気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やはりWindowsXPの販売延長です

“XPパソコン”の販売が6カ月延長
by 日経PCオンライン

噂はありましたが、やっぱりWindowsXPの販売継続をMicrosoftは決めたようですね。

当初2009年1月31日までしか「XPダウングレードサービス」を提供しない方針だったのにも関わらず、同年7月31日までの再延長をしたという事は、記事にもありますように、XPの需要がそれだけ多いという事の裏返しでもありますよね。

今現在WindowsXPを手に入れようとすれば、XPのダウングレードサービスを使うか、DSP版XP(改良禁止、リカバリーディスク作成禁止)か、UMPCなどのネットブックのものを手に入れるしかありません。
それかどこかに在庫としてあるXPのCDを見つけて手に入れるか。

WindowsVISTAは完全に企業側からそっぽを向かれていますし、Windows7の提供時期も近くなってきている事から、VISTA飛ばしが相当数ありそうでして、XP→Windows7という流れは止めようが無い状況です。

しかもVISTAとWindows7を比べると、Windows7の方が動作が軽快とか言われると、なおさらVISTAを導入するメリットが感じられません。

私は評価版のWindows7を使って色々検証しましたけども、感覚的には、動作などVISTAとそんなに変わらないかな?という印象でして、Windows7をATOMプロセッサのネットブックに入れてサクサク動くかといえば決してそんな事はないと思っています。

ただ、Windows7はVISTA内に梱包されている各種ドライバ類をシェイプしているため、その分軽いという事は言えるでしょう。

でもWindows7とXPを比べると、XPの方が軽快に動く事は確かかなと。
※ベンチマークとってないので断言できませんが…

未だに世の中でもっとも使われているOSであるXPを、Microsoftがどこまで延命するのか見ものですが、販売についてはネットブック対応以外は長くても今年いっぱいなのかな?と考えていまして、Windows7が発売されると、ネットブック達もWindows7を搭載するはずです。

非力なネットブックはすでに一つのジャンルとして確立していますので、今後は今の筐体サイズでより高性能・省電力化がはかられると予想しており、WindowsVISTAやWindows7でも、もう少しまともに動くようになると見込んでいますし、そうならなければ売れなくなるでしょう。

きっと私はXPのセキュリティ更新プログラムが提供される期限の、2014年4月8日までXPを使い続けるはずですが、そこから先でWindows7にアップグレードするかと言えばまだなんとも言い難い感じです。

ひょっとしたらGoogleのOSなどが提供されているかもしれませんし、Ubuntuなどもっと便利で使いやすくなっているかもしれませんし、そもそもOSごとクラウドに置いて利用するのが一般的になっている
やもしれませんし、未来予想は不確かな事が多すぎてなんとも言いようがないです。

もういっその事、WindowsXPをずーっとサポートし続ける事を、Microsoftが決めてしまえばいいのにって考えてしまいますが、そういうわけにはいかないのでしょうね。。。

まだしばらくの間XPを使って静観する人が多いはずですけど、今後どういう流れになるのやら…

何が流行るかわかりませんし、Macがもっとシェアを伸ばすかもしれませんし、本当に読めない業界ですよね、ITって!

だから面白くもあるのですが…
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/562-9e4a8a55

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。