもクラウドを利用すればいいというものでもないですが、近年ウイルスソフトのウイルス定義ファイル(パターンファイル)容量肥大化についてはトレンドマイクロだけでなく、シマンテックやマカフィーなどでも重要検討材料としていますから、これでウィルス対策はクラウドへ!という流れが加速しそうです。というか、もうその流れに進んでいますし。

そもそもクラウドにつなぐにはネットワーク接続できている事が前提となりますが、PC側とクラウド側に処理を分散させる事で解決をしようという、分散志向の考え方は正解だと私も考えます。

事実これしかないでしょう。

気になるネットワーク帯域の使用データ量も少ないようですし。

クライアントとクラウドサービスで送受信するデータ量は片道平均約300バイトと小さいため、ご家庭や企業のネットワークの帯域の使用量を削減することが可能です


この程度ならADSLでも問題無しかと。

そして今や定番と言える、WebとMailのレピュテーションも重要視しているようですが、きっとここでもBL(ブラックリスト、ブロックリスト)で誤登録されて云々という問題が出てくるのでしょうね。

独自のBLを持つのか、それともネット上のBL参照を行うのか、そこでトレンドマイクロの新システムの評価も決まりそうですが、その辺のところはまだ確認できていません。

もしトレンドマイクロが一からレピュテーションのデータベースを構築するのならば、しばらく間を置いてからこのサービスを利用した方が無難かもしれませんね。

データベースの内容が陳腐なものであったらそれはセキュリティインフラとは呼べないでしょう。

私はIronPortのセンダーベースを経験しているので、レピュテーションの強力さとBL誤登録された時の大変さを分かっているつもりですが、全てはそのデータベースに懸かっています。

ヒューリスティック機能のように、未知の脅威に対処できるのはある程度限られていますので、レピュテーションデータベースをメインに据えて対処していくのは避けられません。

以前スパムメール対策でもトレンド製品で散々な目に遭ったので、どうも懐疑的な見方をしてしまいがちな私ですが、このトレンドマイクロのセキュリティアーキテクチャの全貌を明らかにしたわけではないので、なんとも言えないところではあります。

そんなトレンドマイクロのクラウドを利用した詳しい情報は下記URLから確認できます。

TrendMicro Smart Protection Network

究極のセキュリティ防御方法は「インターネットを使わない事だ」と、どなたかが申しておりましたが、それで生活できる人ならば、それでまったく問題ないと思いますけど、そうじゃない私のような人間は
これからずっとセキュリティインシデントと向き合い続けなければならないので、よりよいセキュリティインフラが整うのは良い事だと思います。

私個人の意見では、家庭製品だとブロードバンドルータにIPSとかWebレピュテーションの機能を持たせた製品を安価で提供してもらうのがいいかな?とおぼろげに考えています。それにある程度の対価を払い、自動で最新のセキュリティ状態にアップデートしていけば、利用する側も手間いらずですよね。家庭製品にも企業並みの検閲システムがあってもいいと思いますけどもどうでしょうかね?

また、契約するプロバイダでも、高セキュリティ網を構築して割高の契約内容で接続するユーザを募るというのもいいかもしれない、なんて事を思っていたりもします。

もう個人のパソコンで全てを防御するというのは破綻しかけていますから、回線側及びプロバイダのゲートウェイで防御してもらいつつ、その対価を払うという方式が良いのではないかと、そんな事を考えて
いました。人任せ主義かもしれませんが、餅は餅屋の考え方です。

利用者になるべく手間をかけず、安心して利用してもらいつつ、きちんと対価をいただくというビジネスモデルが今後伸びていくのかもしれない?

脅威の手口とかテクノロジーは私なんかの想像を遥かに上回る技術を持っていますので、一人一人が気をつけるとかいうレベルの問題じゃなく、公共の問題と捉えて対処していく段階に来たかなと感じてます。

これからインターネットの在り方とかも変わっていくんだろうな~
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セブンアンドワイのコミックセット1000が壮観です

セブンイレブンで受け取れば送料無料となる「セブンアンドワイ」のインターネットショップにて、コミックセット1000なるコーナーが実に壮観な眺めなんです。

コミックセット1000
by セブンアンドワイ

1970年代~2000年代まで選りすぐりの漫画の表紙がズラ~っと表示されていて、表紙画像をクリックすると1巻~まとめ買い(大人買い)が可能となっております。

試しに愛読誌少年ジャンプ連載中の「ブリーチ」を選んでみようと思ったのですが、その表紙を探すのに一苦労でしたが、探している時に「あっ!この漫画面白そう!」と寄り道したりで、なかなか楽しいひと時を過ごしました。

危なく大人買いしてしまうところでしたし!

表紙だけじゃなく、テキストでの表示とか検索できるとありがたいですけど、そもそもそういう狙いで作ったのではないのでしょうから、これは素直に脱帽です。

一通り漫画の表紙を眺めていて、これはどうしても大人買いしたい!と思わせる漫画が私にはありまして、そのタイトルは

寄生獣

7000円オーバーなので簡単に手が出せませんが、昔お金に困って売ってしまった経験がある(苦笑)ので、なんとかまた揃えたいと強く思っております!

内容は結構スプラッタ系なんですけども、話が深くてストーリーが秀逸でおまけに泣ける最高の漫画でしょう。

他にも幾つか全巻買いしたくなる漫画がありましたので、後でもう一度眺めてみようかなと思います。

今ふと思いついたのですが、今年お世話になった方に、お歳暮でコミック全巻っていうのも面白いかもですね。

もらった方は面食らうかもしれませんので、事前のリサーチが必須ですけども

いつか実行してみます。
Twitterでつぶやく

| その他 | 19:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何を買おうか選んでいる時が一番幸せかも

先日このblogのエントリーで

モバイルノートへかける想い
by 気になるけど
HP Mini 1000に心魅かれています
by 気になるけど

を書きましたが、UMPCを購入する事はもう自分の中で確定であり、あとはどれを買うか?というところで色々ネットブック達を吟味するのがもう楽しくて楽しくて!!

子供がクリスマスプレゼントを何にするか?トイザラスのチラシとかを見てワクワクするのと同じ感覚です(苦笑

買えるものなら今すぐ買いたいネットブックですが、そこはぐっと我慢をして、12月ボーナス商戦まで控えます。

少しでも安く買いたいというよりは、その時期に新モデルが発表されるかもしれないという予測をもとに、はやる心を抑えながら商品の選定を進めている状況なんですよね。

そんな私の2008年11月10日現在での購入希望ランキングは・・・

1. ASUS Eee PC S101

2. ASUS EeePC 1000H-X

3. MSI Wind Netbook U100(HD160GB版)


でして、11月22日発売予定のEee PC S101を第1候補に選びました!!

SSD16GBのストレージ容量に、10.2液晶、極薄筐体、軽量さ、デザインなどなど、問題がある点は価格だけ・・・

¥69,800はちょっと高いかな?と感じますけど、SSDモデルが欲しかったので文句無しにファーストチョイスです!

資金が苦しければ1000H-Xに流れるかもしれませんが、長く付き合う事を考えてS101は譲れないかな~。

ですが、年末にASUSから12型液晶を出すという話しも聞こえ始め、まだまだ予断を許さない状況が続いています!!

ASUS、12型液晶のAtom搭載ノートを12月末にも発売
by 日経PConline

HPのMini 1000の情報も気になるところですし、あ~きっと今が一番楽しいんだろうな~と購入前のウキウキ感を満喫しつつ、冷静に商品選定を進めていきたいと思います。

UMPC関連のアンテナ立ちまくりの私なのでした。
Twitterでつぶやく

| UMPC・ネットブック・CULVノート | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SEの取るべき資格・・・資格はあった方がいい!

三好康之氏のすすめるSEの取るべき資格一覧
by アスキービジネス

この休日中にちょっと時間が空いたので、今後取得していく予定の、IT系資格などの情報を調べていたら、SEの取るべき資格という記事を見つけました。

キャリアパスを考える上での資格ガイド的な感じでよく言われているものが多かったのですが、ふと自分の今後のキャリアについて置きかえ考えてみると、未だはっきり将来を見据えていない事に改めて
気付きました・・・

このまま技術方面で進むのか、PM(プロジェクトマネージャー)方面に流れるのか、営業の方に進むのか、コンサル系に流れるのか、はたまた社内の内勤の方に転じるか、そもそも独立するのかetc本当に色々考えさせられる事が多いのですよね^^;

私も30半ばを過ぎたので、しのごの言ってる場合じゃないのですが、今自分の置かれている環境や、会社での立場、家族の意見、自分のやりたい事など、あらゆる角度から考えてはいるのですが、これだ!って道を正直まだ見つけられていない状況です。。。

今メインで働いているポジションは技術職なのですが、営業的な事をしたり、PM的な立場になったり、コンサルティング的な相談に乗ったり、色んなITに対する悩みを聞いたり解決したりと、やっている事は結構多岐に渡っているので面白かったりします。

しかしいつまでも同じ状況が続くわけがないので、少しでも自分のやりたい事をし続けたいがために、日々色々な知識をつけるべく学習したり、本を読んだりしていますが、そろそろ本気で道を見つけ、そこに邁進していく必要があるのではないかと、今更ながら思った次第です(遅っ!)

私的に色々と思うところはあって、ここに書ける事・書けない事とあるのですが、前々から興味があるのはITコンサルタントなんですよね。まーだからと言ってそこだけを目指すかというと、そんな事もなくて、新たなオンリーワンでいられるポジションというか、「あれ」だけ出来るfuminchuではなくて「あれもこれも」出来るfuminchuでいたいというか、複合的な職種をこなせる新しい人材を目指している状況なのです。

詳しくはまだ語りませんけども、例えるならば・・・

本来の仕事は八百屋さんなんだけども、フードコーディネーターであり、野菜のソムリエであり、農家さんを含め色々な人脈があって、それ系のセミナー講師である、なんて人がいればその人は間違いなく

オンリーワン

ですよね。

と、たまたま目の前にサラダがあったから例として提示してみましたけども、私の目指す姿とはまさにそんなイメージなんです!

一言で括れない職種というか、複合的な新たな職種への挑戦みたいな感覚で考えていますが、それに伴って将来的な独立も視野に収めつつ、自社内での社内ベンチャーなども検討してみるとか、将来的な目標に進むために経験しておきたい職種への転職とか、考え付くことは多岐に渡るのでここではこのくらいの記載に留めておきます。

ですが、仕事だけの自分よりも家族にウェイトを置いた生活の大事さとか、資格を取るためだけの学習への嫌疑感とか、なんと言いますか、うまく言葉で表せないのですが、現在の生活のバランスなども鑑みて己の本質を突いた生活・行動を続けていきたいので、まずは頭の中に理想の自分を描いて、そこに辿り着くにはどうすればよいか、という事を考え、もがいている状況です。

そのもがいている中に「資格の取得」という部分も含まれているので、こんなエントリー内容になっていますが、知らない方に自分が何者かという事を証明するには、やっぱり資格は都合がいいものであるので、今後も多くの肩書きをつけるためにも、色々とチャレンジしていきたいと考えております。

今の私はとりあえずLPIC-level1-102の取得を目指しているので、その到達点目指して真っ直ぐに進んでいる状態です。

もちろんLPIC-level1の取得はただの通過点に過ぎないので、今後も多くの資格にチャレンジしていく予定ですけど、資格を取得する為の学習時間が多く取られてしまうので、その辺りのタイムマネジメントも含めて検討していかなければならない私なのでした。

学ぶべき事って本当に多いですよね~

でも時間は限られている・・・
Twitterでつぶやく

| IT資格・他資格 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アメリカ大統領選挙でのインターネット戦略

オバマからのTwitterメッセージ
by シリコンバレー通信(日経PConline)

日経PConlineでシリコンバレー通信を書かれている瀧口範子さんの記事で、先日大勝を収めたオバマ米国大統領のインターネットを利用した選挙戦術の記載が面白く、もっと深く知りたくなりました!

今や携帯電話・PCを使ったインターネット戦略が選挙でも重要視される時代になったのだな~と感慨深いものがありますが、この辺のやり口は日本でも選挙で参考にされるかもしれないです。

日本とアメリカの選挙は名前こそ選挙となっていますが、その中身はまったく別物でしょうし、TwitterやFacebookなどのSNS系が幅を利かせるアメリカとmixiの一人勝ちな日本ではやり方も変わりそうですしね。

そもそも両国の選挙への興味とか関心の度合も違いますから、オバマ大統領の選挙戦術がそのまま日本で移植できるとは思いませんが、ネット層に訴えかける戦術は参考になりそうです。

携帯電話番号や携帯メルアドを大量に押さえる事ができれば、それらを利用した選挙戦術なども現実味を帯びますが、支持者の草の根運動を進んでやる米国人と、政治に無頓着な人が多い日本人とでは比べられないかもしれないですが、少なくとも相手に訴えかける事はできますよね。

他にもyoutubeなどでの映像戦略とか、色々なやり方がありそうですが、公職選挙法に抵触しないようなネット戦略を考え実行したものの勝ちになる、そんなサイバー選挙戦略が今後有効になる日が来るかもしれませんが、今のところは日本では厳しいかな。

このオバマ大統領のネット戦略の詳細をもっと知りたいのですが、ちょっと調べてみても

オバマ氏の勝利 ネット選挙時代の本格到来か
by MSN産経ニュース

オバマ支えた「ネット選挙運動」 国内では「解禁」へ道程遠し
by j-cast

「ネットが無かったらオバマ大統領はなかった」~政治勢力としてのインターネット
by techcrunch japan

などなど、色々なニュースソースが出てきますが、そのうちNHKあたりで2008アメリカ大統領選挙の特集とかやらないでしょうか?

IT系職種で生きるものとして、インターネットは切っても切り離せないため、すでに重要インフラとして機能しているアメリカなどの例は参考になる部分も多いと思います。

いずれにしても、テレビの時代からネットの時代への移り変わりという流れは間違いないので、これから益々社会の仕組みもネット中心に変化していきそうな感じです。

がんばってその大きなウネリについていかねば!
Twitterでつぶやく

| Twitter・tumblr | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本を手でおさえずに読みたい!そして入力したい!

私は感銘を受けた本を読んだ時は必ず、書評というか自分用の要約をPCに打ち込んで、デジタルで保存するという事をしているのですが、いつも悩ましいのが「本を開いたまま押さえておかねばならない」ということで、普段は衣類をはさむ大きめのクリップを使ってます。
↓こんな感じです


それで本をはさんでおいてPCに逐次入力しております。

しかし@ITの記事で面白そうなものを発見!

ブックストッパー


記事内容はこちら↓

第5回 本のページを開いたまま固定する
by @IT自分戦略研究所

値段も手頃だし、これは購入せねば!と勇んでいたら、Amazonの関連商品のところで、本をはさんだまま立てておけるという、まさに私が求めるものを発見しました!!

ELECOM EDH-004 ブックスタンド


これ欲しい~~!!!

Amazonの評価を確認すると大きな雑誌などを立てると倒れると書いてありましたが、その辺は工夫次第でなんとかなりそうなので、このブックスタンド購入しちゃいます!

使いごこちが悪ければ、ブックストッパーを追加で購入でもいいし。

これで首が痛くならず、サクサク文章入力が可能となりそうな予感。

久しぶりにライフハックないい物に巡り会えました。

@ITの記事に感謝!
Twitterでつぶやく

| その他 | 19:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

USB3.0は超高速伝送なんですね

次世代USB規格、USB 3.0の仕様がまもなく発表へ
by CNETjapan

未だにUSB1.1のポートを使用している私ですが、時代はUSB3.0です。

ちょっとググってみたところ。既に9月頃からニュースになっていたんですね。

従来の10倍の通信速度を実現した「USB3.0」が登場へ
by GIGAZINE

この記事中で気になるワードはというと、

USB3.0は従来の10倍の通信速度を実現しているだけでなく、従来のUSB2.0や1.1規格などへの下位互換性があるほか、消費電力の低減なども実現


この下位互換性を実現しているところと、エコロジーな消費電力の低減ってところがUSBの上手なところだなと思います。

今やMP3プレーヤーからカーコンポにまでUSBポートが付いているのを見てもわかる通り、もう生活に密着した規格ですよね。

そのうち家電製品にも普通に付くようになるんだろうな~

それだけでなく衣類とか、家具なんかにも付いてくるのでは?とか予想していますけど、どうでしょうかね?

これで益々USBストレージが喜ぶ展開になりますが、そのうちパソコンってUSBのHUBみたいな感覚になっていって、LANよりもUSBでNWを組むみたいな、そういうイノベーションが起きてくる予感がしてます。

伝送速度で5Gbpsもでりゃ~もう速度で不満を持つことは無いでしょう。

むしろSATA2(Serial ATA2)よりも速度が早いのだから、HDDは論外としてこれまでの通信規格がすべてボトルネックになりそう。

USB3.0、SSD、10G-Ethernet、LTE通信

この辺が新しい高速デバイスのメインディッシュになっていくのかな?と思っていますがどうでしょう??

UMPCやiPhoneもそうですが、より携帯電話とPCが近い距離になっていってますけど、この流れはより加速しそうなので、ボトルネックになりそうな技術・規格は淘汰されていくのだろうな~

10BASE-2の同軸が廃れたように、100BASE-TXなども見向きもされなくなるのですかね~…

私は通信速度や伝送速度は100MBもあればまったく不自由しないのですけども、クラウドコンピューティングの世界では、100MBでは遅くてかなわんわいという感覚なんでしょう。

もはや私の脳内シナプス同士の電気信号では追い付けない、そんな超高速通信の世界がまもなく訪れそうだけども、私の脳内通信は遅くなるばかりなので、この先ついていけるだろうか?

そんなどうでもいい事を不安に思っている私は能天気ですね
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜行性からの脱却はならず…

早起きは三文の得

なんて昔の人はよく言ったもので、早起きすると肉体的にも精神的にも人間の成り立ちからも良いという事が明らかになってきているようですし、自己啓発書などにも朝の時間の有効性みたいな事がよく
書かれているため、私も朝人間になろうと思い立ち、先週何日か早く寝て朝5時前に起床してLPICの資格勉強とかしていました。

「していました」って既に過去系っぽく述べていることからも分かる通り、実にあっさり挫折をしてしまい、やはり朝はギリギリの時間まで寝る方が私には合っているのだという事が分かりました。。。

別に朝早く起きる事はさほど苦にしないし、静かな空間での学習に心地よさすら覚えましたし、実際能率もさほど悪くなかったのです。

じゃあなんでそんな簡単に早起きを挫折したかというと、早く起きて勉強して仕事行って午前中は抜群に調子がよく、こりゃ~仕事もはかどって一石二鳥だな~なんて思っていたら、午前11時くらいに
空腹で泣きそうになり、昼飯をいつもより多めに食べてしまい、午後になるとものすごい睡魔に襲われ逆に仕事の能率が下がってしまいました・・・

そんな状態で残業して帰宅して晩飯食べるともう夢の中(笑

なんていうか人間時計が狂ってしまうようなそんな感覚でしょうか?

これが朝野球とかゴルフなどスポーツをしていたらまた違った効果があると思うのですが、早朝に集中して2時間もLPICの勉強するとさすがに一日の集中力が持たないという事が分かりました…

早起きして資格勉強して仕事の能率落ちていたら本末転倒です。

という事で私は長年続けてきた「夜行性」に戻ってしまったのですが、体も心もこの方がしっくりくるようですね。

もう少し歳を重ねると嫌でも朝型人間になりそうなので、それまでは夜行性の日常を続けていこうと思いました。

何事もやってみなけりゃ分かりません。

早起き学習すればすごい効果があるかも?

とぼんやり頭で考え続けるよりも、早起き学習してみて「これは違うな」と理解してしまう方が、精神的にも潜在意識的にも良い事だとそう思っています。

これで大手を振って夜間勉強に励みたいと思いますが、夜は夜でまた睡魔に襲われる事も多く、結局は自分のだらしなさやダメっぷりに辟易してしまいます。

今のところほぼ毎日学習を続けられているのでそこそこ能率はいい方なのかもしれませんが、もっとピッチを上げていかないと、今月末の受験には間に合わなそうな感じです!

集中!気合!オレはやれる!

と精神論をふりかざし、今宵もダラダラと学習に励みたいと思います。
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デッサン力を高めたい

1日10分!〈描き込み式〉スケッチの基本練習帳


先日郊外の大型スーパーで買い物をしていた時に、いつも通り本屋でマンガやらビジネス書やら新書などをつぶさにチェックしていたのですが、ふと目に飛び込んできたのが上記の本です。

本を手に取り中身を確認すると、描き込み式でデッサン力を高めるというか、誰でも簡単に絵が描けるようになるという触れ込みだったのでしばし悩みましたが、絵心がゼロな私でも少しはまともな絵が描けるかも?と淡い期待を抱き購入しました!

帰宅後中身を再度見返しましたが、描き順がついていたり、補助線の活用など、平易に解説していてとても好感を持てました。

まずは基本的な事を繰り返し、そこから自分なりのアレンジを施して、自分流の「絵」が描けるようになるのが理想でしょうか。

思えば高校時代に、風景画とか抽象画を水彩等で描くのを密かな楽しみとしていた私ですが、その頃の美術の先生に授業中に激しくダメ出しされて、しかも勝手に「こうやるんだ!!わかったか!!」と私の絵をぐちゃぐちゃに上書きされてしまい、先生と激しい口論になったのが原因で描くのを止めてしまったのですが、今では良い思い出ですね。

たくさん良い絵を描いて世間の皆様に見てもらいたい等という思いは無いので、あくまでも自己表現手段の一つ及び将来に渡って楽しめる趣味に出来ればと考えていますので、密かに細々と続けていきたいですが・・・どうなることやら・・・

とりあえずは今このスケッチ練習をしだすとハマってしまいそうなのでLPIC取得後のお楽しみとすることにいたします。

さ、勉強、勉強っと!
Twitterでつぶやく

| デザイン | 19:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モバイルノートへかける想い

最近の私はというと、仕事しているか、LPICの学習しているか、子供と遊んでいるか、モバイルPCの製品調査をしているかのどれかであり、本当飽きずに毎日PC情報を眺める時間が多いです・・・

過去のニュースや今後発売されそうなモバイルPC達を追いかけ、日夜ネット検索を繰り返しておりますが、ただ見ているだけじゃダメだと考え、大手家電量販店に視察に行くことに。

やはり今注目されている分野なのか、結構目立つ位置に専用のブースが確保されており、操作性と市場価格の調査をしてまいりました。

見て触ったら欲しくなってしまうので、なるべく見ないようにはしていたモバイルPC達なのですが、久しぶりに店頭にあるもの色々といじってまいりましたよ。

で、とりあえず出た結論が、8.9型液晶モデルだとキーボードのピッチが小さ過ぎて入力が困難であるという事。

プロセッサやメモリ、HD容量などはどの製品もまったく問題ないのですが、手がでかく指が太い私には15mmくらいの小さいキーボードはタイピングが困難です。

まー分かっていたことなのですが、本気で検証してみてやはり無理という事が判明したのはちょっと残念でした・・・。

ですが、10型液晶のEeePC1000H-Xを触ってみると、窮屈ですがキーボード入力にさほど支障は無かったのでターゲットが定まったというか、10型液晶モデルの製品群に的をしぼりました!

EeePC901-Xが15.5mm、EeePC1000H-Xが17mmというキーボードのピッチ間隔らしいのですが、この1.5mmの差は天と地ほど違います!!

やっぱり実機に触れてみて検証することの大切さがよくわかりました。

本でも何でもネットで買ってしまいがちな私ですが、自分の目で確かめる重要性を思い出させてくれたような思いですかね。

さてターゲットを絞ったところで、どのUMPCを選択するかですけども、価格コムで調べたところ・・・

EeePC1000H-X
最安価格(税込): ¥52,998

SOTEC DC101W
最安価格(税込): ¥59,800

MSI Wind Netbook U100 Vogue-HT
最安価格(税込): ¥56,145

※いずれも2008年11月1日現在のデータです

↑こんな感じになりました。

私的にSOTECとMSIはあまりいい話しを聞かないので、やはりEeePC1000H-Xが第1候補となりそうです。

後は先日このブログでも書きましたHP Mini 1000の日本発売を待ち、比べてみるという流れになるでしょうか。

HP Mini 1000に心魅かれています
by 気になるけど

11月以降もモバイルPCの流れは加速しそうなので、細かい製品動向などを注視しつつ、12月中には購入できればいいかな~とそんな思いでおります。

まだちょっと時間があるので、熱が冷めるかもしれませんしね。

でも早く欲しい!
Twitterでつぶやく

| UMPC・ネットブック・CULVノート | 01:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Windows7ってどうなのでしょう

アメリカで開かれているPDC 2008にて、次期Windows OS「Windows 7」の公開デモ並びにプレゼンが行なわれたようで、ちょっとした話題をさらっていますけども、なんて言うのですかね、情報が分散され過ぎていてわけがわからなくなっているのと、その良さがまったく伝わらずなんだかな~という気持ちです。

ITproだけでも結構な記事数となっており、記事一覧というかまとめサイトみたいで恐縮ですが紹介いたします。

PDC 2008]キーノートでWindows 7を初披露
PDC 2008]待望のWindows 7プレベータ版が配布開始
PDC 2008]Windows 7ではUACの強さを設定可能に
MSバルマー氏:「Windows 7を待つのもよい」--企業のVista導入見送りに対し
Windows 7が標準装備する「Windows Live Essentials
Windows 7は家庭内ネットの使いやすさを向上へ
Windows 7はタスクバーを強化、ウインドウ操作が直観的に
Windows 7」登場! ベールを脱いだ次期OS
PDC 2008]Windows7タスクバー改良の意味
[PDC 2008]Windows 7では「Office 2007風アプリ」を開発可能に
[PDC 2008]Windows 7のアプリには「ミニスタートメニュー」が出る
[PDC 2008]Windows 7にネットワーク・キャッシュを搭載,WANのサーバーへのアクセス速度を改善

これらの全ての記事に目を通し、さらに他のニュースサイトもくまなくチェックしていますが、読後の私の感想は

「で、何がすごいのだろう?」

でした・・・

VISTAベースであり、タスクバーの改良やジャンプリストという新機能にリボンUIの採用、タッチパネルでの使用、ホームグループという家庭ネットワークの重視etc

新しいOSだけあって色々新機能が使えるらしいのですけども、記事中の写真や文面で判断する限りでは心ひかれる機能などは無く、「ふ~ん」という感想しか出ませんでした・・・。

実際にその姿を目の当たりにして、自分の手で触ってみたらまた感想も違うものになるのかもしれませんが、私が気になっている点はただ一つ

互換性問題

なのですよね。

新しいOSを入れると必ず付いてまわる「互換性」の問題は、私のような仕事をするものにとって重要かつ大事な事項です。

その辺の話題はベータ版を使用したギークな方達の人柱行為によって明らかになっていくのだと思いますけども、様々なアプリケーションや周辺機器との相性が良いことを切に願います。

普段のPC使用でWin2000やWinXPで事足りてしまっている私には魅力を感じられないWindows7ですけども、仕事では使わざるを得ないので、その辺の判断を早いところ見極めたいと考えています。

とりあえずは、もっと具体的な情報が入ってこない限りは、このWindows7に対する評価をくだせなさそうなので、あせらずゆっくりと情報収集に努めたいと思います。

まずは自宅でVISTAを導入するところから始めよって感じですが
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 01:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。