気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プライベートで使う言葉を変えていく

 今回は「アイデアを殺す言葉」と「子供にかける言葉」というテーマで、サラッと書いていきたいと思いますので、よろしければお付き合いください。

 先日Dropbox上に保存してある、本を読んだときの感想や、抜粋したものを記載したテキストファイルを眺めていたところ、2009年くらいに、図書館で借りたはいいけど読みきる時間がなく、すぐに返してしまった本「イノベーションの神話」から少しだけ抜書きした言葉を見つけ、改めて感銘を受けました。以下に記載します。

アイデアを殺すセリフ

そんなことはもうすでに試してみた
そんなことはやったことがない
ここではそんな風にしない
そんなことはうまくいくはずがない
そんな予算はない
それは興味深い問題ではない
そんな時間はない
そんなことは上役が承認しない
それは関係のない話だ
誰もそんなことを喜ばない
そんなものは採算がとれない
お前はなんて馬鹿なんだ
お前は口ばっかりだから黙ってろ



◎イノベーションの神話


 私は「アイデア」というものがどうやって生まれ、どのように発展していくのか、ということに興味がありまして、これまでにもこのブログで、何度か書いてきた経緯があります。

エンピツ転がしでアイデアを生みだす
三上・三中でアイデアを得る
自分ルールでアイデアをひねり出す
by 気になるけど

 しかし、どうすれば「アイデア」が消えてしまうのか、という部分には思い至ることはなく、「アイデアを殺すセリフ」を読み、結局は「完全否定」された時や「気分が悪くなるような言葉」をかけられた時に、アイデアが消え去っていくのだなと、腑に落ちてしまいました。

 私もこれまでの人生の中で、アイデアを殺すセリフをたくさん聞いてきたし、直接言われたことも多々ありますので、どちらかというと、アイデアが消えるというよりも、やる気を削がれ、それ以上そのアイデアを推し進める気がおきない、というのが正解に思えます。さらには恥ずかしながら、自分も他人に対して、アイデアを殺してしまうような、汚い言葉を発したこともあります・・・。今考えると申し訳ないのと同時に、自分が情けなくなります。

 今後、他人にこのような言葉を投げかけるのはよそう!と思い直したところで、また別のことに意識がとらわれたのですが、何か引っかかるものがありまして、しばし黙考していたところ、「ハッ!」と閃いてしまいました。

 それは・・・、自分の子供達に対して、このアイデアを殺すような言葉を投げかけているのではないか?ということです。

そんなことはもうすでに試してみた → とっくにやってんだっての
そんなことはやったことがない → そんなの知らねえよ
ここではそんな風にしない → 家ではそれはダメだ
そんなことはうまくいくはずがない → どうせうまくいかないんだから
そんな予算はない → 金無いから無理
それは興味深い問題ではない → そんなの興味ないしダメ
そんな時間はない → 早くしろ。時間ないんだから
そんなことは上役が承認しない → そんなのオレが認めねえ
それは関係のない話だ → お前には関係ねぇから
誰もそんなことを喜ばない → それで誰が喜ぶのよ
そんなものは採算がとれない → それやって儲かるのかよ
お前はなんて馬鹿なんだ  → アホこの
お前は口ばっかりだから黙ってろ → うるせえ。黙ってろ


 ちょっとばかし、こじつけている部分はありますが、なにせ我が家の子供達は、男の2人兄弟なものでして、どうしても言葉遣いが荒くなる傾向にあります・・・。さらに私自身も、普段の言葉遣いが荒いことを自認していますので、ただでさえやんちゃな子供達に対し、強い言葉で威嚇することはしょっちゅうあります・・・。

 当然、子供に対し、きちんと怒ることが大切なことは理解していますが、もう少し言い方があるよな~とも自覚しています。けれども、これまで生きてきた中で、限りなくプライベートに近い時間において、己の発する言葉を変えるということが、いかに大変な事か・・・というのも分かっています。素の自分を矯正することは、なかなか至難の業なのですよね・・・。

 でも、自分の言葉が原因で、子供達のアイデアや、彼らなりのイノベーションを殺すことにもつながっているかもしれないと思うと、途端に心の中がザワザワしてきて、もう少し言葉遣いを考え直した方がいいと思うに至りました。どうせならば、自分の息子たちにはアイデアを殺すような人間よりも、アイデアを生み出すようになって欲しいものです。千里の道も一歩からなので、自宅においてもできるだけポジティブな言い回しをしていこうと、ずいぶんと言葉に気をつけているところです…。

言葉や言い回しについては、以前にも気にしていることを書いているので、よろしければ下記もご笑覧ください。 

「時期尚早」と「前例がない」は使わない
弱気な口癖を矯正する
by 気になるけど

 たかが言葉、されど言葉ではありますが、私は「言霊」という概念を認めていることもあり、出来れば常に、馬鹿ポジティブなくらい前向きな言葉を発していきたいものです。

Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/1078-02dbba02

TRACKBACK

まとめtyaiました【プライベートで使う言葉を変えていく】

 今回は「アイデアを殺す言葉」と「子供にかける言葉」というテーマで、サラッと書いていきたいと思いますので、よろしければお付き合いください。 先日Dropbox上に保存

| まとめwoネタ速neo | 2012/05/13 16:43 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。