気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Windows7買うなら64ビット版と32ビット版どっちにするか

【Windows 7研究】64ビット版と32ビット版、どちらを選ぶべきか?
by 日経トレンディネット

今年の冬はWindows7のCULVノートPCを購入したいと、虎視眈々と狙っている私は、64ビット版と32ビット版、どちらにしようかと思案していましたが、漠然と64ビット版!と決めかけていたところで、上記記事を見ました。

32ビット機よりも64ビット機の方が、理論的に処理能力が大きいはずですし、メモリの容量も32ビット版ではMAX4GB(実際は3.8GB程度が限度)のメモリーしか積めませんし、時代は64ビットマシンだと思い込んでいた私でしたが、記事中では32ビット版も64ビット版も大きな差はないとしています・・・

ただ、大きく差がつくのが、メモリ消費が激しいグラフィック系の性能のようで、画像や動画のレンダリング処理を多用する方には、64ビット版のほうがお奨めのようですね。

今私が狙っている、AcerのAspire Timeline AS1410は、問答無用で64ビット版しか存在しないため、32ビット版のことを考慮しなくてもいいのですが、やっぱりビット数が変わると、アプリケーションとか動かないのではないかという、不安がどうしてもつきまといます・・・。

しかもこのAS1410は、最大メモリサイズが4GBなので、記事中の内容通りだと、別に32ビット版だろうが64ビット版だろうが動きに大差はなさそうです。しかも64ビット版のほうが起動が遅いなんて書かれると、もう一度検討してしまいそう。。。

物理メモリ8GBとか搭載できたらば、その恩恵に預かりそうな感じですが、まだそこまでの需要が少ないのでしょうね。最近発売されたメインボードなどを見ていても、メモリ最大4GBまでというのがまだ主流のようですし・・・。

どっちでもいいじゃん!と思われる方もいるように、だんだん私も、さほど気にする必要がないかなと考えるようになってきましたが、すごく気になっていたのが、どうして64ビット版のWindows7で32ビット版のアプリケーションが動作するのか、そもそもの仕組みが分からず、釈然としない感じでした。しかし、上記記事中で、

ソフトウエアについては「WOW(Windows On Windows)」というエミュレーション機能があり、これで32ビット版のWindows 7用ソフトの多くを利用できる。

との記載があり「そうか、32ビット用のエミュレーターを動かしていたから、32ビット版のアプリがシームレスに動作できるんだ!」と、今更ながら腑に落ちました(遅)

ちなみにWOWについては下記を参照ください。

WOW64(Windows-On-Windows 64)
by Wikipedia

そう考えると、別に32ビット版だろうが、64ビット版だろうが、さほど気にすることなんてないですよね~。逆に64ビット版の方が、エミュレーターの中で32ビットアプリを動かす分、処理速度は遅くなるかもしれません・・・。

ということで、そういう無駄な悩みは考えずに、HDMI端子を装備するAspire Timeline AS1410を本命に、またCULVノートのチェックをしまくる私なのでした・・・。

今のところ資金に乏しく、暮れの有馬記念でも当てないと購入は厳しそうな、そんなフトコロがお寒い私ですが、欲しいものは欲しいので、日々の調査は続けます!
・・・そんな時間あるなら本の1冊でも読めって感じですがねorz
Twitterでつぶやく

| VISTA・Windows7 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/748-79d03b10

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。