気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

起床時間を1時間早めることを検討

私の普段の起床時間は、平日6時・休日7時~8時というのが多いのですが、いつの間にか習慣になってしまったようで、目覚まし時計が無くても、さほど苦もなく起きる事ができています。

そもそも平日に6時起きする理由はというと、冬季間だと家の前の除雪作業をするためなのですが、一番の目的は、読書時間の確保です。

約1時間を静かな環境と、スッキリした頭で集中して読書する貴重な時間であり、すっかり習慣づいてしまいましたが、他にもblogの記事作成などする事もあり、そういう自分のための時間に充当している形になります。

家族はだいたい7時くらいに起きてくるので、そこから一斉に出勤前の準備となるのがこれまでのパターンだったのですが、8月いっぱいで嫁さんが産休休暇明けとなり、出勤するようになったのと、次男坊も保育園に行く事になったため、家族全員の起床時間が今までよりも早まってしまい、朝からバタバタと騒々しくなってしまい、貴重な読書時間が失われつつあります…

それに対して文句を言えようもない私は、子供に絡まれつつも本を片手にしているのですけども、集中して読むことは叶わず、こりゃなんとかしないといけないなと思っていたところ、ある記事を目にします。

シゴタノ「絶対6~8時間睡眠確保」の呪縛から自分を解放しよう
by シゴタノ

人気ブログのシゴタノで連載されている、前向き早起きエバンジェリストの池田 千恵さんの記事でして、池田さんは「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!という本も書かれている、早起きのスペシャリストのようです。

上記記事におりますと、「最低睡眠ライン」「適正睡眠ライン」「超過睡眠ライン」という3つの指標があり、自分にとっての適性な睡眠ラインを見極める事が重要と書かれています。

私などは、最低6時間は睡眠時間を取得しなければいけない、などという思い込みがありましたので、「そうか、一人一人で適正な睡眠時間は違うんだ」という事に気づかせていただきました。

普段だいたい深夜0時~1時くらいに寝る事が多い私ですが、今6時起きで問題ないという事は、5時に起きてもいけるかな?という気持ちに傾きかけています。または夜11時就寝を心がけ、5時起きならば6時間寝れるという事も考えられますよね。

仕事がら、休日や深夜に作業する事があるので、いつもPM11時に寝ることはできませんが、早く帰宅できた平日は、11時就寝5時起床という事を習慣づけるのも一つの案。

理想は、年中5時起きに習慣を改造し、集中できる自分の時間をより多く確保する事でして、今よりさらなる時間確保する事を目論んでいます。

朝の時間は、脳が一番活性化している時間なので、この時間を有効的に使いましょうという「朝本」も色々な出版社から出ています。私の座右の書とも言える思考の整理学 (ちくま文庫)にも、朝の時間の事について多く述べられており、実際、朝6時に起きて読む本は、夜眠い時に読むよりも頭の中への定着が良いです。

その辺のところは過去にも

朝の1時間を読書に充ててます
by 気になるけど

というエントリーで書いておりますが、今回はさらに1時間早起きしてみようという試みでして、果たして習慣に出来るかどうか?まずはやってみようと思います。

ただ毎朝5時に目覚まし時計を鳴らしたら家族に嫌みを言われそうで、その辺のところをクリアしなければと、立場の弱い大黒柱は気を使いまくるのでした…。
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/686-11166db6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。