気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

思考法という言葉に敏感です

第3回 「戦略眼」に不可欠な4つの思考法
by @IT 「ITエンジニアのための経営戦略入門」

@ITの「~~4つの思考法」というタイトルに釣られ、ついつい新しい何かを得られるのではないか!と、勇んでリンクをクリックしましたが、残念ながら新たな示唆を得ることは出来ませんでした…。

そう簡単に新しい思考術なんて見つかりっこないというのは、理解しているのにも関わらず、新しいものを求める心を止められません…。

なんでそんなことを書いているかというと、今月の私のテーマの一つに、

「新しい思考法、アイデア創出法を学ぶ」

というものがありまして、意識してそういった書籍を読んだり、サイトを眺めるということを繰り返しています。

この思考法やアイデア創出法を、集中してインプットしている理由の一つとして、仕事上での活用が必要に迫られている、というのが挙げられます。

仕事上では、ロジカルシンキングを越えるような、新しい考え方の創出が必要になったり、多様な価値観を持たざるを得ない現在の世の中に適用できるような、そんな考え方を求められていたりして、なんとか足りない部分を補いたいと考えています。

また一方では、自分の思考の癖に気づいてしまったこと、アイデア創出法を増やしたかったこと、などの理由も挙げられます。

プライベートでは、電子絵本のシナリオを考えていた時に強く思ったことで、もっと多用な思考法やアイデア創出法を学べば、物語を創る能力がUP出来そうだということに気付きました。

どちらも自分には無いものを得ようとしているので、なかなか難しいと感じる部分もありますが、ここでやっておいた方が良いと判断いたしましたので、集中的に新しい知識のインプットと、これまで得た知識の再確認に励んでおります。

人の思考の仕方には癖があることをご存知の方も多いとは思いますが、いつも同じような思考(ここではA思考とします)をしていると、脳はだんだんそのやり方に慣れてきて、手を抜くようになります(実際にそう感じられます)。

A思考を繰り返していると、得られる成果もいつも通りのものでしかなく、最初は嬉々としていたものでも、だんだんと物足りなくなってきたりもします。また、A思考を繰り返すことにより、たいして深く考えなくとも、それなりの物を生み出せたりしてくることから、慣れによる緩慢な姿勢が顕在化されてきます。

緩慢な部分を抜かせば、A思考方式は自分の中の一部として、ルーチン化されているわけなので、便利といえば便利なのですが、このままA思考のままでいて、この先の不透明な未来に立ち向かっていけるかと言うと、「絶対無理!」だということが自分でも分かっています。

一つの「型(A思考)」を身に付け、今度は違う「型(B思考)」を身につければ、単純にAとBという思考による違った成果を生み出すことが出来ます(あくまでも机上の論理ですが…)。

これまでの自分にない、新たな思考法・アイデア創出法をたくさん身につけることが出来れば、それらをミックスさせつつ、理論上多様な成果を挙げることが可能となります。

試しに、A思考、B思考、C思考、D思考という、まったく異なる思考の「型」があったとして、その組み合わせを書いてみると…

A → 1通り
A B AB → 3通り
A B C AB AC BC ABC → 7通り
A B C D AB AC AD BC BD CD ABC ABD ACD BCD ABCD → 15通り


私の計算が間違っていなければ、上記の通りになると思いますが、思考の仕方が増えると、増えた分だけ生み出せる成果もどんどん膨らんでいきます。あくまでも概念の話しなので、必ずその数の成果が期待できるわけではありませんが、手段が増えることにより、思考の幅が広がる、という言い方は可能だと思います。

私が目指しているのはまさにその、「思考の幅を広げる」ことであり、「アイデアの創出を拡大する」ことなのです。幅を広げればより多くのものを生み出せることが分かっているのでしたら、これは広げるに越したことありませんよね!

そういった幅の広がりを、フレームワークやツールの形で、いつでも実現できるようにしておけば、そうそう悩むことも無いでしょうし、何より自分の思考に強く自信が持てそうだと思いませんか?

そんなのは空想の世界の絵空事だ!と言われればそれまでなのですが、こういった事を強くイメージ出来ているか出来ていないかにより、成果物の幅が広がるのを、簡単には否定できないのではないでしょうか。

とりあえずは、たくさんの思考法・アイデア創出法の存在を知り、自分の中に取り入れていくことを、今まさに実行中なのですが、中には自分に合わないものもあるようでして、そういったものを含めて、上手にフィルタリングしつつ、実践を繰り返し、幅を広げることに腐心していきたいです。

まだまだ全然インプットが足りないので、10月中は集中してそれ系の読書に勤しみます。
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 20:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>まさちむさん

こんばんは!

何やら色々と葛藤があるように見受けられますが、
理想の自分像と現実の自分の狭間で揺れていたり
するのでしょうか?

自分を変える、という行為は、なかなか難しいものでも
ありますし、逆にコツをつかめば簡単でもあったりします。

そもそも人間の潜在意識って、変化を受け入れにくいという
性質をもっていますからね。

「自分はこうなりたい!」と強く願っても、潜在意識は
「いやいや、ダメダメ。変わっちゃダメだって」と、
変化に対して簡単に折れないですから。

だから毎日毎日「自分はこうなりたい!」と強く思い続けて、
そういった行動を続けていれば、

「そんなに言うならば、いっちょ協力してやろうかな・・・」

と、潜在意識が変化に慣れだしてきます。

その変化を受け入れる期間として、世間的に21日間(3週間)
なんて言われていますけど、将来的に良い方向に進むと
思うのならば、憧れの自分にチャレンジしてみるのも
いいのではないでしょうかね?

まあこの手法が合わない人もいますので、なんとも・・・

当ブログのブックマークありがとうございます。
受験大変だと思いますが、適度に息抜きをして、前に進んで
いってくださいね。

| fuminchu | 2011/09/17 00:24 | URL |

ベースの考え方を
取り入れるのはとても良いですよね!!
私もそれ前からやってます★
でもまたそれが悩みなんですね
最近の悩みは憧れの自分と
本能の自分が違うので
困っています(T^T)
例えば喧嘩して許してあげる事が
憧れの自分であり
許せないっていうのが
本能の自分なんですよ
許す方が良いに決まってる
ってなっても今まで
自分らしさを大事にしてきたから
余計『偽る』っていう
自分に抵抗あるんですよね
『受け入れる事』と
『染まる事』は違う
っていうけど難しくて


私は高校3年です
ブログは『4つのイド』で
検索したら出てきて
そこから自己啓発が載ってたんで
とっくにブックマーク
してあります(`・ω・´)
本紹介してくれて
ありがとうございます
今受験生なので
今度見てみますね\^^/

| まさちむ(*^ω^*) | 2011/09/16 23:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/1037-c68858e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。