気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

無償のCentOSに注目しています

Redhat Linuxの互換OSであり、Red Hatの知的財産物を取り除いて開発されているこのCentOSですが、RedHatと同等でありながら無償という事で、密かに注目している私。

DVDインストール版とCDインストール(6枚)版の両方ダウンロードしてきて、古いサーバ群やPC群にインストールし、現在色々と評価中であります。

CentOS
by CentOS.org

CentOS 5.3インストールガイド
by ITpro

このCentOSは、FedoraCoreやUbuntuほどデスクトップOSとしての機能が豊富なわけではないのですが、RedHatでサーバを構築するような業務用に適したOSの無償版という感覚です。

実際インストール時の画面とか、インストール後の挙動など、RedHat Linuxそのものという印象でして、検証用サーバのOSとして有用ではないかと考え、いじくり最中。

RedHatだと、RedHat Networkから有償のサブスクリプションコードを使い事前登録しなければ、最新のセキュリティパッチなどが適用できませんが、CentOSだと、yumが使えてセキュリティパッチも無償で適用可能というところが一番の利点だと考えています。また、サーバ用途を意識しているためか、パッチの更新期限はRHELと同じく約7年程度と、この辺りも使ってみたくなる要素の一つ。

そんなCentOSですが、ある程度用途を決めて、色々と設定・検証して問題なければ、RedHat購入という流れに持っていけるかなとも考えていまして、まさしくRedHat Linuxのための評価用としても有用かなと。

さらに、LAN内のサーバだと、CentOSそのものでもいいかもしれないと思い始めていて、古いRedHat(6.x、7.x)などの置き換えに使えれば、機体をそのままにOSのみ再構築という選択肢もありでしょう・・・

また、将来的な仮想化の手段として、CentOS上での、Xenの評価も同時にしてみようと計画しておりまして、この週末にXen関係の情報をさがしておりましたが、VMwareほど情報が豊富でないので、既存Linuxサーバの仮想化方法など、いまいちよくわかっておりません・・・。

他にも、MovableTypeやWordPressなど、CMS関係の評価でも使えそうなので、至るところで活躍しそうなCentOS、そのうち我が家でも自宅サーバとして動作する日が来るかもしれません!

構想だけはたくさんありますが、その全てにおいて応分の時間が必要ですので、重要そうなところを選んで、そこに集中したいと思います。

それにしても、週末をCentOSで潰してしまうと、何か損した気分になるのはどうしてでしょうかね?これから相棒になるかもしれないというのに(苦笑
Twitterでつぶやく

| Linux・Fedora・Ubuntu | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/690-a55f2724

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。