気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

画面キャプチャソフトのキャプラ最高です

購入した物に付随している説明書や手順書などを見ると、PC上の画面をキャプチャした画像を使っているものをみかけることがあると思います。

私も手順書とか説明書を作成することが多々ありまして、その際画面のキャプチャを大量に取得し、WordやExcelなどに貼り付けてダラダラと作成していきます。

たいていみなさん「Prt Scr」キーから画面をキャプチャし、ペイントに張り付けて加工してからWordなりにコピーするという流れになると思いますが、中には画面キャプチャ専用ソフトを利用している方もいらっしゃるでしょう。

今日は、そんな数あるキャプチャソフトのうち、国産のキャプラという優れたフリーソフトを紹介いたします。

Chappy's Papa Site→画面中のキャプラを選択
by Chappy's Papa Site

消費リソース零!「キャプラ」
by Vector

製作者のチャッピーのパパさんのサイトやベクターなどからダウンロード可能となっております。

私は初めてこのキャプラを使用した時、めちゃめちゃ感動した機能が、

スクロールで隠れた部分も自動でキャプチャ可能

というところでして、勝手にスクロールが下に移動して画面上で隠れた部分を読み取り、自動で1枚の画像にしてくれます!!

キャプラ
↑画像ではわかりにくいのですが、当ブログのTOPページを下までずっとスクロールさせてキャプチャしました!

私はこの機能をめちゃくちゃ重宝しておりまして、と言いますのも、Webアプリなどで下にスクロールしなければ確認できない部分などは、いちいち画面を分けてキャプチャし、後でペイントなどで結合して一つのファイルにするという作業をしていたところを、隠れた画面も勝手にスクロールして一枚の画像ファイルにしてくれるので、いちいち加工する手間が省け、かなり時短につながりました!!

例えば、ファイアウォールとかルータなど、ブラウザを使用して設定する製品が多く、その設定書とか手順書とか説明書を画像付きで作成するのに、ブラウザで表示している部分の下に画面が隠れているものは、前述した通り、画面ごとにキャプチャして後で結合するという、今考えれば非生産的な作業を強いられてきました。

あともうちょっと下までキャプチャしてくれれば2枚にしなくていいのにと思った事が何度あった事か!!

画面キャプチャ用で23インチの大型ディスプレイをわざわざ使用して、一度に多くのキャプチャ画面を取得しようと、涙ぐましい作業をしてきた私ですが、今では普通のノートPCを使い、このキャプラでサクっと一枚の画像で取得しています。

他の機能では、自分でコマンドキーを割り当てたり、自動連続保存して保存するフォルダを指定できたり、タイマーキャプチャ機能が利用できたり、アイコンカーソルの埋め込みが出来たりと、大変優秀なソフトです。

しかもインストール式でないので、PCにレジストリを書きこまれる事もありませんし、軽い動作を基本としておられるようで、軽快に動いてくれますし、このキャプラ上で切り取りとか、コメントを入力したりも出来るので、いちいちペイントなどを使用しなくても大丈夫だったりします。

画面キャプチャをよく利用する方は必携のソフトだと考えておりますが、唯一困っているのが、キャプラでキャプチャした後、画面上で不要な取り込み画像の削除が出来ないというところです(私のPCだけなのかもしれませんが…)
ファイル保存したものは削除できるのですが…

それにしても私の生産性を高めてくれたこのキャプラ、お奨めですなので、興味のある方は試用してみてください。
Twitterでつぶやく

| ソフト・アプリケーション・ツール | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/647-b719721a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。