気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

青空文庫を利用して名作をパソコンで味わう

青空文庫

最近本ばかり読んでいる私はというと、今後電子書籍という形態を模索しておりまして、前にも書いたように、AmazonのKindleやauのBook携帯などの、電子デバイスを利用したビューアなど、選択肢がどんどん拡がっているようですが、それとは別に、本の電子データがテキストファイルや、htmlファイルで無料で提供されないものかと、色々考えていたところ、ふと青空文庫の事を思い出しました。

青空文庫は、利用に対価を求めない、インターネット電子図書館


なのですが、著作権が切れた、もしくは著作権を放棄した文学作品を、青空文庫のボランティアさんが電子化したファイルをインターネットで閲覧したり、テキストファイルとしてダウンロードすることにより、無償で名作をPCなどで読むことができます。

最近ダウンロードしたのは太宰治や芥川 竜之介など、有名どころの作品でして、昔読んだ懐かしさをかみ締めながら、空いた時間に読みすすめているところです。

しかしですね、やはり物足りないというか、名作しかダウンロードしていないからなのか、あらすじがほとんど頭に入っているので、ワクワクしながら読めないというか、なんというか・・・

面白いのですけどね。。。

今はもっと読まなければいけない本がたくさんあるので、そちらを優先した方がよいと、思うに至りました・・・。

とりあえずは一通り有名作家の作品をダウンロードしておいたので、気が向いた時に読んでみるのもいいかなという感じです。

「蜘蛛の糸」なんて昔、教科書か何かで読んだきりでしたが、今読むとまた違った感じで受けとめられ、逆に新鮮な感じがしますしね。

息抜きでサラっと読めるというのも青空文庫ならではなのでしょう。

いくつか気に入った作品のブックマークもしておいたので、ネットしながら文学作品を読むというのもまた、楽しいものではあります。
Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/619-d576619a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。