気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネットワーク運用管理ツールは難しいけど大切

先人に聞こう!オススメのネット運用管理ツール 目次
by ITpro

ITproでネットワーク運用管理ツールの連載を見つけ、読んでみましたが、他の企業で運用管理を担当されている方々の事例が掲載されており、参考になったのでネタにしました。

ExPingとかTeraTermなどの一般的なツールから、難解なNagiosやZABBIXなどのシステム監視ツールまで様々なものが紹介されており、普段私が使用しているものから、以前導入を検討し、難しくて諦めたものなど、色々ありますけど、フリーで提供されているものばかりですので、検証だけならすぐ可能です。

上記記事中で紹介されているツールの中で、私がもっとも印象深いのはMRTGでして、今でこそさまざまなLinuxディストリビューションにバンドルされていますけど、昔はPerlから突っ込まなければならず、知識が無かった事を含め、散々ハマった記憶があります…。

MRTGとは
by Wikipedia

MRTGを使用したトラフィックの定点グラフ観測は、至るところで利用されていると思いますが、最近はmuninとか、cactiなどといったツールも使われだしてきていますので、そちらも試してみたいなと考えております。

まあ、お金があれば、MRTGなどのフリーのツールを使わずに、高価な運用管理ツールを購入すれば、日本語で設定できたり、Web上で全て設定できたりと、至れり尽くせり状態になるのですが、中規模以上の企業・団体じゃないならば、そういったフリーのツールで問題ないと思います。

普通に生活するうえでは、まず触る事がないであろう、そういったネットワーク運用ツールですが、IT系の企業にいる人でも、なじみの少ない部類に入ると思うので、大半の方々には必要のないものかもしれません。

しかしですね、ネットワークやサーバなどのインフラ回りの監視というのは、システムの稼働率を上げるためにも必須のものですし、困った時に本当に役に立つ代物でもあります。私は運用監視が本業ではないのですが、なんちゃってSEとして必要不可欠な知識でもあると考えます。

実際の話で、あまりなじみの無いお客様のところへ、商談で営業さんと同行した際に、その場でシステムトラブルが発生し、手持ちのWireSharkなどのツールやネットワークの知識をもとに、短時間で解決した後、そのお客様の会社ぐるみで、ものすごい良くしてくれるようになった、などという事もありますので、現場に近い位置で効力を発揮する事だってあります。

そんな運用監視ツールですが、「癖」のあるものが多いので、使い方をマスターするのにはなかなか熟練が必要なものばかりで、今でも苦労がたえず、私もどちらかと言えばそんなに精通している方ではありません。

紹介されていたツール群のうち、知らないものもいくつかありましたし、特にこちらで紹介されていた、電磁界テスターとか、小型結束機「しめしめ45」なんて見たこともありません(苦笑)

電磁界テスターに関しては、噂にしか聞いたことがないので、個人的に欲しいのですが、そんなに使うシーンは無さそうですね…。電磁波に関しては下記エントリー、

無線LANは強烈な電磁波に弱い
by 気になるけど

でも書きましたが、ビジネスシーンにおいて、電磁関連で問題が起こる事も、中にはありますので、持っていれば問題の切り分けに有効かと思います。

小型結束機「しめしめ45」に関しては…これって運用監視ツールではないですよね。ただの便利な結束バンド機かと(苦笑)

しかし、あれば楽ちんそうな「しめしめ45」、ネーミングもさることながら、LANケーブルをさばく事も多い私は、「買ってもいいかも…」と思ってしまうのでした。。。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 21:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>なあびんさん

やっぱりプロバイダレベルだと、Snifferですか!
10年くらい前のSnifferしか触ったことないですが、
これをマスターしたら飯の食いっぱぐれが無い
くらい難しかった記憶があります。
パケットを分析・検証できますからすごいですよね。
あとはOpenViewですかね~…

で、結局のところnmapが一番使いやすかったり
なのかもしれないですが…。

ASDMってCISCO製品でなければ使えないのでしょうかね?
見たことないのでイメージがつかめず(^_^;)

| fuminchu | 2009/10/19 16:02 | URL |

管理ツールは世の中いろいろありますが、もともとは
イングリッシュなものなので、どうしても日本語版とかだと
意味不明なメニューがあったりします。
そのまま 『マトリックス』 ってメニュー書かれても、
なんのこっちゃという感じだったり・・・実際クリックしてみたら
コネクション一覧とトラフィックマップだけだったりして(^_^;

私も仕事がら、SnifferだったりASDMだったりいろいろ
使いますが、いまだ自分でこれだ!! というものに
めぐりあったことがないです・・・いや、自分の理解力と
使い方の能力が低いだけなのかもしれませんが・・・。

| なあびん | 2009/10/19 14:39 | URL |

>KumaCrowさん

いや・・・たまたま知っていた障害事例だったので
短時間で済んだのです。。。
WireSharkは視覚的に「こうなっているから、コレが
原因です」と言えるので便利なんですよね~
その後、信頼されたので、運が良かったんですね。

| fuminchu | 2009/10/17 10:39 | URL |

短時間で解決!

>その場でシステムトラブルが発生し、
>手持ちのWireSharkなどのツールやネットワークの知識をもとに、
>短時間で解決
>
↑かっこいい!ヾ(゚∀゚*)ノむひょー

| KumaCrow | 2009/10/17 07:37 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/720-82240ef1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。