気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

かもの法則

◎かもの法則


-------------------目次--------------------
第1章 未来を決めていたのは「かも」だった
第2章 「かも」は大不況をチャンスに変える
第3章 心の「かも」は脳の中で闘っている
第4章 喜びの大きさで「かも」は成長する
第5章 マイナス思考でも「かも」は羽ばたける
第6章 どんな大変革も小さな「かも」から始まる
-------------------------------------------

日本におけるイメージメンタルトレーニングの第一人者で、2008年北京五輪で金メダルを獲得した女子ソフトボールの指導もおこなったことで有名な、株式会社サンリ代表取締役会長の「西田文郎」さんの著書です。

西田さんの書籍や、共著の情報は過去にもこのブログで書いておりますので、合わせてどうぞ!

プラトー現象にハマっているようです
本調子II プロは逆境でこそ笑う
by 気になるけど

さて、今まで読もう読もうと思っていて後回しになっていた「かもの法則」ですが、やっとこの週末に読了いたしました!内容は事前にだいたい分かっておりましたが、相変わらず西田さんの本は読みやすいですし、頭に入りやすい!!

この本には、ありえないくらいの「かも」というフレーズが登場しますが、それもそのはず、全編において「かもの法則」についての話しになっております。

その「かもの法則」ですけども、私は西田さんをはじめ、潜在意識や脳力系の書籍を何十冊も読み進めているので、大部分は知っている内容であり、すんなり腑に落ちているのですが、これまで潜在意識とかの話しや、脳内イメージについての知識が無い方が読んだ場合は、にわかにこの法則を信じられないかもしれませんね・・・。

「そんなことで人生変わったならば皆変わってるじゃんかよ!」という突っ込みが聞こえてきそうな気がしますが(苦笑)、この「かもの法則」は私にはばっちり当てはまっています。

私は以前とくらべ、心の中の否定的な内部対話を止め、肯定的な言葉に言い換えるようにしたことにより、ものすごく前向きな考え方に生まれ変わりました。

そのやり方こそこの「かもの法則」なのです。

では「かもの法則」がどういうものかということを抜粋しながら書いていきます。

「できないかも」
「ムリかも」
「うまくいかないかも」


人の心の中では、このような否定的な心のつぶやきをしているケースが多いと思いますが、こういった思考というか「予感」をしていると、人間の脳は、自分の意志や願望とは裏腹に、どんどんできない方向に行動してしまう性質があります。

そこで、肯定的な「かも」の言葉に置き換えてみると・・・

「次は成功するかも」
「できるかも」
「うまくいくかも」


のように、心の中のつぶやきを強引に書き換えてしまう、心の中だけでなく実際に言葉にして何度もつぶやいてみる、そうすることにより、脳はどんどん良い方向に進めようと努力してくれるようになります。

否定の「かも」が発生したら、肯定の「かも」に書き換えればいい

これが「かもの法則」になります。

書籍の中で西田さんも書いてらっしゃいますが、恥ずかしいくらい簡単な法則です。誰でもすぐに出来ます。

西田さんは第1章の終わりで「この本で言いたいことは以上のことです~~「よしわかった」。そう思う人がいたら、もう本を閉じていただいてけっこうです。」と述べている通りに、とてもシンプルな方法です。

ただ、いきなりそんなこと言われても、「ふ~ん」とか「はぁ?で?」という印象を持つ方もいらっしゃると思いますので、この法則が本当のことだと信じられる方にしか声が届かないものだということは、私も理解しています。

また、理解できたとしても、これを実践しなければちょっとした雑学程度の話しにしかなりません。

私が自分の息子(小学生)に対して、「セルフイメージを高めろ!」なんていくら声高に叫んだとして、まったく理解されないのと同じく(笑)、このエントリーを読んでも「この人何を言ってるのだろう?」と、苦笑いされてしまう方がいらっしゃるかもしれませんが、シンプルな法則だからこそ、絶大な効果を発揮します。

普段から何か自信が湧かない人は、ぜひとも「かもの法則」を学び、実践することにより、自分の行動が変わっていくことを実感できると思います。しかし、先ほどから何度も語っている通り、半信半疑で適当に「かもの法則」を実践しても、うまくいくはずがありません。

スキーを一度もしたことない人が、本を1冊読んだだけで滑れるようにならないのと同様で、実際に滑って体感してみなければ、理解なんてできっこありませんからね(苦笑)

幸いにもこの「かもの法則」については、スキーのようにゲレンデまで行かなくても出来ますし、必要な用具なども必要ありません。ただ心の否定的なつぶやきを、肯定的なつぶやきに変えるように仕向けるだけです。

単純明快な方法で、どんどん肯定的な考え方に変わっていくのであれば、こんなに安い投資は無いと思います。もちろん「やる」「やらない」は個人の自由なので、これ以上私が奨めることはしませんが、私的に一家に一冊は常備しておくべき書籍だと考えています。

ということで評価の方はもちろん★★★★★でございます。

また1冊私の本棚に名著が増えました!

私はこの「かもの法則」を子供に伝えていき、より肯定的な考えで人生を歩めるように、上手に仕向けていこうと、すでに行動を始めています。

たくさん良い「かも」を飛ばしていきたいですね!
Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/1031-8c89ff60

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。