気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

価値観の違い、ビリーフの違い

先日すすきので仕事関係の方々と飲んだのですが、その酒席で考えさせられる事がありましたので、詳しい内容は伏せつつ、つらつらと書いていこうと思います。

酒宴自体はとても楽しく、和気あいあいとした雰囲気で楽しいお酒が飲めたのですが、お酒が入ると皆さん自分の心の底にある「不満」や「うっぷん」、「本音」や「想い」が飛び交い、熱い議論になったかと思えば、下ネタで爆笑したりと、人って本当に面白いな~と、私は心のどこかで冷静な感じで参加をしておりました。

そんな中、その日初めてあった取引先の方とマンツーマンでお話しをし、話題はプライベート方面にも進展しました。

仮に取引先の方をA氏としましょうか。

A氏は小学生の子供が二人いて、私も息子が二人なので「子供二人つながりですね~」なんてにこやかに話をしていました。

そこに私とは馴染み深く、いつも一緒に仕事をしているB氏が会話に参加してきました。

B氏も子供が二人いて、子育てとか大変ですよね、なんて話しをしていたところ、B氏がこう切り出します。

B氏「最近仕事が忙しくて、家に帰っていない。嫁には無視されるし、子供も口を聞いてくれないから帰りたくない」

何やら家庭の中がうまくいってないらしく、ちょっとづつグチが増えていきます。

するとA氏が「そんなひどい奴らは家族じゃない。別居して別れてしまえ」と、怒り出すじゃないですか…

そこで私が「子供がいるのだから別れたらダメですよ」と諌めたところ、A氏の顔つきが変わり「そんなのは関係ないだろ」と反論されます。

私も酒席とはいえ、こんな事でモメたくないので、「そうですかね…」と引き下がりますが、どうにも釈然としないんですよね。

その時ふと思いついたのが「ビリーフの違い」についてです。

※ビリーフとは、心理学上の用語で、その人が持つ「こうしなくちゃダメ」とか「こうあるべきだ」と決めてしまっていることを指します。

つまり、

「子供」が一番大事というビリーフを持つ私

「自分」が一番大事というビリーフを持つA氏


互いの根本にある主眼が違うので、お互いが自分の持つビリーフに気づかず、それが正しい事だと主張すると、揉め事の一端になりえます。
ちなみに、お互いが正しさを主張する事の最たるものが「戦争」です。

これを思い出した私は、その点を踏まえたうえで、「あなたの言う事はわかりますが、私は子供が一番だと思っていますので、別れちゃダメだと思いますよ」とやんわり伝えると、酔っぱらって半分怒りかけていたA氏は「そうか」と冷静になりました。

ここで別の話題にすり替えてしまおうとした私でしたが、A氏は「いや、オレだって子供が一番大事だ!」とか言い始めるので、それじゃ言っている事とズレてますよ…とやんわりと伝えると、終いには「お前が違う、オレが全て正しい!」みたいな感じになって、もう面倒くさくなって席を移動してしまいました(苦笑)

A氏は相当酔っぱらっていたようで、何を話したのかよく覚えてないと、後に話を聞きましたが、酒に酔った時はつい心の奥にある本音が覗きやすくなるものなので、「この方は、きっと自分中心軸で行動する人なのだろう」と思い、今後それを踏まえて応対していこうと決めました…。

人はみな持っている価値観が違うのは当たり前ですし、持っているビリーフも違って当然です。しかし「いや、それはこうだ!」と自分の正しさを激しく主張してしまうと、お互いの「正しさ」を押し付けようとするので、どちらかが折れない限り、ケンカになったり遺恨になったりしてしまいます。

この辺は欧米の方々は上手で、ディベートと称してお互いの正しさを突き付けて論破したもん勝ちみたいになりますし、さらには散々言い争ったのに、またすぐ普通の関係に戻ったりします。

でも、日本ではなかなかディベートをする機会は少なく、お互いが正しさを主張していくと険悪なムードになって、それが遺恨に変わっていくというケースも多いと思います。

私は、正しさを主張するのではなく、相手を尊重しつつ、あなたはそこが大事なんですね、私はここが大事なんです、というスタンスでのぞめば、少なくともぶつかり合う確率は減ると思っています(実はそういうビリーフなのかも…)

でも、いくら自分が相手を尊重しても、相手が自分を卑下した見方をしていれば、お前はうるさい、みたいな感じにとられたりしますよね…

コミュニケーションって本当に難しいと思います。

私は自分の中のビリーフを取り出す訓練のような事をたまにやっていますので、自分が「子供が一番大事」というビリーフを持っている事は知っていましたが、いくら酒席とはいえ、その価値観を相手に押し付けたのは間違いだったのかもと、帰宅後考えてしまいました…

これがいつも顔を合わせている方とかだと、冗談交じりで流す事ができますが、初対面の方とかだと、なかなかいつものような感じにはいきませんからね~

相手をおもんばかり、一歩引いた感じで対応しつつ、自分の主張もきちんと出し、最終的には自分を認めてもらう、などという高度なコミュニケーション術はなかなか身につけることはできませんが、私は、

人にはさまざまな「ビリーフ」がある

正しさを主張し続けるとケンカになる

という事をきちんと認識してからというもの、仕事やプライベートでも、言いあいになる場面がかなり減ったと思っています。

でも、今回のようにうまくいかず、面倒くさくなってしまう事もあるので、コミュニケーションを一つの型にはめ込むのは考えものだと感じました。

すべての人と仲良くするなんて到底無理なのですが、少しでも多く、相手を許容できる、心の大きな人間になりたいと思う私なのでした…
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 21:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>KumaCrowさん

酒グセのいい・悪いというのは、初対面だと
なかなか分からないものですよね。
私も酔っていたとはいえ、相手に反論して
怒らせたのは反省しました。
でも何か釈然としないんですよね(笑

確かにストレスたまっている人は、今の時代
多いかもしれないですね。

使えるコミュニケーション術、やっぱり学ばなければ
いけませんかね~(-_-;)

| fuminchu | 2009/08/06 19:40 | URL |

fuminchuさん、こんばんは!(・∀・)/ぐいぶに

お酒が入ると面倒くさい人っていますよねぇ。(´Д`;)

こういうご時世だし、
ストレスがたまっている人も多いものなぁ。

コミュニケーションも、
さらに難しくなっていきそうです。

| KumaCrow | 2009/08/06 19:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/658-0377adf6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。