気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プリウスが消える事に思う

先日、日立が家庭用パソコンから撤退をしたとのニュースを見て、「ついにこの時が来たか」と考え込んでしまいました。


日立と言えば、TV「世界ふしぎ発見」のスポンサーとか、「この木なんの木?」などのCMでもおなじみの、日本有数の技術を誇るグループ企業体であるが、そんな大企業がパソコン事業から撤退をするという決断を下した事に、IT業界で働く身としては、残念と言わざるを得ません。

私自身は、日立と直接お仕事をした事はないですし、自宅で使用している家電も日立の物は何も無く、周りでも日立製品を持っている人もおらず、関わりの薄い企業なんですが(笑)、叔父が日立のグループ企業で働いていたこともあり、昔就職活動していた時に、試験や面接受けた事を思い出しました。
あっさりと落ちましたがね…

元々日立のPCシリーズ「プリウス」は売れているとは思えなかったので、やむを得ないとは感じますが、経営リソースの集中とか、赤字事業の見直しとかいった類のものなのでしょう。

今まで販売したPCについては、サポートするらしいですが、いやはやなんとも物悲しい感があります。

きっとウマみが少なかったんでしょうね。

電機業界がどんどん経営見直しを迫られている中、売れそうな分野や将来性がある分野への資源投資が加速していますが、これも時代の流れ、日本だけでなく世界の勢力図が変わり始めている事の影響と思われます。

世界を相手に商売を考えなければならない時代がやってきた証拠でもありますが、そんな時代だからこそ、生産を止める前にもっともっとアイデアが出せなかったのか?もっと違う方針は取れなかったのか?別な付加価値をつけて販売する事だってできたはずだ、と生意気な事を抜かしてますが、本当にそう思います。

パナソニックのL'etsNoteや、EPSONのアフターサービスなど、国内のメーカーでも特色を出して頑張っている所もあります。

NECや富士通、東芝やSONYなど、上位に位置するメーカーだって、それほど儲かっているとは思えないのですが、各自独自の方針でシェアのアップに勤しんでいるはずです。

何故、私がこんな事をグダグダ言っているかというと、大手のPC生産販売の老舗である日立が姿を消すと、そのうちSONYなども撤退を決断しそうな予感がしていて(前例となる)、業界再編が加速するかもしれないので、この業界の安定を祈る身として、ひとごとではないのです。

もちろん、ビジネスをする者として、儲けが得られない事業には手を引いて然るべきとも思いますが、切り口を変えればまだまだ停滞期と言える市場規模ではないと、私の頭の中ではそう考えています。

これからは知的に価値を創造できるものが生き残る時代と言われていますが、もっと色んなことできたんじゃないのかな~と、もったいないという思いが溢れます。

ならばお前がなんとかしろよと言われそうですが、そんな能力も持ち合わせていないので無理でしょう…。

不採算事業を笑って立て直す事が出来る

そんな「男」を目指したいものです(笑
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/124-53abd72a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。