気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

情報は1冊のノートにまとめなさい

◎情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」


第1章 複雑なのは続かない、使えない
第2章 情報を一元化する技術
第3章 予定と記録を一元化する「時間管理術」
第4章 ネタになる断片メモの「保存法」
第5章 メモを宝に変える「アイデア術」
第6章 分類せず一発検索する

2008年に話題になった本、「情報は1冊のノートにまとめなさい」を今更ながら読みました。著者は奥野 宣之さんで、この本が最初に上梓したもののようです。

内容を簡単に書いてしまうと、100円で売っているA6ノートを全てのメモ帳・全ての手帳にしてしまい、情報の一元化を100円のノートで実現してしまう方法が書かれています。

具体的には、常に時系列で書きすすめていき、その見出しになる部分をPCでテキスト入力して、検索できるようにしておく、というところが肝となると思います。

全ての情報をA6ノートにまとめて、目次などのメタ情報だけPCにテキスト入力して検索可能としておけば、ノートが無くならない限り、記載した情報をいつでも取得できますよね。確かに便利ですし、参考になる部分がたくさんあったのですが、実際に同じ事をするかと言えば、多分やりません・・・。

と言いますのも、私は以前似たような事を経験しており、仕事からプライベートまで、すべて1冊のノートにまとめれば便利なのですが、公私混同してしまうというか、仕事中に別な事が気になったり、プライベート中に仕事の事が気になったりと、悪循環な感覚があり、今では完全に分けてしまいました。つまり2~3冊の手帳やノートに分散させるようにしています。

もちろん、この情報一元化をA6ノートで実現、という事はなかなか画期的なことだと思いますし、実践すれば便利だということも理解しています。ですが、私は仕事なら仕事用の手帳、プライベート用の手帳、アイデアメモ用手帳など、複数に分かれている方が、取り回しがいいのですよね。。。

正直言ってしまうと、私的にそれほど参考になる部分が無かったのですが、3点だけ、これは便利だ!と思える新たな発見がありましたので、そこを書きたいと思います。

1点目は、「はってはがせるスティックのり」というものの存在!



私は付箋魔と呼ばれるくらい、付箋を使いまくるのですが、この付箋のりを普通の紙に塗れば、その瞬間から普通の紙が付箋に様変わりしてしまいます。知っている人には当たり前のことですが、私はこの存在を知らなかったので、速攻で文房具コーナーに走り、2本ほどGETしてきました(笑)

いつでも紙を付箋にできると思うと、会議の場にテープなど持ち込まなくてもいいですし、壁やホワイトボードにいつでも貼れるので、書類の視認性もよくなりました!さらに、付箋ののりが無くなってしまったものに再度このスティックのりを塗ってあげると、また粘着性が復活します。私の中では、ちょっとしたイノベーションでしたね。

2点目は、風呂の中でメモをするという考え方!



耐水メモ帳なるものと、加圧ボールペンの組み合わせで実現できると知り、もう試したくて試したくて、たまらなくなっている私がいます・・・。以前過去のエントリーで、

三上・三中でアイデアを得る
by 気になるけど

というのを書きましたが、その中で、私は風呂の中が一番アイデアが出やすいとしているように、風呂の中は頭の中がリラックスしているのか、考えごとをまとめるのに適していたり、新しい事柄を考えるのに向いております。しかし、いくら良いアイデアを思いついても、風呂から上がるころには忘れてしまうことも多く、ちょっとしたフラストレーションがたまっていたので、まさに最善の解が得られた気分です!

最後3点目は、O's Editor2というテキストエディタの存在!

O's Editor2
by O'sPage

私はテキストエディタはTeraPadをメインで使っており、このブログの記事内容もTeraPadで生み出されております。仕事場では秀丸エディタの率が高めでしょうかね。これ以外はほとんど試したことがありませんでしたが、このO's Editor2は、縦書きと横書きのスタイルを登録・表示可能で、記載文字数やページ数の表示が可能となっております!!Wordだと取り扱いが面倒だけど、普通のテキストエディタならば物足りないという、私のようなユーザーにはぴったりのテキストエディタです。

早速私が使う全てのPCにこのO's Editor2を導入し、その恩恵にあずかっております。いや~これ本当に求めていたものなので、感謝です。
※2009年10月13日現在、O's Editor2のことをフリーソフトと勘違いしていたため、ライセンスを1つだけ購入し(ベクターにて購入)、1台のPCにインストールし直しました…

とまあ、A6ノート術とは縁の薄い部分で、とても参考になっている私ですが、評価は★★★★☆とさせていただきます。上記3点の内容が無ければ、この場で紹介することはしなかったかもしれませんが(苦笑)、私の悩みを解消してくれたことに敬意を表しさせていただきます。

情報の集約化とか、ノート術のようなものに興味がある方は、一読をお奨めいたします。
Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 19:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>KumaCrowさん

私もTeraPad使いなのですが、慣れていないエディタを
使うと戸惑いますよね(^_^;)
O's Editor2は私の求めていた機能があったので、
今慣れるのに必死な感じです(苦笑)
MKEditor使ったことないです・・・

| fuminchu | 2009/10/12 10:58 | URL |

テキストエディタ

fuminchuさん、こんにちは!(・∀・)/ぐもに

私も普段はTerapadを使っているのですが、

ちょっと、マルチタブ機能がほしくなって、
いまMKEditorを試しています。

使い慣れなくて、難儀しています。(´Д`;)

| KumaCrow | 2009/10/12 08:59 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/716-b6ec5888

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。