気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2008年もあと僅か

一年が終わるのは早いものですね・・・

そもそも一年を365日として、365日もあるのか~と考えるのと、365日しかない!と考えるかで気持ち的に差がありそうですけども、私は性格的に後者の方なので、いつも何かにせっ突かれているような
そんな気がしています…。

さらに一年を12ヶ月と捉えると「あ~12しか月がない!!」という気分にさせられます。

それもこれも、色々とやるべき事・やりたい事、チャレンジしたい事などなどたくさんありまして、普段から時間が足りないと一人頭を抱えているので困ったものです。
そんな私を第3者の視点から見ると「好事家(こうずか)」に映るかもしれませんね。

元々好奇心旺盛なんだけど腰が重いみたいな、そんな感じでして来年はもう少し「行動」するように自分を仕向けてみたいです。

さて、さきほどちょっと時間が空いたので2008年の自分を振り返っていたのですが、2007年の「私」よりもだいぶ成長したなと改めて思い、今年はよき一年であったと断言できます。

2009年は今年よりもさらに成長できる年にできたらば言うことありませんが、社会情勢を傍観していると嫌なニュースばかり目につき、己にも災難が降りかかってくるやもしれません。

しかし、自分を見失うことなく、地に足をつけ、勇気をもって歩を進めていきたいです!!

来年は「創造と行動」の年にするという事を決めていますので、このキーワードを常に頭の片隅に置き、普段の生活の中に取り入れて、良き規範にしていきます!!

え~最後にこのブログに関してですが、現在1000記事を目標に邁進しておりまして、日々たくさんの方々に訪れていただき、大変ありがたい気持ちでいっぱいです。

アクセス数も去年の今頃と比べると格段に増えており、感謝の言葉しかでてきません!

だいたい右上がりで閲覧者が増えていまして、12月はMini1000の記事が牽引となり、月間1万アクセスを達成いたしました!!
※ユニークユーザーは8千くらいでしょうか

それもこれも皆様のおかげだと考えております。

また、総じて薄っぺらい内容の記事が多いと反省をしておりますので、もっと人に役立つ、また覗いてみようかと思えるようなコンテンツを提供できればいいな~と夢みております…。

このインターネットの端っこの方で細々と運営しているブログですが今後ともご愛顧いただければ幸いです。

来年もよろしくお願いいたします!

よい年を(^o^)丿
Twitterでつぶやく
スポンサーサイト

| その他 | 13:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2009年からの新情報処理試験・・・悩みます

第1回 情報処理技術者試験、新制度の全貌が明らかに
第2回 新 情報処理技術者試験、全試験科目をまとめて解説
by @IT自分戦略研究所

2009年からIPA(情報処理推進機構)が開催する情報処理技術者試験内容がリニューアルされます。

とはいえ新設されるのはITパスポート試験等であり、内容は今までとさほど変わりはないようですね。さらに試験範囲も多少の変動はあるようですが、基本部分は変更無し。

スキル標準(ITSS、UISS、ETSS)に合わせた形への移行と受け止めていますが、私自身来年以降受けようかどうかまだ検討中でして、もう少し考えてみるつもりです。

と言うのも現在の業務において情報処理試験区分が必須なわけではないですし、この取得するまでの学習時間が惜しいというのが迷う理由でして、他にも色々やる事ありますので、しっかり1年間のタイムマネジメントをしないと、数ヶ月情報処理試験勉強をして不合格になったらそれこそ時間泥棒と感じてしまうでしょうし・・・

今のところ2009年の細かい予定・日程を詰めていませんが、LPICのlevel2とメンタルヘルス・マネジメント検定試験までにとどめようとは考えています。

でもITプロとして生きていく身で、やはり公的な情報処理資格が欲しいのも事実なので、密かにそーっと受験するかもしれません。

またあの過去問地獄を行なうのかと思うと寒気がしますし、不毛な努力に思えたら負けなので、それなら受験しない方が心にも体にもいいような、そんな気がします。

やっぱりもう少し検討してみようっと・・・
Twitterでつぶやく

| IT資格・他資格 | 18:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年末はバックアップをします

もう仕事納めをして帰省されている方、まだ働いている方、そもそも正月は「かきいれどき」の方等々色々な方々がいらっしゃると思いますが、年末と言えばデータのバックアップが恒例行事となっている私は、仕事用PC・自宅PCはもちろん、お客様のところに赴き、挨拶がてらデータのバックアップをこなすという日々が続いています。

単純にフォルダのコピーだけして終わりという場合もあれば、専用のバックアップツールを使い不定期フルバックアップ処理をしたりと、色々ありますけれど、復旧に時間がかかっては困るPCに関しては
OSイメージを作成して、その状態に復元する必要にかられます。

その際に使用する事が多いソフトがAcronis True Imageです。

Acronis True Image 11 home(個人用)
by ラネクシー

Acronisシリーズ(法人向け)
by ラネクシー

本格的に使いだしたのは今年の春くらいからなのですが、このソフトに慣れてしまうと、もう他の製品に移行することは出来ないのではないかと思わせるくらい便利です。

このAcronis True Imageで最も優れていると思わさせるところが、NIC等各種ドライバの認識率の高さと、ネットワーク経由のバックアップが簡単であるというところ。また、普通にPCを使いながら裏でイメージバックアップデータの取得が可能という点も見逃せませんね。

そして値段の安さも理由の一つでしょうか。

昔はMicrosoft標準のSysprep(シスプレップ)を使いやっかいな設定を駆使してイメージデータを作成したり、使いにくいイメージ作成ソフトで試行錯誤を繰り返しておりましたが、今ではその前準備の時間が大幅に短縮されて、とても満足度が高いです!

OSイメージ復元の成功率もほぼ100%ですし、言うことなし。

私がお客様のバックアップソリューションを提案する場合には、Acronis True Imageを使ったシステム提案する事が大半ですし。
※規模にもよりますけども・・・

使い方も簡単ですし、ある程度マニュアルを整備してあるので、お客様に作業してもらうという事を前提に、提案が可能なのでここも魅力の一つでしょうね。

仕事でも自宅でも大活躍のAcronis True Image、今年の年末はこれでデータのバックアップをしまくりです!
Twitterでつぶやく

| ソフト・アプリケーション・ツール | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デジタルフォトフレームいいですね

最近静かなブームになっているデジタルフォトフレーム。

HP Mini1000を見に行った時も思わず足を止めて色々触ってしまったのですが、子供や家族の写真(デジタルデータ)が豊富にあるので、それをこのデジタルフォトフレームで表示したらいい感じかなと
そう思いました。

三洋やSONYやサムスンなどのデジタルフォトフレームを検討しましたけど、どれもこれも値がはるし、設定も癖があったりするようでこりゃしばらく待った方がいいかな?と思っていたら、バッファローから
PF-50WGという18000円くらいの手頃なデジタルフォトフレームが発売されていました。

PF-50WG
by Buffalo

さまざまなメモリーカードに対応しているので、撮り溜めた子供の画像や映像を、気軽に表示させることができます。

弱点は本体のメモリーが85MBしかなく、ここは使えないと考えて差し支えないでしょうか。

SDカードなどにデータを移してそこから表示させるという使い方でしょうかね。

他にも「Picasa」「Flickr」などの各種オンラインフォトアルバムサービスに対応しているので、そこからお気に入りの写真などを表示させるというのも面白そうです。

写真や音楽やビデオの対応拡張子は下記

写真 JPEG、BMP
音楽 MP3、AAC
ビデオ MotionJPEG※1、3GPP※2
対応拡張子:avi、mov、3gp

※1:最大640×480ピクセル。30fpsに対応
※2:最大352×288ピクセル、30fpsに対応


aviだと容量がかさみ現実的ではないため、3gpにエンコードして見るという作業が必要になりそうです。

でもそんなことするくらいならDVDプレーヤーを購入した方がいいかななんて思ったりもしたり。

正直1万円くらいに値段が下がると触手を伸ばしやすくなるのですけど、この仕様で2万近くは出せないかな・・・と。

でもとても興味があるので、いずれ購入するリストには入れておこうと思います。

これって自分の子供の写真込みで、親(爺婆)にプレゼントとかしたら喜ばれそうですよね。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 21:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

食べていける子というか食べていける親になりたい

第48回「食べていける子」に育てる父親の言葉
by 日経BP

ファイナンシャルプランナー 當舎 緑(とうしゃみどり)さんの書いたコラムですけど、このコラム中に貼ってあるリンク先が面白そうで取り上げてしまいました。

以下そのリンクを抜粋させていただきます。

家庭における金融・金銭教育 : 知るぽると

キッザニア

東証 学生・教員の方へ

親子で学ぶ 金融教育 職業教育サイト キッズ・マネー・ステーション

金融知力普及協会

子供と一緒にお金などについて学ぶ事ができるサイト集と捉えて差し支えないかと思いますが、私自身がお金がなんたるものかを理解していなくて、そんな親が子供にお金の教育なんてできっこないのは当たり前。

ですから少しずつでもお金の勉強をして、それを子供に伝えてあげたいとそういう意識でおります。
出来れば子供と一緒にお金について学べたらなとも思います。

こういう教育は学校では絶対に教えてくれず、子供は親に教わるか、そういう教育を施してくれるところに行くしかありません。

私も親からお金の教育なんてされた事無いので、まず私が覚えないといけませんね。

ユダヤの方々などは、子供の頃から金融教育が行き届いているなんて記述を何かの本で読みましたが、私も子供にお金の教育をする事ができればな~とそう思っています。

そういう意味ではこの「暮らしに潜むリスク」のコラム群は必読に値しますでしょうか。

暮らしに潜むリスクバックナンバー

少しずつでもいいので、財務・会計・金融などというお金に関する勉強も今後増やしていきたい…いや増やさなければならない時代になってきているのですよね。

肝心のマネーが無いのですけども…
Twitterでつぶやく

| 財務・会計・投資・金融・経済 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どこでもスピーカー!!欲しいです

X'masイブにこのネタ?というので悩みましたが、見事に私のアンテナに引っ掛かったので、ご紹介したいと思います。

身近なものが何でもスピーカーになる「どこでもスピーカー」
by 日経TRENDYネット

日経トレンディネットのヒットの芽で紹介されていた「どこでもスピーカー」なるものに興味深々でして、いまにも買ってしまいそうなそんな勢いです。

骨伝導の技術によって色々な物に貼り付けて音を鳴らすという、スピーカー好きの人の好奇心をくすぐるユニークな商品だと思います。

販促ナビ どこでもスピーカー
by Design Factory

動画はこちら↓




上記動画を見ていただければ分かると思いますが、空洞のある物体であればなんでもイケそうです。

家中あらゆるもので試してみたい!!
そんな欲望が湧いてくる「どこでもスピーカー」欲しいですね。

というのも子供と一緒に楽しめるおもちゃのような感覚で捉えていますし、実際にいい音を響かせる「物」に出会えたら楽しいと思います。

私の欲しいものリスト入り決定です!
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分にもX'masプレゼントを与えましょう

明日(12/24)はX'masイブです。

我が家は小さい子供が2人いるので、おもちゃなどのプレゼントをラッピングしたものをAmazonで注文済みなので、明日の夜そーっと玄関とかに置く予定です。

子供だけならばいいのですが、我が家では嫁さんと私の分もプレゼントを買うので出費がかさんで毎年財布が苦しい思いをしております・・・

特に私は今回「HP Mini 1000」を購入しているので余計に厳しくて、来月からは塩でも舐めて暮らそうかと、そんなひもじい思いをしてしまいそうです(言い過ぎですね)

さらに嫁さんの分のプレゼントもそこそこ値がはるものを買ったりしているのでもう~どうしましょうかね?夜逃げですかね?

まあ冗談はその辺にしておいてと、

そもそも毎年必ず家族全員にX'masプレゼントが行き渡るようにしているのは、子供ばっかずるいだろという気持ちと、今年一年皆お疲れ様という意味合いが強く、X'masくらい全員が喜ぶプレゼントをもらいたいという事でかれこれ6年くらい続けています。

いつも自分へのX'masプレゼントは、本3冊とかPCのパーツとか、安価なもので安くあげているのですけど、今年はUMPC購入してしまったので、今までの鬱憤を晴らしてやった感じでしょうか(笑

そもそも何が言いたいのかというと、

一年間がんばった自分に褒美を与える

という事を世の中のお父さんお母さんを始め、大人の方々はあまりしていないように見受けられます。

私の周りでもX'masは子供だけとか、独身の方は彼女(彼)にだけあげるとか、自分自身に褒美を与えるという事をしない人が多い感じです。

「プレゼントは人からもらうものじゃない?」とか「自分にプレゼントなんて…」とか「もういい大人なんだし…」とか、そういう一歩引いた謙虚な姿勢は悪くないのでしょうが、もっと自分という人間を労わってあげてはどうでしょうかね?

世知辛い世の中を毎日毎日がんばって過ごしているのですから、せめてこの時期だけでも自分に何かご褒美を与えるという事をもっと真剣に考えた方がいいと私は思います。

本を1冊自分に買って年末読んでみようとか、
フォトフレームを買って家族や恋人の写真を飾ろうとか、
ゲームソフトを買って年末楽しもうとか、
コートを新調しようとか、
メガネフレームを入れ替えようとか、
美味しいものを食べに行こうとか、
小旅行に出かけようとか、
リフレクソロジーで体のメンテナンスをしようとか、
スキー・スノーボードを新調するとか、

思いついたまま書いてみましたが、自分だけへの褒美だけではなく、誰か一緒に何かしようというのでもいいと思います。

自分に対して何かを買う・何かをする事により、新しい発見とか今まで気づかなかったものに興味が湧くとか、行動するきっかけになると思うのですよね。

人間誰しも「○○が欲しい」とか「○○が食べたい」など様々な隠れた欲求が渦巻いているはずです。
そんな心の声に耳を傾けて、出来る範囲内で叶えてあげるという事が「心」にとっても大事なのではないかと、そう思っています。

もちろん物を買うとか消費するという事だけでなく、ご無沙汰にしている友人に会いにいくとか、瞑想にふけるなんて事でもいいと思っています。

X'masのこの時期だからこそ、何かをするには丁度いいのではないでしょうかね?

大切な人と過ごす・一人で過ごす・そもそも年末の時期は夜中まで仕事だからなんて方もいらっしゃるでしょうが、どうも自分自身にスポットを当てて労わるという事を軽んじている人が多いような、そんな気がしています。

ぜひとも自分にプレゼントを与えるという事をしてあげて欲しいと、私の周りの方を含め、世の中の方々に提案したいですね。

自分への労わりの気持ちを大切に…

…私はめちゃめちゃ労わっていますが(爆
Twitterでつぶやく

| その他 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2008年読破済み本のベスト5

私は毎月最低5冊の本(主にビジネス書)を読むということを自分に課しているのですが、今年はLPIC受験などに時間を振り向けた分、毎月5冊のノルマ=年間60冊読破を果たすことが出来なそうです…。

まだ年内数日あるますし、がんばれば10冊くらい読めてしまえるのですけど、この暮れの忙しい時にそこまで読書の時間も取れず…。

それでも冊数にして50冊に届かないくらいだと思うのですが、読んでいることは確かなので、年末ということもあり今年読破した本の中のベスト5でも掲載しようかなと思い立ちました。

本当はもっとこのブログで書評的なものを書ければいいのですが、読むのも時間かかるし、その文面抜き取りやまとめの文章をおこすのが手間となるので、なかなか手がつかず。

書評ブログ書いている方々とか尊敬しますよ本当に!

私などその足元にも及びませんけども、面白かった・心打たれたというビジネス本のランキングでもしてみようと思います。


1位: 勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力



もう今年の1位はこの本以外にないでしょう。
売れた冊数なら「夢をかなえるゾウ」とかの方が上ですけど、私にとってフレームワークの基礎を順序立てて教えてくれた貴重な本であり今でもよく読み返しています。しかもこの本ちょっと分厚いので、本をバラしてホチキスで留めて分けて読むようにしていたりします。そのくらいハマった勝間本、文句なしの1位です。来年も読み続けると思います。自分の中で血肉となる日まで…。


2位:さあ、才能(じぶん)に目覚めよう
あなたの5つの強みを見出し、活かす




実は今まさにこの本を読んでいる最中なのですが、評判通りかなり面白いです。何が面白いって本の表紙の裏に書いてあるIDコードをWebサイトで入力して長い質問に答えていくと、自分の隠れた才能(強み)を知ることが出来るという、なんともお得なこのシステムに惹かれました。
自分の強みを知ることが出来たので、今後この強みを生かして色々試行錯誤を繰り返していきたいです。何の事を言っているかわからないかもしれないですが、興味が湧いた方は一読を強く奨めます。
ひょっとしたら私の生き方を変えるきっかけになるかもしれません。2001年に発刊したとは思えないくらい、今でも売れているようです。今後数年間は色褪せない内容でしょう。


3位:3つの真実



大ファンの野口嘉則さんの著書です。
名著「鏡の法則」の次に発刊した本ですが、この本もやばいです。何がやばいって、涙が溢れそうになります・・・。
どうしてこの方の話しは心に響き渡るのでしょうかね?今年は野口さんのポッドキャストを何度も繰り返し聞いていますので話しを全て覚えてしまいましたが、そのくらいこの本も何度も何度も読み返しました。
最近また新しい本をお出しになり、先日購入したので正月にでも読もうかなと考えてます。
それがこれ↓
心眼力 -柔らかく燃えて生きる30の智恵- (CD付)


4位:地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」



今年秋「フェルミ推定」の問題にハマってしまった原因がこの本。
問題解決力と双璧で、本当に集中して読破・実践、また読破のサイクルをグルグル回していました…。書いてある内容は難解で、お奨めはしませんけども、私の中で別な視点を持つきっかけになったという事で、4位とさせていただきます。続編のいま、すぐはじめる地頭力の方がわかりやすかったのですけどもね。

5位:思考の整理学



1986年に発刊したとは思えないくらい今でも通用する「思考」について深い洞察と見識を持つ著者「外山さん」の本です。超有名書評メルマガ「ビジネスブックマラソン」の土井さんが紹介して人気に火がついたという認識でしたが、違っていたらすみません。

私はこの文庫本を外出先に常に携行して、終いにはトイレの中の常備本として置いてしまうくらい何度も繰り返し読みました。気持ち的には1位でもいいのですが、文面は難解であり、読んでて試されているような、そんな読者に厳しい本かと思いますが、書いている内容は一読の価値があります。
この本に刺激を受けて、他の外山さんの著書3冊を揃えてしまうくらい、この方の知識や思考は参考になります。


…とまあこんな感じで久々に本の紹介をしましたけども、上記5冊は私にとって一生本棚に置いておきたくなる名著であると言えます。

来年はどんな名著に出会うことができるか?
楽しみでなりません!!

まずは本棚にある50冊くらいの未読本から消化していきたいと思います。

※ちなみにビジネス本以外のものは省いておりますので、何かの機会にそれらの本を紹介していければいいですね。
Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 23:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HP Mini 1000用マウスとケースを買いました

この週末にHP Mini1000用としてBluetoothマウスとソフトケースを買ってまいりました!


某家電量販店にてBluetooth対応マウスを探したのですが、以前目をつけておいたマウスが売り切れで、散々探しました・・・

で、結局購入したBluetoothマウスはこちら↓


底面にレーザーポインタ用のボタンがたくさん付いており、まあ自宅で使う分にはまったく必要ない機能ですね…。

充電機能とか無いので迷ったのですが、ポイントカードでほとんどをまかなえるため購入したわけですが、Mini1000との接続もすぐ完了し、動作もまったく問題ないです。

スタートメニュー→「すべてのプログラム」からマイ Bluetoothを起動し、そのまま進んでいくとデバイス検索で勝手に見つけてくれました。



私的にMicrosoftのマウスは質が高いと思っているので、とても満足しております。

そしてMini1000用のケースですが、なかなか値段とサイズで満足いくものが見つからず、MacBook用のケースとかも検討する始末…。

色々試行錯誤を繰り返して結局選んだのが、100円ショップで売っているスポンジのようなソフトケースでした。



B5サイズ、A5サイズ、ハガキサイズ?くらいの3種類を購入して総計300円という手頃さ(笑

中身はこんな感じ↓


黒くて細い電源ケーブルを探したのですが、これも見つけることができず、また100円ショップの活用。

中身を取り出した後、B5のケースの中にA5のケースを入れて、その中にマウス用のケースを入れておけば外で無くさないかなと思いまして、こちらも思ったより満足しています。

ついでに持ち出し用のバッグも購入してこれでいつでも外に持ち出し可能です。

こたつの上でケーブルレスを実現出来たので、なんだかすっきりして本当に購入して良かったな~としみじみです!!


後は1月に発売予定の6セルバッテリーのみですが、まあこちらは困ったら買うということにしようかと考えています。

ずいぶんお金と時間を費やしましたが、その甲斐はあったかなと。

年末はネット三昧になる予定ですので、いい環境が整いました。

さて、怖いのは子供にベタベタ触られる事なのですが、強い意志をもって排除してやろうと思います(笑
Twitterでつぶやく

| UMPC・ネットブック・CULVノート | 19:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HP Mini 1000でウ~ン…と思う10のモヤッと

いっその事UMPCブログに転向しようかという勢いですが、気にせずまいりたいと思います!

HP Mini 1000購入後、楽しくいじくりまくっている私ですが、あえてここが残念!っていう部分も顕在化しておこうかと、マイナス思考に走るのもどうかと思いますが、これからHP Mini 1000 SSD16+8GBを購入検討される方の参考になればと思います。

ズバリ言ってしまえば、私的に不満なところはACケーブルの太さくらいなものなので、その他はとても満足しているのですが、細かい改善点・要望的なものはいくつかあるので以下に記載してまいります。


1、液晶画面がめいっぱい後ろに倒れない

これは構造的なものなので仕方ないのですが、ヒンジ部にスピーカーがついていることもあり、もう少し後ろに倒れてもいいかな?と思う程度です。

2、キーボード部を押さえて液晶画面を倒さないと、後ろに転がってしまう

Mini 1000だけに限らないと思うのですが、重さが軽い分液晶を片手で後ろに倒そうとすると、コロンとひっくり返ってしまいそうになります。

3、2ポートあるUSBコネクタの装着・脱着が固い

なんだかUSBポートのコネクタが固いのですよ!
固いコネクタにUSBメモリをさして、抜こうとした時にUSBメモリを壊した事2回くらいあるので戦々恐々としています・・・
なのでUSBの延長コードを買って対処しようと考えています。

4、キーボード左下のCtrlキーが小さい

職業病なのかもしれませんが、左手小指で左下のCtrlキーを押下してCtrl+CキーとかVキーを多用するので、操作がしにくいです。

5、熱は感じないが、ファンはよくまわる

特段重たい作業とかしていないのですけども、ファンの音はよく聞こえてきます。ただその音量は少しだけ気になる程度ですが。

6、バッテリーモード時とACアダプタ装着時の液晶の輝度の差

当然と言えば当然ですが、バッテリー時の液晶輝度がすごい暗くて、ACアダプタ装着時にはものすごく明るいです。こんなに差があるのかと、その明暗に驚きました。

7、SSDの挙動がおかしい?時がある

SSDはフラッシュメモリなのでHDのようにシークする時間が無い分高速に動作するはずなのですが、何かどこかでふん詰まっている?ような挙動を感じる事がよくあります。
その辺は割り切っていまして、MLC方式のSSDを利用しているからだと考えていますが、使えなくならなければまあいいかなと。

ちなみに安価で大容量化のMLC(マルチレベルセル)方式と、速度や書き込み可能回数に優位性があるSLC(シングルレベルセル)方式の2種類のSSDが出回っていますが、今の世代のMLC方式は信頼性が低いという事なのかもしれないです・・・。

ひょっとしたら寿命が短いかもと思うとゲンナリしますが、その際はSSDの換装し直しとか、違った楽しみがあると考えるのはプラス思考過ぎですかね。

8、ソフトケースなどのオプションを用意して欲しかった

アスースEee PC S101などだと専用のケースが付属していたりして、羨ましく思ったりします。無ければ無いで気に入ったものを買えばいいだけなんですがね…。

9、外部ディスプレイポートが無いのが…

私は自宅用として割切ってますけど、ビジネス兼用で考えている場合、プレゼンなどで外部ディスプレイに出力する事が出来ません。なんでHPは外部ディスプレイポートを省いたのだろう?と思っていましたが、どうやら1000シリーズは家庭向け、2000シリーズをビジネス向けという位置付けにしているらしく、それが嫌ならHP 2133とかを選べという事なのかなと勝手に思い込んでいます。
家庭では使わないだろうという判断なのかな?と

10、メモリ2GBまで搭載可能として欲しかった

チップセット自体がメモリ1GBまでとしているはずなので仕方ないのですが、実際はメモリ2GBを換装可能なようですし、他のUMPCも2GBまで対応可能とするモデルがありますのでHPでもそのようにして
欲しかったかなと思います。2GBも容量いらないのかもしれないですが…


とまあ、半ばイチャモンに近い内容で10個のモヤモヤする部分を無理やり吐きだしてみましたが、私は冒頭に書いた通り、製品としては非常に満足しています

また、5年くらい動いてくれればいいかな?という気持ちでもいます。

メインのPCとして使うわけではないですし、手軽にどこでも使用可能という可搬性に惚れたのであって、なんでもかんでもMini1000で済まそうなんて気持ちは毛頭ありません。

価格的にもこの作りでこの値段というのは安いと思いますし、性能的にもデザイン的にも満足度は高いと感じます。

もっとガリガリ使いたい人は別のUMPCやこんな感じのものを選択すれば
いいのではないでしょうか?

私がHP Mini 1000を採点するとすると、95点くらいはあげていいとそういう評価です。

各々の方々の価値観や使い方などがあると思いますので、強く推奨は致しませんが、私は散々検討した事だけあって満足度が高いだけなのかもしれないですけど。

今後UMPC購入を検討されている方の参考になれば幸いです。
Twitterでつぶやく

| UMPC・ネットブック・CULVノート | 22:48 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Mini1000でSDHC16GBをドライブとして認識

最近UMPCブログみたいになりかけていますけども気にせず進みます。

HP Mini 1000 SSD16+8GBを買う前から絶対やろうと思っていたのが…

SDHCカードのドライブ化作業

なんですよね。

SDカードやSDHCカードは、通常PCで認識させるとリムーバブルディスクとして認識するため、Officeとかその他のソフトウェアをカード上にインストールしようとしても出来ないので、HP Mini1000のSSDモデルを購入すると決めた時から容量不足に対処するために、SDHCカードをドライブとして認識させてディスク容量をかせごうと考えていました。

まず参考にさせていただいたのが、「胃袋さん」の下記記事

「HP Mini 1000」のSDHCカードスロットをHDD化
by 胃袋-ibukuro

こちらはHitachi Microdrive Driverを使ったハック情報でして、マイクロドライブドライバのinfファイルに下記事項を追記して、ドライブとして誤認識させるという、カスタマイズ大好きな私にはたまらないものです。

・cfadisk.infを編集
35行目に下記の一行を追加します。
%Microdrive_devdesc% = cfadisk_install,USBSTORDiskSingle Flash Reader USB Device(%Microdrive_devdesc% = cfadisk_install,USBSTORDiskUSB2.0__CardReader_SD0__0100)


よしじゃあHitachi Microdrive Driverを探そうとしたところ、すでに日立では配布をしておらず、散々探してようやくWv-netさんのところで見つける事ができました!

「宇奈根」発動!EeePCに迫れ SSD計画 その⑤
by Wv-net 日常ちゃめしごと

デバイスマネージャーから「ディスクドライブ」のSingle FlashReader USB Device(SDHCカード)のドライバをcfadisk.infに指定しなおし、PC再起動にて見事ドライブとして認識いたしました。



先に付属の8GBのUSBディスクを認識させていたのでEドライブとなりましたけど、このドライブにOfficeやら他よく使うソフト群を一式インストールさせて問題なく使用できています。

ちなみにSDHCカードはTranscendのSDHC16GBを使用しました。



後はバックアップ作業を残すのみですが、こちらはAcronis True Image 11 Homeを使い、ネットワーク共有から別のPCに全ドライブをイメージ化させて保存させておくつもりですが、これは週末にでもやろうかと考えております。

それよりもまずはMini1000を使いまくる事が先決かなと考えてます。

そうそう、Bluetoothマウスも買わないと…

今使っているUSBマウスが調子悪くて、ポインタ矢印が勝手に左に左にと流れていくのです・・・

あとMini1000用のケースと、細い電源ケーブルを購入して、L字の電源コネクタから延長ケーブルみたいにして使おうと計画中です。

付属の電源ケーブルは太すぎで気に入らないのですよね。

すべて揃えば楽しい楽しいMini1000ライフが待っております!!

あ、6セルバッテリーが1月発売予定なので、それも出たら買います。

こんなにも楽しい思いをさせてくれるMini1000には感謝感謝です。

そしてUMPCの貴重な情報をいただいた全ての方々にも感謝です。
Twitterでつぶやく

| UMPC・ネットブック・CULVノート | 23:59 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネットブックでFONにつなげるという選択肢

FON

FONとは自宅のFON無線LANルータの一部を外部のFONメンバーに開放してメンバー同士で相互に利用し合ってインターネットにアクセスするシステムです。


なんでこんな事を言い出したかと言うと、昨日HP Mini1000の無線LAN設定をしようとした際に、FON無線LANルータなど、3つの知らないアクセスポイントが見つかりました・・・。

FON Mapで確認してみると確かに自宅近くにはFONの無線LANルータを設置されている方がいらっしゃるようで、そちらのアクセスポイントが見つかったという事で間違いないです。

FON Map

私の自宅ではIODATAの無線BBルータをANY接続を無効にしていたり、MAC認証やらWPAでセキュリティを固めているのですが、それをすっかり忘れていて、「これだったっけな?」とある一つのアクセスポイントに接続しようとしたところ、WEPキーを求められ、こりゃ知らない所だと、慌てて自宅無線BBルータの環境を調べました。

その後難なく無線接続が出来たのですが、自宅以外のアクセスポイントがいくつも見えるというのも、よくある話しなのでしょうけど、あまりいい気持ちはしないです。

しかしそんな事より、どうにもこうにも気になるのが

FON

のアクセスポイントなんですよね・・・。

なにやらWEPキーも設定されていないようだし、Mini1000から無線LAN設定であっさり接続されてしまいそうで、ちょっと驚きの感がありました。

正直まだFONの無線ルータとか見た事ないし、触った事もないので何とも言えないのですが、FONという興味が湧いた事は確かです。

今後外出先にHP Mini1000を持参することも増えそうな為、外出先で無料の無線スポットがあるに越したことないですから、FONもいいかな?なんて気になったいます。

イーモバイルのD02HWとかFOMAのA2502などの製品も世に出回っていますけども、通信料払ってペイできるほど外出先でネットに接続させる事もないかなと考えていますし。

それならFONの無線ルータを1980円で購入し、会員になって外出先のFONネットワークに威張って接続した方が安くてお得ではないかと思いました。

ただ首都圏辺りだとどこでもFON経由でのネット接続が出来そうですけども、ここ北海道では札幌市内でもマチマチだったりしますし・・・もうちょっと検討してみたいです。

それとどうしても気になってしまうのが、FONのセキュリティ問題ですかね・・・

草の根無線LAN「FON」のセキュリティ問題は解決できるか
by ITpro

ま、こういうこと気にしてたらキリが無いですし、心配だったら接続しなけりゃいいだけなのですがね。
いずれにせよ、FONというアンテナが私の中で立ったので、今後要検討材料としたいです。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HP Mini 1000が我が家にやってきました!

ついに来ました!
待ちに待ったHP Mini 1000 SSD16+8GBモデルが我が家にっ!!



一足早いクリスマスプレゼントが届いたようで、箱を開ける時なんか中身は分かっているのにドキドキしていましたし・・・



写真とか撮らないでレビューしようと思いましたけども、いやはや人間テンション上がるとそんな事忘れてしまうものです。

ちなみにこの文章もMini 1000からアップしてますよ~


予想通りキーボード入力のし易さは、他のUMPCとは一線を画します。
HP 2133 Mini-Note PCを店頭で散々いじりましたけど、Mini1000の方がタイピングし易いでしょうかね。

光沢液晶も写り込みが気になるなんてレビューがありましたけどもまったく気になりませ~ん。


筐体の液晶ディスプレイ側のZEN-design“uzu”(渦)デザインは評価がわかれるところですが、私はお気に入りです。


細かいところですけども、白色LEDのアクセントがいいですよ!



スピーカーも想像していたよりもいい音が出るし、ワンタッチでタッチパッドとボタンがオフになるのはとても秀逸と感じました。

LANポートのカバーも気がきいていますし、無線LANも問題なくすぐ接続できました。

液晶解像度が1024×600ドットなのでWebを見ている時、下にスクロールする事が多いのは、わかっていた事ですけどちょっと見ずらいですね…

SSD16GBモデルなのでXPの起動が早いと思っていましたけど、まあ早い?かな?くらいの印象で、S101のあの起動の速さを見てしまったから気になる程度でしょうか。

今のところ唯一残念!と思えるのは、太いACケーブルでしょうか…。
これは邪魔くさいですね(きっぱり)
コンセント直結のL字型コンセントアダプタが付属しているのですけど、L字型なので空きコンセントによっては使えない場合もあるので、外出時に持ち出す際、この太いACケーブルがかさばりそう。


あとちょっととまどったのが付属の8GBのディスク(Transcend社製)でして、最初逆に装着してしまい認識しなくてあせりました・・・。端子を上に向けて装着ですって見りゃわかりますよね・・・


あとはまったく問題点を見いだせないくらい、私の中では完璧なUMPCと言えます。

さてさてこれから、SDHCのDドライブ化と、各種アプリケーションのインストールにまいりますか!

ひとしきりインスコし終わったら、イメージバックアップをしっかり取って出来上がりといきたいところですが、その作業は明日にでもまわすとします。

でも明日から飲み会続きの私・・・

もっとカスタマイズしたい!!

外部CDドライブとさほど大きさが変わらないというのも不思議な感じがしますけども、これからよろしくな!Mini1000!
Twitterでつぶやく

| UMPC・ネットブック・CULVノート | 23:56 | comments:10 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

サブディスプレイの活用を検討中

USB接続の7型サブディスプレイが登場
by 日経PConline

パソコンとUSB 2.0のみで接続して利用するサブディスプレイ

UM-710
UM-730
by Hanwha Japan

を仕事や自宅での作業に活用できないものかと検討しています。

1台のPCにディスプレイ画面が2つ以上あった方が使いやすいというのは、経験的に分かっていることなのですが、どうしてもディスプレイ2台以上を同時に並べると、窮屈というか圧迫感があって、慣れるまでに時間がかかるのですよね。

ディスプレイを複数台机上などに並べると場所も取るし、電源ケーブルやディスプレイケーブルなどが煩雑になり、私的に机上はフラットなままにしておきたい私としては、耐えがたい環境とも言えます・・・。

ところがこのUMシリーズだとUSB2.0のケーブル1本、7型のワイド液晶ディスプレイなので場所も取らず!!

かなり触手が伸びそうな私でして、イタズラに小金持ちな時期なので、勢いで買ってしまいそうな感じで恐ろしい・・・

仕事で使うとしたら、SNMPの監視画面とか、syslogサーバのログ監視など、常時監視などで威力を発揮しそうかなと思いますし、マニュアルなどの作成にも一役買いそうです。

自宅だとyoutube画面やワンセグのテレビ画面をUMシリーズで表示させながらブログ書いたりとか、同時に2画面見ながら作業が色々と可能になりそうで、考えるととても欲しくなってしまいます…。

今後購入したい物の優先順位的には下の方になりますが、いずれは買いたいと考えていますので、購入リスト入りと致します。

他にも欲しいものたっくさんありまして、この果てしない物欲が満たされる日が来る事は来るのでしょうか?

う~ん欲しいものばかり増えていく・・・
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HP Mini 1000が来たら・・・

HPのネットブックはAtomを搭載してどう変わったか--フォトレビュー「HP Mini 1000」
by CNETjapan

CNETでHP Mini 1000のフォトレビューをしていたのでついつい見入ってしまいました。

先日HPサイトで購入したばかりなので、あと数日で自分の手元に来るのですが、そのはやる気持ちが抑えられなくなってます!!

また、それと同時にこれだけ詳細のフォトレビューを掲載されたら、自分で写真撮影してレビューとかする気が失せてしまいました・・・

納期が12月16日となっていたので、手元にきたらその感想くらいはブログに載せようかなとは思っていますが、楽しくて忘れてしまうかもしれないです。

そうそう、このフォトレビュー記事を見ててふと思いついたのが、世間の皆さんはネットブックのようなUMPCをどういう用途で使用しているのか、ということです。

きっと各々方の使い方があると思うのですが、私の使い方はあくまで自宅内での使用を想定しています。

もちろん出かけた際にも携行することはあると思いますけど、基本は自宅内どこからでも無線LAN経由でネットにアクセスしつつ、資格勉強のツールとして使用したり、読書レビューの原稿入力や、その他知的生産活動用として使い倒す事を目論んでいます。

UMPCの利点はその軽さ・小ささ・バッテリーの長さ・持ち運び易さと、他にもたくさん挙げられますけど、私は特に「持ち運び易さ」とか「実用的且つ小ささ」という部分に注視しています。

一箇所にHP Mini 1000を固定する気はさらさら無いので、自宅内のどこにでも手軽に持ち運びできるという点が購入の決め手になったと言っても過言ではないです。

そのため、移動を前提とするとハードディスク搭載機だとどうしても、ディスク障害のリスクと戦わなくてはいけません。だからSSDモデルにこだわっていたのですね。

さらに、少しでもケーブルの煩わしさから解放されたいという想いが強いので、マウスは少ないUSBポートを使わないBluetoothを選択していますし、SSDモデルの弱点でもあるディスク容量の少なさは、SDHCカード16GB購入によって幾分解放されたかなと思っています。

さて残る問題は、HP Mini 1000のキャリングケースをどうしよう?という事でして、アスースEee PC S101などだとケース類が同梱されていますし、まあその辺が価格の差異につながっているのかもしれま
せんが、実際外に移動の際にはケースがあった方が便利だと思うので、家電量販店からカバン屋さん、100円ショップのウレタン素材のケースなども視野に入れつつ目利きをしていきたいですね。

あと、SDHCカードをDドライブとして認識させるツールの導入とか、インストールするアプリケーションの選定など、頭の中ではだいたい想定できていますが、悩んでいるのはMSのOfficeをインストールする
かしないかという部分。

OpenOffice.orgとかで全然問題ないんですけど、なにかとExcelを使用することが多い私なので、OpenOffice.orgだと不便に感じることがありそうで悩みどころです。

他にはお得意のTeraTermやFFFTPなどとか、マインドマップツールとか、結構な量になりそうな雰囲気ですね・・・。

その辺りは割り切って必要な物だけを選定し、他PCで代用できるものはそちらで使うという事を、実際に使用してみて判断していきたいとそう考えています。

今か今かと待ち遠しいHP Mini 1000ですが、自分のライフスタイルが変わるかもしれないこのUMPCに期待大です!!
Twitterでつぶやく

| UMPC・ネットブック・CULVノート | 15:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

使ってみたいFreeNAS

使わなくなったデスクトップPCの再生方法を教えます
by ITpro

ITproの記事で、使用しなくなったPCにFreeNASというフリーソフトをインストールしてファイルサーバやFTPサーバを簡単に構築しようと、いうなかなか面白そうなものが掲載されていました。

FreeNASというソフトは初めて聞いたのですが、これが何やら使えそうな感じでして、一番興味をそそられたのが対応するプロトコルの豊富なところ。

対応するファイル共有プロトコルは,Windowsの独自プロトコルであるCIFSやSMBに加えて,FTP,NFS,AFP,RSYNC, iSCSI,Unisonなど…
WebサーバーやiTunesサーバーとしての機能も備える


ただの共有だったらLinuxインストールしてsamba使えばいいじゃんと思いますけども、confファイルいじるのが面倒だったりして手軽というわけにはいかないのですよね。

ところがFreeNASだと、

ファイル・サーバーを構築するのにわずか10分くらいの作業で済む。


との記述がありますので、そのスピード感は魅力的です。

セキュリティ面がどうなっているのかはもう少し情報収集が必要ですが、LAN内で急遽ファイルサーバが必要なんて場合には有効かな~と。

使わなくなったPCをiTuneのミュージックサーバとして使うなんて事が簡単に出来れば、自宅でも楽しく使えそうな予感がしてます。

ちょっとググってみると、すでにマニュアルを日本語訳にしている方もいらっしゃって、後ほど参考にさせていただきます。

FreeNAS日本語訳
by bero の日記

日本語ファイルなども問題なく使えそうですし、この週末にでも評価してみたい!と思わせるFreeNASなのでした。

とりあえずisoファイルダウンロード済みなので後は検証フェーズに進みたい!

いよいよ家庭内LAN構築の展望も視界に入ってきました!
Twitterでつぶやく

| ソフト・アプリケーション・ツール | 19:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この時期に特に実感する事

今年も残すところあと20日となりましたが、この時期になるといつも「あ~あ・・・」とゲンナリするのが…

己のデザインセンスの無さ

及び

ドロー系の画像処理ソフトスキルの無さ

なんですよね(泣

と言いますのも年賀状のデザインを自分で行い、カラープリンターで印刷するという事をかれこれもう十何年続けていまして、毎年この時期になるとデザインは頭にあるのだけど、それを上手に表現できないというジレンマと戦っては打ちのめされるという事の繰り返しで、気分的に落ち込む時期でもあります・・・。

もちろん毎年それなりに進化しているのですけども、己の求めているレベルには遥かに及ばないというのが現実です。ただ欲求が高いだけなのかな?という気もしていますが。

家族からは別のキャラクター物とか、写真屋さんにお願いすれば?などと代替案を提示されるのですが、チンケなプライドやこだわりがあるのもそうなんですが、この時期に集中してやらないと一年を通してデザインスキルの向上とかソフト操作上達という事が図られないというのも事実なのです。

もっと時間を使ってPhotoshopなりIllustratorなどのスキル向上やデッサン力を磨いたりできれば問題ないのですが、どうにも後回しにしてしまう傾向が強く、半ば強制的にこの時期にスキルを高めるという方針にしているのですが、その度に「心を痛める」結果になるので、正直そろそろ方針転換も有りかなという気持ちになりがち。

たかが年賀状ですけども、制作物には特にこだわるという職人気質が良くないのか、時間ばかりかかるので、もっと単純に合理的な判断をすれば、この悩みと苦しみから解放されるでしょうけどね。

しかしですね、ここで踏み止まりさらに苦しんで悩みつつ、そこそこ納得いくものが出来たあかつきには、喜びも倍増しますし、何より自分を褒めてやることができます。

結果的には少量かもしれないですが、スキルの向上もはかれますし、得るものは大きいのではないかと思っている次第でして、そういうプラスの感情と「もう止めちまえよ」というマイナスの心の声が激しく戦っているのがなんとももどかしいです。

まあ私はデザイナーさんではないので出来なくて当然とも思いますけども、ITに生きるものとしてこのくらいの技術は持っていたいとそういう思想でいます。

今年も残りわずかですが、もう少し苦しみ悩みながら続けていきたいと思います。

納得できる成果物(年賀状)が完成するのは何時になることやら…

このまま一生納得できるものなんて出来ないのかもしれませんが、楽しく続けていきたいものですね。

とりあえずは、またガルシアさんの幻想画廊のお世話にでもなろうかなと思うとります。

幻想画廊フォトショップ講座
by 幻想画廊

基礎からやり直しです…
Twitterでつぶやく

| デザイン | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HP DirectplusでHP Mini 1000買っちゃいました

かねてから宣言しておりましたHP Mini 1000の購入ですが、先ほどHP Directplusサイトにてネットで注文致しました!!5営業日で出荷となっていたので来週くらいでしょうかね?来るの?

それにしても2008年12月10日0時から発売となっていましたが、0時になったらサイトメンテナンスするんじゃんかHPさんって感じで、実際のところは0時15分くらいですかね?購入ぺージが表示されたのって?
Ctrl+F5キーを頻繁に叩いていたので、HPサイトにはリロード攻撃みたいになっていたかもしれません・・・すみません

それだけ待望のUMPCだったのですよね~

もう後は自宅に届くのを待つばかりなので枕を高くして寝る事が出来そうです。

さて、今後はなるべく他のUMPC情報を見ないようにする事を心がけようかなと思っております。

せっかく購入したのに「安くなってた」とか「お得なキャンペーンが始まった」とか「悪い口コミ」などを見てしまうと、これだけウキウキで買ったのに気分が削がれますしね。

どうせしばらくしたらもっといいモデルが発売されたり、他ベンダーの魅力的なUMPCとか出てくるのですから、後悔だけはしたくないなとそういう思いでおります。

それにまだBluetoothマウスとSDHCメモリーカードを購入していないので、今週末あたりにでも家電量販店に赴こうかなと考えています。他にもソフトケースなどもいいのがあれば買いたいので関連商品に目がいきがちですね。

待ち遠しいな~Mini 1000
Twitterでつぶやく

| UMPC・ネットブック・CULVノート | 01:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2009年のIT業界に漂う暗雲

日本IBM、大量リストラの背景 究極の「業界中抜き」が到来する
by ITpro

景気が悪い話しが続いていますよね・・・

アメリカ自動車業界BIG3会長達のアメリカ議会答弁の映像を見ましたけど「国が緊急金融支援してくれれば経営統合してもよい」とか、今までの常識では考えられないくらいの話しを連日ニュースで見かけます…。

HONDAのF1撤退にしてもそうですけど、それほどアメリカ発の金融危機は規模が大きいということでしょう。

昔「アメリカがくしゃみをすれば日本は風邪を引く」とかそういう言葉がマスコミを賑わせた事を思い出しますが、はっきり言って今後日本は風邪とかじゃ済まされず、未曾有の大不況に陥る可能性も出てきました。

当然私の所属するIT業界も無関係というわけにはいきません。

上記記事中にある通り、日本IBMの人員削減やら富士通の再教育プランなどを見ていると私の仕事にも間接的に影響が及ぼされる事は必須と考えています。

さらに記事中後半のクラウドの人員中抜きの記事もショックが大きく、サーバやら運用保守系の仕事がメインの私は気が気じゃないですね。

もちろんこの分野のみだけで飯を食っているわけではないのですが、IT業界再編成も含めて2009年は激動の年になる可能性が高まってきましたか…

今年Panasonicと三洋の合併が話題になりましたけど、それクラスの噂話はたくさんありますので、まさにIT業界大編成元年になるかもしれませんし、名前が変わったり、そもそも存続できない企業とか
出てくるかもしれないです。
馴染みの深い日本のPCベンダーはなんとか生き残って欲しいと切に願っています。
※そんな私はhpのネットブック買おうとしてますけど(スミマセン)

来年何が起きるかは断言できませんけど、今年より良くなる事は無いと考えていますので、仕事の減少や人員余剰によるリストラ、果ては給料未払いとか失職とかなどというニュースが飛び交うかもしれないとまで想定しています。

当然その中のいずれかが我が身に降りかかる事も覚悟しています。

もちろん起きない事に越した事はないのですが、少しでも頭のふちで想定しておくだけで行動しやすくなると思いますので、今のうちに色々と策を練っておきたいです。

いつまでも現状が続くなんて事は幻想にしか過ぎないのですが、変わる事を恐れず、常に変化に対応できる人材でありたいものです。

私自身の来年2009年の行動計画などがなかなか練られないのも、この金融危機がどのくらいまでの規模の世界恐慌に向かうのか想像つかないという事も影響していて、呑気に本とか読んでいる場合ではなくなるかもしれないくらいの危機感を感じてます。

むやみやたらに危機を煽るつもりはありませんが、もうすでに不況に陥っているという向きもありますし、日本の政治はダメそうだし、IT業界自体が好景況に転じるネタを聞かないのもその想いに拍車を
かけているし、様々な書籍やニュースなどを読み漁っても、今後しばらくの間浮上の芽が感じられません。

例外はクラウドコンピューティング系とか仮想化ソリューションなどでしょうかね?ひょっとしたら活気溢れるものになりそうです。

またLTE稼働に向けた準備のための需要とか、NGN関連の需要なども不況知らずになるかもしれませんね。

まあ経済動向の行方など素人の私がガクガクブルブルしても何も意味が無いでしょうが、現状を見据え分析した上での想像なので、私は悲観モードにならざるを得ません。

しかし、悲観ばかりして何もしないという訳にはいきませんので、私自身のとりあえず向かう先くらいは示しておきたいかなと。

私個人で考えると、来年はやはり仮想化です。
もう仮想化無しでは仕事が立ち行かなくなりそうな、そんな状況に向かっていますので、この冬は集中的に仮想化関連技術の習得に充当しようかとも考えています。

でももし仕事が無くなったら・・・努めている会社が無くなったら・・・悠長な事を言っている場合ではなくなりますからね!

そんな事が起きないよう祈るばかりですけど、もし、仮に起きてしまったら腹を括って行動していくしかありませんよね…。

気持ちだけは明るくプラス思考で過ごしたいものです。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本当はよく知りません・・・Windowsの事・・・

本当に知っている?Windowsの基礎
by ITpro

ITproで連載中の「本当に知っている?Windowsの基礎」が面白いです。

●アーキテクチャ編
●ネットワーク編
●セキュリティ編
●デスクトップ編
●障害回復編
●続・アーキテクチャ編


の6つのカテゴリーから分かれていて、最初この記事のタイトルを見た時は、Windowsの基礎っていうくらいだから、単純なガイドのようなものを想像しましたが、読んでみると自分の知らないことが結構あり、思っていたよりも骨太な内容でした。

壊れたファイルをなぜ復元できるのか? 
なぜセーフ・モードで修復できるのか? 

など、自分の言葉で説明しようとしたら言葉に詰まってしまうかもしれない事柄を、平易に順序だてて解説しており、最近Linuxばかりの私は改めてWindowsの便利さみたいなものを感じました。

まだ連載中ですが、ここに書かれている事を知らない方に説明できて初めて「Windowsの事少しくらいなら分かります」と言えるのではないでしょうか?

私はとてもじゃないですが、Windowsの事知っていますよなんてセリフをはく資格は無さそうです・・・
普段馴染みの深いWindowsだからこそ、もう一度その足元から見直してみる事も必要なようですね。

難しい事を簡単に分かりやすく、さらりと説明できる

そんなIT人間になりたいものです。

まだまだ修行が足りないと思わせるこの頃・・・

がんばります!
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 17:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HP Mini 1000は12月10日0時販売です!

ついにHP Mini 1000の発売日が確定しました!

2008年12月10日、HP Directplusにて12月10日午前0時から発売されるというまさに朗報!

HP Mini 1000販売開始のお知らせ
by hp

もう何にも悩む事はありません。
10日午前0時過ぎに購入しようと思います。

もうちょっと冷静に待って大手家電量販店で発売されるのを待ち、そこで購入して10%なりのポイントをGETしてBluetoothマウスなどポイントで相殺するなどという事を計画していましたが、なんだかそんなのどうでもよい感じになってきまして、もうこれだけ悩んで決めたのだからすぐ買えよ!という心の声に従います。

あと何度もお店に足を運ぶのがおっくうになってきたという理由もありまして、BluetoothマウスとかSDHCメモリーカードなどは後で再度吟味してから買う事に致します。

最近UMPCのエントリーというか、HP Mini 1000のネタばかりで本当に恐縮なのですが、それだけ頭の中がこのUMPCに占領されているという証拠でもありまして、このまま頭の中で悶々するのも良くないので「えいや!」と買ってしまい、後は後悔したくないのでUMPC関連の情報を収集するのは止めようかと。

そろそろ他の事に脳みそを使いたいので、この激しい物欲を満たして、次の行動にスライドしていきたいですね。

10日に購入していつ発送になるかわかりませんが、クリスマス前までには楽しいHP Mini 1000ライフを過ごしていることでしょう!

あ~早く10日にならないかな~
Twitterでつぶやく

| UMPC・ネットブック・CULVノート | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Bluetoothマウスの選定

昨日このブログで

思わずHPに電話しました(^^;)
by 気になるけど

というエントリーをUPしましたが、その記述の中で「Bluetoothマウス」の購入を決めたと書きました。

参考になったのは下記記事

マウスに見るBluetoothの使い心地
by ITpro

実は以前からBluetooth製品への憧れというか、その手軽さからもっと日本でも普及していいのにと常々考えておりました。

前もMP3プレーヤーを購入した際に、Bluetoothのトランスミッターを装着して、コードレスのイヤホンを夢見ておりましたがその価格の高さと商品の少なさに買う気が失せて断念。

最近は少しずつ対応製品も増えてきたようですが、家電量販店に行ってもBluetooth関連製品を探すのは至難の業と言えるくらい見つけることが出来ません。


先日も大手家電量販店に行った際にも、狙っているMicrosoftのBluetoothマウスを探しましたがまったく見つけられず終い・・・

そんな事はないだろうと、マウスの箱の横とかつぶさに見ていくと、やっと一つだけ対応製品を見つけることができました。

ちなみに値段は9千円!
商品はこれ
by Microsoft

でもUMPCを購入したらUSBポートの節約は重要なミッションなので、某家電量販店のポイントで購入しようと考えています。

Bluetoothマウスは電池式で動作するため、使い方にもよりますが、月に2~3回は充電しなければならないのは面倒に感じます。でも普通のコードレスマウスだとレシーバーでUSBポートが一つ埋まってしまうのでUSBポートの節約を考えるとやはりBluetoothを選択せざるを得ません・・・

Microsoft製品以外にももっと安いBluetoothマウスはあるのですが、入力デバイスとして触れることの多いマウスはよりよい物を買いたいという欲求が強いため、Microsoftのマウスに信頼を置いている私は、きっと上記商品を買うと思います。

たかがマウスかもしれませんけど、ちょっとしたこだわりでしょうかね?せっかくUMPC新調するのですからここは譲れないところです。

来週には手に入れたいですね!
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 20:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

思わずHPに電話しました(^^;)

もうこりゃ~シリーズ化してもいいのではないか?と思わせるくらい欲しくてたまらないUMPC・・・いまだにEee PC S101かHP Mini 1000にするか悩んでいる私・・・

11月25日に下記エントリーの

HP Mini 1000が12月上旬発売!まいったどうしよう?
by 気になるけど

を書いた後、心は完全にHP Mini 1000に傾き、色々検討した結果

HP Mini 1000
Bluetoothマウス
SDHCメモリーカード


この3つを購入する事を決めて、某家電量販店のポイントを利用しHP Mini 1000を購入してからそのポイント+差額でマウスとSDHCを手に入れる事を目論みました!

善は急げという事で、先日LPIC試験を受験した帰りに家電量販店に行き、店員さんに「HP Mini 1000」の予約を願い出ましたけども「入荷未定なので出来ません」とあっさりかわされます・・・。

仕方ないのでEee PC S101をいじりまくっていたのですが、なんだか筐体が歪んでいる?のかわかりませんがカタカタ動くんですよね。

盗難防止の鍵とか付けていたからかもしれないですが、価格Comなどの口コミ情報を見ても、平地に置いて触るとガタガタするなどの書き込みを見ていたので、「なるほどね」と思ってしまった次第。

でもあの薄さとアクセサリーの豊富さはなかなか捨てがたい!

他にも一通りのUMPCを弄り倒しましたが、未だ見ぬHP Mini 1000が頭から離れず、店員さんの強烈な売り込みも心に響く事もありませんでした。

あと展示していたHP 2133 Mini-Note PCも触りましたが、キーボードの入力が良さげで、8.9インチワイド液晶も明るくて見やすく、益々HP Mini 1000への想いが強まる始末。

そんなこんなで、HPのWebサイトに掲載されている12月上旬販売開始予定の文言を信じ、12月に突入しましたがついに待ちきれず、HPのカスタマーへ電話をしてしまいました。

その電話内容から伺いしれる事は・・・

12月10日前後には何やら動きがあるらしい(それって上旬と言う?)
大手家電量販店での販売を予定しているらしい(時期未定・・・)
ソフトケースなどのアクセサリーなども未定らしい

などという事でした。

HPのカスタマーの方、親切に教えていただきありがとうございます。
色々言いづらい事聞いてしまい申し訳ありませんでした。

という事で12月10日頃まで待とうという落ち着きを取り戻した私ですけども(苦笑)さらに先延ばしされたら我慢出来ずEee PC S101に走ってしまうかもしれません。

とにかくパソコンなどは欲しい時が買い時なので、なんとか早く手に入れたいのですよね。

2009年にはAtomCPUのデュアルコアでネットブックの発売が噂されていたり、AMDからもAtom対抗のデュアルコアCPUが出るらしいですし、それを待ってから・・・とかも考えますが、そんな事考えていたらいつまでも買うことできませんので、12月10日頃までには判断を下したいと思います。

それにしてもこんなにパソコンに恋焦がれるのは初めてかもしれないので自分でもびっくり!!

購入後はこのブログにレビューでも掲載してみようかなと思うとります。
Twitterでつぶやく

| UMPC・ネットブック・CULVノート | 20:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4つの軸を常に意識する

今日はちょっとだけ趣旨を変えて、私が普段意識している

4つの軸

という事について書いてみようと思います。

ここで言う「4つの軸」の「軸」とは…

1、仕事
2、家族
3、趣味
4、学習


の事を表します。

私的にどれもこれも人生を生きていくうえで大切な要素と考えており、まあ中には「仕事」だけとか、「趣味」のみっていう方もいらっしゃるかとも思いますが、私に限っては上記4つが重要なファクターとなっているのです。

私は仕事も大事だし、家族も大事だし、自分が興味のある事や趣味などの時間も大事だし、資格試験勉強などの学習時間も大事だし、どれもこれもリスペクトしているので、あえてこれらに順位付けをしないようにしています。

つまり、仕事・家族・趣味・学習を「同列」にみなしており、どれか一つを省くという事は私に限ってはあり得ないのです。

とは言え、世間の方々の中には仕事だけで生きているという人もいれば、家族の事しか考えていないという方や、趣味のみに生きている方もいらっしゃるかと思いますが、私としてはどれも大事で常にどれかが上回っているという事が無いように意識しています。また学習についても同様の事が言えます。

というのも、

仕事ばかりの人生では家族を犠牲にしがちだし、
家族ばかりの人生ではお金をいただく手段が少なくなってしまうし、
趣味ばかりの人生では仕事も家族もないがしろにしがちだし、
学習ばかりの人生というのも何が楽しいのか分からなくなってしまう。

つまりこの4つを「同配分」する事によって、4つとも同時に高めていこうという考え方なのですが、当然時期によってはどれか一つが配分的に高くなる事もあります。

公園などにある「シーソー」を思い浮かべていただくとイメージしやすいかと思うのですが、両方に人が乗っていてギッタンバッコンし続けている感覚とでも言いましょうか。右に傾いたり左に傾いたりしながらも行ったり来たりを繰り返している、そんな風に捉えていただければと思います。

この時期は仕事が大事、だから仕事の配分を7割まで上げるとか、週末は家族と触れ合う時間をより多くするとか、試験勉強のために××までは学習最優先にするとか、今日だけは趣味をとことん楽しみたいとか、決してどれか一つに集中し続ける事のないようにだけは意識して生きているつもりです。

上記に述べた事は皆さん普通に考えている事なのかもしれませんけど、自分の過去の行動を振り返って4本の棒グラフにしてみれば、きっとどこかに偏りがあるはずです。

偉そうに言ってますけど、私も偏りがある一人です・・・

別に偏りがある事がいけない事だと言っているわけではなくて、どこかに集中し過ぎると色々なバランスが崩れるよね、という趣旨の事を言いたいに過ぎません。

そこで私は生きていくうえでの「4つの軸」みたいなものが頭の中に常にイメージとしてあり、4つを同時に配分を変えながら高めていくという事を目指しています。

今の時期は仕事60%、家族25%、趣味10%、学習5%に配分するとか、
来月からは仕事25%、家族25%、趣味40%、学習10%にしようとか、

おのおの25%が正常値で、一つの軸を上下させると他も変動する、そんな感覚でイメージしております。

そして優先して行ってきた事が片付けば、また平常時の全て25%のモードに切り替わるという感じです。

ただそうは言っても己の環境が変わった時に、そのバランスが大きく崩れる可能性は大いにあるわけでして、そうなった時はこんな悠長な事を言ってはいられないとも思っています。

例えば、金融危機とか金融恐慌による貸し渋りや貸しはがしのために黒字倒産する企業が増えていますが、それがいつ自分の身に振りかかってくるかわからないじゃないですか。
来年の今頃は無職かもしれないですし、突然病気で倒れたりするかもしれない。

起こってもいない事を恐れる事は愚かな事ですが、ある程度想定して対処しておけば少なくてもパニックに陥る事はないのかなと。

なんとも世知辛い今の世の中ですが、仕事力を高めておけば転職したとしてもすぐ力を発揮できますし、家族の絆を深めておけば私が窮地に陥ったとしても応援してくれるはずだし、学習して資格などを取得しておくことによって第3者が私を見た時にこういう事が出来ると判断しやすいし、趣味が転じて新しいビジネスチャンスになるかもしれないですし、4つの軸を今のうちに高めておく事で危機を軽減させる事が出来る(かも)しれないですよね。

もちろんそんなの幻想に過ぎないのかもしれませんが、4つの軸を同時に高めていく意識で1年、半年、1か月、1週間、1日、1時間、1分と、常に意識して臨めば総合的に己の「人間力」の増加につながると勝手に信じております。

私がこの考え方を意識したのは4年くらい前なのですが、ここまで腑に落ちる事が出来たのはここ1年くらいでして、自分はこのやり方で進もうと思うに至ったのでした。

他の人に「これはいいよ~」と奨めることはしませんが、そういう考え方もあるんだね程度で読み飛ばしていただければと思います。

一つの考え方としてご参考にしていただければ幸いでございます。

最後におまけの話しで締めます。

当初この「4つの軸」は本当は5つの軸と考えていたのですが、そのもう一つの「軸」は人脈とか人付合いなどのコミュニケーションを想定していまして、よく考えれば仕事上の付き合いしか無い方や、家族ぐるみの付きあいの方、趣味の仲間、同じ志をもった学習仲間などなど、結局4つの軸と相関してしまうため、削った背景があります。コミュニケーション能力は人が生きていくうえで重要な能力ですが、この4つの軸を標榜するうえで大事な要素として考えているのでした。

あくまでも頭の中のイメージの世界の話しなので抽象的な表現で恐縮ですけど、自分はこの4つを人生の柱として同時に成長させていくという事にチャレンジしていきたいと、そう思っています。

またいつか時間があれば、もうちょっと突っ込んだ話しを書いてみたいですね~。
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

思索時間の重要性

最近どうにもゆっくり一人で色々考えるという時間が取れていません。
仕事が忙しかったり、資格試験勉強ばかりしていたり、UMPC購入の事ばっかり考えていたり(笑)、子供と遊ぶ時間を優先したりと、なんだか

思索の時間

が上手に取得できていないのです・・・

寝る前に布団の中とかで「あ~でもない、こ~でもない」と考えるのですが、大抵3分も経たないうちに深い夢の中に旅立ちます・・・。朝起きると「あれ?さっき寝たのに?」と思う事も多く、時間の流れを感じにくくなっているのでしょうか?

単にタイムマネジメントの問題なのかもしれませんけども…。

さてこの思索の時間って実はとても大事でして、冷静に己を振り返れる大切な時間であり、今後の予定や目標を決める重要な時間なのです。

私は以前から思いついたアイデアなどを出来る限りメモしたり、パソコンに入力したり、本を読んで感銘を受けたフレーズをデータとしてPCに保存したりという事を、日常的に行っているのですけど、書いたり保存した直後からすぐ忘れていくため、後で振り返らなければ二度と気付く事が無いかもしれないという意味のない行為になりがちです。

定期的にそれらのメモやアイデアを集めて整理し、色々思考をめぐらせると違うアイデアが生まれたり、ちょっとした人生のヒントになったりと有意義な時を過ごせる事が多く、私には非常に大切な時間となっています。

以前から何度も紹介↓してますが(汗)

2週間日記の実践
by 気になるけど

2週間ごとに自分の行動を振り返ったり、今後の予定を見直したりする2週間日記というものをつけているのですが、これなんてもろ、その思索の時間に行うものです。2週間に一度は行動を振り返り、今後の予定を見直すというPDCAサイクルを回しているのですが、最近の忙しさに怠けてただ書き記すだけみたいな、脳みそをさほど使っていないだろという感じなのですよね。

ただネタだけはすごい勢いで溜っているので、そろそろ整理しなければ収拾がつかなくなる、そんな焦りにも似た感覚に囚われています。

今週の夜中にでもゆっくり考える時間を取得しようかなとも思ってますけど、どうにもこうにも眠気に勝てずzzz

LPICの学習で寝る時間削っていたから仕方のない事なのでしょうが、もっともっと脳みそを回転させて色々考えねばならない事があるので、ぜひとも「思索の時間」をたっぷり確保して、今後の予定を含めて考えていきたいと思います。

そういえば本のストックも溜まってきているから読破せねば。

パッと思いだせるだけでもやりたい事、やらなければならない事が幾つも幾つも思い浮かぶのですが、そういう事の整理をつける意味でも、一人でじっくり思索の時間を確保して冷静に考える事が重要
なのですよね!

問題はこの眠気でしょうか…

どうしてこんなに眠いのか?

コーヒーでも飲むとしますかっ!
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。