気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年も折り返し地点

早いもので明日はもう7月!
2009年も6カ月経過した形になりますか。

これまでを振り返ると、私は6月上旬まで怒涛のような忙しさの中を過ごしてきましたが、今は小休止している感じでして、花粉症で体調が悪いということもあり、仕事もなるべく早く帰り、日々早寝早起きをしてのんびりしています。

まあそれもこれも今日まで(6月30日)と思っていて、7月~9月の3カ月間は、文章力向上と問題解決力向上を主目的とした学習に多くの時間を費やすつもりです。

年頭の計画では7月からLPIC-level2の学習にとりかかる予定でしたが、3か月後回しにして、先にみっちり基礎能力を向上させようという目論見です。

向上するかどうかはわかりませんが…

他にもブログの過去記事の整理とか、ブログデザイン変更やその他もろもろなど、予定している事がいくつもあり、毎日大変かもしれませんが、楽しく学び、行動していければいいと考えています。

仕事も夏が終わるとまた怒涛の忙しさになるのが見えているので、この夏にやれることをしっかりやっておきたい気持ちです。

あと、最近まずいなと内心思っているのが、本業のIT技術に関する学習不足でして、秋以降に向けて本腰いれてやらねばいけなくなるかもしれず、戦々恐々としております(怖)

人間得意な分野と不得意な分野があると思いますが、私的には長所である得意な分野を深掘りし、その部分で突き抜けるという戦略で進みたいところなのですが、実際求められるものが、今の私にとって不得意な分野になりそうで、また技術書とにらめっこ状態になるかもしれないです…

オライリー本などのお世話になる日々がまた来るかと思うと、かなり憂鬱になりますが、そこでしっかり学んでおくと、後々明るい未来が開けることになるのは分かっているので、修行と思いがんばるしか
ないでしょうね~。

明日からはもう一度気合いを入れなおし、日々これ精進で前に進んでいきます!!

今年の後半は息をつかせぬくらい、みっちりと学び・行動を繰り返していきたいです。
Twitterでつぶやく
スポンサーサイト

| PCネタ・IT系ニュース | 21:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近グロッキー気味です((+_+))

5月中旬~7月中旬まで、私の集中力は普段の5分の1くらいになります。

その理由は…花粉症orz

そういえば5月にも花粉症で苦しむ胸の内を吐露した記事を書きました。

北海道の花粉もなかなかすごいんです
by 気になるけど

今年は例年になく花粉症の発症前に病院で薬を処方してもらい、かなり緩和された状態で過ごしていたため、仕事もプライベートもそれほど苦しまずにおりましたが、6月中旬以降から急激に症状の悪化が見られ、1日2回飲んでいる薬が短時間しか効かないという、なんともやっかいな事態に見舞われています。

くしゃみが止まらない、目のかゆみ、ノンストップの鼻水、口の中の激しいかゆみ、微熱など、とても集中力を維持できるレベルになく、パソコンの画面を見続けるのも相当きつい感じです(泣)

薬が効いている数時間は比較的症状が緩和されるので、その時間に集中してやるべき事をしているという状況ですが、しかし薬が効いている=激しい眠気に襲われる、という事でもあり、著しく集中力がそがれる結果にもなります…

その症状のひどさにどうにかならないものかと、知人に尋ねたところ、花粉症を和らげるという飲み物を3つ教わりました。

赤しそジュース
てん茶
べにふうき茶


この3つは人により効く場合と、まったく効かない場合があるようで、検証しているうちに花粉時期が終わってしまいそうな気がするため、簡単に手に入りそうな赤シソジュースを今年は試してみようと考え、通販で注文してしまいました。

症状が7月中旬くらいまでなので、あと2~3週間の我慢ですけども、一刻も早く症状を和らげたいと切に願っております…
※特にこの週末はひどい目に遭ったのです!

このブログは平日夜間に書いている事が多いのですが、ちょうど薬が切れる頃のようで、今も鼻をかみ、目をこすりつつ、モウロウとしながらキーボードを叩いておりまして、文章の意味が果たしてきちんと通っているのかどうか、不安です。。。

花粉症が無い人がうらやましいですね・・・
Twitterでつぶやく

| その他 | 19:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本好きのマヌケな休日

次に引っ越すのならば、大きな書店や大きな図書館の側に住みたいと本気で思っているアホな私ですが、休日に車ででかけると必ず「本」にまつわるところに足を運んでしまいがちです・・・

今日は自宅から車で1時間くらいのところにある、私の実家に遊びに行ったのですが、事前に家族に「今日は行きも帰りも本屋とブックオフに寄りまくるからな!」と威張って宣言し、札幌市内の大型店舗
の本屋とブックオフに、行きで3店舗、実家に着いてから抜け出して1店舗、帰りにも2店舗に寄るというマヌケな事をして家族から呆れられておりました(苦笑)

一日にそれだけの店舗に足を運ぶと、結構な量の本を購入してしまうわけですが、これがまた楽しいんですよね~・・・

特にブックオフなどで思いもかけぬ名著に巡り合えてしまうと、自分がものすごい幸運を手にしたような、そんな感覚に陥りまして、それを家族に嬉しそうに話すと「楽しそうでなによりなんじゃない?」と半ば適当に扱われてしまうのでした。

自分だけの宝物を見つけたような感じなのですが、逆に私が所有していて、素晴らしい本かつ一生の宝物と思っている本が店頭に売りに出されていると、「こんないい本売る人がいるんだ!」などと嫁さんにのたまう始末!

そこで嫁さんに「人それぞれじゃない?」とたしなめられ、人はみなそれぞれ価値観も違えば、興味の対象も違うというのは頭で分かっていたにも関わらず、つい自分だけの価値観で判断してしまうという悪い癖が自分にはあるという事に気付かされました・・・

人はみな違うんですよね~

さて、そんな感じで複数の店舗に足を運んだ私ですが、実はもう一つ自分の中に眠る、今まで気付いていなかったバイアス(偏見・先入観)に気付くという体験をいたしましたので、書いていきたいと思います。

行きに訪れたブックオフで、いつものように、実用書やビジネス書などのコーナーをしらみつぶしに眺めていたところ、ある一冊の本に巡り合います。

それは・・・

◎ビジョナリーピープル


名著ビジョナリーカンパニーの続編などと呼ばれている本でして、実はまだ読んだ事が無かったため「オレはなんてラッキーな男なんだ!」と嬉々として本を手に取り、いつものように目次やあとがきをチェックしてからパラパラと本をめくっていきました。

すると・・・あるわあるわ、5色の蛍光ペンで線が引きまくってあり、最後の方までびっちり綺麗に色分けされた本文に、最初は「あ~こんなに線を引いてしまうくらい面白い本なんだ」と感心していましたけども、そのあまりの多さに「これよく売りに出したな」と思うに至り、なんだか自分が読んだ時に線を引く気にもならないと、冷めたような感情が沸き起こり、結局本棚に戻してしまいました。

以前から「古本は汚くて当たり前!その分安く読めればよい」と周りの人にも公言していたのですが、実際に中身があれだけ色分けされていると購入意欲がそがれてしまいました。。。
※ちなみに値段は700円!!

自分だけの真っ白なキャンパスに書きたいという、そういう感覚に近いのだと思いますが、新刊当時と同じ状態から、自分だけの線を引きたいのだという欲求が自分にはあるようで、自分でも気付いていなかったことでした。

前述したように、古本なんだから汚れていて当たり前という思いがあったにも関わらず、結局は綺麗な古本を望んでいるという心の裏側が見えたような感じで、何か妙な思いでした。

人はさまざまなバイアスを持っていますが、私もまだ自分で気付いていない多くのバイアスが存在しているようで、そういう深層心理に近い自分の心の在り方を探すという事をまたしてみようかなと、新たなテーマが見つかりました。

しかしまあ、本って奴は立ち読み程度でも多くの気付きを与えてくれる素晴らしいものですよね!

そんな「自称プチ読書家」な私は、今日もまた名著を探しつつ、一冊の目の前の本に向かい合うのでした。
Twitterでつぶやく

| その他 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブログ過去記事管理に紙copi Liteを使用予定

Google検索のお供に「紙copi Lite」を!
by Google探検隊

Google関係の楽しい記事満載な、深川岳志さんのGoogle探検隊に、紙copi Liteを使った連携技の記載があり、紙copiって確か紙2001?の後継版だったっけ?と、懐かしさから興味を示し、ついついダウンロードしてしまいました。

Kamilabo.jp

以前短期間ですが、紙2001というソフトを使用していたことがあり、容量が増えると重くなって動きが悪くなる挙動に嫌気がさしてしまい、そのまま使用することはなくなりましたが、簡単に自分だけのスクラップファイルが作成できるというのは面白い機能だなとは思っていました。

あれから何年か経ち、Webページを気軽にスクラップしたい欲求にかられ、Evernoteなどで試行錯誤を繰り返している私ですが、ローカルPC上で紙copi Liteを使用する選択肢もありかなと考えています。

とりあえずインストールして挙動を見ている段階でしかないのですが、昔よりもPCのスペックが上がったからなのか、さほど動きが重くなる症状も見られないですし、何よりも操作がものすごい手軽です。

広告が多いページの取り込みはどうかと思いますが、それはテキストのみの取り込みにしてしまえばいいかなと。

こりゃ楽しいと、サクサクWebページを取り込んでいく私でしたが、ふと思ったのが、さほど目的もなく取り込んだページって、あとで見返すこととか無いだろうなという事・・・

なんかまた使わなくなるかもしれないな~と雲行きが怪しくなってきた時に、「あれ?ちょっと待てよ」と思いついたのが、このブログ自体をスクラップして管理しておくという事!

さすがに600記事以上ともなると、どんな内容だったかまるで覚えていないものとかもあり、過去記事を新たにカテゴリ分けして細分化しようと目論んでいたところだったので、これは使えるかもと一人ほくそえんでおります!

このブログの記事自体、テキストエディタで作成して保存してありますが、中身がどうなっているのかは開いて読んでみないとわからないので、紙copi Liteはまさにうってつけかもです。

過去記事を改めて文章チェックとかしたら、きっと誤字脱字がたくさんあるのだろうな~と考えるとゲンナリしますが、自分で書いた記事に責任を持つためにも、一度総ざらいして確認する必要がありますよね。

来月くらいから時間を見つけて始めてみます。
Twitterでつぶやく

| ソフト・アプリケーション・ツール | 21:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メディアマーカー活用します

最近自宅の本棚が手狭になり、少しずつ整理を始めたところですが、ふと思い浮かんだのが、自宅の本や漫画の整理、未読本の管理、本の購入リストを一元管理できるWebサービスはないものかという事でした。

作業の手を止め、ネットで探してみたところ・・・

メディアマーカー

というサイトを見つけ、嬉々として登録し、使い始めました。

MediaMarker(メディアマーカー)は、情報メディアの記録・管理・共有ができるWebサービス

■こんな方におすすめ

読み終えた本を記録したい方
毎月の購入金額を管理したい方
積読が増えて困っている方
同じ本を2度購入したことがある方
欲しい本をすぐ忘れてしまう方
できるだけ安く本を購入したい方
不要になった本/雑誌を物々交換したい方
図書館をよく利用する方
古書などのISBN番号がない本も管理したい方
書店などの外出先でウィッシュリストが見たい方
会社や学校、読書会などの本を管理されている方 (閲覧ユーザーを制限可)
オススメ本を手軽に探したい方
CDやDVD、ゲームなども一緒に管理したい方
Webサイトをブックマークしたい方

by メディアメーカーhelp


などなど、私が求める大部分の要求を満たしており、現在本の情報を登録しまくっています。

登録時にさまざまな「タグ」を付加できるため、未読・読了済や所有・未所有のフラグを立てれたり、「ビジネス書」などのタグを追加できたり、星の数で評価を設定できたり、他人に公開する・しないなどなど、設定する時は面倒ですが、最初にきちんと登録しておくと後々立派なMYデータベースとして活用できそうです!

今まではブクログを使用していましたが、今後はこのメディアマーカー1本で本やマンガ、DVDなどの購入したもの、購入予定リストなど、今までローカルPCで管理していたものを全て統合します。

膨大な数のリストを持っているので(約6年分くらい)一括登録するための方策を練っていますが、脳みそが足りないので、手動で少しずつ登録数を増やしつつ、いい方法はないものかと、頭をひねってます。

それにしても一件一件登録するのは、なかなか骨が折れる作業です・・・

バーコードリーダーを活用しての登録とか、色々考えていますが、いまいちこれだという方策が見つかりません(-_-;)

しかし、基になる器が見つかったので、後は方法論だけと考えており、地道にやっていけば完了する作業でもあるので、それほど悲観してはおりません。

それよりも、今後ネットさえつながっていればどこにいても、未購入本などのチェックが可能という事を考えると、やる気も出てくるというものでしょう。

しばらくはメディアマーカーでにらめっこしている事が多くなりそうな私なのでした。
Twitterでつぶやく

| ソフト・アプリケーション・ツール | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分のための時間を増加させる

普段あまり意識していない方が多いと思いますが、自分の可処分時間がはたしてどれくらいあるのか、ご存知でしょうか?

可処分時間とは、自分の裁量で自由に使える時間のことですが、仕事をされている方や、家事で忙しい方など、自分の時間が無いと嘆いておられる方が世の中多いのではないかと考えています。

かくいう私もその一人でして、ついついテレビを何時間も見てしまったり、後で考えれば別にどうでもいい事に多くの時間を費やしてしまう傾向があります。

タイムマネジメントの書籍などを見ていると、テレビを見るなとか、隙間時間を有効に活用せよとか、しごくごもっともな事が書いてありますが、テレビ好きな人がいきなりテレビを見なくなるのはとても難しいでしょうし、いきなり変われと言われて変わる人はそうそういないと思います。

私は以前に比べれば、遥かにテレビの視聴時間は少なくなりましたが、ゼロにすることは逆に難しいのではないか?という疑問が払拭できず、でも自分の可処分時間を増やしたいしと、ジレンマのようなものを感じていました。

そこで、自分の時間の増やし方をテレビ視聴時間の減少を例に書いてみたいと思います。

本を読む時間がないとか、自分の趣味の時間が取れないとか、そういったことで悩む方がおりますが、よくよく調べてみると、実は何時間もテレビを見ていて、そのために自分の時間が無くなっているケースというのは案外多いのではないでしょうかね?

実は私もそのうちの一人だったのですが、このままじゃまずいと考え、どうすれば余計なテレビを見る時間を減らせるかと、少ない脳みそを使い考えてみたところ、まずある一定の期間、自分が見たテレビの内容をつぶさに記録してみて、その傾向を分析してみることにしました。

※とある一週間のジャンル別テレビ視聴時間

子供のアニメ→3時間
クイズ・脳トレ番組→4時間
夜9時からの映画→4時間
お笑い番組→3時間
ドキュメンタリー番組→4時間
スポーツ番組→12時間


統計を取って調べてみたところ、このようなジャンルの番組をダラダラ見ていることが判明し、しかも相当数の時間を費やしていることがはっきり理解することができました!

これらの番組は、つい家族で団らん中に見てしまうものが多いのですが、子供のアニメとか、脳トレ番組、映画などは「ながら見」程度で見ていて、本当に興味を持っていたわけではないので、意識してテレビの前から離れるように心がけていたところ、不思議と見ないようになりました。

お笑い番組も、とりあえず「これ」と「これ」などと番組を2つに絞って、それ以外は一切見ないようにして余計な視聴時間を減らすことができましたし、ドキュメンタリー番組なども、番組が始まった途端に「これは本当に今見なければいけない番組なのか?」と考えるようにして、意識的に遠ざける事が出来るようになりました。

しかし、私にとって最大の問題だったのはスポーツ番組でして、サッカーを筆頭にプロ野球、バレー、競馬、はてはF1・ラリーなどのモーター系にも興味があり、見だすと止まらなくなる悪いクセがあるのでした。

こりゃいかんと思い、なるべく見ないように心がけておりましたが、北海道日本ハムファイターズの優勝争いのゲームとか、バレーボールの熱戦の数々などを目に耳にすると、ついつい番組表をチェックして見てしまう私がいました・・・

さらに、野球のWBCやオリンピック、世界陸上などの大きな大会などをテレビで目にしてしまうと、それはもう一人で盛り上がって最後まで見てしまい、おまけにネットで関係するコラムとかまで読んでしまう始末でして、これは性(さが)だから仕方ないとあきらめてかけておりました。

しかし、ふと思いついたのですが、自分が本当に見たいスポーツは何か?と考えた時、すぐ「サッカー」という答えが頭に浮かび、それじゃサッカー以外のスポーツは一切この世から無くなっても、自分的にはOKだなと(笑)

自分が本当に好きなジャンルを絞り、それ以外は興味がないという意識改革ができれば、無駄なスポーツ番組鑑賞時間が減るかもと考え

「オレはサッカー番組しかスポーツ番組は見ない!」

と誓いを立てたところ、不思議とプロ野球などの番組に興味が無くなり、余計な視聴時間が減るようになりました。

さらに、一週間の番組表をチェックして、見る番組は「これ」と「これ」、「この試合」と「この情報番組」などと絞ってしまい、それ以外は一切見ないようにする事で、ものすごくテレビと疎遠になる事ができるようになりました。

あらかじめ興味の対象(ジャンル)を絞り、見るテレビ番組を限定することで、余計なテレビ時間を減らすという、ごく当たり前の事かもしれませんが、自分が何気なく見ていたテレビ視聴時間が思ったよりたくさんあったという、事実というか数字を目にしてしまうと、なんとかしなきゃという気持ちになったのでしょうね。

おまけに、プロ野球などの結果などにも興味がわかなくなった私は、ネットでそういう情報を追うということもしなくなり、その点でも有効に使える時間が増えたことになります。

記録することの大切さが身に染みた私。。。

客観的な数字で事象を見ることができれば、すごい訴求効果がありますよという事なのですが、あくまでもこれは私の例ですので、他の方にあてはまるかどうかはわかりませんが、少なくとも自分に投資する時間を確保したい方は、テレビなどの見なくても困らないものを減らすという事に注力してみると、よいでのはないでしょうか?

まあ、最近テレビ番組が全体的にあまり面白くないというのもうまくいった理由の一つなのかもしれませんが・・・
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Linuxサーバー構築標準教科書(Ver1.0.1)をダウンロード

Linuxサーバー構築標準教科書』開発プロジェクト
by LPI-JAPAN

LPI-JAPANが提供する、Linuxサーバー構築標準教科書(PDF)がダウンロード可能となっていましたので、名前やメールアドレスなどを入力し、落としてきました。

容量は4.5MBで印刷に少々時間がかかりましたが、製本して一通り読んでみたところ「実習」に重きを置く内容であり、CentOSのインストールからDNS、Web、Mailと、評価環境を構築してラボっぽく実習してみましょうという感じでしょうか。

○○教科書とうたっているだけあって、大学や専門学校、企業などの研修にも使えそうで、新人教育などでも活かせそう。

私がみて「おっ!」と思ったのは講師PCにDNSの仮jpドメインを作成し、生徒PCにセカンドレベルドメインを割り当ててDNSを引かせるという楽しい試みでして、JPRS(日本レジストリサービス)気分を味わえます。

こういうのって意外と方法が知られていないので、ラボとか作るのに役立ちそうですね。

あと、chrootでのBINDのセキュリティ向上など、細かく説明してくれているので、なにげなく使用していた私などは、じょうずに頭の中が整理されて得した気分でした。

他にもApacheの設定でVirtualHostの設定とか、なるほどと思いながら眺めていましたが、ちょっと物足りないのはsendmailの部分でしょうか。

sendmail.mcでmakeしてsendmail.cfファイル作成という王道ですけど、もうちょっと細かく説明してもよかったかなと思いました。そもそもsendmailで評価環境というのは敷居が高いと思うのは私だけでしょうか??

sendmailは未だによくわからない事だらけな私ですが、今はpostfixの方が使われているのでは?とも思いますので、その辺の情報の追加とかあるのでしょうかね?

あ、でも、これってLPIC-level2 201試験と202試験範囲を想定して作成しているから、こういう形になったのかな?

今後LPIC-level2の取得を目指す私には旬なテキストかもしれないので、再度熟読してみようと思います。

全体的に良くできているのは間違いないので、Linuxサーバを構築してDNS、Web、Mailの設定などの教育を検討している部署であれば、お薦めできそうです。

Linuxサーバ未経験の方は厳しいという感じでしょうか・・・
ただ「そのまま手順書」みたいな作りになっているので、このテキスト片手に設定していけば同じことができるはずです。

私もVM上で試してみようと思います!
Twitterでつぶやく

| Linux・Fedora・Ubuntu | 19:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デジタルムービーXacti CG10を購入

子供の運動会用などに、デジタルムービーの購入を検討していたという話は以前にも

新しいデジタルものが大好きな私
by 気になるけど

というエントリーにて、SANYOのデジタルムービーを狙っている話しをしましたが、色々と検討を進めた結果、予算オーバーな状態だったので、色々機能面を突きつめて考えていったところ、Xacti CG10でも問題ないかなという事で、近所の家電量販店にて購入。



また、16GBのPanasonic製SDHCカードも同時に購入していますので、本日の子供の運動会はそこそこ綺麗な映像を残すことができました。

いや~それにしても、Xactiめちゃめちゃ軽いです!!

片手サイズでいつでもどこでも撮影できますし、静止画も相当綺麗な写真が撮影できます。

ただズームにすると手ぶれが目立つのは・・・仕方ないですかね

このXacti CG10はどちらかというとデジカメ+デジタルムービーという図式でして、私が購入した家電量販店では、デジタルムービーのコーナーではなく、デジタルカメラのコーナーにブースがあったため、かなり探しました・・・。

付属品で予備バッテリーとACアダプターを同時購入しようとしましたが、在庫が無いとのことで断念したのが心残りですけども、Xacti CG10自体の機能には満足度が高いです。

今の世の中3万円くらい出せば、ここまでの品質のムービーが手に入るということに驚きを隠せませんが、できればHD品質のHD2000が欲しかった私で、その価格の違いに断念せざるを得ませんでした。

少ない小遣いで、3万円と6万円じゃ雲泥の差ですからね・・・

本も買えなくなりますし!

それでも7年間前のDVテープで撮るよりはよっぽど綺麗ですし、液晶テレビで見てもそこそこの映像ですからね。贅沢は言ってられませんか。

しばらくの間はXacti CG10で家族の映像を撮り続けたいと思います。

さてと、それでは今日撮影した動画の編集でもするとしますか!

まずはMPEG4の編集をどうするか?というところから始めます。。。
Twitterでつぶやく

| マルチメディア | 21:21 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

青空文庫を利用して名作をパソコンで味わう

青空文庫

最近本ばかり読んでいる私はというと、今後電子書籍という形態を模索しておりまして、前にも書いたように、AmazonのKindleやauのBook携帯などの、電子デバイスを利用したビューアなど、選択肢がどんどん拡がっているようですが、それとは別に、本の電子データがテキストファイルや、htmlファイルで無料で提供されないものかと、色々考えていたところ、ふと青空文庫の事を思い出しました。

青空文庫は、利用に対価を求めない、インターネット電子図書館


なのですが、著作権が切れた、もしくは著作権を放棄した文学作品を、青空文庫のボランティアさんが電子化したファイルをインターネットで閲覧したり、テキストファイルとしてダウンロードすることにより、無償で名作をPCなどで読むことができます。

最近ダウンロードしたのは太宰治や芥川 竜之介など、有名どころの作品でして、昔読んだ懐かしさをかみ締めながら、空いた時間に読みすすめているところです。

しかしですね、やはり物足りないというか、名作しかダウンロードしていないからなのか、あらすじがほとんど頭に入っているので、ワクワクしながら読めないというか、なんというか・・・

面白いのですけどね。。。

今はもっと読まなければいけない本がたくさんあるので、そちらを優先した方がよいと、思うに至りました・・・。

とりあえずは一通り有名作家の作品をダウンロードしておいたので、気が向いた時に読んでみるのもいいかなという感じです。

「蜘蛛の糸」なんて昔、教科書か何かで読んだきりでしたが、今読むとまた違った感じで受けとめられ、逆に新鮮な感じがしますしね。

息抜きでサラっと読めるというのも青空文庫ならではなのでしょう。

いくつか気に入った作品のブックマークもしておいたので、ネットしながら文学作品を読むというのもまた、楽しいものではあります。
Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大前研一さん著作フェスタ終了です

先日のエントリーの

ちょっと立ち止まってあれこれ考えています
by 気になるけど

でも書きましたが、6月の頭くらいから経営コンサルタントであり、紹介するのもはばかれるくらい有名な、大前研一さんの著書をずっと読み続けていました。

たまたま大前さんの未読本が5冊たまっていたので、勝手に大前研一フェスタと銘打ち、楽しく読んでいましたが、噛み締めるようにゆっくり精読していたので、2週間以上時間を要してしまいました。

ちなみに読んでいた本は下記です





大前さんの本を読み終わり、いつも思うのが「オレこのままじゃやばいな~」という焦りの感情でして、座して動かない私のケツを激しく蹴上げるような、そんな叱咤激励の言葉の数々に、やる気が満ち溢れてきます。

世界を知る大前さんだからこその提言に、所詮自分は小さな島国の中の、さらに小さな島に住む、矮小な存在であるという今の己の姿を見出す想いですが、そういった危機感を抱かせてくれる貴重なご意見番という位置づけで、私は大前さんを見ています。

今後も定期的に大前さんの著書を精読して、のんびり屋な私を本の中から叱責していただき、前に前に進んでいければと思います。

大前さんが数々の著書の中で再三言われている、これからのビジネスパーソンの必須能力である「IT」「ファイナンス」「英語」の3つのうち、「IT」は本業ですので今後は「ファイナンス」の方に力を入れていきたいと計画していますが、どうにもこうにも「英語」についてはやる気が出ないというか、挫折しまくりでして・・・

その他にも身につけなければならない必須のスキルがたくさんある中で、苦手な英語の修得については、荷が重く感じてしまいます。

私には小学校入学前の息子が二人いますが、その子供達と親子英会話教室とかに通って、無理矢理に英語を身近にする事を密かに計画していますが、肝心の親子英語教室が近所に無いのですよね・・・

自宅で学べるeラーニング的なものも探していますが、これというものがなかなか見つからず。

東京など都心部だとそういうサービスが多いようですが、こういうところで地方格差というのを感じてしまいます。

まあその分、自然の中で暮らしているからトントンなのでしょうが。

今後も英語に関しては気にかけていきますが、今月の残りの時間はロジカルシンキングの向上に時間を費やすつもりですので、このブログでもそういった話題を書くかもしれません。

ある程度計画的に、目標思考でもって、やらない事を決めつつ、己の自己研鑽をストイックに進めていきたい私なのでした。
Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 21:02 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iPhone 3G Sに心奪われかけましたが・・・

iPhone新型機、日本で6月26日発売、月額480円から
by 日経トレンディネット

今更iPhone 3G Sが6月26日に発売というニュースを見て「ふーん」くらいにしか思わなかったのですが、とりあえず何が変わったのかの確認くらいはしようと思い、AppleのiPhoneサイトをのぞきました。

iPhone 3G S
by Apple

相変わらずiPhoneの魅力をあますことなく画像で訴えるサイトの作りに、さすがAppleだな~と感心しつつ、新機能で気になる点が、ビデオとボイスメモ程度だったので、今回も見送りと思いましたが、どうしても気になったのが

月額480円から


という文言でして、またいつもの料金カラクリがあるのだろうと、その安さの秘密を確認することにしました。

iPhone 3G Sの価格について
by softbank

iPhone 3G S 16GBタイプでキャンペーンを適用させて480円となっていたので、その値段で手に入るのなら欲しいな~と単純に思い、月々の料金とキャンペーン内容を確認するためにiphone for
everybodyページに飛んでシミュレートしてみました。

iphone for everybody
by softbank

32GB版の選択肢はありませんでしたので、16GBを選択していったところ・・・

16GB(ブラック)の新スーパーボーナス2年払い(24回払い)にすると 割賦支払い金額がゼロになり、ホワイトプラン980円と、S!ベーシックパック315円+パケット定額フル(キャンペーン)1,029円を合わせて、月の支払い額が機種代込みで2,564円となります。

この新スーパーボーナス2年払い(24回払い)だと、2年間2,564円払うだけでトータルコストが61,536円と、2年間でこれくらいなら悪くないなと、思ってしまいました。

でも私の周りはsoftbankの携帯持っている人が少ないので、通話料は30秒21円かかる事が多くなり、最初のうちはパケット使用も多くなると思いますので、1,029円を超えて、限度額の4,410円が続くと思いますので、61,536円という2年間のコストはあくまでも最低額ということになるでしょう。

ちなみに私は今docomoの携帯ですが、嫁さんの分と家族割りやら何やらで月々5千円くらい支払っていることを考えると、これを2年間続けると、120,000円の支出となります!!

その差額でネットブック買えちゃうよ!

これを機にiPhoneにしちゃおう!なんて気分が盛り上がりましたが、嫁さんの家族割りがなくなるので二人分の支払いをすると考えるとたいして金額が変わらないんですよね!

でも最新のiPhoneが手に入るという付加価値を考えると、やっぱりsoftbankの方に分がありますし、iPhoneを持っていれば「これは携帯電話だ」という意識が無くなると思いますので、あれこれ色々なことに手を出しそうな予感がします。

とここまで書いておいてなんなんですが、やっぱりそんなに物欲が刺激されない私でして、もっと欲しいものたくさんありますのでそちらを優先となりそうです。

そしてMacは依然疎遠なまま・・・

いつになれば仲良くなれるやら。。。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナショナルジオグラフィック定期購読を継続

ナショナルジオグラフィック

昨年(2008年)から定期購読をしていたナショナルジオグラフィック誌ですが、先日定期購読更新の連絡があり、しばらく思案してました。

年間購読料9千円という、チンケなサラリーマンのお小遣いでは、そこそこ破壊力のある額に二の足を踏んでおりました私ですが、意を決して再度1年間の購読を決めて、コンビニで払ってまいりました。

内容については非の打ちどころのない素晴らしい雑誌ですし、一生読み続けたいと思わせるものですが、じゃあどうして二の足を踏んでいたのかというと…実は近所の図書館で毎月購入していて閲覧できるという事に気付いたからです。。。

紙が擦り切れるくらい熟読しているわけでもありませんし、一度読めば本棚にビルトインされるため、もう一度手に取ることはそれほど無いのが現状ですから、「9千円も払わないで、図書館で読めばいいじゃんか」と考えていました。

じゃあどうして年間定期購読を継続したかというと、それは…

環境問題の意識付けを深める


ためです。

ナショナルジオグラフィック誌を一つのツールとして利用することにより、己の意識により深く、環境問題に対する考えを心の深いところまで定着させる事を狙っています。

別にいつでも図書館で読めるんだし、毎月定期的に図書館に訪れるのだから「ついでに」読めばいいじゃないかと、自問自答していた私ですけども、この「ついでに」という言葉が妙に引っかかりまして、これはまだ私の中で、環境問題というカテゴリーが熟成されていない証拠だと、そう分析したわけです。

つまり「ついで」で、図書館でナショナルジオグラフィック誌を読む可能性は低いと、自分の行動を分析したわけなんですね。

そうやってそのうち時が流れ、そういえばこの雑誌しばらく読んでいなかったなという事になるのが、予見できてしまったというか。

今後日本だけでなく世界の流れは確実に「環境保護」の流れに向かうのは間違いないので、せっかく世界で今何が起きているのかが美麗な写真で伝えてくれる優良な雑誌が手元に届くのだから、もう1年眺め続けて、己の心の深い部分にまで、環境意識を根付かせたいのです。

私のような下賤な者は、気を抜くとすぐ環境問題の事を忘れてしまうため、もう少し長い期間、よき先生として、ナショジオ誌による教育を施される必要があるのです。

おりしも、私はグリーンITを勝手に推奨する運動をしていますので、外に向けて声を発しているのに、自分が勉強不足というのは情けないですし、今起きている問題に対して未来がどうなるのか?という事を一人一人が真剣に考えなければいけない時期に差し掛かってきていると考えています。

月に一度自宅にナショジオ誌が郵送されてくれば、読まなきゃという気になりますし、読み始めればその面白さにハマってしまうので、これをあと1年また続けようと思います。

皆さんも定期購読まではどうかと思いますが、図書館などに行った際ぜひ一度手に取り、圧倒的にリアルな写真と世界のプロの書いた記事を一読してみて欲しいですね。

…そういえばこのブログをリスタートした当初に、

ナショナルジオグラフィック見るべし
by 気になるけど

というエントリーで紹介していたのを思い出しました…。

もう2年前の話しなんですね!!

う~ん、時の移り変わりが早過ぎです…

あの頃の自分と今の自分を比べてみると、今の方がずいぶんと成長したなとは思いますが、根本的な中身は10代の頃から変わっていないのかもしれないです。

変わっていくもの、変わらないもの、変えなきゃならないもの、変わってはいけないもの、色々ありますけども、変わる事を恐れることだけはしないようにしたいと意識しています。

どうせ変わるのならば、よりよいものに変わっていきたい私なのでした。
Twitterでつぶやく

| グリーンIT・エコ | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新しいデジタルものが大好きな私

アナログ停波当日の米国,「大きな混乱はなし」とFCCが報告
by ITpro

上記のニュースを見て知ったのですが、アメリカは日本より2年ほど早く、アナログ放送波の停波にふみきったようですね。

記憶では確か半年前に停止するはずが、なんだかんだで伸びていたはずですけども、これで日本も2011年には地デジに完全移行する事に言いわけできなくなりそうです。

アメリカが出来て日本で出来ないはずがないですからね!

我が家はとりあえず今年の初頭に地デジ環境に移行しましたけども別にあせって地デジ対応テレビに移行しなくてもいいんだけど…くらいの気持ちでいましたし、「アナログ停波なんてどうせ先に延ばされるだろう」とも考えていました。

いざとなりゃチューナーだけ買おうとか、その程度の感覚でしたし。

でもですね、実際に自宅のリビングを地デジにして思ったのが、アナログ放送との映像美の違いがあり過ぎる事で、これを見たらもうアナログには戻れないな~と、結局地デジのテレビにして大満足して
いる自分がいます…

つくづく己の新しいもの好きな性格にはまいりますが、最近もう一つ古いものから新しいものへの買い替えを考えているものがありまして、それはハンディムービーです。

来週末には子どもの運動会がありますので、ムービーの新調を検討するために大手家電量販店に行きましたが、高額な値段に打ちのめされて、すごすご帰宅してしまいました・・・

どうせ買うならと、つい上位機種とか最新モデルを選びがちでして、高級志向を考え直した方がよいと悔い改め、色々と検討した結果、SANYOのデジタルムービーをリストアップしました。

ポイントは、

フルHDかハイビジョン程度の画質であること
手ぶれ補正が付いてる事
MPEG4での録画形式対応
HDMI端子装備
5万円以内の価格帯
SDHCカード対応


などでして、これを満たしているのがDMX-HD800HD1000という機種だろうと、今本気で購入するかしないか悩んでいます…。
※最近発売されたばかりのHD2000だとちょっと予算オーバーですか。

家電量販店に行った際も、家族から「まだ見てるの?」と苦情を言われるくらいじっくり触ってきましたが、頭をよぎるのが、DVテープのハンディカムまだ使えるだろうという心の言葉。。。

冷静にもう2~3日考えてみようと思います。

そうそう、家電量販店のムービーコーナーからようやく足が離れた私は、ついついフラッとネットブックコーナーに吸い寄せられ、VAIO type Pの前でややしばらく止まっていました。

店員さんが見かねたのかやんわりと薦めてきましたが、予算が5万円以内のムービー買うのにもヒーヒー言っているのに、type Pなんて買えるわけがないのですが、ついついオプションのケースの事とか、XPでの動作の事とか、聞いてしまうのですよね~

そしてまた家族に「いつまでそこにいるの?」と怒られる始末。

デジタルバカもたいがいにしないと、家族に大ヒンシュクを食らいますので、私と似たような方は要注意です!!

この果てしない物欲を満たすことができたらどんなに幸せなことか。

いや、物欲というよりも、何が買いたいか検討しているのが好きなだけかもしれませんね。

商品を調べ、カタログ見て、実物を見て、購入シミュレーションして、挫折してというサイクルをクルクル回して、渇望感を楽しんでいるだけなのかもしれませんね。

実際に手に入れるとそんなに使わなかったりして・・・

この時期どこもボーナス商戦が始まっているので、余計に物欲が刺激されやすいですけども、冷静に対応していきたいと思います。

欲しいものたくさんあって困ります。
Twitterでつぶやく

| マルチメディア | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気づけば600回目の記事更新過ぎてました

2009年2月7日に500回目の記事更新してから4ヶ月ちょいが経過しましたけど、昨日のエントリーでようやく600回以上を達成して、我ながらよく続くなと、自分でも感心してしまいます。

でも威張って「600ものコンテンツを揃えています」なんて口が裂けても言える自信なんてありません。

そもそもたいしたこと書いていませんしね・・・

もうちょっと人様のお役に立つ内容でも書ければいいのでしょうけども、元の中身がスッカスカなので、せめて10回に1回くらいは読んでくれた方の心に残るような、そんなブログでありたいと思っています。

現状は100回に1回も読者の方の心の一部に住まわせてもらうような、そんな内容に至ってはおりません。

理想ばかり言っても仕方ないのですけど、もっと文章能力を向上させて、心に伝わる文章を書きたいという気持ちだけはあります。

以前にも書いたかもしれませんが、このブログをなぜ更新しているかというと、大きく3つ理由がありまして、

1、自分の知識によって誰かの役に立つ事ができるかもしれない
2、自分の考えを整理する場であり、備忘録としての役割も兼ねる
3、見知らぬ方に読んでもらう事で、考え方や文章力の修行をしている

などですが、きっとどれだけ書いても自分の中で満足することは出来ないのでしょうね!

でも今まで600記事ほど書いてきて、自分の中では会心の出来だなと思うものが何個かありまして、えてしてそういうエントリーはアクセス数も少なかったりします(悲

私にもこの記事をもっと読んで欲しいというアピールが足りない面が多々ありますので仕方ないのでしょうが、今後このブログのテンプレ改造を含め、色々検討していることがありますので、実行していき
たいですね!

また明日からは、当面700回目の更新に向けて突き進んでいくのと同時に、よりよいブログとなるように今以上に真剣に書いていきたいと考えていますので、よろしくお願いいたします!

これからも4週6休ペースで更新していくつもりです。
fuminchu
Twitterでつぶやく

| その他 | 18:58 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SSD革命で高速になったHP Mini 1000!しかし落とし穴が・・・

私のUMPCであるHP Mini 1000 SSD16GB+8GB版ですが、プチフリーズの挙動に耐え切れず、SSD革命というソフトを購入して、この週末にインストールを敢行してみました。

普段ソフトなどをインストールする時は、Eドライブ(SDHCカード)に入れているため、SSD革命もEドライブにインストールすることに。
※SDHCカードのドライブ認識については下記を参照ください。

Mini1000でSDHC16GBをドライブとして認識
by 気になるけど

インストール後、特に意識せず詳細設定をなんとなくいじりながら、Mini1000を再起動したところ、いきなり起動時にSpeedAdvanceのブルースクリーンが表示されて「あぁっ!!起動しない??」なんて思ってしまいましたが、勘違いでして、SpeedAdvanceが動きましたよのサインだったわけで(汗

OSが起動し、デスクトップ上に作成されたArkランチャーをダブルクリックすると、下記画面が表示されます。

ssd01.jpg

これで「システムドライブの高速化・保護」をクリックすれば、高速化・保護の実行・解除を手動で選択できます。

ssd06.jpg

また、デスクトップ画面の左下には、高速化・保護のモニター画面が表示されるようになりました。

ssd08.jpg

そんなこんなでOS起動状況を見ていましたが、明らかに今までのHP Mini 1000とは違うと言えるくらい起動が早まりました。

これはいけるかも!とGoogleChromeを立ち上げてネットサーフを始めたところなんと・・・

プチフリーズ解消!!
うぉぉぉぉぉぉーーーーーー

しかもいちいち動きが高速で、これ本当にAtomプロセッサなのかと疑ってしまいました(笑

念のためyoutubeにアクセスして動画を見てみると、映像が止まることもなく、以前よりかなり改善されています。

キャッシュをメモリ上にもたせるだけでこんなに劇的改善されることに驚きを隠せず、今まで何だったんだろう?と首をかしげてしまうくらい高速であり、AcrobatReaderってこんなに早く起動できたんだ!と感動すら覚える始末でした。

こりゃ~3千円の出費は安いものだなと思いましたが、以前HD革命で色々問題があった事を思い出し、念のためPDFのマニュアルを見てみましたところ、高速化・保護をONにした状態でデフラグはするなと書いてあったので、これって以前ハマったかもと思いつつ、他に問題がないか確認してみることに。

そうこうしているうちに、一度HP Mini 1000を再起動してみたところ、シャットダウンアイコン下に「重要な更新をインストールして~」と書かれていたので「ああ、アップデートね」と更新を適用させてからシャットダウンしました。

そして再度電源を投入した後、OSの設定を変更しつつ、また再起動しようしたところ、またシャットダウン下に重要な更新がありますとか言うじゃないですか。

「おかしいな」と思いつつ、シャットダウンをクリックして更新状況を画面で確認したところ、さっきと同じ6個の更新をインストールとなっていたので、そこでやっと理解しました。

物理メモリ上にあるデータは、そのまま電源を切ると揮発して失われてしまいますが、このSSD革命もSSD自体にデータを書くわけではなく、メモリにデータを展開します。

よく考えればその通りなのですが、これじゃCDブートで起動したUbuntuなんかと変わらず、Cドライブに書き込みできないので、SSD革命のarkランチャーからSpeedAdvanceを停止して、再度詳細設定をいじることにしました。

詳細設定で、一時ファイルのメモリサイズは1GBのうち空きが600MBくらいなので、260MB分を一時ファイル用に割り当て。

ssd02.jpg

リミット時の設定で「動作の設定」を

・現在の状態をシステムに適用後、高速化・保護を継続する

にしておけば、一時ファイルのメモリ容量以上に達した時、再起動やシャットダウンが自動でかかるのを防ぎます。

また、動作実行残容量も残3%のところにスライダーを合わせました。

ssd03.jpg

ウインドウの設定では、

・高速化・保護中のOS起動時に一時的に表示する を選択。
※WindowsXPの起動中に下記画面が表示されるので、SpeedAdvanceを停止したければ「esc」キーを押下すると停止した状態で起動してくれます。
speedadvance.jpg

また起動時モニターは邪魔なのでモニター小を選びました。

ssd04.jpg

そして問題の「その他の設定」ですけども、

・ページファイルを保護する
・OS起動時に高速化・保護を開始する
・解除セレクターを表示する
・OSのシャットダウン/再起動時に終了ダイアログを表示する

全てにチェックをつけました。

ssd05.jpg

いちいちSpeedAdvanceの画面が出る設定にしていますが、メモリ上の一時ファイルなどをSSD上のシステム内に適用させないと、保存されるはずのデータが無くなる場合もあるので、まあ仕方ないかなと割り切っています・・・。

ただ、WindowsXPの再起動やシャットダウンを選択すると、強制的にSpeedAdvanceの動作誘導画面が表示されます。

ssd07.jpg

ここで「現在の状態をシステムに適用する」が選択されていると、メモリ上にあるデータが開放されSSDのシステム領域に適用されていくことになりますが、もうちょっと「高速化・保護を解除してます・・・」の処理が早く進むとありがたいのですがね。。。

ssd09.jpg

メモリ上に一時データがたくさんあればあるだけ時間がかかりますし。

さてこのSSD革命ですけども、プチフリーズの解消と動作高速化という点にはものすごい優れた効果を発揮しますが、この技術と仕組みをある程度理解しつつ設定して使わなければ、上述したMSのUpdateがいつまでも適用されなかったりなど、問題が起きる事になると思います。
よく確認していないので分かりませんが、恐らくウイルスソフトなどの定義ファイル適用などにも影響を及ぼすとも考えています。

なので、SpeedAdvanceを止めて起動させたい時は、起動時の画面の「esc」キー押下で止められるので、たまにそこで止めてOSを起動させ、起動時にアップデートプログラムが動くウイルスソフトなどの挙動を確認して使うようにしたいと思っています。

speedadvance.jpg

私はHP Mini 1000を優良な入力デバイスとして捉えているので、普段はSpeedAdvanceをONにしておくことで、プチフリーズなどの動作障害を改善させるという事を優先させようと考えています。

普段データの保存などもEドライブやUSBメモリなどにしているので、SSD上に書き込むことをあまりしていませんし、それで特に問題はないかなと思っています。

でも意識せずにSSDドライブに書き込んでいる方には、頻繁にSpeedAdvanceを止めたり動かしたりという事をしなければならない場合があるかもしれません。

そういう意味では、このSSD革命は今のところ万人にお奨めできる代物ではないと思います。

もっと細かく保護の除外設定とかが可能になると(例えばProgramFilesだけ除外するなど)もう少し柔軟で使いやすいソフトになると思うのですが、そうなると値段はもっと上がるのかな?

方向性は合っているんだけども、ちょっとやり過ぎてしまった感のあるSSD革命ですが、私は挙動をなんとなく理解したのでこのまま使っていこうと考えています。

お金払いましたしね・・・
Twitterでつぶやく

| UMPC・ネットブック・CULVノート | 23:01 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

勢いでSSD革命買ってしまいました

SSD革命
by 株式会社アーク情報システム

SSD革命/Speed Advance Ver.1注文
by ベクターPCshop

HP Mini 1000 SSD16GBを使用している私ですが、日々プチフリーズに悩まされており、以前にもブログで悩んでいることを書きました。

HP Mini1000 SSD16GBのプチフリーズ
by 気になるけど

上記エントリーでは、EWF導入+Filediskという組みあわせを紹介しただけで、仮想ディスクであるFilediskの設定などが面倒で、そのままにしてきました・・・

紹介しておいてなんなんですが、ようはCドライブ以外でディスクのキャッシュが出きればいいのだろうと、他の方策を検討していて、やっぱり物理の1GBメモリ上で動作してくれるものがいいかな?と考え、そういうものを探し続けていました。

そんな折、HD革命でも有名なアーク情報システムからSSD革命が発売されるということで、速攻内容をチェックしたところ、システムドライブへの書き込みをメモリー上で作成するとの事で、こりゃ買いだなと思い、ベクターのPCshopでオンライン購入しました。

価格は2,980円で、もしダメでもこの値段ならばいいかな?という軽い気持ちです。

登録したメールアドレスにライセンスキーが来るのですが、ちょっとタイムラグがあるので、最初戸惑いましたが、約10分程度でダウンロード先のURLと、ライセンスキーが書かれたページに飛ぶので、あとはインストールをするだけです。

さてさてHP Mini 1000のMLC方式のSSDに効果はあるのか無いのか?

今すぐ試したい衝動を抑えて、この週末の楽しみにいたします。

そのうちこのブログ上でレビューしますのでお楽しみにって、もったいぶってすみません。

ちょいとこれからやる事が別にあるもんで。

※追記(2009年6月13日)
SSD革命について書きましたのでこちらもどうぞ。
Twitterでつぶやく

| UMPC・ネットブック・CULVノート | 22:48 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと立ち止まってあれこれ考えています

最近は大きな仕事が片付いたので、もっぱら家族や趣味の方に重きを置いていて、なかなか楽しい時間を過ごしています。

今月は大好きなサッカー日本代表の試合が3試合もありますし、子どもの運動会やらゴルフやらと週末は休まる時がない感じですが、たまにはこういう月があってもいいと思ってます。

決してダラけているわけではなくて、今月は「こうする」というのを決めているので、淡々とこなしている感覚でしょうか。

先月よりはペースダウンしてますが、相変わらず本も読んでいまして、今月は「大前研一」さんの著書を集中して読み漁っているところです。

大前さんの本は、なんというか世界の中から自分や日本を語っていて、大きな枠組みで捉えているような内容が多いため、正直ピンとこない部分もあったりしますが、今まで継続して読んできた大前節の数々に、私はかなり影響を受けています!

普通ビジネス書のような部類の本を読んでいると、いい事ばかり書いているものが大半ですが、大前さんは本音で、

「お前はまだ分からんのか!自分なりの生き方を模索しろ!」

とばかりに、読者のケツを蹴りまくっておられ、私なんてものすごくシンパシー状態でして、「オレも英語力と金融力を鍛えなきゃ」なんて焦りに似た感覚が襲ってきます…。

今すぐやらなきゃいけない!という気にさせてくれるのが大前本の良いところだと、私は評価していますが、一番素晴らしいと思うのは「金言」の部分だと考えています。

先日読んだ「知の衰退」からいかに脱出するか?


のサブタイトルにもなっている言葉で

「そうだ!僕はユニークな生き方をしよう!!」

というキャッチフレーズが頭の中でずっとグルグルまわっていて、ユニークな生き方というものへの憧れというか、オンリーワンへの道と言いますか、自分はユニークに生きていきたいんだという気持ちが
はっきりと露見してきております。

それは、ただレールに敷かれた人生をガタンゴトンと進んでいくのではなく、未踏の地をガクガクブルブル震えながらも好奇心いっぱいで進んでいくような、そんな生き方を模索していこうと、ぼんやりですがイメージがつかめつつあります。

じゃあ具体的にどうするんだよ?と言われると…「検討します」としか今は答えられませんが、自分が死ぬ直前に「あ~楽しかった!」と、笑顔で言えるような生き方が理想ですので、残りの人生、何年、何十年あるのかは分かりませんが、アホかと思うくらいポジティブに、そして誰かのためになるような行動を続けていければいいですね。

そういえば6月といえば、世間ではボーナスの季節となりますが、もうボーナスが出た方とか、これから出る方、今年は大幅に目減りしてしまう方、出ない方、などなど色々いらっしゃると思いますが、私の会社ではなんとか夏のボーナスは捻出していただけるようで、本当にありがたいことと存じます。
※売り上げちっとも上がらなくてすいません・・・

しかし、IT業界は相変わらず不況の波が絶えませんので、今年の後半から来年にかけて、試練の時を迎える企業が多いと思います。

こればっかりはなるようにしかなりませんが、少しでも力になれるように行動していければなと考えています。

私は今後10年間はより「個」の力が重要視されていくと予想しており、個人個人のもつ独自の能力がより求められる、そんなグローバルチックな世の中に移行してくのではないかと、そう考えているの、より一層「ユニークな生き方」というものに傾倒しがちなのでしょうね。

相変わらず暗いニュースが多いですけど、日経平均株価が一時1万円台になるなど、探せば明るいニュースはあるものです。

もうダメだと頭を抱え続けるよりも、鼻水垂らしながら「何とかなる」と確信的に希望を持てる人間でありたいです。

ということで「逆説の十戒」を紹介して終わりにしたいと思います。

「逆説の十戒」は、ケント・M・キース氏によって60年代に書かれ、
その後マザーテレサにも引用されて、世界中で愛されている言葉


との事です。


 逆説の十戒 (byケント・キース、翻訳キング神田)


1、人は不合理、わからず屋で、わがままだ。
それでも、愛そうじゃないか。

2、何か良いことをすれば、自分のためにやったんだと、人はあなたを批判する。
それでも、良いことをしようじゃないか。

3、もしあなたが成功すれば、偽者の友人そして本物の敵が現れる。
それでも、成功しようじゃないか。

4、今日、行った良いことは、明日には忘れられる。
それでも、良いことをしようじゃないか。

5、誠実で、そして正直であれば、あなたは傷つくかも知れない。
それでも誠実で、そして正直であろうじゃないか。

6、大きな理念を抱く大きな人は、小さな心を持つ小さな人に撃ち落される。
それでも大きな理念を抱こうじゃないか。

7、人は弱者に同情するが、結局、強者になびいていく。
それでも、少数の弱者のために、戦おうじゃないか。

8、何年もかかって築き上げたものは、一夜にして崩れ去るかも知れない。
それでも、築こうじゃないか。

9、助けを必要としている人を、本当に助けたら、あなたは攻撃されるかも知れない。
それでも、助けようじゃないか。

10、持っている最高のものを、世の中に与えたら、自分は酷い仕打ちを受けるかも知れない。
それでも自分の最高のものを、世の中に与えようじゃないか。


いくらブログを書いていても、誰の心にも響かないかもしれない。
それでもブログを書き続けようじゃないか。

がんばります!
Twitterでつぶやく

| その他 | 20:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プライベートプロジェクトの始動(後編)

昨日は、プライベートプロジェクトという私なりの考え方についてダラダラ書きましたが、本日はその私的プロジェクトの実践の部分について書いていきたいと思います。

プロジェクトの実践なんて堅い言い方をすると、たいそう立派な事をするのか?と、いぶかる方もいらっしゃるかもしれませんが、さほど難しいことはせずに、フレームワークに沿って書き出していくだけという単純なものです。

さて、前編で書いた私のプライベートプロジェクトですけども、一つ例にとって進めていきたいのですが、その前に、プロジェクトマネジメントを考えるうえで重要になる、PMBOKという考え方を書きます。

IT系職種やマネジメントを主とする職業の方々にはお馴染みとも思いますが、このPMBOKとは・・・

PMBOK(ぴんぼっく、Project Management Body of Knowledge、プロジェクトマネジメント知識体系)、プロジェクトマネジメント協会が提供する、プロジェクトマネジメントの知識体系


のことであり、事実上デファクトスタンダードと言ってもよいプロジェクトマネジメント手法のことです。

このPMBOKの手法はたいへん奥が深く、私も全て理解しているとは到底言いがたいのですが、5個の基本的なプロセスグループと、9個のナレッジエリア(知識領域、分野)というものに分類して考えて
いきます。

5個のプロセスグループとは・・・

プロジェクトの立ち上げ(イニシャライズ)
プロジェクトの計画(プランニング)
プロジェクトの実行(エグゼキューティング)
プロジェクトのコントロール(コントロールとモニタリング)
プロジェクトの終了(クロージング)


の事であり、つまり立ち上げ~完了にいたるまでの道筋を5段階に分けて分類します。

そして、9個のナレッジエリアとは・・・

・スコープ管理(作業範囲の明確化、作業漏れや余剰防止)
・時間管理(スケジュール管理)
・コスト管理(費用の算出、見積もりなど)
・品質管理(QC七つ道具、新QC七つ道具など)
・人的資源管理(人脈の活用など)
・コミュニケーション管理(コミュニケーション計画、進捗管理など)
・リスク管理(リスクの顕在化など)
・調達管理(必要物資の管理・調達条件管理など)
・統合管理(複数プロセスの調整・管理など)


の事であり、プロジェクトを成功させるために、必要な概念を9個あげて、より実践的に作業区分を明確にさせます。

実際には統合管理を除く8つのナレッジエリアがあり、その8つを統合管理にて、プロジェクトを全体的に俯瞰します。

それでは、私が前編で掲げた、

真夏の家族旅行プロジェクト

というのを例にとり考えていきたいと思います。

このプロジェクトはタイトル通り、夏の時期に家族旅行をしたいなと考えただけという、思いつきに過ぎないのですが、ただ考えているだけでは、気づけば夏が過ぎ、紅葉を向かえることになりかねません(特に我が家は・・・)

プロジェクトの

「立ち上げ」→「計画」→「実行」→「コントロール」→「終了」

というフェーズで見ると、今の段階はプロジェクトを立ち上げたというか思いついたレベルに過ぎませんので、なるべく詳細に計画をつめていくのに、8つのナレッジエリア手法を活用していきます。

と言っても、なんら難しいことはなく、言葉通りの意味合いで一つ一つ考えていくと・・・

・スコープ管理:
どこに行くか、場所の選定など

・時間管理:
何月何日頃に行くか、何泊するかなど

・コスト管理
どのくらいの予算があるか、いくらまでなら出せるのかなど

・品質管理:
持ち物チェックリストを作成するなど

・人的資源管理
友人知人に旅行に最適な場所を聞く、旅行代理店でヒアリングなど

・コミュニケーション管理:
家族一人一人にどこに行きたいのかヒアリングなど

・リスク管理
突然旅行に行けなくなった際の予備日の選定など

・調達管理
旅行に行くのに購入が必要な物のリストアップなど

などなど、かなり無理矢理な気もしますが、上記を意識しながら実践するだけで、計画のブレが無くなるというか、直前になって「あ、これが必要だ」とか「予算オーバーかも」なんていうことになりにくいはずです。

ちなみに私が思い描いている我が家の旅行計画をこの図式に当てはめてみると・・・

・スコープ管理:
車を使い道南旅行(函館など)

・時間管理:
お盆時期に2泊3日

・コスト管理
定額給付金6万4千円を上限

・品質管理:
旅行に持っていく物を洗い出しチェックリストを作成しておく

・人的資源管理
友人知人に函館方面の情報ヒアリング、じゃらんで事前調査

・コミュニケーション管理:
家族一人一人何をしたいのかを明確化

・リスク管理
お盆がダメなら9月の連休

・調達管理
かばんの新調、HP Mini 1000用の6セルバッテリー購入(笑)

とまあ、これをプロジェクトと呼ぶのもおこがましいですが、少なくとも目的はだいぶ明確化されるはずです。

あとは洗い出した内容をさらに細かく考えていき、家族内での統合管理で微調整していき、旅行に行く→実行という形になります。

そして旅行中も、事前に計画していた事を行いつつ、現地でしか得られない情報をもとに、計画を変える→コントロールという事もありかなと思います。

たくさん楽しんで帰宅したあと、後片付けや、写真・動画などの整理を行い、プロジェクトの完了となります。

そんな程度の事、改めて言われなくても出来るという方は必要ないのかもしれませんが、今回は真夏の家族旅行というものを思いついたので、こじつけでプロジェクトと考え、そのマネジメント手法を利用?して計画を練ってみるという事をしてみました。

私はいくつものプライベートプロジェクトを動かしているので、日々進捗管理が大変だったりしますが、ガントチャートを利用して目視で今日は何のプロジェクトを動かしているか、確認するようにしていたりします。

皆さんもプライベートのプロジェクトをいくつも発案して実行にうつしてみませんか?

何でもいいんですよ。

「週末はテレビを見ないプロジェクト」とか、「1週間朝にランニングするプロジェクト」とか、「毎日笑顔をこころがけるプロジェクト」などなど、いくらでもプライベートプロジェクトは出てきます。

コツは、思いついた事に「○○プロジェクト」と銘打ち、すぐにPMBOKを活用して計画してみるというクセをつけてしまうことでしょうか。

間違ってもプロジェクトのデスマーチとならないよう気をつけたいと思います。

さて、前編・後編に分けたはいいけど、なんだか締まらない内容に終始してしまいましたが、いかがでしたでしょうか?

私は「プロジェクト」という言葉を語尾に付けると、なぜだかすごく、かっちょいい事をしているような気になります。

少しでも行動を促す一つの考え方として、なかなか有効ではないかと思いますし、人に話してネタになるかなとも思いますので、皆さんたくさんプライベートのプロジェクトを始動させてみてください!
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 23:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プライベートプロジェクトの始動(前編)

今日と明日2回連続で

プライベートプロジェクトをたくさん始動させよう!

という、私なりの考え方について書いていきたいと思います。
別にたいしたことは述べませんが、本日はそのプライベートプロジェクトってどういうこと?という部分について書いていきます。

よろしければお付き合いください。

我々社会人は、仕事をしているとほとんどといっていいほど、何らかのプロジェクトに身を投じています。

実際にプロジェクトを発案する人もいれば、アルバイトなどでその日だけ関わる場合などもあるでしょう。

世の中はなんらかのプロジェクトで動いています。意識していないだけで、人はなんらかのプロジェクトに必ず関わっています。

「いや、オレ(わたし)はそんなの関わっていない」という方もいるでしょうけども、そんなことはありません。

例えば「地デジ」などは国による国家プロジェクトで、我々は地デジ対応のテレビなどを購入することで、地デジ化に向けたプロジェクトに参加していると言えます。

また、地デジ放送を見ていれば、間接的に地デジプロジェクトに参加していますし、アナログ放送を見ている人は、テレビ画面の右上に「アナログ」と書かれた文字で、暗に地デジへの移行を促されていると言えますよね。つまり地デジプロジェクトに関わっている、関わりを促されていると捉えることができます。

他にもコンビニで買い物をする時に、おさいふケータイなどの電子マネーを使う人がいると思いますが、その場合、「おさいふケータイ」というプロジェクトの産物を利用している形になります。

おさいふケータイという、プロジェクトが立ち上がり、計画され、構築され、実験が繰り返され、実用化されて今に至るのです。つまり、おさいふケータイという、プロジェクトの成果物を利用していることになりますよね。

詭弁っぽい言い方ですけども、何が言いたいかというと、この世の中あらゆるプロジェクトに囲まれているということです。

すでに終わったプロジェクト、現在進行中のプロジェクト、未来のプロジェクトなど、太古の昔からさまざまなプロジェクトが実行され、失敗したり成功したり、あるいはよくわからないうちに消えてしまったりと、そんなプロジェクトの中で我々は生活しています。

最近「その事」に気づいた私は「自分はプロジェクトの中で生きているのだ」と、そう思うに至りました。

仕事では大小さまざまなプロジェクトが動いていますし、過去どれほどのプロジェクトをこなしてきたのか、もう思い出すこともできないものもたくさんあります。

また、普段生活している中でも、ジュース1本手にとっても、そのジュースを作る立案から始まり、ターゲット層を絞ったり、味にこだわったり、どこの工場でどのくらいの本数を作成するかなど、市場予測したり、パッケージデザインを決めるためにデザイン事務所などと打ち合わせたり、どんな販売チャネルに乗せるか検討したり、たかだかジュース1本だけでも、そこに至るまでの長いプロジェクトを通過してきて、今目の前にあるのです。

「プロジェクト」と書くとどうしても堅いイメージがつきまといますけど、幼稚園や小学校の運動会や学園祭なども、その学校の立派なプロジェクトの一つですよね?

それは「運動会」であって「プロジェクト」という定義ではないのかもしれませんが、じゃあ担任の先生が、「よし、お前達、騎馬戦では絶対に1番になるように、騎馬戦強化プロジェクトの始動だ!」などと
生徒の前で宣言すれば、その瞬間からプロジェクトになると思いませんか?

・・・前置きが長くなりましたが、ようは仕事以外でもプロジェクトを組むことはいくらでも可能、ということを言いたかったのです。

プライベートの時間にもプロジェクトの概念と方法論を持ち込むことによって、人生をより楽しく生きていきましょうという、私なりの考え方の一つをもう少し具体的に書いていきたいと思います。

そもそもプロジェクト(project)とは・・・

何らかの目標を達成するための計画を指す。どちらかと言えば、小さな目標の達成のためのものではなくて、大きな目標を集団で実行するものを指すことが多い。その計画の実現のためのタスク(仕事)の実行までを含めて指すこともある。
by Wikipedia


とありますが、別に日常生活の小さな事柄だって、自分の中でこれはプロジェクトだ!と決めてしまえば、それはもう立派なプロジェクトですよね。

今日の夜は酒を控えたいから「今日だけ禁酒プロジェクトだ」と考えれば、その瞬間からその人にとっては、立派なプロジェクトに様変わりします。

今日だけ酒を飲まないと決めたなら、それを実現させるために、いくつか方法を考えたとすると、

・酒の代わりにお茶でごまかそう
・家の人に酒を隠しておいてもらおう
・起きていると飲みたくなるから早めに寝よう
・酒が飲みたくなるつまみ的なものは食べないようにしよう
・風呂あがりの一杯が飲みたくなるので、明日朝に風呂に入ろう

などなど、他にいくつも方策が挙げられますよね。

そういう生活の一部的なものでも○○プロジェクトと決めてしまい、それに対応する方策を検討するだけでも、その計画は実現しやすくなるはずです。

それじゃあ私はどうなのかというと、現在プライベートにおいて、とても多くの私的プロジェクトを立案しており、以下にその数々を列挙していきます。

・ブログテンプレート作成プロジェクト
・月6冊読書プロジェクト
・速読プロジェクト
・論理的思考術向上プロジェクト
・体重10kgマイナスプロジェクト
・子ども達と楽しく遊ぶプロジェクト
・デザイン力向上プロジェクト
etc


どれもこれも、本来ならば「プロジェクト」と呼んでいいのやらためらうかもしれませんが、別にそれでいいのだと思っています。誰にバカにされるわけでもない、自分だけのプロジェクトですし。

他にも・・・

3食きちんとカロリー計算しようプロジェクト

とか、

真夏の家族旅行プロジェクト

などなど、間抜けな名前のプロジェクトもありますが、これらをプロジェクトマネジメントの知識体系に合わせて検討していくと、なかなかどうして説得力ある計画が立てることが可能となります。

では実際にどんな感じで行なうのか?
それはまた明日の(後編)に続けたいと思います。
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私に財力があれば音力発電に投資したいです

第50回エネルギー源は「振動」というエコ発電
by 日経SAFETY JAPAN

株式会社 音力発電

また過去のブクマネタなのですが、大量にあるブックマークを整理していると、以前見ようとしていて見ずにそのままになっているブクマが大量にあります。

上記SAFETY JAPANの記事もそうでして、発電エネルギーを「振動」や「音」から得て、新しい発電用途をビジネスに結びつけようという「株式会社 音力発電」の技術と着目点は斬新で、この会社は将来大化けするかもしれないですね。

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトや、ガイアの夜明けなどでも既に紹介されており、注目している方々も多いと思います。

この「音力発電」と「振動力発電」の何がいいって、自然界に無尽蔵に溢れている、「音」と「振動」を発電源にしていることで、まさにグリーンITにぴったりな技術だということ。

まあITに限らず、さまざまな分野・業界での応用が可能でしょうし、すでに首都高の橋の発電やJR東京駅の床に設置したりと、実用化に向けてさらに改良・研究がなされているようです。

当面の用途として、夜間イルミネーションや表示灯など、無くてもさほど困らないという部分を考えているようですが、アイデア次第でいくらでも用途は広がると思います。

ですが当面の問題はコストでしょうか・・・
20cm×30cmの発電床FB-0001という製品で、レンタル料が月50万円!

導入対費用効果を考えても、気軽に設置しましょうかというわけにはいきませんね・・・

この辺は規模の経済を考えられる企業や、マネジメントに優れたコンサルファームなどと手を組んで、この未来の電力の普及に向けて進んで欲しいと思います。

この技術はどちらかというと、日本という小さな世界よりももっとワールドワイドな、世界で活きる、そんな技術であると考えています。

製品自体を単純化・コストダウンして、信頼できる世界のパートナー企業と組めば、21世紀の大企業になるかもしれませんね。

でもこういう技術ってすぐ真似されたり、にせものが横行したり、儲かるとわかれば利権を求める人たちに狙われたりと、一筋縄ではいかないと予想しますが、頑張って欲しいですね!

私に財力があれば「音力発電」に投資したいくらいですが、そんな蓄えがあるわけもなく、影ながら応援するのがせいぜい・・・

でもこういう日本発の未来技術を見たり聞いたりすると、なんだか嬉しくなってきますし、何より元気をもらえます。

自分にも社会に貢献する価値を生み出すことができないか、そういう思想を持ち続ける人間でいたいですね。

色々考えてみよっと
Twitterでつぶやく

| グリーンIT・エコ | 11:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

川柳まで世知辛さを感じます

エンジニア川柳大賞!聞け、現場の心の叫び!
by リクナビTech総研

普段は川柳とかを目にしない私なのですが、このTech総研のエンジニア川柳大賞!を見ていて、どこも厳しいんだな~と思わざるを得ない作品ばかりで、暗い気分になりました・・・

川柳の他にも「現状を漢字一字で表すと?」のコーナーでも

「耐」「苦」「疲」「鬱」「怒」「忍」「減」「無」など、マイナスイメージの漢字のオンパレード!

たいていこういうのって、ちょっとクスってなるようなものが多いのですけど、悲壮感が漂い、気が滅入ってしまう感じです…

事実、どこの業界も苦しんでいるのでしょうが、IT業界は中でも相当厳しいと言わざるを得ない状況です。

私の会社の人間も条件が合わず、会社都合でリストラされたり、取引のあった企業が潰れたりと、明日は我が身かもという感覚がどんどん強まっていきます。

まあ、なるようにしかならないので、起こってもいない事をあれこれ考えても仕方がないですし、今やらねばならぬ事を真剣にこなしつつ、将来に夢を持って行動していきたいです。

世の中閉塞感で溢れていますが、気持ちだけは常に前向きに、フットワークを軽くして、将来を見据えていかねばと、身が引き締まる思いですけども、頑張ってまいります!!

先日のエントリーの、

先を考え、後を振り返る
by 気になるけど

の中でも書きましたが、今月(6月)は仕事以外の部分に焦点を当てていこうと考えていて、

・知識向上・能力UP
・趣味の充実
・家族との時間重視


など、ここ数カ月仕事で忙しかった分を取り返すような動きに注視して、行動していこうと思います。

まずは季節もいいですし、外で汗を流す回数を増やしたいですね!
花粉症でダメかもしれませんが…
Twitterでつぶやく

| その他 | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Evernoteを使ってみましたが…

私は普段、Webブックマークの管理として、Googleブックマークと、ローカルPCにショートカットで保存するという事をしています。

ブックマークならば、やはり「はてな」を使うのが普通と思われる方も多いかもしれませんが、私にはどうも合わないようで、今のやり方に落ち着いています…。

その辺のところは以前このブログでも書きました。

ブックマークの管理法に悩みます
by 気になるけど

ただ、今のように単純にGoogleブックマークやGoogleノートなどのWebサービスや、ショートカットファイルを作成してローカルに保存するというやり方がベストであるとも思っておらず、よりよい方式を探しているという状況です。

そんな中、以前Googleブックマークや、USBメモリに保存してあるWebショートカットを整理していたところ、2008年3月のWIRED VISIONさんの記事が目に入ります。

脳をバックアップしてくれるツール『EverNote』
by WIRED VISION

EverNoteって最近どこかで聞いたような…と思い、ここ1~2か月のブックマークを探していたところ、@IT-本音のWebサービスガイドで特集している記事を見つけました。

「1人ブレスト」や「タスク管理」ができるEvernoteとは
by @IT

これはひょっとして「EverNote」を使えという神の啓示か?と、嬉々としてサイトにアクセスしたところ、当然のように英語のみの表示であり、上記@ITの記事を参考にアカウントを取得し、Windows用の専用クライアントをインストールして使ってみました。

そもそもこのEverNoteの一番の利点は、あらゆる情報を集中管理できるという事ですが、特筆に値するのが画像内の文字なども検索可能な点でして、これは正直すごいなと思いました。日本語はダメみたいですけどね・・・

で、2~3日使ってみたのですけど、どうしても英語表示というのがなじめず、さらにWebページのクリップとかいちいち面倒くさくて、どうにもこうにも使いにくい!

iPhoneやスマートフォンを外で使いまくる人ならばいいのかもしれませんけど、私のように常にPCがメインで情報収集している者にとっては、使い勝手がよくないんですよね~。

検索するならGoogleブックマークの方が強力ですし、Googleツールバーからの連携が可能という点が気に入っているので、ブックマークだけの管理なら、やはり今までどおりでいいですね。

今後iPhoneを持って、外であれこれするような仕事に変われば、EverNoteに全ての情報を置くのが便利かもしれませんけども、そうでなければ私には今のところ不要です。

やっぱりGoogleで一元管理する方が慣れている事もあり、使いやすいということでしょうかね…

ブックマークについては今後もよりよいツールやサービスを追い求めていきたいと思います。
Twitterでつぶやく

| ソフト・アプリケーション・ツール | 19:53 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっぱりWindows 7は年内発売のようです

Windows 7は10月22日発売、米マイクロソフトが表明
by ITpro

今年の秋~冬にWindows7が発売されることがほぼ確定のようです!

米マイクロソフトの見解なので、日本での発売がいつになるかはまだ未定のようですけども、遅くても12月の年末商戦までには間にあわせそうな、そんな気がしています。

これでVISTAはますます売れなくなりますが、その前にVISTAパソコンの投げ売りが始まりそうで、値段によっては触手が伸びそう。

もっとも動向が気になるUMPCへの採用ですけども、すでにネットブックでも動くということをマイクロソフトは宣言していますので、ネットブック用OEM版Windows7が搭載されたUMPCが12月の冬モデルでお披露目となりそうな感じでしょうか。

まー見事なVISTA飛ばし戦術ですが、VISTAパソコンを購入したユーザーにしてみれば、何がしかのWindows7へのアップグレードの優遇措置くらい欲しいところですよね。

1万円でアップグレード可能とか、そのくらいの特典があってもいいのではないでしょうか?

これで私のVISTA飛ばし・Windows7可が確定となりまして、来年の1月頃にはWindows7のPCが我が家で動作しているかもしれません。

でも別に自宅のPC群をWindows7にする必要性も無くて、優先度は低いので、買わないかもしれないです。

逆にXPのセキュリティパッチ提供の期日を2020年くらいまで延ばしてくれれば、自宅PCは当分の間XPのままかもしれないですね・・・

でもその頃には、GoogleのAndroidOSが幅をきかせているかもしれませんし、OSは仮想化で使用するものみたいな感覚になっているかもしれませんし、何とも言えないですね。

経済や政治の未来予測は難しいですが、ITの未来予測もまた難しいのですよね~。

とりあえず、Windows7の動向はこれからも追い続けるつもりです。
買う・買わないは別にしてですが。
Twitterでつぶやく

| VISTA・Windows7 | 19:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つくづく思ったChromeの速さ

私は自宅でネットブックのHP Mini 1000を利用する事が多いのですが、ここ最近は、我が家の次男坊(9ヶ月)にヨダレでベットベトにされるため、使用を控えておりました・・・

週末、久しぶりにHP Mini 1000を動かしてMicrosoftUpdateやら何やら時間をかけて行い、IE8もインストールしてみました。

その状態でネットを見ていたところ、どうも表示(ブラウズ)が遅いというか、フン詰まっているかのように、ページの表示がなかなかされない事が多く、最初ウイルスソフトの更新でもしているのかな?と思っていたのですが、どうも原因がIE8にあるような気がして、GoogleのChromeをHP Mini 1000に入れてみました。

いや~快適というか、劇的ビフォーアフターですね!!

HP Mini 1000上のIE8と比較して段違いの速さを感じます!!

実はこのブログをIE8で開こうとすると、まるでDNSを引けていないような感じで、URLすら切り替わらない事が多く、約30秒くらい経過したころにようやくメニューがちょっとずつ表示されるという感じで、なにかブログパーツが邪魔しているのかな?と思っていました。

しかし、Chromeで見るとそんな事はなく、どうやらIE8での事象としか思えません。HP Mini 1000でIE7に戻してみると、表示は遅いですが30秒も待たされることはなく、ちゃんと表示してくれます・・・

IE7・IE8と比べるとChromeの速さが本当に際立つので、ネットブックのような非力なパソコンを使う時は、文句無しでChromeでしょう!

今回は身に染みました。。。

Chromeを絶賛したところで、Chromeの隠しコマンドというものがあるというのを今さら知ったので、いくつか試してみました。

Google Chromeの隠し機能を使いこなしていますか?
by @IT

ChromeのURL欄に「about:memory」などと入力すると、現在利用しているWebブラウザの種類・バージョン、メモリ使用率などがわかるようで、IEのメモリ使用量とか見て以外に少なくてびっくり。

他にも上記記事で隠しコマンドが記載されているので、興味のある方は見ていただければと思います。

まだまだ進化しそうなChrome、この快適さはクセになりそう。

ただ、ネットを見ていると時々表示がおかしくなったり、ブログの更新をする時にエラーになったりしたので、もう少し安定してくれたら、メインブラウザとして使用して問題ないと考えます。

というかHP Mini 1000上ではメインブラウザは文句無くChromeです。

今までなんだったんだろう?と思うくらい快適!
Twitterでつぶやく

| UMPC・ネットブック・CULVノート | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。