気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

朝の1時間を読書に充ててます

昨年LPICの学習をしている時に、早朝に起きて2時間ほど勉強してから仕事に行くということをしていたのですが、早起きして生活のバランスが崩れたり、朝からものすごい集中していた事もあり仕事中に集中力を切らしてしまい、「こりゃ自分に合わない」と止めてしまったというエントリーが下記

夜行性からの脱却はならず…
by 気になるけど

自己啓発書などを読んでいると、「朝の時間」の効能を説く記述が多く、一度諦めても何か心に引っかかるものがありました。

そんな想いを胸に秘め、正月明けの休日夕方に爆睡してしまったことがあり、起きてみたらAM4時半でしたが、頭が冴えていたので本を読んでみたところこれが思いのほかいいんですよ!

本の記述が頭にすんなり入ってくるというか、記憶に定着しやすいというか、これは使えるかもと、その日以来いつもより1時間早く起床し読書するという時間を強制的に作っていますが、おかげさまで最低月5冊本を読むという決め事があっさりクリアされてご満悦です!

きっとこれが資格取得などのお勉強だったら続かないでしょうが、読書だと脳の知的な部分を刺激されるし、負の感情も全然ないのでなかなかいい習慣を作れそうかなと。

しかし長年の生活パターンを変えている事になるので、日中帯にものすごい睡魔に襲われたり、夜起きていられなくなったり、ブログ書いている途中で寝落ちしてしまったりと、マイナス面も顕在しておりますが、一ヶ月くらい続ければ慣れるだろうと考えて今後も続けていくつもりです。

もともと冬の間は早起きだという事もあるので丁度よかったなと。

ここ北海道では夜中に降り積もった雪を除くために除雪車が動いており、路肩に積み上げられた雪をどけないと玄関先から出れなかったり、車が出せなかったりするので、早起きして作業する手間があり、それで冬季間は早起きしていました。

ですが毎日除雪作業するわけではないので、二度寝するくらいならば読書とかしている方が建設的です。

なので今のところは冬季間限定と考えていますが、いけそうなら年中続けていきたいですね~

習慣の改善

他にも色々思うところがあるので改善活動を続けていきます!
Twitterでつぶやく
スポンサーサイト

| 自己啓発 | 08:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Red Hat Enterprise Linux 5.3にWindows Azureって…

最近ちょっとやばいと思っている事がありまして、何かと言うと…新しいOSにまったくと言ってよいほど触れていない事・・・

しかもどこが進化しているのかよく分かっていない!

アーキテクチャ部分とかユーザーインターフェース部分とか、もっとコアな部分とか色々新しくなっているのでしょうが、直に触れていないので、解説のしようが無い。このままじゃマズイな~なんて思っています。

Windows AzureはクラウドOSだし、日本での展開は1年以上後のようなのでまだいいですけど、Redhatの5.3とか気付けば出てるし、しかもインテルの最新CPU「Core i7」をサポートしてるし、こりゃES4シリーズのサポートが打ち切られるのも時間の問題でしょうかね。。。

Windows Server 2008も、ネットでちょこっと情報を仕入れただけで未だによくわかっていないし・・・
UbuntuやFedoraの動向もまったく追いきれていないし…
そもそもVISTAだって普段使っていないのだから終わってます。

どこかで集中的に新しいOSについて学習しておかなければ、イザという時に使えないんだろうな~

Windows7のRC版とかも出回っているようですし、3月末くらいまで触っていないOSをいじり倒そうフェアでもやりたいものです。

そんな気になっている私ですが、実はもっとも気になっているOSが下記記事内にある「gOS」

ネットブックで動く軽量Linuxディストリ大全(前編)
by @IT

gOS

このgOSはUbuntu派生のディストリビューションのようで、Googleデスクトップガジェットがデフォルトで使えるようになっていて、興味をそそられます!普段の私はGmailとネットが使えれば何とかなってしまいそうなのでこのgOSは試してみたいと思いました!!

重い腰を上げる時が来たかな?
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分ルールでアイデアをひねり出す

このブログを始めてからまだ書いたことがないと思うのですが、私は「自分ルール」を使って強制的にアイデアをひねり出したり、ある問題に関わる解決策を考えるということをよくしています。

どういうことかというと、例えば昼休み中に弁当を食べていたとして「この弁当を食べ終わるまでにブログのネタを10個考える」などと、自分の中で勝手に締め切りを作り、強制的にアイデアをしぼりだすように仕向けます。

これを「自分ルール」と呼んでおり、何か隙間時間ができたり、単純作業の繰り返しをしている時などは、自分の中で一つお題目を作り、短い期限を設けて考えるだけの事なのですが、数年前から始めて、すっかり習慣付いてしまった感があります。。。

きっと世の中には似たようなことをしている人がたくさんいるとは思いますが、この自分ルールを思いついた背景に、少年ジャンプで連載中の漫画NARUTOに出てくる「ガイ先生と弟子のリー」が普段から自分ルールを作って修行しているという件が面白くて、自分でも修行してみようと思い立った事がスタートだったと思います(笑)

最初は仕事上などで時計を見つつ「何時までにマニュアルを作る!」とか熱血仕様で行っていたのですが、いつの間にやらアイデア創出ツールみたいなものに様変わりしていったのですね。

どのビジネス書だったか忘れましたが、それと似たような事を書いていた本があって「あ!オレこれやってるよ!」みたいに思った事もあるので、なかなか有効な発想法だとは思います。

先日もパソコンを10台ほどセットアップする作業をしていた時に、「1台終わるごとにビジネスモデルを一つひねり出す」などという事をしていて、強制的に10個ほど思いついたのですが、その中身は本当に大したことなく、誰でも思いつくようなものばかりです。

ですが、こういう事を考え続けることにこそ意義があると、勝手に思い込んでいるので、いつか役に立つ日が来るかもと、思考能力向上トレーニングのような修行を繰り返しています。

ただし、仕事中にやる時は時間に余裕があって、きちんとチェックリストで作業をまとめている時だけに限っています。ついついアイデアを出すことに集中してしまい、本業がおろそかになってしまったり、考えながら作業して失敗してしまう事もあるので、きちんとこの作業をしたか?という事を確認しながらやります。

主に通勤途中とか昼休み、移動時間などに行う事が多く、その際はペンとメモ紙が必須となるのですが、なかなか面白い事を考え付いた時に限ってペンを持っていなかったりするので、携帯電話のメモ機能とかに入力したりと、一人で慌しくしているアフォな奴だったりします・・・

そんな自分ルールですが、何かの締め切りが迫ってきている時など「今日中にこの仕事をやってしまわねば!」という事を考えながら集中して作業している人とかいると思いますが、要するにそれと同じ原理なんですよね。

切羽詰って焦り気味にやると意外と出来てしまったりする事が往々にしてあると思いますが、自分ルールでアイデアをしぼり出す時には、ギリギリのラインで上限数と締め切り時間を決めて行うのがコツでしょうか。

簡単なお題だとすぐパっと5つくらいなら思いついたりしてしまうので、何について考えるか?という事も重要だったりします。

そして思いついたアイデアをネタ帳のようなものに書き写したり、ネット上で保存したりと、私の周りには思いついたアイデアの残骸があふれていたりしますが、たまに整理しないと永遠に忘却の彼方へ消えてしまう事になるやもしれないので、そういう機会は多めに設けるようにはしているつもりです。

思えば今まで浮かんでは消えていったたくさんのアイデア達…ひょっとしたら人生を変えるようなすごいアイデアがあったかもしれないのにと考えると、何かもったいない気がします(大げさ)

これからも自分ルールを活用して、自分の中で強制力を持たせてあれこれ考えるという事は続けていきますよ~。

皆さんの参考になれば幸いです。
ならないか・・・
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 23:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全ておまかせのHPは待望のサービスかも

ITproの記事で下記のニュースから目が離せられなくなりました。

「全ておまかせ」でホームページを作成,カートやブログ含め月9800円で利用可能
by ITpro

WASP株式会社の運営するShortwebという中小規模店舗向けのホームページ作成・運営サービスで、アナログ情報のメニューやパンフを郵送するだけでHPをこしらえてくれるという、至れり尽くせりの
サービスとの事です。しかも月額9800円でショッピング・カートやブログ、メールマガジン、独自ドメインの取得設定までやってくれるのですからお得です。

さらに「ShortWebベーシック」というサービスも近々開始するそうでそちらは月額2000円!!

しかもオプションでさまざまな"わがまま"にも対応してくれそうな、「Shortwebプラス」というサービスも開始予定との事。

Shortweb
by WASP株式会社

これって今までありそで無かったサービスですよね!!

どうして私がこの記事に強く魅かれているかというと、私のお客様達から「HPをお安く作ってくれないか?」とか「HPのリニューアルをリーズナブルな価格でなんとか…」という要望が多くてですね、しかも「その後の更新もなんとかしれくれ」なんてお願いされると、正直困ってしまう事がありました。

その度に何社かのHP作成業者を紹介しているのですけども、製作費だけで安くて30万円程度かかりますし、その後の更新の事を考えるとさらに費用はかさみがちですから、結局裏で私が暗躍したりしているのが実情だったりします・・・

私が「Web屋さん」であれば何も問題ないのですが、実際そうではないため、お客様のHPを作成して運営協力してSEOして情報更新までお手伝い、なんて事を安請け合いしてしまうと、本業に影響が出てきてしまい、私一人で云々という事はもう止めるようにしてます。

世の中、「とても安く」「お任せで」「そこそこのHPを作成したい・リニューアルしたい」「さらに更新も楽に」というニーズは結構多いはずで、メニューやパンフを郵送して、その情報を基におまかせでHPを作成してくれるのであれば、利用してみたいという中小企業は案外殺到すると思うのですがね…。

ホームページ程度作れて当たり前、なんて人は世の中ごまんといるかもしれませんが、それを更に圧倒的に上回る数の出来ない方々が存在しているのが現状でしょうから、この分野はビッグビジネスに結びつくかもしれません。

私はすでにお客様に紹介してみようという気になっています。

今まで自分の首を絞める事につながっていた、お客様のホームページ作成・リニューアル及びその後のメンテという案件を、このShortwebさんのサービスを使う事により、Win-Winの関係が結べるのであればもう万歳三唱しちゃいます。

適切なアウトソーシング

この次に私のお客様からこういう話しがあった場合は、迷わずShortwebさんを紹介して反応を見る事にします!!

楽しみですね~
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メンタルヘルス・マネジメント検定試験Ⅲ種受験します

以前からこのブログで何度か書いてきましたが、2009年一発目の資格試験挑戦として、メンタルヘルス・マネジメント試験のⅢ種取得を目指すことを決め、試験申し込みを完了いたしました。

昨年この試験を見つけて興味を示し、自分の備忘録として記載しておいた過去記事を参考にしたのですが、

メンタルヘルス・マネジメント検定試験を検討
by 気になるけど

テキストをどうしようかな~なんて考えていて、といいますのもこの試験の公式テキストだけじゃちょっと不安が残ると考えており、過去問題を含めた総合的なものを探していましたが、上記記事中にも記載しておいた

産業能率大学:通信講座(通信教育) メンタルヘルス・マネジメント検定3種対策
by 産業能率大学

を注文してしまいました!!

ちょっとお高い気もしますが、初めての試験なので慎重にならざるを得ないと考え決めました。
なにやら添削などもしてくれるらしいのですが、テキストが届き次第学習を開始したいと思います。

試験日は3月15日なのでまだ少し余裕があるため、あせらず確実に頭の中へ情報をインストールしていきたいですね。

とりあえず1月中は他の事をするつもりなので、2月の頭から本格的にメンタルヘルス・マネジメント検定学習の時間が増えることになるでしょう…

今年も一歩一歩着実に前に進んでいきますよ~!!
Twitterでつぶやく

| IT資格・他資格 | 12:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年取りたい資格は・・・

2009年に取ってみたいと思う資格ランキング
by goo

gooランキングで「2009年に取ってみたいと思う資格ランキング」というのを見つけて眺めていましたが、やはりTOEICの人気は不動ですね。私も以前英語の資格としてTOEIC高得点を夢見ていましたが、吉澤先生のセミナーDVDを見て「英語が本当に必要でない人は勉強することない」旨の話しを聞いて、それ以来英語の事を考えるのを止めました。

◎社長の時間の使い方


ビジネス選書セミナー『社長になる人の時間の使い方』(DVD)
by ビジネス選書&サマリー

吉澤さんの話しはとても参考になる事が多く、私は上記DVDを4回も見直しました!!
本も合わせてお奨めですよ~

っと話しがそれましたが、gooランキングで2位の漢字検定に関してはまったく興味をそそられず、その他気になる資格としては・・・

ファイナンシャルプランナー(FP)
中小企業診断士


あたりを目指してみたいなと感じました。

IT業界にいるのだからそれ系の資格を目指すべきだという意見もありますが、シスアドは持っていますし、MSのオフィススペシャリストやP検-パソコン検定試験はまったく興味無しです。

おまけに情報処理試験各種に至っては、苦労の割りに実入りが少ないと考えているので、しばらくは敬遠しようかと・・・

ITプロ+他の何か=独自の領域

というオンリーワンの人材を目指していますので、IT以外の資格にも果敢にチャレンジしていこうかと考えています。

今年はすでに何回もこのブログで書いていますが、

メンタルヘルス・マネジメント検定試験
LPIC-level2


の取得を目指す事は決めています。

他の資格を目指すとしたら、上記の中小企業診断士かプロジェクトマネージャ試験かなとぼんやりと思い浮かべていますが、そんな適当な考えで受かる資格ではない事は承知していますので、それ
相応の学習時間とテキスト代、さらには講習代などを費やすことを加味して考えた時、もしそれで不合格になったら時間の浪費になったと感じそうなんですよね。

ようは受かればいいことなのですが、そんな甘い資格ではないです。今の私の実力では、それこそ1年~3年くらい本気で継続して学習してどうか?というレベルでしょうかね。とてもじゃないですが、そこにそれだけの「時間」を費やすことはリスクが高すぎて一歩を踏み出せません!

他にも勉強することたくさんありますんでね・・・

まずは上記2つの資格、あとは他のマイナーな資格なども考えつつ余裕があれば目指したいですね。

皆さんは今年はどんな資格が取りたいですか?
またはどんな資格を目指したいですか
Twitterでつぶやく

| IT資格・他資格 | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HP mini 1000の最新レビューを見ました

大画面&新デザインのネットブック、HP Mini 1000を詳細レビュー!
by 日経PConline

意図的にHP mini 1000以外のUMPCの記事とかは見ないようにしている私ですが、ことmini1000のレビュー内容などだと話は別です。日々自宅でmini1000を使い倒している私には馴染みの深い記事内容ばかりでしたが、もう少しHP 2133との比較内容を掘り下げてほしかったところです・・・。

SSDのプチフリーズとバッテリー駆動時間の短さ以外は本当に良く出来たUMPCなのですが、価格コムなどでチェックすると、世間的にはそんなに人気の無い機種のようですね。まあ、一般に支持されているか否かはどうでもいいですけども、私の満足度は比較的高いです。

記事中でも触れられていましたが、キーボードの入力のし易さは本当に秀逸でして、ここが一番の利点なのかもしれないですね。

さてさて気になる6セルバッテリーですが、アメリカではもう発売されているとかいないとか?風の噂で聞きましたが、結構な出っ張り具合のようで、購入しようかどうか悩みどころであります。

ケーブルフリーの環境は予想以上に快適でして、ここにACアダプターのケーブルを装着していると、特段邪魔にはならないのですが、子供が足に引っかけたりするので、無いほうがいいのは間違いないのですよね。

自宅でmini1000を6時間使うとかは今のところありえないので、6セルバッテリーで4~5時間くらいもつのならば欲しいです!

いつでもどこでも気軽に持ち運べるmini1000

バッテリーが長く持てばそれだけ行動範囲も広がるでしょうね。

トイレや風呂の中とかにも持っていってしまいそうで、依存症にならないか心配ですが、もう完全に私の「相棒」になっています。これからも使い倒します!!
Twitterでつぶやく

| UMPC・ネットブック・CULVノート | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Excelで絵が描けるのですね

絵画にゲームに音楽配信!?――専用ソフト顔負け! 万能Excelの使い道(第75回)
by 日経PConline Excelの謎

上記記事を見て驚きました!!
Excelのオートシェイプで絵を描く人がいるという事が驚きなだけでなく、そのクオリティに脱帽です!!

Excelって表計算ソフトという名目ですが、文書ソフトとしても秀逸ですし、VBAを使ったプログラムもガリガリできますし、他の使い方で様々な可能性が拡がるという事が分かりました。Excelで作ったゲームとかやった事ありますけど、どことなくチープな感じでしたが面白かった記憶がありますし。

まさかシェイプが絵になるとは思いもよりませんでした・・・

この「絵画」を描いたのは「堀内辰男さん」でして、これまでにもさまざまな賞を受賞しているようです。

堀内辰男のホームページ

すごい出来栄えであり、とてもExcelで描いたとは思えないので、私も少し試してみましたが、達人の域には遠く及ばず。いやはやすごい人がいるもんですね~

私も違う分野で達人でも目指したいものです。
Twitterでつぶやく

| デザイン | 19:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

USBメモリーって壊れやすいですよね?よね?

バッファロー、5ミリしかはみ出さない超小型USBメモリー
by 日経トレンディネット

バッファローから発売された5mmしかはみださないUSBメモリーの記事を眺めていて、これだと壊れにくいかもしれないと思いました。

世の中、USBメモリーを壊したことある方、壊れてしまった方、無くした方等などいらっしゃるかと思いますが、私は以前から3つほど壊しており、クラッシャーの異名を取る壊し屋なんです(苦笑)

別に好きで破壊しているわけではなく、引っ張ったら中の基板ごと抜けてしまったとか、USBメモリー挿したままPCを動かしていたらテーブルに激しく打ち付けて、あらぬ方向にひん曲がってしまったとか、単純に突然認識しなくなったとか、理由はそれぞれでして、4個目のUSBメモリーディスクはそれはそれは慎重に取り扱っており、生玉子を扱うかのような神経の使いようです。

また、内部データのバックアップも週に1度は必ず行っており、いつUSBメモリーが認識しなくなっても困らない程度にはしております。ですが、私の周りでは不思議と皆さんUSBメモリーディスクが壊れないようでガンガン中にデータを保存している様を見ると、もう不安でついついデータのバックアップを勧めてしまいます(笑

実際に統計結果を見たわけでもないのでなんとも言えませんが、このUSBメモリーを壊したことがある方や無くした方の割合って結構多いのではないかと睨んでいますが、皆さんはどうなんでしょうか?

壊れる事を前提としているのならば覚悟ができているので慌てる事がないと思いますけど、壊れるわけがないと思い込んでいて使えなくなると相当慌ててしまうので、転ばぬ先の杖ではないですが、USBメモリーにしかないデータがあるならば、早めのバックアップを強く推奨いたします。

3回も破壊している私は、

USBメモリー自体をハードケースに入れて持ち歩き
(移動時の物理的破壊を防止)

パソコン側にはUSBのHUBを付け
(PC側USBポートの防御→抜き差し動作の減少)

そこから延長ケーブルをつけた先にUSBメモリーを挿す
(USBメモリ自体の抜き差しの際の防御)

という事を行っていますが、それでもいつ壊れるかドキドキしてます。

使い捨てと考えればいいですが、指紋認証付きのタイプや、USBメモリー自体がPC起動のKeyになっていたら、そもそもPCすら使えなくなりますからね。USB外付けHDよりは、構造的に壊れにくいのかもしれませんが、用心に越したことはないです。

今使用しているUSBメモリーは半年以上もっていますが、端子部分の磨耗や蓋の破損が見られるので、慎重に使用しています。でもこれもいつ壊れることやら…

壊れるのが嫌ならネットワーク上にデータを置いてしまえばいいのですが、ネットに繋がらない環境にいれば何も出来ないですし。

そもそも使わなければいいという話しもありますが、なかなかそうもいかないので今後も5代目、6代目と継承が続いていくと思われます。

今度買う時は上記記事の超小型タイプにしようかと検討してます。でも今使用しているUSBメモリーはなるべく長く使い続けたいですね~
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

将来の予定シート、埋まりません

別に下記記事に釣られたわけではないのですが、正月前くらいから「1~10年後自分はどうなっていたいのか?」という自分への問いかけをずーっとしていて、なかなか明確な答えというかイメージが湧かずちょっと悩んでおります。

10年先を考えたことがありますか?
by ITpro

この「問いかけ」をするきっかけになったのが、勝間和代さんの手帳内に書かれていた「将来の予定シート」という1ページの表でして、この手帳の1ページを眺めながらあれこれ考え続けているという状況なのです。。。

この自分の将来像というテーマは、自己啓発系の本を読んでいればよく出てくる話で、私も幾度となく考えた事があります。その際今まで5年先くらいまではだいたい自分の姿的なものを想像して細かくイメージする事ができていました。実際そういう将来像を描いたノートなどもありますし、4年前くらいから考えてきた馴染み深いテーマでもあります。

ところが昨今の大不況の影響で将来の見通しがおぼつかないように感じてきて、5年先までイメージしていた将来の自分像というものさえも暗い霧の中に消えていくような、そんな後ろ向きな感覚があり
ましてや10年後にどうなっていたいかなどは想像すら出来ません。

イメージ出来るものでないと上手くいかないような気がしていて、ここ数年考えていたものをゼロにして再び考え直すという作業を頭の中で繰り返しているうちに、訳がわからなくなってきています。

ですが、こう何日もあれこれ考えていると、だんだん頭の中で整理がつきはじめだし、なんとか形だけはイメージできるようになってはきています。

羅針盤が無ければ航海は出来ないように、向かう所を示す道標が無いとどこに辿り着いてしまうのか、神のみぞ知る事態になりがちなため、己の進む道をしっかりと見定めて、そこに向かって邁進していきたいですね!

今月は多岐に渡り、考え込む事が多い月になりそうな予感です・・・

内容が抽象的過ぎて恐縮ですが、皆さんも1~10年後に自分がどうなっていたいかという、理想の姿を明確にイメージできていますか?果たして今のあなたは、しっかりと"そこ"に向かって突き進んでいるのでしょうか?

私はまだまだ計画段階である状況です。今月いっぱいは散々悩んでみようかなと、そういう気持ちでおります。

1年後の予定は?

3年後の予定は?

5年後の予定は?

10年後の予定は?

20年後の予定は?

とても大きなテーマに感じられる、そんな最近の私なのでした…」
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 23:50 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっとした気付きがありました

先日知人と飲食しながら談笑していた時の話しです。

その方は経営者でして、ITというかPCとかの事に興味が無いというか、よくわからないので私にそちら方面の頼みごとをしてくる事が多く、私にとっては大事な友人であり、お客様でもあるのです。

その知人が会社のHPを新調したいという事で、私に依頼をしてきたのですが、私はそちらのプロではありませんし、片手間の仕事になるくらいなら専門業者に頼んだ方がいいですよと伝えていたところ、
とあるHP制作会社に頼んで作ってもらったので感想を聞かせてくれと言われました。

どれどれと見せてもらったところ、ぱっと見デザイン的には私なんかが制作するよりも遥かに綺麗な作りで「あ~いいですね~」なんて事を話していたところ、ある一点に目が釘付けになります。

Powered by
Movable Type 3.34


最初あ~これMovableTypeで作っていたんだふ~んくらいに思ったのですが「3.34」の部分でハッと気付きました。

今MTの最新verって「4.23」(2009年1月18日現在)だよ!!

ずいぶん古いver使ってるなと。

こりゃ「ダメ」だとついついその知人にダメ出しをしてしまいました。

知人は、なんでそれが古いとダメなのかが理解できないようでして、「普通新しいバージョンのものを使います」とか「セキュリティ上何か問題があるかもしれないので新しい方がよい」などなどもっともらしい意見を述べたところ、知人が一言


「そんな事は重要ではない」


最初この人が何を言っているのかわかりませんでしたが、よく考えれば知人の会社は、いかに顧客に自社のモノを理解していただけるか、綺麗に見やすく作られているかが重要であって、バージョンが古いなどという事はどうでもいい事なんですよね。

私にしてみればこれはすごいカルチャーショック的な出来事でして、IT関連の製品はなんでもかんでも新しい方が優れているという思い込みが自分にあるという事に気付きました!!

こういう業界にいて、自らもMTをさわっていたので、ついつい自分の想いが前面に出てしまい、企業のHPとしていいか悪いかをトータルで見る視点が抜けていたなと、強く反省いたしました。

ただ、セキュリティ上の問題があるかもしれないという点については知人も同意してくれて、そのうちMTのVerUPをお願いしてみるとの事でしたけども、そもそもそのコンテンツが何で作られていて、どんなバージョンになっているかなんてのは、どうでもいい事なんですよね。

その知人にしてみれば、私のそういう価値観は、ITプロの人には重要な事なんだねと言っていただいたのでまだ救われましたけど、自分の思い込みでついでた「ダメ」という言葉が悔やまれてなりません。

・相手が求めているものが何なのか?
・どういうアドバイスを求めているのか?
・トータルで見て判断する姿勢
・相手にわかりやすく伝える技術
・自分はどういう視点で物事を見ているのかという説明不足etc


今の私に足りない部分はたくさんあるという事に気付かせてくれた知人に感謝するとともに、再度HPを見させてもらい、ヘッダ部分の画像の縦幅が大きすぎて本文が大幅にスクロールしなければ見れない等の事を指摘して、なるほどと感謝の言葉を後日いただきました。

IT業界以外の方達との触れ合いの重要性を感じつつ、大切な事を教えてくれた知人には本当に感謝しています。

相手の立場になり物事を考える

ITコンサルですと名乗れる日は遥か遠くにありそうですね…

私には他にもまだ偏った思い込みとか、偏ったパーソナリティが存在しそうなので、そういう所にいち早く気付き、少しでも修正していかなければいけないと、強く感じさせる出来事でした。
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 11:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明日は我が身と思い気を引き締めます

グーグルがリストラに着手、人員や開発拠点の削減に加え一部サービスを終了
by ITpro EP

最近はどこのニュースを見ても景気の良い話しなんて出てきませんけども、巨人Googleでも100名ほど人員削減をするようです。しかもこれを機にとばかり、サービス終了という不採算部門の切捨ても並行して行うようなので、目ざといというか不景気を背景にした行動なのでしょうかね?

IT業界でも屈指の高収益会社がこういう流れを作ると、後に続く所が増えそうな、そんな気がしています。「Googleだってリストラしてるんだ!」と都合の良い指針に使われそうですし。

少なくとも今まで円安で苦しんできた業界・企業は、急激な円高により、ものすごい利益を得ているところだってあると思うのですが、そういう儲けているという話しなんてどこにも出てきませんよね。

本当の不景気や恐慌はこれからだ、なんて意見を見かけると、将来の展望も見通せなくなりがちで、世知辛い世の中に感じますけども、全ての仕事が無くなるわけではないので、前を向いて一歩ずつ
踏み出していくしかありません。

私は過去に何度も「無職」の状態を味わっているので、その辛さ・苦しさを理解しているつもりですが、実際に職を失ってしまった時の事を考えると恐ろしくてたまりません。多分以前の苦しかった記憶が
甦るのでしょうね…。

でも若かりし頃に比べると今の自分の方がはるかに成長していますし、経験や実績だってそこそこあります。

しかし、幾ら経験や実績があろうが、雇用する側が「欲しい」と言ってくれなければ働くことはおぼつきません。

知らない人に「あなたが欲しい」と言ってもらう事ってものすごい難しい事だと思いますし、そういう方に対する「証明」できるモノを持っていなければ、私みたいな中年サラリーマンだと厳しいのでしょうね…

そうなるとやっぱり独立の道を…なんて事をダラダラ考えてしまうので、起きていない事をあれこれ考えるのは止めようと思います。私は自分の今やれるベスト以上な事をして、目標に対して突っ走って
いきます!!

悩むヒマがあったら半歩でも前に進めるような、そんなビジネスパーソンでいたいものです。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

REGZA 37Z7000が我が家にやってきた!

先日下記エントリーにて

勢いで地デジ液晶テレビを購入しちゃいました・・・
by 気になるけど

と書いたのですが、その液晶テレビ東芝REGZA 37Z7000が我が家にやってきました!!

たいそう大きな箱だったので重いんだろうな~と持ち上げてみると、想像よりも軽く「あれ?こんなもん?」と目をパチクリした私ですが、台座の装着も簡単に終わり、配線をひとしきり終えてからB-CASカード入れ、地デジの設定やら画面の設定やらをこなしてから、落ち着いて画面を見てみると、今までブラウン管で見ていた自分がバカバカしくなるくらい美麗な映像に心躍りました!!

色々いじくりまくっていたら、AM4時になっていたというくらい夢中になっていた私(汗

それもそのはず、このREGZA 37Z7000は、LANケーブルを直接さしてテレビ専用ブラウザでネットが見れます。普通にYAHOO!をホームにして、普段見るお気に入りURLをサクサク入力しつつ、テレビの大画面でネットサーフィンに勤しんでしまい、まるで初めてパソコンを買ってネットにつなげた時のような、そんな新鮮な感覚がありました。

他にもアクトビラで無料動画を楽しんだり、TSUTAYAオンライン経由でコンテンツをダウンロードしてきたり、REGZAのアップデートを
したりと、楽しい時間でした!

私の"おもちゃ"が一つ増えた形ですけど、いちいちPCを起動せずとも手軽にインターネットが見れるという、以前ならセットトップBOXとかがないと出来ない行為が、こうも簡単に実現されるとこりゃパソコン
いらないかもと、思わざるを得ません。

テレビを見ながら二画面でインターネットとか表示していると、今までの環境との違いにカルチャーショックというか、違う文化に触れてるような感じでして(おおげさですね…)やっと自分も時代に追いついてきたのかなと、少しだけいい気分になりました。

今までのブラウン管TVは何だったんだと、どうしてもっと早く購入しなかったのかと気になるくらい、素晴らしい買い物をしたと思えますが、怖いのはテレビ漬けになってしまいそうな事。強い決意を持ってテレビ観賞時間を極少に抑えたいです。

多分しばらく無理かな…
Twitterでつぶやく

| マルチメディア | 21:16 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6セルバッテリーを買おうか悩んでます

久しぶりにHP mini1000の話題なんですが、日々使っていて感じるのがバッテリの消費の早さと、プチフリと言われるストップ挙動の多さでして、プチフリの方はSSDの仕様らしいのであきらめていますが、バッテリ駆動時間が短いのはちょっと気になるところです。
※プチフリ=プチフリーズ

自宅で使う分にはACアダプタ差しながらですし、ディスプレイも明るくなるから文句ないのですけど、問題は自宅外で使用する場合。

12月に購入してから何度か自宅外で使用しましたが、公称の3.5時間は無理で、2時間くらい経過後にバッテリ残量が35%になったので、自分の中では2時間程度が目安かな?となってしまいました。
放っておけば3時間くらいはいけるのでしょうが、ガツガツ使っているとファンもまわりっ放しだし、多少熱も持ちます。

でもPen4のノートPCを持ち歩く事を考えれば、かなり持つ方だとも受け止められますが、購入前に考慮していた事とはいえ、実際に目の当たりにすると、大容量バッテリ(6セル)が発売されたら購入しようかな?という気になります。

しかし、そんなに自宅外でmini1000使うかと言えばそうでもないのですよね。家の中で使う方がメインなので、無くてもいいのです。でも、いざ外で使用した時に3時間も持たないのもちょっと…と小さな葛藤が発生中。

自宅で使用する際にもケーブルレスの方がいいに決まっているので、出来ることならばバッテリが5時間くらいもってくれれば、用途的に最高なんです。

まあ、高望みし過ぎなのかもしれませんし、元々値段の安いUMPCに、これ以上お金をかけるのもシャクだな~と貧乏人根性丸出しな想いもあります。

それ以外にも、最近腰を痛めたという事もあり、自宅で床に転がりながらmini1000をいじっているのですが、その際に電源ケーブルが邪魔になる事が多いため、ACアダプタ外して使っているからこの話題
に敏感になっているのかもしれませんけど。

いずれにしろバッテリ駆動時間は反比例的にどんどん短くなるのは確実ですので、どこかのタイミングで6セルバッテリ購入はするつもりでいます。10時間くらい平気で持つバッテリに、ストレスの無いSSDのmini1000とか発売される日はいつ頃なのかと呆けつつ、今日もまたmini1000を弄くり倒すのでした…。
Twitterでつぶやく

| UMPC・ネットブック・CULVノート | 20:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頭の働きが不調です

正月明けの3連休、せっかく色々やる事を細かく決めていたのに、終わってみれば本を読んだ事くらいしか予定消化ができず終い…。その分家族サービスの方に力が入ったかというとそうでもなく、頭の回転がとても鈍くなっているのを肌で感じてます。

というのも正月明けに発症した「腰痛」が思った以上に辛く、集中力が乱される事が多いのです!

このブログを書いている時も、何度も手を休みながら、普段の倍以上の時間をかけて書いている始末(その割には内容がアレですが・・・)

こうなったらおとなしく静養しているのが一番なのですが、せっかくの休みにゴロゴロしているのがもったいないと、腰の違和感を気にしながら色々手をつけてはみましたが、頭の中がクリアにならないので手が進まず。そのためダラダラとテレビを見てしまうという、一番やってはならない事に時間を多く使ってしまい、反省しております。

こんな具合では仕事も手に付かないのでは?と不安に思っていますが、あまりにもひどければ病院か整体で診察してもらう事も考えなければという感じです。

そんな腰痛ですが「ムチウチ」みたいな症状というのでしょうかね、頭がボーッとして思考能力の低下が著しい感覚が続いています。こうなると健康の大事さが身に染みるんですよね~。

今週は試練の一週間が続くかもしれないと考えると憂鬱になりがちなので、「起こった事はすべて正しい」という精神で、腰痛になったのも何か意味がある事なのだと、事象の正当化で乗り切ろうと、己の心にムチを打ち、せめて迷惑がかからない程度には働きたいです。

早く治らないかな?このガラスの腰。。。
Twitterでつぶやく

| その他 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Windows7のベータ版を見て

フォトレポート:絵で見る「Windows 7」--最新ベータ版を初見せ
by CNETjapan

CNETでWindows7のフォトレポート記事を掲載していたので、最後までWindows7の画面を見ましたけども…感動が感じられず。。。

VISTAよりアイコンが大きくなって、より陰影が濃いデザインになったんだね~という感覚だけです。

ATOMのCPUでも動く事を示したWindows7ですが、XPのセキュリティパッチ提供が止まる2014年4月(予定)までは、このままXPを使い続けようという気持ちになってしまうのはなんでなのでしょうかね?とは言え仕事上では最新OSにも慣れていないと、イザという時に全然操作が分からないという、最悪な状況になりかねないです。

最近ようやくVISTAがどんなOSなのかって事が分かりかけてきた(遅)のですけども、やっぱり普段のベースはXPなんですよね。実際このブログを書いているHP Mini1000もXPですし。

でもよく考えてみれば、他のOSも結構未体験が多かったりします。Windows Server2008やFedoraの最新版やUbuntuの最新版も未使用だったり、Solarisなんて触れた事も無いですし。MacOSだって所詮ちょっとかじった程度の知識しかありませんし。それらのOSでディスク障害とか起きて復旧対応すれって突然言われたとしたら、軽くパニクるでしょうね(笑

そう考えれば自分は「Windows使い」なんだなと改めて認識してしまう次第で、得意なところをもっと伸ばした方がいいのかなとか、様々な考えが浮かんできたりします。

でもそれってWindowsの経験値が高いというだけで、もし仕事上でLinuxしか使えないとなれば、それに合わせて対処するだけですし、普段使用するOS環境が変われば、そのOSが一番使いやすいとか
ほざきそうです…。

いっその事自宅で使用するPCをUbuntuとかにしてしまえば、それしか無いわけなので、それに合わせた使い方を模索するでしょうね。だからWindows7も使い続ければきっと「なかなかいいOSだな」とか、言ってしまうのだろうと思います。

という事で自宅の予備PCにUbuntuでもインストールしようかと、考えてはいますが、なかなかその実行までには至らず…そういや前にもそんな事書いたっけな~(汗
Twitterでつぶやく

| VISTA・Windows7 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勢いで地デジ液晶テレビを購入しちゃいました・・・

昨年暮れに行なわれた年末の風物詩、競馬のグランプリ「有馬記念」を馬連で射止めてしまった私は、思わぬ臨時収入に舞い上がっていましたが、その使い道をようやく決めました!

若かりし頃からG1レースだけ購入する競馬素人の私ですが、以前からギャンブルで儲けたお金は必ず物に代えるということを実践してまして、今までもテレビやビデオデッキ、パソコンやオーディオなどなどその時代に欲しかった電化製品などに化けてきました。

今回的中した有馬記念の勝ち分15万円を何に使おうか、思案に思案を重ねた結果、やはり地デジフルハイビジョン液晶テレビしかない!という事で機器の選定を進めていました。

最初SHARPのAQUOSシリーズしか考えておらず、正月の初売りのチラシなどをつぶさに観察してきましたが、見れば見るほどSONYのBRAVIAや日立のWOOO、東芝のREGZAなども良く見えてきて、実際に店頭に赴いた際もその画質やら何やらをチェックしましたが、普段ブラウン管TVを見慣れている私には、どれもこれも素晴らしい画質にしか映りません。なのでこりゃ機能で選ぶしかないかなと、各社製品のカタログを皿のようにして見る日々が続いていました。

今回予算が13万円(差額2万円は先日調子に乗って競馬ですりました…)と限られているので、その予算内で収まる金額で、できれば37型以上フルハイビジョン液晶で、テレビでインターネットが見れて、可能であれば録画も・・・という無茶な願望を胸に、価格コムを中心に調査を続けてきた結果、東芝のREGZA 37Z7000に決めました!!

決め手は「値段」「外付け汎用HD増設の拡張性」「映像の評判」「ネット視聴」「操作性」というところですかね・・・。

大手家電量販店では販売価格が17万8千円で、ポイントが加算されると12万相当というまさに予算内だったので、店員さんにポイントいらないから13万円で売ってくれと頼むも速攻却下されたため、じゃあネットで買うしかないかと、色々調べまくる日々・・・

そして先日然るべきところで注文を確定し、後は家に来るのを待つばかりで、内心すごく楽しみにしています!

また、予算的に少し余分が出たため、嫁さんや息子にも施し(おもちゃ、調理器具)を与えて家庭内サービスの拡充にも成功(笑

私的には大満足な年始となりました。

しかしいい事があれば悪いことも起きやすいものでして、数日前にぎっくり腰をやってしまい、普段の動きに大幅な制約が生まれました。幸福量と不幸量はイコールになるのかわかりませんが、世の中上手にできているもんだな~と、心新たにした次第です。

今後家庭内ネットワークの整備を検討している事もあり、このREGZAが中核を担う事になるやもしれませんね。

そういう私はあまりテレビを見ないのですが

家族用という事で・・・
Twitterでつぶやく

| マルチメディア | 21:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年こそ増したい会計知識

お茶でも飲みながら会計入門 インデックス
by 自分戦略@IT研究所

自分で言うのも何ですが、私は相当お金に関して疎いほうです。疎いというか、経済学部出身なのにお金の事を知らなさ過ぎでして、かねてから会計の知識をもっとつけなければいけないという、強迫観念に捕らわれてきました・・・

これまで会計の入門本など読みあさってきましたが、いまいちピンとこないというか、元々の知識がゼロに近いので腹にストンと落ちない事が多く、さおだけ屋シリーズとかを読んで少しわかったつもりになっているのが関の山・・・。

これは私だけなのかもしれませんが、ほぼゼロに近い知識しか持ち合わせていない事柄を学習した時、「初めての○○」とか「犬でもわかる○○」などの触れ込みの本や雑誌を読んでも、どうもしっくり
こないのですよね。

きっと根っこの部分がわからないので、わからないのがわからない的な事に陥っているのが原因と思っています。

そういう時は、あきらめて考えないようにするか、初心者用の本や雑誌を10冊くらい買い込んで集中して多読して理解するかのどちらかを選択する事が多い私ですが、この会計に関してはどっちつかずの
なんとなく気になるからこの本でも読んでみようかな~という感覚でした。

前フリが長かったですが、そんな時に見つけた上記の

お茶でも飲みながら会計入門

シリーズは丁度いいくらいの読み応えで、なかなか分かりやすいと思います。
特に第3回 黒字倒産が起きるわけとその対策はその最たるもので、黒字倒産の仕組みを理解することができました。

今後もこの吉田さんのお茶でも飲みながらシリーズはチェックしていこうと思います。

何か一つストンと腑に落ちると、堰を切ったようにダダダっと今まで理解できなかった事が理解できるようになる事があるので、この週末は会計の本でも読もうかと計画中です。
Twitterでつぶやく

| 財務・会計・投資・金融・経済 | 20:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

当たるも八卦、当たらぬも八卦

2009年国内IT市場10大予測を発表
by IDCjapan

2008年秋から大幅景気後退となっているIT業界ですけども、IDCjapanの市場予測が掲載されていたのでネタにしちゃいました。

その市場予想とは…

1、国内IT市場は、これまでの拡大傾向から一変して縮小する
2、仮想化サーバとシステム管理ソフトウェアの拡大がシステムインテグレーター(SIer)の選別を促進する
3、パソコンの急速な価格下落によって、主要ベンダーの事業撤退が起こる
4、バーチャルクライアント化が進展し、サーバとストレージによる処理集中化への回帰が起こる
5、モバイルPCの利用拡大と、携帯電話向けアプリケーションの増加によって、クラウドコンピューティングへの流れが加速する
6、部門単位のSaaS利用が拡大し、IT統制見直しの契機となる
7、セキュリティ市場に新技術が投入され、システムインフラ整備の重要な要素となる
8、データセンターのグリーン化への取り組みが本格化する
9、日本のITベンダーによる海外進出が加速する
10、ITベンダーのコンプライアンスへの対応力が試される


まあどれもこれもどこかで目にした事があるものばかりですが、その中でも幾つか触れておきたいものを以下に書いてみたいと思います。


1、国内IT市場は、これまでの拡大傾向から一変して縮小する

これはその通りというか、IT業界にいるものはほとんど肌で感じている内容ですよね。
今まで本当に拡大傾向だったのかどうか疑問も残りますけど、大幅な縮小は避けられないので、今のまま進むと、店をたたむ企業とかも続々出てくるでしょうし。嫌な時代です。


2、仮想化サーバとシステム管理ソフトウェアの拡大がシステムインテグレーター(SIer)の選別を促進する

SIerの選別はとっくにもう始まっていて、今は必要以上にどこも様子見を決め込んでいる企業・団体が多いです。けども案件がゼロになることはないのでIDCの言うように、よりよい仮想化の提案を出せるSIerが勝ち残るでしょう。いずれにせよ雪崩のように仮想化技術方面に流れこんでくると考えております。


3、パソコンの急速な価格下落によって、主要ベンダーの事業撤退が起こる

私的にはこの予想は外れて欲しい!
ですがacerやASUSなどの躍進を見ていると、国内PCベンダーの緩慢さが目につきます。
これはUMPCやネットブックを選定していた時に強く感じまして、大手家電量販店でも、外国勢のブースがどんどん拡大しているような、そんな感じがしています。
ものすごい技術と経験を持っている日本のベンダー各社は、完全に外資の攻勢に後手に回っていますので、事業撤退という経営判断をするところが出てきてもおかしくないでしょうね…。

HPなどの世界企業に部門売却するとか、そういう事がいつ起きてもおかしくない状況だと考えていますが、できればそんな事が起きないでくれればいいなと願うしかないです。どうせなら国内大手PCベンダーによるPC事業の合併で強力なジャパン連合を作り、世界に打って出る!などだと盛り上がると思うのですが。

もしNEC、富士通、東芝が「ワンブランド」になったら、国内だけで考えたら独占禁止法に抵触しそうな感じですけども、世界に喧嘩をしに出るならば心強いと感じます。

でもそれは無いんだろうな~


ちょっと飛ばしてと、

7、セキュリティ市場に新技術が投入され、システムインフラ整備の重要な要素となる

この「新技術」というのが何を指しているのかわからないのですが、きっとレピュテーションとかの事を言っているのでしょう。それともまったく新しい何かの事??そうだとしたらとても興味が湧く内容なんですが。
記事中ではセキュリティへの関心が高まるとなっていますが、きっと大規模な被害が起きてニュースなどで取り上げられない限り、世の中の関心が高まる事は無いと思います。PCがただ使えればいいという人の数の方が圧倒的に多いのですから、連日トップニュースで取り上げられるような、そんな重大なセキュリティインシデントでも無い限り、例年通りでしょう。


9. 日本のITベンダーによる海外進出が加速する

私はこの見方にはどうも懐疑的なんですよね。
昨年富士通あたりが欧州で攻勢をかけるというニュースは見ましたけども、海外の企業買収などを含めて、そんなに体力が残っていないITベンダーが多いような気がしています。

今現在海外の方が景気状況は悪いのでお安く買える海外優良IT企業が多いと思うのですが、果たしてリスクを顧みず攻めていける国内ITベンダーがどのくらいいるのか?この辺は企業体質というか企業理念が保守的なものに縛られているベンダーはありえないですが、イケイケのトップに代われば…
わかりませんかね。

「今海外に飛び立っても痛い目に遭うのは必定なので、もう少し時間を置いて情勢を見極めてから検討したい」という思いを抱いているところが大多数なんじゃないかと、業界を見回して思う私なのでした。

「よ~しオレがやってやる!!」というITベンダーはソフトバンクくらいしか期待できないと思う私の見方は間違っているでしょうか?


とまあ気になる部分のみに突っ込みを入れてみたのですが、後ろ向きな予測は当たらない事を祈るばかりです。

否定的な言葉を書いた9番の日本のITベンダーによる海外進出が加速するという予想は、ぜひとも私の予想を裏切って実現して欲しいものですけどもね。

私自身、食べていける人材を目指して今年も邁進していきたいのですが、この業界に悲観的な事が起きない事を祈るばかりです。

こういう「依存」から脱却できるような大きな人間になりたいものですけども…無理っぽい(苦笑
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボーカロイド巡音ルカに手を出すつもりです!

ボーカロイド第3弾はバイリンガル、「巡音ルカ」1月30日発売
by CNETjapan

初音ミクで一大ムーブメントをおこしたボーカロイドシリーズですが、初代ボーカロイドの「MEIKO」の頃からずーっと動向を追っていました。かつてボーカロイド購入のための貯金までしていたのですが、他に色々と優先してやることがあり、2年半くらい先送りしていましたが、今回の「巡音ルカ」の発表で、また購入する気になった私。

巡音ルカ
by Crypton Future Media

バーチャルアイドルの声に興奮することとかないのですけども、今回の巡音ルカは日本語と英語の2つの音声データベースで総容量3GB以上という、今までのデータよりもリアルな表現ができそうで、かなり期待しています。

というのも、今年の目標は「創造と行動」にしていることもあり、音楽方面にも力を入れていこうと考えているからでして、昔とった杵柄の音楽製作を再開させる予定です。

学生時代ピアノを習っていたこともあり、かれこれ10年くらい続けていたので、まだそこそこ弾けるかなとは思っているのですが、左手のコードがおさえられるかどうか…不安です。

はっきり言って相当「腕」は錆付いているので、一からやり直しのつもりで望み、まずは環境から整えていきたいですね。。。

昔はジャズピアノとか華麗?に弾いていたのですがね~(遠い目)
久しぶりに動かすシンセはちゃんと動くのでしょうか?

とりあえずは1月30日発売なので購入したいと思います…と軽く書きましたけども、もう一度財布と相談が必要か…

創造するための行動

この言葉に従って突き動かされていこうと誓う私なのでした。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さあ才能に目覚めよう



昨年末に下記エントリー

2008年読破済み本のベスト5
by 気になるけど

でも紹介しました「さあ才能に目覚めよう」です。

上記エントリーでも書きましたが、この本で一番お得だと感じるのが

本の表紙の裏に書いてあるIDコードをWebサイトで入力して長い
質問に答えていくと、自分の隠れた才能(強み)を知ることが出来る


ですね。

私も5つの才能(強み)を知る事ができ、大変満足しています!!

ちなみにその才能をちょっと書きだしてみると

慎重さ
学習欲
親密性
達成欲
目標志向


私はこの5つの資質に優れているそうです。

この5つの強みを目の当たりにした時、「確かにそうだ」と、思いあたる節がたくさんあり、腑に落ちました。

そもそもこの本で言う「才能」とは何のことかと言うと…

才能とは「繰り返し現れる思考、感情および行動パターンであり、何かを生み出す力を持つ資質」である。


などと定義されています。

一生変わることのない、その人が持つ独自の才能、それを手軽に知る事が出来るという、なんとも安上がりで極上の情報でしょうか。

私はこの5つの強みを常に念頭に置き、この強みを今後どう生かして成長していくか、という事に考えがシフトできたのが一番の収穫かと考えています。

また「親密性」と「目標思考」を備えている私は「マネージャー」の資質があるらしく、普段人のマネジメントなど慣れていない私には新たな一面を発見できた事も大きかったですね(驚

他にも人には三つの恐怖が存在するという内容とか、本当にタメになる素晴らしい本だと断言します。

よって評価は当然★★★★★ですね。
★を幾つでも付けていいのなら10個くらいつけてみたいです。
2001年に発刊したとは思えないくらい今でも売れているようです。


~心に残った一文~
※抜粋して記載しています


人生における真の悲劇とは、傑出した強みを持たないことではなく、強みを活かせないこと、
ということだ。


かつてベンジャミンフランクリンは言った。
「日陰の日時計が何の役にたつのか」と。
眠れる強みとは「日陰の日時計」にほかならない。


自分の強みの源を見つけ、実践と学習を通してその強みを補強し、その強みを日々活かせる役割を見出すこと。


「強みとは常に完璧に近い成果を生み出す能力」という定義


決して弱点にこだわってはいけない。
だからといって「弱点を無視しろ」と言っているのではない。
弱点とうまく折り合いをつけ、強みを解き放ちより鋭いものにした。
ただそれだけのこと。


強みを築く上で必要な知識には2種類ある。
一つ、それは事実に基づく知識、つまりコンテンツである。
もう一つの知識とは、経験によって身に付く知識のことだ。


才能が向いてない分野で優秀な成果を収めようとするのは時間の無駄である


自分の強みが発揮できる道にやっと戻ると、それに伴うすばらしい結果に印象づけられ、周りの人間はきっとこう言うだろう。
「すごい、彼を見てみろ。彼は変わった」
これは間違っている。
本質的には何も変わっていないのだ。


要するに技術とは容易に伝えられる極意を伝える手段に過ぎない。技術を身につければ進歩はするかもしれないが、だからといって才能の欠如を補ってはくれない。
そうではなく、強みを築くに際して、技術というものは、真の才能とてを結んだときにこそ大いに頼りになるものである。


才能とは「繰り返し現れる思考、感情および行動パターンであり、何かを生み出す力を持つ資質」である。


才能を見つけるためにまず最初にやるべきことは、さまざまな状況下で自分は無意識にどのような反応をしているか、自分自身をよく観察することだ。


何かをしようとするとき、過去か現在か未来か、どの時制を一番意識しているか考えてみるといい。



他多数ありますが、この辺で割愛します。
ぜひ読んでみてください。
Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 19:40 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

自分に暗示をかけよう

今日(1/4)で正月休みが終わる方が多いと思いますが、私はのんびり一人でじっくり考えをまとめる時間を確保したり、溜まっていた本を読破したり、今年の大まかな予定を計画したり、新たなことを始めたり、家族サービスの時間を多めに取ったりと、いい休みの時間となっております!

さらに元旦から運動を始めまして、体中筋肉痛で素早い動きができないという副産物がありますが…。

こういう充実した時間を過ごしていたらもう仕事に行きたくなくなりますが、そろそろ頭の中のスイッチを切り替えないと、正月ボケが抜けきらないかもしれないです。。。

プライベートモードと仕事モード、2つのスイッチを簡単に切替できる方が大半かと思いますが、私は以前切替が鈍い方だったので、休み明け仕事中に「あ~あの続きがしたいな~」とか休み中に面白かった事が頭に浮かんでぼーっとなることがよくありました。

昔は本当に公私の切替と言いますか、頭の中をスパッと切り替えるという事が得意ではなかったので、長期休み明けは全然仕事にならず、困ったことにそれが抜けきらないという悪循環に陥ることもしばしば。

自分が休み明けに頭がすぐれないということはあまり意識した事はなかったのですが、以前年明けに緊急の仕事が入った時に大きなミスを犯したことがあり、その時以来どうにかこの

休み明けボーっと症候群

を改善せねばと、色々試行錯誤を繰り返してきました。

そんな中で私が普段使っている方法を書こうと思います。

人によっては理解できない部分もあると思うので、特に万人に勧められるものでもないのですが、イメージの力を利用します。

イメージといってもピンとこないと思いますし、私も言葉で伝えるのが難しいのですけども、頭の中で大きなスイッチを頭に浮かべます。

そのスイッチはOFFでプライベートモード、ONで仕事モードに切り替わるスイッチであり、そのイメージしたスイッチを頭の中でONにしたりOFFにしたりするだけ。

まーそれだけなんですけども、きっとこれはイメージの訓練をしていないとあまり意味を成さないのかもしれません…

海外のスポーツ選手などは、試合や競技開始前に十字をきったり、指輪にキスしたり、ピッチ上でお祈りしたりするシーンがありますけども、ようはそれの延長です。

この動作をしたら戦闘モード
この動作をしたら休憩モード


そういう決まり事を作っておき、普段からそれをしてから始めたり終わらせたりする事を繰り返し行っていると、知らず知らずのうちに無意識で心と体が反応するようになります。

そうそう、サッカーやバレーボールなどでも、試合開始直前に円陣を組んでから始めるなんてシーンも同じ効果があると考えています。

私のように頭の中でスイッチを浮かべたりしなくても、胸に手を10秒あてて「よし遊ぶぞ!」とか「よし働くぞ!」なんて決まり事にしても良いかもしれないですね。

自分の中でしっくりくる決め事を作り、ONタイム・OFFタイムのきっかけにすればいいというのは私自身が実感している事なので、興味がある方は試してみてはいかがでしょうか?

他にも私は色々決め事をしていて、左手の親指を手の平の中に入れて強く握り「落ち着け、冷静に、お前は周りが見える!」なんて言葉を唱えながら普段の生活の中で取り入れておき、例えば人前で話す時や緊張を伴う作業や大きな商談時などに密かに左手親指を手の平の中に入れ、ギュッと握ると、不思議と心が落ち着き冷静に対処できるようになった気がします(そういう気持ちがするだけかもしれませんけど…)

つまり自分に暗示をかけるきっかけにしているのです。

これは突然やろうとしてもうまくいかないので、1ヶ月くらい毎日、ある動作に意味を持たせて、それを心と体の中に刷り込ませるようにしつこくやっていると、いざ本番になってその動作をすると、きっと
心も体も暗示通りの内容でうまくいくと思います。

問題点は1ヶ月くらいの間、本当にしつこいくらいその動作やイメージを繰り返し行わなければあまり意味を成さないことでしょうか・・・

習慣にしてしまうような気持ちで取り入れる、もしくはクセにしてしまうような感覚で行えば効果は抜群だと思います。

興味ある方はお試し下さい。

私は明日の朝(1/5)から頭の中のスイッチをONにします!!

なので今晩は飲んだくれます(笑
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 17:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2009年 資本主義大崩壊!



久々の本の紹介なんですが、長所伸展法でお馴染み超有名経営コンサルタントである船井幸雄さんの著書です。

私自身2009年からの社会情勢や経済の行方がまったく見通しがきかない状態に不安をかられており、その一つの答えというか参考になる部分を期待してこの休み中に読みました。

私は船井幸雄さんの著書自体を初めて読んだのですが、なんと言えばいいのか、これまでのイメージでは凄腕経営コンサルで、時代の最先端を突き進んでいる神のような方というのが強くて、どちらかというとその著書に触手が伸びませんでした。

今回その神のようなお方が緊急提言!みたいな感じで上梓された為、これはすぐ読もうと期待を込めて読破したのですが…まいりました。

冒頭の「円高1ドル50円」とか「日経平均5000円」とか「食料危機」などという刺激的な言葉にワクワクしながら読みすすめていき、第2章くらいまではなるほどという思いとともに、何か違和感を感じていたのですが、第3章の途中から「天の理」の言葉が出てきた時に「こりゃまいったな…」という思いにかられました。

他にも「ムー大陸」とか「日月神示」などという言葉がまさかこの方の著書に書かれているとは…正直驚きました!!

後半の内容がスピリチュアル方面の話しにシフトしてしまったので、骨太の経済指南書としてこの本に期待した方々はこぞってずっこけたのではないでしょうかね?

私も面食らいました。

ですが、私はスピリチュアルというか神秘的・宗教的な話しは嫌いじゃないので、上記の「日月神示」とかは普通に知っていましたし、まだ他の読者よりは違和感が少なかったと思われます。

百匹目の猿の話しとかロスチャイルドの話しとか、興味深い話しもたくさんあり、経済指南書として読まないのであればアリかなと、そういう気がしました。

ただ不安を煽って「天の理」の思想を身に付けよと説かれれば、それは宗教方面の話しに傾いていると言わざるを得ません。

私自身、この世のものではない俗に言う「お化け」とかを見たりする体質のようなので、そういう神秘的なスピリチュアル話しには興味をそそられるのですが、まさかこの方の著書にそれが書かれているとは、本当に驚きでした。

正直申しまして読後感は悪いです。

悪いのですが、こういうのもアリなのかな?という気持ちが湧いてしまうのは何故なんでしょうかね~??

経済とスピリチュアル的な話しが好きな方にはお奨めいたしますが、そうではない方々は読まない方が賢明かなと、そういう感覚でいます。

よって評価は★★☆☆☆とします。


~心に残った一文~

割愛いたします。
Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 02:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年もよろしくお願いいたします

明けましておめでとうございます。
今年もこのインターネットの端っこの方で細々と更新しているblogを何卒よろしくお願い申し上げます。

元旦ということで「一年の計」は今日にかかっているようなので、いくつか今年の計画・予定でも書きつつ、自分の頭の中を整理していきたいと思います。

まず今年取得したい資格として、

LPIC-level2
メンタルヘルス・マネジメント検定試験


この2つを決めています。

メンタルヘルス・マネジメント検定は1月7日から申し込みが始まり、試験日が3月15日なので今月中に手続きを進める予定です。

できれば6月中までにLPIC-level2を取得できるのが理想ですけども、遅くても年内に取得できればと多少幅を持たせています。

あと先日このブログでも書きましたが、IPAの情報処理試験は今年も回避予定です(苦笑

さて、前回のエントリー中で2009年のキーワードを「創造と行動」にしたと書きましたが、今年は特に「創造」の方に力を入れていきたいと計画しています。

具体的にはまだ書きませんけども、音楽、芸術、物書き、この3つを今年は重点的に力を入れていこうと目論んでいます!

どの時期に何をやるという事はまだはっきり決めていませんが、例年通り細かい行動計画を練り、日々修正していくというプロセスを続けていくことになるでしょうか。

あとは去年も書きましたが…

月5冊の読書ペースを崩さず、blogも更新する。

仕事もがんばる。

そして家族サービスもがんばる。

今年も日々精進して前向きに努力を続けていきたいですね~。

という事で、今年もよろしくお願い致します。
Twitterでつぶやく

| その他 | 01:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。