気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ステップサーバのhtaccess

私が管理するサイトで、ステップサーバを利用したサイトがあり、そこで.htaccessを利用した認証をかけて、プライベートなコンテンツを立ち上げようと思い、.htaccessとパスワードファイルを作成し、設置してみましたが、まったく動作しませんでした。

おかしいな?と思い、「あ~、パスワードファイルはルートからのフルパスだ」とか思い出し、自分のホームパスを調べて設置しましたが、認証の画面は出るのだけど、IDとパスワード入力がうまくいきません・・・。

その後もGoogleで情報を仕入れつつ、思考錯誤をしましたが、何か的がはずれているらしく、認証エラー画面ばかり。

すっかり困ってしまい何か手がかりはないかと、ステップサーバへログインして、内部メニューからヒントを探ったところ、「ファイルマネージャー」というファイルの中に「アクセス制限」という項目を見つけて、試しに実行してみたら、あっさりと.htaccess
が作成され、おまけにパスワード入力までツール的に提供されているので、苦も無く完了。

どこかにこの手順があったのかもしれないですけど、私は探し出す事ができませんでした。

小一時間ほどハマったのですが、GUIで操作できて簡単と思う反面.htaccessくらい自分で設置したかったというエンジニア魂が削がれてなんともしっくりこない気持ちがしました。

結果オーライかもしれませんが、なんだか納得いかない感じでした。

ついでなので、.htaccessの記述でも記載しておきます。

AuthUserFile /home/www/.htpasswd  ①
AuthGroupFile /dev/null
AuthName IDとパスワードを入力してください  ②
AuthType Basic
require valid-user

<Files ".(htpasswd|htaccess)$">  ③
deny from all
</Files>

①サーバのルートからのフルパスを記載
②認証画面に表示させる文章
③「.から始まるファイル」を非表示にする
※③の<>は半角で入力→このblogでは半角記号で入力できず



あとは.htpasswdファイルには、「hoge:pass」のように、
「ID:パスワード」の記述をすればOKです。

test:testpass
test2:testpass2
test3:testpass3

のように「:」でIDとパスワードを区切り、パスワードリストを作成します。




他にパスワードを暗号化する方法なども掲載されていましたが、Perlが理解できないのと、デフォルトルート以上にパスワードファイルを置けば問題ないだろうという事で割愛いたしました。

手軽にできる認証ページは、下のディレクトリに対してもアクセス制限がかかるから便利なんですよね。
Twitterでつぶやく

| Linux・Fedora・Ubuntu | 02:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/140-129915fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。