気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

無償のWeb版Officeをマイクロソフトが提供へ

マイクロソフトが国内でも無償のWeb版Office、今秋にベータ公開
by ITpro

MicrosoftとGoogleの小競り合いが激しくなっているようで、Googleが提供しているGoogle AppがBeta版ではなく、正規版に切り替わったと思ったら、MicrosoftもOfficeのWeb版を無償で提供するという、ユーザにしてみれば無償で使えるものが増えて便利になるため、もっとやれ~という感覚ですけど、私はMicrosoftがWeb版のOfficeを無償で提供するなんて考えてもいなかったので、びっくりしてます!

OfficeシリーズはMicrosoft製品でもっとも売り上げのある主力商品だと思うのですが、これもクラウド時代を睨んだ作戦なのかな?

そもそも個人でWordやExcelを使う機会は、頻繁には無いですし、家でも古いOffice2000でまったく問題ないのですが、Windows7とか使うのならば、Office2000とかインストール出来ないので、OpenOfficeとかGoogle Appを使用するしかなかった所に、Office Web applicationsの登場で、選択肢が広がったから良かったねという感覚でしょうか。

だから私は、Officeソフトの最新版は、企業PCだけに提供されていれば問題ないと考えています。

最近はネットブックなどを見れば分かる通り、PCの価格破壊が進み、数万円で新しいPCが手に入りますが、Officeをバンドルすると価格がグンと上がるので、お得感が薄れ、高いと感じざるを得ません。

でもOfficeが使えないとPCを買っても仕方がない、という方もたくさんおられると思いますので、泣く泣く提示額で購入せざるを得ないのでしょうが、このOffice Web applicationsの内容如何によっては、この機能があるならネット接続さえ出来ればあとはWeb上で済ませて問題ないというケースもあると思います。

Microsoftが提供するのだから、既存のWordファイルとかExcelファイルとの親和性が低いわけないので、Google Appよりは訴求力がありそうな気もしています。
ただ、まだ中身を見ていないので、ビジネス用途でどこまで使用できるのか、そこを見極めない限り、気軽に奨める事は出来ませんね。

どうせなら企業用なら有償、個人用ならば無償、という具合に分けてくれれば分かりやすいのにと思いつつ、そうなるとOEM提供しているOffice製品で問題が出てきそうですかね…。
このモデルのPCは個人用なのでOfficeは無償、このモデルはビジネス用なのでOfficeは有償なんて言ったら、みんな個人用のPCをビジネス用途で使用しますよね(笑

なかなか悩ましい問題ですが、今後クラウド時代を迎え、Officeソフトを無償にした場合、Microsoftはどこで収益を上げていくのか、その辺りに興味があって、AmazonEC2のように使用した分だけ対価を払うのか、それとも別の形の収益モデルとしていくのか、どういう戦略で対応していくのか、気になるところなのです。

なんだかんだいってOfficeが無くなれば仕事でも困りますので、Microsoftには頑張って欲しいところですが、Googleや他の企業が画期的なOfficeソフトを提供した場合は、そちらに流れてしまうかな?と考えるミーハーな私なのでした・・・
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 21:22 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>yutakarsonさん

ごぶさたしてて申し訳ありません。
Officeのニュースは相当インパクトがあったようで、方々でニュースになっていますよね。
このクラウドの流れは抗いようのないものでしょうが、MSは「あの時無償にしなければ…」と思う日が来るのではと思っております。
すでに、ITは情報インフラとして位置付けても良いところまで到達してきているようにも見受けられますが、技術あってのものですし、サイバー犯罪がこれだけ横行していれば、国営は時期尚早かなと思ってます。
これからyutakarsonさんのブログにお邪魔しに行きますね。

| fuminchu | 2009/07/15 17:52 | URL |

>Kumacrowさん

いや~びっくりでしたよね!
まさかMSが無料なんてありえないと思っていたので…
確かに今の利益を維持しようとか、さらに儲けようという意図が見て取れますよね(^_^;)

今は本当の意味での激動の時代になってきているので、楽しみであるのと同時に恐ろしいです…

| fuminchu | 2009/07/15 17:44 | URL |

■Micro Soft Officeをめぐって―クラウド・コンピューティングは時代の趨勢か?

こんにちは。ここ、数日MSOfficeをめぐって様々なニュースが流れています。この流れをみていくと、もう、クラウド・コンピューティングは、時代の趨勢であると思います。しかし、この流れが定着して、インターネットが社会のインフラ(基盤)になったとしたら、ITも水道・鉄道・電気などのライフラインと同じようになり、あるのが当たり前で、なければ困る、地震などで、通じないときにそのありがたさが始めて身にしみる存在になると思います。そうなると、 ITもライフラインに関わる産業のように、成長産業ではなくなると思います。これを最も恐れているのが、Googleです。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

| yutakarlson | 2009/07/15 10:13 | URL | ≫ EDIT

fuminchuさん、こんにちは!(・∀・)/もーにん

私もこのニュースを見たとき、驚きました。
ほんと、びっくりドンキーです。(´Д`;)

今まで儲け過ぎていたのだから、
少しくらいユーザに払い戻すくらいで丁度良い感じはしますけど、

Microsoftさんが、そのような殊勝な考えをもっているわけもなく、
さらに儲けるための一手なのでしょうね~。(;´Д`)おーこわ

2009年は、後年、何やらネーミングが付くような、
はじまりの年なのかも。(・(ェ)・)

| KumaCrow | 2009/07/15 07:55 | URL | ≫ EDIT

>sivanさん

コメントありがとうございます。
MSはOfficeのWeb版を無償で提供したことで、自分の首を絞めているのかもしれません。
それほどGoogleが怖いのでしょうね。

ユーザは選択肢が増えてラッキーなんですがね~

| fuminchu | 2009/07/14 22:56 | URL |

MSも思い切ったことをしますね

便利になればそれで文句はないんですがw

| sivan | 2009/07/14 21:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/640-2473ec3e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。