気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

弱気な口癖を矯正する

我が家の話しで恐縮なのですが、私も嫁さんもどちらかというと根性なしでして(笑)何かにつけてすぐ「疲れた」とか「面倒くさい」とか「それしなくてもいいよね」などと、すぐ諦める傾向があります。

また間の悪いことに、夫婦ともどもインドア派でして、キャンプをしたりとか外でスポーツをしたりなど、興味があるにも関わらず、「ダルい」とか色々な理由付けをして避けがちです・・・。

夫婦ともにそういう傾向があるという事は認めているのですが、なかなかこういう弱気の矯正とか、口癖の修正などは難しいのでした。

そんな中、6歳になる長男坊がサッカーを始めまして、その様子を伺っていたところ、「うわ~疲れた」とか「もう走れない」などすぐ弱音を吐くので、コーチの方に「コラ、すぐ弱音を吐かない!」と注意されているじゃないですか!

これには私も嫁さんもギャフンという感じで、見事に親の口癖を真似した結果でして、子供が注意されているのに、自分達が注意されているような、そんな感覚を味わったのでした・・・。

それでこのままじゃいけない!という事で、我が家では「疲れた」とか「面倒くさい」とか「もう止めよう」などと弱音を吐くような言葉を言わないルールを決めて実践している最中です。

そして、そのルールは夏休みの旅行最中にも適用される形になりました。

前回のエントリーでも書いた通り、夏休み中に温泉旅行に行ってきたのですが、急遽観光先を変更し、国の天然記念物に指定されている「登別原始林」の中にあり、北海道遺産にも登録されている「登別温泉地獄谷」の遊歩道を歩こうという事になり、大湯沼下流にある大湯沼天然足湯まで足を伸ばしてきました。

登別観光情報

私も嫁さんも生粋の道産子ですが、大湯沼近辺までは足を運んだ事がなく、元気があれば行ってみようと車の中で話をしていましたが、宿泊した温泉宿を出発し、実際に登別地獄谷に到着して5~6分も歩くともう汗だくでして、まだ幼児の次男坊を抱える私などは、今にも"いつもの言葉"が喉からでかけていましたが、率先して「まだいける!行こう!」と、そんな事思ってもいないのに(笑)強気の言葉を発して家族を鼓舞し続けたのでした。

長男坊はすぐ「ここ変な臭いがして嫌だ(硫黄の臭い)」とか「暑くて倒れそう」とか「もう歩けない!抱っこして!」などと甘えまくっていましたが、私も嫁さんも、頑として言うことを聞かず「頑張ろう」と言いながら遊歩道を歩き続けました。

目的地の大湯沼川の天然足湯までは、大湯沼の駐車場などから上り下りの山道を越えていかねばたどり着くことはできないので、バテバテ状態の夫婦は、本心では「もう止めよう」という言葉を言いかけていました。でもその言葉を発してしまうと、子供も同調するに決まっていますし、折角ここまできたのに途中で投げ出すという事にもなるので、苦しみながらも道を歩いていきました(単なる運動不足なんですがね・・・)

そして、43度くらいの源泉が流れる川「大湯沼川」の足湯の場所にたどり着き、そこで小1時間ほど足湯に浸りましたが、とにかく山の中にこんな場所があるという事にびっくりでして、さすが北海道というか、たまには自然の中を散策し、汗をかきながら山道を歩いて目標地点まで達する、という行為がいかに素晴らしいものか、忘れかけていたものを思い出したような感じでした!

嫁さんも長男坊も、苦労して行った甲斐があったねと話し、弱音を吐いていたら今日のような体験はできなかったと、改めて弱音を吐くという事が経験の場を失わさせるという事を痛感したのです。

子供の教育上でも、簡単にあきらめないという意識が芽生えてくれればありがたいので、これからも家族の中で「弱音を吐くな」という言葉をお互いにかけ続けたいと思います。

心理学上でも、実際に弱気になるような言葉を吐き続けると、潜在意識に働きかけてしまい、本当に弱気な性格の人間になってしまうとも言われています。

たかが言葉、されど言葉、普段から自分はどんな言葉を発しているのか、身近な人にチェックしてもらうのも良いかもしれません。

そのうえで、意識的に適切な言葉を発していくようにすれば、徐々に行動も変わっていくのではないかと、そう考えています。

疲れた時には「まだやれるぞ」とか、面倒くさい時には「かんたんにできる」とか、そういう言葉に脳内変換できるようになれば、しめたものです。

残念ながら、うちの家族はそんな域までは達しておらず、帰りの車中では「あ~ダルい」とか「早く帰りてぇ~」とかそんなグダグダな感じになっておりました・・・

とりあえずはこれからも、日々この"ルール"を自分たちに課し続けて、簡単にあきらめない粘り強い人間になっていきたいと思います!

一番不安なのが私だったりするのはご愛嬌という事で(笑)
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 22:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>KumaCrowさん

温泉旅行は楽しかったのですが、もう足腰
フラフラでして、旅行も大変だなと思います。
登別の地獄谷は北海道の中でも有数の観光名所
かと思いますので、まだ訪れていなければ、
いつかおいでください(^o^)丿

もう日々自己啓発ですね(笑
学ぼうと思えば、世の中の事象どんなことでも
学べるのだと、そんなイメージを持てたら最高です。

| fuminchu | 2009/08/13 16:28 | URL |

fuminchuさん、おはようございます!(・∀・)/ぐもに

楽しい温泉旅行になったようで、何よりです。
さすが北海道!良いところがあるのですねー。(´▽`)♪

しかし、旅行でも自己啓発につながっていくところが、
fuminchuさんらしいですねー。(´Д`;)

| KumaCrow | 2009/08/13 06:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/663-2a447d8c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。