気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Windows7を待つかVISTAに流れるかそれともXP・・・

「Windows 7」は順調に開発中--MS開発トップが明らかに
by CNETjapan

Microsoftは、公式にはWindows 7が2010年1月までに出荷されると述べてきたが、トップエグゼクティブの中には、2009年内にもリリースが予定されていると、折に触れてほのめかす人もいた。


次期WindowsOSであるWindows7の開発が順調で、早ければ来年(2009)中にもリリースされる可能性が出てきたようです。

今まさにPC更新を検討している企業・団体は、現状WindowsVISTAを選択するか、WindowsXPへのダウングレードでXPを選択するか二者択一の選択を迫られている状況だと思いますが、Windows7が出るまであと2年くらい我慢できるかどうか?という選択もあります。

基幹業務系のアプリがVISTAで動作しないというのはちょくちょく聞く話しでして、そういうところは問答無用でXPを選択する傾向が高いのですが、とりあえずVISTA版のPCですが、ダウングレード権付きのものを選択しておけば、もし導入して問題発生の場合も対処可能(XPをインストールし直し)となるようですが、全てのベンダーで確認しているわけではないので、何とも言えません・・・。

とりあえずはWindowsXPのダウングレード権が2009年1月にも提供終了となりそうな感じなので、導入検討している企業・団体は残り5ヶ月で結論を出さなければならないので、現にそういうところに関わっている私もちょっぴり焦っています。

過渡期によくある話なのですが、VISTAが昔のMeみたいにすぐ消えて無くなるOSになるのでは、という不安感が常につきまとっているのが、導入に踏み切れない理由の一つでして、待てるのであればWindows7が出るまで待つのが正解ですが、待てないところは悠長な事を言ってられませんから・・・。

私としてはVISTAのPCで導入しつつ、XPへのダウングレード権で担保を取っておいて、導入後、VISTA絡みの問題が発生したPCはXPへ戻すという対応が一番いいと思います。

ただ、PC数百台~数万台の更新が必要な大きなところでは、OSが統一されていないことでの弊害などが発生する事も予想されるので、一概にこうだと言い切れないところがもどかしいのです。

その環境だと「これ」ができるけど、この環境だと「これ」ができない

よくある話しなのですが、どこかで割り切りや妥協が必要になったり、線引きが必要になることってありますよね。

決めてしまえばあとはやるだけなんですけど、なかなかそうは上手く事が進みませんから・・・。

う~ん悩ましい
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 12:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/350-480f713c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。