気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

IE8の自動更新での配布は突然に…

この記事を書いているのは2008年4月30日20:00頃ですが、今の段階で自動更新やMicrosoftUpdateにアクセスすると、InternetExplorer8の配布がまだなされています(怒)

GW前に何するんだよ?と思いましたが、これはまた例の人為的ミスなのか?と勘繰っておりまして、いつ自動更新から消えるのかと、待っていましたが依然その気配は無し…

そもそもですね、MicrosoftはIE8の自動更新による配布を、日本では独自スケジュールで行うとしていて、確定次第サイトで告知を行うとうたっております。

IE8の自動更新による配布、日本は独自スケジュールで
by INTERNET watch

さらに、今現在告知がなされておりませんし、最終公開日が1月となっているので、やはりUPミスとしか考えようがないのですが…

Internet Explorer 8 の自動更新による配布について
by Technet

おかげで朝からてんてこ舞いな私ですけども、とりあえずIE8自動配布の無効化ツールキットをお客様のPCに仕込みまくりました…

Internet Explorer 8 自動配布の無効化ツールキット (Blocker Toolkit)
↑※解凍してコマンドプロンプトからツールキットのあるディレクトリに移動して「IE80Blocker.cmd /b」を押下すればOKです。

以下にCドライブ直下にファイルを解凍し、コマンドプロンプトにて実行したとして例を示します。
¥は半角なので注意(ブログ上で表現できず)

Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:¥Documents and Settings¥fuminchu>cd ¥

C:¥>

C:¥>cd IE8BlockerToolkit

C:¥IE8BlockerToolkit>IE80Blocker.cmd /b

MICROSOFT TOOL KIT TO DISABLE DELIVERY OF
MICROSOFT INTERNET EXPLORER 8

Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

LOCAL!
Blocking deployment of Internet Explorer 8 on the local machine

操作は正しく終了しました


なんだかもう、こういう事に振り回されるのは勘弁願いたいところですが、Microsoft製品を使い続ける限り宿命なのでしょうね・・・

WSUS(Windows Server Update Services )を導入していればこんな苦労することなかったのに…と思うとやるせなくなります。

しかーし、IE8の評価は私の中で高いので、自分だけ密かにIE8に上げているところがなんともミーハーな男なのでした。

でも突然はないですよね…

Office2007 SP2も同様に自動更新に掲載されていますけども、こちらはまだ2~4月に出るよと告知していたから「マシ」ですが、200MBオーバーのファイル容量もどうかと思います。

GW直後の頭が働かない時にズドンとやられるよりはいいかと、少しでも良い解釈をしてプラスに考える私なのでした…。
Twitterでつぶやく
スポンサーサイト

| PCネタ・IT系ニュース | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

僭越ながらメンヘル検定三種合格しました

3月に受験したメンタルヘルス・マネジメント検定三種ですが、合格通知が来まして、なんとかギリギリ合格でした。。。

mental.jpg

驚いたのがその合格率で、受験者1,680名に対して合格者は1,295名、つまり合格率が77.08%!!

異常なまでに高い合格率ですが、私は100点満点中76点というなんともボーダーライン際に近いところにおりました(苦笑)

この数字だけ判断すると、受験すれば合格するんだなどと判断しがちですけど、ある程度の学習が必要なのは確かでしょう。

正直申しまして、「あ、落ちたかも・・・」と思っていたので胸を撫で下ろしているところです。

ただ、合格しやすい資格というのも間違いないので、興味ある方は受験してみてはどうでしょう?

この資格を持っていても何かあるわけではないですけども、ストレスへの対処とか、そういう事に関して堂々と職場で申すことができると「勝手」に思っていますので、少しでも私の関わるところでメンタル
ヘルスの問題の減少に寄与できればいいですね。

今後は二種を受験するかどうか、ちょっと悩むところですけども、先にLPIC-level2が控えているので、来年受験かな~って感じです。

まずは「1年に1つは資格取得する」という目標を達成できた事を素直に喜びたいですが、定期的に知識のメンテナンスも忘れずに行なっていくのが理想的です。

取得して終わり、ではなく継続的に心の問題について知識増強させていきたいと考えていますので、ここからが再スタートのつもりでいたいですね~。

さてさて、私は資格を取得した時に自分にご褒美を与えておりまして、今回は何にしようかな~とニヤニヤしながら考えております。

家族にも協力してもらっているので、何か買ってあげようかな?

楽しみです!!
Twitterでつぶやく

| IT資格・他資格 | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Ubuntu9.04はext4にDLNA対応プレーヤー装備!!

人気Linuxディストリビューションの最新版「Ubuntu 9.04」が公開
by ITpro

ついこの間Ubuntuの最新版が出たと思ったら、早くも9.04のリリースを発表で、ふ~んと思いつつその中身を確認すると、噂のファイルシステムext4に対応しているではないですか!!

このext4はLinuxで使用可能なext3の拡張版でして、Fedora11ではすでに対応済みでしたが、Ubuntuでも対応しちゃったわけでして、何がすごいって、1エクスビバイトもの容量のストレージに対応しつつ、ファイルの断片化を抑制してくれるという、すごいファイルシステムなんです。

エクスビバイトって何だよって思った人、私も最初同様の印象でした。
ちなみに容量の単位を羅列すると…

キロバイト (kB)
メガバイト (MB)
ギガバイト (GB)
テラバイト (TB)
ペタバイト (PB)
エクサバイト (EB)
ゼタバイト (ZB)
ヨタバイト (YB)
キビバイト (KiB)
メビバイト (MiB)
ギビバイト (GiB)
テビバイト (TiB)
ペビバイト (PiB)
エクスビバイト (EiB) →ココ


テラでもないペタでもない、聞いた事もない単位のストレージ容量まで対応するという、すごいファイルシステムっていうのが何となく分かると思います。

今はまだそんな容量を使うことはありませんが、今後時代が変わると「ディスク容量は1エクスビだってよ~」なんて会話が聞かれる日がくるやもしれませんね。あ、その頃はもうクラウドか(汗

話を戻してと、他にもDLNA(Digital Living Network Alliance)対応プレーヤーが付属していたり、WebDAVやBluetoothによるファイル共有機能が付いたりと、結構変わっています。

あと、私的におっ!と思ったのが、dovecot-postfixパッケージを導入しているところです。

dovecotはPOP/IMAPサーバですが、使ったことないのでUbuntuで検証してみたいと思いました!

問題は未だにUbuntu8.04を使いこなしていない事・・・

でも9.04に飛びついちゃいそうな私なのでした(ミーハー)

とりあえずはVMware用のzipファイルが掲載されるまで様子見しますが、いずれ使って評価してみたいと思います。
Twitterでつぶやく

| Linux・Fedora・Ubuntu | 19:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BUFFALOの無線ルータWHR-G300Nを購入

・BUFFALO Draft2.0 11n/g/b 無線ルータ WHR-G300N


今まで自宅で使用していた無線ブロードバンドルータ(IODATA製WN-G54/R)の調子が悪くなり、毎日ネット接続が切られてしまい、日々接続認証を行うというのが日課となっておりましたが、あまりにもその頻度が多いため、家族からの大ブーイングを受け、BUFFALOの無線ルータWHR-G300Nを購入することになりました・・・。

そもそも何故回線接続が切れてしまうのか原因が分からず、ルータのログを見ても何も情報が残っていないので、そのうちsyslogの設定でもしようかと思っていた矢先のルータ購入でして、ただでさえ財政ピンチな私なのに、8千円の出費は痛かったです(本当に痛いっす!)

今やネットは我が家で中心的役割を果たしているため、肝心要の無線BBルータがコケてしまったら家族全員が困ってしまいます。

ですが、これでもう日々ルータにログインして接続行為をしなくていいですし、以前よりネットの体感スピードが上がった感じがしていて、REGZAからのインターネット表示も以前よりスムーズになった感覚がありますし、前機よりもスリムでコンパクト、デザイン的にも悪くないので、いい買い物をしたと思っています。

私的には、無線の設定でマルチセキュリティ=WEP、WPA-TSK-TKIP、WPA-TSK-AESを同時に使用する事ができるのがツボだったりします。さらにメニューにiPhone3Gの接続設定があったり、QoS制御が可能になっていたりと、一昔前のAirStationの設定と比べると進化しているのだなと、時代の移り変わりを感じます。

HP Mini 1000でもSSID検索してAESの登録したキーを設定してあげて、問題なくインターネットに接続できたので、とりあえずは一安心。

これで数年間は無線BBルータを買わなくてもよければいいな~。

本当は、自宅でもJuniperのSSGシリーズとか使いたいのですけども、そんな高い製品個人宅に設置することも出来ず・・・

Juniper SSG5 Wireless
by Juniper

ファイアーウォールとしてもVPNルータとしても優秀なSSG5を、自宅で設置できたら色々楽しめるのにと、公私混同しそうな私ですけど、そこまでのものは個人宅では必要ないですよね。

しばらくはBUFFALOのWHR-G300Nに頑張ってもらわないと!

あ、NintendoDSの接続も設定するのを忘れていた。。。

やっておかないと子供にヤキ入れられちゃう・・・
Twitterでつぶやく

| マルチメディア | 15:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Doblogが無くなるのですね

「Doblog」5月に終了 障害で3カ月投稿不能、一部データ復旧できず
by ITmedia

天下のNTTデータが提供するブログサービス「Doblog」が、システム障害(HD障害の様子)を起こし、ユーザは記事投稿などが出来ない状態になっていましたが、なんとその間にサービスを中止するという
経営判断をしたようです!

アクティブユーザー数が約2000~3000もあって、突然使えなくなって終いには閉鎖というのは、利用者にしてみれば怒りを通り越してあきれるしかないでしょうね…。

これも景気悪化による不採算部門カットの余波なんでしょうか??

いくら無料とはいえ、利用ユーザは悲惨です。

今後こういったブログサービスの閉鎖が加速する事にもなりかねないと、いちブロガーとして空恐ろしくなるニュースでした・・・

FC2は大丈夫ですよね?よね?

記事本文のバックアップはあれども、アップしている画像とかは手元になかったりしますし、このテンプレートに合わせて記事とか書いているため、もし他に引っ越すとかを考えただけで憂鬱…。

URLも変わるからアクセス解析などの設定も全て変更しなきゃだし。

これだけでGWが潰れてしまいそうですよ!

それにしても、NTTデータのサービス停止の理由ですけども、

Doblog開設時の目的である、ブログシステムを構築するための技術的知見、およびコミュニティサービスを運用・運営するためのノウハウの蓄積については十分に達成できたものと考え、サービスを終了するという判断をいたしました。


というのは、正直というか何と言うか…

ビジネス目的でなく、技術やノウハウ取得を主目的としてやってきて、達成できたから辞めるという事を強調したいのかもしれませんが、それは大企業だからできる「裏技」のような気もします。

今どこのIT系企業も経営の見直しとかしている最中と思われますが、採算が取れない、もしくは今後も採算が取れる見込みのないサービスは止めるという事を検討しているはずでして、これから雪崩のように、赤字のブログサービスは停止という判断を下す企業が増加するやもしれませんね。

今後は「サービス」が無くなるかもしれないという選択肢を、頭の片隅に置いておかねばならないのか~・・・

嫌な世の中ですね
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GWは読書三昧になる予定の方のブックガイド

GWは読書三昧! 人気連載陣がお薦め 大人の読書計画 春の100冊
by 日経Trendynet

「今年(2009年)のGWは読書だな!」という方のためのブックガイドと銘うっていますが、こういうブックガイドは良質な本を求め、常日頃チェックしている私にとって、よい本にめぐり会える大切な指針となります。

今回は日経で連載を持っている有名人の方から編集部推薦の本まで、10個のカテゴリーに分けてそれぞれ何冊かずつ紹介されてまして、普段読まないジャンルのものとかを見かけると、「こういう本も読んでみたい」と思わせてくれます!!

具体的にどんな感じのカテゴリーかと言うと…

田原総一郎さんが読む!いまの政治
編集部推薦 これで明日からスキルアップ
樺島弘文さんと考えるエコ暮らし
大森広司さんと充実「住まい探し」
安部偲さんお薦め映画原作本
編集部推薦 文学賞・ノンフィクション賞を読む
小沢コージさんに知的快楽クルマ本を聞く
編集部推薦 心と体に効くリフレッシュ本
穴澤賢さんが読む奥深き犬&ペットの話
こだわりのインテリア&ファッション


などなど、車の本とかペットの本など読む機会がない私にとって、読めば興味の対象が広がりそうな、そんな本の数々が紹介されており、思わずAmazonアタックしてしまうところでした(汗

100冊紹介されている中ですでに読破済みの本や、いずれ読もうと思っていた本などが3分の1くらい含まさっていたので、だてに普段から本探しでネットを徘徊していないなと、自慢にもならない事にほくそ笑んでいた私ですが、残念ながら資金不足のためGW用の書籍を新たに購入する事はせずに、在庫で棚に眠る未読本40冊程度を読み進めます。

実は今月、ものすごい読書ペースでして、4月はまだ1週間あるのに、すでに10冊読破済み(月の読破数新記録!)なため、このペースで読めば夏には在庫(積読・未読本)が無くなりそうな気もしています。

それもこれも「速読」とか「本を読む技術」が高まったせいもあるのですけど、その話しはいずれ書きたいと思います。

本を速くたくさん読めても、別に自慢できる事でもありませんが、その本から得るものが少なければ読んだ価値も少ないと思います。

なのでGWに読む本は、未読本の中でも厳選して数冊を選び、じっくり精読したいと考えていますので、今から楽しみです!

まあ、うちの子供達が邪魔をしなければ、なんですけども…
Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 19:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HDなどの記録媒体障害のツケ

一律12万6000円のデータ復旧サービスが登場
by CNETjapan

CNETの記事で、データ復旧というところで一律12万6000円でのデータ復旧を行なうサービスを開始したというニュースを見て、今まで散々HDのデータレスキューを無償で行なってきた私は思わず・・・

「仕事替えようかな?」

とつぶやいてしまいました(苦笑)

まあ、無償でやったと言っても、その相手は私の大切なお客様やその知人、仕事上の先輩・後輩・同僚、さらに友人や親戚などなど、ほとんど面識がある方の依頼ばかりであり、お礼の暖かい言葉や、飲食物などを頂戴する場合もあり、なんだかかえってすいませんという気持ちではあります。

なかには「ちゃんと正当な報酬を得なきゃダメだ」と現金をくれようとしたりする方もいたりしましたが、丁重にお断りして気持ちだけありがたくいただきましたが、そもそもデータ復旧自体に、どれだけの価値があるのか私自身よくわかっていなかった事もあり、ちょっと調べてみたらびっくり!

有名どころの「データ復旧センター」での復旧費用を見てみると、軽度のOS障害(レベル1)でも¥20,000~という金額提示です!!

データ復旧費用
by データ復旧センター

確かにHD障害は突然起こる事も多いので、日々困っている人がいますけど、このデータ復旧センターでいうところのレベル3くらいの障害でも手をかえ品をかえ、データの復旧に成功していますので、まともに商売していれば一月の給料なんて軽く越えるくらいの額になっていますよ!やっぱ仕事替えようかな(笑)

データ復旧サービスが儲かるという事は、それだけ記録媒体の障害が多いという証でもあるのですが、困っている人を助ける商売って、単価が高いんだな~と納得してしまいました・・・。

HDの円盤に大きな傷がついている場合や、シーク棒破損、内部基板の障害などの物損などでは、代わりのパーツを持たない私などでは太刀打ちできませんけど、HDの円盤がまわってなんとかシークしてくれれば、結構データの復旧とかOSの復元など成功している例が多いので、副業にしちゃおうかな?なんて冗談とも本気ともとれる事を考えてしまいました。。。

データ復旧を求める人が多いということは、世の中それだけきちんとバックアップをしていない人が多いという証左でもあるのですけど、私のお客様などを見ていると、一度ひどい目に遭った方はちゃんと
バックアップ用の媒体を用意して、そちらにデータを二重管理している人が多いように感じます。しかしHD障害などの憂き目に遭っていない方は、そもそもそんな事起こるわけないという認識の方々が多いのではないでしょうか。

かくいう私もHD障害でデータを失った経験ありでして、それ以来バックアップをするのだ!という想いが強くなっています。

なるべくそんな嫌な目に遭わないように、お客様にはデータのバックアップをするように、口酸っぱく言っていますが、困っていない人は、やはりやりません。

口で言っても伝わりにくいのですよね・・・

今回このデータ復旧という業界の「相場」みたいなものがわかったので、とても有意義なものとなりましたが、今度お客さまなどに「パソコンが立ち上がらないんだけど」と呼ばれて、私の作業で見事OSを起動させたり、データを復旧させた場合は、さりげなく、あくまでもなんとなく、「この作業は聞いたところによると、相場でウン万円するらしいですよ~」などと伝えて反応を見ようという、姑息な事を考えている私(いやらしい性格ですいません)

まあ、今後も知り合いからお金を取る気はさらさらありませんけども、「やっぱりこれ副業になるかも・・・」と考えてしまう私なのでした・・・
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちゃんとしたGWの予定をたてたい!

今年のゴールデンウィークは仕事という事もあり、特に予定を入れているわけでもなく、私と嫁さんの実家を訪ねて終了程度かなと思っておりますが、私自身の活動についてもあまり考えておらず、また読書三昧なのかと危惧しております。

そういえば去年はどんな方針でいたのかと、このブログを見返してみると…

1、LPICの学習→暗記・復唱モードに入ります
2、VMwareやVirtual PCに触れてみる→仮想化の実践
3、blogのデザイン変更案の作成→デッサンする
4、読書→3冊くらい読めれば・・・
5、集めたネタなどの整理作業→これ結構大変です
6、たまっているポッドキャストを聞く


ゴールデンウィークの過ごし方
by 気になるけど

などという感じでして、あ~LPICの学習とか言って全然やっていなかったなとか、VMWareなんて触れもしなかったな~とか、blogのデザイン変更なんて未だに言ってるし・・・とか、読書も結局1冊だけだったし、ネタの整理作業なんて未だにしてないよとか…

ブログで公言している割にはまったく実行してないじゃん!!と自分の浅はかさに改めて驚きです。

よくもまーこんな言いっ放しの恥ずかしい事をして、いけしゃあしゃあと反省の弁を述べるものだと、我ながら悲しくなりました。

ゴールデンウィークも終わりLPICモード突入です
by 気になるけど

今年は控えめに、実現しそうなゴールデンウィークの予定を立てねばと、緊急ではないけど重要な事を一つでも多くする決意をしました。

じゃあ何する?というと・・・時間的にみて読書・・・くらい?

いやいや、もうちょっとじっくり考えてみないと!

もう一度ToDoリストを確認してみます。
Twitterでつぶやく

| その他 | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

目か耳かといえば・・・耳派です

個人的な事ですが、この週末は子供から感染した「ロタウイルス」なるものにヤラれまして、1時間おきにトイレに駆け込むという「死ぬかと思った」体験をいたしました。

おまけに発熱とめまいにも苦しみ、かなり苦しんだ私ですが、そんな状況でもこのブログの更新自体は習慣として染み付いてしまっているので、ウンウン苦しみながらもさらっと2つの記事を更新したわけですが、正直頭が回っておりませんで内容的にどうかと心残りではあります。今も頭を使うのはちょっとアレかもしれませんが…

そんなんなら「おとなしく寝てれ!」と言われてしまいそうですが、なんていうか、こういう時にこそあえてブログ更新だろう!という逆境の時こそ行動するべしと、よくわからない想いに突き動かされ、キーボードを叩いておりますが、「いいから寝てれ!」と家族にも言われました(笑)ので内容的にはサラッと流します。

そんな流行り病をわずらった私ですが、病床で一つ面白い事に気付きました。

この2日ほど横になっている時間がほとんどで、最初寝室の布団の中で休んでいましたが、テレビも無いし音楽も聞けないので、布団自体を居間に持ち込み、横目でテレビの画面を眺めながら過ごして
いた時の話です。

ここ数年テレビを見る時間が格段に減り、テレビに疎くなりつつある私は、CMやら再放送のドラマなどに出演している芸能人を見るたびに「これ誰?」と嫁さんに尋ねるという、時代に取り残された人みたいなやり取りが続き、その都度「これは○○でしょ」と教えてもらって「あれっ?そうなの!」と自分の認識の低さに驚愕しておりました。

そろそろテレビにも飽きてきた私は、本を読みながらテレビの音声だけ聞き流していたところ、テレビの番組に出演している芸能人の声質で、その人が誰なのかがすぐ分かるという事にふと気付きます!

あれ?と思って出演しているタレントさんの顔を見てもピンと名前が出て来ないのですが、声を聞くと「○○だ」と分かります。

これは不思議だと、テレビの画面を見たり、声だけ聞いたりという事を繰り返しているうちに、その想いは確固たる確信に変わります。

「顔→名前」という視覚から入った映像情報から、名前を抽出するという頭の使い方をしている方が多いと思われますが、私の場合、「声→名前」という頭の中のデータベースが出来上がっているようで、特定の音質を聞き、そのデータに該当する項目を引っ張り出してくる、そんなリレーショナルデータベース回路が働いているみたいなのです。

全てがそうだとは言いませんし、音は音でも歌詞とか全然覚えられないので場合によりけりかとも思います。

思えば、すごい久々に会う友人と街中ですれ違った時に、相手から「おい、久しぶり!」と言われ、顔を見てもよく分からないけども話し声を聞いて「あ、○○か?」と思いついた事とか、仕事で相手の会社に電話して、直接担当者の方につながった時も、相手の名前とか確認せずに「あ、○○さん、実は・・・」などと音声ですぐ判断できたりなどと、細かい事例がたくさん頭に浮かんできました。

なので耳から覚えた情報の方が正確な情報に辿りつく回路の方が優秀なのだなと思うに至り、普段何気なく行っている事にもっと心を向けた方がよいという言葉の意味が少し分かった気がしました。

だからどうしたと言えばそれまでですけど、耳から取り入れた情報を処理する方が優れていると気付くことができれば、それに対応するやり方に改めるとか、対処方法を思いつくことが出来ますし、自分に
合ったやり方を見つけるという事は効率面からいっても大切なことではないかと思います。

なかなか有意義な体験だったので、今後とも意識していない言葉や行動の顕在化という事を気に留めつつ気付ければいいですね。

今回変なウイルスに感染してひどいめに遭ったわけですが、分厚い本を読めたり、マンガを読み返したり、久しぶりにゆっくりとFMを聞いて和んだりと、たまにこういうのもいいな~とプラスに考えていますが、一番私を喜ばせたのは・・・

体重3Kg減

という事実でしょうか!!

すごいダイエット効果ですよ、コレ(笑)
Twitterでつぶやく

| その他 | 21:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハードウェアからの解放を目指す

フランスベッド メディカルサービス、サーバー13台を仮想化して3台に集約
by ITpro

いつも興味深げに見させてもらっているITproのシステム構築事例集ですが、毎度毎度参考になります。

一昔前の「無くす事が出来ない」サーバ達の中で、ハードウェアの保守が切れる、もしくは切れてしまったものたちを、ハードの制限無しで今後も使用したいと考えれば、新しくシステムを組みなおすか仮想化以外に方法がなく、コスト面を考えると仮想化を選択する方が今後の保守を含めて優れていると言わざるをえません。

今回紹介しているフランスベッドの事例では、13台のIAサーバを3台のブレードサーバに仮想化で統合するという、規模的にはさほど大きくないものですけども、仮想化への移行方法やシステム停止を避ける手法など、参考になる部分がたくさんありました。

特に参考になった部分として、既存のOSから仮想化移行する際に、使用するコンバータをPowerConvertを使用しているところでして、たいていVMware専用のVMware Converterを使って仮想化イメージ
を作りますが、対応していないOSにはこのPowerConvertを使用しているという事実。

以前から、Windowsならば、VMware Converterを、Linuxならば別な製品を使わなければならないという話しを聞きますが、私の周りでPowerConvertを使用した事がある人がいなかったもので、とにかく実際に使えるのだなと、確信するに至りました。

いくら仮想化、仮想化と声を高らかに宣言したところで、既存のシステムをコンバートして仮想化できなければ、仮想化なんて夢のまた夢ですからね。

今後フランスベッドのような作業が格段に増えてくるので、一つの事例・成功例として参考にさせていただきます。

ついでにもう一つ仮想化の事例集を挙げておきます。

北海道自治体情報システム協議会が、総合行政システム「G-TAWN」のサーバ仮想統合に「VMware Infrastructure 3」を採用
by ZDnet japan

私の住む北海道での事例ですが、ここでもPowerConvertについての記述がありまして、やはりLinuxサーバの仮想化移行について言及しており、こりゃ~PowerConvert早めに評価しなければいかんなと考えてしまいました。

コスト削減という大命題から逃れることができない企業・団体にとって、仮想化かクラウドに移行という流れは今後抗うことができませんけども、そういった悩みに少しでも役に立てるIT人間でいたいので、この辺の技術については必須のスキルになるでしょう。

少しでもお客様のタメになる知識と技術を提供できる人材でい続けたいと考えておりますが、まだまだ努力が必要なようです・・・
Twitterでつぶやく

| 仮想化・クラウド・分散処理 | 14:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AVG8.5のアップデートでハマりました・・・

AVG8.0をインストールしていたHP Mini 1000ですが、突然AVGからの通知画面が開き、ご使用になっているバージョンはサポート終了ですみたいなメッセージが表示されたので、間違って有料版AVGにしないように注意しながら(笑)アップデートを先に進めていくと・・・

AVGエラー01

1 errorが発生しましたとか、

AVGエラー02

指定されたパスは見つかりませんなどというエラーが起き、インストールに失敗してしまいます。

困ったなと思いつつ、アンインストーラで削除し、PC再起動後再びインストールに挑戦するも同様のエラーでNG状態です。

ネットで色々検索すると、avgremover.exeなるものを見つけ、試してみますがエラーは消えず・・・

レジストリエディタを起動させ、キーワード「AVG」でそれっぽい箇所を削除したりしましたが、以前のライセンスの情報をキャッシュしていたようなので、IEのインターネットオプションからキャッシュ情報やら履歴の削除などを行い、PC再起動後、AVGサイトにアクセスして再度メールアドレスを入力し、8.5のバージョンをダウンロードしたうえで、一からインストールし直したらうまいことインストールができました。

まあ、フリーソフト扱いなので文句は言えませんけれども、以前のバージョンは使えなくなるから有料版を買え、みたいな誘導の仕方は私的に気に食わないので、そろそろちゃんとしたウイルスソフトを
購入しないといけないという結論に至りました。

有料のウイルスソフトにするならば、そもそもAVGは対象にならないので、NOD32にしようかなと考えています。

負荷をかけない、もしくはかけにくい、ネットブックのような非力なPCでも、軽快に動作できるウイルス対策ソフトは何か?と問われると答えに窮してしまいますが、今のところはNOD32かなと考えています。

また痛い出費がかさむので、来月にでも購入するようにしようと思います・・・

なんだかな~って気持ちが強いのですが、タダより高いものはないという言葉をかみしめ、セキュリティに対して相応の対価を支払うという事にいたします。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

VBSやシェルはよくわからない…

サーバ管理などをやっていると、よく必要に迫られるのが、サーバの処理を自動化させるのにスクリプトを作らなければならない事でして、その度に「あ~また大変な思いをするな…」という後ろ向きな感情が現れます。

Windowsで言えばVBSとかWSHなど、Linuxで言えばシェルスクリプトなどになるのでしょうか…

私はこういうスクリプト系がからっきしダメでして、いつもよくわからないままそれっぽいスクリプトをネットから集めてきて、「こんな感じか?」と加工してなんとなく動作していますというレベルでして、もちろん動かない事が大半です。

そんな時は仕事関連でシェルなどのプロにそーっと教えてもらったり、そもそも別の手法で解決したりしていますが、自動処理があるのと無いのとでは、人的にも時間的にも大きな差の開きが発生します。

人の手を介さずに、所定の時間になったら自動で実行してくれると、管理する側としてはもう願ったりかなったりでして、ログの収集などいたる所で活躍の場があるのですが、Linuxだと作成したシェルスクリプトをクーロンで回して自動実行させたり、WindowsだとVBSで作成したファイルをタスクで実行させたりというのが王道?ですかね。

先日もWindows2000サーバで特定の時間に再起動処理させる必要があり、確か昔VBSでやったっけな~と思いつつ、そんな記述などすっかり忘れているのでググッていたところ、過去に散々お世話に
なったWinFAQサイトにファイルごと掲載されていました…。

これをタスクに組み込み所定の時間に日時で実行するようにすれば、それだけで勝手に再起動してくれます。

こういうのは初歩の初歩ですが、複雑な処理になるといったいどうすればこんな処理を実現できるんだ?と驚いてしまうくらいすごいシェルとかを見かけますが、記述を見ても何が何だかチンプンカンプン…

そんな大層な巨大シェルでも実行すればすぐ終わってしまい、エラーをはく事もなく日々粛々と実行されています。

スクリプト職人の方から言わせれば「こんなの簡単」という一言で終わってしまうかもしれないですが、正規表現という言葉を聞くだけでジンマシンが出そうになる、私みたいな者には理解不能で難解な記述に見えてしまうのでしょうね。

順だって上から一つ一つ見ていけばなんとなく処理の流れは分かりますけど、それを自分で組めとか言われると無茶なので、アウトソーシングする事が多い私でして、だからいつまでも身に付かないのは分かってます。。。

プログラムとかデータベースとか、嫌な思い出しかないので、なるべく触れないようにしているのですが、自分でスクリプトくらい作る事が出来れば色々楽になる面が多いのですよね…

LPIC-Level1取得の時もシェル関連で散々悩まされましたから、以前よりは着実に理解度が深まっているはずなのですが、もっと詳しくなりたいという欲が出ないからなのか、これ以上のものを求めないところをみると、きっと私の中で苦手意識が強いのでしょう。

やはりもう少し、体系立てて理解度を深める必要性を感じた私なので再度、再々度、勉強しようかな?と思い始めています。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 20:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デザイン力を高めたい!

デザイナーでもない私が唯一デザイン関連のメルマガを受け取っているのがJDNのメールマガジンでして、リンク先の素敵なデザイン関連情報から、数々のインスパイアーを頂戴しております。

また、同じJDNのサイト内での外部リンク集というか、関連Webサイトの紹介などもちょくちょくのぞくようにしていて、何かアイデアに詰まったらJDNサイトからリンクしている数々のページにアクセスして、目から入る良質なデザインを参考にし、それを自分の中に取り込んで、独自のものを創りだすという事を思いついた時にします。

JDNデザイン関連ウェブサイト
by JapanDesignNet

また、デザイン関連本のチェックもJDNの書籍紹介で行い、気に入った本があれば買うようにしています。

おかげ様で、良質なデザインというものを見る目が肥えてきたような、そんな感じがしていますが、それを自分で創りだせるかとなるとまったく話は別でして、昨日のブログのエントリー内容のように、頭の中の物を「形」として表現する事がなかなかできません…

無いものねだりじゃないですが、いつもいつももどかしい想いが強くて、頭の中で描いているものがそのまま表現する事ができたらどんなに楽しい事か!!そうなればきっと違う道に進んでいたでしょうね。。。

私がこの先デザイナーの道に進む確率はほぼ0%ですし、仕事としてではなく、それこそ「プチクリエイター」程度で趣味の世界で楽しんでおりますが、私の中で要求している成果物はというと、きっとプロのクリエイター方が創りだすようなすごいものを求めているようなので、そこにギャップが生じ、思い通りにならないモヤモヤ感が現れるようです。

いっそそんな事考えないようにすれば楽なんでしょうけども、良質で美麗なデザインの物を目にすると、どうしても自分でも出来ないか?なんて事を考えずにいられません。

「好きこそもの上手なれ」と言いますが、私の場合は大好きなのに上手にならないという、悲しい状況です・・・

昨年(2008年)の4月にこのブログで表明していたデザインコンペの応募にしても、意気込みと頭の中のデッサンはイケているのにそれを具現化した途端に嫌気がさしてしまう程度のものしかできず、結局は投げ出してしまっています。

デザインコンペ挑戦第1弾!
by 気になるけど

「第1弾」なんて銘打っていますけど、第2弾の時が果たして来るのかどうか…なんとも言えないところですかね。

そのくせ向上心だけは強いので、少しでも素晴らしいデザインに触れて自分もいつか…なんて事を夢見てしまう私の性格は変える事が難しそうです。

なのでこの先も、低いレベルのところで足掻きまくる事が予想されますが、諦めずに牛歩くらいのスピードで成長していければいいですね。

成長しないで衰退したりして(汗
Twitterでつぶやく

| デザイン | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブログの設定をどうにかしたかったのですが・・・

このブログは今回で552回目の更新となるわけですが、いつも自分のブログを見る度に、「そろそろテンプレート変更したいな~」とか、「カテゴリーを精査しなきゃ」とか「そもそもタイトルがどうなの?」とか色々な想いが湧き上がり、いつかやろうと思いつつ、はや1年半・・・

何度も「よし!やろう!」と考え、裏でブログのテンプレートなどをいじくりだしてはいるのですが、自分が望む結果を得られないままタイムオーバーとなり、結局そのまま放置状態という事が何回も続いておりまして、自分でもやれやれ・・・って感じです。

手をつける前の構想は、それはそれは大層なものでして、デザイン的にも見た目的にも「こんな感じにしたい!!」と頭の中では出来上がっているのに、いざブログのテンプレートとかいじりだすと、やたら時間だけが過ぎ去るものの、ちっとも前に進まないばかりか、頭のなかで描いているものとはかけ離れた成果物を前にすると、怒りの気持ちより焦燥感だけが漂い、結局は何もしていないのと同じ時間
を消費しただけとなります。

こんな事だったら本でも一冊読んでいた方がマシだったとか、もう一生このままの状態でいい!とか半ギレ状態になったりしますが、きっとこれってストレス以外の何物でもないでしょうね。

しかしまた時が流れ、「やっぱりそろそろデザインを云々」という気持ちが起こり、もう堂々巡りが続いています。

さきほども、せめてテンプレートくらいはなんとかしようと、自作テンプレを修正したり、良さげなテンプレを落としてきたりと、やってはみるものの、ちょっとでも上手くいかないと途端に面倒な気持ちになり、いつも通りの先送りにしてしまいました…

きっと長時間ブログの設定変更をするのは私に合わないのだなと、改めて思い直した次第でして、心が動かない事をしても仕方がない、まだ時期尚早だったのだと、また時間をかけて寝させておくことに
しました。

心が求める事をしなければ熱意なんて出てきませんし、そんな状態でいいものが出来るとも思えず。

やらない事を決めるのも大事ですから、謹んで先送りに致します。

という事で本でも読もうっと(楽)
Twitterでつぶやく

| その他 | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やはりWindowsXPの販売延長です

“XPパソコン”の販売が6カ月延長
by 日経PCオンライン

噂はありましたが、やっぱりWindowsXPの販売継続をMicrosoftは決めたようですね。

当初2009年1月31日までしか「XPダウングレードサービス」を提供しない方針だったのにも関わらず、同年7月31日までの再延長をしたという事は、記事にもありますように、XPの需要がそれだけ多いという事の裏返しでもありますよね。

今現在WindowsXPを手に入れようとすれば、XPのダウングレードサービスを使うか、DSP版XP(改良禁止、リカバリーディスク作成禁止)か、UMPCなどのネットブックのものを手に入れるしかありません。
それかどこかに在庫としてあるXPのCDを見つけて手に入れるか。

WindowsVISTAは完全に企業側からそっぽを向かれていますし、Windows7の提供時期も近くなってきている事から、VISTA飛ばしが相当数ありそうでして、XP→Windows7という流れは止めようが無い状況です。

しかもVISTAとWindows7を比べると、Windows7の方が動作が軽快とか言われると、なおさらVISTAを導入するメリットが感じられません。

私は評価版のWindows7を使って色々検証しましたけども、感覚的には、動作などVISTAとそんなに変わらないかな?という印象でして、Windows7をATOMプロセッサのネットブックに入れてサクサク動くかといえば決してそんな事はないと思っています。

ただ、Windows7はVISTA内に梱包されている各種ドライバ類をシェイプしているため、その分軽いという事は言えるでしょう。

でもWindows7とXPを比べると、XPの方が軽快に動く事は確かかなと。
※ベンチマークとってないので断言できませんが…

未だに世の中でもっとも使われているOSであるXPを、Microsoftがどこまで延命するのか見ものですが、販売についてはネットブック対応以外は長くても今年いっぱいなのかな?と考えていまして、Windows7が発売されると、ネットブック達もWindows7を搭載するはずです。

非力なネットブックはすでに一つのジャンルとして確立していますので、今後は今の筐体サイズでより高性能・省電力化がはかられると予想しており、WindowsVISTAやWindows7でも、もう少しまともに動くようになると見込んでいますし、そうならなければ売れなくなるでしょう。

きっと私はXPのセキュリティ更新プログラムが提供される期限の、2014年4月8日までXPを使い続けるはずですが、そこから先でWindows7にアップグレードするかと言えばまだなんとも言い難い感じです。

ひょっとしたらGoogleのOSなどが提供されているかもしれませんし、Ubuntuなどもっと便利で使いやすくなっているかもしれませんし、そもそもOSごとクラウドに置いて利用するのが一般的になっている
やもしれませんし、未来予想は不確かな事が多すぎてなんとも言いようがないです。

もういっその事、WindowsXPをずーっとサポートし続ける事を、Microsoftが決めてしまえばいいのにって考えてしまいますが、そういうわけにはいかないのでしょうね。。。

まだしばらくの間XPを使って静観する人が多いはずですけど、今後どういう流れになるのやら…

何が流行るかわかりませんし、Macがもっとシェアを伸ばすかもしれませんし、本当に読めない業界ですよね、ITって!

だから面白くもあるのですが…
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない



私はアメリカという国に対してさほど良い印象を持っておりませんが、実際のところ日本という国はアメリカの属国みたいなものなので、アメリカ寄りの政策や考え方を手本にするのは致し方ない部分があるのではと考えています。

ではその宗主国のようなアメリカがどんな国なの?という事がいまいち理解できておらず、今まで知らなくてもそんなに生活に困る事も無かったため、この手の書籍は買う事が少ないのですが、昨年秋に
サブプライムで金融危機を起こした国という事で、興味津々な気分になった時に購入した本です。

著者はTVブロスやサイゾーなどでコラムを書いている町山智浩さんでして、刺激的なタイトル通り、アメリカという国の本性が透けて見えるような内容・・・

この本は2008年の秋に発刊直後に購入しておいた本で、オバマ大統領が誕生する前の大統領選挙あたりの話とか、共和党のマケイン上院議員のエピソードや、ブッシュ前大統領の無能っぷりなど、米国に在住している日本人という立場だからこそよくわかる話の数々に夢中になり、一気に読み通しました。

どうしてブッシュはイラクへ侵攻したのか、共和党と民主党のそれぞれの歴史などを織り交ぜ、いたるところにジョークをかましつつ本質を突いていくという「読ませる」文章ですが、アメリカという国に対してとてもフレンドリーな感情を抱いている方が読んだらちょっと幻滅してしまう内容かもしれませんね…

私はアメリカという国は自由で誰にでもチャンスを与え、フロンティアスピリットあふれる世界一の経済大国であるという良い一面と、ものすごい好戦的な国で、自分たちのいいように世界を牛耳っている野蛮な国という悪い面を併せ持つ超大国、という印象が頭にあります。

日本人はアメリカの言いなりだというのは政治家をみていればよくわかりますけど、小泉元総理のようにアメリカ重視の立場をとる人達が実際に多いのは、戦争に負けた後から、潜在的かつ無意識の状態で「アメリカ様」には逆らえないという感情が心の奥底に流れているからだと、私は考えています。

そもそも年次改革要望書なる日本の内政に干渉する文章を作って、それを忠実に実行させている国によい感情なんて抱けないはずなのですが、ビジネス書などの書籍を見回しても、日本のそれよりも遥かにすごい作品が多いですし、シリコンバレーなんて言葉を聞くとITで働く私のような人間は憧れを抱かざるを得ません。

結局アメリカという国に対して羨望の想いがある事だけは間違いない私なのですけど、最近はそういうマインドコントロールからだいぶ抜け出してきたみたいで、この「アメリカ人の半分は~」のような刺激的な本を読んでも、そんなにショックを受けなくなってきてます。

それにしてもこの本を読んだ後、感想を一言で表すとすると・・・

「アメリカって相当病んでる」

ですので、同盟国アメリカというか、宗主国アメリカの事について興味はあるけど内情を知らないという方は読んでみるのもよいのではないでしょうか?

本の作りがしょぼいのですが、軽いタッチの文なのでスラスラ読み進めて、アメリカ観が多少変わること請け合いです。

ということで評価としては★★★★☆ですかね。

私はマケイン上院議員がアメリカ大統領に一番相応しいのでは?とこの本を読んで思ってしまったのでした。。。

~印象に残った内容など~

アメリカには国民健康保険がない!

キリスト教原理主義もイスラム原理主義も恐ろしい
宗教ってやっぱり怖い

海外で拷問するとアメリカの国内法適用外となる

ブラックウォーター社という警備会社(傭兵集団)が戦争の下請け

ビン・ラディンを捕まえてもテロは無くならない

新自由主義はやはり理不尽だ

アメリカ人って本当に人の悪口を流すのが得意な民だ・・・

アメリカ人はコーンでできている(笑

GMが電気自動車から撤退した理由がはっきりした

日本より数段アメリカのマスコミは腐っていそう

アメリカ没落の原因はグローバリゼーションかも


Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今月は読書タイムが増えそう

最近公私にわたりとてもバタバタしており、おまけにお金も無いので週末も家でじっとしているか、近くの公園でも行き子供と遊ぼうかな?くらいの事しか考えておりません。。。

そんな忙しい状態ともいえる中で、なぜか本だけはサクサク読んでいまして、朝早起きしての1時間、夜寝る前の1時間、読書に勤しんでおり、我ながらハイペースでびっくりしています。

読んだ本のレビューなどもっとブログで書ければよいのですが、書評的な事を書こうとすると要点を絞ってどんな構成で書こうかと悩んだり、テキストで本文を書きだしたりしていると結構な時間がかかるため、ついついブログのネタ的には敬遠しがちです。

そんなまとめとかが苦手な私は、もっと的確にOUTPUTできる術を磨くべきと痛感しておりますが、こういうのはやらなきゃ上達しないため、少しずつですけど足りない頭を使い、読んだ方がわかりやすいような本の紹介をしていきたいですね。

ですが本の紹介をするにも時間がかかるということで、まず本を読む時間を優先して確保していきつつ、未読の本がまだ50冊くらい棚にあるので、しばらく本を買わなくてもなんとかなりそうなため、それをこの1~2か月でどこまで読了できるか挑戦します!!

しかし、ただ読破した冊数を増やして満足するのではなく、自分がその本から何を得る事ができるのか、という事を強く意識しつつ多読を進めていきます!

それと本を読む順番も意識していきたい。

私は棚から読む本を選ぶ時に、フィーリングで「これっ!」と選んで読み始める事が多く、いつもジャンルがバラバラでして、心理学系の話を読んだかと思えば、政治経済の本を読み、さらに自己啓発系の話を読んだかと思えば、投資関連の本を読むという、関連性のない分野を交互に読んでおり、もっとジャンルを絞り、集中的にその分野を読破して知識を飛躍的に高めるという事を実験してみようと考えています。

今週はNLP関連の本を3冊読むとか、今月は古典のビジネス書をじっくり読み解くなど、○○フェアみたいにして分野を絞っていくのも面白いと思っています。

その方が頭に残りやすいのかなとイメージしてますが…

いずれにせよ、本から学ぶという姿勢だけは崩さないよう気をつけて楽しい時間を過ごします。
Twitterでつぶやく

| その他 | 20:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無償のセキュリティツール役に立ちます

使える!無償のセキュリティツール10選
by CNETjapan

世の中フリーソフトでもすごいソフトウェアがたくさん存在します。

セキュリティ対策はお金がかかるものですけども、工夫次第では有償ソフトよりもよいアベレージを残す無償ソフトだってあります。

そんな無償のセキュリティツールを紹介している記事を読みましたが、元々は向こうの方(アメリカ?)の記事を翻訳したものなので、日本では馴染みのないものも混じって紹介しています。

1:AVG Anti-Virus Free Edition
2:Malwarebytes
3:Spybot - Search & Destroy
4:WOT
5:WinPatrol
6:Secunia Personal Software Inspector
7:Sysinternals Security Utilities
8:Wireshark
9:Nmap
10:オンラインスキャン


AVGとかSpybotなんかは有名どころなので知っている人も多いはずですけど、WOTとSysinternals Security Utilitiesは知りませんでした。

Sysinternals Security UtilitiesはMicrosoft提供なんですね!

WiresharkやNmapはセキュリティだけに限らずにネットワーク系の必携ツールでもありますし、まあセキュリティツールとしてもアリかなとは思いますが、オンラインスキャンサービスは正直使ったことがないのでよくわかりません。

私はこれに加えて、HijackThisとかECleanerやAd-Awareなんかがお奨めでしょうか。

合わせて使用すると安全性は高まるはずです。

でもこういうセキュリティツールをよく知らないで使用すると、本来消してはいけないものまで消える可能性がありまして、よく考えないでマウスをカチカチやると後で青ざめる事があります。
※経験ありorz

皆さんどんどんお使いくださいなんて事は絶対に言いませんし、常にリスクと隣り合わせのツールなどもありますが、注意して使えばそれなりの効果は見込めるのは間違いないです。そしてきっとその効果に驚くのではないですかね?

私も自宅ではAVG Anti-Virus Free Edition、Malwarebytes、Spybot、ECleanerなどを併用して使用しています。

まあ、スパイウェア除去ツールはそんなに頻繁には使いませんが、AVGには相当お世話になっています。リンクスキャナという機能は無効にしていますが…

皆さんも気が向いたらこの手のツールをチェックしてみるのもいいのではないでしょうか?
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 20:03 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

REGZAで見るYahoo!がテレビ向けになってました

ヤフーがテレビ向け「Yahoo! JAPAN」を開始,Yahoo!動画の対応も予定
by ITpro

先日自宅のREGZA Z7000にてネット画面を嫁さんが見ていた時、「あれ?Yahoo!の画面変わった??」と聞いてきたので、どれどれとREGZAの画面を見てみると、なんだかとてもスッキリした表示になっていて、こりゃYahoo!側でブラウザの種類を判定し始めたなと思い、調べてみたら予想通りでした。

おかげ様でYahoo!の表示がかなり高速になり、使い勝手が良くなったと体感できますし、今後Yahoo!動画の配信も視野に入れているようなのでとても期待しております!

REGZA付属のブラウザだと、FLASHやらPDFなどのデータが見れないし、そもそも動画は非対応、楽しみも半減状態なのです。

おまけにキーボードを接続していないと文字入力が面倒なため、検索窓に入力する文字の切り替えで四苦八苦している私…

もう諦めてPCを設置し、HDMI端子経由でネット表示させた方がいいと思うに至っておりましたが、このYahoo!の展開はいちいちPCを用意する必要が無くなる可能性を秘めています。

おまけに、リビングで家族が見る事を前提としているようなので、有害サイトフィルタリングの対応も検討しているとの事。さらにはオークションとか決済行為まで可能となれば、もう立派なネットデバイスでしょうね。

リビングのテレビでネットを見るのが当たり前になっている我が家ですが、今後ますますその傾向が強まりそうです。

今後の展開にめちゃくちゃ期待しております!!

あと、REGZA関係のニュースで気になったのが、

東芝、Cellレグザを2009年秋に商品化
by CNETjapan

という記事でして、ついにCellプロセッサを搭載したテレビが発売されるようです。
REGZAがますますPCに近い存在になりますね。

どうせならPCと同じ基板を内部に持って、CPU、メモリ、HD、OSまで汎用PCのものを積んでしまえばいいのにって思うのは私だけ?

今まではパソコンをテレビ化という図式で進んでいたのを、テレビをパソコン化という形に代えるだけなので、あくまでも主役は液晶テレビで、内部にPCが入っていますよというコンセプトの方が分かりやすいと思います。

価格に見合わなくなるのかもしれませんが、ここまで液晶テレビやパソコンの価格が下落したら、両方合わせたとしてもそんなに高価になると思えないのですがね…

Intel様の提言される仕様に合っていないからテレビに付属するのはNG、とかそういう裏事情が業界にはあるのやもしれませんけど、Cellプロセッサならそんな事お構いなしなんじゃないかなと思ったりなんかして…。

いずれにせよテレビの脇にPCを隠して置いて接続するというのは、スペース的にも困りますし、HDMI端子が無いと接続すらおぼつかないですし、それならテレビの中にパソコン突っ込んでくれと願うばかり。

東芝さんならやれる!

そんな「テレビ」が欲しいです。
Twitterでつぶやく

| マルチメディア | 19:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三上・三中でアイデアを得る

新しいアイデアが必要な時など皆さんはどこで、どうやって、頭の中の考えをまとめたり、着想を練ったりしているでしょうか?

あまりそういう事を意識せずともスッと浮かんでくる人もいれば、何度考えてもまったくいいアイデアが浮かばない方もいるでしょう。また、そもそもアイデア捻出が必要な場面が少ないという方も世の中多いのかもしれません。

では私はというと仕事上でアイデアを求められることもあれば、プライベートでの活動で新しいアイデアが必要だったりと、結構頭を使う場面が多いのですが、シワの少ない脳みそではなかなか良き着想を
得る事ができず、いつも苦労をしております…

そんな私ですが、あーでもないこーでもないと、頭の中であれこれ考えながら日々を過ごしていると、ふとした瞬間に良いアイデアが生まれる場合がありまして、今までそれでなんとかこなしてきた感が強いです。

思い起こせばそういうアイデアが浮かぶ時って、たいてい何か他の事をしていた時、つまり「~ながら」の時でして、車の運転中であったり、本を読んでいる時であったりと、自分の脳みそはいったいどうなっているのか?と不思議に思ったものです。

そういえば数年前までアイデアをどこで、どうやって得るのがよいかという事を普段の生活の中で意識したことがなく、たまたまその時々において、ふと思いついた事をその辺の紙に殴り書きしていたのが
せいぜいでして、忘れてしまった事も、ものすごいたくさんあると思われます。

しかし、ある本を読んでからアイデアをどこで、どうやって捻出すればよいかという事を強く意識できるようになりまして、本当に読んでよかったと思わせてくれた本が下記。

思考の整理学


このブログで紹介するのは恐らく三度目だと思いますが、この本は今まで読んできた中でもっとも読んだ回数が多いと断言できるほど、繰り返し繰り返し読み続けている本です。

と言いますのも自宅のトイレに配備しているので、ほぼ毎日この本を読んでいる計算になりますから、そりゃ数十回読み返しますよね…ハハハ

しかし、読めば読むほど深いというか、この本の著者である外山さんの考え方がとても参考になりまして、こんな良い本に出会えて幸せだと、そう思わざるを得ません。

そんな「思考の整理学」の中の一節で、欧陽脩(中国「宋」の時代の詩人・文学者)の故事に「三上(さんじょう)」というものを紹介されていて、ものに思い巡らせ文章を練るのに適する場所として三つの場所があるという事を述べております。

馬上(ばじょう):馬の背に乗りながらの状態
枕上(ちんじょう):枕の上→朝起きる前の状態
厠上(しじょう):トイレの中


馬上=車の運転中と言い換えてみると、なるほどそう言われれば車の運転中にふと思い浮かぶ事があると思いますし、朝起きる前やトイレの中など、場所的にはそうかもと思わせますよね。

欧陽修
by Wikipedia

さらに「三上」を補足する考えとして、外山さんが推奨する「三中」という状況

無我夢中
散歩中
入浴中


の時に、より着想を得やすいとも述べております。

この一節を読んでからというもの、私はトイレの中で着想を練ったり、朝起きる直前に考え事をしたり、一人で車の運転中にあれこれ考えるようにしたりと、実践してみてみたのですが、トイレと朝起きる直前は良いアイデアが浮かびませんでした…。

が、車の中は意識して考えると、あれこれ色んな考えが浮かぶ傾向が強く、音楽とか聞いている場合じゃない!と実践を繰り返しましたが、やはり運転中に違う事を考えるという行為は危険なので止めてしまい、私には三上という場所は当てはまらないと、結論付けるに至りました。

しかしこの「三上」の考え方はしっかりと私の中に植え付けられてしまったようで、色々な場所で、アイデアが生まれやすいところはないかと、そう意識するクセがついてしまいました。。。

さらに「三中」の方はというと、無我夢中はなかなか状況的に検証しにくいので試していませんが、散歩中と入浴中は検証してみた結果、散歩中はダメでしたが、入浴中はリラックスしているからか、すごい頭の中の整理に向くのが分かりました!!

それからというもの、子供と風呂に入らない日は夜遅く一人で湯船につかり、あれこれ考えをめぐらす事が増えました!湯あたり率が高くなったのが玉にキズですけど、私には湯船の中で上を向き、あれこれと考えるのが性に合っているみたいです。

私の友人などはトランスの曲を聴きながら一種の錯乱状態を作り出しアイデアを練るといいとか、風呂場でシャワーを頭にあてて、さながら滝に打たれる修行僧のようにしていればいい考えが浮かぶ、などと言っておりましたが、いやはや人それぞれ色々なやり方があります。

他にも仕事最中に一人になれてリラックスできる場所だとアイデアが出やすいというのも分かりました。まあ、それはマシンルームなんですけどね…。仕事すれって感じです、ハイ。

そんな具合で自分を分析していくと、「一人」の状態で「リラックス」出来る環境において「午前」か「夜間」のタイミングでアイデアを捻りだすと、良いものが出やすいという傾向があるのを掴みました!

また、色々試してみて、こりゃダメだと分かったのが「午後(13時~18時頃まで)」の時間帯でして、激しい眠気が襲うのと、昼食を消化するために脳みそから血が奪われているのか、創造的な事をするにはまるで向かないようです…。

自分の中で良いアイデアが出やすい場所や条件を掴んでおくと、なんだか安心感というか、あそこに行けばとか、あの条件の下でならば大丈夫という、勝ちパターンのような、己にとっての仕組みを作れたみたいで、得したなと今は思っています。

このブログを書くネタとかも入浴中に考える事とかあるので、ついネタとして書いてみましたが、皆さんも意識してアイデアを得やすい場所や状況を見つけてみるのも、面白いかもしれませんよ。


最後に「思考の整理学」の中で、欧陽脩のもう一つの有名なエピソード「三多」という文章上達の秘訣三か条の事について触れていましたので軽く紹介して終わりにします。

看多:多くの本を読む
做多(さた):多く文を作る
商量多:多く工夫し推敲すること


言われてみればその通りの内容ですが、ブログを書く身として意識せねばならないと、そう強く思わせてくれる言葉だと思います。

もっと文章力が上達したい!
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

利益(給料)が残らない原因に気付きました

私ごとで恐縮な話しなのですが、昨年暮れ~先月にかけて浪費がかさみ、今月のふところ具合はそれはもう悲惨なものになっていますorz

我が家は夫婦共働き=2馬力世帯なため、もしどちらかに何かがあっても、もう片方の収入で生計を立てるという事が可能なのですが、今現在嫁さんが産休で休んでいるので、実質上1馬力=私の収入のみでして、贅沢はできないという状況です…

そもそも収入がそんなに多くないという現実もあるのですが(汗)、それを言い訳にしたくないので、結構マメに家計簿のようなものをつけていまして、それを見返してみると出てくるのは反省の弁ばかり。

去年の12月くらいからいやに消費欲が旺盛でして、ついつい本を大量に購入したり、HP Mini 1000などを購入してみたりと、

「これは自分への投資だ!」

なんて事をつぶやきながら財布のヒモを緩めていた結果、今頃になり嗚咽をあげ苦しんでおります・・・

もともと私も嫁さんもそんなに浪費家ではないはずですけど、ここ数年消費行為を極力我慢してきたので、それがはじけたかのように、イケイケになってしまった面はあります。

そこで冷静になって会計本とか読み、自分なりに分析してみました。

よく会計などで出てくる「式」に

利益=売上高-変動費-固定費


という計算式がありますが、これを家計におきかえて考えてみました。

ちなみに変動費と固定費の定義は下記リンクからご確認ください。

固定費とは
変動費とは
by ハピラボ - 幸せ人生研究所

私のようなサラリーマンにとっての利益とは、月々の給料から費用や、経費を差し引いて残ったものの事を言います。

月々の給料の額以上に消費してしまった場合には赤字となり、その分は借金という事になりますけど、まだそこまでには至っておりません。

じゃあ利益をゼロ円より多くする場合はというと、給料から差し引く費用、つまり「変動費」と「固定費」を減らすしかありません。

サラリーマンな私の収入が、起業家のようにある日を境に何倍にもなるなんてことはまずありえませんので、一定の収入しかない中で、出て行くものを抑えるのが、利益を出す近道といえますよね。

我が家の中で「変動費」といえば食費とか医療費など、生活の中で必要な消費財という認識でいまして、この中には遊興費など遊びの代金も含まれます。

対して「固定費」とは、月々の家賃とか子供の保育園代、生保代や学資保険、電気代や水道代や灯油代(価格は多少変動)などなど、一定の額で発生する経費という認識です。

企業会計の場などで「固定費を減らす事に主眼を置け」なんて事を耳にしたりしますが、月々や毎年などの単位でかかる固定費を減らすことができれば、利益は生まれますので、なるべく固定費を削減するという事を意識しながら、家計のやりくりを私も嫁さんもしてきているつもりです。

ただ子供が二人いますので、どうしても学資保険とか生保などの、保障に関するものには手をかけにくく、後は家賃の安いところに住むとか、電気代や水道代の節約などでやり繰りするしか方法がなかったりします・・・

なので、固定費に関してはある程度のレベルまで抑えられているという認識でいます。
問題は変動費なんですよね。。。

近年では食材料の値上げや石油価格の高騰など、生活に密着する用品が軒並み値上がりしたりして、食費や燃料代がかさむようになったというのは現実としてあります。

それに年末や年始、3月・4月の異動シーズンに飲み会が重なり、出費が増加したというのもありました。

しかしですね、そんな変動費の中で一番浪費していると思われるのが、私の自己投資代と後先を考えていない買い物代です(汗

買い物代とは、嫁さんにかわり、私が買い物とかすると必要以上な物を"高く"買ってしまう事を言っており、男の買い物は良くないという事を如実に見せ付けられる格好となっています・・・。普段から市場のリサーチは大切だとしみじみ思いましたorz

さてさて問題の自己投資代ですが、以前は私のこづかいの範囲で使用していましたけど、1馬力になり、こづかいはほぼゼロという事になったにも関わらず、本代やDVD代、資格試験に関わる教材代などなど、毎年増えていく傾向にあり、ここが一番圧迫している要因であります。

まだギャンブルとか飲み代で消えているわけではないですし、いずれ自分の血肉になるかもしれないものだと思っているので、自分の中では「必要なもの」と捉えていましたが、冷静に分析すると、生活を圧迫する主因になっており、複雑な気持ちです・・・。

そのため今月からしばらくの間、Amazonアタックを控えるのと(笑)手持ちの在庫で学習を進めるという事に専念しようと思います。

夏くらいまでは自分への投資を極力抑え、今あるものを最大限に活用していきたいですね。

ここ数ヶ月貯蓄もままならない状況なので、大人しく慎ましく、財布のヒモをキュッと締めて生活していくようにします。

なんだか書いていて情けなくなってきましたが、これもまた私が招いた結果でもあるので、反省しつつ自制したいと思います。
Twitterでつぶやく

| 財務・会計・投資・金融・経済 | 22:52 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

今時期はPDCAサイクルの中の「D」だということ

4月に入り休日も無かったりするくらいバタバタとしている状況ですが、仕事の事はさておき、私の今の状況はPDCAサイクルで言うところの「do」、つまりやってみるという時期に来ております。
※PDCA=(plan-do-check-act)

年頭などもそうですが、普段から自らの行動計画を立てておりまして、ある程度カチッとしたものが時間をかけて出来あがっているため、それを実行していく段階にさしかかっています。

4~6月はとにかくLet's do IT!精神で、やってみる時と位置づけておりまして、自分の幅を拡げるための大事な時期なのです。

いつも通り抽象的な物言いで恐縮ですが、詳しい内容を暴露するのはちょっと照れくさいので書きませんけども、自分で立てた計画に沿い、とにかく実行していきたいです。

4月ももう4日過ぎましたけど、普段の仕事でフラフラでして、週末の自由な時間すら取得しにくい状況ですが、この3か月の期間は自分にとって大事な期間だということを常に頭に置き、活動していきます。

ここ北海道でも季節はどんどん過ごしやすくなりますし、外に出る機会も増えていきますので、インドア・アウトドア両方ともに積極的に動いてまいります!

5月のゴルデンウィークは残念ながら仕事が入っていますが、とにかく6月末までは日々新しい事を吸収するスポンジのような私でいたいと願っておりますが、果たしてどこまで己の幅を拡げられるか??

頑張ります!

Yes I Can!!
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本語のメルアドはちょっと…

「日本語@日本語.jp」なメールアドレスに一歩前進
by ITpro

非国民的なタイトルですけども、日本人なんだから日本語でメール送受信できるようにするべし!という気持ちもわからないでもないですけど、慣れないと逆に見づらいのでは?と思ってしまいます。

平仮名で子供の名前とかを付けたメルアドとかだといいかな?なんて親バカぶりを発揮してしまいそうですけど、今回RFC5504という国際化仕様が適用されたことで、OutlookとかWindowsメールなんかのMS製のメーラーも、今後日本語メルアドに対応しそうな気がしています。

ただ、自分のPCにあるメーラー自体が対応していても、その経路上にある古いメールサーバが対応していないと、日本語メルアドのメールは相手に届く事はないでしょう。

その点、このRFC5504の優れたところとして、日本語メルアドに対応していないようなMTA(Mail Transfer Agent)に対して、代替のアルファベットを利用したメルアドを利用して通信するようで、なるほど考えたな~と感じました。

でもですね、じゃあ日本で使用するメルアドは全て日本語アドにしてしまえなんて事にはならないですし、日本語を知らない海外の人にこのメルアドで送付して日本語で表示されても、何がなんだかわからないでしょう・・・

便利なようで不便も多いのでしょうが、日本語ドメインなどの盛り上がりが、さほど感じられないところからも予想できるように、あんまり普及しないでしょう。

と言いつつ、そういうサービスが始まったら真っ先に申し込みしてしまいそうなミーハーな私は、日本語ドメインも持っています(笑

子どもの名前のドメインを取得するのが密かな楽しみでして、以前にもそういう記事を書いた事ありましたね~。

ちなみに去年新たに子供のドメインも取得しています。

新たにドメインを取得
by 気になるけど

ドメイン取得自体、記念硬貨購入みたいな感覚なのですが(苦笑)
よく考えれば年間コストがかかっているのですよね…

今私は全部で4つ(5つかも?)のドメインを取得していますが、期限が切れて失効してしまわないように注意しています。

今後色々なドメインが出現するはずですけど、日本語ドメインの追加取得や、日本語メルアドの取得についても検討していきたいと考えています。

ドメイン取得にお金が必要ですけど、日本語メルアドはどうなのでしょうかね?
当然有料だとは思い増すが、う~ん…価格次第かな?
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 20:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上手に教えるという事は難しいです

教えるって超気持ちイイ☆エンジニア大集合
by Tech総研

リクナビのTech総研の記事を見ていて、自分はどのタイプなのだろうとドキッとしてしまいました。。。

自己陶酔タイプでない事だけは自信を持って言えますが、結構脱線して面白おかしく話そうとする傾向があるので、教わる側にしてみれば「あの人結局何が言いたかったんだ?」という印象を持っているやもしれません。

人に教えてみる=OUTPUTしてみるとよくわかりますが、自分できちんと理解していないと、説明がしどろもどろになったり、自分でも何を言っているのかよくわからなくなったりと、己の理解度が相手によく伝わってしまいます。

ブログにしてもそうですが、自分の中で理解度が低い事柄を書く時なんかは、読んでくれている方々も、私が何を言いたいのか、伝わりきらない事が多いのではないでしょうか。

今時期は新しく赴任されてきた方に、業務の説明やら何やらを指導したりされたりしている方々も多いでしょうが、私もその中の一人でして、新しく来られた方に色々教える機会が多く、相手の方がなかなか理解されない時なんかは、どういう風に説明すれば理解してくれるだろうか?なんてことを自分に問いかけつつ、説明を繰り返していますが、どこまで伝わっていることやら。

私はIT業界に飛びこんでもう10年以上になりますが、IT系とはまったく畑違いの業務をこなしてきた方などに説明する際、意識しているのが、相手の理解できそうな言葉や表現を使おうという事でして、例えば競馬好きな方にデータベースの事を教えるには、競馬新聞を例に出し、過去の着順履歴とかをこういう風にすればデータを引きだせるなど「相手の言葉」で説明できれば、すっと腑に落ちるのも早いのではないかと考えています。

困ってしまうのは、教える相手と自分の接点が見つけ出せない場合でして、事前に「掴み」のトークをしても空振りしまくりで、その方の興味を引く言葉が見いだせない時なんかは四苦八苦してしまい、結局相手に何も伝わらなかったという経験もあります・・・

きっとコミュニケーションの達人や、普段から講師をされている方などだと、どなたでもわかりやすいような言葉・表現を使い見事に相手の心をわしづかむことができるのでしょう。

私は人に教えるという事は嫌いじゃないのですが、やはり相性といいますか、フィーリングが合わないような方に対して説明する術を持ちあわせていないようで、修行不足・経験不足な面があるのは否めません…。

また「1対1」ではなく「1対多」のような講習スタイルの場合だと、全ての人に伝わるような説明をする事ができず、壇上で変な汗をかいてしまったりする事などもあり、「教える」という事は難しいという印象が強いです。

以前本気で「話し方講座」のような、行政がやる講座に応募しようとした事があり、残念ながら時間が合わず断念しましたが、また検討してみようかな?

相手の立場になり、簡潔に、わかりやすく、伝わる言葉で教える事ができればこの上ないと、また無い物ねだりな考えが首をもたげかけています。

場数をどれだけ踏んでいるかという経験なども「教える」という事に関して重要な要素となるでしょうが、今までのことを思い返すと、やっぱり経験不足なのでしょうね。

そういう機会がなかなか無い事もありますが、「人に教える」という行為は自分にとってやりがいのある事だと思っているので、いずれそういう仕事もしてみたいと夢見ています。

人生勉強することが多くて困りますね。。。

そういった本でも探してみようかな?
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。