気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

LTEが中心になる日は近い?

富士通、LTEのフィールド実験で120Mbpsを記録
by CNET

高速無線通信規格「LTE(Long Term Evolution)」の商用化が来年くらいから本格化しそうな勢いですが、このブログでも以前にLTEについて語っています。

近い将来のLTEでどう変わるのか
by 気になるけど

昨今WIMAX(ワイマックス)という高速無線通信でのサービスを開始したUQコミュニケーションズ株式会社など、新しい高速無線通信サービスを始める事業者がおりますが、はっきり申しまして主役はLTEです。

なんでそんな事を言いきれるかというと、日本の携帯3大キャリアNTT、KDDI、Softbankだけでなくアメリカや欧州などでもこのLTE規格を採用するため、世界標準規格となるのが目に見えているから。

しかもWIMAXのように新たに基地局やら設備投資を一から行わないと使えないというわけでもなく、既存の携帯などの基地局を流用し、LTE用の通信機器に入れ替えるだけでよく、現在のW-CDMAの周波数帯をそのまま利用できるという点が設備投資の面からいえば大きなアドバンテージになります。

今後は動画データがパケットの中心に踊り出る事になるやもしれませんので、光通信かLTEかという方向に必然的に向かうはず。

そもそも携帯だけで高速通信するのはもったいないので、家庭内にもその恩恵を持ち込むはずと仮定しており、料金面さえクリアされれば、ADSLなどのアナログ的な通信は淘汰されてしまう可能性を秘めてます。

携帯電話がつながれば高速通信可能になると考えると、地方の高速通信過疎化を防ぐことだってできるでしょうし、高速通信のデジタルデバイド解消に一役買うとなると総務省も全面協力しそうですし、もうどこにいても高速ネットワークの中にいる事が可能となるでしょう。

それに加え、家電製品だけでなく家具や家自体にもIPV6でのIP搭載が標準となれば、それこそ「屋内・屋外」問わずいつでもネットワークにつながっている世の中になりますし、そのネットワークの通信を担うのは、光とLTEという事になります。

そのうち、人一人にIPアドレスが割り当てられ識別される、なんて世の中が来るかもしれないと思うと恐ろしくなりますが、今よりさらに便利な世の中が近づいてきています。

5年後くらいには「まだFOMA使ってんの?」なんて会話がなされているやもしれませんが、将来を予測して、周りよりいちはやく動けば、その恩恵を受ける事ができるかもしれませんので、近い将来の事に想いを馳せながら思考をめぐらせたりしている私がいます。

そして思考最中にぐっすり眠ってしまう、そんな私なのでした…
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/541-51a2d6a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。