気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プライベートプロジェクトの始動(前編)

今日と明日2回連続で

プライベートプロジェクトをたくさん始動させよう!

という、私なりの考え方について書いていきたいと思います。
別にたいしたことは述べませんが、本日はそのプライベートプロジェクトってどういうこと?という部分について書いていきます。

よろしければお付き合いください。

我々社会人は、仕事をしているとほとんどといっていいほど、何らかのプロジェクトに身を投じています。

実際にプロジェクトを発案する人もいれば、アルバイトなどでその日だけ関わる場合などもあるでしょう。

世の中はなんらかのプロジェクトで動いています。意識していないだけで、人はなんらかのプロジェクトに必ず関わっています。

「いや、オレ(わたし)はそんなの関わっていない」という方もいるでしょうけども、そんなことはありません。

例えば「地デジ」などは国による国家プロジェクトで、我々は地デジ対応のテレビなどを購入することで、地デジ化に向けたプロジェクトに参加していると言えます。

また、地デジ放送を見ていれば、間接的に地デジプロジェクトに参加していますし、アナログ放送を見ている人は、テレビ画面の右上に「アナログ」と書かれた文字で、暗に地デジへの移行を促されていると言えますよね。つまり地デジプロジェクトに関わっている、関わりを促されていると捉えることができます。

他にもコンビニで買い物をする時に、おさいふケータイなどの電子マネーを使う人がいると思いますが、その場合、「おさいふケータイ」というプロジェクトの産物を利用している形になります。

おさいふケータイという、プロジェクトが立ち上がり、計画され、構築され、実験が繰り返され、実用化されて今に至るのです。つまり、おさいふケータイという、プロジェクトの成果物を利用していることになりますよね。

詭弁っぽい言い方ですけども、何が言いたいかというと、この世の中あらゆるプロジェクトに囲まれているということです。

すでに終わったプロジェクト、現在進行中のプロジェクト、未来のプロジェクトなど、太古の昔からさまざまなプロジェクトが実行され、失敗したり成功したり、あるいはよくわからないうちに消えてしまったりと、そんなプロジェクトの中で我々は生活しています。

最近「その事」に気づいた私は「自分はプロジェクトの中で生きているのだ」と、そう思うに至りました。

仕事では大小さまざまなプロジェクトが動いていますし、過去どれほどのプロジェクトをこなしてきたのか、もう思い出すこともできないものもたくさんあります。

また、普段生活している中でも、ジュース1本手にとっても、そのジュースを作る立案から始まり、ターゲット層を絞ったり、味にこだわったり、どこの工場でどのくらいの本数を作成するかなど、市場予測したり、パッケージデザインを決めるためにデザイン事務所などと打ち合わせたり、どんな販売チャネルに乗せるか検討したり、たかだかジュース1本だけでも、そこに至るまでの長いプロジェクトを通過してきて、今目の前にあるのです。

「プロジェクト」と書くとどうしても堅いイメージがつきまといますけど、幼稚園や小学校の運動会や学園祭なども、その学校の立派なプロジェクトの一つですよね?

それは「運動会」であって「プロジェクト」という定義ではないのかもしれませんが、じゃあ担任の先生が、「よし、お前達、騎馬戦では絶対に1番になるように、騎馬戦強化プロジェクトの始動だ!」などと
生徒の前で宣言すれば、その瞬間からプロジェクトになると思いませんか?

・・・前置きが長くなりましたが、ようは仕事以外でもプロジェクトを組むことはいくらでも可能、ということを言いたかったのです。

プライベートの時間にもプロジェクトの概念と方法論を持ち込むことによって、人生をより楽しく生きていきましょうという、私なりの考え方の一つをもう少し具体的に書いていきたいと思います。

そもそもプロジェクト(project)とは・・・

何らかの目標を達成するための計画を指す。どちらかと言えば、小さな目標の達成のためのものではなくて、大きな目標を集団で実行するものを指すことが多い。その計画の実現のためのタスク(仕事)の実行までを含めて指すこともある。
by Wikipedia


とありますが、別に日常生活の小さな事柄だって、自分の中でこれはプロジェクトだ!と決めてしまえば、それはもう立派なプロジェクトですよね。

今日の夜は酒を控えたいから「今日だけ禁酒プロジェクトだ」と考えれば、その瞬間からその人にとっては、立派なプロジェクトに様変わりします。

今日だけ酒を飲まないと決めたなら、それを実現させるために、いくつか方法を考えたとすると、

・酒の代わりにお茶でごまかそう
・家の人に酒を隠しておいてもらおう
・起きていると飲みたくなるから早めに寝よう
・酒が飲みたくなるつまみ的なものは食べないようにしよう
・風呂あがりの一杯が飲みたくなるので、明日朝に風呂に入ろう

などなど、他にいくつも方策が挙げられますよね。

そういう生活の一部的なものでも○○プロジェクトと決めてしまい、それに対応する方策を検討するだけでも、その計画は実現しやすくなるはずです。

それじゃあ私はどうなのかというと、現在プライベートにおいて、とても多くの私的プロジェクトを立案しており、以下にその数々を列挙していきます。

・ブログテンプレート作成プロジェクト
・月6冊読書プロジェクト
・速読プロジェクト
・論理的思考術向上プロジェクト
・体重10kgマイナスプロジェクト
・子ども達と楽しく遊ぶプロジェクト
・デザイン力向上プロジェクト
etc


どれもこれも、本来ならば「プロジェクト」と呼んでいいのやらためらうかもしれませんが、別にそれでいいのだと思っています。誰にバカにされるわけでもない、自分だけのプロジェクトですし。

他にも・・・

3食きちんとカロリー計算しようプロジェクト

とか、

真夏の家族旅行プロジェクト

などなど、間抜けな名前のプロジェクトもありますが、これらをプロジェクトマネジメントの知識体系に合わせて検討していくと、なかなかどうして説得力ある計画が立てることが可能となります。

では実際にどんな感じで行なうのか?
それはまた明日の(後編)に続けたいと思います。
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/609-1e889a3c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。