気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Windowsもバッチファイルで動かせば便利ですよね

Windowsコマンド入門―応用編:「デフラグ後に終了」も2行で実現
by 日経PCオンライン

日経PCオンラインで掲載されていたWindowsコマンド入門シリーズ、Microsoftのコマンドを知っている人ならば、何を今さらと思うかもしれないですが、使った事がない人が利用すると、恐らくその便利さに感動するはずです。

私もその昔、バッチファイルでパソコンのIPアドレスなどのネットワークを変更するバッチを作って実行させ、上手くいった時は本気で感激しました。いちいちローカルエリア接続を開いて手入力でIPを変更したりするのが煩わしかったので、これだけでもずいぶん時短になりましたし。

上記記事中の内容は基本的な事とはいえ、xcopyをタスクで実行させてバックアップをするというのは思わず「ほほぉ~」と思いバッチファイルを作ってしまいましたし(笑

こういう自動的にバックアップを行う「仕組み」を作れば、自分で意図していなくても自動で所定の場所にバックアップを作成してくれるので、便利だと感じます。

その他にもフォルダの一括作成とか、色々便利なバッチファイル作成のやり方が書かれているので、興味のある方は参考にしてみるのもいいかと思います。

私は仕事上でさまざまなログファイルをまとめておくのに日付の入ったフォルダを作成して管理することなどが多いので、mdコマンドを利用して、リスト化したバッチファイルからフォルダを作成する事はちょくちょく行っています。

特に大量のフォルダを作成するときなんかとても便利です。

いちいちフォルダを新規作成して名前を入力とかしてられないですし。

まだこのWindowsコマンド入門シリーズは続きそうなので、今後も期待して見ようかなと思いました。
参考にできる部分は参考にしたいですね。

バッチファイルもそうですが、シェルも作らないとな~と、今の仕事内容を顧みてどんどん仕組化を行って時短を目指したいものです。

ま、なんでもかんでも自動化すればいいってわけではないのですが、時短に結び付くものは積極的にプログラム化していきたいです。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/401-56640fe0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。