気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

己を知る

最近「マネジメント」というキーワードが、自分の中でどんどん大きくなっていて、本格的に学ばなければいけないと、ある種の脅迫観念に襲われています。

仕事的にも管理系の仕事が増える中、自分のスキルの無さを悔やむのですが、その中で、「コーチング」というキーワードが私のアンテナに引っ掛かりまくっています。

すでにコーチングについての予備知識はあるのですが、まず己を知るという事が大事かと考え、ネット上の情報を調べていたところ、

Test.jp」というサイトを発見しました。

Test.jp は、株式会社コーチ・トゥエンティワンの運営するセルフチェック専門のウェブサイト、との事です。

このサイトでは、自分の●●について知るためのテストを無料で行うことができます。

早速私も「タイプ分け」というテストをしてみた所、こんな結果になりました。

あなたはアナライザです。


特徴:

アナライザーにとって最も関心があるのは、それが正しいかどうかということです。このタイプは常に「正確でありたい」と願っているため、慎重に行動し、計画的です。また客観的で冷静、粘り強く人や物でなく知識に執着します。理解力や洞察力が高いのもこのタイプの特徴です。また常にリスクも考慮しています。




う~ん、当たっていると言えば当たっているかな?


対人関係の特徴:

頑固でまじめで、傍観者に徹するタイプです。孤立しても苦にはならず、対人関係も慎重。コミュニケーションを交わすときも、時間をかけ情報を消化していくため、単刀直入な言葉よりも具体的な情報を与えられるのを好みます。また感情を表に出しませんが、内側では興味を示していたり、感情が動いていたりするので、表情だけでは判断できないのもこのタイプの特徴です。




うん、オレってばこんな感じかもって気がしてきた。


関わる時の注意点:

彼らのペースを尊重しましょう。表情や態度だけで判断せず、指示は理論的に説明します。またこのタイプが大きな変化を好まないことにも留意します。何かを質問する場合は、具体的に聞くようにします。あいまいな質問では、何が正確な答えかが見極められないため、アナライザーは混乱してしまうからです。承認は、良かった点をピンポイントで具体的に伝えること。リクエストする場合は、なぜそれが必要なのかなど、丁寧に伝えるようにしましょう。またこのタイプに提案をする場合は、そのプランの正当性を理解してもらうようにすることが重要になります。




なんだか人の話を聞かない、独善的な奴みたいな印象だよこれ。

そんなんじゃないんだけどな~。

確かにタイプ的には当てはまるかもしれないですが、人はそんなに簡単に分けられません。

こういう傾向があるという事を、自分自身で理解しておくと、対人関係や仕事の場などでも、


「あ~オレってアナライザ的な人間だもんな~」と、


冷静に自分を見つめなおす事ができそうですね。


己を知り敵を知れば百戦危うからず」by 孫子の兵法


まずは自分を客観的に分析するところから始めませんか?
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 18:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/13-b2aaf38f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。