気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Hyper-Vと仲良くなろうかな…

現在仮想化業界シェアのトップを走り、まさに仮想化の雄と呼ぶに相応しい、VMware社ですが、Microsoft社が提供するWindows Server 2008 Hyper-Vなどの猛追を受け、だんだん仮想化業界も慌ただしくなってきた感があります。

とはいえ総合的にみて、仮想化するならやっぱりVMwareだよな、という印象が今でも強い私は、他の仮想化ベンダーの「Citrix」や「Xen」なども含めて、今後触れる機会はないだろうと考えていました。

当然MicrosoftのHyper-Vについても同様の意見でして、これまでWindows Server 2008を1度しか操作したことがない私は、縁がないだろうな~と思っておりました(苦笑)

そういうこともあり、仕事ではVMwareのESXiシリーズばかり使用していますが、仮想環境内で新しくOSからセットアップする場合については、まったく問題がなく素晴らしい製品だと考えています。

ところが、既存OS環境(主にサーバなど)を仮想化して移行する際に、四苦八苦している面があり、もうちょっと手軽に確実に出来ないものかと、思案することが多いです。

そこでふと思ったのが、Windowsサーバ限定であれば、同じMicrosoft社製のHyper-Vに乗せる形のほうがいいのかな?なんてことでして、評価してみようかなという気になってきました。

実際にHyper-Vを構築したSEの人に話しを聞くと、悪くはないけどVMを選んだほうがいいよ、とのことなので(笑)躊躇しておりますけど、Hyper-Vだと他にもメリットがありそうですよね。

と言うのも、VMwareの最新版VMware vSphereの導入を検討した時、その器になる筐体と製品のライセンスなど、諸々経費を算出した時に、こんなにかかるなら別に仮想化にしなくてもいいよね?というお客様の声が重くのしかかってきます・・・。

実はまだHyper-Vのライセンス体系を詳しく調べていないので、何とも言えないところなのですが、VMよりもHyper-Vの方が導入障壁が低いという印象を持っています。

それは価格面であったり、Winサーバ同士での親和性であったり、サーバ機能の一部として使用できることであったりと、別に食わず嫌いをすることもないかなと考え始めています!

ただHyper-Vの情報が乏しく、いくつかWebで良さそうな記事などを見かけましたので、参考にしてみようと思います。

サラっと見回して見つけたサイトは下記です。

【2008 R2体験記】実際に触れてわかったHyper-V 2.0のいろいろ
by マイコミジャーナル

Hyper-V 動いた/動かなかった情報
by vmnet

Hyper-Vの入手方法やライセンスについて教えて!
by ASCII

Hyper-V実践サーバ統合術
by @IT

Windows Server 2008 R2のシステム要件は下記となります。

Windows Server 2008 R2 System Requirements(英語)
by Microsoft

また、180日の評価版ダウンロードは下記となります。

Windows Server 2008 R2 のダウンロード(180日評価版)
by technet

しばらくの間、Hyper-V祭りになりそうな予感がします・・・(汗
Twitterでつぶやく

| 仮想化・クラウド・分散処理 | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/1035-332a4a00

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。