気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

子供と本気で英語に向き合いたい!

 ちょうど1年前の今頃の時期にUPした下記エントリー、

息子に負けないよう英語も頑張ります
by 気になるけど

にて少しだけ触れておりますが、私は息子(小2)の将来のことを憂慮し、正直苦しい家計事情ながらも、英語教室に通わせるということをしています。そこは、ヒアリング中心の英語教室でして、時間内での日本語使用を禁じられてます。先生は最初から最後まで日本語を話さないという徹底振りで、なかなか実践的な教室となっています。

 息子も元気に毎週通っておりまして、先日などは、外人さんが教室に来て、色々質問したとか自慢げに言っているものですから、「おっ、これは結構英語力が上達してきてるのかな?」とほくそ笑み、いくつか質問をしてみた結果、唖然としてしまいました・・・。

 というのも、例えば一週間の曜日(sunday~saturday)が英語で言えなかったりするものですから、「火曜日とか英語で習ってないのかい?」と聞くと、そういう勉強をした気がする…というなんとも曖昧な返答。他にも色々聞いてみますが、「あ~そういえば、そんなの習ったかもしれない・・・」という具合でして、残念ながら目に見えた成果(英語力)が伴っていないと感じられました。

 さすがに、1年英語教室に通っててこのレベルかよ・・・という気持ちが強くてですね、こりゃ少しテコ入れをした方がいいと思い立ち、なるべく子供に英語を意識付けるよう仕向けたりするようになりました。

 とはいえ、私の英語力も、とっても残念なレベルでして、教育指導的な行為が大変難しいため、iPhoneやiPadやネット上のアプリを一緒に使用して、二人で一緒に学ぶという、なんとも情けない状況です(苦笑)

 この話しを周囲にすると、「まだ学校で習っていないんだから・・・」というような呑気な説得をしてくる方もいるのですが、2011年9月現在の状況で、小学生は5年生から英語の授業が必須となります。嫌でも苦手でも、英語のカリキュラムが強制的に組みこまれるので、それならせめて今からヒアリング能力だけでも上げさせるのが親の務めなのかな…と考えて、今の教室に通わせている面もあります。

 私の感覚では「5年生から英語の学習なんて遅すぎる!」でして、できれば1年生のうちからヒアリングを中心とした授業・学習を始めるべきだと考えています。

 「英語なんて本当に必要なのか?」という方が多くいらっしゃいますし、私自身も、今の時点で英語が出来なくてもまったく問題なく過ごせます。だから必要ないといえば必要ありません。あくまでも、「今は」ですけどね。

 しかし、8歳の息子が成人する12年後に、世の中はどうなっているのか?ということを、将来の人口予測、経済予測、地政学予測、国内政治予測などを加味し、トータルで考えたところ、英語でコミュニケーションが取れなければ、職業の選択肢が今より大幅に狭まっているだろうと予想しています。

 将来的に英語(中国語も?)が、今の時代よりも多くの影響を及ぼす社会になっていく確率は高いと考えているので、親子ともども、亀の足取りかもしれませんが、せめて少しずつでも英語力の向上が必要だと考えています。

 本当は、英語圏の国に留学させるとか、英語教師の個人レッスンをつけるなど、そのくらいのことをさせてやりたいという願望はあるのですが、貧乏サラリーマンの収支では、到底適わぬ夢・・・。そこは貧乏人らしく、工夫に工夫を重ね、少しでも子供の英語力向上を影で支えてやろうと、足りない頭であれこれ考えていくしかありません。

 巷では、スピードラーニングを始め、数多の英語学習教材が軒を並べておりますが、はっきり言って、そんなお金を出す余裕なんてありません。今の英語教室の初期教材10数万円も、結構泣きながら払ったくらいですから・・・。とにかく家にあるその教材と、PCにiPhoneにiPadなどの電子機器、後はそういった書籍などを最大限活用するしか、今のところ方策が思いつきません・・・。

 最近よくやっているのが、とにかく身の回りの物や事象の単語をお題に、「英語でこれは何と言うのか?」ということでして、息子と調べつつ学んでおります。なにせ私の英語力は小学生レベル以下と言っても差し支えありませんので、小学2年生と似たようなレベルで学び続けていくしかないだろうと考えています。

 そういった、目で見たものを英単語に言い直すというのは、わからなければすぐiPhoneなりで調べられるため、便利ではあるのですが、それが本当に英単語力の向上に寄与しているかどうかはよくわかりません・・・。ただ、やらないよりはやった方がマシだという感覚です。

 もう少し慣用句的なものをフレーズで覚えられれば、また違ってくるのかもしれませんが、小学2年生を相手にしたような、何か良い方法は無いものかと、現在検討中であります・・・。

 とりあえずは、息子も興味津々である、iPhoneとiPadのアプリを最大限活用し、英単語力を少しでも向上させるように努めてまいります。以下に使用しているアプリを紹介しますが、ピンとくるものが少ないので、参考程度にどうぞ。

Shape Puzzle HD Free
無償(2011年9月現在)

1分間英単語 無料版英単語60
無償(2011年9月現在)

アルク ボキャブラキング PowerWords
無償(2011年9月現在)

まじめな英単語3000(さんじぇん)
85円(2011年9月現在)

聞くPLAY英単語TOEIC頻出1000 - 例文まで聞いて覚える!
85円(2011年9月現在)

英単完全攻略8000語
170円(2011年9月現在)


 以下3つは、少々値がはるため、まだ購入をためらっているアプリです。


究極の英語リスニング Vol.1
850円(2011年9月現在)

アルクの旅行英会話ミニフレーズ
700円(2011年9月現在)

スティーブの英会話8秒エクササイズ 【録音機能つき】
850円(2011年9月現在)

 なんとも、マイルストーンが見えない、行き先の分からない列車に乗っているような感じですけども、とにかく楽しくポジティブに、息子と二人三脚で、英語に親しんでいければいいですね!楽しくないとすぐ止めてしまいますし。今後も情報を集めつつ、より良い方策がないものか、探っていきたいと思います。
Twitterでつぶやく
スポンサーサイト

| 英語 | 00:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「断捨離」をしています

 昨年(2010年)くらいから、「断捨離」という言葉が流行したと思うのですが、その精神よろしく、お盆明けくらいからジャンジャンと、この断つ、捨てる、離れる、ということを意識して実行している自分がいます。

 別に家の中が物で溢れかえっているわけではないですし、特に困っていることもないのですが、新しいものを得るには、ある程度の「廃棄」「離脱」という行為が必要ではないかと、漠然と思い立ったのがきっかけです。そのうえで、自分自身が、何か目に見えない「閉塞感」に支配されるような感覚があり、少し既存の環境を変えていきたいという、内なる欲求があったのも事実です。

 では実際に何をしているかというと・・・

余計な行動を断つ → 断
手持ちの「物」を捨てる → 捨
買い物(消費)から離れる → 離


という具合ですが、こういったことを意識し、メニュー化して、さらに自分を納得させる理由付けをしてから、実際に行動に移しております。

 まず「断」についてですけど、

■糖分の摂取を断つ

 私はどうも、砂糖の入った食品を多く口にしているようで、成人で1日20gを越える糖分摂取を控える、という指針を見かけてから、ずっと心に引っ掛かるものがあり、糖分を控えようと思い立ちました。

その理由としては、

→メタボの腹をそろそろ本気でなんとかした方がよい
→お菓子は癖になるので、食べ過ぎて止まらなくなる(結果糖分過多)


などなど、健康を気遣っての行為なのですが、糖分摂取を止めるとどのくらいの効果が出るのか楽しみでもありますね。

 料理に入っている糖分は仕方ないとして、お菓子やジュース類(糖分入った飲料)をとにかく口にしない。口にするならノンシュガーを選択する。そう決めごとをしてから、実行に移しておりますが、今のところ順調でして、わずかながら腹周りの肉も少なくなった感があります。

 もともと体重がオーバー気味なため、食事の量自体を減らしたかったのですが、それだとストレスを増幅しそうなので、糖分摂取を控えるくらいなら自分にも出来そうかなと考えました。


 次に「捨」ですが、

■手持ちの使わない物・服・靴を捨てる

 これはもう読んで字のごとく、衣料品や小物類、古くなったPC関連の物、二度と読まない本、音楽CD、ビデオテープなど、置いておくとスペースばかり取る物を整理しています。

 その理由としては、

 →物持ちがいいので、置き場所に難が発生してきたから
 →いずれ新調して気分を変えたいと考えていた
 →新しいものを買う理由にするため


 少々こじつけの部分もありますけど、単純に物理スペースの確保と、新しいものを導入したい!という物欲が主因です・・・。

 とりあえず、CD類はデータを全てiTunesにコピーしてから売却、これまで見返したことのないマンガの売却、もう読まないと思われる書籍の売却まではほぼ完了いたしました。中古ショップにて、思わぬ高値がついたものもあり、一石二鳥な感じです。今後は、衣服の廃棄、売却、さらに新調と進めていくのですが、やっかいなのはビジネス系のアイテムである、Yシャツ・ネクタイ・スーツ・靴下・靴などです。捨てれば絶対数が減るし、ローテーションが短くなるので、捨てた分だけ新調するということを今月から始めています。

 私服については、数が減ってもさほど困ることもないので、売れるものは古着屋さんへ持参し、ダメそうなものは廃棄するという仕分けを現在行っている最中です。それにしても、私は物持ちが良くてですね、20年以上前に購入したTシャツとかも、いまだに寝る時用として着てます・・・。大事に使っているつもりはありませんけど、数が増えるばかりなのは確かですね。一度に着慣れている服が無くなるのは寂しい気持ちがありますが、まあその分、いずれ新しい服が手に入るのだと思うと、楽しさが溢れてきます(苦笑)

 捨てるかどうか、もの凄く悩んだのが、PC関連製品と、映画を録画したビデオテープでして、ひょっとしたらまだ使ったり見たりするのでは・・・と躊躇していました。ですが、5年間まったく触れることのないものが大半でしたので、思い切って「断捨離」をしてしまいました…。

 今更古いPCパーツがあってもどうしようもないですし、画質の悪い映画を見てもつまらないので、結果は納得しています。これでカラーボックス一つ分空いた計算になりますので、そこに何を置こうか楽しく考えていきたいですね。


 次に「離」ですけど、

■余計な買い物(生活に必要な物以外)から離れる

 これについては、予想できるかとは思いますが、

→単純に春から夏に遊び過ぎて金がないから
→今後iPhone5やら3DSやらPSPやらPS3やらの購入&子供に要求されそうなので、その原資を今のうちから蓄えておきたいから
→手持ちの書籍(積ん読)を片付けてしまうための期間に充てる
→どのくらい節約して生活できるか、一度試してみたかったから


 などの理由が挙げられます。ズバッと一言で言うと資金不足です・・・。12月までは書籍の購入などを控え、倹約に努めてまいりたいと存じます。特に秋以降はiPhone5の発売とクリスマスが控えていますから、楽しい冬を迎えるためにも、今この時期は「蟻」になっておこうかなと考えています。

 また、手持ちの未読の書籍が相当数溜まっており、古いものだと5年以上前から眠っているものがあります。さすがにそろそろ何とかしないといけないかなと。在庫の本が減ると、また新たに購入する時に楽しさ倍増のような気がしています。でもこういう時に限って、欲しい本がたくさん出てくるものなんですよね~…。


 …という形で「断捨離」を日々実践している私ですけど、今後はもう一歩踏み込んで、古い考え方を捨てていこうかとも考えています。具体的に書くと…

→いつまでも今の生活が続くだろう…という前提を捨てよう
→いつまでも今の給料がもらえるだろう…という夢想を捨てよう
→いつまでも自分は健康であり続けるという根拠のない考えを捨てよう
→いつまでも自分の両親・親戚が健在であるという想いを捨てよう
→いつまでも子供は子供のままである、という考えを捨てよう


などなど、根拠の無い考えを捨ててしまい、今後訪れるかもしれない「変化」を許容するためにも、今のうちから準備出来るものは準備しておきたいです。

・今勤めている会社が無くなってしまったら…
・いきなり給料が半分になってしまったら…
・急に体調を崩して入院してしまったら…
・突然両親や仲の良い親戚が亡くなってしまったら…
・親離れ、子離れの出来ない親子になってしまったら…

 なるべくこんな事は想像したくないですが、起こりうるのもまた事実。ならば想定して準備しておけば、そんなに辛い思いをしなくても済むかもしれませんよね。

 新しいものを手に入れるには、時に痛みを伴う場合もありますので、結局は現状維持で収めるのが、一番自分にとって楽なことですけど、いつまで経っても何も変わらない結果にもつながります。それならばいっそのこと、

楽に生きることを捨てよう


とも思っています。

 もちろん新しいもの・ことを取り入れるのに、痛みばかりが伴うわけではありませんので、ワクワクしつつ、古い殻を取り除き、より成長できればいいかなと考えています。そう、カニみたいに脱皮するイメージでしょうか。脱皮して新しい体になり大きくなるための準備、それが断捨離なのかもしれませんね。ということは、逆説的ではありますけれど、「断捨離」を行うことは、「新しいものを取り入れること」とも言えそうですね。

 なんでもかんでも新しければいいというわけではありませんが、古き良きものは残しつつ、自分の周りや、自分自身をも新しくアップデートしていきたいものです。
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 20:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。