気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

己の2011年を総括

 「激動の年」といっても過言ではないほど、2011年はさまざまなことが起きました。東日本大震災、福島原発問題、記録的な円高、Facebook革命、欧州金融危機、タイ大洪水etc、日本だけでなく世界規模で、未曾有の事態がこれでもかっ!というくらいに押し寄せてきて、何にも出来ないちっぽけな私などは、無力感に苛まされました・・・。実際に災害・被害に遭った方々はもちろん、直接的・間接的に被害を受けた方々の苦難と悲しみを考えると、無常を感じずにいられません。一歩間違えれば自分が同じ目に遭っていたかもしれないでのすからね…。天災などを考えると、やはり人類は、ほんのちょっとの偶然が重なりあい、今の繁栄を享受しているだけなのかもしれません。ほんのちょっとした偶然が絡み合って、もっと多くの災害や、人類存亡に関わる事態と隣り合わせなのかもしれないです。毎日無事に生きていることを、もっともっと感謝を込めて祈らなければならないのでしょう。せめて2012年は、もっと平穏な世の中であることを切に望みます。

 それはさておき、じゃあ自分にとっての2011年はどうであったかと言うと、年初に立てた目標はまったく達成できませんでした・・・。しかし逆に、自分の「幅」が広がった年であった、という感覚でおります。プラスマイナスゼロ、成長率0%という辛うじてマイナスにはならなかったかな??と内心振り返っております。

 今年(2011年)の年初に「ちょっと遅めな年始のご挨拶」という、新年の挨拶をかねたエントリーの中で、

己の感情を殺し、ひたすらすべき事を淡々とこなす


などと、今年は単純に「作業に没頭する年なんだよ!」と、自分を鼓舞しておりましたが、元々単純作業が苦手で飽きっぽい性格のためか、はたまた、つい逆のことをしたくなる天邪鬼的性向のためなのか、気持ちがあちらこちらにフラフラと移ろい、勇んでブチ立てたスローガンも形だけ・・・。なんとも情けない結果に終わりました。

 ところがですね、そのフラフラ具合が良かったのか、あれこれ好奇心が湧いたのが結果的に、自分の「幅」を広げる結果につながったのですから、人生わかりませんよね~(笑)

 特に仕事上では、明確に別の領域に足を踏み入れました。仮想化、クラウド、事業継続など、これまでのキャリアと違う、新たな分野に踏み込んでいけたことは、今後プラスに作用するだろうと考えています。特にVMwareのvSphereシリーズを、ある程度構築・運用できるようになったのは大きかったと思います。また、震災の影響による事業継続のためのIT施作についても、自分の「幅」を広げる一端につながりました。

 プライベートでも、iPad2の購入や、iPhone4Sの購入、DTMソフトであるSONARの試験導入や、USB鍵盤キーボードの購入なども、己の狭い視野を広げてくれる一翼を担ったと思います。さらにはHDRの写真・動画への憧憬や、SugarSync、Dropbox、CatchNote、Tumblrなど、Webのツールを多く使い倒した一年であったことも、今後の自分の活動の場を広げることに貢献していると思います。

 さらには、1月の東京旅行、8月の名古屋旅行、10月の函館旅行など、家族で旅行する機会が多くあったことも良かったです。嫁さんが仕事上の関係で数日不在の際は、二人の息子達を連れて、男だけの旅行に出かけたこともありました。本当に家族の大切さを感じた年でもあり、親としても、ほんの少しだけ成長できたような気がしています。

 また、MP3・映画・マンガの収集など、コンテンツを豊富に導入できた年であったことも2011年の特徴でして、己の好きなもの、興味があるものを揃える喜びや、新たな知見に目覚めたりと、右脳的快感が多い年でもありました!

 あともう一つ、2011年は「断捨離」を実行できた年でもありました。

「断捨離」をしています
by 気になるけど

 自らの行動を制御し、自宅の不必要な物を廃棄・売却し、余分な買い物を控える、ということを続けるうちに、ストイックな生活を送ることにも慣れました。だからこそ己の「幅」が広がる余地が生まれ、新しい自分を形作ることが出来たのかもしれません。

 それと、今年は3000M級の登山をしたのですが、実際にやってみて、もうコリゴリ、二度と登山は勘弁!ということが明確に腑に落ちたのも良かったと思います。実際にやってみて合わないと理解できたので、今後誰に誘われても頑なに断ることが出来ます(笑)

 他にも、ゴルフの引退宣言をしたことと、コンビニの利用を意識的に減らしたことにより、都度のお金が減るのを防げました。なにせ貧乏サラリーマンですから、月の小遣いすらままならないため、少しでも浮かせて、今の自分に必要なことに投資していきたいものです・・・。

 なんだかこうやって書きだしてみると、自分にとって案外悪い年ではなかったと、そう思えるようになってきましたけど、本来目指していた方向とは違う方向に舵をきっているので、来年は仕切り直しで、もう一度作業に没頭する年にしたいと、そう思い直すのでした・・・。

 そんな2011年でしたが、果たして2012年はどんな年になるのか?今からワクワクするのと同時に、厄年ということもあり、色々と注意を払って生活を送っていかねばと、身を引き締めております。それに、勘のいい人はもう気づいていると思いますけど、2012年は今年以上に、世界=グローバルを意識しなければいけない年になります。その理由として…

政治面(中国の国家主席交代とロシア大統領選挙とアメリカ大統領選挙)
社会面(人口70億人突破、TPPの推進、円高の伸長)
文化面(クールJAPANの推進、日本人アーティストの世界的活躍)
人材交流面(アジアへの人材流出、海外留学・勤務の増加)


など、他にもまだありますが、新たな世界のうねりに日本は巻き込まれざるを得ないのですから、今後何が起きてもおかしくないくらい、不透明な時代が始まります。

 もちろん悲観的なことばかりではなく、希望を持てるような明るい出来事だってたくさん起こるはずです。私はちっぽけな日本の、さらに小さい北海道の片田舎に住む、ちんけなサラリーマンですが、世界の潮流を肌で感じ取りつつ、時代の変化を読み、小さく大きく変革しながら、楽しく明るく前向きに暮らしていきたいと願っています。そして、日本だけでなく世界に通じるような何かを、創り出していければ最高なのですが…。

 2012年は、今年達成できなかったことを再度挑戦する年とするのと、できるだけクリエイティブ面の時間を多く取り、納得のいくものを紡ぎだしていければ最高です。そしてそれを、ブログやtwitterやTumblrなどでアウトプットしていければいいなと考えています。私は自分が60歳で天寿を全うすると思いこんでいるので、あと20年間は、何か価値あることを創り出していく人生であれば最高だと考えています。

 そんな感じで2011年も大変お世話になりました!2012年も、このネットの隅っこの方で佇む、影響力の小さいブログではありますが、よろしくお願いいたします。

fuminchu
Twitterでつぶやく

| その他 | 17:49 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/1074-55a37eaa

TRACKBACK

まとめtyaiました【己の2011年を総括】

 「激動の年」といっても過言ではないほど、2011年はさまざまなことが起きました。東日本大震災、福島原発問題、記録的な円高、Facebook革命、欧州金融危機、タイ大洪水et

| まとめwoネタ速neo | 2012/05/13 19:10 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。