気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「DF」相変わらずめちゃ便利です

DF(Vectorダウンロード)

DF(本家 by MYONさん)
※2015年8月3日通りすがりさんの連絡でリンク先削除(連絡ありがとうございます!)

バックアップしてあったフォルダやファイル(テキストファイル)で今持ってるファイルとバックアップしておいたファイルの中身がどの程度違うのかって実際に両方のファイルを開かなければわかりませんよね。

そんな時とても便利なのが「DF」です。

両方のフォルダもしくはファイル(テキストのみ)のある無し判定や、どの部分の記述が違うかなど、一目瞭然で表示してくれます。

昔からあるフリーソフトで、私は馴染み深いのですが、意外と知られていないような気がしたので、改めてここで書こうと思いました。

最近公私ともにLinuxにばかり触れているので、HTTPサーバの構築やコンフィグファイルの作成など、ちょこちょこいじくっていると、そういえば前回作成したコンフィグと今作り直したコンフィグ、どのくらい違いがあるのだろうか?などということが結構あって、LinuxとかUNIXなどをイジる人なら「diff」コマンドとかが思い浮かぶと思うのですが、はっきりいって見ずらいんですよね。

そんな時はWindowsマシンに二つのフォルダやファイルを移してこのdf.exeを実行すると、どこが増減してて、どこを改変したかというのが視覚的に得られます。

↓こんな感じです(Apacheのhttp.conf)クリックで拡大します



Windowsでもiniファイルやコンフィグファイルなどをいじって、アプリケーションの設定を変える場合とかあるのですが、そういう時は本当に重宝します。

ファイルの差異なんて見ないという人には良さがわからないと思いますけど、一度世話になってありがたみがわかると手放せなくなります。

PCにインストールしないで動作するため、持っておいてもいいかなと。

お奨めです。
Twitterでつぶやく

| ソフト・アプリケーション・ツール | 21:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お礼

>通りすがりさん
ご連絡まことにありがとうございます!
文中リンクを削除いたしました。
何年間も間違った参照先を提示して恥ずかしい思いです…。

| fuminchu | 2015/08/03 13:31 | URL |

リンク先について

本文中に「DF(本家 by MYONさん)」とリンクがありますが、間違いではないでしょうか。リンク先はDFという同名のファイラで、MYONさんのページではないようです。検索しても見当たらないですね。

| 通りすがりさん | 2015/08/03 12:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/223-c63fb526

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。