気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009年もあとわずか

早いもので、もう2009年が過ぎようとしています。

このブログを始めてから年末の挨拶をするのもこれで3度目・・・

よく飽きずに続けているなと、褒めてやりたくなりますが、世の中を見回すと、もっともっとすごい事をしている方々が大勢いらっしゃいますので、この程度で満足せず、よりよい記事を書いていけるよう精進してまいりたいと存じます。

今年一年を思い返すと(思い返してばっかですが・・・)、花粉症で苦しんだな~とか、ダイエットできなかったな~とか、苦しんだ事や実行できなかった事など、「負」のイメージのものばかりが頭をよぎってしまいます。

あえてここでは書きませんが、他にもいくつか未達成なものが多く、思い出しただけでゲンナリしてまいります。しかし、実践できた事や達成できた事なども存在するのは確かであり、あながちダメだった1年だとは考えておりません。

後で振り返れば、2009年が転換点になった、と言えるような年だったのかもしれませんね。いい事も悪い事もたくさんありましたが、総じて「良い1年」だったと、心から申し上げられるのは確かです。

そういえば、年初から地デジ液晶テレビREGZAを購入したり、iPhoneを導入したり、Aspire1410を購入したり、他には炊飯器やデジタルムービーのXactiを購入したりと、デジタル製品をたくさん購入いたしました。

デジ物好きな私にとっては、至高の年だったと言わざるを得ませんけど、その分お金は注ぎ込んでいます(当たり前)。他にも本の購入代金や、車の修理代など、不況の中お金だけは湯水のように消えて無くなっていきました・・・。

来月のカードの支払い明細などを見ると、ガクガクブルブル状態ですが、身から出たサビ。買ったから引き落とされるのですから、相変わらずお金の計画性が感じられない私は、来年からはiPhoneアプリでお小遣い帳をつけることにしています。

早速明日から使ってまいりますので、節約人生まっしぐら(笑)

さてさて、来年は私にとって、皆さんにとって、日本にとって、世界にとって、いったいぜんたいどんな年になるのか、想像もつきませんが、その中でコントロール出来そうなのは「私」だけですから、年末に「最高だった!」とつぶやけるような、そんな1年に仕向ける事が叶えば、言うことありません。

今年は例年になく、まだ来年の細かい行動計画などを決めていないので、これからゆっくりと作戦を練りつつ、対策を立ててまいります。

そんなこんなで、これから大掃除やら正月の買出しなど忙しいため、この辺で終わりにいたします。

この記事を書いている時はまだ分かりかねますが、もし夕陽が見えたならば「今年1年ありがとうございました」と手を合わせ、2009年に感謝を表してから、新しい年を迎えたいと思います。

今年も一年ご愛願いただき誠にありがとうございます。
来年もマイペースで書いてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

fuminchu
Twitterでつぶやく
スポンサーサイト

| その他 | 10:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10年前の自分と比較して今の自分は誇れるか?

先日夜に、若かりし頃から使用している棚の整理をしていて、奥からふと見慣れないノートを見つけ、「何を書いたんだっけ?」と中身をひも解いてみると、なんとそこには10年以上前の自分が書いた、当時の欲しい物リストとか、当時の不満を書きなぐった内容とか、自分の未来図的なものを描いた話しだったりと、極めてプライベートで心の葛藤を表した内容が書かれておりました。そんなものを書いた事すら忘れていた私。

それを見つけ、セレンディピティ的なワクワク感でドキドキだった私でしたが、10年以上前に書いた内容の事を、だんだんリアルに思い出してきて、「これ未だに悩んでいるよ」とか、「これまだ手に入れていないよ(笑)」などと、過去からの自分の手紙を読んでいるような感覚で、不思議な体験でした。

「あの頃はまだ独身だったな」とか「まだやんちゃしていたんだな」とか、過去の想い出とともに、懐かしさが募りましたが、その時ハッと気づいたのが、果たして今の自分の姿は、10年前の自分が見た時に、誇れるものであるのか?という事でした。

当時まだ20代だった私は、未来の事なんて真剣に考えておらず、毎日をダラダラと過ごし、楽して儲けたい的な事を夢見ている大馬鹿者だったのですが、その大海を知らない蛙のような自分が、結婚して子供もいて必死に今を生きている姿を目の当たりにした時に、なんて思うのでしょうかね?

「なんだしょっぱい人生送ってんな~オレ」と思うのか、「本ばっかり読んでいて気持ち悪い」と思うのか(笑)、自分でもよく分かりませんが、きっと褒める事は無いと思います(キッパリ)。何故かと言うと、そこに書かれていた内容の姿と、今の自分の姿が相当懸け離れているからです…。

当時にどんな未来の姿を描いていたのかは、とても恥ずかしいので書きませんけども、夢だけなら誰でも見られるんだな~という印象です(笑)もう情けなくてですね、なんでそんなに自分に自信があったのか、不思議でなりません。。。

あの頃は、今よりもっともっと野心的で、強欲で、偏った価値観の塊だったのですから、恥ずかしくなるような内容が書かれていても不思議ではありません。それを考えれば、私はこの10年くらいの間で、ずいぶんと大人になったなと思います。

いや、逆に大志を抱くことを無くしてしまったのかもしれませんね。大きな夢を見ることを忘れ、現実に即したリアルな「夢」しか見ることが出来なくなったのかもしれません・・・。

若かりし頃の私と会話できたとしたら、きっと怒られるんだろうな~(苦笑)
逆切れして、「お前が今ダラけているから、こんな姿なんだぞ!」と言ってやりたいものですが・・・。

若い頃に、数十年後の自分を思い浮かべるなんて事はしにくいでしょうが、だんだんと年を取るごとに、未来には不安ばかり感じてしまうのでしょうね。現実を知るというか。10年前になんにも行動せず、何にも努力をしていないのだから、今の自分があるのですし。

私は30代になってから、何にも無い自分に少しずつ気付けただけでも、ラッキーな方なのかもしれません。その分のしわ寄せを、今受けているだけなのでしょうね。

だから2010年は、失われた10年を取り戻すかのような、そんな勢いで邁進していきたいと、思いを新たにいたしました!

少しでも若かりし頃の自分に誇れるように、そして10年後の自分に「あの時がんばったから今があるんだ」と感謝されるように、気合を入れて頑張っていきたいと思います。

幸いにも私は4~5年前くらいから、「2週間日記」というものをつけています。あと5年後にその日記を見返した際、せめて誇れるような自分になっていたいものです。

という事で、2010年の目標というかスローガンは、

「5年後に誇れる自分でいるために、今成すべき事を確実にする」

という長ったらしい言葉に決めました。

これには色々な意味合いが含まれていますが、人は大きくジャンプする時に一度かがまなければなりません。今の私はまさにかがんでいる最中であるので、大きくジャンプするための準備期間と捕らえ、その着実に高く飛び上がるために、あらゆる角度から準備・検証を行っているところでもあります。

しかし、ジャンプに成功するとは限らず、大失敗するかもしれませんが、その時はまた、かがめばいいだけですから。一番してはいけないのは、ジャンプしようとする事をあきらめる事だと思います。

いくつになっても、挑戦を求める心、変化を受け入れる広い心は、持ち続けていたいものです。

そんな事を、この暮れに考えていました。

皆さんにとって2010年はいったいどんな年になるのか?

政治や社会情勢、経済状況や景気など、悲観的な空気が漂っておりますが、せめてこのブログを読んでくれた方だけでも、良い年になって欲しいと願っております。

来年もがんばります。
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iPhoneでフリック入力をするようになりました

iPhoneで文章入力をする機会が増えた私は、購入前から気になっていたフリック入力という、ソフトキーボードのキーをスライドすることで文字や記号を入力する方法を使った方が時短になると考え、練習を始めて1週間。そこそこサマになってはきました。

このスライドさせるというのがピンとこないと思いますので、実際にフリックして「う」の平仮名を入力させたのが下図です。



あ・か・さ・た・な・は・ま・や・ら・わ 

これらのキーパッドはそのままタッチすると入力されますので、他の平仮名は下記のように入力していきます。、

左にスライドさせると「い」の母音を持つもの
上にスライドさせると「う」の母音を持つもの
右にスライドさせると「え」の母音を持つもの
下にスライドさせると「お」の母音を持つもの

が入力されます。

これは実際にiPhoneを使用している方でないと感覚が掴めないと思いますが、このフリック入力は少し練習しただけで、携帯電話のボタンを数回押して文字入力するよりも格段文字入力スピードが上がります。

私はまだフリック歴1週間程度ですが、iPhoneでブログの記事とかも書けるようになってきました。もちろんPCのキーボードで入力する方が圧倒的に速いのですけどもね。

と、言葉で説明してもイメージが掴めないと思いますので、フリック入力の様子を下記動画で実際にご覧ください。



慣れれば指が勝手に動くようになるそうですが、私はとてもじゃないですがその段階までには至りません…。ですがここ2~3日は軽快なスライドっぷりでして、だんだんとコツが掴めてきた感じです。

もっともiPhoneで文字入力を多くこなさないのであれば、まったく必要無いと思います。でもメールで長文になる事が多い方とかだと、フリック入力出来た方が効率がいいでしょう。

これはブラインドタッチと同じように、練習して獲得するスキルとなりますので、毎日意識しながら上下左右にスライドしまくっております。ちなみに英字なども同じように入力することが可能となります。

iPhoneらしいというかAppleっぽいというか、いろんな事考えますよね!

私はすっかり踊らされていますorz

まだiPhoneに「使われている」感じなので、「使ってます」くらいの感覚にまで使い倒してやろうと思います。
Twitterでつぶやく

| iPhone・iPad・Kindle | 19:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年学んだ事を思い返していました

2009年を振り返ってばかりの私は、すごく満足できた事と、非常に不満足な事をリスト化し、来年に向けての参考にしていますが、今年満足出来た事を少し書いてみようかなと思います。よろしければお付き合いください。

2009年は「創造と行動」がテーマ、なんて事を言っておきながら、創造も行動もおぼつかなかった私。しかし、新しい事はいくつか学んでおり、それを「行動」として捉えるならば、まあまあ出来たのかもしれないです。ちなみに、仕事(IT)に関すること以外を対象にしています。

では、具体的な内容を書くと、

・メンタルヘルスマネジメント→資格GETしました
・読書術
・ロジカルシンキング
・文章術


の4つとなり、少しだけ自分の幅が拡がったような感覚があります。

資格も取得した、メンタルヘルスマネジメント3種は、今まで学んだ事が無い内容でしたし、「心」に対しての意識がとても強まり、新しい知識としても向上できたと考えています。

もともと人の「心」に対して興味はあったものの、学習というフィルターを通してみると、一筋縄ではいかない、とても深いものだと気付けたのも大きかったです。もちろんまだまだ「心」について何も分かっていないと同じレベルですので、今後も継続的に心の学習を続けていきたいですね。

それから、今年5月のゴールデンウィーク中に「読書本シリーズ」と銘打った5日連続のエントリーを書きましたが、本の読み方を1から学びなおそうと考え、5冊の書籍からそのエキスを抜き取り、自分のものにしていくという事を行ないました。

と言いつつ、実際はその5冊の本の紹介に過ぎないのですけども、普通に読むよりも遥かに詳しく読み漁りましたので、今でも内容は頭の片隅に残っています。おかげ様で、以前とは明らかに本の読み方が変わり、さらに早く詳しく読めるようになったので、試みとしては大成功だったと考えています。

また、嬉しい事にフォーカスリーディング著者の「寺田昌嗣」さんよりコメントをいただくなど、テンションが上がったのをよく覚えています!

そして、読書術向上を図った後すぐに取りかかったのが、「ロジカルシンキング」の知識向上です。こちらに関しては、このブログでは詳しく書いておりませんが、それ用の書籍を10冊以上購入し、集中して読み漁り、内容を体系的にまとめつつ、繰り返し生活の中で使ってみる、という事を数ヶ月間行なっておりました。おかげで、物事を分解するやり方とか、新しいツールの活用など、色々とタメになった事が多くて、仕事上でも活用させてもらっております。

そのせいで、ちょっとだけ論理的な脳みそになった感があります・・・。ただ、元々持っている思考の癖がなかなか取れないため、よりロジカルに物事を捉えるというのは、本当に難しいものです。

そんなこんなで、私としてはあまりにもロジカルな思考に偏ってしまったため、頭の中が疲れてしまったのか、途中でダレてしまいました・・・。できることなら、もう一度書籍を読み返し、復習をしておきたかったのですが、頓挫してしまいました。そのため、来年もまた時間をつくって、ロジカルシンキングの深いところを掘り下げていきたいと思います。

あと、9月のシルバーウィーク最中に「文章術シリーズ」という、これも5日連続で文章術向上を扱った書籍の紹介を行いましたが、このシリーズは、文字数が相当数に上っていまして、まとめるのにものすごく苦労したのが思い出されます…。「文章」というあまりにも大きなテーマを、調子に乗って若輩者の私が選んでしまったので、四苦八苦して書いておりました。

9月のシルバーウィーク期間のほとんどを潰し、オレ何やっているんだ状態だったのが印象深いですが(苦笑)しかし、それだけ苦労したという事は、それなりの文章術本の紹介や解説となっているとも考えているので、もし時間がある方はぜひともご覧になっていただければ幸いです。

この文章術の向上を目的とした試みは、はっきり言ってしまえば失敗に終わっているのですが、今まで「文章」というものを意識して学んだ事が無かったので、改めて自分の文章能力の低さを確認でき、真摯な思いで取り組めたのが大きかったです。実際に擬人法などのコツとか、「、」(句読点)の打ち方みたいなものまで学べたため、前よりはまともな文章を書けるようになったのでは?と、自分では思っています。

添削されたわけではないので、自己満足に過ぎませんけども、そもそもこのブログを書いている動機の一つとして、文章力向上を挙げておりますので、この先ライフワークとして、付き合っていかねばならない大きなテーマの一つです。

私にはいつか「物書き」になりたいという夢があるので、日頃から語彙を増やす事に腐心したり、必要以上に文章力向上の意識が高いのかもしれませんが、肩肘張らずに、今後も学び続けていきたいですね。


・・・とまあ、この1年私が学んできた事を「自慢げ」に書いてきましたが(苦笑)、今考えれば「よくこんな事していたものだ・・・」と思うくらい時間を投資しています。時間は有限ですし、誰に対しても平等であり、適当に使った1時間も、必死な思いで学習した1時間も、同じ1時間には変わりありません。

しかし、「時間」で考えずに「成果」で考えると、適当にダラダラ過ごした1時間よりも、集中して必死の思いで学んだ1時間の方が遥かに重いと言えます。私は上記4つの事柄に対しては必死な思いで時間を投資してきたつもりです。だから「成果」ともいうべき知識は高まったと自負しています。

願わくば、来年もこういったテーマを見つけ、集中して時間を投下し、知識向上を図っていきたいですね。来年の年の瀬にも、こういった「自慢大会」のような、そんなエントリーが書くことが出来れば最高だな~という気持ちです(笑)

2010年も、色々頑張ります!!
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 13:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Aspire1410(Windows7-64bit)使用雑感

Aspire1410が我が家に来てから1週間以上経ちましたが、WindowsXPに慣れ過ぎているため、XPでは「ソコ」にあった機能が、Windows7だとどこにあるのか分からず、ついググってしまいます。

「スタート」から名称を入力して探すことが出来る場合もあるのですが、細かい設定の変更だと、ググった方が早いですからね(笑)。先日も、フォルダオプションの場所が分からず、ググってすぐ解決しましたし…。

これはもう慣れるしかありませんので、悩んだらGoogleに聞いてみれば大抵の事は分かると思います。

他には不具合として、ブラウザが64ビット版のIE8なため、サイトによってはショートカットを作成出来なかったり、不思議なエラーがたまに出てきます。

IE8自体は、32ビットエミュレーション機能的なものが動作していないのでしょうね。ActiveX系など、ブラウザの機能の一部として動作するものが64ビットIEだと動作不能になるのではないでしょうか?

他にもjavaスクリプトなどのスクリプト系で、たまにエラーが出るのは確認しました。色々面倒なので、そのうちGoogleChromeでもインストールしようかと考えています。

とまあ、使用するにさほど影響がないので、Windows7は想像以上に使いまわしのいい、良く出来たOSだと思いますが、XPからの乗り換えを(VISTA飛ばし)すると、戸惑うシーンが増えそうです。WindowsVISTAを触っていれば、ある程度予想はつくのですがね…。

それではAspire1410のハード面ではどんな感じかというと、点数をつけるとしたら、

見た目85点
操作性90点
入力性99点
可搬性80点
外部連携95点


こんな感じではないでしょうか?

見た目は質感もいいし、デザインも問題無いのですが、タッチパット右横のパームレスト部分にAspire1410のスペックを表すシールが貼られており、簡単にはがせられそうもなかったので、そのままにしていますが、これはデザイン的にマイナスでしょう。これが無ければ100点かな(厳しい・・・)

操作性としては、全て筐体左右に外部接続ポートなどが集中しており、使い勝手の良い人・悪い人と分かれそうです。私は手が大きいので、左右にUSBメモリーを挿入して使用していると、小指が乗っかりそうになったりするので、そういう部分がマイナスかなと…。まあそれが分かって11.6インチ筐体を選んでいるのですがね(苦笑)ちなみに筐体の後側は、全てバッテリーとなっております。

さて、入力性の99点ですけども、これは単純にキーボードからの入力のし易さです。キーピッチ縦横19mmの大きさは信じられないくらい入力性能が高く、大変満足なのですが、剛性に問題があるのか、打鍵が強いと上下に沈むような部分があり、ここがちょっとだけ気になります。それで1点マイナスなのですが、手持ちのHP mini 1000と比べても入力性能の違いは段違いでして、このクラスではベストと考えます。

可搬性で考えると、重量は軽いですし、B5サイズより小さいくらいの大きさなので、持ち運びが悪いわけありません。ではどうして80点なのかと言えば、ハードディスクモデルだからです。私は持論というか思い込みに過ぎないのかもしれませんが、HDを搭載したPCの持ち運びは、寿命を縮めるだけと考えています。まあ、置いたままのPCも壊れますので、一概には言えませんがね。しかし不慮の事故を含めリスクは高まりますよね。そういう意味で、SSD以外のノートPCは全て80点です(苦笑)

最後に外部連携ですが、ポートとしてUSB3基、外部ディスプレイ(アナログRGB)、5-in-1カードリーダ、Bluetoothと無線LANの手動ON/OFFスイッチ、そしてHDMI端子が使えますが、逆にこれ以外のものは使用できません。それでもこのクラスでHDMI端子を装備している時点で、本当は100点なのかもしれませんね。私がAspire1410を選択したのも、HDMI端子を装備していたからという理由でしたし。

とまあ、好き放題に述べてきましたけど、総合点としては90点以上あげて差し支えないと思います。これだけ完成度が高ければ、今後違いをだすのが難しいのではないでしょうか?強いてあげればケースが付属されていないのと、全体的なデザインでしょうかね・・・?あとは筐体の薄さとか、Office2007が付いて無いとか。

このCULVノートというジャンルにおいて、家庭で使用する11.6インチディスプレイモデルが欲しいのならば、Aspire1410が色んな意味で最強だと思います。ただOfficeが無いので、仕事的に使いたいならば、お奨めしません(きっぱり)。OpenOfficeなどで代替できますが、はっきり言って別物ですからね。Office2007を一緒に購入したら、Aspire1410の価格の利点が消えてしまいますし。

私としては、大変満足しておりまして、末永く動いてくれよ!と祈っております。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 12:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2009年読破済み本のベスト5

今年は例年になく、月5冊以上本を読むという目標を達成することができ、満足気な私ですが、1年間を通して未読本を読んだ数は、77冊となっております。12月はあと10冊くらい読むつもりでいたのですが、思わぬ忙しさの日々に流されたり、iPhoneとAspire1410を購入したのでそちらに時間を使ったりで、完全に流れが止まってしまいました…。

ちなみに、未読本でなければ軽く100冊以上は読んでいます。何回も同じ本を読んでますのでね…。

終わり良ければ全て良し、なのに終わりは本とはかけ離れた事ばかりしていましたが、365日を通じて読破した77冊のうち、これは名著だ!という本が何冊かありましたので、ここでご紹介したいと思います。

あ、ちなみに昨年のベスト5は下記エントリーで述べています。

2008年読破済み本のベスト5
by 気になるけど

まずは1位から発表していきたいのですが、初めに断っておくのが、紹介する本は最新刊ではないという事をご承知おきください。新しい本もありますがい数年前に発刊したものもあります・・・。

あくまでも私が今年初めて読んだ本77冊の中から選んでいます。

それでは栄えある第1位はというと・・・


1位は、フォーカルポイント



ブライアントレーシーの名著を、レバレッジシリーズの本田直之さんが監訳しており、まさにレバレッジシリーズの原点とも言えるような、すごい内容が凝縮されております。特に素晴らしいのは、自分に投げかける質問がたくさん掲載されており、その質問群に答えるだけでも、さまざまな気付きがあるのでは?と思わせる、名著と呼んで差し支えないと考えます。まだ2回しかパラパラと読んでいないので、もっと精読して己の血肉にしていきたいですね。ただ、自己啓発書が嫌いな人にはお奨めいたしません。全編に渡り自己啓発の塊のような内容ですからね(笑)


2位は、全脳思考



経営コンサルティングにして、ビジネス書作家の先駆けであり、マインドマップを日本に広めたのでも有名な、神田昌典先生の分厚い本です。この本480ページもあるので、読むのに一苦労でして、辞書みたいな異様な分厚さが、神田先生の本気度を表していると思います。内容は一言で表すのは難しいのですが、新しいモデル「全脳思考」の提唱からその実践まで、事細かに書かれており、その内容は読む者を試しているような、そんな骨太な書籍です。そんなに評価が高くないようですけど、私の中では文句無しに名著棚に収まっております!

3位は、君と会えたから



2006年7月に発刊された、ファンタジービジネス書というジャンルを作り出した、喜多川 泰先生の著作です。自己啓発書に感動の話が合体すると、こんなにすごい本になるんだと、不覚にも涙してしまった名著です。もう~せつないのに「へぇ~、なるほど~」という発見があったりと、感情の起伏が大きくなる不思議な本でもありますね(笑)
内容はネタバレになるので書きませんが、この本は万人にお奨めいたします。以前にも喜多川先生の著書を紹介したエントリーを書きましたが、どの本も感動が溢れていて、天才だなと脱帽しております。私も喜多川さんが書くようなストーリーを書いてみたいものです!


4位は、ダイジェスト版マイ・ゴール これだっ!という「目標」を見つける本



2007年1月発刊の本ですが、この本実は中古本で100円で購入しました(笑)
いつものBookOffで買ったわけでして、中身を見て巻末に、ものすごい質問集が掲載されていたのを目ざとく見つけ、速攻レジへ。こんなすごい本が100円で買えていいのか悩みますが、この本は目標を見失った時にひも解きたい、そんな目標発見読本と呼んで差し支えなく、私自身この本からさまざまな気付きを得ています。また、前段でも書きましたが巻末の質問集が秀逸すぎて、ここだけ購入しても良かったなと思わせる、すごい質問達が待ち受けています。


5位は、人の心を動かす文章術



この本は「文章術向上シリーズ-5/5回 人の心を動かす文章術」の中でも紹介しましたが、文章向上を図りたい方にとっては、示唆に富む内容がたくさんありますので、特に有効かと思います。私はこの本を何度読んだかわかりませんが、読むたびに「今度はこういう表現で書いてみよう」とか発見がたくさんあります。一人一冊持っていたほうがいいんじゃないかな?と思える名著です。


とまあこんな感じで5冊紹介しましたが、おまけでもう一冊紹介します。

次点として、非常識な成功法則



2002年6月に発刊されて以来、未だに売れ続けているという、上記「全脳思考」でも紹介した神田昌典さんの名著です。今年ブックオフで偶然見つけて即買いしてからもう5回くらいは読んでおり、レッスン通りに章の中身を一つずつ実践しております。きっとこの先しばらくはお世話になるのでしょうね。。。

とまあこんな具合でして、上記名著以外にも良い本はたくさんあります。しかし、中身の充実度から言えば、この5冊+1にはかないませんね…。

もう少し継続的に本の紹介とかできればよいのですが、ブックレビューって結構難しいです。特に中身を抜粋するのに「抜書き」するのが面倒でして、ついつい遠慮がちになってしまいます。

とりあえずは、我が家の本棚にはまだ40冊以上の未読本が眠っておりますので、それらを1冊1冊片付けていければいいですね。来年も月5冊未読本を読むことを続けますので、年末に紹介できれば嬉しいです。

来年もたくさんの名著に出会えますようにっ!
Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ただ見られる事と役立てられる事の違い

毎年一年の締めくくりとして、このブログの一年間のアクセスログを保存している私ですが、今年は10月にブログテンプレートを替えて以来、以前とは倍くらいのアクセス数として形上されたり、スクリプトタグをいれ忘れて、アクセス数が取得出来なかった日があったりと、いまいち信用に欠ける内容で、なんだかな~という思いです・・・。

一応1月1日~12月24日までの総アクセス数を記載すると、

総アクセス数:166,756件
総ユニーク数:109,150件


という結果になりました。

平均して一日に約456件のアクセスがある計算になりますか。

アクセス集計には、アクセスアナライザーを使用していますが、果たして信頼していいものかどうか・・・悩みますけど、とりあえず毎年のことなので(不安)

はっきり言って、「インターネットの端っこで細々と運営している個人ブログ」という位置付けしか感じられない数字ですが(苦笑)、それでも毎年右肩上がりで増えているので、更新冥利に尽きます!

いつも見てくれている方々、そして一見さんの方々も含めて、本当にありがとうございます!!少なくとも私自身にとっては、とても励まされる数字ですので、感謝の言葉しかでてまいりません。ありがたいことです・・・本当。

そして、そのアクセス数を集計していて、お馴染みの事態が判明しましたので、その話をこれから書いていきたいと思います。

かなり昔の記事で恐縮なのですが・・・

2007年もあとわずか
by 気になるけど

という、別にたいした事書いてないであろう、年末の挨拶の過去記事を紹介しなくても・・・と言う方もいらっしゃるでしょうが、この「2007年もあとわずか」の中で触れている、「タスクマネージャ上の不思議な奴ら」という2007年6月14日に書いた記事がありまして、実はこの記事こそがいまだに、このブログのアクセス数No.1という事実を伝えたくて、あえて記載してみました!

なんというかですね、ダントツなんですよ(苦笑)

頭が飛び抜けているどころではなく、このブログの存在意義は、このエントリーにあるのでは?というくらい突き抜けています・・・。この事実については以前にも数回書いているので、ひょっとしたら覚えている奇特な方がいるかもしれませんね。。。

ブログの管理人としては、こういった大量のアクセスがある記事があるという事は嬉しい限りなのですけど、じゃあ他の記事達はどうなんだ?というと、それなりのアクセス数はあるにも関わらず、桁が一つ違う状態。

そのくらいモンスターエントリーと化しておりますが、3年くらいブログをしていて、未だに初期の記事のアクセス数が一番って・・・オレそこから2年以上何書いていたんだろう?と、愕然としてしまいます。。。

たまたま世の中が求めているものと合致したからだと考えていますが、それにしてもこれだけの期間書いているのですから、もう少し人に読まれるエントリーがあってもいいのではないか、とも考えがちです。

そもそもこのブログの根っこにある部分は、「多くの方に読まれる」ことが主眼ではなく、「多くの方に役立ててもらう」ことを目標としておりますので、これでいいのではないか?とも考えてはいます。

逆にただ「多くの方に見てもらいたい!」というブログを書きたいのであれば、芸能人ネタとかエロ系とか、アクセス数が多いと思われる内容を記載すればいいのですし、後先考えないのであれば、検索エンジンと敵対するような行為をすれば、相当数のアクセス数は稼げますし、表の技に裏の技も使えば、一日のアクセス数を倍にする事はそんなに難しくないでしょう。

ですが、私はそういった行為には興味が無いですし、ネットで物販をして成約率などを気にしているわけではないので(笑)、ただ冷やかしだけのアクセスを増やしても意味が無いのでは、と偉そうに思っているのです・・・。

それよりも自分自身へのメッセージとか、困っている人や情報を知りたがっている人の助けになれる事とか、そういった意識がブログ更新の動機につながっています。

なので、困っている人や情報を集めたい人が、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで私の記事を見つけていただいて、助けになったり参考になれば使命を果たせたという意識でいます。

もちろん、それで定期的に見てくれる方が増えれば最高ですし、たまに感謝の言葉などをいただくと、「あ~書いてて良かった!」と喜んでしまいます。

まあ、私が書ける内容っていうのも、ITっぽい事やビジネス書っぽい事、自己啓発系などがメインになりますので、世の中の割合でいくと、興味無い方が大半だと思います。ですが、そういう事しか書けそうもないので、その狭い範囲の中での「お役立ち情報」となりえれば、とりあえず満足です。

年末に長々と書いてしまいましたが、来年(2010年)は、上記「タスクマネージャ上の不思議な奴ら」よりも多くの方に「役立つ」、そんな記事が1本でも多く書けると嬉しいですね(汗)

と言いつつ、結局のところ自分中心メディアなので、その視点を変えていかないと難しそうなのですが・・・。
Twitterでつぶやく

| その他 | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2010年もSNSの年になりそうですね

ソーシャルメディアの2010年
by ITpro

いまやSNS無しでは語れないIT業界でありますけれど、来年(2010年)もSNS旋風は収まるところを知らないようです。

私はSNSをmixiしか使っておりませんが、今年の秋口にハマったのがmixiアプリでして、サンシャイン牧場とか狂ったようにやっていました・・・。別に何てことないアプリなのですが、マイミクさんの牧場に赴いて世話をする、というところが楽しく、ずいぶん楽しみましたね。

しかし、私は熱中しやすい性質なものですから、だんだんとmixiアプリをやる時間が日増しに増えていき、隙間時間以外まで侵食するようになってきたため、「これじゃいかん!」と、ある時を境にすっぱり止めてしまいました。

もともとそんなにゲーム好きというわけでもないため、今更特別な思いはありませんが、仮想的にマイミクさん達とアプリでつながりあえる、という設計部分は秀逸だなと、今でも感じています。

今後はさまざまなSNSで、外部のデベロッパーにアプリ開発をしてもらい、その価値を高めつつ、SNS自体はプラットフォームの一部として機能するような動きに変わっていきそうな気がしています。

今はゲームが中心ですが、iPhoneのように優秀なアプリを多数抱えるデバイスもある事ですから、アプリ自体を有償化して、SNS内にインストールしていき、個人個人の多様な形態に対処しつつ、さらに囲い込み化を図っていく、という流れに変わっていくのでは?と睨んでおります。

そして、mixiアプリのオープン化で成功してしまったmixiを横目に、モバゲータウンのDeNAなども次々にオープン化するようなので、今後SNS間でのアプリ競争は激化していきそうですね。

さらに、上記記事中でとても気になった記述が、

2010年1月には、世界最大級の約3億5000万人が利用するSNS「Facebook」が日本に本格参入する。

という部分でして、Facebookってまだ日本に参入してなかったの?という感覚がありました。

Facebookの日本語版サイトである、下記リンク先を見ると、

Facebookへようこそ
by Facebook

今でも普通にアカウントも取れるし、使用するには問題ないと思うのですが、企業として日本上陸を果たすのか、それとも日本だけの特別な何かを始めるのか、ちょいと気になっています。

私的に、Facebookは実名登録を是としており、個人情報をさらしがちだと思っているため、今のところ利用する気はありませんが、興味があるのは確かです。

さまざまなSNSを利用していると、結局アクセスする手間とそれに費やす時間が無駄と感じるようになったので、今ではmixiオンリーにしている私ですが、Facebookで使えるアプリはなかなか良く出来ているという噂を聞いているので、そのうち検証しようかなと考えています。

それにしても、これだけSNSが乱立してくると、いったいどれを使えばいいのかわからない、という声も聞こえてきますが、結局のところは、より自分の友人が多いSNSを使用するのが一番ではないかと、そう思います。

SNS自体、リアルとバーチャルの繋がりあいが売りなわけですし、その中でのコミュニティにこそ価値があるのですからね!

iPhoneでアプリの力をまざまざと見せつけられた私なので、食わず嫌いばかりするのではなく、多少つまみ食いしながら、SNSの利用をしていきたいです。
Twitterでつぶやく

| SNS他 | 19:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

体調不良でもiPhoneは大活躍!

昨晩、突然ものすごい吐き気と腹痛と下痢に見舞われ、本日病院に赴き、「急性腸炎」と診断されました・・・。

とにかく吐き気と腹痛がずーっと続いていたため、非常に苦しんだのですが、幸いな事に、今はこうしてブログを書けるくらいまで、回復しております。

点滴3パックに、痛み止めの注射、エコー、細菌調査などを半日がかりで行い、おかげ様で吐き気と腹痛は取れました。しかし、重症化していたので腸閉塞を併発したようで、おしりからは腸液がジャバジャバ噴出するという、稀有な体験もしております(苦笑)

今もまだ下痢は止まらないのですが、朝の段階と比べれば雲泥の差です。

本日は朝一でどうしてもやらなければいけない作業があったため、気合で仕事に行きましたが、1時間も持たず、「救急車で搬送するか?」くらいの勢いで、多方面の方々にご迷惑をおかけいたしました・・・。

明日はなんとか出勤したいですね。。。

さてさて、そんな体調不良の中でも、私が肌身離さず手に握り締めていたのは、もちろんiPhoneです。

点滴されていた時間も、アプリを操作しまくっていたので、看護婦さんも呆れ気味だったかもしれませんね。あんた具合悪いんでしょ?的な視線が気になりました・・・。

自宅に戻ってきてからは、ひと通りのWebのチェックと、メールの確認を行い、ヘッドホンからは音楽を流しつつ、「弾言」などのデジタルブックを読み、そうだiPhoneでブログ記事書いてしまおうと、このエントリーの大半をベッドの中で記載しました。
文字の入力には少々難がありますけど、入力できないレベルではありませんし、横になりながらの入力も問題ないので、大変重宝しております。

おかげ様で、昼間に酷使して今は充電中のiPhoneさんですが、本当に多方面で使えます。

そんな使い倒されるiPhone君なのですが、一番機能を享受しているのが、ミュージックプレーヤー(iPod)としてのiPhoneでして、まさかこんなに音楽を聞くようになるとは思いもよりませんでした。もちろん音楽だけでなく、オーディオブックやポッドキャストも入っているので、耳からの情報量が格段に増えましたか。

それでいて、iPodだけでなく他のアプリも同時に動かせるので、1台3役以上の役割は担ってくれています。

これだけ使用していると、機体があまり長持ちしないのではないかと不安になりますけど、もし壊れたとしても、次も絶対にiPhoneを購入する事になるでしょう。

生活に根づいてしまいましたから(笑)

今後は、おこづかい帳系のアプリを試してみたいと計画していますので、ますます手元から離せられなくなりそうな予感がします。

もうドコモなどの携帯などには到底戻れませんが、数ヶ月前まで、ただの携帯電話を何の気なく使用していた事を考えると、もっと早く導入するべきだったなと、悔やまれます。

まあ、全ての人に受け入れられるかと問われれば、なんとも言えませんけども、私は実際使用してみて、強く推奨出来ると確信しています。

使ってみれば分かる、そんな感覚ですね。
Twitterでつぶやく

| iPhone・iPad・Kindle | 20:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LPIC-level2の学習をどうするか

2009年頭から数えて約一年間、先送り状態にあるLPIC-level2試験ですが、予定では2010年頭から学習を始める算段をつけていました。が、今の状態ではまた先送りになりそうで、なんだかな~という思いです。

というのも、今すぐやらなければいけない事が色々ありまして、それらを片付けていく時間が全然足りておりません・・・。日々時間を見つけて様々な事をこなしている私ですが、仕事もプライベートも休む間が無いような感覚です。

そんな感覚の中、一度資格取得学習を始めると、集中してやらないと頭に入らないことは分かっていますし、適当に受験して落ちてしまえば試験代もバカになりません。

なので、出来れば最低一ヶ月間はLPIC学習のみに注力したい思いがあります。文字通り他の事は一切せず、LPIC学習のみ1ヶ月間行なうという「苦行」でもありますが・・・。

冷静に考えて、今の状況だと一ヶ月間という、それだけの時間を作り出すのは大変厳しいと言わざるを得ないので、こうなりゃトコトン先送りしてやろうかと、半ばヤケになりつつあります…

まあLPIC取得は私にとって強制ではないため、先送りしても困らないのですからね。しかし、一年に一つは資格を取得することを固く誓っているので、2010年中には、何が何でも取得するつもりでいます。

そんなようなことをこのブログで何度も書いているのですが、半分自分に宛てた内容でもありますので、読み飛ばしていただければと思います。

とりあえずは、参考書と模擬問題集は年内に手に入れようと考えていますので、自分へのクリスマスプレゼントと考え、近日中に購入します。そういえば今年の夏に、下記エントリーで、LPICの準備をするとか言っていましたね・・・。

秋に受験するLPIC-level2の準備を始めました
by 気になるけど

それはそれとして(苦笑)、最近すごい勢いで金を使っているので、この先のカードの支払いが恐ろしいです・・・。調子に乗り過ぎた感があります。

この果てない物欲と、移り気が激しい性格は死ぬまで治らなそうですけど、やる事はやる事として、きちんと対応していかねば、私自身が損をする事がよく分かっています。

最近、自分にとても甘いような気がしており、もっと厳しく己を律する時期にきたのかなと、そういう思いもありますし、2010年はポイントをより絞った目標設定に基づき、行動していきたいと存じます。

今年も残りあと11日となりましたので、この残りの時間に片付けられるものは、しっかりと片付けてしまおうと、ふんどしを締めなおし、眠い目をこすりながらも頑張っていきます!!

それにしてももう年の瀬ですから、時の経つのは早いものです・・・

ついこの間正月を迎えて、「2009年は創造と行動の年にする!」なんて事をほざいていましたけど、もう「2010年は○○の年にする」なんてスローガンを立てなければならないとは。。。

そんな事を言っているから、いつまで経ってもLPICの受験がおぼつかないのですがね・・・。

激しく自戒しつつ、たんたんとやるべき事をこなしていくだけです!!
Twitterでつぶやく

| IT資格・他資格 | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Windows7 64ビット版のアプリ動作状況など

先日購入したAspire 1410ですが、これまで使用してきたソフトウェアをインストールしまくっており、その動作報告でも書こうかと思います。ちなみに、Aspire 1410の初期レビューは下記となります。

Aspire 1410 AS1410-Ws22が我が家にやってきた
by 気になるけど

Aspire 1410は、Windows7 Home Premium 64bit版OSなため、本来これまで使用してきたソフト類は、32ビット用なので動かないかも…と思っていたのですが、別に気にする事はない!と分かったのが、下記エントリー。

Windows7買うなら64ビット版と32ビット版どっちにするか
by 気になるけど

そのため気軽に必要なソフト類を、どんどんインストールしておりまして、今のところ動作不能だったソフト類は下記2つ。

・Adobe Illustrator10
・四川(ゲーム)→作者不明

Photoshop6はエラーメッセージをはきながらも動作したため、イラストレーター10もいける!とふんでいたのに、起動時点でエラーとなりました・・・。困ったものです。なのでInkscapeでもインストールしてみようかと思います。

他にはFFFTPとかTerapadなど、定番のフリーソフト群もまったく問題なく動作し、Windows7たいしたものだなと感じます。XPやVISTAで動作していたものは、大抵動くのではないでしょうか。とても柔軟ですよね。

あと、Officeが付属していないので、OpenOffice.org3.1をインストールして使用する事にしました。ExcelやWordファイルを普通に開けますし、特に困らないかなと。Aspire1410では仕事とかする気ありませんしね(苦笑)

そんなこんなで、すでにインストールしたプログラムを確認しようと、Cドライブ直下のProgram Filesを確認したら、そもそもプログラムフォルダが2つ存在し、Program Filesの方が64bit用で、Program Files(x86)と記載されている方が、32bit用なようです。



32bit版の方は、エミュレーター上で動作するような形のため、動作的にはXPなどの32bit版と変わらないと思います。特段動きが良くなったとか、そういうのは感じられませんでしたし・・・。

そのうち64bit版用のソフトでも試してみたいものですが、数が少なく値段も高いですからね。せっかく64bit版Win7を手に入れたことですし、メモリも4GB積んでいるので、どうせならその動作領域をフルに使ってみたいものです。。。

さて、概ね手持ちのソフト類のインストールが完了し、じゃあ嫁さんのメールアカウントを設定しようかと思ったら、Windows7ではメールソフトが無いのですね。Outlook系とか、VISTAで言うWindowsメールといったものが初めから存在しません。

じゃあどうするかというと、Windows Liveのサイトからダウンロードしてくる形になります。

Windows Live Download
by Microsoft

上記サイトより、

Messenger
メール
Writer
フォト ギャラリー
ムービー メーカー
ファミリー セーフティ
Toolbar


などまとまってダウンロードできるパッケージをダウンロードしてきて、インストールすれば、Windows Live メールというメーラーが使えるようになります。OutlookExpressを使い慣れている人なら、それほど戸惑うことなく設定できるはずです。

私は普段gmailで事足りているため、PC上でのメーラーは使用しませんが、これまでOutlookExpressなどを使用し続けてきた人は、なんで??と思うでしょうね…。Windowsもそれだけ変わってきたという証左でしょうね。

さて、めでたくメールの設定も完了し、あとは細かいPC上での設定を施し、通常使用可能な状況まで持ってきましたので、残りはバックアップです!

バックアップはいつも通り、AcronisTrueImageを使用して、イメージデータでバックアップ致します。これさえあれば、HDが壊れて新しいディスクに替えても怖くありませんからね。

これが終われば、食卓のメインディッシュとして、末永く稼動してくれれば最高です。

くれぐれも簡単に壊れることのないように頼む!

あと、食卓に置いてあるので、子供達にしょうゆとかかけられないよう注意せねば(笑)
Twitterでつぶやく

| VISTA・Windows7 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Aspire 1410 AS1410-Ws22が我が家にやってきた

待望の「Aspire1410」君が、我が家に到着!!
今すぐ箱の中身を開けたくなる衝動を抑えつつ、別件作業でワタワタしていたので、1日待ってからセットアップいたしました。

今回は写真を混ぜつつ、開封→中身確認→メモリ増設→セットアップ→起動という流れまでを画像を使ってダラダラ書いていきたいと思います。


Aspire 1410 AS1410-Ws22、MicrosoftのBluetoothマウス、増設メモリ2GBが、我が家に到着!ウキウキしながらiPhoneで写真撮影です。ちなみに写真のExifデータは削除しています(笑)これら合わせて6万ちょっとですから…昔なら考えられない安さです!
Aspire01.jpg

箱だけ見たら、中身は本とかカバンでも入ってるのでは?と思えるような、シンプルな段ボール箱です。シンプル過ぎて拍子抜け。
Aspire02.jpg

段ボール箱を開けると、acerのロゴが輝く黒い箱が出てきました!なんだそういう事かと、期待に胸膨らみます!
Aspire03.jpg

箱を開けると、緩衝材に覆われたPC本体などが見えます。後は多言語の説明書みたいなのが上にポンと置かさっていました。
Aspire04.jpg

箱の中身を取り出してみると、こんな感じです。電源ケーブルが太くてなんだかな~という感じです…。バッテリーだけ材質が違うようでザラザラしているのが気になりました。サイズだけ見れば「ネットブック」という感覚なんですよね~。
Aspire05.jpg

添付品の保守に関する注意書きを読んでいたら、グローバル企業特有の不思議な日本語だらけで笑いました。それと下図のように、USキーボードを使用していて、中国で故障した場合は、中国語のキーボードに付け替えられますとか、軽く無茶な事書かれてまして、そのくらい取り寄せてやれよと(笑)
Aspire06.jpg

PC筐体の裏面です。プラスのネジで簡単に開閉できますが、このネジはすぐにナメります…。開ける時はドライバーを回す手を慎重に!!私は一つだけネジ山が欠けました。
Aspire07.jpg

画面左側がHDで、右側がメモリーです。メモリーの増設も簡単です。空きスロットに差すだけ。ちなみにメモリの下がWI-FIのチップかと。
Aspire08.jpg

メモリの増設完了!4GBのメモリーなんて生涯初めて(苦笑)そこまで性能を使いきれないと思いますがっ。
Aspire09.jpg

MicrosoftのBluetoothマウスです。なんとケース付き!これで3千円ちょいは安いですね。スクロールのところがカチカチと重く感じるのですけど、手に馴染みます。
Aspire10.jpg

ディスプレイを開いたところです。キーの幅が妙にでかくて、逆に打ちにくいような気がしましたが、しばらくカチャカチャしていると、これは打ちやすい!と思えるようになります。なんてったって、キーピッチが19mmですからね。
Aspire11.jpg

手を添えるとこんな感じです。私の手はでかいので、Aspire1410が小さく見えますね。くれぐれも私の激しい打鍵に耐え抜いて欲しいものです。
Aspire12.jpg

これはディスプレイ上部にある音声入力部だと思いますけど、印刷された絵を最初ゴミかと思い、爪でカリカリこすってしまいました(笑)取れない?とか思ってよく見たら絵だったという。。。
Aspire13.jpg

電源を投入してacerのロゴが出るとワクワクしてきます。早く先に進めぇ!
Aspire14.jpg

初期の設定であれこれ色々な画面がでてきましたが、個人設定などもあるので、その辺は端折ります。
Aspire15.jpg

デスクトップの準備画面が終わると、いよいよWindows7のデスクトップとご対面です!
Aspire16.jpg

acerのデスクトップ画面です。う~ん綺麗なディスプレイに感動!これで5万ちょっとという値段が本当に信じられません。デフレの恩恵を授かった形ですね。
desktop.png

とまあこんな感じで一通りセットアップを終え、Bluetoothマウスの同期を行ったり、自宅無線LANのMACアドレス登録など、とりあえず使えるようにはしました。

次は時間を見つけて、Microsoft Security Essentialsや、手持ちのPhotoshop6などをインストールしてみようと思います。

写真撮りながら作業していくと、すごく時間がかかるので、次は写真無しの方向で書いていきたいと思います(苦笑)

何はともあれ、これからよろしくな!Aspire1410!!
Twitterでつぶやく

| UMPC・ネットブック・CULVノート | 20:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Amazonの年間ランキングを見て感じたこと

Best of 2009 Amazon.co.jp 年間ランキング発表
by Amazon



2008年12月~2009年11月までの、1年間にもっとも売れた商品の一覧がAmazonから発表されており、これまで散々Amazonを利用している私は、興味を持って見てみたところ、ランク1位に輝く商品を一つも購入していない事実に気付きます(苦笑)

よく言えば「流行に流されない」とも言えましょうが、「大衆の好みが見えていない」とも言えますか・・・。

普段購入するのは本がメインなので、書籍の20位くらいまでなら買ったものがあるだろうと、見てみたところ、15位の「細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!」くらいしかその期間に購入したものがありませんでした(悲)

まあ、名著である「思考の整理学」や「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」とか「人を動かす」などは既に持っているのですけど、1年間の1位2位を占める、村上春樹氏の「1Q84」などは見向きもしなかったので、世間との隔絶というか、大勢を知らぬうつけ者というか、井の中の蛙というか、ニッチなところを攻めすぎているのかもしれませんね(自戒)

実は「1Q84」とか欲しい!と思ったのにも関わらず、読み出したら数日間ノンストップになるのが怖くて、あえて避けていたという理由があります。それと同じ理由で、今年もっとも売れたDSソフト「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」なども、欲しくてたまらなかったのにも関わらず、1週間は廃人になるのが予想できたため、いまだに自制しています・・・。

なんだか、もう少し欲望に素直に応じてもいいんじゃないかと、そんな気がしてがっかりしてしまいました。

あと、私的にとても以外だったのが、PCソフトのランキングでして、どう転んでもWindows7が1位だろう!と思っていたのにも関わらず、1位がNorton Internet Security 2009であり、モンスターハンターなどのゲームならいざしらず、なんでNortonが??と呟いてしまいました。3位にもウイルスバスター2009 3年版が入っており、私がこれまでに散々ひどい目に遭ったソフト2本が上位という、釈然としない感覚です(苦笑)

この辺のところも、世間の感覚とかけ離れているのかな?と、余計にそう思ってしまい、世の中の売れる商品と自分の見る目がこれほど違うのかと、気付かさせてくれる良い機会となりました。

マーケティング的な感覚で商品の扱いを考えると、売れる商材を取り扱う事が全てという側面があるので、もし私が大手販売店のバイヤーとかなら、確実に失職しているでしょうね・・・。ニッチなところを見過ぎだと。自分目線でしか物事を捕らえられないというのは、いい面もありますが、ことビジネスでのお話しで言えば、マイナスの面の方が多いです。

という具合に、市場の動向と自分の感覚の隔たりを強く感じた事を契機に、ここらで少しマーケティングのお勉強でもするかと思い、マーケティングといえば、やっぱり「佐藤 義典」さんの書籍だろう!という事で、以下3冊購入してしまいました。



左・図解 実戦マーケティング戦略
中・書き込み式 マーケティング戦略実行チェック99―理論を実行可能にするチェックポイント
右・実戦マーケティング思考 「論理思考&イメージ発想」スキルを鍛える7つのツール

佐藤さんの書籍は他にも数冊持っているのですが、この方本当に説明が上手なので、私のような脳みそ足りないおっちゃんにも分かりやすく、腑に落ちやすいです。

年末にかけて大忙しなため、正月が明けてから読む事になりそうですけど、今からページをめくるのが楽しみです!!

という感じで、Amazonの年間ランキングから、佐藤さんのマーケ本にまで思考が飛躍した形になる私ですけども、こういうのを示唆に富む・・・とは言わないかorz
Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 19:36 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

KNOPPIX6.xでWindowsファイルをレスキュー

PCの障害の中で一番困った事態になるのが、HD(ハードディスク)の障害ですが、これは実際に障害を経験した人でないと、その恐ろしさが実感出来ないのでしょうね。昨日まで普通に使えていたのに、今日PCを立ち上げると「OS not Found」と表示されるとか、ブルースクリーン画面に白文字で書かれた画面になり起動しないとか、あの恐怖は計り知れないものがあります…。

先日、知り合いの方から電話があり、PCが起動しなくなったので見て欲しいとの事で時間を割き、自宅に赴いてみると、起動中に「Hard Error」というブルースクリーンになり、そのまま動かなくなるというもので、100%ハードディスクの障害でした。

話を伺うと、バックアップなんて何年前にしたか分からないというレベルだったため、手持ちのWindowsXPのCDで起動して、回復コンソールから「chkdsk /R」コマンドにてWindowsの修復を試みますが、ダメージ度合いが大きかったようで、完全起動するに至らない状態でした。

WordやらExcelやら写真やら、大切なデータが大量に入っていたとの事で、普段の障害通りに、CDブートのLinux系OSである「KNOPPIX6.0.1CD日本語版」を使い、障害PCからCDブートにてKNOPPIXを起動。

KNOPPIX Japanese edition
by RCIS, AIST

手持ちのUSBメモリーが認識する事を見定め、さらに「hda1」のWindowsXPにアクセスできる事を確認し、マイドキュメント内のデータを根こそぎコピーし、データのレスキューに成功しました。



私の中ではよくある出来事なので、さほど気にとめる事もなかったのですけど、その知人の方から思わぬ大絶賛を受けまして(汗)、歯がゆくも、褒められると調子に乗ってしまうタイプなので「そうですかエヘヘ」と、あまりにも「神」のような扱いに苦笑いしてしまいました。。。

知人が言われるには「KNOPPIXなんてそもそも知らなかったし、そんな事(Windowsのデータレスキュー)が出来るなんて夢にも思わなかった!」と熱い口調で話されるので、確かに知らない人が多いのかもと、今回ブログネタにしたのですが、改めて考えてみればKNOPPIX便利ですね(笑)

普段からデータリカバリー用のツールとして愛用しているので、そのありがたみが薄れていたのかもしれませんが、このブログで取り上げた事なかったのですね~。あれだけ使用しているのに・・・。

このKNOPPIX、数年前までは、Windowsのファイル形式であるNTFSを認識出来なかったと記憶していますが、ここ2~3年でしょうかね、NTFSに対応してから使う頻度が圧倒的に増えました。まあそれだけ障害対応しているという事なのですがっ!

Windows2000の頃なんか、OSのCDで修復インストールして復旧できなければあきらめる!みたいな感じだったのに(笑)、思えば今は便利な世の中になったものです。

もちろん、全てのファイルをKNOPPIX起動→外部ストレージにバックアップという流れでレスキューできるわけではなく、HDの損傷具合によっては、そもそもWindows側をドライブとして認識する事が出来ない場合もありますので、そういう時は素直にお手上げになります。

そのレベルまでいってしまうと、本格的なデータ復元屋さんに持ち込み、数十万円かけてデータを救い出すしか手がなくなります・・・。

とりあえずは、データレスキューまでの流れをサラッと書きますが、

まずはKNOPPIXの最新版をダウンロードしてきます。

私が使用しているのは「KNOPPIX6.0.1CD日本語版」ですが、「KNOPPIX 6.2DVD」というのが2009年12月14日にリリースされています。なんてタイムリーなんでしょうか(笑)

knoppix_v6.0.1CD_20090208-20090225_opt.isoというファイルをダウンロードしてきたら、isoファイルを焼くことができるCDライティングソフトで、CD-Rなどに落とし込みます。
※私は自PC内のRoxio Digital Media SEというのを使用しています

後はHD障害が起きているPCのCDに入れて、そのまま起動させた後に、USBメモリーやUSBハードディスクなどの媒体を接続します。

デスクトップ上の「マイドキュメント」アイコンをクリックすると、「disk」というフォルダが開くので、左ペインに「XXGBのリム―バブルディスク」などと書かれたものがUSBメモリーやUSBハードディスクとなり、「WindowsXP」などと書かれているものが、起動しなくなったOSの入り口となります。

あとは、データレスキューしたいお目当てのファイルがあるフォルダ画面を開き、ドラッグなどしてコピーし、リム―バブルディスクに移し替えるだけです。

実にあっさりしていますが、ちなみにPCのLANカードさえ認識できればネットワークも使用できますので、SMB共有やFTP転送なんかもできちゃいます。ですが、設定するのが面倒だったりするので、よほど大容量のデータを移し替えるのでなければ、USBメモリーなどで問題ないかと思います。

難点と言えば、CDブートOSなのでどうしても動きがモタっとしている事と、使い勝手が少々違うので戸惑う事、ウインドウを閉じる時余計なグラフィック処理がある事くらいでしょうかね?

そのPCの環境にもよりますが、よほど昔のPCでなければ、KNOPPIXの起動はうまくいくと思っています。

なので、KNOPPIXのCDを1枚持つと、HD障害で困ったときに必ず役立つはずです。
私的には一家に一枚かと(笑)

お奨めですけど、そんな障害を経験しなければ、それに越した事はないのですが…
Twitterでつぶやく

| Linux・Fedora・Ubuntu | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年末の雑感と目標設定の甘さ

先週は仕事の忙しさと、度重なる忘年会のラッシュに体調不良が続いた中、子供が風邪をひき、その看病他が重なって疲労困憊な私です。久しぶりに立ったまま寝るという荒業をやってのけたのですが(笑)、そのくらい深酒・徹夜・寝不足のレンチャンでボロボロでした・・・。体力の低下がヒシヒシと感じられます。すすきのの二次会とか三次会などにはもう参加しなくてもいいかな…などと思ってしまいました。

さて、そんな体調不良の中でもiPhoneいじりや、子供のクリスマス商品発注、年賀状の宛先チェック、ACER Aspire 1410の発注など、隙間時間を見つけながら年末の対応やら趣味の時間に勤しんでいた私。

他にも年末までにやらねばならぬ事が、仕事・プライベートで山積みとなっており、優先順位を付けて対処していますが、非常にタイトなスケジュール状態に、いっその事倒れて入院したろか?くらいの気概でもって、日々の業務に応対しています(苦笑)

正直今このブログを書く時間も惜しい状況ですが、そこは完璧に習慣づいているため、逆にブログの更新をしなければ気持ち悪くて仕方がありません(笑)エントリー記事書かない方が体に悪い感じです。。。

いいのやら悪いのやらよく分かりませんが、今週は先週に輪をかけたように忙しさが増しそうで、近日自宅に届くAspire 1410をどこまでいじくれるのか?果たして体が持つのか?なんとも言えない状態に戦々恐々。

そんな中、頭だけはフル回転していまして、色々なアイデアやら気付き、今後やってみたい事とか、さまざまなプランが湯水のように湧き出てきて、ジレンマな感じです・・・。しかもそういう時に限って「これは!!」という本とかを見つけたりするので、意識があらゆるところに散漫になっています(笑)

どうやら私は、「あ~忙しい、忙しい!」とか言いながら、緊密なスケジュールをこなすのが性に合っているようで、逆にヒマな時ほど、頭が働かないのかもしれませんね。

…なんともとりとめのない内容のエントリーで恐縮なのですが、せめて、先ほど風呂の中でぼんやりと今年一年を振り返っていて(早い?)思ったことなどを書きたいと思います。

私は毎年12月の末にかけて、来年のスケジュールを立てているのですが、それと同時に「自分は一年間何をしてきたか?」「どんな一年だったか?」という事をあれこれ振り返るようにしています。

今年もご多分に漏れず、風呂の中などで一年間、仕事上での事、家庭内の事、趣味の事、学習の事などなど、あんな事があったとか、これが出来なかったとか、あれこれ想いを巡らせていた中で、ふとある事に気付きます。

それは、自分が設定した目標などを「達成できた・できなかった」というYES・NO部分に意識が集まり過ぎていて、どうして出来なかったのかという事を深く突き詰める、という点が疎かになっていたのでは、という事でした。

散々「今年の目標は・・・」とか「今年は・・・をする」などと、毎年高き理想を胸に正月を迎えるのでけど、実際それらの達成率は半分にも満たない状況です。しかも性懲りも無く、もう5年以上同じ事を目標にしている内容があり、自分自身の目標管理が至らない事を自覚させられました。

5年間やろうとして出来なかった事は、そろそろリストから削除してもいいだろうとも思いますし、「本当は自分は何をしたいのか?」という事が明確になっていないのでは?と、これまで書籍などから身につけてきた方法論に水をかけるような、そんな感覚に陥りまして、一人風呂の中で落ち込んでおりました。。。

とりあえずは、これまで自分が成しえなかった事をリスト化し、

なぜ成しえなかったのか?
達成させるにはどうすればよいのか?
そもそもそれは本当に必要なのか?


などなど、こういったwhy?so?をTOYOTAのように5回くらい繰り返していこうと思います。

これらは、コーチング的な手法にあたると思いますが、答えは自分の中にあるという事は分かっているので、自分自身に問いかけ続けていきたいですね。

この辺りの話しはそのうち、もう少し詳しくこのブログで書いていきたいなと思います。

己を見つめ直す

今はここに集中した方が良さそうです…
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iPhoneのある生活を実りあるものにしたい!

iPhone-desktop

毎日使い倒しているiPhone様ですが、日増しに増えていくアプリやら、音楽やら、その他のコンテンツ達の数に、自分でも呆れております・・・。後々のAppStoreからの請求が怖い(笑)

自分でもこんなにハマるとは思ってもいませんでしたが、もうdocomoの携帯なんかには戻れません!!これまで、電話とメールができればなんでもいい、という考えだったのですが、何事もやってみなければ判りませんね(反省)

そんなiPhoneを崇めている私ですが、さきほどまでの使い方を書いてみると、寝そべりつつiPhoneから流れる東京事変の能動的三分間をリピートして聞きまくりながら、Gmailにメールしておいた情報を眺めつつ、SinpleMindXというマインドマップアプリを使い考えをまとめるという事をしていました。

なんだか、PCが無くてもここまで出来るという事に素直に脱帽でして、もう手放すことはできそうにもありません。すっかりPCを眺める時間が減り、残念なことに読書時間も大幅に減りました・・・。ただしiPhoneで「弾言」は読んでいるのですけども・・・。

しかしですね、WI-FI環境なら言うことなしのiPhoneなのに、これが一歩外に出ると、ネット経由で動作させるアプリが接続できなかったり、表示が遅くてどうにもならなかったりと、softbankの3Gネットワークで快適にネットを楽しむなんてしていられませんね。。。

softbankの3Gネットワーク経由でパケットしまくると、いくら上限があるからといっても、パケ代もバカにならないですしね。なので、外出先や仕事先では、iPhoneの中だけで完結するアプリをいじくることが多くなります。

実はそういう時に使用するアプリが少なく、方々で探している状況でして、

iPhoneアプリをおすすめするAppBank
by GT-Agency

などの有名サイト様のところを巡回していたりします。

特に下記の記事が参考になりましたので、この中からいくつかアプリを選んでインストールしてみようかなと思います。

2009年ベストiPhoneアプリのまとめ72個!

使わないアプリを増やしても仕方がないので、なるべくホーム画面2画面以内くらいに収めておきたいところですので、悩みどころではありますか・・・。

特に気になっているのが、上記記事中にも記載してあります、お小遣い帳アプリのアクティブマネー(Active Money) Proとか、手書きメモのFastFingaや、iPhoneで撮影した写真を簡単にスキャンするDocScannerなど、少々お高いアプリもありますが、なかなか使えそうなので検討してみます。

なんでもかんでもiPhoneに集約するのもどうかと考えますので、自分の中でのiPhone術みたいなものが確立できれば喜ばしいのですが。

そして今日も充電しながら使われている、マイiPhone・・・

自宅ではすっかり「有線iPhone」と化しています(苦笑)
Twitterでつぶやく

| iPhone・iPad・Kindle | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Google日本語入力betaの不具合にハマりました

先日、私と懇意にしているお客様よりSOSの電話が入ったため、何事かと尋ねてみると、Google日本語入力をインストールした後から、日本語入力ができなくなったと言うではないですか。

タイミングのいい事に、私もその連絡が入る前にGoogle日本語入力をお試しインストールしたばかりだったので、電話口で「確認してみます」と告げ、本格的に調べてみたところ、ブラウザ(IE8、gooRSSリーダー等)などで半角/全角キーで入力の切り替えが出来ない事が発覚。

急いでGoogle日本語入力をアンインストールしましたが、現象に変化なし…。もうGoogle日本語入力は無いのに、IEやGooのRSSリーダーで、日本語入力したい箇所で半角から切り替える事ができないじゃないですか!

レジストリ系か?やられた!と嘆いてみても、インストールしたのは自分なので、自己責任という事で復旧策を探ってみたところ…

Google 日本語IMEインストールしたら日本語のかな入力できなくなってしまいしまいました。半角/全角キーで切り替えができません
by Google日本語入力beta ヘルプ

ちゃんとGoogle日本語入力のヘルプサイトに事象が掲載されているじゃないですか。な~んだと思い、人柱状態の方々に敬意を表しつつ、内容確認すると、システムの復元して直ったとか、物騒な事が書かれていて、実際のところ解決策は無さげな様子(2009年12月11日現在の話し)

他にも色々調べてみましたが、答えになるものが見つからなかったので、エイヤっ!とシステムの復元を実行してみたところ…復旧しました(歓喜)

速攻でお客様のところに伺い、データのバックアップをした後、許可を得てからシステムの復元を行い復旧いたしました。その後、お客様の社内全体に「Google日本語入力はインストールしない事」という通達を出していただき、事なきを得ました。

ちなみにWindowsXPでのシステムの復元は…

スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→システムツール→システムの復元

にて実行することが可能です。

後は復元ポイントを作成している日付をクリックし、実行するだけです。

※復元ポイントが無いという場合は、恐らくコントロールパネル→パフォーマンスとメンテナンス→システム→システムの復元で、「無効にする」にチェックが入っていると思われます。

ブログ的にはいいネタありがとう状態なのですけど、この障害はどうなんだ?という思いはあります。

安易に自分のPCにインストールしてしまった私は、アホとしか言いようがありませんが、こういった流行りのアプリの確認も仕事のうちに入るため、せめて検証用PCに先にインストールすべきだったと反省…。

GoogleもChromeOSを発表したりと、色々やっているようですが、Microsoftのように不具合連発攻撃だけは勘弁してほしいものです。

Windows98の頃とは今は時代が違うのですからね。

また、インストールする我々の側でも、安直にアプリのお試しを行う行為も諌められるのでしょうね…。でもそりゃないだろ!と言いたくなるのが正直な気持ちでしょうか(苦笑)

自戒しつつ、今後注意したいものです。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ACER Aspire 1410 AS1410-Ws22を購入します

ここ最近の私の頭の中はiPhoneでいっぱいいっぱいなのですけども(苦笑)、嫁さん用のPCの動きがにっちもさっちもいかない状態であるため、Aspire 1410 AS1410-Ws22を購入いたします。



幸いな事に、我が社より今年の冬のボーナスが出るようなので、購入用で貯蓄しておいた分と合わせて、ありがたく買わせていただきます。このデフレ不況の世の中で、例年ベースよりも下がっているとはいえ、冬の手当てをいただける事に素直に感謝いたします!ちっとも売上が上がらなくてすみません。。。
来年はがんばりますorz

さて、現在我が家の食卓テーブルの上に「飾り」として置いてある富士通製ノートPCですが、動作が遅く、家族から不評を受けているというのは以前にも下記エントリーにて書きました。

新たなPCの導入計画 in 我が家
by 気になるけど

この既存富士通ノートPCは、用途的に嫁さんが使用という形でして、クックパッドなどのレシピ検索やら、懸賞大好きな方なのでその応募用途、家族で食卓を囲んでいる時に疑問に感じた事の調査用、子供のゲーム用、などという具合に使用していました。

今回、Aspire1410に入れ替えた後に、もう一つ用途として加えようと考えているのが、HDMI端子でリビングにあるテレビ、REGZAにつなげてしまおうという計画でして、youtubeなどのネット上の動画の閲覧や、携帯などで撮影した写真・動画などを大画面で見たりと、家族で時間を共有できそうなコンテンツの、中心的役割を担ってもらおうと、ちょっとした夢を描いております。

うちの家族は皆リビングでゴロゴロするのが好きなので、どうしても居間のテレビが中心的役割を担います。じゃあそのテレビ自体を番組だけでなく、ネットの情報やその他の役割をも与えてやれば、より良い形になるのではないかと、そう考えていまして、家庭内LAN構築の布石にしてしまおうという野望があります。

いずれは地デジ液晶テレビにも、PCのような汎用ブラウザが搭載される流れになるとは思いますけども、まだそこまでの状況には至っていないため、Flashなどのサードパーティー製のアプリで見るコンテンツは、我が家のREGZAのブラウザでは見ることができません。

それに対する明確な解答は、HDMI端子でPCとつなげて、REGZAをディスプレイとして活用する、という事になります。

ちょっとした「家庭内プレゼン」みたいな感覚でしょうかね(笑)

Aspire 1410は、バッテリーの稼動時間も7時間くらいありますし、筐体サイズがB5用紙くらいの大きさで重量も軽く、持ち運びも楽なことから、本音を言えば、REGZAの横に鎮座させたいところなのですが、一応嫁さん用PCの入替という位置付けなため、必要な時だけ移動させようという魂胆です・・・。

まあ家族みんなで仲良く使いましょう(笑)という事で、Aspire 1410君には大活躍していただく予定です!!

くれぐれも移動する際に、HDを痛めるような乱暴な動きだけはしないようにしたいと思いますが、それが子供達に通用するかどうか・・・購入したはいいけど1ヶ月で動かなくなるような事態だけは避けたいものです。

とりあえずは、ついでにメモリーも増設しちゃおうかとも考えているので、この週末にでも吟味しつつ、注文したいと思います。

iPhoneにAspire1410と、「おもちゃ」が増えて大忙しになりそうな12月なのでした。
Twitterでつぶやく

| UMPC・ネットブック・CULVノート | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iPhoneをブックリーダーとしてとらえたとき

昨日仕事中に首のスジを痛め、キーボード入力がままならない私ですが、今日はようやく痛みがおさまってきたので、元気にblog記事を書きたいと思います。

そんな首痛状態だった私は、仕事も早々と切り上げ、自宅でここぞとばかりに床に寝転がり、こういう時はiPhoneだよな~(笑)とウキウキしながらApp Storeにアクセス!

目をつけておいた小飼弾さんの書籍「弾言」をApp Storeで購入しインストール。

iPhone-dangen

ページを指で横にスライドさせるか、上部にあるツールバーでページ送りするかで先のページを表示できます。

また、目次一覧を表示させ、読みたいセンテンスのところにジャンプする事もできるので、これはなかなか使いやすいと感じました。

私的に「これはいい!」と感じたのが、ページの自動送り機能でして、数秒ごとにページをペラペラ自動でめくってくれます。最初よくわからず、なんで勝手にページがめくらさるんだ?と思いましたが、これ便利です。指でスライドしなくてもいいので、画面さえ見てればいいのですからね。

ただ問題は、自動ページ送りのスピードがなかなか速いというところ(苦笑)
あれ、まだ読み終わっていないのに・・・という事がちょくちょくあるので、スピードを変えられるのかと思いきや、そんな設定ないので、速読の練習にちょうどいいやと、良い方に解釈して使用しています。。。

ちなみに、読んでいるページで「ホーム」ボタンを押して他のアプリを使用しても、また「弾言」アイコンをクリックすると、それまで読んでいたページが表示されるので、しおり(ブックマーク)は必要ありません。

今回「弾言」を開いた時に起動したのが株式会社ボイジャーの電子書籍ビューア『T-Time』ですが、他にもたくさんのブックリーダーアプリがあるため、全てが上記のような事になることはありませんので、あしからず。

で、電子ブック初体験の感想なのですが、紙の本を読むのとは訳が違うため、一概に言えませんけども、操作と画面に慣れていないため、違和感があります。

また、本を読みながら付箋を貼ったり、端っこを折ったり、ペンで線を引いたりとかは、当然のようにできません。ただひたすら読むだけです・・・。将来的には、画面がレイヤー分けされて、自在に線を引いたり、メモ書きなんてことが出来るようになるとは思いますが、今はただ文章を淡々と読むだけです。

しかもiPhoneは電池の減りが早いので、長時間の「iPhone読書」は厳しそうですね・・・。あの紙をめくる感覚とか、本に親しんだ時間が長い人ほど、その違和感は強くなるのではないでしょうか?

読んで読めないことはないけども、きちんと頭に入りにくい?という感覚というのでしょうかね・・・うまく言葉にできません・・・。

しかしですね、それでもこのiPhoneをブックリーダーにしてしまうという試みは、今後ますます増えていくのではないかと、考えます。

だって、手軽ですもんね~。

欲しい本を見つけてダウンロード。片手で読みたい時に読めばいいし、バッテリーが無くなったからと言って、データが消えるわけではないですし、何十冊、何百冊と持ち歩ける事を考えると、よきデバイスと思えるわけです。

もちろん、紙の本がダメという事ではなく、電子データの方が利点が増えそうだという認識です。電子データの方が、発売元で在庫を抱えなくていいですし、いくらでもダウンロードできます。印刷や製本のリードタイムを削れるので、リリースも早めることが可能となりますし、電子データの中にリアルな画像・動画だって埋め込む事だってできますし、リンクをつければネット上ですぐ参照サイトなどを見る事もできます。

これだけの利点を考えると、将来的に紙の本は市場が縮小されていく運命と言わざるをえないでしょう・・・。でも、長年親しんだ紙の本の読み方に慣れきってしまっている方が大半ですので、今後しばらくはこれまでの「本」がメインになるでしょうけど。

今回、念願だった「iPhoneで本を読む!」という夢が叶えられたのが、最大の収穫かもしれませんが(苦笑)、今後良い電子ブックのタイトルが増えれば、どんどんiPhoneに落とし込んでいこうとは思います。

習うより慣れよの精神で、電子ブックの世界に浸っていきたいと存じます。
Twitterでつぶやく

| iPhone・iPad・Kindle | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Googleの高速?DNSサーバー

Google,高速DNSサーバー「Google Public DNS」を公開
by ITpro

次々に新しいサービスを立ち上げるGoogle様ですけども、ついにDNSサーバーまで公開してしまいました!!
※DNS=ドメインネームシステムの略
DNSとは?

Googleで高速のDNSを立ち上げたというので、どんなもんかとすぐに自宅PCのDNSにIPアドレス「8.8.8.8」を設定し、色々なサイトにアクセスしてみましたが、…うーん、あまり違いが分からない…というか、どちらかというと遅い?と感じてしまいました。

ブラウザをChromeからIE8に変えてみてもWebの表示はそんなに早くないような気がします。Windowsからはdigコマンドが叩けないので、どうしようかとWebで検索してみたところ、既に調査を終えている方がいらっしゃいましたので紹介します。

Google Public DNS/OpenDNS/プロバイダ/ローカルでDNSの速度比較
by blog@browncat.org

実はマイRSSリーダーに登録してあるyamapさんのブログです。

この記事を見る限り、GoogleのDNSは早いとは言えませんね。
まあ、OpenDNSよりはマシですけども。

GoogleのDNSがどういう仕組みで動作しているのかは、まったく分かりませんけども、所詮はDNSなので、DNSリクエストに対して自分のゾーンではないものや、キャッシュデータに無いものは全てrootのDNSサーバーへと段階的に問い合わせにいくはずです。

この仕組みについて簡易に説明すると下記のような感じでしょうかね?

例えば、「fuminchu.co.jp」というドメインを探す際に、

1、jp
2、co
3、fuminchu

という具合に、まずドメイン「jp」を管理するDNSに問い合わせがかかり「co」が分かり、次にドメイン「co」を管理するDNSに問い合わせでドメイン「fuminchu」のDNSサーバーの場所が分かるという仕組みです。

なかなか上手に説明できませんけども、それだけDNSへの問い合わせ回数が増える事になりますので、そこをGoogleのDNSサーバーなどが「fuminchu.co.jp」のIPアドレスは「192.168.xxx.100」だよという回答をすぐ答えることが出来れば、そりゃDNSのリクエストは1回で済みますから速くなりますよね。

GoogleはブラウザのChromeやOSも開発しているので、これらはWebにつながっていなければ情報にアクセスしに行けませんので、その根幹となるDNSに触手を伸ばすのは、なんとなく理解できます。

ひょっとしたら、アメリカ国内からGoogleのDNSを指定すると、もう少し速度は早まるのではないかと思います。日本⇔アメリカ間の通信が伝送路的に縮まりますからね。まあ、気休め程度でしょうけども…。

ただ、Google的には「高速」だけではなく、ファーミングDNSキャッシュポイズニングなどに対するセキュリティ向上も考慮しているのでしょうけども、本音はGoogleサービスへのスピード表示が目的なはずです。

今後はGoogleが開発している「Google Chrome OS」には、初期状態でGoogle DNSサーバーへのIPアドレスが記載されている状態になるのではないかと予想していますが、そうなるとありがた迷惑な話しになるかもしれないですね。

今後はIPv6への対応が本格化されるであろうDNSですけども、その辺も見据えてのGoogleの対応かもしれないので、意義はあると思います。

自分のプロバイダのDNSサーバーが、どんな設定になっていて、どんな仕組みで動いているのか?なんて事は普通は考えませんけども、全てプロバイダ任せになりますので、Googleを心から信頼している方は、自宅PCのDNS設定をGoogleに変更する、というのもアリかもしれないですね。

私的にはDNSサーバーの障害なのかどうなのか?という障害切り分けに使えるかな?と考えたので、このIPアドレスは覚えておこうと思います。

それにしても「8.8.8.8」なんて覚えやすいIPアドレスを、狙って取得したであろう、Googleが素敵過ぎるのですけども(笑)
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:22 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iPhoneのケースやら保護フィルムやら購入しました

携帯をiPhoneに代えた時、本当はケースとかも色々見たかったのですが、こちらで書いたように、とても時間がかかったため、ネット上で色々調べてから買おうと考え、吟味に吟味を重ね、あれこれ買ってしまいました!!

ちなみに購入したのは下記6点

◎左:ifrogz iPhone 3G Luxe Case - Orange
◎中:パワーサポート アンチグレアフィルムセット for iPhone 3G
◎右:プロテック プッシャーリンク iPod専用USBケーブル



◎左:プロテック P-2WAY USB2基搭載ACアダプター
◎中:SANWA SUPPLY PDA-STN2BK デスクトップスタンド
◎右:SANWA SUPPLY CAR-CHR53U USBカーチャージャー



合計7,314円という、安いのか高いのか、散財なのか妥当なのか、よく分かりませんけども、どれもこれも気に入っております。

ちなみに、ケースを装着したマイiPhoneは下図。
※クリックすると別画面にて拡大表示


裏から見るとこんな感じに・・・
※クリックすると別画面にて拡大表示


購入品全てを撮影
※クリックすると別画面にて拡大表示


これでiPhoneを持つのに手が滑らなくて済みますし、買った際に付いていたビニールを付けっぱなしにしていたので、iPhoneで写真を気軽に撮ることができます。

私はオレンジ色大好き人間なので、このケースをAmazonで見た瞬間に決めてしまいました。作りもしっかりしていますし、この値段なら失敗してもいいかなと思いましたが、結果は大満足。イヤホンのところとボリュームコントロールのところにストラップを通して持ち歩く事も可能そうなので、今度はストラップ探しに奔走しそうです・・・。

アンチグレアフィルムについては、Amazonで好評価だったように、指先の指紋なども残らず、タッチパネルの反応も良く、上出来です!ただ、画面に貼り付けるときに1箇所だけ空気が入ってしまったのが残念でしたが・・・。こういう細かい作業は苦手です。

職場用途として、iPhoneスタンド、USBケーブル、USB搭載ACアダプターの3つを買いましたが、実際に設置して置いてみると、便利に使えそうで、仕事中もしょっちゅうiPhoneを触る時間が増えそうな予感がします(苦笑)仕事の能率が下がったりして・・・

あと、SANWA SUPPLYのUSBカーチャージャーは、しょっちゅう充電しているiPhoneなので、車でも充電できればいいと思い購入しました。まだ試していませんが、見た感じシンプルで期待大です。

とりあえずはこの構成でしばらく使いこなしてみて、また何か足りないものや、飽きがきてしまったら、別のものの購入を検討してみたいです。iPhoneはグローバルスタンダードな携帯なので、あらゆるブランドからiPhone用のグッズが発売されており、ケースだけで5万円とか、セレブ御用達のような美麗なものも存在します。

そもそも持っている人間がド庶民なので、クロコダイルのケースとか、スワロフスキークリスタルで彩られたケースとか、とてもじゃありませんけど買えません・・・。

どちらかというと、見た目よりも機能優先でiPhoneを購入したつもりなので、今後はよきiPhoneアプリを探しつつ、よりよい自分だけのiPhone活用術を探ってまいります。

それにしても1日2回も充電するほど使っている私って・・・iPhone中毒?

仕事中は自重するようにしたいものです(汗)
Twitterでつぶやく

| iPhone・iPad・Kindle | 13:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自宅のプリンターが故障して喜ぶ?

昨日、所要で自宅のプリンターで印刷したいものがあり、数ヶ月ぶりに電源を投入したところ、プリンターがうんともすんともいわない事に気付きます・・・。

購入してまだ3年も経過していないと思う、EPSONのPM-A950というインクジェットプリンターですが、印刷する時のヘッダ部がまったく稼動いたしません(笑)

つまり、プリントはおろかコピーすらまったくできない状態・・・

年賀状や、たまに子供の塗り絵などを印刷するのに使用していただけで、インクカートリッジも1度しか換えていないくらいの回数しか使用していません。困った事に、この時期に故障されてしまうと、年賀状の印刷に多大な影響を与えるのは必定ですので、さてどうしたものかと思案中です。

EPSON勘弁してくれよ~と、恨み節が出ても責められない状態だと思いますし、修理するのにどのくらいの費用がかさむのか、考えるだけで恐ろしい。。。

正直もっと怒りを露にしてもいいのでしょうが、なぜかシメシメと、ぬか喜びをしている私(苦笑)

というのも「これで威張って年賀状デッサン作成を回避できる」と、内心にんまりしている私でして、アホですね~。という事で今年は近所のプリントショップに子供の写真を持ち込み、お金で解決してしまおうという事に決めました。

毎年、ブーたれながら作成していた年賀状のデザイン、このブログでもこれまで散々グチをこぼしてきましたけど、今年は「だってしょうがないじゃん♪」と逃げる正当な理由が出来たので、嬉々として回避いたします!!

これを機に、毎年作成し続けていた年賀状のデザイン作成はもう止めて、別の事にその時間を仕向けるようにしちゃおうとまで考えています。

というのも、最近私の頭の中で響きまくっている言葉、

「己の強みに注力せよ」

が自分の行動に影響を与えているようで、極力得意な事に絞って力を注いでいこうという考え方に、大きく傾きつつあります。

いつまでも自分に無いものを求めても仕方がないので、何度挑戦しても満足のいく結果の出ない事柄は、スパッと切り捨て、自分が元々持つ能力を高めることに時間を費やしたり、また新たな事にチャレンジする事にシフトしていくようにしていきたいです。その方が精神衛生上ストレスもたまりにくいですしね。

今年は、テレビを極力見ないようにした分、自宅で自由になる時間が増加したため、その分を読書時間に割り当てたり、子供と過ごす時間にあてがったりできましたが、来年は、自分の望んでいない行動をも止めるようにしていこうとしています。

ただ、あまりストイックに自分の行動を制限してしまうと、なんとも殺伐とした感覚しか残らなくなりそうなので、必要以上に効率至上主義に走らないよう気をつけながら、己の能力向上に努めていきたいと思います。

それにしても、我が家のプリンターどうしようかな??

一度中を詳しく点検して、障害箇所を特定させたいとも思いますが、いっそのこと処分してしまうのもアリかなと・・・。自宅でのプリンター稼働率と費用対効果を考えた時に、そんなに必要ないものとも言えます。

これを機に、HPなどの1万円程度のプリンタに鞍替えしてしまおうかな?もうEPSONを選ぶことはないでしょうし(苦笑)以前のプリンタもEPSONで、3年くらいで故障した経緯もあり、私とは相性が悪いのでしょうかね。

いずれにせよ、今年の年賀状の宛名書きは手書きが濃厚ですね・・・

それもまた時間と手間がかかる・・・う~ん
Twitterでつぶやく

| その他 | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デジカメ撮影術を高めたい…と思いました

そろそろ年賀状用の写真を用意せねばと、今年1年撮りまくった息子達の写真をチェックしていたところ、ピンぼけせずに良く写っている写真が少ない事に気付きました。

それじゃ、年賀状のメインに添える写真でも撮るかと、ここ数日間はiPhoneを使い、子供達をパシャパシャ撮影する事が増えておりますが、iPhoneはストロボ内蔵ではないので、どうせならデジカメで綺麗に写真を撮影したいと、自宅にあるXactiやExilimを駆使して撮影していたところ、光の加減やら何やらで、後で大幅にPhotoshop修正しなければならず、面倒に感じて頓挫してしまいました…。なにせ面倒くさがり屋なもんで。。。

それならば、はなっから綺麗な写真が撮影できればいいのだろうと、デジカメの撮影術のようなものを探していたところ、見つけたのが下記サイト。

今日から始めるデジカメ撮影術 --目次--
by ITmedia +D LifeStyle

写真家・ライターで、MacとITにも造詣が深い「荻窪圭」さんが連載している、「今日から始めるデジカメ撮影術」でして、2009年12月3日現在で122記事あるのですが、なんと2004年から毎月記事を掲載されている様子。それらの記事を参考に、自分なりに子供の写真を撮影しようと考えました。

それにしてもこの荻窪さんは、パソコン通信時代からWeb上でサイト更新を繰り返しており、その継続力に敬意を払ってしまいます。過去の日記は1995年スタートですよ!!いやはや、頭が下がります・・・。

さて、そんな荻窪さんの100を超える記事達を読んでいると、なぜか自分でも綺麗な写真が撮影出来るのではないかと、勘違い全開な気持ちになってくる私ですが、今まで露出とか気にした事がないので、簡単にはいかなそうです。

以前、デジカメのナイトモード機能を使い、シャッタースピードを遅くして花火を撮影した事がありますけど、手がぶれて大失敗でしたから、カメラを固定する三脚が大事だということだけは理解しています(苦笑)それ以外はまるで素人なため、少しでも参考になる記事があれば試してみようと計画中。

でも、外部のストロボとか持ち合わせていない私は、記事通りの機材を使用して撮影できません。まあ突き詰めると、一眼レフの高級デジカメを持っているわけではないので、プロのカメラマンが撮影するような写真は無理なのは分かっています。でも工夫次第で、そこそこの写真が撮影できそうというのも理解できており、とても参考になっているのは確かです。

特に光の加減具合について書いてある記事は、室内や暗いところでの撮影に威力を発揮しそうです。別に照明を用意して、息子達の雄姿を綺麗に撮影したいものです。

照明って本当に大事ですよね。

シーンに合わせて明暗を使い分けると良い!というのはわかっているのに、本当に身についていないから、いざ撮影しようとした時に混乱してしまうのです・・・。

こういう写真を撮影したい時はこうする、という「撮り方」を身につけるには、実際に何度も何度も撮影し、確認してみての繰り返しになるでしょうけど、綺麗な写真が撮れるに越したことないので、時間をかけてちょっとづつモノにしていこうと思います。

そのうち1眼レフのデジカメが欲しくなったりして(けっこう本気)
Twitterでつぶやく

| デザイン | 23:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iPhoneを手にして困った事メモ

喉から手が出そうになるくらい欲しかったiPhone、実際手に入れて使ってみて、これだけ絶賛される理由がなんとなく分かりました。

人それぞれ使い方が分かれると思いますし、問題点も少なからずあるため、全ての方に受け入れられるものでもないのでしょうが、iPhone1台あれば、携帯やらPCやら手帳やら全て統合できそうな、そんなすごいデバイス機だというのが使ってみての印象です!

とりあえずは、iPhoneを使うのに困った事をメモしておこうかなと思いますので、お付き合いいただければと思います。

まず一番困ったのが、docomoの電話帳などをどうやってiPhoneに取りこむのか?というところでして、こちらはGoogleのGmailを利用した方法で簡単に取り込めました。詳しくは下記ブログ殿で解説されていますのでどうぞ。

docomoからiphoneへの連絡先移行
by 常識という迷信

そして次に困ったのは、単純な話しなのですけど、ホーム画面に並んでいるアイコン(アプリ)の場所をどうやって移動するかでして、最初まったくやり方がわかりませんでした…。ググって解決したのは下記サイト様のおかげ。

ホーム画面のアイコンを並べ替えるには
by できるネット+(プラス)

そして次に悩んだのが、着信音の変更…。内臓されている着信音があまりにもひどいので(初期はマリンバの音です…)、せめて今の時代「着ウタ」くらいはあるだろうという事で調べたところ、下記ブログ殿を見つけました。

iPhone用の着信音を作ろう!着メロ!着うた!
by Tool's 4 Hack

iTunesとの連携技でして、私もまだ1曲でしか試していませんが、今のところ成功しております。ちなみに着信音は、一青 窈の「ハナミズキ」のサビにしています。JRAのCMで使われてから大好きな曲です。

そんなこんなで、一通り設定やら操作の基本を学び、Apple StoreからiPhone用のアプリを選ぶという、最高に楽しい作業をしようと思ったのですが、ふと、自分に必要なアプリって何だろうか?と疑問点が浮かびます。

そもそも私がiPhoneの使い方として想定していたのは、

電話機能
メール機能
写真機能
メモ帳機能
動画機能
ボイスレコーダー機能
ブックリーダー機能


でして、その辺のところは下記エントリーでも書きました。

iPhoneがグローバルスタンダードなのは分かっていますが…
by 気になるけど

電話、メール、写真、メモ帳、動画、ボイスレコーダーの機能は最初からあるため、ブックリーダーのアプリを探しますが、青空文庫ものが多く、KindleのiPhoneアプリも所詮英語の本ばかりなので断念しました。そのうちまたいいのが出るだろうという事で。PDFかtxt形式だったら特段別にアプリをインストールしなくてもいいのですがね…。

あと他には、情報整理とか情報一括収集などにもiPhoneは使えそうという事で、EverNoteのiPhoneアプリと、メディアマーカーのiPhoneアプリを選択しました。

EverNoteは出来栄えが素晴らしく、iPhone経由ではコレが最強だなと納得!!

EverNoteについては、仲良くさせていただいているKumaCrowさんのブログ、

Evernote活用ガイド+エバーノートの使い方+

で確認していただければと思います。

さて、問題はメディアマーカーのアプリでして、PC上でログインしているIDとパスワードをiPhone側で設定しても、「IDとパスワードが違います」のような表示となり、かなり悩みました。

これは自己解決したのですが、ブラウザ経由でのログインIDじゃないんですよね。メディアマーカーで言う「ユーザー名」にて設定する形になります。

メディアマーカーにログインし、「設定」の「ユーザー設定」で自分のユーザー名が確認できますので、もしお困りの方がいましたら試してみてください。私は
これ数時間ハマりましたし、iPhoneアプリの評価欄でも同様に悩んでいる人がいるみたいです…。

とりあえずは、今困っている事はなくなったので、また疑問が出たら第2弾を書くかもしれません。

しばらくは、こんなiPhoneネタが増えそうですけど、興味の無い方は読み飛ばしていただければと思います。

もうiPhone無しでは過ごせなくなりそうです。。。
Twitterでつぶやく

| iPhone・iPad・Kindle | 19:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

計画力を向上させたい

2009年も残りあと1カ月!!

皆様、いかようにお過ごしでしょうか?

私は先日、今年1月から11月までの過去を振り返りつつ、年頭に立てた行動計画と照らし合わせていましたが、それらを見比べていると、計画の約4割くらいしか実践できていないことが分かり、なんとも言えない情けない気持ちになっています…。

普段から計画を立てるのが大好きなくせに、実行が伴ってこない私は、これまでにも色々と書籍やネットの情報などから、方法論やTips集などを参考にし、試してまいりましたが、4割程度という実績を考えるとまったく身になっていないですね。。。

せめて行動計画の7割くらいを達成させるくらいの気持ちでいないと、この先あっという間に年齢を重ね、何もできず、この世の生をまっとうしてしまいそうです。

そもそも立てた計画が無謀という説もあり、年頭に立てた大小さまざまな計画を見直していたところ、やはり計画自体に無理があったり、自分が欲する目的に合致していないような内容も見受けられ、結局は夢を見ていただけという事なんでしょうね。

やはり「目的」や「目標」に沿った計画が大事だなと、改めて思うに至りました。

そこで、今月の計画、来年の計画を含め、数年先、数十年先の計画も立てている私は、計画を立てる「やり方」自体を見直し、もう一度最初から構築し直し始めました!

実際の目標設定についてはSMARTの手法を使いますが、SMARTについては当ブログでも下記エントリーで書いていますので、参考にしていただければと思います。

SMARTを使って目標設定します
by 気になるけど

今回はそのSMARTの手法以外にも、注意点として下記のような事を考えています。

・「できないこと」、「やりたくないこと」は計画しない
・作業は分解して組み立てる
・順番どおりにやる必要はない


特に、作業を分解するという点に注意していて、これはSMARTでいうと、Sの部分→Specific(具体的か?)に絡んでくるものでしょうか。

この辺の手法については、下記無料レポートにまとまっているので、興味ある方はダウンロードしてみてください。私はおもいっきり参考にしています(苦笑)

仕事ができる人には計画力がある。
by セミナーズ 無料レポート
※名前入力&メールアドレス入力が必要

さらに、計画を立てて実行していくのには、実際の行動や作業自体にフォーカスしていくのが大切で、その行動や作業を細かく分解・分析し、より具体的な行動指標に落とし込む事が重要だと考えました。

例えば10kgダイエットすることを考えると、

・運動
・カロリーコントロール


この2つが肝になることはすぐに思いつくはずです。

では「運動」というキーワードを分解していくときに、考えなくてはいけないことは、

・どんな運動をすれば効果的なのか?
・いつの時間に運動するのか?
・必要な器具は?
・有酸素運動である必要はあるか?
・どのくらいのペースで運動するのか?
・どこで運動するのか?
・自分は本当に運動がしたいのか?


などなど、細かい質問を繰り返し、そこで出た答えをさらに分解していくという事を繰り返していき、「運動」に必要な要件などを洗い出していきます。

もちろん、そうして捻出した計画は、常に計測して、問題があれば改善していくという事も大事ですね。

こうしていけば、漠然とした計画ではなく、より具体的に、より細かく練られた計画として、実行に結びついていくと思います。

コツは、自分に向けての適切な質問内容を割り出す事でしょうか…

なかなか時間がかかる作業ですけど、そのくらい本気で計画を立てていかないと、私のような行動無精の者はなかなか重い腰を上げません。

思えば今年のキーワードとして「創造と行動」という事を掲げておりましたが、完全に尻すぼみしてしまった感が強いですね(苦笑)

残り1カ月、このキーワードをもう一度踏まえ、活動してきたいと思います。
iPhoneも手に入った事ですし、がんばります!!
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。