気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

IT業界2010年の予測を見て・・・

名物コラムニストが2010年を大予測!--目次--
by 日経PCオンライン

仕事初めにメールボックスを覗くと、うんざりするくらい大量にメールがたまっていたりする方も多いと思いますが、私は幸いな事に休み中も少しだけ出勤していたため、他の方々よりは素早くメールチェックが完了しました。

その分、毎年恒例になっている、IT系サイトの2010年の展望的な記事を多くチェックしておりましたが、どこの記事もあまり良い内容の事は書かれておらず、この先の不透明さだけが際立っている印象を受けました。

ただそんな中でも、新しい技術や新規格のものが次々に登場しそうで、デジモノ好きな私の好奇心をくすぐってくれます!

その中でも「おおっ!」となったのが、キーボードの無いタブレットMacが発売されそう、という下記記事。

2010年、Macからキーボードが消える
by 日経PCオンライン

2009年11月から使い始めたiPhone3GSが、私にとってはあまりにも衝撃的で、今後モバイルはこういう姿になっていくのだろうな~という、未来予想図のような物を確信するに至り、Macの底力を窺い知る、良き機会となっています。

自宅でiPhoneからサファリでネットを見ていると、あと数インチ画面が大きければ見やすいし、入力もしやすいのに・・・という感覚がありますが、iPhoneを携帯電話として考えると、あれ以上筐体が大きくなると持ち運びにくくなりますよね。

でも、もう少しインチを大きくしたタブレットMacがあれば、ギリギリ持ち運びも可能ですし、いつでもどこでも開いて作業することだって可能になります。

この辺は個人の感覚もあるので、一概には言えませんけど、私的にはもう少し大きなiPhoneがあったら買い換えるかもしれません(苦笑)やはり手や指の大きな者にとって、iPhoneのソフトキーボードは慣れるまで時間がかかります・・・。

やっとフリック入力もこなれてきて、驚くほど文字入力のスピードが上がりましたが、やはり物理キーボードの入力スピードにはかないませんし。でも、タッチパネルであれだけの操作が可能という点は、目をみはるものがあり、やろうと思えばiPhone1台でさまざまな事柄を解決できそうです。

今後もiPhoneユーザーは増えそうな勢いですが、docomoやauなども、通信キャリアとしてiPhoneの販売を検討した方が良いのでは?とおせっかいな事を考えますが、auはともかく、独自のビジネスモデルに縛られているdocomoはiPhoneよりもアンドロイド携帯に今後もなびいていくでしょうね・・・。

さて、2010年の予測記事で、もう一つ的を得た指摘をしているのが、下記記事

期待を込めてテクノロジー動向を大胆予測
【瀧口範子「シリコンバレー通信」特別版】

by 日経PCオンライン

シリコンバレー通信でお馴染みの瀧口範子さんのコラムです。

全部で10個の予測を立てておりますので以下抜粋しますが、そもそもの視点が日本ではなくアメリカを中心にしたものなので、すべて日本的に当てはまるものではありませんけども、良くも悪くもこういった流れに日本も進むだろうと、概ね賛同いたします。

1. 一般ユーザーもクラウドに移行
2. 携帯戦争、携帯のマジックワンド化
3.いろいろなかたちのコンピュータが出現
4.ニュース・コンテンツが有料化へ
5.インターネット・テレビの本格化、放送と通信の縄張り争い
6.グーグルは何の会社?
7.エコ・モニター技術がいろいろ
8.SNSがユビキタスに
9.電子書籍リーダーが定着
10.パブリックWiFi、ふたたび

一つ一つの解説をすると、長くなりそうなので省きますが、ますます多様化する社会に、より深くIT技術が貢献する事になりそうで、そういった業界にいる事を誇りに思うのと同時に、日本のIT業界はより世界に目を向けていかなければならない状況に至りそうで、今後の生き残りをかけた、熾烈なグローバル競争へのゴングが鳴る一年になるかもしれないですね。

国内のPCメーカーに対して、世界2位のAcerが買収に向けて動き出している、なんて本当か嘘なのかよくわからない情報も出回っていますので、何があっても不思議ではありません。

また、すでにユニクロの柳井会長が表明していますが、日本人従業員の海外勤務を数倍に増やす計画だそうで、すでに世界の主要都市で店舗を構えるユニクロは世界の覇権に向けた道を本格的に歩みそうです。

衣料分野では、H&Mやザラ、アバクロなどといった海外のブランドがこぞって日本市場を席巻していますが、日本の大企業も今後は世界で利益を取りに行くという姿勢を明確にしているところも多いですし、我々サラリーマンも本格的に視野を拡げなければならない時期にきているのでしょう。

まだ工夫次第では日本国内で利益を得ていく事は可能だとは思いますけど、国内の限られたパイを奪いあうよりも、世界に打って出て、手つかずの果実を狙った方が、手っ取り早いのかもしれないです。

いずれにせよ、2010年は変革の年になりそうなので、その変化の波にのまれないように、必死に食らいついていこうと思います。

上記のような予測記事の的中率は、実はそんなに高くないということは毎年の記事群を見ていれば明らかですけども、明らかに的を外したものは少ないので、楽しみと期待半分、くらいの気持ちで読んでおります。

私が願望込みで2010年の予測をあげるとすれば、AmazonのKindleをはじめとした、電子書籍リーダーがより普及し、日本語のデジタル書籍も増えるでしょう、という事を挙げたいと思います。

iPhoneで読む書籍やマンガが、思ったより出来が良いと考えているので、Kindleだけではなく、iPhone用のデジタル書籍の増加を切に願うところであります。

頼みますよ、出版社さん達!
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 21:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>なあびんさん

明けおめでした。
今年もよろしくお願いいたします!

長期休み明けってメール何通来てるんだよっ!!
って憤ることありますよね…
私もメルマガ大量に受信しているので、普通に三桁でした(笑)
メルマガの大掃除も必要だったのですね(^_^;)

| fuminchu | 2010/01/08 17:44 | URL |

fuminchuさん、あけましておめでとうございます。
今年もひとつよろしくお願いします!(^^

メールですが、私にも大量に着信していました(汗;
迷惑メールというよりも、メルマガ系がすごかったです。
それにあわせて、グリーティングカードっていうんですかね、
あれも何通がはいっていました。年末年始のスパムフィルタの
サーバーログみたら、もう笑うしかなかったです(^^;

| なあびん | 2010/01/08 17:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/791-2fd9c60f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。