気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

VISTAのSP1適用後にacpi.sysが壊れて起動せず

WindowsVISTAのSP1正式版が出てしばらく経ちますが、ついに私のところにもSP1適用後PCが起動しないという障害が舞い込みました。

そもそも私のお客様で、VISTAを使用しているところは限られているので、「台数もさほど多くないし、大丈夫だろう」なんてタカを括っていたのがよくありませんでしたね…。

「VISTAが起動しなくなりました…」

そんな第一報を受けてから、電話にてヒアリングをしたところ…

SP1の適用をした後にacpi.sysが見つからないかまたは壊れている云々という表示になると聞いた瞬間、すぐ頭に浮かんだのは、VISTAのインストール用単体DVD-ROMを所持していないという事であり、それが無いと修復できないという事を知っていたため、お客様にはとりあえず1週間ほどパソコンを預かる約束をしました。

そこからVISTAの媒体探しに東奔西走して、ようやく持っている人を見つけだし、借りてきて修復をして無事復旧。

その後、SP1を適用しないというのもどうかと思い、ウィルスソフトの起動を止めてスタンドアロン版のSP1を適用したところ問題なく適用できました。

恐らくインストールされていたウイルスセキュリティゼロとの相性問題が原因とは思いますが、サービスパックを適用する時は、ちゃんとデータのバックアップをし、常駐プログラムを停止して、できれば
スタンドアロン版のものを適用するのが王道というのが改めて証明された形になりました。

お客様には無事復旧した事を告げ、喜んでいただけましたが、今回この障害で感じたのが、私の周りにWindowsVISTAのインストール用DVD-ROMを持っている人がほとんど皆無であり、それだけVISTAのOSを買う人が少ないのだという証でしょう。

あくまでも私の周りだけの話しかもしれませんが…。

しかしOEM版のPCだと、今回のような修復が必要な障害の際に、VISTAのインストール用DVD-ROMがないと手も足も出せませんから、「準備」という面ではいい教訓になりました。

何事も事前の準備が必要なんですよね!

備えあれば憂いなしです。

憂いていたのに、備えをしていなかったですから、私は。

…それにしてもサービスパックを適用してPCが起動しなくなるのはそもそもどうなんだろう?と思います。昔からそんな感じなんで、目くじら立てて怒るつもりもないですが、これじゃサービスパックのプログラム自体がウイルスみたいなものと言われても反論できませんよね~。

安易な更新・適用を避けて、しっかり準備を整えてから作業をする、これが鉄則であり、最大の防御といったところでしょうか…。

う~ん…
Twitterでつぶやく

| VISTA・Windows7 | 20:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/324-74ec7c8f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。