気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハイブリッドワーカー



----目次----
田中圭一―「サラリーマン」兼「マンガ家」
津村記久子―「会社員」兼「小説家」
sachi―「OL」兼「ヴォーカリスト」
太田靖彦―「芸能マネージャー」兼「農業家」
うーら―「OL」兼「料理研究家」
RYO―「ミュージシャン」兼「薬剤師」

一般企業で会社員をしながら、副業としてクリエイティブワークをこなす「ヨシナガ」さんの著書です。

内容自体は、目次が示すように、二つの職種を生業とする方々の紹介とインタビュー記事で構成されており、ハイブリッドワーク=複数の職種を生業とする、事のマニュアル的なものを期待すると外れてしまいますが、現在ハイブリッドワークをこなしている方々のこれまでの成り立ちとか、コツのようなものを知りたい方には、良き示唆となるでしょう。

私は現在、まさにハイブリッドワークを目指している状況なので、たいへん興味深く読ませていただきましたが、文面から察すると、やはり複数の職業をこなすというのは、大変なのだな~という印象です…。

そもそもIT業界だけでも苦闘している私が、まるで畑違いの事を同時にしようとしているのですから、余計に大変になることは目に見えています。しかしですね、人生一度きりですし、自分の本当にやりたい事を探っていくと、ITのお仕事以外にも己の進むべき道のようなものが見えてきてしまい、欲張りなものですから同時にやっちゃえと、ハイブリッドワーカーへの道を模索しております。

今のところは、ハイブリッドワーカーの道は険しいと言わざるを得ませんけども、自分が楽しいと思える事を突き詰める人生というのも、一つの形ではないかと、あまり切羽詰った感覚ではなく、好奇心の充足という感じで色々と始めております。

だからといってITのお仕事が無くなってもいいかと言うと、そんなことはなくてですね、ITはITで一生関わっていきたい分野であります。自分で言うのも何ですが、この職種が世の中にあって本当に良かったと思っていますし、IT一本で今後も生きていくというのももちろんアリです。

ただ、何歳になっても、新しい可能性に挑戦していくという姿勢は死ぬまで持ち続けていたいスピリッツだと考えていますし、それがさらに仕事として収入を得れるようになれば、このうえない事です。

ですが、この本の中にも書かれていた「プライベートを犠牲にしている」ハイブリッダーが多いようで、これ以上自分のプライベートの時間を削り、家族をないがしろにするのは本意ではありません。

でも、そんな悠長な事を言っていたら、ハイブリッドワーカーなんてなれないとも思います。

ちょっとしたジレンマですが、何事もバランスが大事ですので、自分だけの道を探し求めていくしかないでしょうね…。私にしかできないオンリーワンへの道とも言いましょうか、そんな人生を今後歩めれば幸せです。

もちろん、一つの職種で死ぬまで勤め上げるというのも一つの道です。否定しません。そもそも自分は本当にやりたい事を生業にしている人なんて、ほんの一握りなのが現実ですし、さまざまな事情により、職業に就くことすらままならない方々が多数いらっしゃるのも理解しています。また、明日にも私は無職になることだってあるのですから、そんな夢見ている時間あれば、もっと現実的で堅実な方向に進むべき、という気持ちもあります。

しかし、どうせ生きていくならば、自分のやりたい複数の事を追い求めていく、というのが面白いと考えています。

なので、すでにハイブリッドワーカーとして確立させている方々の話を聞いていると、すごいうらやましい気持ちになってしまいます。自分のやりたい事をしている時って、苦労を苦労と思わないですからね。

ということで、この本の評価ですけど、★★★☆☆とさせていただきます。

私には示唆に富む内容が多かったのですが、ハイブリッドワーカーという生き方に興味がない方にはお奨めできませんので、星3つとさせていただきました。

あと、インタビュー記事だけでなく、もっとヨシナガさん個人の想いみたいなものがもっと読めたら良かったなと、そう思います。
Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 11:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/788-d53646e0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。