気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今さらながら2009年ランキング本のチェック

年間本ランキング特集2009年
by オリコン

年が明けて年賀はがきの当選番号が発表される頃にもなって何なんですが、今さらながらオリコンの2009年の本ランキングを見て、欲しい本のチェックをしておりました。

とりあえずは私が見て、これは読みたい!と直感したものを6冊挙げたいと思います。

・つみきのいえ
・くらべる図鑑
・からだにおいしい 野菜の便利帳
・日本人の知らない日本語
・おつまみ横丁―すぐにおいしい酒の肴185
・越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文




これの他にも村上春樹さんの「1Q84」とかもありますが、以前にもこのブログで読みたいと書いているので、省いてしまいました(汗

「つみきのいえ」は昨年話題になったため、すでにアニメーションなどで見た方も多いとは思いますが、私はこの本の名前しか聞いた事がなく、あらすじとかわかりませんが、先日の「びんぼう神様さま」で絵本的なものに興味が湧いたので、余計に読みたくなったのかもしれないですね!最近、感動に飢えているのかもしれません・・・。

「くらべる図鑑」は、単純に息子と一緒に読みたいと思いました。こういう子供向けの図鑑などは、実は大人が見ても大変参考になることが多く、むしろ大人向けでもあるのかもしれません。子供と一緒に学べる、そういう本として活用したいと思いました。

「からだにおいしい 野菜の便利帳」は以前本屋で軽く手に取った事があり、今まで忘れていたのを思い出した、という感じで選びました・・・。近年野菜の美味しさに目覚めた私は、20代の頃に比べて格段に口にする回数が増えました。先日行ったヴィクトリアステーションでは、サラダバーだけでお腹が膨れるくらい野菜を食べまくった私ですが、自分の好きなものくらいは詳しく知っておきたいですね。

「日本人の知らない日本語」ひょっとしたら以前にもこのブログで紹介した事があるかもしれませんが、以前本屋で手にした時にパラパラと眺めましたが、絵と外国人から学ぶ日本語のルーツ、という感じでしょうか?その時は買いませんでしたが、やっぱり読んでみたいと思い選択。

「おつまみ横丁―すぐにおいしい酒の肴185」この本も以前このブログで書いた事あるかもしれませんけど、酒の肴好きな私としては常に手元に置いておきたい一冊です。自宅ではそんなに晩酌しないのですが、美味しい酒の肴があれば、酒量が増えるかもしれませんね・・・。

「越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文」この本は始めて知ったのですが、ついつい誤訳しがちな表現ってどんな感じなのだろうと、興味を覚えました。外国で「Hot Water Please」と言うとぬるま湯しか出てこず、「boil Water Please」と言わないと沸騰したお湯がもらえないとか、その程度の知識しか無い私では難しいかもしれませんが、一見の価値はあるのでは?と考え選定。

今回挙げた6冊の本を見て、気付く方もいらっしゃるかもしれませんが、この中に1冊もビジネス書が入っておりません・・・。というのも、このオリコンの2009本ランキングのビジネス書や自己啓発書を見ても、5分の1くらいは読んでいる感じで、これといって他に読みたい本は見当たりませんでした。

最近ビジネス書から少し距離を置こうとしていることもあるのかもしれませんが、茂木さんや苫米地さんの「脳本」はもうお腹いっぱいなので、今後手に取ることはないでしょうし、他にも色々と似たような記述の書籍は持っているので、よほど読みたい!と思うようなものでなければ、なるべく「名著」と評判の高い書籍をピックアップして購入していこうと考えています。

本代もバカになりませんし、今年はできるだけ実際に書籍を手にし、読みたいと感じるものだけ買って、それ以外は図書館の活用を心がけていきたいですね・・・。

そういう意味では、上記6冊は買って読んでみたいと思わせる「何か」があった本なので、購入本リストの上位に入れておきたいと思います。

年々リストだけ膨らんで何が何だかわからなくなってきていますが、どうしても読みたい衝動にかられる本か、ここ2~3年の間に必要になりそうな知識本を優先してリスト作成しています。

たとえお金がたくさんあっても、読む時間は限られきますし、速読にも限りがあるので、自分の中の本選びの基準をもう少し考えてみる頃なのかもしれないですね・・・。
Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/808-444e681b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。