気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

FTPコマンド改めて復習しました

サーバ間での通信などで簡易にファイルのやり取りをしたい時に便利なのはFTPです。

TFTPなど簡易FTPサービスならばWindowsOSでもすぐ使えますし。

FTPはコマンドでファイルを手軽に転送できるので、Linux→Windowsという形でmessagesのログを転送したりすればWindows上のテキストで開き、誰でも気軽に見る事ができますよね。

私もFTP自体を使いこなせてはいませんが、LinuxOSのコンソール上で悩んでしまいがちなのが、今のディレクトリがどこで、そのファイルをどの転送先に送るか?という部分なんですよね。

例えばLinuxコンソール上で/var/log/messagesをFTP転送かけるとして、相手FTPサーバへ接続した後、put messagesなどと叩けばすぐ転送される形になりますが、FTP接続した時のLinuxのディレクトリが、/etcなどだったりした場合には、put messagesとコマンドを叩いても、/etcにはmessagesなんてファイルがあるわけないので、No such File and Directoryなんて表示されちゃいます。

そんな時FTP接続を切断してディレクトリ変更してから再接続してもいいのですが、FTP上でディレクトリ変更できればスマートかなと、勝手に思っているのですが・・・。

サーバでの現在位置(カレントディレクトリ)を知りたい時は「pwd」を叩けば現在いるディレクトリがわかり、「ls -als」などと叩けば現在のディレクトリにあるファイルなどの一覧が見れます。

必要であれば「cd /var/log」などと叩けば/var/logディレクトリに移動でき、「cd ..」などと叩けば一つ上のディレクトリに移動することも出来ます。

なんだかわからなくなったら「cd /」と叩いて、ルートディレクトリに移動して、一呼吸置いてからもう一度なんて事もできます(昔よくやってました・・・ルートに行くとなんか落ち着きます)

ちなみにここで言う「サーバ」とはFTP接続した相手先の事になり、Linuxのコンソール上でFedoraCoreへFTP接続したとしたら、「サーバ」として見ているのは、FedoraCore上のFTP接続しているフォルダとなります。

では、「ローカル」のディレクトリを変更したい時はどうすればいいか?
※ここで言う「ローカル」とはLinux上の事になります

ローカルでのファイル一覧を見たいなら「!ls」を叩き、ローカルでの現在位置(カレントディレクトリ)を知りたいなら「!pwd」を叩き、ローカルでのディレクトリ移動を行いたいのならば「lcd」を 叩けば、ローカル上のディレクトリ移動が可能です。

私はいつも「!ls」「!pwd」「lcd」を忘れてしまいがちなので、自分で作成している私だけのコマンドリファレンスを印刷して見るようにしています。

あと、あるディレクトリにある複数のファイルを転送したい時には「mput」コマンドが便利ですが、いちいち「y」を入力して進めなくてはならないのが面倒くさいのです。

※例:/var/log以下のファイルを全て転送したい時

ftp> mput *
mput messages? y
200 PORT command successful.
150 Opening ASCII mode data connection for aaa.html.
226 Transfer complete.
mput maillog? y
200 PORT command successful.
150 Opening ASCII mode data connection for index.html.
226 Transfer complete.
以下ダラダラ続く・・・


そういうときは、非対話モードにする「prompt」と叩いておくと、いちいち「y」を入力する必要もありません。

ちなみにもう一度「prompt」と叩くと対話モードに切り替わります。

あとFTP接続先からファイルをダウンロードしたいならば「get」や「mget」を叩けばOKです。

これも複数のファイルを一度にダウンロードしたいならば「prompt」で非対話モードにしておくと便利です。

気をつけたいのが「del」や「mdel」コマンドを使用するときで、非対話モードにしていて「mdel」などと叩くと問答無用で削除されてしまいます(過去に経験あり)…。

あと、ファイル転送する前にtarやgzipなどのコマンドで圧縮して固めればサイズの縮小にもなり便利かもしれないですね。

tar -cvzf log.tar.gz log

「log」内のファイルをlog.tar.gzという名前で圧縮し、さらにgzipで固めてからファイル転送すると楽チンかも。

FTPコマンドは慣れればとても役に立つのですが、普段使う人って限られてきますよね。

ここに書いたのは自分の備忘録でもあるので、どなたかの参考になれば幸いです。
Twitterでつぶやく

| Linux・Fedora・Ubuntu | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/219-e0e64f9c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。