気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

iPhoneで音楽製作に勤しむ

iPhoneや今後発売されるiPadの使い方として、私の中でとても有望視していることが、タイトルにも書きました「音楽製作」としてのデバイス利用です。

DTM(デスクトップミュージック)が本格化してからは、音楽の世界からは遠ざかっていた私ですが、30歳を越えた辺りからムクムクと、また音楽の虫が動き出し始め、少しずつではありますが、環境を整えたり、専用のアプリケーションや機材を買い求めたりと、いつ活動を再開してもいいようには意識してきました。

そんな中、iPhoneのミュージック系アプリを使い出し、驚きの使い心地と、その性能の良さにただただ唖然としちゃいました!若かりし頃、高額のシンセサイザーやシーケンサー・サンプラーなどの音楽機材を買い揃え、カセットテープのMTRに8トラ録音していた事が、全てiPhone1台でまかなわれ、しかもアプリ代金は3千円以下!

これをイノベーションと呼ばず、何と呼べばいいのでしょうか?
私のような、80's、90'sを音楽とともに過ごしてきた者にとっては、現代は夢のような時代に思えて仕方がありません・・・。

iPhone1台あれば、いつでもどこでも、プリプロ程度の楽曲がすぐに作成できてしまいますし、いちいちノートPCや機材を持ち運ぶ必要がないので荷物も減りますし、MIDIデーターやWAVEファイルとして外部PCなどとの連携も可能になったりと、本当に夢のような話しです。

この音楽系アプリをインストールしてから、さらに輪をかけたようにiPhoneをいじくる時間が増えてしまい、自分でもちょっと危険だなと感じています・・・。

今回はそんなハマっているiPhoneアプリをちょっとだけ紹介します。

◎ARGON
IMG_0130.png
ポータブルバーチャルモノフォニックシンセサイザーであり、シンセ好きならば手に入れずにはいられない代物です。音作りもできますし、このARGON単体でステップシーケンサーとしても動作するので、細かいフレーズの作成に活用しております。ちょっと操作性に難がありますが・・・。

◎Xweton Music Studio
IMG_0134.png
これは多くの方がレビューしているように、神アプリと呼んでも差し支えない出来の、本格的なシーケンサーです。このアプリだけで128トラック・20音+ドラムセットが使用可能です。私は1700円で買いましたので、この値段でこれだけの機能というのが信じられません・・・。今後アップデートにより機能拡張がうたわれているようなので、これからも期待大です!!

◎iChordPlayer
IMG_0133.png
このアプリは、あまり使用している人がいないようですが、単純に小節ごとにコード進行を作成するだけのアプリです。私はメロディとコード進行を別々に扱いたい派なので、このアプリを多用しています。たまに誤動作しますが・・・。

他にもいくつか試しましたが、今のところはこの3つをよく使用しています。

今から15年くらい前に、YAMAHAのQY8という、おもちゃのようなシーケンサーを持ち歩いていた事がありましたが、その時と雲泥の差ですね(笑)

本当に良い時代になったものですね。

プロユースにとってはまったく物足りないでしょうが、私の満足度は高いです。
Twitterでつぶやく
スポンサーサイト

| iPhone・iPad・Kindle | 17:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Twitterを始めてみての雑感

私のTwitterアカウント:@fuminchu01

2010年になったら始めようかな?とぼんやり考えていたTwitterですけども、実際に始めてみて1週間以上が過ぎ、半ば自制気味でつぶやいております・・・。

下記エントリーでも、ちょっと消極的な行間が読み取ることができます(汗)

なんとなくTwitterの登録をしました
by 気になるけど

公私ともに、普段からiPhoneを手に持っていることが多いので、実はつぶやこうと思えば、いくらでもつぶやけます。どうせ始めたのだから、もっと気にせず頻繁につぶやけばいいだろう、とも思うのですが、なんて言うか、思いついたことや起こった出来事をすぐさまTwitterへ!という意識付けが、なされていないのでしょうね・・・。

このネタはブログで使えるかもとか、このサイトはブログで紹介しよう!とか、やっぱり私はブロガーなんでしょうか(笑)

Twitterしかしていないのであれば、もっと頻繁に色々なことについてつぶやいているのかもしれませんけど、プライベート関連はmixiを使用していますし、ネット上の自分メディアとしてはブログがありますし、Twitterの立ち位置が決まらない感じです。

実はTwitterを始める前に、こういう使い方をしてみようかな?という案がいくつかあったのですが、参考までに書いてみます。

・毎日30回腹筋をし、終わったらTwitterで報告
 →1年で1万回以上腹筋する形になるので、メタボ対策にもいいかと・・・

・本を読んだ中で気に入ったフレーズをつぶやく
 →簡易書評帳としても使えそうかなと

・食べてみて美味しかったものをつぶやくグルメツイート
 →自分用のグルメログとして保存も可

・今日覚えた英単語をつぶやく
 →英語のお勉強にも使えるかも・・・


などなど、他にもくだらないものが幾つかありますが、割愛いたします。

この中で、正月明けに本気でやろうと考えていたのが、「腹筋ツイート」でして、1年間腹筋を続けた後の自分のお腹がどうなるのか、という検証も出来るかな?などと、一人で盛り上がっていたのが、記憶に新しいです。。。

で、結局は他にもやる事満載な状況で、今後の検討課題としてしまいました(苦笑)

まあ、Twitter自体緩いサービスではありますので、変に気負って「こうやって使うのだ!」と意気込む必要もないですし、上記で書いた事も織り交ぜ、たまにつぶやいていこうかとも考えています。

とくに英単語は後で振り返ることもできますし、英語のフレーズの勉強にもなると思っているので、どんどんつぶやいていきたいところではあります。問題は、そこまで英語に対する普段の意識付けがなっておらず、なかなか習慣化しにくそうなところでしょうか・・・。

どうせTwitterを使うのならば、自分を向上させる目的に使用していきたいので、情報収集や時事情報の確認を含め、目的を持って進めていければなと。

あと、人のつぶやきをあまり見ていないので、気になる方のつぶやきを、もう少し詳しく見ていき、フォロー数を増やしていきたいところです。ちなみに、フォローされたらば、できるだけフォローしようと考えています。

今のところ本気になっていないTwitterですが、面白い使い方を思いついたらば、ガツガツつぶやいていきたいですね。
Twitterでつぶやく

| Twitter・tumblr | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iPad予想通りに素敵すぎ

アップルスペシャルイベント更新終了しました
by Gizmodo Japan

iPadの発表!待っておりました。

Gizmodo Japan様で大特集されております。

今日のブログネタはこれしかないでしょう!

興奮冷め止まぬ感じで、午前中は仕事にならなかったのですが(苦笑)、ついにiPadを発表したAppleでして、ある意味予想通りiPhoneの拡大版的な製品となっており、iPod TouchやiPhoneのアプリも使用可能で、WIFIだけでなく3G回線モデルまでラインアップに加えられています。

また、外部キーボードを接続することにより、PCライクな使い方も可能となっており、iPhoneの画面では小さ過ぎると思っている私は、大変魅力的な製品と考えています。

タイプしやすいキーボードドックも用意
by Gizmodo Japan

さらに、電子ブックリーダーとしての機能として、iBooksの発表もおこなっており、画面上に並んだ本棚で購入した書籍の管理を行えるようです。Kindleを実際に手にしたことはないのですが、カラー表示可能という点ではiPadの方が勝っていますね。

iPadの読書体験(動画あり)
by Gizmodo Japan

iPad用に改良された新版iWorkや、iPadに書籍を直接ダウンロードできる電子書籍ストア「iBookstore」も新たに提供されます。

iWork 2010発表。iPad用のアプリは1つ9.99ドル
by Gizmodo Japan

さて、気になる価格ですが、3G回線無しのSSD16GB版で499ドル!
WIFI+3G付きのSSD64GBで829ドルというのがMAXですので、価格的な訴求力は高いと考えています。

日本での発売は6月以降になりそうですけども、もうこれはiPad貯金しなきゃダメでしょう(笑)でも既存iPhoneとの兼ね合いもあるので、もう少し使い方を検討してみなければいけませんな。。。

あくまでも自宅使用がメインだと、WIFIのみの499ドル版で十分ですけど、外で使用したいならば3G回線が必要でしょうね。もしくは、余計に費用負担が増えますが、ウィルコムのどこでもWIFIなどを使用するとか・・・。そうすれば3G回線がなくても、ウィルコムがつながる所であればWIFIにてiPadをオンラインで使えます。

魅力いっぱいのiPadですけども、難点として考えられそうなのが、専用のスタンドなどが無いと使いにくいのでは?という部分でしょうか。9.7インチのタッチスクリーンに加え、約700グラムの重さなので、寝転がって上向きに片手で使用するのには難がありそうで、ソファーの上などで膝を立て、ペンツールなどで使用するというのがスタイル的に合っていそうな気がします(Appleスペシャルイベントのスティーブジョブズの体制)。と書きましたが、iPad用レザーケースはスタンドにもなりそうですね・・・。

iPad用レザーケースはスタンドにもなる
by Gizmodo Japan

他には、NYタイムズなどの新聞の配信にyoutubeの動画を埋め込むという手法は素敵過ぎるのですが、flashが見れないと・・・。iPhoneのsafariでは、web上のflashを表示できませんので、Appleも意地を張らずに、きちんとAdobeと手を組めばいいだろうにと、使用する側からは思います。

あとは難点ではないのですけど、このiPad、iPhoneやiPod Touchユーザであれば、きっと欲しいと思う理由が見つかると思うのですが、Apple製品未使用のユーザに、どういう形で訴求していくかが重要になると思います。

底辺のiPadユーザを広げなければ、「やっぱりタブレットは売れない」という判断をスティーブジョブズならしてしまいそうな気がしていて、せっかく魅力的な製品なのに、もったいないよな~と。

例えば、私の嫁さんにiPadを買わせるとしたら、まず499ドルの価値がどこにあるのかを、きちんと説明しつつ、こんな事も出来るんだ!と、感動させてやらねば、決して購入しないと思います(苦笑)

「タブレットのiPad?ハァ?Windows7のノートPCじゃダメなの?」とか言われたら、気の弱い私は、しどろもどろになるでしょう(汗)

「いや、違うんだ。iPadはブックリーダーにもなるし、iPhoneのアプリとかも使えるし、何より見やすいし、持っていると注目を集めるし・・・」と説明している最中に、「それって本当に必要なの?無ければ困るわけ?」と言われたらOUTですね(弱ぇ~)

私がiPadに魅力を感じている部分が、他人も同じように魅力と感じるとは思えませんので、嫁さんのようなセグメントに対してのマーケティングは厳しいものになりそうな予感が・・・。

iPhoneならば、電話やメール以外にも云々と、分かりやすく訴求できる部分があるのですけどね~。「softbank携帯で充分だし!」とか言われると、それ以上奨められません。

なんだか自分も、iPadを持ちたい理由は、ただ「ステイタス気分」を味わいたいだけでしかないのかもしれない・・・とか思うと、本当に欲しいのかどうか疑問に感じてきました・・・。

iPhoneに外部ディスプレイが接続できれば、画面の問題は一応解決しますし、そう考えるとiPadって・・・いやいやいやいや、やっぱりiPadはiPadで魅力的な製品ですよ!!

と、自分に言い聞かせる。

人になんと言われようとも、やっぱりiPadは本能で欲しいです(笑)

皆さんは欲しいと思いませんか、iPad?
Twitterでつぶやく

| iPhone・iPad・Kindle | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

静電気の脅威を軽減しようって話しです

どうも、血液がドロドロで帯電体質のfuminchuです。

この季節、鉄の扉でピリッ!車に乗る時にピリッ!パソコンの電源ボタンを押した瞬間にピリッ!人に書類を渡す時に手が触れてピリッ!などなど、静電気で痛い目に遭う方も多いのではないでしょうか?

私は昔から静電気でバチバチいわせていた方なので、乾燥しやすい冬期間は、あらゆるところで電気を放出させており、自分だけでなく、人に被害を与えたり、マシンに被害を与えたりと、これまで散々な思いをしてきました…。いったいどれだけのマシンをショートさせてきたか…ってこれ笑いごとではありません。

防電シューズを履いたり、なるべく電気の発生しない衣服を選んだり、キーホルダ状の徐電グッズを使ったりと、これまで改善を繰り返してきましたが、障害時に、いちいち自分の体の中の帯電流を発散させてとか、そんな悠長な事言ってられませんので、そういう時に限って指先からバチバチ火花を散らせる始末。

まるでゴロゴロの実を食べたエネルのような私ですが(ONE PIECEネタです…)、実はここ数年、家でも職場でもさほど静電気の被害に遭っておりません!ひょっとしたら、体質が変わってきているのかもしれませんし、年齢的(おっさん)なものなのかもしれませんが、自宅・職場・客先で、静電気除去シートやマットを導入した事により、大きく改善したと考えています。

そんなバチバチ言わせていた私に救いの手を差し伸べてくれた素晴らしいグッズを扱っているのは、産研科学株式会社であり、ここの製品を私も導入しています。

静電気対策用品などを中心に開発販売を行う「産研科学株式会社
静電気対策用品一覧
by 産研科学株式会社

この中の「パチピタ」を10枚ほど購入して、ドアなど様々なところに貼り付け、普段からその静電気除去シートを触る癖を付けることにより、最悪な静電気被害から解放されました。もちろん100%ではないですけども、鉄のドアノブなどが怖くなくなりました(笑)

サーバ室やマシン室などには除電用の「ステップマット」を置くことにより、外部の人が入室してきても、そのマットを踏まないと入れない状態にすることにより強制的に除電させているので、静電気が原因かもしれないマシントラブルは減っているはずです。

「減っているはず」と書いたのは、実際のところマシントラブルが静電気によるものかどうかというのは、火花でも散ればわかりやすいのですけど、意図せず人体から電流が機械に流れてしまう場合が多いので、原因は静電気ですと一概に言えない部分が多いからです。

「冬場になるとマシントラブルが増える」

という場合には、気温の低下もさることながら、静電気を起因とするものが多いのではないかと考えています。

また、自分の周りにある機械がしょっちゅう壊れるという人は、自らが起こす静電気が原因である可能性を考慮する必要があるかと思います。

統計的に、静電気が及ぼすマシントラブルがどれほどのものなのか、よくわかりませんが、少なくない数の事例が潜在していると予想しています。

また、静電気のバチッとくる痛みが激しい方もいらっしゃると思いますが、静電気除去シートなどを購入し、日々ふれる習慣にしておくと、驚くくらい電気ショックが減るはずです。

静電気にお悩みの方は、「パチピタ」などお奨めいたします!

ちなみに静電気の仕組みなどは下記サイトに詳しいので確認してみてください。

静電気を科学する
by KEYENCE CORPORATION
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Google Chrome 4が公開されました

Google、最新Webブラウザ「Chrome 4」を正式公開
by ITpro

自宅で職場で大活躍のGoogle Chromeブラウザですが、最新のVer4が公開されましたので、さっそく後先考えずにアップデートいたしました(苦笑)

Gppgle Chromeについてを開き、今すぐアップデートをクリック


Version4になりました
chrome4-1.jpg

拡張機能が正式版となった
chrome4-2.jpg

ブックマークの同期がGoogleアカウントと連携して可能となります
chrome4-3.jpg

正直言って、ブラウザの表示速度などはこれまでと変わらない感が強く、他に何が変わったのかと言われても、拡張機能が正式版になり、さまざまな機能拡張が可能になったというのと、ブックマークの同期くらいでしょうか・・・。

私は自分のChromeに、特殊なプラグインなどを適用させてはおりませんが、どちらかというとアメリカ内で流通しているプラグインが多く、興味を得るものは見当たらないので、Ver4にした恩恵はさほど得ていない状況です。

使ってみたところ、特段不具合も無いようなので、私が使用するPC全てのChromeをVer4にしてしまいました。何か問題があれば、IE8やその他のブラウザに移行するだけですが、ChromeのWebページ表示性能の高さは関心しているので、今後もChromeをメインブラウザに据えておきたいですね。

残念ながら、仕事環境ではIEをメインにせざるを得ない部分があるので、渋々メインブラウザにしていますが、やはりIEだと表示が崩れるとか、Twitterのリスト画面が隠れてしまうなど、面倒な事が起きがちですけども、IEのActiveXでなければ動かないグループウェアを使用している関係上、Chromeをメインにするわけにもいかず・・・。

他にはgooRSSリーダー(インストール版)を利用していますが、こちらもIEをベースにしているため、使い心地が悪いと感じる事が増えています。

最近利用が大幅に増えたiPhoneは、safariを採用していますが、flashさえ表示できればsafariでもいいかな?なんて気もあります。その時その時で気に入ったブラウザを使えていればいいのかな?と半ば達観しておりますが、今のところのBESTは、やはりChromeでしょうか。

今後新しいブラウザが出てくる可能性は低いと思いますが、もし、mixiやFaceBook辺りが専用のブラウザを提供してきたら、ちょっと試してみたい気はします。

まあ、ぶっちゃけ使いやすくて不具合が無ければ、何でもいいんですけどね・・・。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LTEについてのおさらい

予定通りであれば、NTTドコモが2010年12月からサービス開始を宣言している、LTE(Long Term Evolution)での通信ですが、かなりコアな部分まで解説してくれているコラムを見つけ、ついネタにしてしまいました…。

第1回 サービス開始まで1年に迫ったLTEって何?
第2回 LTEのネットワーク構成
by @IT

Long Term Evolution
by Wikipedia

LTE(Long Term Evolution)とは現行の携帯電話の技術を発展させた次世代の無線技術のこと


と記載されている通り、LTEは次世代の無線通信規格という位置づけですが、これまでは、無線なのに光並みのスピードで通信が可能、という点だけクローズアップされていて、パケットの中身がどうなっているのか、各通信キャリア(ドコモ、au、softbankなど)がどういった対応をするのかまでは、私もわかりませんでしたが、上記コラムで上手にまとめてありますので、詳しくはそちらを参照いただきたいと思います。

ちょっと内容的に技術よりの話しなので、私もちんぷんかんぷんな所が多かったのですが、LTE規格は現行の3G規格のように、基地局制御装置「Radio Network Controller:RNC」が必要なくなり、ネットワーク構成が簡素化される、という部分が私的にツボでした。

これまでの3G通信規格では、音声については従来通りの回線交換式が採用されていて、データ通信(ネットやメール等)だけパケット方式だったのが、LTEでは総パケット方式に統一されており、プロトコル的(通信規格的)に単純な仕組みにする事ができます。それがLTEの通信速度が速い理由の一端となっていると思われますが、パケット通信方式での音声を扱うVoIP(Voice over IP)で音の品質が高い事は、SIPなどを見れば、すでに証明されていることなので、より高品質の通話が可能になるでしょう。

また、LTE規格を制御する、スイッチ機器の技術的進歩も目覚ましく、5~6年前ならば夢物語だった事が、現実になってしまうくらいの技術革新にて、このLTE自体支えられています。

残念ながら、私の持つiPhoneのsoftbankは、LTE規格の対応が遅れそうで、2011年7月からサービス開始を予定しているようで、その頃に合わせて新しいLTEのiPhoneなどが発売されるのを心待ちにする形になりそうです。ちなみにドコモも携帯電話端末でのLTEサービスは2011年となるようです…。

今皆さんが持っている携帯電話で、LTE規格に対応する「LTEチップ」を搭載したものは存在しないと思いますが(2010年1月現在の話)、すでにNTTは既存の基地局にLTEの装置を導入し始めているので、2011年には大都市辺りで、超高速なネットを楽しむ事ができるはずです。

ドコモ、LTEに対応した光張出し基地局用の無線装置を導入
by RBBtoday

まあ、通信自体が速度UPしても、端末側の処理が遅いと意味無いとも思うので、端末側での進化もお願いしたところでしょうか…。

携帯電話機器などのモバイルで、光ファイバー並みの高速通信が可能となり、いつでもどこでも、電波の届く範囲内であれば、音声だろうが動画だろうがストレスなくいつでもネットワークに接続可能になることを考えると、今後どのようなサービスが開始され、どのような世の中になっていくのか、夢がある話しですよね。

最近夢が感じられないニュースばかり見ているので、せめてLTEに思いを馳せ、おまんまの食い上げにならないように、祈るばかりです(これが本音)
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今さらながら2009年ランキング本のチェック

年間本ランキング特集2009年
by オリコン

年が明けて年賀はがきの当選番号が発表される頃にもなって何なんですが、今さらながらオリコンの2009年の本ランキングを見て、欲しい本のチェックをしておりました。

とりあえずは私が見て、これは読みたい!と直感したものを6冊挙げたいと思います。

・つみきのいえ
・くらべる図鑑
・からだにおいしい 野菜の便利帳
・日本人の知らない日本語
・おつまみ横丁―すぐにおいしい酒の肴185
・越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文




これの他にも村上春樹さんの「1Q84」とかもありますが、以前にもこのブログで読みたいと書いているので、省いてしまいました(汗

「つみきのいえ」は昨年話題になったため、すでにアニメーションなどで見た方も多いとは思いますが、私はこの本の名前しか聞いた事がなく、あらすじとかわかりませんが、先日の「びんぼう神様さま」で絵本的なものに興味が湧いたので、余計に読みたくなったのかもしれないですね!最近、感動に飢えているのかもしれません・・・。

「くらべる図鑑」は、単純に息子と一緒に読みたいと思いました。こういう子供向けの図鑑などは、実は大人が見ても大変参考になることが多く、むしろ大人向けでもあるのかもしれません。子供と一緒に学べる、そういう本として活用したいと思いました。

「からだにおいしい 野菜の便利帳」は以前本屋で軽く手に取った事があり、今まで忘れていたのを思い出した、という感じで選びました・・・。近年野菜の美味しさに目覚めた私は、20代の頃に比べて格段に口にする回数が増えました。先日行ったヴィクトリアステーションでは、サラダバーだけでお腹が膨れるくらい野菜を食べまくった私ですが、自分の好きなものくらいは詳しく知っておきたいですね。

「日本人の知らない日本語」ひょっとしたら以前にもこのブログで紹介した事があるかもしれませんが、以前本屋で手にした時にパラパラと眺めましたが、絵と外国人から学ぶ日本語のルーツ、という感じでしょうか?その時は買いませんでしたが、やっぱり読んでみたいと思い選択。

「おつまみ横丁―すぐにおいしい酒の肴185」この本も以前このブログで書いた事あるかもしれませんけど、酒の肴好きな私としては常に手元に置いておきたい一冊です。自宅ではそんなに晩酌しないのですが、美味しい酒の肴があれば、酒量が増えるかもしれませんね・・・。

「越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文」この本は始めて知ったのですが、ついつい誤訳しがちな表現ってどんな感じなのだろうと、興味を覚えました。外国で「Hot Water Please」と言うとぬるま湯しか出てこず、「boil Water Please」と言わないと沸騰したお湯がもらえないとか、その程度の知識しか無い私では難しいかもしれませんが、一見の価値はあるのでは?と考え選定。

今回挙げた6冊の本を見て、気付く方もいらっしゃるかもしれませんが、この中に1冊もビジネス書が入っておりません・・・。というのも、このオリコンの2009本ランキングのビジネス書や自己啓発書を見ても、5分の1くらいは読んでいる感じで、これといって他に読みたい本は見当たりませんでした。

最近ビジネス書から少し距離を置こうとしていることもあるのかもしれませんが、茂木さんや苫米地さんの「脳本」はもうお腹いっぱいなので、今後手に取ることはないでしょうし、他にも色々と似たような記述の書籍は持っているので、よほど読みたい!と思うようなものでなければ、なるべく「名著」と評判の高い書籍をピックアップして購入していこうと考えています。

本代もバカになりませんし、今年はできるだけ実際に書籍を手にし、読みたいと感じるものだけ買って、それ以外は図書館の活用を心がけていきたいですね・・・。

そういう意味では、上記6冊は買って読んでみたいと思わせる「何か」があった本なので、購入本リストの上位に入れておきたいと思います。

年々リストだけ膨らんで何が何だかわからなくなってきていますが、どうしても読みたい衝動にかられる本か、ここ2~3年の間に必要になりそうな知識本を優先してリスト作成しています。

たとえお金がたくさんあっても、読む時間は限られきますし、速読にも限りがあるので、自分の中の本選びの基準をもう少し考えてみる頃なのかもしれないですね・・・。
Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Windows7のフォントと外字について

Windows vistaから初期導入されている、JIS2004フォントですが、当然Windows7でもJIS2004フォントで構成されております。

ではWindowsXPの場合はどうだったかというと、JIS1990という文字セットが使われており、XP用のJIS2004対応フォントパッケージは、WindowsUpdateなどで「カスタム」から一覧を確認すれば、個別にインストールすることが可能です。

ちなみに、このブログでも過去にJIS2004対応フォントの記事を2つほど書いております。これ初期の頃ですね(苦笑)

JIS2004対応フォントを入れてみた
「西」が「す」で印刷される
by 気になるけど

やはり文字体系が違うので、印刷してみると表示が違っていたとか、色々不具合もあるようなのですけども、日本工業規格ではJIS2004を標準規格としているので、いくら文句を言おうが、このフォント様式に合わせていかなければならないのです。

JIS X 0213(JIS2004)
by Wikipedia

しかし、そうは言っても、過去のファイルで文字化けだらけになるのもよろしくないという事で、Microsoft側ではWindows XPの標準フォント環境である、JIS90文字セットをWindows 7向けに提供してくれています。

Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 で旧 JIS90 文字セットを使用する方法
by Microsoft

上記サイトからお使いのOSに沿ったパッチをダウンロードしてインストールすればOKです。

まあ正直言って、このJIS90パッチを当てなくとも、問題があるのならJIS2004側に合わせて修正すればいいだろう、とも思いますけども、官公庁など公的な機関ではなかなかそうも言っていられないのが現状でしょう…。

ですが、そんなJIS規格の問題よりも、私的にハマってしまったのが、WindowsVISTAやWindows7で使うOffice2007で外字がうまく表示出来ない、という問題の方でして、こちらの方がずっとインパクトがありました。

外字を使用する企業・団体などは、どのくらいの数が存在するのかわかりませんが、私のお客様の中で、Windows7のPCを導入したら、ExcelやWordで外字が使えなくなったという方がおりまして、対応したのですがかなりハマりました。

よくよく調べを進めると、Office2007側で外字が正常に表示されない、という障害だったため、そちらの線でWebから情報を探ってみたところ…

Windows Vista 上の 2007 Office プログラムまたは Office 2003 プログラムで外字 (EUDC) が中国語フォント MingLiU_HKSCS の文字に置き換えられる
by Microsoft

という、ズバリそのものの既知の問題があったようで、上記サイトに書かれている内容を応用して、正常に外字が表示されるようになりました。

具体的に書くと、繁体字中国語フォントである「MingLiU」というフォントが、Office2007では「外字」登録した場所と被ってしまい、MingLiu側が優先されるため、外字表示がなされない、という問題になります。

これを回避するのに、「MingLiU.ttc」の名称を「MingLiU.bak」などと拡張子を換えるという内容が、上記サイトの内容になります。

ただ、Windows7には「MingLiU.ttc」と「MingLiUb.ttc」という二つのフォントファイルが存在しており、悩んだ結果、そのお客様のところでは中国語フォントは一切使用しないという事で、両方とも拡張子を変更して、事無きを得ました。

詳しい手順は上記サイトに掲載されておりますので、ここでは詳しく書きませんが、アクセス権の設定のところで少々分かりにくいかもしれませんので、下図のようにアクセス権を付与すればファイル名の変更が可能となります、という事を追記しておきます。

※クリックで拡大します


最近Windows7をいじることが増えて、おかげでだんだん詳しくなってきておりますが、まだ深~い部分までは触っていないので、Win7のMCPを取得できるくらいにまでいけたら理想ですね。
Twitterでつぶやく

| VISTA・Windows7 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なんとなくTwitterの登録をしました

ついにというか、やっとというか、昨晩からTwitterを始めました。。。

IT技術者たるもの、Twitterくらい知らないと云々…という理由ではありませんが、以前から興味があったにも関わらず、ハマってしまうと四六時中つぶやいてしまいそうな気がしていて、あえて自主規制していた私。過去にこのブログでもそんなこと書きましたね。

Twitterに手を出したいけど出せない
by 気になるけど

1年以上見合わせていたTwitterですが、なぜ突然登録したかというと、ビルゲイツも始めたというニュースを見て、ふと登録してしまったという感じでしょうか?

B・ゲイツ氏、Twitterでつぶやきを開始
by CNETjapan

他に特にこれといった理由もなく、なんとなく登録だけしておくかな?という軽い気持ちですので、びっちりつぶやくつもりもないですし、フォローとかそんなにしなそうですけど、こんな奇特なITおやじでよければ、皆さん気軽にフォローしてやってください(笑)

私のTwitterアカウントは@fuminchu01です。

いざつぶやこうとすると、何をつぶやいていいものか悩んでしまう、というのが分かりましたが、もう少し詳しくTwitterについて調べてみようかと考え、勝間さんのブログとか、色々チェックしてみましたが、早くもお腹いっぱいな感じです…。

勝間和代のTwitter初心者のための使いこなしの10ステップ
勝間和代のTwitter初級者が中級者になるための使いこなし10ステップ
by 勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!

フォローすべきTwitterアカウント一覧
by ideapad

iPhoneからのツイートアプリをどうしようかとか、Twitter.comのままだと使いにくそうだから「twit」などのサードパーティ製のものにしようかとか、検討することはまだまだたくさんあってですね、すでに頭がパンクしそうです(汗)

twit
by ヒビノアワ

そもそも頻繁につぶやかない?と思うので、何か特定の事柄についてつぶやくようにしようかとか、ブログと連動させて云々とか、アイデアは幾つかありますが、しばらくは「一日一つぶやき」くらいのペースで淡々と利用していこうかなと。

まずは「@」「RT」「#」の使い方くらいはきちんと学ぼうと思います(苦笑)

と言いつつ、すでにこのブログパーツ的な感じで、ツイート表示させてしまっていますが(汗)

結構やる気なのかもしれないですね私。。。
Twitterでつぶやく

| Twitter・tumblr | 19:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3Dプリンターに興奮

HP、Stratasysと提携し3Dプリンタ市場に参入
by ITpro

ITproの記事を眺めていて、3Dプリンターという言葉が頭から離れず、どんなものなのか異常なほど興味を覚え、wikipediaから始まり、色々調べていくうちにますます興味を抱き、1時間くらい仕事を投げ出して夢中になってしまいました(反省)

3Dプリンタ
by wikipedia

Wikipediaで調べてみると、

立体つまり三次元のオブジェクトを造型するプリンタ


とあるので、てっきり3Dメガネでもかけたら立体に見えました的な、そんなユルい感じのを想像していただけに、いい意味で期待を裏切られました。

その後下記2サイトを見て、こんな技術があったのだと、物作りの世界を垣間見たようで、
興味をそそられ、その精工具合に驚嘆の声をあげずにいられませんでした。ついつい仕事中に周りの人を巻き込んでしまいましたが、いやいやこれびっくりですよ!

3Dプリンタナビ
by 丸紅情報システムズ

フルカラー3Dプリンタで造形モデルができるまで
by @IT MONOist

今年は3Dの年になる!なんて薄型テレビ業界では囁かれているように、何でもかんでも3Dとか言えばいいもんじゃないだろうと、そんなイメージを抱いておりましたが、こりゃー3D元年となるかもしれませんね…。3Dプリンターの、秘めたるポテンシャルに驚きを隠しきれません!!

価格的にはまだまだ業務用という扱いですけども、今後技術が進歩して量産され、これが家庭内に導入されていくと、子供の夏休みや冬休みの自由研究は、こぞってこの3Dプリンターで作成したもので溢れかえるかもしれませんね(笑)

私はCADの操作はともかく、設計的な知識とかチンプンカンプンなので、使いこなすことは無理ですけど、実際に印刷というか、立体物が造形されていく過程を生で見てみたいものです。

石膏の粉を利用したZ CorpのZPrinter 450 Introductionのデモ動画を見つけたので、ぜひその作成過程を見てみてください。



まったく使いこなせませんけども、自分でも使ってみたいなぁ~3Dプリンター…

なにやら自作の3Dプリンターで157,500円という、ものも見つけましたが、こちらは樹脂で立体造形物を作り出すタイプのようして、フルカラーとまではいかないようで。

Cup Cake CNC

こういった3Dプリンターは、多くのプロトタイプが必要な自動車業界が主なユーザーだったようですけども、今や建築業界や医療業界、おもちゃ業界やアートまで、幅広く導入が進んでいるようです。

物作りとは程遠い世界に生きておりますので、こういうのって憧れてしまいがちですが、自分で描いたものが、短時間で3Dの造形物として手にすることが出来れば、それはまさにイノベーションと呼んで差し支えないでしょう。

3Dプリンター、なめてました…

本当にびっくりです。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新しいSANYOのXactiとSONYのBloggie

昨日私のお客様と、デジタルムービーは何が良いかという話しになり、私はSANYOのXactiを使用しているというところから、新しいSONYのBloggieにまで話が及び、おおいに盛り上がりました。

そのお客様は、安いデジタルムービーを探していたようで、とても参考になったとの事で、多分喜ばれていたと思います。そのお客様の頭の中では、デジタルムービー=10万円以上という図式が出来上がっていた様子で、まさか3~4万円でHD画質の動画を撮影出来る機種があるなんて、夢にも思わなかったようです。

その辺は私も一度通ってきた道なので、色々助言出来る部分があったのですが、やはりどうしても気になるのは画質の部分だったようで、それならという事で手持ちのXactiを持ちより、息子のサッカー動画などを見せてあげたところ、驚いておりました!

私のXactiは廉価版なので、HD画質ではありませんが、その映像が予想以上に綺麗だったみたいで、これよりもっと綺麗なはずと伝えると、もう今にもAmazonアタックしそうな勢いに、私もタジタジ…。

そんなこんなで、今日は新しいXactiとSONYのBloggieを紹介したいと思います。

Xacti DMX-CS1
ニュースリリース
by sanyo

Xactiの新しいモデル、DMX-CS1ですが、発売日は2月19日予定で、価格はAmazonでチェックしたところ39,800円でした。



気になるスペックですけども、

MPEG-4 AVC/H.264方式フルHD(1920x1080記録)
写真ピクトライズ800万画素記録
サウンドズーム機能
広角38mm 10倍アドバンストズーム
Eye-Fi連動機能
ムービー・写真 顔検出追尾機
手ぶれ補正機能
ステレオ録音
ミニHDMI端子搭載
SDXCメモリーカード対応
62.5(W)×26.8(D)×123.5(H)mm
体積:約126cc
質量:約142g


となっており、フルHD画像、静止画800万画素、サウンドズーム機能、ミニHDMI端子装備、SDXCメモリーカード対応という辺りが私にはツボでした。

特にサウンドズーム機能とミニHDMI端子については、注目しています!

このクラスのムービーはもうフルHDが標準なので、次に差別化するとしたら「音声」かなとも思いますので、この音の位相を反映させる仕組みには、かなり心が揺さぶられます…。

ただ、一つ前の最上位機種である、DMX-HD2000が41,296円で購入できるうえ、この機種が持つ600コマ/秒スーパースロームービーなどの多彩な撮影モードを備えている事を加味すると、サイズを気にしなければ、こちらを手にした方が満足感は高いかもしれませんね。



私はXacti CG10ユーザーなので、上記のお客様にもXactiを奨めましたが、実はもう一つ同等の製品で、SONYのBloggieが気になっておりました。

モバイルHDスナップカメラ“bloggie”(ブロギー)
by sonystyle

MHS-PM5Kという、ちょっと変わった形のタイプが26,800円、その上位機種?にあたるMHS-CM5が29,800円を予定しており、2月5日発売予定との事です。

ソニーがモバイルビデオカメラ「bloggie」 動画を簡単にアップロード
by ITmedia

気になるスペックは、カタログ記載を見つけられず、Web上の記事から抜粋しますが

MPEG4 AVC/H.264フルHD画質(1920×1080)
静止画500万画素記録
顔検出・手ブレ補正機能
メモリースティック対応
SD/SDHCカード対応
内蔵USB端子を搭載
ミニHDMI端子搭載
内蔵ソフト「PMBポータブル」でmixiやYouTubeなどに動画や静止画を簡単にアップロード可能

光学5倍ズーム(CM5)
連続記録時間105分(CM5)
39(幅)×101.4(高さ)×67.1(奥行き)ミリ(CM5)
質量:約196g(CM5)

ズーム無し(PM5K)
レンズ部が270度回転(PM5K)
「360ビデオレンズ」も付属(PM5K)
4GBのメモリースティック PROデュオを同梱(PM5K)
19(幅)×108(高さ)×54(奥行き)ミリ(PM5K)
質量:約130g(PM5K)


という、どちらかと手軽に撮影するため安価にしている、という構成になっていますが、それでもフルHD画質ですからね~。

静止画の画素数やズームなどもXactiに劣りますが、注目はPM5Kタイプの、360度ビデオレンズでしょうね。Googleのストリートビューを撮影しているカメラみたいな、360度視野の動画ってどんな感じに見えるのか、ものすごく興味があります。新しい使い方と言えるのではないでしょうか?

PM5Kはズームが無いのが痛いのですが、4GBのメモリースティック付属とか、一長一短な面は否めませんが、価格の安さや機能の面白さで考えると、Xactiと競合すると思います。

主に「街撮り」をターゲットにしていると思われますが、子供の運動会などでもいけるかもしれません。

…という形で、お客様に説明した感じで書きましたが、総体的にXactiの方が魅力が大きいと思いますが、Bloggieの安さと360度ビデオレンズには惹かれますね。

お客様もその辺で悩んでいたようですが、どちらを購入するのか?それとも別な機種を買うのか?

私的にはとっても羨ましく感じます。

私はスペックを見てニタニタしたり、家電量販店で実際に手に取りニタニタするだけで満足できてしまいそうなのですが、手持ちのXactiが故障でもしなければ購入することは無さそうです(泣)

こういう風に製品の比較をしながら検討したりするのが好きなので、めでたい性格なのでしょうね…。

お客様が購入した暁には、ちょっと触らせてもらうつもりです。
Twitterでつぶやく

| マルチメディア | 20:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全身バッキバキです

よく分からないタイトルをつけて恐縮ですが、先日ここ北海道道央地区を襲った大雪の影響で、一日中雪かきに追われ、もう~全身筋肉痛です!!

とにかく何十㎝積もってるのか想像もつかないくらいの降雪だったため、自分の車が雪ですっぽり覆われて見えなくなっている状況に、戦慄を覚えましたが、降った雪は自分で処理するのが北国に住む者の宿命なので、粛々と除雪作業を進め、やっと作業が終わった頃には、もう肩が上がらなくなっておりました…orz

足、腕、首、腰と、乳酸が溜まりまくっている感覚で、風呂で汗を流してから、早々と布団の中に転がり込む始末。その際にiPhoneと本数冊を持ち込みましたが、腕が上がらない状況ではiPhoneや本を手にする事も出来ず、おまけに首まで痛かったので、横を向く事すら出来ず、結局は寝るしかありませんでした(苦笑)当然ブログの更新なんておぼつかない状態であったのは言うまでもありません…(言いわけですね)

一日経過して、やっと普通の筋肉痛にまで回復しましたが、いやはや、運動不足というか体力不足というか、筋肉不足というか…このままじゃいけない!と強く感じた私。

今もまだ腕やら肩やらが重く、キーボードをたたく指先も湿りがちな状態でして、今年は本気で肉体改造が必要そうです。

折しも、2009年の健康診断では、脂肪肝で再検査になったり、血液ドロドロで再検査になったりと、良くない兆候が表れてきたため、このままじゃいけない!という思いはますます強まるばかり。

ただ、私は左ヒザが悪い(過去の複雑骨折の影響)ので、未だに全力疾走が出来ないのですが、そのヒザとも相談しながら、きちんと有酸素運動を心がけていかねばいけません。

以前にもこのブログで、自分の体力不足を嘆くエントリーを数回書いていますが、運動=苦しいというのが頭の中にインプットされているので、そのバイアスを除去する事も検討していかなければ、運動行為が続きそうにもありません…。

「あ~運動するのって楽しいなぁ~♪」と思えるような、そんな気分に脳みそを転化させないと、嫌な事・苦しい事を続けるのは苦難でしかありませんからね。。。

今運動するのに想定しているのが、ビリーのブートキャンプ(笑)、筋トレ、ランニングと、自分で行うものばかりなのですが、やはり専門のトレーナーに付いてメニューを組んだ方がいいかも…とも思うようになりました。

スポーツクラブなどに前金を払い、行かなければもったいないという、貧乏人根性に訴える作戦に出るのもいいかもしれませんし…。

ただ私の中で、運動するのにお金をかけるというのが、どうにもしっくりこなくてですね、「いや、運動じゃなくて健康にお金を払うのだ!」と、気持ちを切り替えるようにしているつもりなのですが、「それに代金を払うのであれば、本を買った方がマシ」という意識が拭いきれません…。

体の異変は、自分の不摂生から蝕まれていく事が多いので、毎日の食生活や運動が礎になると言う事は私も理解しておりますし、健康でいられるという事がとても大切なのは分かっています。

分かっているのですけど、今は将来の自分の健康を憂慮するよりも、その前にやるべき事がたくさんあるだろう!と、そう考えてしまうのですね~。目標思考が行き過ぎている感じでしょうか(苦笑)

運動するヒマがあれば、本の1冊でも読め!という、スパルタな私が心の中から叫び続けていますし。

とにかく、日々の適度な運動はしっかり習慣化させたい気持ちはあるので、久しぶりに家族を巻き込んだ、

運動宣言→体重マイナス10kg→成功すれば家族全員に報酬


という事をやってみようかと思います。

途中、運動をサボる事があれば、罰金や罰則が科せられ、さらに家族への報償も減る事態となるので、家族からのプレッシャーは半端じゃありません(笑)

自分に甘い私では運動が続かないのであれば、せめて家族の手を借りるしか手段は無さそうです。

早ければ明日からでも実践してみるつもりです(筋肉痛明けから)

それにしても、運動にいいイメージってなかなか持てないものですなぁ…
Twitterでつぶやく

| その他 | 19:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iPhoneで映画を見る幸せ

この週末、嫁さんが仕事だったので、私は子供達二人を連れて、私の実家に行ってきたのですが、自分の実家に行ってもさしてやる事がないのが予想されたため、事前に、兼ねてから実行したかったiPhone内に映画を取り込む事に挑戦し、実家で一人堪能してまいりました!

見た映画は手持ちのDVDである「デイ・アフター・トゥモロー」



「インディペンデンス・デイ」のローランド・エメリッヒ監督の作品であり、2004年に製作された映画なのでご存知の方も多いでしょう。

以前レンタルで借りてきて、あまりにも面白くてDVDを手に入れてしまったのですが、この映画をiPhoneで見るための手順として、

1.DVD内の「VTS_01_1.VOB」「VTS_01_2.VOB」「VTS_01_3.VOB」「VTS_01_4.VOB」をデスクトップにコピー

2.GOM ENCODERでiPhone用MP4にエンコードしつつiTunesにライブラリ登録

3.iPhoneにアップロード

という流れになります。

上記のGOM ENCODERというソフトは、下記URLからダウンロード可能です。

GOM ENCODER無料版
by by Gretech Japan Corporation
※本来は有償でして、無償版は使用期限が定められています

ちなみに過去にこのブログで、GOM PLAYERについては書いております。

GOM PLAYERに脱帽です
by 気になるけど

本当は、VOBファイルを連結して一つのファイルにしようと思ったのですが、ちょっと作業が面倒なため、4つに分割されたVOBファイルを一つ一つ変換し、iPhoneに小分けにしてアップすることにしました。

手順的なものは、私の拙い解説よりも、GOM Playerの下記サイトで詳しく掲載されていますので、そちらでご確認ください。

iPodTouch/iPhone用動画の変換&保存操作
by Gretech Japan Corporation

で、iPhoneにアップロードした画像が下図



ファイル名はアレですけども、映像や音に不満は無く、とても楽しむことができました!!旅のおともにもお奨めですね。私の子供達も「何を見ているの?」と不思議そうな感じでした。。。

映画は大画面・大音響で見てなんぼ!という気持ちもありますけど、外出先でiPhoneを使って見る映画もまた楽しく、何本かストックしておこうという気になりました。

別に映画じゃなく、お勉強DVDなんかをiPhoneで持ち歩き、移動時間に見てもいいですし、使い方は色々あると思います。

もう~なんでもかんでもiPhoneで楽しんじゃっている私、ますます手放すことができなくなっています(苦笑)

携帯であり、メーラーであり、ブラウザであり、カメラであり、ビデオであり、ブックリーダーであり、ミュージックプレーヤーであり、ムービープレーヤーであり、メモ帳であり、スケジューラーであり、ゲームデバイスであり、知的生産物作成デバイスであり、お小遣い帳でもあるiPhone!!

他にも使い道はたくさんありますし、まだまだその使い方は広がりそうな勢いでして、本当に手に入れて良かった!というのが正直な感想です。

次はどんな使い方が出来るのか?

楽しくて仕方がありません!
Twitterでつぶやく

| iPhone・iPad・Kindle | 19:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

麻雀牌フォントで楽しみました


最近私の中で密かな楽しみとなっているのが、PCで使用可能なフリーフォントの収集でして、大量に集めて眺めて、悦に浸っております(苦笑)

普段WordやExcelしか利用しない方でも、「MSゴシック」とか「明朝体」と言えば「あ~文字の書体ね」と思いつくと思われますが、世の中その字体(フォント)の数は星の数ほど存在しております!

デザイン関係でPCをいじる方ならば、フォントの大切さは身に染みていると思われますが、私のようなデザインセンスゼロの者にとっても、フォントは見ていて飽きさせない、芸術品であると思っています。

このブログのTOP画像に使用している文字も、色々なところから集めてきたフォントをいくつも使用しており、あまりにも大量にあり過ぎて、どれを選んでよいかわからないほどでした・・・。

そんなフォント集めに奔走する私が、先日見つけて大喜びしたのが、タイトルにも書いたマージャン牌フォント!見つけた瞬間、速攻でインストールまでしてしまいました。

ちなみに、Excelで表示させると下図のようになります。

※クリックで拡大します


これらのマージャン牌フォントは、下記URLからリンクを辿ってインストール可能となります。

Gutenberg Labo

では実際に、WindowsXPのマシンにインストールする事を想定して書いていきたいと思いますが、上記サイトより「GL-MahjongTile.ttf」というファイルをダウンロードし、C:¥WINDOWS¥Fontsフォルダを開いて、ファイルから新しいフォントのインストールを開き、フォントの追加でGL-MahjongTile.ttfを選択し、インストールをします。

これで、WindowsXP内にマージャンフォントがインストールされた事になりますが、それをどうやってExcelなどに貼り付けるか、なかなかわかりにくいため、あるフリーソフトを使用して、見やすく表示を行います。

PC内にインストールされているフォントをブラウザで一覧表示するフリーソフトとして、「ふぉんつ」という、インストール無しで使用できるソフトを利用いたしますので下記サイトよりダウンロードしてきます。

ふぉんつ
by Vector

この「ふぉんつ」は丸干商店さん作で、

・ブラウザでフォントの一覧表示が可能
・インストールがいらないのでレジストリが汚れない
・ブラウザ表示文字をコピーして貼付するだけで使用可能

という、素敵な仕様となっており、いつも重宝させてもらっています!感謝です!

ダウンロードしてきた「fnt100.lzh」を解凍して、Fonts.exeを起動し、私が作成した下記URL「majan-font-itiran.txt」テキストファイルの中身をコピーしたうえで、ふぉんつの「サンプル文字列」のところに貼り付けます。

majan-font-itiran.txt

そのうえで「作成」ボタンを押すと、下図のようにブラウザが開き、インストールされているフォント一覧が表示され、マージャン牌フォントの一覧も同時に表示されます。

※クリックで拡大します
majanfont02.jpg

あとは、マウスでドラッグして選択し、コピーしてExcelなどの任意のセルにペーストしてやれば、表示可能かと思います。

それを上手い具合に編集して、マージャンの上がり役のように表示させると・・・

※クリックで拡大します


↑このようになります。なんて素晴らしい手なんでしょうか!!

字一色、大四喜、四暗刻単騎(ツーイーソー、ダイスーシー、スーアンコウタンキ)という、私が行なうマージャンのルールだと5倍役満になる、一生に一度上がれるかどうかの役です(笑)

とまあ、一人興奮してブログを書いておりましたが、マージャンしない人にはこの感動が伝わるはずもなく、「だからどうしたの?」と思う方もいらっしゃるでしょうね・・・orz

でも、「フォント」の持つ楽しさというものが、何となく伝わったのではないでしょうか?

他にもたくさん、フリーでインストール可能なフォントが存在します。

フリーフォント最前線
by FreeFont Frontline

↑こちらのサイトでも様々なフォントをダウンロードしてくる事が可能です。

ちなみに、ダウンロードしてきたフォントを、インストールしたPC以外で表示させようとしても、そもそもその文字がインストールされていないので、エラーになるのと、印刷する時にフォントを解釈するプリンターだと、文字化けして印刷される場合がありますので、注意が必要です。

実はとっても奥が深い「フォント」の世界。。。

一度ハマると止められない、そんなマニアな世界でもあります。

皆さんも、フォントの世界に足を踏み入れてみませんか?
Twitterでつぶやく

| デザイン | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

普段何気なくしている事柄にもっと目を向ける

今年一年間、私の中で推進する事柄として、

普段何気なく見たり聞いたり触れたりしている事にもっと目を向ける!

という事を強く意識していこうと考えています。

例えば、朝起きてから仕事に行くまでの行動を考えてみると、

朝目覚めた後、顔を洗い、身だしなみを整え、朝食をとり、歯を磨いて、う○こして、スーツを着て、忘れ物がないか確認して出勤する


こういった一連の行動を、誰しもがほぼ無意識で行えるかと思います。

これらの行為は毎日パターン化していて、なぜ「それ」を無意識で行っているのか、違うやり方に変えていけないか、などという事なんて普通考えないでしょう。何か問題があれば改善意識が働くでしょうけど、そうでなければほとんどの人がパターン化された行動をしているはずです。

何わけわからん事を言っているんだこいつは?と、思われる方もいらっしゃると思いますが、私達人間は、パターン化した考えや行動をしている時、無意識に作業出来るような仕組みを持っているので、普段から同じような行動をする事により、「楽」をしていると言えます。

毎日、「朝起きたけど、今日は何からしようか?え~と、まず歯を磨くか…」なんて事をいちいち考えていたら、無駄でしかありませんので、とても便利な機能とも言えましょうが、あえてその便利さにメスを入れ、なぜこの順番でしているのか?もっと効率がいい行動はないか?捨てられる行動はないか?などなど、意識する事により、新しい「何か」が見つかるかもしれません。

う○こしながら歯を磨くとか(笑)

他にも例を挙げると、一度も訪れた事がない土地に行くとして、目的地に向かうのに地図をみたり、住所を調べたり、人に道を尋ねたりと、情報と経験が少ない分、時間を要するでしょうし、緊張感がありますよね。ところが、勝手知ったる土地に訪れる時は、もう頭の中に道筋が描かれていますし、どこをどう行けば確実に到着するという事が、無意識に判断可能となっているはずです。

つまり、脳の中で目的地までの道程がパターン化されていて、かかる時間も計算でき、そこまで向かうのに緊張する事もないでしょう。

それは、脳みそをさほど働かせなくとも、これまでの経験などからストレスなくスムーズに思考をショートカット出来るという事になります。頭の回転が少ない=脳に楽をさせていると言えましょう。

しかし、そのパターン化された部分に着目し、あえて今までとは違うルートで目的地へ向かう事で、新たな店を発見したり、時間が短縮できたりするかもしれません。

ようするに何を目的としているかというと、

・発見力の向上
・意識的にセレンディピティを起こす
・バイアスからの脱却
・アイデア創出


などの事柄を目指していくつもりです。

普通にダラダラ過ごしていても、新しい発見なんて夢のまた夢でしかないですから、普段何気なく見て、聞いて、触れている事柄に目を向けて、身近な発見を増やしていけば、面白い事が起こると考えています。

ちょっと実践してみますが、今、このブログを書いているPCのキーボードを、ただの入力デバイスとしてでなく、1個の物体と捉えてみて、なぜ横長の形をしているのか?なぜキーの配列がABCDEなどと並んでいないのか?などなど、いつもと違う感覚で眺めると、見えていなかったものが見えてきます。

ちなみにキー配列については下記URLで詳しく解説しています。

キー配列
by wikipedia

キーの並びが「ABCDE」などという連続した並びじゃない事については、下記URLに解説として載っております。

QWERTY配列
by wikipedia

普段我々日本人が使用している106キーボードでは、左上から順番にQWERTYと並んでいるから、「QWERTY配列」と呼ばれているとか、最上段のキーのみで「typewriter」や「property」のスペルが打てる、なんて新たな発見があって面白いですよね。


※image by wikipedia

しかも元々は、

ピアノに似たキーボード上に、アルファベットの前半が左から右へ、後半が右から左へ配置されていた


と記載されているように、ABCDEなどと順番に並んでいたものに、母音A・E・I・Y・U・Oが上段に取り出され、さらに下段からT・Q・W・P・Rが上段に移されるなどして、現在の形に落ち着いた、など今まで知らなかった事が分かりました。

これらの事は、

普段何気なく見たり聞いたり触れたりしている事にもっと目を向ける!

という事を意識したから見いだされたものであって、意識しなければ一生出会うことなき知識だったかもしれません。

それがどうした?と言われれば困ってしまいますが(汗)、今年はこういった視点を変えた物の見方を実践していくつもりです。新しい何かが見つかれば、またこのブログで紹介していければいいですね(ネタ不足解消法だったりして・・・)
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プライベート用fc2wikiを始めました

iPhoneを使うようになってから、iPhoneからもPCからも交互にファイル更新出来る仕組みとして、EverNoteを利用していますが、iPhoneアプリ側でアクセスした時、見出し的にというか、視覚的かつ階層的に、もう少し見やすくならんもんかと、色々考えておりました…。

PC上からアクセスすると比較的見やすいのですが、iPhoneアプリからだと写真などの投稿がメインのアプリのような気がして、テキストデータなどの更新にはあまり向かないような感覚があります。

じゃあ、iPhoneのサファリブラウザ経由でEverNoteにアクセスすればいいかというと、これまた画面的に小さすぎたり、目的のものを探すのに画面を拡大したり縮小したりと、なかなか手間がかかります。。。

そこで、ふと思いついたのが、wikiを使えば便利ではないか?という事でした。wikiなら元々仕事上でも使っていたので馴染みがあるし、iPhone経由でも使えなということはないだろうと。

人によっては、todo管理をローカルPC上のwikiで活用している、なんてケースもあるようで、実は私もここ数日間、ローカルPC上にwikiをインストールし、使用していましたが、やはり外出先でiPhoneから更新出来ないという点が気に食わず、断念しました。

さらに先日の3連休中で、自宅サーバー(CentOS)を立ててwikiを導入し、ダイナミックDNSを使い、外部からwikiをつつけるようにしようかと、色々検討しておりましたが、現在の自宅BBルーターではセキュリティやトラフィック面で脆弱なため、今後の検討課題として先送りにしました。

そうなると、私が借りているレンタルサーバー上でwikiを導入するか、または無償wikiサービスを利用するかどちらかしか選択肢が無く、手軽に始められる後者を選ぶ事にしました。

ただ、結構プライベートな事も書くかもしれないので、自分だけしか閲覧・更新できない設定にしたいという要件を満たすところ、という点を必須として探しましたところ、このブログでもお世話になっている、fc2wikiで実現可能そうなため、利用登録を行い、使い始めました。

fc2wiki
by fc2

ちなみに初期の画面は下図のようになります。


テストで2つほど更新をかけておりますが、今後こちらのwiki上に色々書き連ねていこうと思います。ただ、仕事で使用するわけではないですし、EverNoteとの兼ね合いもある事から、しばらく同時進行して、使いやすかった方をメインに据えていこうかなと思います。

iPhoneからはサファリ経由でfc2wikiをいじる形になるため、画面が小さいのでどうなのよ?とも思いますが、しばらく使ってから判断しようと考えています。

ちなみに、閲覧・更新を限りなくプライベートにするには、下図のように「非公開のログイン制にする」にして、パスワードを設定すればOKです。
fc2wiki02.jpg

まあ、パスワードを破られてしまえばOUTなのですがね(苦笑)

その辺は難解なパスワードを利用したり、頻繁にパスワードを変更する事で対応出来ればいいかなと…。

とにもかくにもしばらくの間、PCやiPhoneから使ってみて、判断していきたいと思います。

他にも、iPhoneをサーバーにしてしまい、PCからアクセス出来ないか?とか、これ系のプランはいくつかありまして、私的に大好きな分野なので楽しくて仕方ありません!

ひょっとしたらもっと良きサービスなどがあるかもしれませんし、今後も色々と探してみようと考えています。

Twitterでつぶやく

| ソフト・アプリケーション・ツール | 19:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

びんぼう神様さま

びんぼう神様さま

◎びんぼう神様さま


たった59ページの本であり、ジャンル的には「絵本」になるようですが、いやいや、まいりましたと言うか、おみそれいたしやした(汗

感動する話しというのは事前に知っていたのにも関わらず、あっさり泣かされてしまいました(笑)

30分もかからず読み終わるのですが、普通に涙が溢れてしまい、想像していた以上に良本というか、名著というか、名絵本です。読み終わった後、すごく人に奨めたくなるような、大切にしたくなる本ですね。

この本、2009年8月頃にエチカの鏡で紹介されていたようなのですが、私はそれとは別のところで知り、昨年秋くらいに購入していたのですが、もっと早く読めば良かったなと反省。。。

内容はネタバレになるのであまり書きませんが、昔話風の設定であり、とある村に住む松吉の家に、びんぼう神が住みつき、松吉は何を思ったか、神棚を作ってびんぼう神を拝みはじめて・・・と、ここからは実際に読んでいただきたいと思います。

内容はシンプルでありながら、人への優しさとか、人に与えることの大切さなど、示唆に富み心に染みる、とっても深くてイイお話しです。

我が家では、子供に読み聞かせる格好の教材として、今後活用していきたいと思います。読んであげているうちに、親の方が泣いてしまいそうですけども(笑)

絵本というジャンルを飛び越え、お子さんがいる家庭だけじゃなく、大人が読んでも感動できますので、ぜひとも本書を手に取り、読んでいただければと思います。もちろん評価は文句なしの★★★★★です!

著者の高草洋子さんの他の本も読みたくなってしまい、調べてみたのですが、他の書籍が見当たらず、この本しか書いていないのでしょうかね??う~ん残念・・・。

今年はビジネス書ばかりでなく、こういったジャンルの本や、その他今まで見向きもしなかったようなジャンルの本にも挑戦していきたいと考えているので、良き本と出会える事を楽しみに、日々名著探しの旅に出たいですね!

2010年もすでに11日が過ぎようとしていますけど、今のところ「びんぼう神様さま」を含め、まだ未読本4冊しか読んでいないので、もう少しペースを上げていきたいところです・・・。ちなみに、既読本を含めると8冊になるのですが・・・。

iPhoneばっかりいじっている場合じゃないですね(汗
あ、でも、iPhoneでも電子ブックを読んでいるから、それはいいのか!

何にせよ、他にやる事が満載な私、上手に本と付き合いながら、すべき事を淡々とこなしていきたいと思います。
Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 12:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iPhoneアプリの入れ過ぎに注意

最近自宅では、充電しながら使用しがちなiPhoneですが、電話の機能とか本当に使っていません(笑)もっぱらSafariでネットにアクセスしているか、電子ブックを読んでいるか、Gmailのチェックや、アプリで遊んでいたり、メモ帳で文字入力してたりと、あとたまに麻雀ゲームとかもしています…。

大変満足度が高いiPhoneですが、現在、もっと色々なアプリをインストールし、違う用途にも使えないか模索しておりまして、日々iPhoneアプリを探す毎日です。

欲しいiPhoneアプリは有償のものばかりでして、無料のアプリだと気軽にインストールして確認してしまうため、残りはもう有償物しか無いというのが正直なところなのですが・・・。

とりあえずは、今リストアップしているアプリを列挙してみようと思います。

大辞林 ¥2,500
Xweton Music Studio ¥1,700
DopplerPad ¥1,200
iMandalArt ¥1,200
究極の英語リスニング ¥1,100
Midomi SoundHound ¥800
Midomi Music Identifier ¥600
iDownload ¥230
Fastest Canera ¥230
Good Reader ¥115


これらを全て購入すると、¥9,675となるため、貧乏サラリーマンにはかなりの破壊力を伴います・・・。「Good Reader→高機能PDFリーダー」は仕事でも使えそうですし安いので、購入するつもりですが、「大辞林→辞書」とか「Xweton Music Studio→音楽ソフト」になると、ちょっと高いなと感じてしまいます。しかも、そんなに使わないんじゃないの?という心の声も聞こえてきますし。。。

なんでもかんでもiPhoneで利用しなくてもいいんじゃないかとも思いますけど、例えば外出先でiPhoneを使い、音楽作成ソフトとか使えたらいいのにとか思うと、無性に欲しくなってきます!

「iMandalArt→マンダルアート作成ソフト」なんて、自宅では使わなくても、外出先で使用すれば、また違った思考や考えが浮かぶかもしれないと考えると、途端に欲しくてたまらなくなりますし(苦笑)

結局は、しょっぼい自分がiPhoneアプリを使用することにより、一味違ったカッコイイ自分に生まれ変わるのではないかと、そんな夢を見ているだけなのかもしれないですが(笑)、物の購入動機なんて、そんな感情から生まれるものかもしれないですし。

購入して失敗しても、ネタとしてブログに書けばいいだろとか、そんな理由ばかり頭に浮かぶ私なので、カードの支払い時期を見定めてから購入しようとは思っています(情けない・・・)

最近ちょっと困った事として、iPhoneの使いすぎで目の疲れがひどく、iPhone休みの日を設けようかと、酒の休肝日みたいな事も検討している私。

DSとかをしていても、目の疲れが顕著になるので、やはりもう少し大きな画面であれこれしたい!というのが正直な気持ちではあります。

せめて自宅では、PCでできる事はPCにまかせたほうがいいのでしょうね・・・

でも上記のアプリ群は手に入れます!!
Twitterでつぶやく

| iPhone・iPad・Kindle | 11:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Webサイトからのセキュリティリスク

Webからの脅威「Gumblar」(ガンブラー)
by ITpro

最近IT系・セキュリティ系のニュースサイトを賑わせているのが、ガンブラーという不正プログラムであり、Webサイトを改ざんし、感染PCからFTPなどのIDやパスワード取得を目的にしたコンピューターウイルスでして、JR東日本、民主党東京都総支部、本田技研、モロゾフ、ハウス食品、信越放送、ローソン、京王電鉄などなど、名高い企業サイトが軒並み改ざんされ、利用者の被害を拡大させたというニュースは聞いた方も多いでしょう。

さらには、Yahoo!の一部サイトまでもが、ガンブラーに感染していた可能性があるというニュースも流れています。

ヤフー、ウイルス「ガンブラー」に感染か 8日まで改ざん
by NIKKEI NET

まさに蔓延しているという状況でして、Webサイトの管理者だけでなく、サイトを訪れるPCのセキュリティも最新のものにしている必要があります。

このガンブラーはFTPのIDやパスワードを盗むので、それらの販売を目的としているのでは?と囁かれていますが、怖いですね。。。

私も昨年末までに、管理するWebサイトにて一通りの確認を行い、改ざんされていない事を確認しつつ、利用者やお客様には下記サイトを通知し、個々のPC上で脆弱性があるソフトウェアのチェックを依頼しました。

ホームページからの感染を防ぐために
by サイバークリーンセンター

ガンブラーをはじめとする、Web経由の不正プログラムは、PDFやflashなどの脆弱性を突く事が多いので、MicrosoftUpdateだけしかしていない方の盲点となりがちです。

PCやサーバーにセキュリティ対策ソフトが動作しているのは当たり前として、そのパターンファイル(定義ファイル)やバージョンが低いと、効果が無い場合があるため、その辺も盲点かもしれないですね。

今回上記のような著名な企業のサイトで改ざんが行われた背景には、そのサイト管理業者のPC経由でFTPのIDとパスワードが漏れてしまったのが原因のようで、セキュリティ対策が甘かったというわけでは無さそうです。

まさかサイト運営者経由でサイトの改ざんが起こるなんて事は、依頼主たる企業は想定していませんからね…。

私も人様のサイトを管理する身として、今一度自分のPCのセキュリティの不備を見直し、身を引き締めました!

最近はUSB経由でのウイルス感染や、Webサイト閲覧時に不正プログラムを埋め込まれるという障害事例が多く、私のお客様の対応も、その2点が多くなっています。

昼休みに、旅行のページを見ていたら、インストールしてあるセキュリティソフトが反応して、慌てて私に連絡してきたりとか、実際にお客様のPCに感染した事例は無いのですが、怪しいサイトではないのに、いきなりウイルスを駆除しましたというような表示が出たら、そりゃ驚きますよね…。

ガンブラーのように、亜種のプログラムが多数生み出されているタイプだと、今までのような、ウイルスのパターンで引っ掛けるような仕組みでは対応しきれない場合が多く、Webレピュテーション技術(評判システム)が導入されたセキュリティ対策ソフトや、ファイアウォール型のソフトや、不正検知式のソフトでないと、厳しくなっています。

私がこれまでに、そういった対応してきた中で感じたのは、レピュテーション式だと、マイナーなサイトなどは検知されない場合が多いので、NOD32のような、怪しい動きをするプログラムを検知するのが得意なセキュリティ対策ソフトが有効だなという事です。

もちろん、そういった検知が強力だということは、自作のマクロを組んだエクセルファイルなどもウイルスの感染疑いがあると、誤検知してしまう事があるので、なんとももどかしい部分ではあるのですが…。

とりあえずは、なるべく新しいバージョンのセキュリティ対策ソフトを使い、OSのアップデートや、その他のソフトウェアのアップデートを頻繁に行うしか、対抗する手段は無さそうでして、それでやられたらアンラッキーというくらいの気持ちでいないと、どうにもならないところまできているのかもしれないですね。

あまりセキュリティを厳しくし過ぎると、使い勝手が悪くなったり、逆に別の障害を引き起こしたりもしますし、この辺のさじ加減って難しいですよね。

「大丈夫、大丈夫」とお客様に言われたから何も手当てしないでいたら、ウイルスなどの感染により大変な事になった際に、「お前が提案しないから悪いんだ!」なんて事を言われた日にゃ~たまりませんしね(苦笑)

私はどちらかというと、お客様に対してセキュリティリスクについて、口酸っぱく言い続ける方なので(笑)、ちょっと煙たがれる事もありますが、ITに関わる者としては、それでもまだ甘いという気持ちがぬぐいきれません…。

世の中「自分のPCは大丈夫」という、意味も無く自信満々な方が多くいらっしゃいそうなので、少しやり過ぎたかな?くらいのセキュリティ度合いで調度良いのではと、私は考えています。

この先、そういった脅威が無くなる事は考えられませんので、常にリスクが隣り合わせだという意識を持っているのが大事かなと。

そこで必要以上に怯えてしまうと、結局Webを利用しないのが一番だろ、という究極の選択に行き着いてしまうので、困ってしまいますが(苦笑)
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

素人には高い壁となる英語での手帳つけ

2009年の9月に下記エントリー

来年からは英語で手帳をつけてみます
by 気になるけど

というのを書いたのですが、実は年明け2010年の仕事初めから、手帳にはなるべく英語で記載するように、懸命に頑張っております。

頑張っているのですが、何せ英語能力を10段階で表したとして、自分の英語力を測ると0.01くらいなので(笑)、いちいち単語が頭に浮かばず、メモするにも一苦労です…。

考えてみれば当たり前の話なのですが、今まで英語とは程遠い生活をしていて、いきなり英単語が口をつくわけありませんし、大変な事は織り込み済みです。

慣れぬ新しい事を始める時って、どうしても潜在意識が邪魔をし、現状を維持しようとするため、余計にやる気が湧きませんよね。私は数か月の間、「来年仕事初めから英語で手帳をつける!」という言葉を繰り返し、頭の中で響かせてきたので、以外とスムーズに始められているかなと…。一種の「自己催眠」というか「動機付け」とでも言いましょうか。。。

人は、3週間(21日)続けられればそれを習慣に出来る可能性が高いと、書籍などにも書かれておりますので、まずは1月いっぱい、手帳を英語でつけるという事を続けていきます。

あまりにも効率が悪ければ、仕事など支障をきたす場合があるため、その際は止めるなり改善するなり、対応策を検討していきたいと思います。今怖いのは、英語で書いたはいいけども、後で振り返った際に、何て書いてあるのか意味が通じない事です(苦笑)

そのため、英単語の上に小さく、日本語で補足を付けるという、面倒臭い事もしているので、手帳やiPhoneを眺める時間が増える傾向にあります。

また、手元に置く英単語帳として、以前にも紹介した下記書籍

英語で手帳をつけてみる


をメインに使っております。

この本は、書籍というよりは手帳を付けるための「英単語帳」という内容のため、職場の机の上に鎮座させ、予定が入り次第、開いて表現を探しています。

それにしても、一文を英語で書く事がこんなにストレスを感じるなんて…大学の受験勉強以来じゃないですかね?

単純な英単語だけであれば、スペルの正確性は別としてぎりぎり頭に浮かぶのですが、ちょっとした表現、例えば

「一日中眠かった」

などを手帳に一言添えて書こうとすると、途端に私の頭の中がフリーズしてしまいます(笑)

「う~んと、all day sleeped …とかかな?」

なんて良く分からない意味合いの表現しか出てきません(泣)

ちなみに「英語で手帳をつけてみる」をひも解いてみると…

「drowsy all day」

というのだそうです(他人事)

こういうのは、一文として頭にそのまま入れるしか無いのでしょうね~

drowsyなんて単語初めて聞いたというレベルなんで…

まあ、元々低レベルな私なので、今後成長する余地が大きく拡がっていると、前向きな気持ちで、少しずつ続けていければいいですね。

継続する事が大事という気持ちで、ストレスを感じつつ、英語力向上を推し進めてまいります。

目指せ習慣化!!
Twitterでつぶやく

| 英語 | 19:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

IT業界2010年の予測を見て・・・

名物コラムニストが2010年を大予測!--目次--
by 日経PCオンライン

仕事初めにメールボックスを覗くと、うんざりするくらい大量にメールがたまっていたりする方も多いと思いますが、私は幸いな事に休み中も少しだけ出勤していたため、他の方々よりは素早くメールチェックが完了しました。

その分、毎年恒例になっている、IT系サイトの2010年の展望的な記事を多くチェックしておりましたが、どこの記事もあまり良い内容の事は書かれておらず、この先の不透明さだけが際立っている印象を受けました。

ただそんな中でも、新しい技術や新規格のものが次々に登場しそうで、デジモノ好きな私の好奇心をくすぐってくれます!

その中でも「おおっ!」となったのが、キーボードの無いタブレットMacが発売されそう、という下記記事。

2010年、Macからキーボードが消える
by 日経PCオンライン

2009年11月から使い始めたiPhone3GSが、私にとってはあまりにも衝撃的で、今後モバイルはこういう姿になっていくのだろうな~という、未来予想図のような物を確信するに至り、Macの底力を窺い知る、良き機会となっています。

自宅でiPhoneからサファリでネットを見ていると、あと数インチ画面が大きければ見やすいし、入力もしやすいのに・・・という感覚がありますが、iPhoneを携帯電話として考えると、あれ以上筐体が大きくなると持ち運びにくくなりますよね。

でも、もう少しインチを大きくしたタブレットMacがあれば、ギリギリ持ち運びも可能ですし、いつでもどこでも開いて作業することだって可能になります。

この辺は個人の感覚もあるので、一概には言えませんけど、私的にはもう少し大きなiPhoneがあったら買い換えるかもしれません(苦笑)やはり手や指の大きな者にとって、iPhoneのソフトキーボードは慣れるまで時間がかかります・・・。

やっとフリック入力もこなれてきて、驚くほど文字入力のスピードが上がりましたが、やはり物理キーボードの入力スピードにはかないませんし。でも、タッチパネルであれだけの操作が可能という点は、目をみはるものがあり、やろうと思えばiPhone1台でさまざまな事柄を解決できそうです。

今後もiPhoneユーザーは増えそうな勢いですが、docomoやauなども、通信キャリアとしてiPhoneの販売を検討した方が良いのでは?とおせっかいな事を考えますが、auはともかく、独自のビジネスモデルに縛られているdocomoはiPhoneよりもアンドロイド携帯に今後もなびいていくでしょうね・・・。

さて、2010年の予測記事で、もう一つ的を得た指摘をしているのが、下記記事

期待を込めてテクノロジー動向を大胆予測
【瀧口範子「シリコンバレー通信」特別版】

by 日経PCオンライン

シリコンバレー通信でお馴染みの瀧口範子さんのコラムです。

全部で10個の予測を立てておりますので以下抜粋しますが、そもそもの視点が日本ではなくアメリカを中心にしたものなので、すべて日本的に当てはまるものではありませんけども、良くも悪くもこういった流れに日本も進むだろうと、概ね賛同いたします。

1. 一般ユーザーもクラウドに移行
2. 携帯戦争、携帯のマジックワンド化
3.いろいろなかたちのコンピュータが出現
4.ニュース・コンテンツが有料化へ
5.インターネット・テレビの本格化、放送と通信の縄張り争い
6.グーグルは何の会社?
7.エコ・モニター技術がいろいろ
8.SNSがユビキタスに
9.電子書籍リーダーが定着
10.パブリックWiFi、ふたたび

一つ一つの解説をすると、長くなりそうなので省きますが、ますます多様化する社会に、より深くIT技術が貢献する事になりそうで、そういった業界にいる事を誇りに思うのと同時に、日本のIT業界はより世界に目を向けていかなければならない状況に至りそうで、今後の生き残りをかけた、熾烈なグローバル競争へのゴングが鳴る一年になるかもしれないですね。

国内のPCメーカーに対して、世界2位のAcerが買収に向けて動き出している、なんて本当か嘘なのかよくわからない情報も出回っていますので、何があっても不思議ではありません。

また、すでにユニクロの柳井会長が表明していますが、日本人従業員の海外勤務を数倍に増やす計画だそうで、すでに世界の主要都市で店舗を構えるユニクロは世界の覇権に向けた道を本格的に歩みそうです。

衣料分野では、H&Mやザラ、アバクロなどといった海外のブランドがこぞって日本市場を席巻していますが、日本の大企業も今後は世界で利益を取りに行くという姿勢を明確にしているところも多いですし、我々サラリーマンも本格的に視野を拡げなければならない時期にきているのでしょう。

まだ工夫次第では日本国内で利益を得ていく事は可能だとは思いますけど、国内の限られたパイを奪いあうよりも、世界に打って出て、手つかずの果実を狙った方が、手っ取り早いのかもしれないです。

いずれにせよ、2010年は変革の年になりそうなので、その変化の波にのまれないように、必死に食らいついていこうと思います。

上記のような予測記事の的中率は、実はそんなに高くないということは毎年の記事群を見ていれば明らかですけども、明らかに的を外したものは少ないので、楽しみと期待半分、くらいの気持ちで読んでおります。

私が願望込みで2010年の予測をあげるとすれば、AmazonのKindleをはじめとした、電子書籍リーダーがより普及し、日本語のデジタル書籍も増えるでしょう、という事を挙げたいと思います。

iPhoneで読む書籍やマンガが、思ったより出来が良いと考えているので、Kindleだけではなく、iPhone用のデジタル書籍の増加を切に願うところであります。

頼みますよ、出版社さん達!
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 21:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっとブログのテンプレートを替えました

もう~本当にやっとというか、数年がかりで(笑)このブログのテンプレートを更新することができました!

これまで密かに、FC2用オリジナルのテンプレート作成に挑戦しておりましたが、自分にはテンプレート作成の才能が無いとはっきり理解することができ(苦笑)、ある程度自由にカスタマイズ可能な3カラムのテンプレートを探していて、たどり着いたのが「ひよこくん」さんの作成されたもので、下記リンクから入手可能です。ダウンロードしたテンプレを、苦労の末カスタマイズさせていただき、この正月期間に暫定的に完成いたしました。

ヒヨコ君増殖中テンプレートMENU 950px 3カラム版
by ヒヨコ君増殖中 FC2ブログテンプレート配布中

実はここにたどり着くまでに、さまざまな紆余曲折を経ておりまして、よく分からないCSSと格闘したり、ブログの顔とも言えるTOP画像作成に悩みながら、なんとか形にすることができました!よく頑張ったぞ自分!!

もともとのテンプレートのデザインが優れているので、私が手直ししたところはほんの少しなのですが、その「ほんの少し」がとても大変で・・・。特にTOPのオリジナル画像は、30パターンくらい作成して、あーでもない、こーでもないと、散々悩み続け、頭の中では美麗な画像のイメージが出来上がっているのに、それを表現する能力に欠けるため、もどかしさばかりが募りました。。。

でも、己の力量はこの程度であり、それをあえてさらけ出す事で見えてくるものもあると考え、結局最初の頃に作成した画像を採用する形になりました。

お世辞にもカッコイイTOP画像とは言えるレベルにありませんし、センス無いな~と自分でも呆れてしまいますので、皆様どうぞ笑ってやってください(笑)

もう自分のデザインセンスというか、表現力の欠如にはほとほと呆れ返っており、それでも少しずつは上達しているはずなので、あと数年頑張れば、もう少しまともなものをご披露できるやもしれません(希望的観測)。

また、今回このブログのお奨め記事と題しまして、過去に苦労の末書き上げた「読書術シリーズ」と「文章術シリーズ」のリンクを設けました。まあ二つのシリーズともに、本の紹介でしかないのですが、文字数は相当多いので、時間の無い方は素通りしてください。他にもいくつか、私的に「渾身の記事」と言えるものが存在しますが、その辺も今後増やしていければいいなと。

それと、使わないブログパーツやFC2のプラグインもいくつか非表示にしており、左右のバランスに気をつけながら配置したつもりです。とりあえずはまだ暫定版という扱いなので、今後カテゴリーのツリー化とか、他カスタマイズに挑戦していこうと思いますが、完成はいつになることやら・・・。

しばらくはこのテンプレートで運営してまいりますので、よろしくお願いいたします。

もし、表示がズレるとか、表示が遅い、などの不具合がありましたらば、ご一報いただければ幸いです。

fuminchu
Twitterでつぶやく

| その他 | 19:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すきま時間をiPhoneで有効活用する

まだ正月休みが続いている私ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

年末から続く正月休みの間に、色々とやっておきたい事があったのですが、私と嫁さんの実家に挨拶回りに行ったり、買い物に出かけたり、少しだけ仕事に行ったり、子供の風邪でにっちもさっちもいかなくなったりと、どうにもこうにもまとまった時間が取得できてません…。

そのため、家族が寝静まった夜中から朝方までを自分の時間として使っておりましたが、日々そんな事を繰り返していると、さすがに寝不足が続いたうえに体力的に厳しくなり、「オレ正月に何やってんだろう?」と自己嫌悪に陥っております…。

とりあえずは正月とはいえ、普段の生活と変わらないように心がけているので、テレビ番組とかほとんど見向きもしていないですし、昼から酒飲んでダラダラ…という事もしていないのに、なんでこんなに忙しい生活をしているのだろう?と不思議に思います(苦笑)

しかも自宅にいるのに、すきま時間を見つけてiPhoneのアドレス帳を整理したりとか、そういう普段の生活と変わらない事をしていると、「あれ?今ってまだ正月だよな?」となんとも季節感の無い感覚を味わっております。

一日くらい、まったく自由に使える多くの時間を確保でき、かつ気持ちも乗っていれば、ずいぶんと様々なことをこなせるのですが・・・それって欲張りな事なのでしょうかね?

これは普段の生活の中でも言えることなのですが、平日日中帯は仕事に邁進しており、休日はほとんど家族と過ごしている中で、「自分だけの時間」を確保する事の難しさというのを日々感じております。

間違っても仕事中にプライベートな事をするわけにはいきませんし、家にいて家族と触れ合う事もなく自分の世界に没入するというのも、違うと思いますし、そもそも根がマジメな私(笑)にはそんな事できそうもありません・・・。

そのため必然的に、早朝か夜中が自分の時間として割り当たる形になりますが、早朝は読書時間として確保しているので、残るのはもう夜中しかありません。しかし、私も人の子ですから、どうしても眠気に勝てない事が多く、PCを抱きながら熟睡していたことも数知れず。さらに寝不足が続くと頭の回転が極端に落ちるので、かえって仕事の生産性が落ちたりなど、マイナス面が顕在化され、かえって効率を悪くしてしまいます。

以前の私ならば、もっとタイムマネジメントを工夫して云々とか、時間をどうすれば多く確保できるか?という事に焦点を合わせていたのですが、幸いにも今の私にはiPhoneという強力なデバイスがあるため、電池さえ持てば、PCを携帯しているのと同じ感覚で「自分の時間」をいつでも確保できるという事に気づきました。

事実、12月半ば~末にかけての、このブログの記事内容の大半は、すきま時間を利用してiPhoneで文章を入力したものをEverNoteやGmailにデータを置いてPCと連動させ、それをPCで細かく修正してからアップするという事で成り立っておりました。

特に、年末前に自宅の車の調子が悪くなり、ディーラーで詳しく調べてもらっていた時の待ち時間が2時間近くかかった際には、集中してブログの記事を書いたり、2010年の目標を立てたりと、ものすごく充実していた感がありました。

以前の私ならば、そういう空き時間には、ボーッとしているか、本を読むか、手帳で色々と書きなぐったりとか、その程度の事しかできなかったのに、いつでもネットの情報にアクセスし、PCを動かしているのと変わらない作業が可能になりました。

これって、ものすごい革新的な事だと思っており、ネットにつながる場所であれば、どこでもマイオフィスに出来るのではないかと考えています。

先日、所用でJR札幌駅近くでウロウロしていた際にも、ふと頭に浮かんだ事を書き留めたかったのでCafeに駆け込み、1時間ほどiPhoneに思いの丈を入力していましたが、場所が変われば何とやらで、良きアイデアなどがどんどん浮かんできました!

私は環境が変われば、普段思いつかない事などが浮かぶ性質を持っているようだ、という事は以前から分かっていたのですが、今後も意図的にiPhoneを持って外に出かけ、頭の中で整理つかない事を考えてみたり、良きアイデアをしぼりだしたりという事を行なっていこうと思います。

そのためにもう一段階、良きiPhoneアプリの探索や、フリック入力の高速化を図っていければ、もう少し生産性が上がっていくような気がしています。

今年2010年はiPhone片手に、知的生産性の向上も図っていければいいですね。
Twitterでつぶやく

| iPhone・iPad・Kindle | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハイブリッドワーカー



----目次----
田中圭一―「サラリーマン」兼「マンガ家」
津村記久子―「会社員」兼「小説家」
sachi―「OL」兼「ヴォーカリスト」
太田靖彦―「芸能マネージャー」兼「農業家」
うーら―「OL」兼「料理研究家」
RYO―「ミュージシャン」兼「薬剤師」

一般企業で会社員をしながら、副業としてクリエイティブワークをこなす「ヨシナガ」さんの著書です。

内容自体は、目次が示すように、二つの職種を生業とする方々の紹介とインタビュー記事で構成されており、ハイブリッドワーク=複数の職種を生業とする、事のマニュアル的なものを期待すると外れてしまいますが、現在ハイブリッドワークをこなしている方々のこれまでの成り立ちとか、コツのようなものを知りたい方には、良き示唆となるでしょう。

私は現在、まさにハイブリッドワークを目指している状況なので、たいへん興味深く読ませていただきましたが、文面から察すると、やはり複数の職業をこなすというのは、大変なのだな~という印象です…。

そもそもIT業界だけでも苦闘している私が、まるで畑違いの事を同時にしようとしているのですから、余計に大変になることは目に見えています。しかしですね、人生一度きりですし、自分の本当にやりたい事を探っていくと、ITのお仕事以外にも己の進むべき道のようなものが見えてきてしまい、欲張りなものですから同時にやっちゃえと、ハイブリッドワーカーへの道を模索しております。

今のところは、ハイブリッドワーカーの道は険しいと言わざるを得ませんけども、自分が楽しいと思える事を突き詰める人生というのも、一つの形ではないかと、あまり切羽詰った感覚ではなく、好奇心の充足という感じで色々と始めております。

だからといってITのお仕事が無くなってもいいかと言うと、そんなことはなくてですね、ITはITで一生関わっていきたい分野であります。自分で言うのも何ですが、この職種が世の中にあって本当に良かったと思っていますし、IT一本で今後も生きていくというのももちろんアリです。

ただ、何歳になっても、新しい可能性に挑戦していくという姿勢は死ぬまで持ち続けていたいスピリッツだと考えていますし、それがさらに仕事として収入を得れるようになれば、このうえない事です。

ですが、この本の中にも書かれていた「プライベートを犠牲にしている」ハイブリッダーが多いようで、これ以上自分のプライベートの時間を削り、家族をないがしろにするのは本意ではありません。

でも、そんな悠長な事を言っていたら、ハイブリッドワーカーなんてなれないとも思います。

ちょっとしたジレンマですが、何事もバランスが大事ですので、自分だけの道を探し求めていくしかないでしょうね…。私にしかできないオンリーワンへの道とも言いましょうか、そんな人生を今後歩めれば幸せです。

もちろん、一つの職種で死ぬまで勤め上げるというのも一つの道です。否定しません。そもそも自分は本当にやりたい事を生業にしている人なんて、ほんの一握りなのが現実ですし、さまざまな事情により、職業に就くことすらままならない方々が多数いらっしゃるのも理解しています。また、明日にも私は無職になることだってあるのですから、そんな夢見ている時間あれば、もっと現実的で堅実な方向に進むべき、という気持ちもあります。

しかし、どうせ生きていくならば、自分のやりたい複数の事を追い求めていく、というのが面白いと考えています。

なので、すでにハイブリッドワーカーとして確立させている方々の話を聞いていると、すごいうらやましい気持ちになってしまいます。自分のやりたい事をしている時って、苦労を苦労と思わないですからね。

ということで、この本の評価ですけど、★★★☆☆とさせていただきます。

私には示唆に富む内容が多かったのですが、ハイブリッドワーカーという生き方に興味がない方にはお奨めできませんので、星3つとさせていただきました。

あと、インタビュー記事だけでなく、もっとヨシナガさん個人の想いみたいなものがもっと読めたら良かったなと、そう思います。
Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 11:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2010年もよろしくお願いいたします

明けましておめでとうございます。

今年もこの、ネットの隅っこでダラダラ更新しているブログをよろしくお願いいたします。

2009年はあっという間に過ぎ去った感が強く、1年の密度で考えれば隙間が多くあったのかもしれません。2010年はもっと密度を上げ、より多くの実りを得ることが出来れば幸いです。

例年ならば大晦日~元旦にかけて、翌年の細かい行動計画を練り、実行していくことを誓う儀式のような事をしていますが、大晦日に大掃除で疲れたのと、深酒で早々と意識を失っておりました(笑)

なので仕事初めくらいまでには、今年の細かい予定を組んでいこうと考えております。

・・・と書きつつ、やる事はもういくつか決まっているので、今年のスローガンである、

5年後に誇れる自分でいるために、今成すべき事を確実にする


を胸に、着実にやるべき事をこなしてまいりたいと存じます。

今年はこのブログの1000記事到達も目標の一つであり、だいたい10月頃には達成できるのではないかと、予想しております。まだ途上とはいえ、思えば長い道のりですね・・・。どれだけの文字数をカチャカチャ入力してきたのか、考えるだけで具合悪くなりますが、淡々とこなしていきたいです。

あと、毎年の目標としている、毎月最低5冊の未読本読破は今年も続けていきたいと考えております。やっぱり本から得る情報や知識というものは、人生を生きるうえで無くてはならぬものでありますし、これからも古い情報~新しい情報まで、継続的に頭の中にインストールしていきたいと存じます。

また、今年はもう少し「文芸」にも力を入れていき、今まで敬遠しがちだったジャンルの本にも手を出そうかと考えております。

そして、2009年からの積み残しである、LPIC-level2の資格ですが、本年中に確実にGETしていきたく、いつ頃に集中して学習しようか、いまだ検討中であります。この冬の間は、他にやる事が積み上がっており、手出しできそうにありませんが、なんとか5月頃から始動できればいいですね・・・。

それと、今年も時間が許せば、一つのテーマに沿ったシリーズ物を、5月の連休中などに掲載できればなと考えておりまして、いくつか頭の中にテーマは存在していますので、関連書籍が揃い次第、研究していければ・・・。

他にも継続してやりたい事とか、新たに挑戦したいことなど、好奇心だけは人一倍あります。しかし、闇雲に手を拡げすぎても、集中力が散漫になることはよくわかっておりますので、やはりある程度の計画性をもち、やる・やらないの判断を含めて、行動していきたいです。

特に今年は、「5年後に誇れる自分である」ための行動を優先して行なう予定なので、あまり詰め込み過ぎず、頭の中でアンテナだけは張り巡らせている状態に、自分を保ちたいと思います。

2010年は、社会的にも経済的にもさまざまな変化が顕著に現れてくる年になりそうなので、変化を受け入れる、柔軟な姿勢だけは崩さないように、日々の自己研鑽、趣味の充実、仕事の向上、家族の絆を深めていければ最高です。

今年も頑張ります!!

皆さんも一年間、笑顔で前向きに進んでいきましょう!


fuminchu
Twitterでつぶやく

| その他 | 14:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。