気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

不常識と常識と非常識

志の高い非常識な発想がビジネスを成功に導く
by ITpro

中古車販売の雄、ガリバーインターナショナル羽鳥社長のレポートを読んでいて、普段私の頭の中でこだましている、「非常識思考」という言葉が、また頭をもたげました。

このエントリーのタイトルにも付けた「不常識と常識と非常識」という言葉は、世界のHONDA創始者である本田宗一郎さんの話しのようで、上記記事中で、羽鳥社長はこう語っています。

非常識という言葉は、世の中で勘違いされている部分があると思う。かつて、本田宗一郎氏が「不常識と常識と非常識がある」という話をされたことがある。不常識というのは不良の不であり、悪いこと、やってはいけないこと。とはいえ、常識の枠の中で物事を判断して行動していくと、大きな発明・発展には繋がらない。やはり、常識を越えた非常識な発想で常に経営をしていかないとダメだという。私もまったく同感である。


ここで言う「非常識」という言葉は、常識を越えた発想の事を指していて、常識にとらわれた考えでは、何事も大成しないという意味合いと受けとめています。私などは、「非常識」という言葉にはどうしても、悪いイメージを持ってしまっているので、それこそ勘違いというか、それが私の中での「常識」なんですよね・・・。

人間って、自分が見て・聞いて・味わってきた体験を素にし、色々な判断を下す生き物であると思いますが、その判断を下す重要な要素として、己の持つ価値基準(価値観)や世間の常識といったものが大きく左右しているのは、なんとなく理解できるでしょう。

私はここ数年、様々なビジネス系の本や雑誌、ネット上の情報など、結構な数のものを読んできて、世の中で「常識」と思われている事は、いかに常識ではないかという事を、嫌というほど思い知らされてきました・・・。目から鱗が落ちるなんて表現は、自分の常識が覆されたり、新たな「常識」を身につけた瞬間の事を指すと思いますが、そんな鱗が落ちまくってきた数年間でした。

さらに、世の中の出来事も、常識だと思っていたことが次々に破綻するニュースを目にする事が多いのではないでしょうか?最近ならば、絶対に潰れないと言われていたリーマンブラザーズが破綻したり、ここは名門だから安心だと思っていた会社が不祥事を起こしたり、誰もが信じていた有名人が突然逮捕されたりと、枚挙にいとまがない状態です。

「そんなの常識だろ!」なんて言葉をかつての上司に放たれ、いましめられた経験がある私などは、その頃の事をよ~く考えてみると、その元上司の言った「常識」というものが、いかに狭い範囲での常識であったかと、今考えれば思わず苦笑いしてしまいますが、そんな体験をしたことある人も多いでしょうね。

郷に入りては郷に従え

なんてことわざがありますが、その「郷」に入って生活するならば、その「郷」のルール=常識に従った方がうまくいく、というのもコミュニケーション術として大事なことであると思う反面、皆と同じ事をし続けていても、変革が起こるわけないですし、よりよく改善していく事も遅くなりがちとも思います。

じゃあ、常に人と違うことをし続けて、周りで軋轢を生じさせまくればいいのか?というと、そうでもなく、普段は何食わぬ顔で、世の中の常識に従っているようなフリをしながら、頭の中では常識を常に疑い、非常識=これまでと違う何かを探し続けるような状態に、自分を仕向けておくのが良いと考えています。

もちろん、常に物事を疑ってかかるというのは、猜疑心が強まり、あまり心の状態としては好ましいものではないかもしれません・・・。でもその考えの根底には、人への優しさとか思いやりとか、よりよい感情があれば、不遜な想いや態度が表に表れることがないはずです。まあ、それは理想論ですがね。。。

執拗に常識を疑い続けていたら、ひょっとしたら人間不信・社会不信に陥ってしまうかもしれないくらい、世の中は常識と言われてるのに常識でない事が多すぎますけども、そんな「常識」を越えた発想をし続けることが、今後多く求められていくのだろうと、予測しています。

私は、普段働き、生活していく中ではさほど意識していませんが、月に何度か、夜一人で思考をめぐらせつつ、常識のこととそれ以外の可能性=非常識な事を考え出すワークをやっていたりします。

革新や違った成功を目指すには、非常識思考がカギを握るという事が、なんとなく腑に落ちているからだと思いますけど、今のこの大不況の世の中を生きていくには、そういう考えを持つことが大事だと思います。

オンリーワンの道を突き進むというのが、私の理想であり目標でもあるので、余計に非常識な思考が必要という事もありますけどね・・・

さて、いかに世の中の常識が、本当は仮説程度しかないということは、下記の書籍

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方


に詳しいので、興味ある方は読まれてみてはどうでしょうか?

ちなみに、冒頭のITproの記事以外にも、たくさんの示唆に富む話しが満載なので、

大淘汰時代を勝ち抜く目次
by ITpro 大淘汰時代を勝ち抜く

もチェックしてみてはどうでしょうか??

最近私のお気に入りの連載群です!
Twitterでつぶやく

| コラム・サイト紹介 | 12:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/709-da95d505

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。