気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

うっかりミスをたまにします・・・

「うっかり」ミスは無くせる---叱るより真因を追究、対策べからず集
by ITpro

上記ITproの記事を読んでいて、つい先日うっかりミスをしたばかりの私は身が引き締まる思いがしました・・・

そもそもうっかりミスは起こるものという認識というか、文化が無ければ、ミスをしたものは糾弾される事の方が多いと感じてます。

でも近頃はそういう「ミスを叱責する」という行為が逆に表彰されるというJR九州の例など、驚きの思いとともに参考になる部分がたくさんあり、興味深く読ませていただきました。

私はこれまでどちらかというと「やってしまったミス」のレベルで、今後の方策をどうすればよいかを判断していましたが、本当はそういうレベル付けはやってはいけない事ですよね。

本当にちょっとしたうっかりミスのつもりが後々の大きな問題への種蒔きになってしまうことだってありますし・・・

私が先日やってしまったミスは、ちょっとしたミスを気付けなかったために起きたもので、恥ずかしながら書かせていただくと・・・

数台のサーバ機の管理をTeraTerm上(リモート接続)から行なっていて、慣れていた作業だったため、TeraTerm接続の中から別のサーバにtelnetをかけて変更を施すという事を繰り返していて、気付かずに稼動しているサーバ機をリブートしてしまうというなんとも情けない内容でして、たまたま影響がほとんど無いサーバ機だったからよかったものの、まさに「うっかりミス」でしたね。。。

自分がどこのサーバ機を操作しているかを勘違いしたために起きた事象なので、今後は楽をしようとせず当地のコンソール上から行う事を自分に課そうと考えました・・・。

でもそれだけでは何か足りないような気がしたので、最近ハマっている問題解決力系のやり方に従って、やってしまったうっかりミスを紙に書き出し、どうしてそのうっかりミスをしてしまったのか、原因を
分解して掘り下げ、細かく割り出し、次から同じミスを起こさないためにはどうすればよいか?という事を多方面から探ってみました。

その中で特筆のキーワードになりそうだったのが「仕組み作り」です。

こういううっかりミスの改善などは「仕組み」を作ることが有効であり、さらにその仕組みを定期的に実践するという事が重要であると、そう考えております。

実作業で考えるとTeraTermのマクロ機能を使うとか、事前にコマンドなどはわかっている事なのでテキストにまとめて手順書に掲載するなど、色々思いつくことはありますが、肝心なのはその作った仕組みを定期的に実践して操作に慣れておくということでしょうか。

手順書だけは完璧に揃っているのに、一度も操作したことがなければ円滑に作業が進むわけないですからね。

ある程度その作業になれる事、そしてその仕組の内容に精通しておけば、なにか問題があった時もすぐ改善できますしね。まあ、うっかりミスを減らしたけど、仕組み化し過ぎて中身がまったく分からなくなかったら手の出しようがありませんが。

そもそも「うっかりミス」をゼロにはできないのですから、なるべく起きにくい仕組みを取り入れて、その中身を共有化しておき、複数の人で定期的に作業訓練を行なっておけば新たな問題が起きた時でも
対処し易いでしょう。

「うっかりミス」という話しからは少し逸れましたが、それが起きないに越した事は無いので、知恵を絞って防止できるように考えていきたいです。

もうちょっと問題解決ツールを組み合わせて考えてみようっと。

皆さんも「うっかりミス」しますよね?よね?

その原因を詳しく探っていくと、思わぬ要因が隠れているかもしれないですよ
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 21:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>(す)さん

コメントありがとうございます。
背景色の変更はいいですね~視覚的に判断しやすそうです。
コマンドの復唱もJRの指差し点検のような感覚で習慣にしてしまえば有効だと思いました。
おっしゃる通り、慢心が最大の敵ですよね。
そういう慢心が起きにくい仕組みを作れたら
商売になるかもしれないです(笑

また気軽にコメントしてください。

| fuminchu | 2008/10/28 10:40 | URL |

脇から失礼します。

TeraTermで、複数のサーバーにログインして使う場合、それぞれの画面の背景色を変更すると、区別がしやすくなります。
(それでも、うっかりミスは無くせませんが)

あと、rootでの作業では、入力したコマンドを復唱するとか。

でも、慣れてくると、こういった手間を、つい省略してしまいがちなんですね。

そういった意味で、自分の中の「慢心」が最大の敵ではないかと。

| (す) | 2008/10/28 01:20 | URL |

>なあびんさん

こちらこそ喜んで相互リンクお願いいたします!

TeraTerm親友なんですね~
私も本当によく使いますが、未だにマクロ機能には
手を出していません(+_+)
以前試みた事があるのですが、記述が良くわからず
断念した苦い思い出があります。
CUIというかCLIの入力を繰り返していると、
頭が回らなくなる瞬間ってありますよね?
私は全然気づかずリブートしちゃいました((+_+))
rootの作業は確かに怖いですよね。
ログイン時からずっと「su -」でrootになりっ放しな
私が言うのもどうかな?と思いますが…

| fuminchu | 2008/10/17 20:15 | URL |

なんといいますか・・・影響がないサーバーのリブートですんでよかったですね!(滝汗;
それなら立ち上がるまでは時間かかりますけど、
立ち上がってしまえばとりあえず稼働はすると思いますので。
私も仕事柄、TeraTermは大親友のようなモンで、
以前、3つぐらいTeraTermを立ち上げて作業して、いつの間にか
違うサーバーに設定を投入していたことがありました(爆
途中で気づいたからよかったですが、あれでリブートしてたらと
考えると、ガクガクブルブルです(涙;
なので、それを教訓にTeraTermのウィンドウは、1つでやろうと
決めてます(^_^; とくにホスト名がwww とかって、同じような
サーバーを2台同時にやるときとかを考えると、今でも
間違いしないか、恐怖のときがあります。
でも、rootの作業を怖いってことを忘れてないうちは
まだいいかな・・・(^_^;

あ! fuminchuさんのブログ、リンクさせてもらってもいいですか!?

| なあびん | 2008/10/17 10:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/411-cd34f853

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。