気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

BBルータファームウェアの罠

久しぶりの障害ネタです…

先日お客様より、インターネット回線をNTT光フレッツにした後からインターネットがつながりにくくなった、との申告を受けました。

お客様のPC環境は、F社のWindows7 Home Premium 32Bit + IE8でして、Webページが見えたり見えなかったりするとの事で調査をしました。しかし原因がさっぱり分からずかなりハマることに…。

結局はBBルータのファームウェアを上げることで見事に解消したのですが、ついでなので障害切り分けした内容を書きだしてみたいと思います。

1、ケーブルやHUBなど物理的な障害をチェック→NG

最初、その部屋(事務室)のHUBが調子悪いのかと思い、HUBの電源抜き差しとか、物理層に近いレベルから障害切り分けをしていきましたが、他のPC(WindowsXP)では問題無いことを受け、そのお客様のPC固有の問題と考え、確認を繰り返していきました。障害時には低いレイヤーから原因を探るのは常套手段なのですが、この時点でPCに問題ありと思いこんだのがミスの始まりです(苦笑)

2、DNS、プロキシなどネットワーク周りのチェック→NG

IEのエラー詳細を見るとDNSエラーのようにも見えたので、まずは一通りコマンドプロンプトから「ipconfig/all」にてネットワークの設定をチェックしました。DNSアドレスとゲートウェイアドレスが「192.168.11.1」と表示されているので、これはBuffalo製のルータがどこかにあるのだろうと予想。
※「192.168.11.1」のIPアドレスはBuffalo製のお得意のプライベートIP

「nslookup」コマンドから「www.yahoo.co.jp」「www.google.co.jp」などの名前を引いてみると、問題なくグローバルIPを表示してくれているので、DNSエラーというわけでは無さそうと考えました。

3、ウイルスソフトのチェック→NG

その次に疑ったのは、インストールされていたウイルスバスター2009でして、ファイアウォールの解除、その他設定の確認を行い、最終的にソフトを無効にしてIEを起動しましたが、現象は変わらず。

4、その他問題を起こしそうなツールバー、ソフトのチェック→NG

怪しいソフトが邪魔しているのではないかと、プログラムの追加と削除から余計なツールバーとかiフィルターなどのアンインストールを行いますが、まだ現象変わらず。

5、余計な起動プログラムの全停止→NG

それじゃ最終手段ということで、スタートメニューから「msconfig」と検索窓に入力し、msconfigを起動させ、システム構成のスタートアップタブから、「すべて無効にする」を選択。また、サービスタブに移動し、「Microsoftのサービスをすべて隠す」にチェックを付けてから「すべて無効」ボタンを押下。

これで、PC起動時に余計なファイルを読み込まないようになるので、この状態で現象が出れば、Windows7側もしくはIE8側の固有の問題か、ネットワーク回線上の問題だという事で、PC再起動を行った後確認してみると、またまた現象変わらず…。

・・・ここで思いつく原因に詰まり、インターネット上で情報を探りまくりますが、何が何やらさっぱり状態に陥ります・・・。

6、とにかく思いつくまま暴走→NG

そこからウイルスバスター2009をアンインストールしたり、他のブラウザをインストールして確認してみたりと、だんだん暴走していきましたが(笑)、原因がどこにあるのかまったく分からない状態に!

ここまででかなりの時間を要していたので、焦りましたが「ここは基本に立ち返り、もう一度レイヤー1(物理層)から考えてみよう」と冷静になり、PC以外の原因になりそうなところに目を向けると、あとはブロードバンドルータしか考えられませんでした。

7、Buffalo製ブロードバンドルータの設定→大当たり

さきほどコマンドプロンプトからゲットしておいた「192.168.11.1」にブラウザからアクセスしてみると、見事にバッファローのルータログイン画面が表示され、それからファームウェアのバージョンなどを確認してみると、3~4年前の古いバージョンであることを確認。

そのBBルータの過去のファームウェア修正内容を追うと、「NTT東日本のプリセット設定(経路)を更新いたしました」とか、PPPoEの接続に関係するものが多くあったので、お客様の許可を得て、ファームウェアの更新を行ったところ、嘘のようにWebの閲覧が正常になりました…。

お客様からは「長時間ありがとうございます」というねぎらいの言葉をいただき、逆に申し訳ない気持ちで一杯でした・・・。

う~ん、最初にPCが原因という思い込みをしてしまったために、それ以外の要因を排除してしまったので時間がかかった形になりますが、こういう切り分けミスをした時は改めて「障害はつねにゼロベースで考える」という、基本に立ち返ることが大事ですね…。

さて、この障害が意味するものは、Windows7+IE8の状態だと、古いBBルータのファームで接続障害が起きる事を示唆しています。。。

NTT光のMTU値1454にちゃんと合わさっていないとか、古い経路設定のままになっているとか、時を追うごとに通信事業者側の設定が切り替わることもありますので、その辺は地道にルータのファームを上げて修正をかけていくしかないでしょう。

皆さんも自宅のBBルータのファーム、きちんと上げていますか?

そんなものあったんだと思われる方が大半かもしれませんが・・・
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 13:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>なあびんさん

いや~ハマりましたよ!
そもそも切り分けの最初の時点で間違えたので、どんどんドツボに陥っていきました・・・
いい教訓になりました。

Windows98 + 外付けLANカードの原因もすごいですが、世間的にはまだ98が現役だったりするんですね(笑)

いやいやナメてました・・・

| fuminchu | 2010/03/25 19:20 | URL |

BBルーターのファームとは、、、ずいぶんマニアックなところでしたね~(汗;
私が同じ状態でもたぶんハマったと思います。
Bフレッツが出始めたころ、速度が出ないという方の対応にお伺いしましたが
まったく原因がわからず、どうしようかと思っていたところ、
Windows98 + 外付けLANカードということが原因というのがわかりました。
これだと、LANカードが100BASE対応でもOSがキツイみたいで
ADSLよりも遅くなったという・・(爆

こういう目に見えない部分って、切り分けが難しいっす。

| なあびん | 2010/03/25 12:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/856-75653f0c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。