気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「電子の紙」の値段でネットブックを何台買えるのでしょうか

読みやすさ抜群の“電子の紙”登場
by 日経PCオンライン

もうすでにタイトルで気持ちを述べましたが、日経PCオンラインの記事で掲載されていた、このBrotherの電子ペーパーの値段が14万円というのにとても驚いています!

そもそもこの記事のタイトルにある「電子の紙」という文言が私のアンテナにひっかかったのですが、この値段を見て桁間違えている?とか思いました。

じゃあよっぽどすごい仕様に違いないと思い、Brotherのサイトに飛んで、マニュアルを見てみると…

携帯性に優れる
高速起動が可能
大量文書保存(紙10000枚)
長時間利用可能(83時間程度)
高セキュリティ(暗号化)
読みやすい画質(グレースケール調)
紙と電力のランニングコスト削減(環境にも優しい)


などなど利点を述べてありましたが、これって長時間利用を抜かせば、ネットブックレベルで事たりてしまうのではないでしょうか…
あと、高速起動もそうか。

しかもデータの保存はMicroSDカード2GBというのにも驚きを隠せません!

SDHCカードだってもうすぐ64GBが発売されるのに、なぜにMicroSDカード2GBなのか?しかもこの仕様で14万円というのがとてもびっくりしました。

Kindleは数万円ですよ。
iPhoneも数万円ですよ。

6桁万円というのにびっくりです。

仕様一覧を見ると、寿命5年とか書いてあるし、表示色が4階層グレースケールってカラーでもないですし、電子ペーパービューワーとして割り切った仕様なのかもしれないですが、でも14万円です。

きっと戦略的に今後を踏まえた製品で、さほど需要を見込んでおらず、ニッチな部分にフォーカスしたのだと思いますが、自分が営業ならばこの製品を売る自信がありません。

工場などで、普段マニュアルを多く抱えて、すぐ内容を確認したいというシーンにおいては、有効かもとは思いますが、あとは…思いつきませんね。

あまり批判めいた事は書きたくないのですが、電子ペーパーに未来を感じている私は、まずこの値段と仕様で愕然としてしまいました。

こりゃ~電子ペーパーなんて普及しないよと思わざるを得ません…

AppleやAmazonという海外の企業が、KindleとかiPhoneという魅力的なデバイスを投入していて、電子ブックの分野ですでに商業ベースに乗せているのにも関わらず、安くて良い複合機製品を扱っているBrotherがどうして?と疑問を感じてしまいました。

ひょっとしたら、これはカタログ上の値段であって、1000ロット購入してくれたら単価1万円でいいなどという話しならば全然別ですが、日経の記事と、Brotherのサイトを見る限りでは、そんな事微塵も感じさせません。

今後はペーパーレスの時代と考えている私ではありますが、このままでいくとiPhoneの一人勝ちだなと、そういう感覚でおります。

だから私もこれからのグローバルデファクトスタンダードたるiPhoneを持とうと考えているのですが、いち日本人として、IT業界に身を置くものとして、なんだか空しくなってしまったのでした…

やっぱり常に海外に目を向けていかなければダメなんだよな~としみじみです

こういう悲しくなるようなエントリーはなるべくしたくないのですけどね…
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 19:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/660-2a39e41a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。