気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

常識にとらわれるな

 本日は2月14日のバレンタインデーということもあり、バレンタイン関連の情報に絡めた話しを書いていきますので、よろしければお付き合いください。

 先日、嫁さんが職場のバレンタイン用チョコを買うということで、隣町のイオンに買い物に出かけました。大型スーパーらしく、イベントスペースでもある広場を貸し切ってバレンタイン商品を並べており、店側も力が入っている感がありあり。おまけに会場はもの凄い人であふれ、レジも長蛇の列を成しておりました。販売している商品も、有名な「ゴディバ」などのブランドチョコや、先日食べログのスイーツ部門で1位に輝いた札幌の「ショコラティエ マサール」など、話題のチョコが整然と並べられていました、他にも、お酒や小物なども販売していて、バレンタインデーも多様化の一途をたどってるなと、ボンヤリ眺めておりました。

 視線を左右に振り、何か物珍しいものはないかと物色していると、奇妙なポスターが目にとまります。

「孫に贈るバレンタイン」

お爺ちゃんお婆ちゃんから、お孫さんに贈り物をしようという企画のようで、柔和な老夫婦が描かれたポスターの下には、孫の年代の子供達が喜びそうなおもちゃであるとか、それ系のお菓子などが山積みになっていました。しかも、どうやらその逆のパターンも想定しているようで、お歳を召した方用の贈答品なども陳列されている始末。それを見た瞬間「これバレンタインとは関係ないしおかしくない?」という疑問が私の頭をもたげました。

 バレンタインの定義は正直よくわかりませんけど、日本では女性から男性へチョコを贈るという風習となっていて、そこに愛情があろうが無かろうが、女性は贈り物をするというのが習わしになっていると、自分では捉えています。

バレンタインデー
by wikipedia

 でも、国によっては男性から女性に贈るということになっていたり、バレンタインを祝うと逮捕される国もあるようですし、爺ちゃん婆ちゃんから愛する孫に贈っても別におかしくないよな~と考えると、まるで否定的な意見を打ち消すかのように、妙にスッキリした気分になってしまいました(苦笑)

 むしろ、最近のバレンタインは一種の恋愛イベント的な要素を越え、さらに多様化し、シニア層をターゲットにしたものや、ペットへ贈るバレンタインと称した動物好きの方に向けたアプローチなど、商魂たくましいというより、よく考えるよな~と、その企画力に脱帽してしまいます。

 日本での、バレンタインデーにはチョコを、という風習は、もともと菓子業界が販売拡大を目指して仕掛けたものらしいですけど、そこに歴史的かつ文化的な意味合いなんてありませんよね。したたかな販売戦略があるだけで、そこに民衆がおおいに乗っかってしまったというのが正解かと。でも、チョコを渡す際の悲喜こもごもが、個々の感情を揺らすこともあり、これだけ定着したのだろうと勝手に分析しています。

 私などは、まさにそのチョコをもらえる・もらえないという、学生時代のドキドキ感が心にこびりついているので、「孫に贈るバレンタイン」なんて変だ!という、チンケな思い込みが招いた愚かな勘違いと言えるでしょう…。

 そして、そんな私の頭の中にふと浮かんできたのは…

「常識にとらわれるな」

という心の声でした。

 いかに自分の頭の中が、凝り固まって作られた「常識」という名の「勘違い」に捉われているか、これまで何度も何度も同じようなことを繰り返して情けなくなりますが、あらためて「自分の中での常識は他では通用しない」と痛感しました…。

 ここしばらく、自分の中の常識を疑うような出来事があまりなかったので、久しぶりに自己嫌悪モードになりましたが、いやはや情けない…。と言いますのも、これまで多くの自己啓発書やらビジネス書やらを読んできて、そういった自分の中の思いこみをあぶり出すという自己ワークを行ってきたからでありまして、自分は柔軟な思考の持ち主だくらいの、勘違いをしていたフシがあります…。

 自分にとって「不快」「不愉快」な出来事を、「こんなのダメだ!」とか「絶対におかしい!」と憤るよりも、「なぜそうなったのか?」「どうして自分はこんなに嫌な気分なのか?」という質問を自分に投げかけることにより、冷静さを保ちながら分析することが可能となります。以前はこのようなことを意識しながら日々過ごしていたので、だいぶ自分の中の「常識」とかを崩すことが出来たつもりでいましたが…まだまだ甘いですね。甘いのはチョコだけで充分です

 ということで、またしばらくの間、自分の中の常識を疑うキャンペーンを、一人で開催したいと思います(笑)

 また、それだけでなく、常識だと思っていたことをリスト化して、「どうしてそれを常識と思っていたのか?」「新たな示唆はどういうことか?」といった自分への質問も加えて、何かのヒントに出来ないか、ワークを進めてみたいと存じます。

 以前このブログで、

不常識と常識と非常識
by 気になるけど

というエントリーを書きましたが、この中で故本田宗一郎さんの言葉「常識の枠の中で物事を判断して行動していくと、大きな発明・発展には繋がらない。やはり、常識を越えた非常識な発想で常に経営をしていかないとダメだ」という言が胸に刺さります。

 願わくば、非常識な思考をもって、この先の人生を進んでいきたいものですね。
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/1097-45054b1d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。