気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

VISTAの次は2010年にリリース予定だそうです

Windows Vistaの後継OS「Windows 7」は2010年リリース予定
by ITpro

WindowsVISTAすら家にないのに、新しいWindows7(仮称)が2010年に登場するとなると、VISTAを使わぬまま新しいWindowsに流れてしまいそうな感じです。

未だに人気の高いWindowsXPは、まだまだ需要があるようで、簡単に無くすことができなそうですし、このWindows7も売れるのかどうか、不思議ですね。

個人的に気になっていた、

64ビット版のx64コード環境に完全移行するというMicrosoftの計画


これは次期Windowsでは採用されなそうなので、32ビット版のアプリが使える可能性がでてきました。

64ビット版になると、普段使用しているアプリケーションがまったくと言っていいほど使用不可となるので、私的に息の長いPhotoshop6とか、まだまだ現役で使用していきたいですし、既存のソフト群が次期Winで使用可能ならば購入しようかなと思いました。

でもwindows7って何がどう変わるんでしょうかね??

その辺のところの情報がまだ調査不足なので、推移を見守っていきたいですね。

あと、記事中で気になったところが、

どうもMicrosoftは,Windows 7を企業向けライセンス方式や小売方式,パソコン同こんで販売するほか,消費者に対して会員制サービスとして提供できないか検討しているらしい。


というところですが、ライセンス販売方式とか会員制サービスとかなんだかよくわからない事になりそうでして、そうこうしている間にAppleにシェアを奪われてしまうかもですね。

UbuntuなどのLinuxディストリビューションの出来が大変よろしいので、既存のMSで作成したデータの互換性さえクリアできれば、時代が変わるかもしれないですし。

世の中の、パソコンを道具としてただ使う人達は、使いやすくて問題が少なければ、別にOSが何であっても構わないと思うのですが、実際普段慣れているのは「Windows」という人が大多数なため、変化を求めない人はこのままずっとWindowsを使い続けるでしょうね。

もちろん私もWindowsに慣れ過ぎているので、このまま楽な方に流れそうですけども(笑

でもいい加減Linuxを手足のように使えるようにならなければ、LPIC合格が見えてこないため、そろそろ家ではLinux系OSで過ごすようにしようかなと計画中。

当初の予定では、3月中にはLPICレベル1合格しているはずだったのにどんどん後ろにずれこんでいます…

もう少し真剣に取り組まないといけませんね…
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/256-5a84dd75

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。